searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

jyukunashi3さんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
6年生5月から塾なしで中学受験し偏差値Y60台中盤の学校に合格した記録
ブログURL
https://jyukunashi3.blog.fc2.com
ブログ紹介文
2019年終了組兄&2022年組妹。自宅学習で6年7月に最初に受けた合不合比偏差値約15上の中学に合格した兄の試行錯誤の過程と中学入学後、そして妹のZ会4年中学受験コース→5年から通塾の様子。主に家庭での学習サポートについて記してます。
更新頻度(1年)

146回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2019/02/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、jyukunashi3さんの読者になりませんか?

ハンドル名
jyukunashi3さん
ブログタイトル
6年生5月から塾なしで中学受験し偏差値Y60台中盤の学校に合格した記録
更新頻度
146回 / 365日(平均2.8回/週)
読者になる
6年生5月から塾なしで中学受験し偏差値Y60台中盤の学校に合格した記録

jyukunashi3さんの新着記事

1件〜30件

  • 水溶液の性質~溶解度

    5年下期の理科は大事だよシリーズ、今回は水溶液の章です。水溶液の性質まずは諸々の定義の説明をしました。水溶液とは、水に物が溶けている透明であるどこでも同じ濃さである自然に分かれたりしないものです。ここで一旦気をつけたいのが透明というのは透き通っているという意味であり、無色透明と言うわけではありません。つまり色がついていても良いです。水溶液における水のように物を溶かす方を溶媒、溶ける物を溶質と呼び、...

  • 地球の日周運動と年周運動

    最近親塾の様子をアップしてませんが、夏バテなのか夏休みの後半が復習中心で殆ど手を出すことがなく何もしないことに慣れてしまったのか、私の気持ちが乗らずやってないからです。とは言え、二つ前の記事でご紹介した通り、二学期の理科は大事と認識していたため、表題の件をやってますので紹介します。この章はいかに覚えることを少なくするかと、図を書けるようにするという2点がポイントと思ってます。まずは緯度と経度につい...

  • Monoxer(モノグサ)の使い方~問題種別ごとの適切な出題カテゴリ選択と問題作成手順

    何度か記事で触れたことがあるMonoxer(モノグサ)。ググると色々と情報が出てきます。公式サイトとか、リアルドラゴン桜の記事とか、起業者との対談とか。曰く、正解だけ入力すれば問題をAIが作ってくれる自動で難易度調整をしてくれる習熟度が可視化されるなどなど、これ良いよねと思うこと必死だと思います。しかし、ググっても出てくるのはアプリの特徴を述べているだけのページだったり、塾の採用事例ばかりで「結局いくら調べ...

  • 予習シリーズ5年下の展望

    夏休みは比や歴史など肝になる領域の予習も行いましたが、基本は塾のカリキュラムに従い復習中心で過ごしてきました。ですが、もともと妹は5年からの通塾の影響か塾の授業をその場でキャッチアップ出来ず予習が必要だったので元のサイクルに戻す必要があると感じてます。という事で、カリキュラムを見てみます。四谷大塚のホームページから転載理科と社会が重要カリキュラムを見て一目でわかることは、上期の理社は理科は生物の暗...

  • 疲れの出るこの時期、休ませるべきか?

    さて、学校が始まりました。今年は残暑がかなり厳しいのでもし冷房がない学校だとかなり辛いのではないかと思います。長男が6年の時はこの時期に明らかに疲れが出てましたが、思い切って休ませる決断ができず、ペースが落ちたままズルズルと過ごしてしまいました。当然模試の成績も振るわなかったですし、なにより実力が伸びてる感が少なかったです。という事でいきなり記事タイトルの結論を記してしまいますが、後で振り返ると疲...

  • 問題用紙の余白の使い方で大きく点数が変わる件

    さて、組分けテストですがあんなに調子の良かった算数が前半の小問集で落としまくり惨敗。妻曰く今までになく悔しい顔をしていたとの事。以前は問題用紙を回収されてましたが、今回は問題用紙を持ち帰っているとの事なので、原因を探るべく見たところ一瞬で原因がわかりました。大きく2つの原因がありました。力がついても点数が停滞するメカニズム原因の一つ目はこれです。妹は前回の組分けから最後の大問の(1)まで手をつけるよう...

  • 親による過去問研究に求められる視点の考察

    もともと5年生になったら色んな学校を訪問して志望校をある程度絞り込もうとしていた我が家ですが、コロナ禍で結局今のところ一校も見学出来てません。ですが、一応見学候補は春の段階で洗い出してました。どんな基準で洗い出したかというと、成績がどうなるか不明なので偏差値幅25くらいの家から通える距離(D2Dで1時間以内)で共学中心だが女子校も気になった学校をピックアップという感じです。もともと私も妹もこの学校が良いと...

  • 組分けテストまさかの13:20開始

    前回の組分けは結構つきっきりで追い込みをやったのですが、今回は夏休みに計画した親塾カリキュラムが必須範囲だけでなく出来たらやろうと思っていたことも含め全て終わってしまっており、かつ自分から机に向かう習慣もついたように見えることもあり「分からないこと無い?」とはたまに聞くものの、基本的に放置してました。そんなある日、妹が持ち帰ってきてホワイトボードにマグネット貼ったっきり放置していたになっていた組分...

  • コロナ禍の5年生からの通塾開始を振り返る

    さて、妹ですが今は復習中心なので特に私は手を出すことなく自分で勉強して自分で課題を解決しているようです。従って直近のネタとして書くことがありません。という事で、5年生(小4の2月)から通塾するようになってからを振り返ってみます。コロナ禍と通塾開始が同時期だった件タイトルの通りなのですが、うちの場合はこれが功を奏したのかもしれないと振り返ると思います。と言うのも、家に篭っている事しかできなくなりつつある...

  • 算数の組分け対策に四科のまとめを使ってみる

    今月末の組分けテストですが、範囲は今までの範囲全部とのこと。我が家は理社の夏期講習をパスしたどころか集中特訓もパスさせてもらったこともあり、予習シリーズ5年上と演習問題集の出来なかった問題のリトライは早々に終わってしまったのと、まあそもそも4年生の頃は通塾していなかったのでどうしようかなと思ってましたが、長男の時に使った四科のまとめを発見。「これだ」という事で4年の範囲も含めてやることにしました。考...

  • 夏の比の集中特訓

    私が夏休みの間、三回に分けてご紹介した歴史のざっくり予習の他に比の集中特訓も行いました。使用したのは塾の先取りテキストと長男の時に使った例の比の本、そして中学への算数の別冊「合格へのキーポイント」です。まずは塾の先取りテキストまずは比の基礎を塾のテキストを使ってやりました。比の表現を文章から掴んで比の式にしたり、連比を計算したりすること、そして比例式を計算したりということを行います。この辺りは既に...

  • 歴史のざっくり予習その3(明治維新~現代)

    前々回、前回の続きで、これで全3回の歴史をざっくり流す講義は終了です。教えるのは今回が一番難しく、何が難しいかというと粒度です。ここから先は入試でも良く問われる単元であり、ついつい深くやってしまいたくなりますが、あくまでも権力の形の遷移をメインに行おうと思ってやりました。幕末~明治維新さて、幕末です。天皇が反対し国論を二分していた修好通商条約を大老に任命された井伊直弼が締結します。井伊は反対派を安...

  • 「ぼくら」シリーズがKindle unlimitedに追加

    小学4,5年生くらいに人気の「ぼくら「シリーズですが、なんとKindle unlimitedの無料読み放題に8冊加わったようです。妹が最近ハマり出したので何となくAmazonで検索してたら発見しました。ちなみに私も宮沢りえさんで映画化されたぼくらの7日間戦争ドンピシャ世代であり超久々に読んでみようかなと思います。Kindleストアの「ぼくら」シリーズへのリンクはこちらとなります。何度かKindle unlimitedについては取り上げていますが...

  • 歴史のざっくり予習その2(室町~幕末)

    前回の続きです。土曜日の午後と日曜の午前で幕末の直前までやりました。室町幕府は鎌倉幕府との対比で捉える前回の記事で権力の形の変遷を押さえて欲しいと書きましたが、その観点からすると室町幕府は鎌倉幕府のマイナーチェンジと言えます。どのような背景で何をマイナーチェンジしたのかを押さえていきます。まず押さえるべきは新田義貞と足利尊氏、南朝と北朝が並び立っていたことによる将軍の権威の弱さです。相対的に守護の...

  • 歴史のざっくり予習その1(旧石器~鎌倉)

    本日より私が休みという事で、私の夏期講義をすることにしました。基本的に今週は予習中心シリーズという事で算数は比を、社会は流れの把握のため歴史全範囲ざっくりやることにしました。という事で、午前中早速歴史をやりました。歴史マンガは詳しすぎる以前比較記事を書き、歴史マンガは購入済みです。とても良いマンガだと思いますが、何せ巻数が多いので流れを掴むには時間がかかります。という事で、こちらを利用しました。こ...

  • 重松清さんの小学五年生

    国語の「読みテク」トレーニングを開始した話を先日させて頂きましたが、物語文編の最後の作品は重松清さんの「バスに乗って」でした。「なんだかこの話読んだことあるな」と思ってモヤモヤしていたのですが、私のKindleライブラリの中にある同氏の短編集「小学五年生」の収録作品でした。確か長男の中学受験の時に買ったけど、長男は全く見向きもしなかった本だったはず(汗)。という事で、Kindle本を持っていることを思い出したの...

  • 合格を決めるキーポイント(中学への算数別冊)開始

    妹ですが夏期講習は2教科のみにしています。理由としては、理社は復習中心であることもあり、状況的に後回しにして国算を強化すべき2科だと弁当が不要になり楽な上に昼食時飛沫対策にもなる(コロナ禍リスク低減)と言ったところです。という事で理社の時間は国算に当ててます。国語については先日来紹介している漢字を含む知識の強化と読解法の確立を行なってますが、算数は予習シリーズの過去間違えた問題のうち必修例題、応用例題...

  • 各校の学校紹介動画と市川のZoom説明会

    学校見学情報ですが前回の記事以降ほとんどアップデートがありません。立教女学院が先日のミニ学校紹介のアップデートとしてミニの付かない学校紹介配信の申し込みを募集していたくらいです。ですが、そんな中動画に力を入れている、もしくは入れ始めた学校を数校見つけたのでご紹介させて頂きます。都立小石川中等教育学校こちらの学校は学校公開行事が全て中止になってから急にホームページを拡充しており、こちらのページの下の...

  • 国語の「読みテク」開始しました

    先日の組分けは国語は相変わらず低空飛行でしたが、残りの教科は大幅アップしました。妹も「やれば出来る」と自信をつけたのではないかと思います。反省点は二つ。国語が相変わらずなこと算数の検算の方法を知らずかなり点を落としたことという事で、まずは国語を強化しようとしいことになりました。なお国語についても直前の論説文や物語文の指導が効いたのか、記述問題で部分点を取れるようになってました。しかし、まだ読解テク...

  • 兄貴、覚醒か?

    超久々登場の兄貴です。ぶっちゃけあまり書くことがないのですが、最近の勉強の様子を簡単に。中2に上がる前のこと、まだギリギリCovid-19が生活を脅かしていない頃に、家から目と鼻の先にある塾に1科目だけ行くことにしました。学校生活は部活に遊びに大変にエンジョイしているようで、偶に方面が一緒の友達が我が家に遊びにきており、その様子を見ても満足な学校生活を送っているようでした。が、ただ一つ、テストの点数がお悩み...

  • そんなに勉強して意味あるのか問題

    妹ですが5年からの塾通いで前回の初めての組分けでは思うような成績が取れず、今回の組分け前は持ち前の負けん気と根性でかなり長時間勉強してました。雰囲気に慣れるのに時間がかかる場所見知りタイプなのでテストで点になるかは分かりませんが、私もかなり全力でフォローし、5年の速さの問題に関しては時間さえかければ解けない問題はあまり無いよね、というくらいまで実力はついたようです。そんなある日、たまたま社会学者の宮...

  • そもそも循環器は何のためにあるのか?

    組分けテストの勉強をしているある日、生物が無理矢理丸暗記に陥っていることに気づきました。以前も長男の学習フォローの様子として似たようなことを記しましたが「何故そうなるのか?」「そもそも何の目的のためにあるのか?」を聞いたことが無いそうなので理解を助けるために教えてあげることにしました。循環器は何のためにあるのか?これを知らないで循環器のことを覚えるのは大変だと思います。ですが妹は「聞いたことない」...

  • 論説文を接続詞だけに着目して読む

    国語の話を続けます。どうも妹は語彙が少ない事もあって、論説文に苦手意識を持ってます。語彙力のせいもあり、難易度が上がると読むのが遅く、メリハリなく頭に入れるのを四苦八苦しながら読んでいる様子です。語彙は別途やってますが、早く読むところ、ちゃんと読むところのメリハリを教える必要があると思い、今回は接続詞の前後だけちゃんと読めという事を教えてみました。題材に使ったのは、2018年の渋谷幕張の2回目試験の論...

  • 物語文の読解方法を教える

    一月前の組分けテストで悪い意味で衝撃的な国語の点数を叩き出していた妹、原因は2つありました。一つは記事化済みですが漢字の知識含む語彙力のなさで、こちらは地道にやるしかないけどやれば身につく領域です。もう一つは読解メソッドを持っていない事です。言い換えると決まった定型的な型を持っていないので、都度悩みながら読んでいる状態です。実は塾に入る前に、校長に「妹はメソッドが無く感覚で読んでるからガッツリやっ...

  • 芝浦工大附属の共学化とZoom説明会

    タイトルの件、今まで知りませんでした。今年の受験生からですね。という事でSHIBAURA GIRL'Sオンライン説明会というZoom説明会に急遽参戦してみました。なおiPadでZoom接続したうえでテレビに転送して大画面で参加しました。この学校の説明会ページはこちらどんな雰囲気だったか?一言で言うと、とにかく女の子を大事にしたい感が学校全体から伝わってきました。ジェントルマン教育なるものがあるらしく、先に共学化している高校...

  • 学校公開情報アップデート(小石川、市川、栄東、白鴎、頌栄)

    前回の記事からのアップデートです。アップデートがあった学校のみを掲載します。共学校小石川中等教育学校なんと学園祭の中止が発表されました。あそこの学園祭は学校のアイデンティティとも言えるものと思うので苦渋の決断だったと思います。これで残念ながら今期の学校公開行事は全て無くなりました。市川学園昨日から明日までという短いウィンドウ、かつ抽選という形での募集を行なってます。7/25の午前午後と8/1の午前午後の4...

  • 周期性がある速さの問題のTips

    娘が少し躓いたのが周期性のある速さの問題の解説をしました。速さの違いで場合分けし分解する途中で速さが変わったり休んで止まったりする問題がありますが、速さの違いで場合分けする同じ速さをまとめると分かりやすくなります。つまりホワイトボードの左真ん中の下にあるように整理すると分かりやすくなります。動いたり止まったりして周期性がある場合、周期性を持って3回に分けて止まっても、一周期の動いている時と止まって...

  • 予習シリーズ理科第18回「光」

    長男の時はこの分野はあまり出ない学校だったので優先順位を下げて直前の冬休みから詰め込んだ分野でした。物理分野に共通して言えるのですが、少ない原理を押さえておけば全ての問題が解けるのが特徴と言えます。しかし、どこでどのようにその原理を使うかはある程度手を動かして慣れることが必要だと思います。あと、実際にやってみて「なるほど」と思う事も大事だと思います。その辺で発生している事象の原理を解き明かし数式化...

  • 栄東の入試は基本例年通りらしい

    朝日新聞のEduAという入試情報サイトでは連日コロナで大学入試をはじめとする入試がどうなるかという記事が出ていますが、私が注目していた栄東と市川のマンモス中学入試に関する記事が載ってました。どうなる中学・高校入試受験者1万人超・栄東中入試の「コロナ対策」は?「密」回避に工夫凝らすこの二校は大量に志願者を集めることで有名で、特に栄東は東京で上位校を受験する子はかなりの割合で受けると想定されるので、この二...

カテゴリー一覧
商用