chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
perfection of mind https://variouspeople.hatenablog.com/

生ま地域の中で、共に学び共に育ち、それぞれが尊重され、究極のしあわせを感じることのできる地域社会に

自分が日々大切にしていること、先輩から学んできたこと、 子ども達から日々学んでいること 「障害」児を産んでからの毎日の中からの、みなさんとの出会いからの価値観の変容や 子育て、福祉、教育・・そして、最大のテーマである共生共学、インクルーシブな社会 そんな中での地域づくり・・・そんなことを日々発信しています。 よろしくお願いいたします。

おおしま りつこ
フォロー
住所
筑紫野市
出身
戸畑区
ブログ村参加

2019/01/18

arrow_drop_down
  • 知的「障害」でも普通高校へ行った話③

    「障害」児のわが子が行った高校は・・・ 素晴らしい高校になった・・・ 嫌・・・なった・・・のではなく・・・ いってる時から・・・そうだったのだと思う。 そりゃーーーソウダ!! うちの子たち受け入れてくれたんだから・・・ 「チャレンジ」してくれたんだから・・・ 職員間では専願入試をしたとき 判定会議1回では判定つかず・・・2回目 入学反対と半々に近かった・・・らしい・・・ (卒業時の謝恩会で聴かせてもらった) そんな中・・・僅差でも受け入れてくれた・・・ (実際入ってみて・・・確かに・・・そんなことを ヒシヒシと感じる部分はありました・・・) まー--そんなこんなで・・・定数われしていた・・・ …

  • 知的「障害」でも普通高校へ行った話②

    今年度を振り返っていて・・・ 娘の通った高校の「校長ちゃん」の講話を思い出しながら うちの子・・・本当にお世話になったなー-- って思うんです。 ずーーーっとねー--3年間 義務教育は・・・ まー--ともかくねー-- 高校って「義務」ではないわけだから・・・ それは下の子たちが高校に行ったときに・・・ 嫌って程、「義務」ではない・・・ そんなに甘い世界ではないんだ・・・ って感じる出来事がありましたから・・・ 理解はしてるんです。 でもそれをよくもまー-- 「障害」児の娘を・・・それも知的A2重度・・・ 「義務」ではない・・・にも関わらず・・・ ほんとにー--・・・よくぞ・・・卒業までさせてく…

  • 「障害」児のクリスマス~サンタさんはいるの?~

    12月になりました。 世の中は・・・ハロウィンが終わったら・・・次は クリスマスにお正月・・・ 「障害」児尾子ども達も それぞれにいろんなクリスマスの在り方があるようで・・・ うちの子どもは・・・ 小さなころからファンタジーな子だったんで 毎年クリスマスツリーの下に名前を書いてプレゼントを おいているか・・・ または・・・枕元に置いてました・・・ 19歳まで・・・ 毎年・・・大喜びしてましたねー-- 「サンタさんが来とったー--」 「サンタさんどっから入ったんかねー--」 「サンタさんなんで欲しいのわかったんかねー--」 って・・・ かわいかったー--(。・ω・。)ノ♡ だから ちゃんと言って…

  • 知的「障害」でも普通高校へ行った話①

    うちの「障害」者の娘が今から15年くらい前に卒業した 私立高校・・・ 「え???あなたのお子さん「障害」者でしょ」 「今の特別支援学校ってやらを卒業ではないの?」 「それも15年も前やなんて・・・うそでしょー--」 って・・・驚かれた方もいますよね?? ハイ・・・うちの子・・・ 何なら・・・知的しょうがい者なんですよー-- それもしょうがい区分で行くと・・・A2でして・・・ Aとつく子は「重度」といわれる判定区分になります・・・ 「えー--なんでー--???」 「なんでそんなことしたの???」 「欧亜のエゴと違うのー--???」 って不思議に思う方もいるかもしれませんねー-- 本当にこの子・・…

  • 母原病(父原病)~あなたは大丈夫?~

    特に日中の育児の時間が多いママの育て方が原因で・・・ 子どもの心身の形成や人間形成をする時期に何らかの歪みが生じて・・・ その結果、子どもたちに病気や異常があらわれるといわれるもの・・・ それをよく「母原病」なんていいます。 これって・・・造語なんでしょうが・・・ 子育てを一手に引き受けて日々・・・子どもとの接触がもっとも多いママが原因 って言われること・・・ちょっとショックですよねー-- でもこれ・・・「障害」児者のママにも結構多いかも・・・ って思うんですよー-- また・・・育児を放棄してしまっているパパの責任を重視して 〈父原病〉という言葉も生まれているようですねー--。 母原病(父原病…

  • 「障害」児だからって・・・母子一体感長すぎかもよ

    子育ての中で・・・ 母親は、子どもが成長するにつれて、“離別感”を持つことが大切になってきます。 離別感とは、 「相手(子ども)と自分は違う人格や考えを持つ、別の人間」 という感覚のことです。 しかし、実際のところは・・・離別感とは真逆の“一体感”を持ち続けたまま 子育てをしている母親は少なくありません。 特に「障害」児の親御さんは気を付けてくださいねー-- すっごく・・・ここに陥ってる方多いですよー-- 離別感を持った子育ては、子どもがのびのび育ちますが・・・ 一体感を持った子育ては、子どもにいろんな弊害が出ることが多くなります。 離別感と一体感、あなたはどちらを持って子どもと接しているでし…

  • コミュニケーション力ってあるほうですか?

    コミュニケーション力って自分ってあるほうだと思いますか? これって・・・人間社会にいたら・・・ 結構大事なことだったりします・・・ 私も人に関わる仕事をずーーーっとやってきてるので・・・ ここを・・・とっても大事にしてきてます。 人を見ていてここが若くても・・・ 得意な人って・・・ お話を聴いていくと 小さなころから・・・たくさんの人に出会ってきたんだなー-- たくさんの人の中で育ってきんだなー-- その中で、たくさんの人にかわいがってもらい 愛情をたくさんもらってきた経験があるからこそ 「私は私のままでいい」「このままで愛されるべき存在」 って自信満々に思ってる・・・ 要は自己肯定感が高くな…

  • 「障害」~人と接する仕事で気を付けていること~

    人と接する仕事をしていると・・・ 気を付けていこうって決意していることって・・・ 結構ある・・・ 意識しているのは「笑顔」 人と話す前や会う前には どんなに最悪のことがあろうと 体が最悪のコンディションであろうと・・・ お断りしない限りは最高の「笑顔」を意識 特に「障害」児者の方々に会うときには・・・ 油断しないようにしてる・・・ 「疲れてますか?」「忙しいですか?」 なんて。。。表情を見透かされちゃうから・・・要注意!! なんだよねー--感性が鋭いから・・・ねー-- 「疲れてますか?」って言われないように 睡眠も気を付けないといけないと思ってる・・・ 単に寝るってことではなく「質」が大事・・…

  • 人生楽しんだもん勝ち❤

    「障害」者さんご本人でも・・・ 「障害」児者のご家族でも・・・・ ご相談に来られた時に・・・すごく感じること・・・ 「万人受けしようと思ってるなー--」 んー--言い換えると 「誰にでも好かれようとしてる」なー--ってこと これって間違いなく息苦しい原因の1つ・・・かなー-- って思うんですよねー-- そんな不特定多数の人に嫌われないようにとか・・・ そこそこ好きになってもらおー--なんて 自分を押し殺して生活していくなんてしなくていいと思う。 自分らしくいること・・・そこを見せていっても一緒にいてくれる人 きっといるから・・・ 2,3人の心から信頼できる仲間がいれば それでいいと思うんですよ…

  • 「障害」児のこの子のために私はどんな親になればいいの?

    「障害」児の親になって・・・ 私がずーーーっと考えてきたこと・・・ 「どんな親になればこの子のためになるんだろう?」 これが・・・はじめから献上といわれるこの子育てなら・・・ 多分周りにたくさん子育ての先輩がいるし・・・ 自分でこれだと思う方法を見て聞いて学んでいくことができたのかなー-- って思う。 ・・・でも私は「障害」=「特別」=「別の育児」 ・・って先入観があって・・・ 周りには聴ける人がいなさすぎる・・・ 「じゃあどうすればいいの???」 って本気で悩み苦しんでいたなー-- だから・・・病院に行ったとき、療育、訓練・・・ 必死にいって・・・周りに聞きまくって・・・ 本を読みあさったり…

  • 「障害」~いわれて困ってどうしていいか分からない~

    困ってるんだなー-- でもどうしたらいいか分からなかったんだなー-- って思う。 「お子さんのことで、お話しできたら」 っていうと・・・ 「待ったました」とばかりに食いついてくる人・・・ 「何を言われるのかしら?」 って不安そうに「なんでしょう?」って感じの人・・・ なんだかわからないけど・・・とりあえず聞いてみよう って思い来る人・・・ 様々な反応があります。 抱えてる期間は・・・数年の方・・・10数年の方・・・ いやいやもっと・・・って方も・・・ でも・・・来られて2時間くらいお話を聴いて 帰られる頃には・・・ 「あー--なんだかスッキリしました」 「そんなことだったんだー--って気持ちが…

  • 自分のご機嫌とれてますか?

    毎日ご機嫌に過ごしていますか? なんだかいつもイライラする・・・ なんでこんなことが・・・・ あの人がこの人がこの環境が・・・ もっとこうだったr・・・ああだったら・・・ なんてこれもあれもうまくいかないの? なんだか足りない・・・満足できない・・・ ううー---って日々を送られているでしょうか? 私は・・・結構毎日をご機嫌に過ごすことができるようになりました。 若いころは「ネガティブ人間」で・・・ 「アーーー私なんて」「どーせこれくらい」 「だってー--うちは貧乏だし・・・」 「どーせ家庭環境はそんなに良くないし」 なんて・・・いつも思ってました・・・ だから・・・私は「そこそこ」でいい 幸…

  • 負の感情~リフレーミングできると楽になるかも~

    「障害」児者当事者とお話をする中で 常に「負の感情」をお話しする方がいらっしゃいます。 「仕事でこんな風に言われた」 「あの人がこの人がこんなことを言った」 「なんか本当に自分ってできないんです」 「なかなかできるようにならない」 鬱の状態の人は【吐き出し】が必要なことはわかっていますが・・・ そんなとき ついつい励ましてしまったり 「わかるわかる」なんていってしまおうもんなら・・・ 「気持ちをわかってもないくせに」 「そんな簡単な問題ではない」 ってなっちゃいますよねー--- 時には天気のよい話をしたり、気分転換にと 自分の話なんかしようもんなら・・・ 「自分の鬱の状態が悪くなる」 「人の気…

  • 「障害」児者だからこそ使うと効果的かも・・・返報性の法則

    ご相談に来られる方々や 個別レッスンに来られるお子さんやご家族 自己肯定感がを考えたことがない? ってくらい自分を見失ってしまっている迷子さんが多い。 まー--私もそんな時期がありましたから・・・ よーーーーくわかりますよー-- 自分がそうだったから・・・よー--くわかるんですよねー-- そして・・・ 過去の自分を見ているから・・・ その時に 「やれば解決早かったー--」 がわかるようになり・・・ みなさんも実施する中で・・・ 本当にみるみる・・・変わっていかれる・・・ やることって・・・原理原則・・・ 簡単に言うと・・・ 変えられることは変える 変えられないものは受け入れるってことです。 自…

  • 自分のことを大好きですか?

    自分のこと好きですか? 私は独身の時・・・そんなこと考えたこともなかった・・・ 自分が好きかどうか?確か聞かれたこともあると思うんですが・・・ 多分 「そんなに好きではない!」 って答えていたと思います。 だって・・・自分の好きなように生きてきたとは言えなかったし そんなに 「人生を謳歌してる」 って感じたこともなかったから・・・ どっちつかずの答えでした・・・ってか そんなこと聞かれてもねー--って感じでしたねー-- 結婚して子どもを産んで・・・ 「障害」児が生まれて・・・ その時は・・・ きっととっても大っっっっ嫌いな自分になっていたと思います。 だって・・・ 「なんで私がこんな目に合うの…

  • 「怒り」のエネルギーって発揮することありますか?

    「怒る」ってエネルギーを使いますよねー-- 今まで 「怒られた」ってことありますか? 親以外で「怒る」ってエネルギー使ってくれる人って なかなかいないと思うんですよね・・・ 特に大人になってから・・・会ったことありますか? 多分ほとんどの人は【ない】のではないでしょうか? それほど・・・人に「真剣」ではないのかもしれませんね・・・ 私はまー-- 大きく「あほか?」とか「馬鹿か?」とかのような 酷い言葉では言われたことないけど 結構叱られましたねー-- 「障害」児のママになってから・・・ 先輩ママたちに・・・ 「あんた、それでもその子の親ね」とか 「「障害」児の親の癖にそんなこともしとらんとね」…

  • 知らないうちに洗脳しちゃってるかも・・・

    もしかして もしかしたら・・・ あなたも・・・私も・・・ 知らず知らずに・・・やっちゃってるかも・・・ 「洗脳」 「洗脳」って悪い言葉だと思われてるかもしれませんが・・・ そんなことなくて・・・ 「思考改造」だから・・・ 改造した方がいいことも多いと思う。 けれど・・・何となく「悪い」って感じに思うのは・・・ 戦争などで使われたことがあるから・・・ 個人の思想や価値観を、物理的、社会的圧力を加える等の操作によって、 必ずしも本人の欲しない方向へ急速かつ大幅に改革させた・・・ って過去の忘れられない出来事・・・があるから また宗教の事件でも多くこの言葉が使われたり・・・ 最近は・・・ママ友の事件…

  • 「障害」児ママの私が最初に禁句を発していた・・・😢

    悪魔のささやきを聞いてことがある・・・ それも・・・ 自分自身の口から・・・ 「このまま息が止まった方が・・・幸せかも・・」 私33年前・・・そんなことつぶやいたんだった・・・ 人の命にかかわること・・・ 喧嘩しててでも言おうもんなら 子ども達でも容赦なく火のごとく叱った・・・ でも・・・その原点は・・・きっと・・・ 私の「過去」にある。 私自身がそんな人間だったから・・・ 平気で・・・いや・・・あの時はもしかしたら・・・ 心が壊れていたのかもしれない・・・ 自分自身が制御不能だったのかもしれない・・・ 昔はねー--病院の先生も言葉を選ばない人が多かった。 まだ・・・ 「人の心」を考えるという…

  • 「想い」は言葉にしても伝わらないって知ってた?

    「障害」児を育ててるとき・・・ 「みんなはいいなー--」 「私はなんで・・・こんなに大変なんだ」 って悲しくなることがありました・・・ 「聴く人たくさんいていいなー--」 「普通に生きていけて幸せだろうなー--」 なんて羨ましがったり・・・ パッと見た感じだけで・・・ 私は大変だけど・・・周りは・・・そこまで大変ではないでしょ だって普通の家族なんだから・・・ って思っちゃってました。 その時って・・・自分しか見えてないんですよ 自分のことしか考えられていない・・・ 自分が・・・自分が・・・ってなっちゃってる・・・ そのときねー-- ありのままの自分を話せる相手がいたら・・・ ほー--んとほっ…

  • 「障害」児のきょうだいの思いとは?

    「きょうだい児」という言葉を知っていますか? 障害児の兄弟姉妹のことを「きょうだい児」と呼びます。 きょうだい児の中には、 「障害児に手がかかるため親に甘えられない」 「障害児のきょうだいのことでいじめられる」 など、独特の悩みがあったりします。 これまでのメディアでの取り上げ方は、 「障害のあるきょうだいと仲良くしたいと思っている」 「大人になってもきょうだいと関わりを持ちながら生活したい」 といった、優等生タイプのきょうだい児の話しが多いのではないでしょうか? 優等生タイプとはー--端的に言うと、 責任感があって面倒見が良く、いつも優しそうなきょうだい児 ってことでしょうかねー-- だけど…

  • 知的障害だとわかって、私がやったこと

    「障害」児のわが子が・・・ なんか周りと違う・・・ 機能的な問題だけとは違い・・・ なんか遅れている・・・ 歩くのとか?体が小さいからとか? そんなんではなくて・・・ なんか・・・違うんだよねー-- 覚悟はしていたんです。 だって生まれて様々な検査をしたときに・・・ 大学病院の先生から・・・ 「今のとこは・・・ほかにはないけど・・・ 頭の中味まではわからんからねー---」 「まあ障害があって生まれてきたんだから 重複していることって多いからねー--」 って・・・ この時・・・親としてまだ未熟で今の現実もまだ・・・ って時に・・・ なんだか・・・打ちのめされるような言葉だなー--って 大きなショ…

  • 「障害」児できないことは短所?できること増やせば愛されるの?

    「障害」児の子どもを子育てしているみなさん・・・ お子さんをどんな風に日々見ていますか? 幼児期・・・ 私は・・・ 「この子の機能的なことは仕方ない」 と諦めながらも・・・ でもできることはすべてやらせたい・・・と 日々必死に本の読み聞かせや知育玩具や体を動かして 体感を鍛えなきゃって外に連れ出して・・・ 公園だ、動物園、水族館、植物園、遊園地、川に海に山に 体験だ、経験だと血眼になってました・・・(笑) 楽しんでるんだけど・・・ 心底楽しんではないんですよ・・・ 「この子のためになんとかしなきゃ」 って必死・・・ でも・・・当の本人はマイペースで・・・ 好きなものは好き、嫌いなものは嫌い・・…

  • やる?やらない?~早く成長する人の特徴~

    私が「障害」児者の保護者と親しくなって 困りごとをたくさん聞くときに いの一番にやって欲しいことをお願いするんです。 んー--保護者の「宿題」といってもいい・・・かなー-- これは同じように お子さんにもできる子どもにはお願いするんです・・・ 「お子さんのいいとこを50個書いてください」 「お母さんのいいとこを50個書いてください」 これは相談者が保護者ではなくても 事業者や経営者、管理者に対しても一緒です。 「社員さん一人一人のよいところを50個書き出してください」 「利用者さんのよいところを50個書き出してください」 そんな風に宿題を出します。 でも「やる」までにいたらない人が半分以上・・…

  • あれれ??「障害」児の親の困りごとの根本って?

    最近はちょっと福祉就労施設で働いているママさんたちと 話をしていると・・・ んー-なるほど・・・ 特に自分のお子さんに「障害」児をお持ちだと・・・ 利用者の保護者さんに思うことは・・・たくさんある・・ けど・・・そこをやはりうまく伝えることができないようだ・・・ ん???あれれ??? これって・・保育所訪問でも・・・学校訪問でも・・・ 同じような内容が出ていたなー--??? しかも行政に相談に行っても・・・ うまいこと説明がされてなくって・・・ 保護者が困って迷ってるそうな・・・ 確かに行政は専門職が受付にいるわけではない・・・ 昨年度と今年度と担当も変わって・・・部署移動もあるから 必ずしも…

  • 情報収集~PERSON to CONSUMERな時代~

    今の世の中は便利になった。 欲しい媒体は簡単に自宅でスマホやパソコンから とれる時代・・・ 私たちの世代は・・・ 本当に欲しい情報はどんな媒体からとっていたかというと・・・ 本かな?なんて思うかもしれないけど・・・ 確かに書店に行けば・・・出会わないこともないんだけど・・・ 本当に欲しいものに出会えるかどうかはわからない? 実際書店に並んでいるかもわからないから・・・ 欲しいなー--って思う媒体に出会える方法・・・ ちょっと前までは「新聞」って各家庭でとってたんだよねー-- そこの広告だったり・・・ あとは・・・雑誌 雑誌って昔は月刊誌や週刊誌なんかがあって・・・ その広告欄だったり・・・ 雑…

  • 「障害」児だと認める~メリットとデメリット~

    「障害」児者支援の仕事をしていると 必ず出会うタイプの方がいます。 「障害児と思われたくない」「障害児なんて認めたくない」 分かります。 だって・・・正直生きづらさ・・・たくさんありますからね・・・ 世間の目や家族の反対、親戚関係・・・ 様々あることと思います。 でもね・・・その生きづらさ・・・ ちゃんと認めっちゃったら・・・「楽になる」 こともあるんです。 デメリットはないとは言えません。 あります。 でも・・・メリットもあるってことを 知っておいてほしいと思います。 これも等級によるし、市町村によっても大きな差があるので 一概には言えませんが・・・ でも「手帳を取る」ってことに関しては デ…

  • 障害児との接し方で気を付けるべきポイント

    知的障害の娘の成長を見てきながら・・・ 自分の子どもで「困ったこと」って・・・ もー--だいぶん忘れてきたんだけど・・・ 今現在の子ども達に関わっていて・・・ 「あー--こんなことあったなー--」 「おー--こんなこと確かに課題だったかも」 「(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪あー- なんか、やり方わかるー--」 って感じで・・・今の子ども達に役に立ってる・・・ 他の支援員や関わる人が 何にどう気を付けたらいいのか? その言葉は本当にその子に届いているのか? ちゃんと理解ができているのか? そこのすり合わせをいつもしている、 「その言い方は抽象的過ぎて本人はわかってない…

  • 「障害」児のうちに情報を届ける方法は?

    学校って閉鎖された社会なんだろうなー-- って感じることがある・・・ 私たちがどんなに努力しても 様々な期間を通しても・・・ 変な縛りのようなものがあるところがある・・・ これも 「みんな一緒」「きちんと授業を受ける」 「できないとか?おかしくない?」 からきて・・・ 「ちょっと変だよね」 「変わってない?」 「ここでは無理じゃあない?」 って感じで、だんだん居場所が奪われていく・・・ 表面上は いいふりして 「そうですねー--」「わかりました」 って聞いておきながら・・・ 裏では・・・ 「・・・とは言ってもね・・・」「やらないでおこう」 って・・・ 背を向け舌👅を出してる。 トップダウン・・…

  • 就学前後学習会~特別支援学級、通級について~

    先日就学前後学習会を会場を中学校の武道場をお借りして開催した。 武道場って・・・ とっても新鮮だった・・・ 子どもの託児も畳を敷いて同じ場所で行い 目に見える範囲で気が気でないこともあっただろうけど・・・ 反面安心できる・・・ってこともあったのではないだろうか? 今回は・・・本当に数年ぶりの開催・・・ 集まるかどうかも・・・不安な中・・・ 60人ほどが集まった・・・ マイクの不具合があり・・・マイクなしで地声で大声で・・・って 感じのハプニングもあったけど・・・ やっぱり・・・ 楽しかったー-- 私の出足の話も・・・ 今回は・・・ 「この中で発達障害をお持ちのお子さんがいらっしゃる方ー--??…

  • 発達障害者世界第1位は・・・どこの国?

    みなさんは知ってるでしょうか? 世界一「発達障害」者が多い国を・・・ ジャーーーン!!下記の通りです。 第10位:ポルトガル(ヨーロッパ)第9位:中国(アジア)第8位:ブラジル(南アメリカ)第7位:オーストラリア(オセアニア)第6位:カナダ(北アメリカ)第5位:アメリカ(北アメリカ)第4位:デンマーク(ヨーロッパ)第3位:スウェーデン(ヨーロッパ)第2位:イギリス(ヨーロッパ)第1位:日本(アジア)(※自閉症と自閉症スペクトラム率の多い国ランキングです) 堂々のぶっちぎり第1位!!だそうですよ・・・ ってこれを喜んでいいわけがありません・・・😢 2022年8月22日・23日に、スイス・ジュネー…

  • 知的障害児の判定基準ってどうやるの?

    うちの子は知的障害なのですが (生まれた時から口唇口蓋裂あり) 知的障害って・・・レベルというか判定があって その判定を受けなければ正式に「知的障害」とは認定されません。 判定されれば等級がつき「療育手帳」が支給されます。 (都道府県によって呼び名は変わります) 判定基準は下記の通り ①知能検査によって知能指数(IQ)が70未満 ②日常生活適応能力が低い ③発達期(概ね18歳未満までに生じる) 小学生くらいになってわかることが多い 中でも知的障害の程度は分かれており(上記の判定基準をもとに) 軽度、中等度、重度、最重度の4つに分けられます。 大体、一般的には100前後の知能指数で・・・ 知能指…

  • 「障害」児かもしれない?そういわれたらどうする?

    「障害」児を子育てする中で 「障害」児なんだと自分の子どもを認識するきっかけって・・・ 乳幼児健診だったりします。 この時に 「ちょっと気になりますね」 「まだはっきりしたことは言えませんが」 「もう少し様子を見てみましょう」 「まだ、わかる段階ではないので・・」 なんて・・・言われて・・・ 聞いたのはいいんだけど 結局はぐらかされたような答えで なんだかもやもや・・・ 「はっきりしない」「どっちなの?」「どうすればいいの?」 って。。。 かえって・・・不安や心配事が膨らんでしまった・・・ なんてよく聞きます。 「んー--いつまで待つの?」 ってそもそも疑問だし・・・ 「はっきり言えないけどっ…

  • 知的障害児が数十倍速で成長する方法

    知的障害児を育ててきて、 私がやってきたこと、大事にしてきたこと、よかったこと・・・んー--ってうなっちゃったこと・・・様々ありましたが・・・ これって「経験」と「体感」しかない・・・って思うんですよね 私がやってきた33年間・・・ 誰か「教えてくれる」ちゃんと成し遂げてきた人から早くに聞いていたら・・・ もっと早く私も子どもも楽になっていたなー--って思うので 私がやってみたことをお話ししますね。 ①伝え方を工夫する 知的障害児は話しや言葉を理解するのに時間がかることがあります。また記憶するのが苦手なことが多く、また、すぐに忘れてしまうお子さんもいます。だから絵や文字を紙に書いて伝えることで…

  • 「障害」児の保護者『あるある』(笑)( ´艸`)

    「障害」児者のご相談に来られる方にとても多いのが・・・ 様々なタイプがいらっしゃるんですが・・・ 『罪悪感』これをもって おられる方が多い・・・. 私も子どもが生まれた時や幼いころ。。。これ強かった・・・ 『私がこの子を産んだばっかりに』 『私のせい』『私ができないから』 『私じゃあなかったら・・・』 でもねー--これっていくら考えても解決しないんですよね 「罪を感じて」 自分を縛り付けてしまう・・・自分にずーーーっと『罰』を 与えてしまって・・・ 自分の足を引っ張ることになる・・・ 前に進もうとする自分を自分が後ろに引っ張ってしまうの・・・ だから・・・早くそこから・・・抜け出すべき・・・で…

  • 学校訪問で感じること~障害児教育~

    学校訪問が始まって・・・感じること・・・ 大体多くは管理職や「障害」児に日々向き合っていらっしゃる先生方と お話する機会が多いのですが・・・ 印象としては・・・ 「よく勉強していらっしゃる」 「一生懸命、今をやっていらっしゃる」 うん、素晴らしい!! で・・・ コミュニケーションや保護者とのつながり 保護者同士のつながり・・・ この部分を聞くと 大体・・・ 「このコロナ禍ですからねー--」 「なかなか人を集めることが難しいんですよ」 「個別にはちゃんとそれぞれにやってますよー--」 って感じが・・・多いですねー--なるほど・・・ 「目の前のことは一生懸命やってます」 「自分が受け持つ間は頑張り…

  • 土台をとばしていっちゃってるかもよー--

    昨日、起業家の方と話していて気づいたこと・・・ 「人は途中から始めている」ってこと・・・ ん???どういうこと??? って不思議に思いますよねー-- 「途中からやってる」って??? でも・・・そうだとしたら・・・うまくいかない・・・ って何となく想像できたりしません??? 要は・・・基礎がないってこと・・・ んー--家でいったら・・・土台ですねー-- きれいなフローリング・・・ だけど・・・土台ないから・・・虫ははいってくる 雨で湿っちゃう・・・なんだか・・・腐って切っちゃったよー-- みたいなー-- そー--最初はうまくいったとしても・・・ 崩れてしまうことが多い ってこと・・・ (やりなが…

  • 「障害」児の親だからこそ~進路への提言~

    私って・・・ひどい人間だなー--って思う。 「障害」児の親でありながら・・・(笑)( ´艸`) 「障害」児の義務教育終了後の進路って・・・ ご相談の中で、とても多い・・・ 現在様々な、進路先が増え「特別支援学校」 だけの選択ではなくなってきた 私は20年前から・・・ 「障害」児の進路について先輩方から・・・ 「なんで」「なんで」って問い続けられていた・・・ 特に自分の子どもの進路について・・・ 「いやーーー普通高校のレベルではないし・・・無理では?」 っていう私の言葉に・・・ 「なんで調べもせんで、そんなこと勝手に決めるんね」 「調べてたんなら・・・わかる」 って・・・ 「私たちの時はね・・・…

  • やめると生きやすくなるかもよ

    「障害」児のママになってから・・・ 私ずーーーっと、 子どもを心のどこかで「誰か」と比べてばかりいた・・・ そして、 「うちの子、発達が遅い」「ほかにも何かあるのかな?」 「うちの子よりひどい子、見たことない・・・」 「比べる」「比べる」 「比べる」って・・・ 疲れる・・・ それなのに・・・それを日々やって「疲れてた」 自分がされてきて・・・いやだったことではないの? 分かってるはずなのに だって・・・だって・・・でも・・・って・・・ そして「ちゃんとやらなきゃ」って・・・ 「ちゃんとしなければ・・・」って・・・ 「○○しなければ・・・」にとりつかれて・・・ それも人よりも頑張らなければ・・・…

  • あなたの身近な人はどんな人?

    あなたは今どんな人と付き合ってますか? もしくは付き合っていましたか? その時ご縁があって付き合っている人ってあなたと同じ価値観の人 なのかもしれません。 レベルというか 同じエネルギーを持った人っていうのかなー--??? 人って自分がちょうどいいなー--っていうか・・・ 心地いいなって思う人と付き合ってしまうらしいんです。 だから今付き合っている人達はあなたが今の段階で ちょうどいいなー--って思っている人ってことで 付き合っていたひとはちょうどいいなー--って思ってた人ってことになります。 自分が変わると・・・自然に自分のエネルギーも変わるらしいので、 付き合う人も必然的に変わっていきます…

  • 子どもの「褒めポイント」の心得

    " data-en-clipboard="true"> 私は、自分が幼少時代から褒められることがなかったので・・・ " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">「褒める」ってそんな簡単なことではないって思ってました。 " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">「褒められたい」とはきっと・・・思ってた・・・ " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">だけど・・・ " data-en-clipboa…

  • 「障害」~環境を輝かせるために~

    「障害」児の娘が、まだ・・・子どものころ いつも学校で何かをやらかしてくるのではないか?連絡帳をそっと開く・・・ 学校から電話がかかると・・・「ドキドキ」する なんてことがありました。 みなさんからも・・・ 夕方になると学校からの電話が憂鬱になってしまう・・・ 連絡帳に毎日毎日やらかしたこと、できないことを書かれて心が折れる ってこともよくお聞きします。 自分の子どもを信じたいけど、なかなか信じてあげられない現実。 悪い話ばかり聞いていると、自分は子供のよいところを見つめていたいのに よいところに焦点が全くいかず・・・ いつの日か悪い行動、できないことばかりに目がいってしまいがち 困りごとの多…

  • 「障害」日々の生活を生きやすくする方法

    発達障害児者が日々の生きづらさを軽くしていくためには、 どうすれば?生活上の困った?不適応を減らせるかがポイントになると思います。 そのためには、まずは、ありのままの自分を知ること、 そしてそれを自分自身が受け止め、 「どのような場面でつまずきやすいのかな」 「どんなところで生きgyるしさを感じるかな?」 を分析し、理解することが大切になってきます。自分の苦手なことや困ったことが整理できると、具体的に何に気をつけたらよいか? がわかりやすくなり、今後のそれが起こったときの方策を立てるために役立ちます。 苦手なことを完璧に克服することは難しいかもしれないし、そこを一生懸命やる必要もないかもしれま…

  • 「障害」告知のタイミングっていつ?

    子どもに「障害」いがあった場合、いつどうやって告知したらよいのでしょうか? まー-そもそも告知をしたほうが良いのか?悪いのか?多くの保護者が悩むこと所ではないかと思います。 特に途中で診断される「発達しょうがい」などは・・・告知の時期に戸惑いがあること以前に。。。保護者がそれを受け入れるまでに時間を要することもあるでしょう。タイミングは・・・とても繊細な問題です。まだ自分自身が「受容」していないときに話すことはやめてください。冷静な判断ができず、最悪に事態に親子とも陥ってしまうからです。「あなたは。お子さんはお子さんのままで良いと思っていますか? それとも直してあげなきゃって思ってますか?」「…

  • 「障害」の説明を求められたとき・・・どうする?

    昨今は、発達しょうがいってよく聞くようになりましたよね? 義務教育の中でも増え、特別支援学級が急激に増えています。 また、教室の中でこのような子どもたちと一緒に学ぶ機会が以前よりは増えていると思います。 すると、子どもから「どうして○〇ちゃんは、じっとしていられないの?」とか「どうして急に大きな声を出すの?」など、その子の特性について問われる保護者も少なくないのではないでしょうか?その時、あなたなら・・・どう答えますか? 重度の身体、心身しょうがいも含めしょうがい者について、子どもたちにどう伝え、どう導けばよいのか?迷うところではないでしょうか? 私は、人間誰しも多かれ少なかれ「障害」というも…

  • 理想のお母さん像が壊れたとき~「障害」児が生まれた~

    昔々・・・ 若いころの私は・・・ 子どもが好きだったから 大きくなって大人になって・・・ 結婚してお母さんになったら・・・ 「子どものいいお母さんになる」 「優しくて穏やかで話をよく聞くお母さん」 「暴力を振るわないお母さん」 「子どもわ励ましさげすんだり嫌味を言わないお母さん」 そんなこと思ってた・・ 私が欲しかったお母さん像を 全部全部やるんだって・・・ そう思ってた・・・ でも結婚して子どもが生まれて・・・ その子が「障害」児だった時・・・ その思い描いたものが・・・ ガーーーって音を立てて崩れていったんだ・・・ 「それどころじゃアない」 「私これからどうしたらいいの?」 「どうやって育…

  • 人が「成長」するとき

    「障害」児者たちの成長はとても顕著・・・ それが何歳で出会ったとしても・・・ 成長しない人なんて1人もいない・・・ 40代で知り合った彼女は・・・ 仕事に行けなくなっていた・・・ 作業所に行っても仕事を続けることができない・・・ いつしか自宅で過ごす時間が増えて・・・ 外に出れなくなった・・・ 丁寧に話を聞いて・・・ やりたいこと、やれること。やってみたいこと 順々に整理する・・・ 苦しい気持ち、つらいこと、悲しかったことを吐き出していく・・・ 外に1歩出てみる・・・ 新しい事業所に少しづつ行ってみる・・・ 順調に少しづつ~滑りだす・・・ またあるきっかけで行けなくなる・・・ 自宅で仕事をやっ…

  • 言葉って人柄が出るツール

    言語の勉強をやってて・・・ 言葉の大切さ、言語化。伝え方・・・ リーダーとして・・・どんなマインドでいるべきか? 環境や仲間の大切さ・・・時間配分・・・ 「誰から学ぶか?」「何を学ぶか?」「時間をお金で有効に買う」 そんなことを考える機会が増えた・・・ 今までできてなかった自分を振り返りながらも・・・ 様々学んでいると・・・ 日々の買い物や会話の中でも・・・気づきが多い・・・ 今日もタイムスケジュールに午前中は追われていた ランチを一緒にする、お友達の誕生日に・・・ お花をプレゼントしようと花屋さんに立ち寄って・・・ 「花束を作ってほしいのですが・・・どのくらい時間がかかりますか?」 って聞い…

  • 経済産業省「未来人材ビジョン」

    経済産業省の「未来人材ビジョン」ってパワポを 見てみた。 90枚くらいあるのだけど・・・ 内容がとても興味深い・・・ これからの「未来」の子どもたち・・・ 日本が向かっていきそうなとこ・・・ 世界情勢と比べて・・・ 「うー---ん」u---nn うなってしまう・・・ 18歳の子たちの「社会への当事者意識」が低い 将来の夢を持っている・・・60% 自分で国や社会を変えられると思う・・・18% 自分の国に解決したい社会課題がある・・・46% 諸外国に比べてかなり低い これは「学校教育」のせいなのか? それとも周りにいる大人のせいなのか? とにもかくにも・・・子ども達のせいではない・・・ ってことだ…

  • 面倒くさがりのあなたへ

    「お!!それいい」「あー――やってみたい」 「わー――面白そう」 なんだかやりたいことはたー――くさん!!ある・・・ だけど・・・ やり始める1歩がなー―― なー――んか面倒くさい・・・すぐにできなー--い!! そういうそこのあなた 「本当は、やる気満々になりたいですか?」 「自分のモチベーション上げていきたいですか?」 「はい」「イエス」って答えた そこの・・・そんなあなたに朗報です!! なんと 「やるぞー――!!」「やったるでー――!!」 に簡単になれる方法があるんですよ。 ビックリするくらい簡単なんですが・・・知りたいですか? その方法は3つです。 まず1つ目「昔を懐かしむ」 はー――?…

  • なんのために仕事をしているの?

    「なんのために仕事をしているの?」 って聞かれたら・・・ あなたはなんて答えるでしょうか? 私は 「自分の人生を豊かにするために仕事をしている」 って・・・答えるかなー--って思います。 若いころの私は・・・ 全然そんなこと・・・考えたことはありませんでした・・・ んー--簡単に言うと生活するためというか・・・ 生きていくため・・・ 「ライスワーク」で働くことしか考えたことがなかった・・・ 特にやりたいこともなく・・・ っていうか・・・ 特に才能もないし・・・頭悪いから・・・ やれることなんて・・・幅広く考えることもできなかった・・・ 「あなたは何でも中途半端」「そんなことできるわけない」 「…

  • せっかちだからこそ・・・【やってみたわかっちゃったのー--】

    私はどちらかというと・・・ 「せっかち」 よって・・・ 何かいいことがあったり、面白いことにお出会ったり しようものなら・・・ 写メ写メ・・・買う買う・・・話しかける・・・ 「おー--これ、あの子にいいのでは」 「これって・・・あれに使えるかも」 「ん---転用できるかも」 「ここをもうちょっとひねったら、あそこで使えるかも」 そう思ったら すぐに誰かにラインライン、℡℡・・・ 「会えるー--???」「話せるー---???」 「オンラインできるー--???」 で・・・ 「ねー-ねー--」「いいことしったんだよー--」 「こんなこと見かけたんだけどー--」 「こんないいのがあそこにあったよー--…

  • そう思ったら・・・そう・・・なるよー--

    18歳以降の「障害」児の未来・・・ そこを考えると・・・その時その時でやることが明確になってくる 私が・・・知的しょうがいのわが子を育ててきたときには まだまだ福祉サーブビスはそんな②なくて・・・ またそんなに利用する気もなかった 先輩や知り合いに会いに行き 足を運び、オフラインのつながりを将来の・・・ 未来の子どものなってほしい姿を想像しながら・・・ 走りまわっていたなー-- それも悲壮感とかそんなのではなく・・・ 先輩たちに出会ってからは・・・ もっと・・・ 「人生子のことたのしまなきゃ損だなー--」 って・・・強く思うようになった・・・ 若いママで相談に来た人が 「私鬱で・・・働けないし…

  • 「障害」~プライベートゾーンについて~

    「障害」児者にかかわっていると・・・ 「性」の問題なども多く出てきます。 私も様々な子どもたちにかかわってきて・・・ 昔は養護助教諭としても15年くらい働いてきた経験上や 自分の今年33歳になる子どもが 「知的」に厳しいかもと感じた時から・・・ 「性」については・・・早く教えた方がいいと感じていました・・・ うちの子は3歳から順を追って教えていきました・・・ 【プライベートゾーン】の話や生理の話・・・ 今は保育園や幼稚園でも水着の時期に教えているところも あると聞くことがあります。 私は小さなころから「命育」って大事だと思っていて 小さなころはとかく 【なんで?】【どうして?】 って聞くことが…

  • 【フォーカス】していることは何ですか?

    自分の日常の中で【フォーカス】していることは何ですか? 私は・・・ 人が大好きです・・・ 特に「障害」児者にかかわることが多いからか 「障害」児者が大好きなんです。 へえー--「変わってる」ってよく言われます。 (人全般好きなんですが・・・かかわる頻度からなのかなー--) ・・・でその何に【フォーカス】しているかというと・・・ 「その人の強み」「その人の好さ」 そこ見つけるのが・・・得意中の得意・・・ ・・・で、その方の悩み?不安?心配? 「なー--んでー--???」 って感じで払拭!! 「こんないいとこあるー--」「これがきっとできるよー--」 「こんなことチャレンジしてみたら?」「これ得意…

  • 「障害」その行動の【根源】抑えてますか?

    支援という仕事をしていると様々な「面白い」 行動に出会ったりします。(ものを投げる、かみつく、ひっかく等) その行動するのには、必ず理由がありますよね。 理由があってから行動していることは、「障害」のあるなしに関わらず、誰もがしていることだと思います。 たとえば、今からおやつを食べようと思ってたとか、何かできない理由でイライラしていたというようなことです。 ここに、「障害」のあるなしは、関係がないのですが、支援者である私たちは、「気持ちと行動」の流れを知っておき、「障害」児者に接することをお勧めしたりします。 それは「障害」児者が頭の中で何を考えているのかが、わからない、分かりにくいという状態…

  • 「ジミーズ」~「リーダー」になったとき

    リーダーになる経験ってしたことってありますか? 私は小さなころは体が弱く いつもなんだか人の後ろからついていくタイプ 自信がなくて目立つことも嫌いで 特に得意なこともできることもなく どちらかというと消極的で・・・ひっそりとしてた。 いるのか?いないのか?わからないタイプ・・・ 今の子たちから聞く言葉に例えると 「ジミーズ」でした。 小学校高学年で担任の男の先生が なんだか熱血漢で 「どの子にもできることがある」ってことを証明するのが 好きな先生だったのかなー--??? 「みんなに賞状を取らせる」って・・・ (賞状がわかりやすいからなのかな?喜ぶと思っていた?) なんでもかんでも本当に様々・・…

  • 「言葉にすること」は価値がある

    自分の中で・・・ 口に出したくないことって・・・ たくさんあるとは思うけど・・・ それって・・・口に出さなかったら・・・ 心の中がおもー--いっまだと思う。 自分の中の「闇」みたいなもの・・・ それってたくさんあるけど・・・ 特に重々しいもの・・・今の自分からは想像しにくく 程遠いもの・・・ 別に今がいいから・・・それ言わなくてもいいんじゃあないの? ってこと・・・ それってでもねー-- 「吐き出す」ほうが「スッキリ」する。 おもりが体の中から減っていくのよねー-- 最近、自分の歴史を振り返る中で・・・ 自分ではわからなかったけど 語ってしまうと・・・ 人に勇気を与えられるような「エピソード」…

  • 「普通」「一般的」ではない「障害」でも今の世の中では・・・

    私が「普通」にとらわれているとき 特に第1子が「障害」児だったことから・・・ さらに他の人より「普通」ということにこだわる自分がいた そう感じます。 最初のスタートが自分が思っている「普通」とは違ったから なんだか「普通」の生活、幸せ、子育て そんなことへの執着が強かったのだと思う。 私の考え方、価値観が狭かった・・・って ことになるのでしょうかねー-- 若かったし・・・まー--学んでなかったしねー-- 親になんて自然となれるもんだー-- お母さんなんて・・・みんなやってるし・・・できるはず みたいな感じだったから・・・ 自分は結構 「虐待」のある中で育ったって感覚があったから 理想の母親像み…

  • 「障害」~やる気が出ないときの行動の方法

    「なんだかやる気がおきなー--い」 「ここにいてもなー--んか・・・楽しくない」 「なんだか・・・この人間関係疲れっちゃう」 そんなこと感じることってありませんか? そうは感じるものの・・・何をどうしたらいいのか? 何をどう動いたらいいんだか? わからないから・・・ ジーーーっとそこにいちゃってる・・・ んー--それでは・・・いつまでたっても変わらないばかりか・・・ もしかしたら・・・ 病気になっちゃうかもですよー-- よく 「私・・・ずーーーっと子どもと向き合って鬱になっちゃって」 「子どものことを考えると気が重くて」 「これもあれもできない・・・どうしたらいいのか・・・ 食事ものどを通らな…

  • 放っておけないこと、あなたのエネルギーの源って何ですか?

    私は・・・きっと悩んでいる人を放っておけないんだなー-- いつも相談があるんだけど・・・ 合わせたい人がいるんだけど・・・ 困っている人がいるんだけど・・・ ・・・といわれると・・・ 「あー--早く来ないかなー--」 「早い方がいいのにー---」 って・・・ものすごく待ち遠しくて・・・気になって気になって 仕方ない・・・ このおせっかいの原点って何だろう?って思ったとき やはり自分の辛かった。悲しかった、苦しかった体験が 根底にあるんだなー--って思う。 だから・・・自分の経験で約に立つことがあるんなら なんでもすぐに使っちゃいたい・・・ ・・・で・・・自分の経験が・・・ほかの人の人生において…

  • 「障害」~大人になってわかった場合~

    たくさんの方とお話しする機会をいただいて 話をする中で・・・ 大きくなってご自分の特性を知ったとき なかなか・・・そこからの自分理解、家族の問題、社会とのかかわり方 時間がしっかりかかる・・・ 25歳で分かった・・・時・・・ そこから・・・【変わる】って・・・素直にできれば・・ 1年くらいか・・・な・・・ でも・・・実際わかっていても・・・ なかなか思うようには【できない】が実際・・・ 人は【変わる】って決断しても・・・ なかなかできないのが事実ですからねー-- 行ったり来たり・・・進んだり戻ったり・・・ そこを何度も繰り返しながら・・・1歩1歩・・・ その一歩のスピード感によって・・・進み具…

  • 「障害」児教育~先生方の反応はいかに~

    先日先生方の「障害」児教育研修に講師として呼んでいただいて そのあとに先日、感想をいただいた・・・ h\本当にありがたい・・・ 私が本質の部分で伝えたかったことは 先生方の【意識変容】【行動変容】 ここをどう持っていくか?だった。 その中で話を組み立てていった。 (事前にアンケートを取っていただいていたので、そこにもこたえる感じで) まーーー 考えていることをやっては見たものの・・・ んー--60点・・・ 内容は概ね伝えたが・・・スピーチ的に未熟さが残った。 表情や伝えたい部分の間の取り方や強弱・・・ 表現力にたくさんの課題あり・・・ また・・・原稿内容ももっと・・・ 落とし込んでおかなくては…

  • 「障害」~教員の皆さんへ講演をする場合~

    最近、先生方にお話しする機会をいただいた。 市内の小中学校の各学校の代表者とその会の担当者の先生 って感じでした。 うちの会の副会長が 「私も行っていいですか?」って感じで 話を聞きに来てくれました。 今回は・・・「障害」児者の親の会に 事前にどんなことを聞きたいのか? アンケートを取っていただいていましたので・・・ そこを考慮しながら話をしていきました。 お話をいただいたとき・・・ 「親の会として」「長年続いている秘訣」 「何を大事にしているのか?」「伝えたいこと」 そんなことを担当者の先生方には・・・聞きたいと名はしてほしいと 言ってらっしゃった・・・ 「なるほどー--」 でも案外、アンケ…

  • 「障害」~広く物事を見るということ~

    何かの時に 地域で子どもの役員をしていた時 「今日は月が美しいですね」 って出足で・・・ 同じ役員仲間に・・・メールをしたところ 「大島さんって・・・とっても抒情的な人なのね」 って言われたことがあって・・・ 今日・・・空が青くとてもすがすがしいなー-- って思ってみていたら・・・ ふと・・・そんなことを思い出した。 私は・・・ そんなに徐序的な人間ではないけど・・・(笑) ただ・・・広く物事を見る目は・・・ 若いころ・・・ んー--結婚前・・・ もっと直球でいえば・・・「障害」児を産むまでの自分と 産んだ後の自分では大きく違うと実感している・・・ 大きく3つ・・・「変わった」点はある 1つ目…

  • 「障害」~考え方が【真逆】になるまで~

    私は「障害」児者の子たちが・・・ 3度の食事より好きです。 彼らを見ていると・・・ 「できない当たり前があっていいなー--」 って思ったり・・・ 「自分のできるをしっかり表現してるなー--」 って思ったり・・・ 「負けない、あの人より自分は・・・」 って・・・負けん気や闘志を表現したり・・・ 羨望、嫉妬、向上心、素直さ、謙虚さ・・・ なんだか・・・とっても人間らしい・・・面白い・・・ でも私もかつては・・・ 「障害」児を産んで当分は・・・そんな気持ちになんて 微塵もなかったもんなー-- 嫌で仕方なかったし・・・夢で逢ってほしい、誰か変わってほしい 私の計画はこんなんじゃあなかった・・・ って。…

  • やるぞ!やりたい。。。だけど。。。

    「お!!それいい」「あー――やってみたい」 「わー――面白そう」 なんだかやりたいことはたー――くさん!!だけど・・・ やり始める1歩がなー―― なー――んか面倒くさい・・・そういうそこのあなた・・・ 「本当にやる気満々になりたいですか?」 「モチベーション上げていきたいですか?」 そんなあなたの朗報です。 「やるぞー――!!」「やったるでー――!!」 に簡単になれる方法が あるんです。ビックリするくらい簡単なんですが、知りたいですか? その方法は3つです。 まず1つ目「昔を懐かしむ」 はー――なんじゃそれー-!! って思われるかもしれませんが・・・ これには実証データがあるんですよ。 ハーバ…

  • あなたが今やるべきことをやりなさい

    「あー-なんかうまくいかない」 「なんだかモチベーションが上がらないよー-」 「もう何をやりたいんだかわからなくなっちゃった」 今・・・そんな毎日を過ごしたりしていませんか? 私もかれこれ15年くらい前に、そんな事態に陥っていたことがありました。 養護助教諭として、日中中学生を相手に働き、「障害」児者団体のコミュニティ代表として動き、土日は両家の父母の病気介護で病院や施設めぐり 今考えると超人的なハードスケジュールの日々 毎日毎日仕事に行く前に、仕事は嫌いではないのに、 ゲーゲー嗚咽をあげながら職場に向かっていました。 この時の私は 「どれも欠くことはできない」 「仕事もコミュニティも介護もど…

  • 生きてさえいればなんとかなる

    これからの未来にあなたは不安や恐怖がありますか? 例えばコロナでのこれからの生活変化への対応、 毎日毎日続くパワハラ、モラハラ? 私は32年前・・・これからの人生にとても大きな不安と恐怖を感じていました。 結婚してすぐに妊娠、順調な新婚生活、幸せな毎日 うちでは初孫、そしておなかの赤ちゃんは女の子 夫の方では初の女の子の孫 みんな楽しみに待ちわびていました。 ところが出産した子供は「障害」児 「どうしよう。どうしよう」 期待を裏切ってしまった申し訳なさと、何が何だかぐるぐる目が回るような感情。 「なぜ?私なの?」 「何をしたらいいの?」「どうやって一緒に生きていけばいいの?」 ただただ・・・泣…

  • ~「障害」~「幸せ」は日常の思い出から

    最近、「障害」者の娘の小中学校の同級生の男の子と話すきっかけがあった。 現在神奈川にいるという。 きっかけは 自分の娘が新聞記事になった・・・昨年・・・ 自分たちの「障害」者コミュニティで 「彼女の生い立ちを追いたい」 「インクルーシブ教育について考えるきっかけにしたい」 「現在の教育に関して考えるきっかけにしたい」 そんな話が出てきて・・・ 動画プロジェクトが素人集団でのんびりペースで始まっているのだ。 そこで小学校、中学校、高校。そして今の就労支援事業所・・・ そこの関係者たちにインタビュー形式で思い出をさかのぼっていった。 小学校のころにはねー-- もう「前向き」だったからねー-- 生ま…

  • 才能とセンス~「障害」児・者の場合~

    最近・・・「障害」児・者の彼らを見ていると・・・ 才能とセンスって言葉が思い浮かぶことがある・・・ 才能って・・・ あるとかないとか言われるけど・・・ それって「磨いてないだけ」って・・・ びりぎゃるの著者の坪田先生は言ってた。 才能を辞書で引いてみると 確かに・・・ 生まれつきの能力、その働きの優れていること、才能 とある。 でも坪田先生は 「基本的には後天的なもの」という。 広辞苑では 「才知と能力、ある個人の一定の素質、または訓練によって 得られた能力」 って書かれているらしい ・・・としたら・・・ 「才能は誰にでもある」ってこと・・・ 私も「障害」児・者にかかわっていて ホントそう思う…

  • 言葉って大事~薄っぺらい人~

    表現って大事ですねーーー んーーー【言葉の使い方】かなーーー 話し方っていうのかなーーー いつまでも話していたい人と・・・ 1分でも・・・「もういいや」って思う人 一緒にこれからもやっていきたいなーーー って人と 「なるべく会わないでいいや」 って感じる人・・・ これって・・・どんな違いがあるのか?なーーー やっぱり・・・これって【言葉】の力が大きいとも思う。 会話の内容ってのかなー-- 若い子は・・・ 「そこ・・・目上の人にいうときは・・・了解しましたではなく 承知しましたのほうがいいよ・・」 とか・・・ちょこちょこ直すことができるけど・・・ そのー--言葉の使い方とかではなく・・・ んー-…

  • 「障害」~彼らがピョンピョンの理由は?意外な視点~

    先日面白いことを聴いた・・・ うちの会には毎月東京から体のメンテナンスを 此方に来たついでに・・・ 「福岡価格で」ってお願いして来ていただいている 整体施術をしてくださる方がいる・・・ 体のゆがみや疲れだけでなく その根本はどこなのか? どんな食べ物が会わないのか? 今・・・どこの臓器が疲れているのか? 心の状況がこうではないか? 表情筋が・・・ 様々な現状がわかる・・・ 今月も数十人が見てもらって・・・ 夜一緒にお食事をするとき 「先日一緒に来たスポーツトレーナーが言うんだよねーーー」 って・・・ ここで見た子で一番骨格がきれいなのは・・・ って言われたのが・・・自閉症スペクトラムの子だった…

  • 「障害」児者のネガティブバイアス

    「障害」者の就労支援に行くと・・・ よくネガティブバイアスの方が多いなーーーって 感じることがあります。 まあーーーとかく人って そちら側に引き寄せられやすい傾向にあることは 間違いありませんよねーーー ネガティブバイアスとは・・・ ポジティブな情報よりネガティブな情報に 価値を見出し重点を置くこと 「おーーーあえてそれをいうかーーー」 「おーーーそう考える?」 「ふーーーんそう見えちゃうんだーーー」 「そんな風にとらえるのねーーー」 なんて。。。たくさんあります もーーーびっくりするくらい・・・ まーーー一般的にも・・・ 数年前に10000円を落としたことは覚えているけど 数年前に誰から10…

  • 「個別支援計画」~変化、動き、成果、検証~

    「なーーるほどなーーー」 ある事業所で個別支援計画を見る・・・ 「んーーーこの子3~4か月計画内容が動いてないなーーー」 「んーーーこれってできるようになる道筋が見えないなーーー」 なんて・・・ 見えてくるものがある・・・ 出てない「成果」から「検証」する 「この子こんなこともできた」 「もっとこんな伸びしろきっとあるな・・・」 「案外・・こっちではなくて・・・こっちかも」 なんてこともたくさんある・・・ 私は個別を作るとき・・・ かしこまった「面談」形式はとらない 常に・・・日常のその子を追いかける・・・ 「今月はこのことこの子お願いします」 そういわれたら・・・ 普段の支援の中で その子に…

  • 「障害」は「個性」なの?

    最近何だか・・・ ふと腑に落ちることがあった・・・ 良く・・・ 「障害」は「個性」という人がいて・・ 何だか・・・それを「納得」しようとしていた自分がいて・・・ でも何だか・・・「すっきり」 しないまま・・・そんな言葉もなんとなく・・・ 「ふーーーん」って感じで流していた・・・ ・・・があるとき何かの本の片隅に・・・ 成功者はよく 「個性」が大事「好きなこと」をやれって言うけど・・・ 「個性」が認められるのって・・・ 「みんなが理解でき、みんなが喜ぶモノ」 なんじゃあない? 「曖昧」なものって・・・誰も「個性」って言わない 自分一人が「個性」って言っても思っても・・・ 誰もそれを「個性」って思…

  • 「解釈」と「事実」の狭間で。。。困ってる人がいませんか?

    最近・・・ ある場所での「障害」児のラベリングについて 「これは差別事象ではないか?」「大きな問題では?」 と・・・情報が入ってきた・・・ そこで・・・ 私は「また聞き」ですべてを判断しないので・・・ それが・・・ 【事実】なのか?【解釈】なのか? 確認する必要があるなーーーって思って・・・確認に向かった・・・ ってことがあった・・・ みなさんの日常においても・・・ それって「事実なの?」って耳を疑いたくなるようなことって ありますよねーーー でもよくよく話を聞いてみると・・・ 「話にきた方の【解釈】も多分に入ってる」 そんなこともあります・・・ 仕事の場面や話の中でも・・・ 「んーーーそれは…

  • 「障害」児者支援~言葉が引き寄せてしまうこと~

    「障害」児者支援に向かい合うとき 「それは・・・むずかしい」「たいへんですよ」「そんなの無理」「〇〇だから・・・ちょっと」「時間がないから」「△△さんだから」「それってコストがかかりますよ」 なんて聴いたりします。 「今度、〇という支援法をしてみようか?」「でも、〇ってむずかしくないですか?」 「いやーーー今は無理じゃあないですか?」 といった会話は、結構・・どこの支援現場でもあるのではないでしょうか? この言葉の意図は、「新しいことをしたくないなあ」といったような後ろ向きの場合もあるかもしれないし、やる方法やアイデアがパッと思いつかないときもあるでしょう。 じっくり考える前に、なんだかいつも…

  • 「障害」その子その子のストーリー

    「障害」者就労支援現場・・・ 子ども達・・・一人ひとり・・・ そのストーリーを感じながら彼らをみています。 「あーーーこんな生い立ちなのかーーー」 「何を抱えこんな行動をするんだろう?」 「こんなにいい子でいようとする背景には何があるんだろう?」 「家族はこんな行動に出会ってるかな?困っていないかな?」 (子どもって言っても・・・10代から60代までいて 自分より先輩もいるんですが・・・) その中に・・すごく気の利く子がいます・・・ その行動がものすごい・・・ 周りをめちゃくちゃ観察していて・・・困っていたら・・・ サッとなんでも出てくる・・・ パット見たら・・・ 「わーーーすごいねーーー」「…

  • 「ボイスチェンジ」と「ティーアップ」

    人とのコミュニケーションって・・・・ なかなか手ごわい・・・(笑) 1人の人の問題や課題で・・・関わる人の人数は・・・ 人によって、まあまちまちではあるけれど・・・ 少ない人数でOKの場合もあれば・・・ 多数の人の力をかりなければならないことも多い 身近な人であればあるほど・・・ 身近なモノだけでは・・・変わることができない・・・ そんな事例も少なくないですねーーー そんなとき・・・ よく・・・世間では 「ボイスチェンジ」なんて言葉を使いますね ご存知ですか? 身近ないつも接している人ではなく チョット離れた立場の人から言っていただく ってこと・・・になりますかねーーー そして・・・ その時に…

  • やめることできてますか?~モデリング、メンター活用術~

    みなさーーーん 毎日やることいっぱいになってなっていませんか?? なんか・・・やることはどんどん決めていますが・・・ なんてことありません?? 【やめること】 って決めたりしてますかーーー?? 私も【やめること】決めるの苦手で・・・ やることばっかり増やしていました・・・ それでよく自分で自分の首を絞めっちゃってり・・・してましたねーーー 自分では気づかないんですよ・・・ 「やりすぎだよーーー」 「自分の体の声聞いてよーーー」 ってこと・・・ 私は・・・すごい体に大きな不調が出て・・・ 気づくタイプ・・・ でも一時期は・・・その体の声さえも聞こえないふりをして 騙しだまし動き続けていました。 …

  • バレンタインに思うこと~行事が【文化】になるまで~

    「感謝や愛を経済で回し文化にしている行事」 最近会ったバレンタインデーがそうですよねーーー 日本に上陸したのは かれこれ66年前くらいでしょうか? 1956年ごろだと聞いています。 その頃はどこかのデパートが・・・様々「バレンタイン作戦」を 打っていったようですが・・・ なかなか浸透はしていかなかった・・・ 盛り上がりの兆しを見せるまで・・・ 10数年かかったといわれます。 でもそれが今では・・・年間のチョコレート消費量の20%が 2月14か前後に消費されるというのですから・・・ すごいですよねーーー 諦めずに・・・「何が何でも」 「この行事にかける」そんな思いの強さを感じます。 それが今では…

  • 『モデリング』やってきた身・・・されぬ身・・・

    あなたの「モデリング」って誰でしょうか? 自分が成長したいと思うとき やりたいことが見つかったとき・・・ そこに・・・近づくための早道は「モデリング」 だと思います。 徹底的に「盗む」コト・・・徹底的に「真似」すること 私も振り返ってみると・・・ その時々に「モデリング」したい方がいたなーーーって 思います。 幼いころは 母の小言や誹謗中傷、暴力が嫌で・・・ 「こんな親にはならない」 がまず最初の「モデリング」だったかも・・・ (すべてを否定はしてませんよ・・・ いいとこもたくさんありますからね) よって・・・同級生の素敵なお母さん・・・ その人たちに憧れて・・・よく・・・ 『自分が大人になっ…

  • 意識➡行動➡選択・・いかがですか?

    日々・・・人は 意識して考動を選択しているか?どうかで 人生の日々の「充実度」や「幸せ」は決まってくるんだなーーー って思います。 ユーチューブで見たんですが・・・ 双子で小さなころひどい父親の虐待を受けて育った男の子2人 20年後に追跡調査をしたところ 一人は家庭が飲酒などで荒れて暴力の挙句に離婚 もう一人は 家族円満で穏やかに楽しく生活・・・ 2人にドクターが尋ねた質問は一緒 「どうしてこうなってしまったと思いますか?」 ・・・で 2人の答えも一緒 「あんな環境で育ったんだから当たり前」 同じ環境で・・・それも双子という DǸAも同じな2人が・・・どうしてこのような結果になったのか? 要は…

  • トラブル~コミュニケーション取れてますか?~

    面白いなーーーって思う。 学校の先生って「お話し」する職業だと思っていたんですが・・・ 「話す」ことは出来ても・・・ 「伝える」って苦手な人が多いんですねーーー 様々なご相談があるときに・・・ 保護者から聴くこと・・・ 全面的に・・・聴く中で・・・ (まーー感情が入るので・・・一人の言い分だけが 全てとは思いませんが・・・) 「伝わってないなーーー」「大切にしてることって何だろう?」 「本当に真意を聴いてるだろうか?」 なんて・・・思っちゃいます。 保護者の言ってることは 中味はいろいろあるんですが・・・ 要は「聴いてほしい」「話したい」なんですよ・・・ 要は「受け止めてほしい」 そして大事に…

  • Z世代、ミレ二アル世代、大人の先輩の在り方とは?

    最近知ったのですが・・・ 1990年代後半から2010年くらいまでに生まれた子達を 「Z世代」というらしいですねーーーー どんな世代かというと・・・ デジタル。スマホ、SNS、で育った接代・・・ 初めからそれが「当たり前」の世代だということです。 要は、情報の「高速化」の中で生きている世代 情報の収集も早ければ・・・ 大人の手をかりん久手も自分の興味関心があることは 自分の力で何でも手に入る・・・ そんな時代になってきたということ・・・ 情報の収集に「危険」も伴いますが・・・ 上手に付き合っていけば・・・ とても画期的なツールでもある・・・ だから・・・その世代の子達は・・・いいものはいいとい…

  • 先に生まれてきた大人がすべきこと・・・

    私達大人がすべきこと・・・ 私達日々何らかの「支援」に関わるもの 意識しなくてはいけないこと・・・ それって・・・責任が思いなーーーって 最近よく思う出来事があります。 先日も先生方と自主学習会をコミュニティでやったのですが 新任の先生、2年目の先生・・・ 「聴く」力がすごくある中で・・・素直に「うんうん」って 聴かれるんです。 「素直」であるがゆえに ここに伝える、伝わる、出会う・・・ってことに 大きな意味があるし・・・責任がある・・・ 要は生まれたての卵から出てきたひなのように・・・ みたもの、聞いたもの。出会ったものがなんであるか? によって・・・ 猛毒を持った獣にもなるし、大きな翼で包…

  • 「障害」児者~自己肯定感と自己効力感~

    最近・・・「障害」就労継続支援事業所に入っていて思うこと・・・ 「みんな自己効力感が弱いなーーー」 ってことです・・・ よって・・・私は メンバーさんの「自己効力感」が上がるように・・・・ 接することを心がけています。 自己効力感と自己肯定感 似たような言葉だけど・・・どう違うのか? って・・・私も最初に聴いたときに・・・???? だったので・・・調べてみました。 自己肯定感は・・・ 自己を尊重し、自分の価値を感じ自分の存在を肯定できるコト できてもできなくてもありのママの自分を受け入れる力ってことかな・・・ 自己効力感は・・・ 自分は必要な行動をとって成果、結果を出せる・・・ 要は達成できる…

  • 毎日どんなことを大切にしていますか?

    今日が始まり・・・1日が始まる・・・ 「今日は・・・どんな話ができるかな?」 「今日は何人と会話ができるだろう?」 「今日は会話の中からどんな学びができるかな?」 私は仕事に行く前に。。。必ず考えていることです。 1日何人と会話していますか? 何人と言葉のキャッチボールを楽しんでいますか? 業務以外の言葉なんて・・・そういえば話していないなーーー なんて感じる方もいらっしゃるかもしれません。 ではでは・・・ 1日の笑顔比率は何パーセントですか? 1日をどれくらい「笑顔」で過ごしていますか? 私は・・・起きてる時間の半分以上は「笑顔」かな? なんて自分分析しています。 人に会ってるときには・・・…

  • 「離婚」率~「障害」児・者のいる家庭の場合~

    コロナのこのご時世・・・暗い情報ばかりで・・・ 何だか憂鬱・・・なんて・・・ありませんか? 何だか・・心身ともに疲れ切って・・・ チョットうつ状態になっちゃってます・・・ なんて・・・最近よく聴きます。 ご家庭は上手くいってますか? 中には・・・家族がぎくしゃく・・・ 「旦那が家にいて・・・疲れちゃう」 「定年して無趣味で・・・困ってる」 なんて話も聞きます。 「障害」児・者のいるご家庭では・・・ 離婚率も普通より高いかも・・・ね・・・ 確か海外の調査では自閉のお子さんを持つ家庭に多いとか 出てたっけなーーー? でもどこの家庭でも・・・ まーー 「もーーーだめかなーーー」 なんてことが心をよぎ…

  • 影響を受けたアニメってありますか?

    最近、アニメブームで・・・ 大人も子どもと一緒に楽しむって話をよく聴きます。 そうそう・・・私もですが・・・ 大人になって育ちの中で影響を受けたアニメって 何かの特集であっていましたが・・・ 世代で様々違うのでしょうが・・・ 私の子どものころは月刊誌が主流で・・・ (私があまり詳しくなかったかもですが・・・) 毎月本屋さんで買うのが楽しみの1つでした。 私のころはテレビも日曜に集中してテレビアニメ・・・ 観てたなーーー 今も継続中の ”サザエさん“もあっていたし・・・ 18時くらいから20時くらいまでアニメのオンパレード だったような気がします。 テレビアニメで自分が影響を受けたのは・・・ や…

  • 理想の親、憧れの母像ってありますか?

    歳を重ねて少しはまともになってきた・・・(笑) 人間らしくなれた (考えることは動物の中で特価してできること) って思います。 ・・・・だって26歳で「障害」児を産んだときの私に 今なら・・・ 「大丈夫・・・」 って言えるし・・・ 「そのままのあなたの感情を吐き出していいんだよ」 「その胸のうちを聞かせて・・・」 って言えるから・・・ 「ため込まないでね」 「自分を責めなくていい」 「みんな誰でも、だんだん・・・ お母さんになっていくんだよ」 って・・・自信をもって言える・・・ (自分の経験から・・・) だって・・・自分自身がそんな段階を踏んできたから・・・ あなたは・・・「親」「お母さん」の…

  • 「障害」児のままになって~デビルママ、悪魔のささやき~

    私って・・・ 「障害」児者の日々の幸せのため・・・ 子どもたちの未来のために「考動」するって決めてから 様々な活動を組んだり提案したり24時間365日 ずーーーっとそんなことばかりを考えています・・・ 私がなぜ?こんな風になったのか? んーーーー 「障害」児を産んだ・・・ ってことが大きなきっかけです。 けれど・・・最近ある人に聞かれたんです。 「大島さんは・・・どんな人を助けたいの?」 「子どもたちに元気でイキイキいてほしいから・・・ そのためには・・・子どもに長くかかわるお母さんに元気になって ほしいから・・・お母さんたちかな?」 って答えると・・・ 「どんな年齢の?」 「え❓年齢❓」 正…

  • 「障害」児者に関わる「仕事」楽しんでますか?

    日々何のた目に「仕事」をしていますか? 日々・・・何のために生きていますか? どんな毎日だったら・・・「幸せ」って感じられるでしょうか? 私は・・・よく・・・ 教育関係の方々の前でお話しすることがあるんですが・・・ 「疲れてるなーーー」「楽しくなさそう・・・」 って感じることがあります。 子どもが見ているのは・・・ 身近な大人の姿・・・ 子どもにどんな大人になってほしいですか? 子どもにどんな人生を歩いて行ってほしいですか? 憧れる大人ってどんな人でしょうか? 私は日々「障害」児・者の幸せのために「仕事」をしています。 これが・・・ 「障害」児・者の役に立つかも・・・と思ったら・・・ 自分が自…

  • 動画プロジェクト発動~「障害」児の娘の高校時代編③~

    私たちの動画プロジェクト・・・ 「初めて」のことなので・・・ 亀の勢いですが・・・ 勢いは勢いです(笑) 高校の部分を観ていて・・・ 「あーーーありがたい」「あーー出会いの奇跡」 願ったように「コト」は動いていく・・・ 引き寄せていく・・・ そう思います。 このとき・・・必死だったなーーー できることできるだけ・・・使えるものすべて使って みんなに協力してもらって・・・ 「できないかも・・・」とか「無理」なんて 考えたこともなかったですねーーー 「できるような気がする」 「これで来たら・・・みんなの元気や勇気につながる」 なんて・・・自分の子どももことでありながら・・・ 何だかチャレンジを・・…

  • 2022年~幸せになりましょう~

    2022年が始まりましたが・・・ みなさんは幸せですか? 「そんなに考えたこともなーーーい」 「うーーんそこそこかなーーー」 いつも「言っている言葉がその人」をつくる・・・ そう言ったら・・・ どんな言葉を使いたいですか? 「あーーー幸せ」「あーーーついてる」 「わお!!ラッキー」 嫌なことさえも 「あーーいい勉強になった」 悪いことが起きても 「きた・・来た・・・学びの時間・・・」 なんて・・・なったりします・・・ 私の場合・・・ 幸せは「考え方」で決まる・・・ 要は自分がどの部分に着目しているか・・・ プラス面をみるように訓練していけば・・・ 「いいとこ」「いいこと」見つけが得意になる・・…

  • 「自己肯定感」なぜか?高い!!~「障害」者の娘の場合~

    日本人の「自己肯定感」って低い・・・ 自分自身に満足しているか? 問いを13~29歳の行ったデータ・・・ これに「はい」って答えた日本人・・・ 45,8% それに比べて・・・欧米は80% この結果って・・・大人の責任なんですよねーーー 自己肯定感って・・・私は私でいい・・・ ダメな自分も、いい自分も このままで自分OKって感情・・・ 存在していいし。。。愛情ももらうのが当たり前・・・ って感情ですよね・・・ コレ・・・うちの長子 「障害」者なんですけど・・・すごくあると思うんです。 それってなぜか・・・ よく0~3歳までの無条件な愛情のかけ方・・・ とも聞きますが・・・ そこもあるかなーーとは…

  • 身近な大人の「考動」が子どもに及ぼす影響とは?

    あけましておめでとうございます。 私も還暦まで・・カウントダウンとなりました。 私は・・・「障害」児・者のコミュニティに所属しています。 団体に所属して28、9年になるでしょうか? 代表として・・・18年を超えましたかねーーー 今まで・・・たくさんの「障害」児・者達・・・ その周りで関わる人・・・ 全国のいろんな施設・・・いろんな人に たくさん会いに行きました。 どれほどの人に会ったかなーーー これからもどんどん続けていきたいと思っています。 昨年同様・・・もっともっと 「障害」児・者の「喜び」を追求し「笑顔」を見れる日々を 増やしていくこと <人を喜ばすことに一生懸命になれると 人生はとても…

  • 今年を振り返る~小欲と大欲~

    今年もたくさん・・・ 自分がやってることの「先の笑顔」を想像しながら・・・ 日々・・・楽しんで志事ができたなーーーって思います。 「今日は何人の人が喜んで事業所から笑顔で帰るだろう」 「今日何人が笑顔を何回輝かせるだろう」 「私が関わることで何人が喜んでくれるかな?」 「この事業をすることで何人が笑顔んなるだろう?」 ・・・他にもたくさん・・・ そんなことを想像しながら・・・ 自分自身が「ワクワク」「ウキウキ」して日々が過ごせたことに 感謝でしかありません。 私が周りにこんなに「笑顔」にしたい人に囲まれてるって 本当に「幸せ」なことです。 みなさんはいかがですか? 「仕事がしんどい・・・」「こ…

  • 「障害」~かかわる大人の問題とは?~

    子どもの成長を見るとき・・・ 本当に信頼する・・・信用するって大事だと思います。 「この子の成長を信じる」 どうせできないから・・・ この子の知的レベルでは無理に決まってる・・・ 無理をさせるのはかわいそう 親がそう思っていたら・・・その子は そのようになっていきます。 「限界」を身近な大人が決めてしまっているから・・・ 私は常に「障害」児・者に学びをもらっています。 その中で 「身近な大人の存在」で彼女彼らは・・・大きく変わるなーーー って思うようになりました。 そこに大きく影響するのは「日常関わっている大人の存在」です。 そこには「支援員」も含まれますし、 学校の先生の存在もあるでしょう・…

  • 動画プロジェクト発動~「障害」児の娘の高校時代編②~

    人の話に「違和感」があったり 聴いていても何だか「重み」を感じなかったり なんか「言葉」が薄っぺらいなーーーって・・・ そんなことってありませんか? 私は最初・・・ 自分のうがった人を見る目に「課題」があるのでは? と思っていました。 でも・・・よく知ってる人の中にもそれを感じることがあって・・・ それって何だろう?って・・・ ずーーーっと気になって心に引っかかってはいました。 そして・・・ たくさん年月や学びを重ねる中で・・・気づくことができました。 今のその人の等身大と「言葉」があってないのだと・・・ または・・・ 今まで語っていなさ過ぎて・・・・ その語りの基本情報がなさすぎるとか・・・…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、おおしま りつこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
おおしま りつこさん
ブログタイトル
perfection of mind
フォロー
perfection of mind

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用