searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ハチさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
groupokameの日記
ブログURL
https://groupokame.hatenablog.com/
ブログ紹介文
生活や仕事の中で「?」なことはたくさん。?なことや、わかる人に聞いた内容をおすそわけ。
更新頻度(1年)

55回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2019/01/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ハチさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ハチさん
ブログタイトル
groupokameの日記
更新頻度
55回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
groupokameの日記

ハチさんの新着記事

1件〜30件

  • 出そうで出せない排便困難の解消ケーススタディ

    便が下りてきているのに出せない「直腸性便秘」という病気があるそうです。 それと同じかは判然としませんが、大腸内視鏡検査をした後に、いつも通り排便しようとして出ないことが何日にもわたってありました。 出るべきものが出ない。 しかもどうやったら出せるのかわからない。 ちょっとしたパニック状態です。 かつて祖母が出せない便を自分で掻き出して困ったと、介護した母に聞いたことがあったのを思い出しました。 老いるということ、ひょっとして認知症だったのかもしれないと受け止めていましたが、50代で同じもしくは似た状況に直面すると、「はて、これはどうしたものか?」と途方にくれました。 結局、少量の排便をしてその…

  • 原爆に縁ある人とその内容

    原爆に関係を感じている人。誰もが知っている人、意外な関係を持っている人。 気がついたときに記していきたい。 ●木内みどりさん(俳優) 四國五郎「おこりじぞう」朗読会の縁で広島平和祈念館の企画展2020年「時を超えた兄弟の対話~四國五郎と直登の日記」の日記朗読(20191225朝日新聞)

  • 原爆に縁ある人とその内容

    原爆に関係を感じている人。誰もが知っている人、意外な関係を持っている人。 気がついたときに記していきたい。 ●木内みどりさん(俳優) 四國五郎「おこりじぞう」朗読会の縁で広島平和祈念館の企画展2020年「時を超えた兄弟の対話~四國五郎と直登の日記」の日記朗読(20191225朝日新聞)

  • NPO、団体のSNS利用に喝!

    さすがに、団体、NPOの活動でもSNSを使う例が増えてきている。 クラウドファンディングとかFacebook、Twitter、Line。 でもせっかくそれらを使っているのに、イベントの参加者に、クラウドファンディングの協力者に自分のSNSで拡散してもらう活動が少なすぎ。 利用方法をもっと指南しなくっちゃです。 #NPO #公益 #SNS #インターネット #指南 #活用 #クラウドファンディング #Facebook #Twitter #Line

  • 転送電話の設定は本当は簡単! 手順書のセンスが悪いのだと思う・・・

    転送したい電話番号の回線自体から、転送電話設定のための電話番号142を発信。 転送先の電話番号を登録してください。【手順は手書き①】 転送開始には② 転送終了には③ の操作が必要です。 どれも、転送したい電話番号の回線からの操作が必要です。 外部から操作することもできます。 そのためにはリモートコントロール機能の設定が事前に必要です。 (転送したい電話番号の回線からの事前設定) 転送電話の設定は簡単なのですが、設定手順書にあらゆるパターンがのっているために、わかりにくく、気後れしてしまう方が多いようです。 手順書作成のセンスが問われていると思うのですが・・・。 ケーススタディ的に載せてくれると…

  • インターネットサービスの選び方

    ◆解約金の確認最近は最低利用期間や〇年毎の利用の約束といった条件付きの料金設定が多いので。 ◆定価の確認期間限定の割引が正価のように表現されていることも多いので、割引期間後の「定価」の確認を。 ◆相談に乗ってくれるか?またはサポートサービスがあるか?設定など、間違えて迷路に入り込むと、不慣れな人には修正が難しい場合も。販売者が相談のってくれるに、もしくはサポートサービスがついていると安心。当初だけサービスをつけて、不要になったら解約することもできる。

  • 従業員はつらいよ! スマホクーポン&キャッシュレス決済

    消費増税にあわせてキャッシュレス決済を始める店が多くなり、なんたらペイのほかにスマホ利用のサービスも多くなってきた。 だが。 その手順を客も把握していない場合も多い。 レジに並ぶ前に確認したいのだが、店内POPにはクーポンで5%引き、と書かれているばかり。 忙しいレジ担当さんに、自分の番が回ってきたときにきかざるを得ない。 なるべく短い列のレジを選んで、端的に尋ねる。 「レジで精算前にアプリで店舗登録までは済ませているけど、その先はどうすれば?」 「店舗登録はお済ませですか?」 「済ませてます」と答えながら 毎回ここから説明してるのだったらたいへんだなあと同情する。 同情しつつ、レジまわりをチ…

  • もったいない! 小学校の理科教材を活かす道

    小学校で使う理科教材。 短い授業時間で効率よく実験をするためのパッケージ。 その必要はわかる。 わかるのだが、一回こっきりのために購入→廃棄、はあまりにもったいないのではないか? ちゃんとした乾電池がついていたり、 プラの車を組み立てたり、 しっかりした磁石セットがついていたり するのだ。 繰り返し使えるとよい。 (ex.1組の後に2組が、2組の後に3組が、というように・・) (拡大すれば、さくら小学校の次はあやめ小学校が、あやめ小学校の次はひまわり小がというように・・・) 部品が足らないとか、破損とか・・・を心配されるかもしれないが、それを整備する仕事があっても良い。 40人学級なら70個。…

  • NPOは都市資源を使おう 

    「都市鉱山」という言葉があります。 携帯電話などに貴重な金属が使われていたりして、集めれば結構な量の資源に。 廃棄機器の多い「都市」は第二の「鉱山」というわけです。 「東京油田」という言葉があります。 天ぷら油を資源にする会社「ユーズ」がとなえています。不要になった廃てんぷら油を集めて燃料に。そう考えた時、東京という都市が「油田」になるのです。 NPOの活動・運営の中で、必要な物資、材料。 その購入資金の寄付を募ることも多いでしょう。 視点を変えて、「都市資源」からの提供を求めてはどうでしょう? 「お金の寄付」に抵抗がある人も、「モノ(特に自分にとっての不要品)」の提供は喜んで、という場合が多…

  • 台風被災による通信断 ~事前対策に転送電話のリモートコントロール設定を!

    先日、「大切な電話番号の不通に備えて ~転送電話のススメ」という記事をアップしたがまさにその通りな事態が再び勃発。 台風19号による浸水地域での通信断。 groupokame.hatenablog.com 被災した電話番号に電話をかけると 「現在おかけになっているエリアではネットワーク設備が故障している、または4相手の通信機器の電源が入っていないか故障していると思われます」 とアナウンスが流れる。 こういった事態でも、通信局が機能していれば、転送電話のリモートコントロール機能で、外部の電話から、該当の電話番号あての着信を任意に転送できる。 たとえば別の拠点に、たとえば責任者の携帯電話に。 どう…

  • 台風19号 行政の情報提供 区ごとの差異

    台風19号。 当事者として真剣に情報探索していると。 避難は必要?避難所は?ということになり検索するとYahooに。 Yahoo大雨警戒マップ 避難場所も探せるじゃない。 江東区は民間企業にも依頼しているようだ! 江東区 民間企業にも依頼か? しかし、登録自体がない区も。 連携できるところは連携し、少しでも具体的情報を発信して欲しいもの。 足立区、残念! #台風 #大雨 #避難場所 #Yahoo #登録 #行政 #発信 #具体的

  • 台風19号 避難勧告について わがこととしてとらえるために不足しているもの

    台風19号。事前情報から脅威に思っていた。 実際に住んでいるエリアは、避難勧告が出た。しかし防災無線からの告知内容は以下の通り。 マンションの3階以上に住んでいる場合は、基本的に避難所に移動よりも自宅にとどまる方が安全と思われる。いま予測されている危険がなんであるのか、を示さないと、判断が困難と思うのだが。 字句通り判断すると、みんな「避難所に行こう!」だが、収容人数や建物高さ、強度から考えて、そうではないだろう。 ●自分は避難対象か否かを平常時に考える経験をしてもらわないと、わがことと受け止められないだろう。●また、浸水予測 何mなのか、と明示することで、避難の要否を判断できるので、その具体…

  • オモテナシ提案! 東西線 日本橋駅ホームの看板表記  ~表示カイゼン組合 

    ちょっとこの看板を見て欲しいの!上野浅草方面に行きたいときに、どっちに向かうでしょうか? 東西線 日本橋駅 ホーム看板 正解は「左」。そりゃ、こんな風に全体を平面的にとらえられれば、正解できると思うの。 でも、ホームでは・・・◆左矢印(←)が、あまりに上で、そのため少し薄暗く。◆右矢印(→)の上にある黄色いラインが目立って意味の区切りに感じられ。 つい右に行ってしまったの。階段のところで「?」となる方、ほかにもいらっしゃいました。 別場所にある看板はこの写真のとおり。 区分線だけで「→」の範囲がはっきり! ◆右矢印(→)のくくり◆左矢印(←)のくくり を区分線つけているため、間違いにくくなって…

  • 企業の問い合わせ電話対応(LOVE&HATE)

    通信故障修理の電話にかけて「掛けなおすから用件を録音してくれ。かけなおしには数日かかる場合もある」旨の驚きの音声ガイダンスを聞いた体験談をアップしたばかりだが、今度は逆の素晴らしい音声ガイダンスについて。 日にち指定のディズニーランドチケットを持っていた友人。当日が台風直撃予想だったので、日程変更のためにチケットにある問い合わせ電話番号へ。音声ガイダンスにしたがって操作したところで・・・。「先にお待ちいただいている方が2名いらっしゃいます」とアナウンスが入ったのだそうだ。しばらく待っていると「先にお待ちいただいている方が1名いらっしゃいます」とまたアナウンス。刻々と状況を知らせてくれたのだとい…

  • 手間をかけられる & 儲け主義に走る必要がない (1)

    刑務所で作るコーヒー豆。 この価値は? 「手間ひまをかけられる」 一見マイナスに見える「刑務所製」は、一粒一粒薪焙煎して「大企業の大量生産」ではできない高品質コーヒーを作り出す。 イタリアの社会協同組合「パウザ・カフェ」の取り組みでした。 (朝日新聞2013.05.22)

  • 社内ルールの透明化 ~不透明だったらもっと怒るべし その2

    某企業の話。 育児休職の長短によって、復帰先の組織が違うという。 「何か月までだったら元の職場に戻れますか?」と尋ねる。 返事がない。 催促する。 返事がない。 育児休職を申し出る。 休職前に育児休職の短縮を申し出る。 延長は受けつけられるが短縮は受けつけられない、とこれは即返事がくる。 本人は怒ったが、いうべき相手がわからない。 その後組合に申し出て、育児休職は短縮も認められるようになったが、長短による配置ルール(そもそもこれは認められるのか?だが)の明示は、いまだならず。の模様。 怒りの集約場所こそ必要かもしれない。

  • 社内ルールの透明化 ~不透明だったらもっと怒るべし その1

    某大手企業の話。 50歳過ぎての昇格試験。 昨年度には「来年はもう年齢制限で受けられない」と聞いていた。 「そんな話は聞いていない。上長の個人的見解ではないか?」とただしたら 「そんなことはない」といわれたという。 そして今年。 「今年の昇格試験は受けますか? 受けても厳しいと思うし、受かってもメリットが少ないと思う」 と尋ねられたのだとか。 バカバカしいので「受けない」と答えたそうだ。 まあ、そんな企業で昇格してもどうなんだろう?とは思うものの、 キャリアアップしたいかしたくないか以前に、どういうルール決め事があるのか、明示、透明化されていないことを、もっと問題化すべきだと思う。

  • 大切な電話番号の不通に備えて ~転送電話のススメ

    台風15号の影響で、千葉で1万件もの通信が途絶しているという。 一時は17万件も不通、不安定になったという。(2019.10.3朝日新聞) 不自由さは想像を絶するだろう。 携帯電話などで急場をしのぐこともしやすくなってはいるが、 どうしてもその番号で受けつけなければいけない、場合は、 その番号がつかえないこと自体が大きな問題となる。 1つ対策がある。 その番号がついている場所の停電、断線に左右されず、通信事業者のおおもとの拠点設備が動いていれば、その拠点から転送してくれるというものだ。 (おおもとの拠点というのが、そのエリアの拠点なのか、別のエリアであってもよいのかは、今後調べてみたい) 個人…

  • レジ袋 考

    マイクロプラスチック問題などで、レジ袋は非難の的。 でも、軽い、水漏れしない、小さい、その割に大きな容量は、他の追随を許さない。 レジ袋有料化は断然支持するが、会社帰りに思い付きで買い物するかも、という毎日の通勤カバンに忍ばせるのは、エコバッグではなくレジ袋、となる。 新品のレジ袋を通勤カバンに忍ばせ、何度か使ったら、休みの日の買い物袋として使い、最後はゴミ袋に(ゴミ袋は自由、なエリアに住んでます)。 何度も使ってみると、こんなに丈夫なものを、最近まで使い捨てしていたのか!とびっくりする。 この意識の変化こそ重要かもしれない。 (有料ゴミ袋も、1回のゴミ出しだけで役目を終えるのはもったいない。…

  • 東京メトロ 忘れ物対応がイマドキ

    鉄道に忘れ物をしたとき、の対応は、鉄道によりさまざま。 駅の担当者に届け出るか、その際発見されていなかったら、また電話なりで問い合わせる必要がある場合も。 メトロは違う。WEBフォームがある。 そして、秀逸なのは、写真をつけられるのだ。 なくしてしまったものの写真なんてない!と思われるかもしれない。 たまたま私の場合は、なくした日傘のとも布の傘ぶくろが残っていたので、 「ありがちな黒い折り畳み日傘ですが、周囲にこのような刺繍があります」 と送ってみた。 黒い日傘の忘れ物なんて山のようにありそうですから。 すると、 「お問い合わせのございましたお忘れ物(日傘)につきまして、東京メトロお忘れ物検索…

  • Wi-Fiの提供案内 覚え書き(1)

    とあるホテル。 宿泊者にはWi-Fi提供します。として、 客室内テレビの「インフォメーション」画面にて「アクセスキー」と「パスワード」を表示するとのこと。 ●宿泊者以外にはアクセスさせない、 ●変更時のお知らせも漏れや不足がない という点で優れモノ、だと思う。 が、アクセスキーってなんだ? SSIDのことかな? (大沼プリンス)

  • 函館の町は高齢者同伴旅に向いている ような。

    函館に高齢者同伴で行った。 駅そばに朝市があり、飲食が充実。みやげものも買える。 路面電車やバスが充実しているので、乗り物移動が楽しめる。 しかも周遊バスが20分間隔で走っているので、車窓から坂も多い函館の町の名所をチラ見することができる。 赤レンガ、領事館、函館山の手前。

  • 旅行はとりあえず予約!

    旅行したいとき、 希望プランと予定できる日程が決まったら、取り急ぎ早めの予約を。 キャンセル料は、「旅行開始日からさかのぼって(例えば)21日前まで無料」など、期日までの変更であれば無料で対応してもらえる。 指定席などもなくなってしまえば席の確保はできないのだから、早めに押さえ、修正がない方がいいが、もし出たら、これまた早めに対処する。 高齢者や子供連れの旅行などは、これを心掛けた方がよい。

  • 法要後に使える飲食店のチェックポイント

    ・個室がある ・騒がしすぎることがない (高齢の参加者がいる場合) ・階段移動がない ・椅子席である ・法要の場所からの移動に支障がない場所である (車の場合、そばに駐車場がある等)

  • 展示が物足らない理由について考えた ~博物館、資料館の類

    博物館、資料館では、いろんな物事を知ることができる。 でも。 だ。 何か既存の知識をなぞる感じで、新しい発見にいたることは少ないように思う。 なにか物足りない。 戦争関係の展示だったとしよう。 赤紙(召集令状)がある。 風船爆弾がある。 焼夷弾がある。 実物をみることができる。 それはスゴイことだ。 でもしかし。 例えば、 風船爆弾なんて今考えるとバカげたこと、と思う人もいるかもしれない。 風船爆弾で何をどうしようと思ったのか?から疑問を持つ人もいるかもしれない。 実際に軍用として威力を持つものだったのか? 誰が考えて、誰が許可して、いくらくらいかけて、どのようにどこで作られて、どうやって発射…

  • 「関東大震災写真の謎」展がおもしろい 

    「実はこの写真、嘘が混じってます」 どこが改変されているか、わかりますか? 答えは「空」。詳しくは展示をご覧下さい。 チラシを見た時、まったくわからないし、「なぜ改ざん、捏造が行われたのか、その理由と背景にも迫る」とあったので、おもしろそうだと思って、出かけていきました。 「関東大震災写真の謎」展! マスコミのいい加減さ。 でもなるほどやりたくなる事情もわかる。 やろうとおもえばこんなこともできるのか。 だまされないための知識としても。 しかし、やっていい嘘と悪い嘘があるな。 などなど、思うところ大いにありの展示でした。 しかし、よく改ざんに気がついたな、と感心するばかり。 報道写真史研究をし…

  • twitterの動画自動再生

    数年ぶりにtwitterを使ってみようとパソコンで開いて、動画の多さにクラリ。 スマホで見るなら、これはマズイと、自動再生を止める方法を確認。 すると、自動再生が始まったころの不評な様子やその対策についての情報がネット上にあふれている。 「パケ死する」「角度を変えた瞬間にミュートが外れる」etc. とにかく、まずはPCのみで使って、動画はうるさいから外すという方針で作業する。 が。 twitterヘルプセンターの表記と実際のアプリの表記が違うんだよな。 どうして?

  • 大震災画報 ~朝日新聞報道に思う

    朝日新聞20190908。 92才の方が、大切に保管していた「大震災画報」を活用してくれるところを求め、朝日新聞に送ってきたという記事。 ちょうど、に行ってきた翌日の記事だったので、注目してしまった。「東京都復興記念館」では、関東大震災からの復興について紹介している。(東京大空襲からの復興も紹介) この記念館で展示していただいてもよいように思う。この記事では、子供時代に「大震災画報」の写真が好きだった、というエピソードもおもしろい。 震災被害の写真が収録されているようだが、何に気持ちがひきつけられたのだろう。「こんなことが!」という驚きだろうか。被害者がいるので、面白いとか好きという言葉がそぐ…

  • こんなところに原爆?(11) ~ #あちこちのすずさん  自分事としての継承の連鎖

    NHKの「#あちこちのすずさん」。 このとりくみが素晴らしいと思う。 『#世界の片隅に』(監督・脚本 片渕須直/原作 こうの史代)に触発されて(に違いない)、すずさんと同じように、戦時中の生活を送った方のエピソードを集める。 本人が応募する場合もあれば、子や孫や知人や・・が応募する場合もある。 内容は千差万別。 応募にあたっては、内容を子や孫が聞き取る場合もあるでしょう。 そういうきっかけになっている。再認識、再確認するきっかけになっている。 また、その内容を第三者が見て共感したり、初めて知ったり。 その第三者にとっても、戦争、戦時中というものが、色が付き、立体感のあるものに変わっていく。 他…

  • 高齢者同行の旅について ~ あまり歩き回れない人連れのための備忘録

    先日高齢者同伴で旅行をした。 歩けるが、数十メートルごとに立ち止まりたい、といった感じ。 バス旅などでは、乗り降り、時間を区切った周遊が多く気疲れする。 ・乗り物を楽しめる。 ・景観を楽しめる。 ・歩かなくても見どころがある。 函館大沼に行ってみた。 大沼が駅から少々距離が離れていたのは誤算だが、大沼からの駒ケ岳、宿泊したプリンスホテルの窓からの駒ケ岳はステキだった。 ホテルから駅までのシャトルバス、駅から函館駅まで、市電や市バスを利用してのあまり歩行を必要としない観覧(中までは見られないが、建物外観を見るだけでも面白い)は函館ならでは、という印象。 自然たっぷりのところに宿泊しても、外に出な…

カテゴリー一覧
商用