chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
sbc-soga
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/01/11

1件〜100件

  • ヒト細胞同士を強く相互作用させるには?後編

     皆様、こんにちは前回に引き続き、細胞同士の相互作用を強める方法についてお伝えいたします。もう一つの方法は、再生の場となる環境を整えることです。そもそもマウス…

  • ヒト細胞同士を強く相互作用させるには?前編

     皆様、こんにちは前回からの続きです。ヒトの細胞をマウスの体内に入れてしまうと、細胞同士の相互作用の力が弱まってしまいます。この問題を克服するには、どのような…

  • ヒト細胞で人工的に作った毛包は小さい

     皆様、こんにちはこれまで毛包再生に使う材料となる細胞を、いかに調達するかについて説明してまいりました。今回からは、使う細胞は準備できたと仮定して、毛包の構造…

  • ケラチノサイト以外の細胞もiPS細胞から作れるのか?

     皆様、こんにちは前回からの続きです。ヒト毛包を再生するには、ケラチノサイト以外の細胞も必要です。それらの細胞もiPS細胞から作ることができるのでしょうか?毛…

  • iPS細胞から幹細胞も作り出せる

     皆様、こんにちは前回からの続きです。つい最近、アメリカの研究グループが、単なるケラチノサイトではなく、バルジの毛包上皮の幹細胞をヒトiPS細胞から作ることに…

  • iPS細胞でヒト毛包を再生できる可能性

     皆様、こんにちはiPS細胞のおかげで、毛包再生の道に新しい可能性が生まれるようになりました。今回も続けてお話いたします。毛包の本体を形成しているのはケラチノ…

  • 未熟でも成熟でもない「半熟」細胞を作る

     皆様、こんにちは前回からの続きです。胎児期の細胞は、完全に運命が決定された状態ではなく、まだ分化できる能力を持った、少しだけ「可塑性」のある細胞です。通常、…

  • iPS細胞による毛包再生の大きな利点

     皆様、こんにちは前回からの続きです。iPS細胞を使って毛包を作る利点は、実験に使う細胞を確保できる以上のものがあります。たとえば、毛包を形成するケラチノサイ…

  • iPS細胞から毛包に必要な細胞を作成する

     皆様、こんにちは前回からの続きです。iPS細胞をつくることができれば、さまざまな細胞を作り出すことができます。たとえば、毛包を形作るのに必要な細胞であるケラ…

  • 抜いた毛からiPS細胞を作り出せる

     皆様、こんにちは今回からは、iPS細胞による毛包再生の可能性についてお話していきます。山中伸弥教授のノーベル生理学・医学賞受賞でにわかに脚光を浴びているのが…

  • 毛包再生の成功に向けて注目を浴びるiPS細胞

    皆様、こんにちは前回からの続きです。幹細胞を大量に手に入れるのは非常に困難で、毛包再生の実験を成功させるのは夢物語のように見えます。しかし、新たに注目されてい…

  • 再生医療の研究に必要な皮膚サンプルの不足

     皆様、こんにちは前回は普通のケラチノサイトと毛乳頭細胞にさまざまな工夫を加えることによって、毛包を再生させることに成功したお話をいたしました。今回はその続き…

  • 幹細胞ではない細胞で毛包再生が成功できた条件

     皆様、こんにちは前回からの続きです。幹細胞ではない普通の細胞を使って、どのような条件で毛包再生を成功させたのでしょうか?実際に研究者たちはいくつかの工夫をし…

  • 幹細胞じゃなくても毛包再生が実現できるのか?

     皆様、こんにちは前回までは毛包の幹細胞を用いて、毛包再生を実現できるかというお話でした。今回からご紹介するのは、幹細胞以外を用いて、毛包再生を実現できるのか…

  • ヒトの幹細胞を特性を失わずに培養できる可能性

     皆様、こんにちは前回からの続きです。前回まで、培養された幹細胞は特性が失われるとお伝えしてきましたが、ヒト毛包から分離したばかりの毛乳頭細胞と、短期間培養し…

  • 幹細胞を培養しても特性を失わせない方法

     皆様、こんにちは前回からの続きです。  ヒトの毛包再生を実現するためには、毛乳頭細胞の数をそろえることが不可欠です。ヒト毛乳頭細胞の数を増やすために、長期間…

  • 毛乳頭細胞も集めるのが難しい

     皆様、こんにちは前回まではヒトのバルジ幹細胞についてお話してきました。今回はヒトの毛乳頭細胞についてお話していきます。毛包の発生・再生の司令塔となるのは、毛…

  • 幹細胞を培養しても再生がうまくいかない理由

     皆様、こんにちは前回はヒトの毛包幹細胞を集めるのは大変困難であることをお伝えしました。今回はその続きからお伝えいたします。細胞を集めるのが大変であるならば、…

  • ヒトの幹細胞を集めるのはとても大変・・・

     皆様、こんにちは前回に引き続き、ヒトの幹細胞を使った研究について、解説していきます。研究のサンプルとして使うことができるヒトの標本を日本で手に入れようとする…

  • 細胞の回収に重要な「表面マーカー」

     皆様、こんにちは前回からの続きです。ヒトの毛包幹細胞を取り出すために、手作業で切り出しと回収を行うのは、大変な労力と時間が必要です。ではどうすればよいのでし…

  • 手作業で細胞を採りだすのは大変

     皆様、こんにちは今回からヒトの幹細胞を用いて、毛包を再生させるためにどうすればよいのかお話していこうと思います。実験を成功させるためには、ヒトの幹細胞をいか…

  • ヒトの毛包再生はなぜ難しいのか その2

     皆様、こんにちは前回からの続きです。マウスの細胞による毛包再生には成功したとしても、ヒトの細胞を使った実験の場合は、同じような成功は難しいのです。その原因と…

  • ヒトの毛包再生はなぜ難しいのか その1

     皆様、こんにちは前回からの続きです。マウスやラットの実験では、毛包の幹細胞を組み合わせて、毛包再生を実現することができました。しかしヒトの場合はそうではあり…

  • 毛包再生の成功条件がわかっても・・残る課題

     皆様、こんにちは前回からの続きです。マウスやラットによる毛包再生実験のおかげで、毛包をうまく再生するためには、どのような条件で成功するか、次第に明らかになっ…

  • 毛包再生実験でわかった成功の条件

     皆様、こんにちは今回は毛包の再生実験についてお話していきます。マウスやラットの細胞を使って、毛包再生の実験が安定してできるようになったことは、大変重要な意味…

  • 免疫不全マウスで実現できる毛包の再生

     皆様、こんにちは今回も前回に引き続き、毛包の再生能力について解説してまいります。  毛包を形成するケラチノサイトや毛乳頭細胞、結合組織鞘、真皮細胞などを組み…

  • 古くから知られていた毛包の自己再生能力

     皆様、こんにちは今回からは毛包の再生能力について詳しくお話ししていこうと思います。毛包の自己再生能力については、研究者の間では、古くから知られていました。1…

  • 間葉系の幹細胞はどこにあるのか?

     皆様、こんにちは前回からの続きです。上皮系の幹細胞と比べると、間葉系の幹細胞が、どこに存在するかについての研究は非常に遅れていました。毛乳頭に存在しているこ…

  • いろんな組織を再生できるバルジの幹細胞

     皆様、こんにちは前回からの続きです。毛包のバルジ領域に、毛包本体を作るケラチノサイトの幹細胞を発見しました。次に、マウスを用いて、このバルジの幹細胞を生きた…

  • いざという時に増殖する幹細胞

     皆様、こんにちは前回は毛包に存在する2つの幹細胞についてお話ししました。今回もその続きからお話しいたします。意外に思われるかもしれませんが、幹細胞は生体内で…

  • 毛包に存在する2つの幹細胞

     皆様、こんにちは今回も前回に引き続き、毛包に存在する幹細胞についてお話ししていきます。毛包の本体は、皮膚と同じ「上皮系」組織であり、それを構成する細胞は「ケ…

  • 毛包には「幹細胞」が存在している!

     皆様、こんにちは前回からの続きです。成長期を終えると、毛乳頭は皮膚側に引き上げられ、バルジ領域に近づいていきます。この時、毛は「休止期」と呼ばれる状態になり…

  • 成長した毛は、あらかじめ抜けるようになっていく

     皆様、こんにちは前回からの続きです。毛乳頭の上には「毛母細胞」と呼ばれる非常に増殖能力の高い細胞があり、これらの細胞が毛乳頭からの信号(増殖因子と呼ばれるよ…

  • 毛は自分自身を壊しては新しく作り替える

     皆様、こんにちは今回は毛包の構造と周期について細かくお話していこうと思います。髪の毛を洗ったり、とかしたりするときには、ほとんどと言って良いほど毛が抜けます…

  • どんな薄毛にも再生医療が有効というわけではない

     皆様、こんにちは前回からの続きです。男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの影響により、生じる脱毛症です。男性ホルモンの一部が、毛髪の成長期間を短縮し、小さく…

  • どんな脱毛症が毛の再生医療に適しているのか

     皆様、こんにちは前回に引き続き、毛髪の再生医療についてお話していこうと思います。毛の再生医療をお話しする前に、薄毛や脱毛症がどのような仕組みで起きているのか…

  • 毛を人工的に大量増殖できる時代は来るのか

     皆様、こんにちは今回からは毛を人工的にどんどん増やすことができるのか、その可能性についてお話をしていこうと思います。科学の力で、毛髪を大量に増殖できるように…

  • 自毛植毛してもAGAの進行は止まらない

     皆様、こんにちは前回からの続きです。自毛植毛術を受けることによって、生え際を前進させ、見た目を改善することができますが、そのまま放置させてしまうと厄介な問題…

  • 植毛した後でも気を付けるべきこと!

     皆様、こんにちは今回は植毛術を受けた後に、注意しなければならないことについてお話していきます。正しい技術で自毛植毛術を受ければ、90%以上の毛はしっかりと生…

  • 毛包の再生能力が高くても油断大敵

     皆様、こんにちは今回は植毛術でなぜ慎重な作業が求められるのかお話していこうと思います。毛包には自己再生能力があり、意外としぶとい面があるということを前回お話…

  • 意外にしぶとい毛包の再生能力

     皆様、こんにちは今回は毛包の再生能力についてお話していこうと思います。これまでの自毛植毛術の解説で、毛包が大変デリケートであるということはご存じだと思います…

  • 植毛術後の毛はいったん抜けてしまう!?

     皆様、こんにちは前回に引き続き、植毛術後の毛包についてお伝えいたします。植えられたドナー毛は、すぐに血小板やフィブリンによる接着が起こり、簡単にするりと抜け…

  • 植毛方法はいろいろあります

     皆様、こんにちは今回も前回に引き続き、植毛作業の方法についてお話してまいります。2つ目の方法は、穴あけと挿入が同時にできる手動式の植毛器を用いる方法です。こ…

  • 田植えと似ている植毛作業

     皆様、こんにちは前回からの続きです。ドナーする毛が用意できたら、いよいよ植える作業が始まります。この手順も田植えと似ていますが、やり方には何種類かがあります…

  • 時間のかかるドナーのスライス作業

     皆様、こんにちは前回に引き続き、自毛植毛術の手順についてお話してまいります。FUTではドナーとなる毛を採取するために、細く帯状に頭皮を切開します。切開した頭…

  • 毛包単位と毛の本数は一緒じゃない?

    皆様、こんにちは前回からの続きです。植毛では「毛包単位」と呼ばれる単位を使っていることをお伝えしました。手術でよく表すのは、1㎠あたり何本毛が生えているかです…

  • 毛を植えるにはどうするのか 「毛包単位」について

    皆様、こんにちは今回も自毛植毛術の手順についてお話ししていこうと思います。自毛植毛術は田植えに似ているとお話ししてきましたが、今回はその植える作業、すなわち田…

  • ドナーを採取する方法「FUE」

     皆様、こんにちは前回に引き続き、自毛植毛術におけるドナーの採取方法についてお話してまいります。前回は細く帯状にドナーを切り取る「FUT」についてお話しました…

  • ドナーを採取する方法「FUT」

     皆様、こんにちは今回は自毛植毛術におけるドナーの採取方法についてお話してまいります。大後頭隆起の下からドナーとなる毛を採取するわけですが、ドナーを取る方法は…

  • 自毛植毛で移植する毛の条件

    皆様、こんにちは前回からの続きです。 良い田んぼが用意できたら、次は良い苗を準備しなければなりません。細い小さな苗から、太い大きな稲は育ちません。移植する毛の…

  • 自毛植毛は田植えと似ている!良い田んぼの条件

     皆様、こんにちは今回は自毛植毛術の手順について、田植えの作業にならって説明していこうと思います。田植えについて専門的ではありませんが、限られた知識の中から絞…

  • 女性にも応用可能な自毛植毛術

     皆様、こんにちは前回に引き続き、自毛植毛術についてお話してまいります。これまで自毛植毛の話を、男性型脱毛症(AGA)を想定して話してきましたが、もちろんこの…

  • 世界中で行われている「自毛植毛」

    皆様、こんにちは今回からは自毛植毛術について詳しく解説していこうと思います。現在、世界中で広く行われている植毛術は、本人の毛を移植する「自毛植毛」です。自分の…

  • 「パンチグラフト法」から「FUT」へ

    皆様、こんにちは前回に引き続き、植毛術の歴史をお伝えしてまいります。一時期、「皮弁」を用いて、薄毛の見た目を改善させようという試みが、盛んに行われていたことが…

  • 薄毛の見た目を改善する「皮弁法」

     皆様、こんにちは前回からの続きです。植毛術の主流となったパンチグラフト法ですが、欠点もありました。一度に移植できる量に限りがあり、高密度にするのは難しかった…

  • 外国で話題になった日本の植毛術

     皆様、こんにちは前回に引き続き、植毛術の歴史について語ってまいります。アメリカの医師、オラントラック氏によって開発された「パンチグラフト法」は世界に大きな衝…

  • 植毛のはじまり パンチグラフト法の発見

     皆様、こんにちは今回も植毛術の歴史についてお話していこうと思います。第二次世界大戦が終わり、日本が高度経済成長を迎えた1959年、アメリカのノーマン・オラン…

  • 昭和初期に開発されていた「植毛術」

     皆様、こんにちは今回からは植毛の歴史についてお話していこうと思います。古来より薄毛は多くの人を悩ませてきた問題で、世界中のあらゆる時代で、薄毛を隠すアイディ…

  • 先人たちも悩んでいた薄毛の問題

     皆様、こんにちは今回は人類の歴史において、薄毛がどのような影響を与えてきたのか、お話していこうと思います。薄毛は古来より人類が頭を悩ませ続けてきた問題でした…

  • 今では勧められない「人工毛植毛」

     皆様、こんにちは今回からは植毛術についてお話していこうと思います。皆様は「植毛」と聞いて、どのような方法で髪の毛を増やすと思いますか?長い間、日本では植毛と…

  • 円形脱毛症・今後の課題

     皆様、こんにちは今回はこれまでお話してきた円形脱毛症の今後の課題について解説してまいります。円形脱毛症の病態は徐々に解明されつつありますが、既存の治療法に頼…

  • 社会生活を送る上で大切な「患者会」

     皆様、こんにちは今回は円形脱毛症の患者会についてお話いたします。円形脱毛症の患者会は、全国的なものとして「円形脱毛症の患者会」と「日本円形脱毛症コミュニケー…

  • 脱毛症患者のためのさまざまなウィッグ

     皆様、こんにちは今回は円形脱毛症患者が使うウィッグについてお話します。  脱毛症状が拡大すると、社会生活に大きな影響が出てきます。その対策として、ウィッグは…

  • 円形脱毛症の人が使うべきシャンプー

     皆様、こんにちは今回は円形脱毛症の方が使うシャンプーの選択方法についてお話します。髪の毛の外側には「キューティクル」と呼ばれる毛を守るための膜があります。円…

  • 円形脱毛症でも毛染めをして大丈夫?

     皆様、こんにちは今回も円形脱毛症の人が日常生活を送る上で気を付けることについてお話していきます。円形脱毛症は髪の毛のメラニンに対して自分の免疫細胞が攻撃をし…

  • 帽子やヘルメットで頭皮が蒸れても大丈夫か?

     皆様、こんにちは今回も円形脱毛症を防ぐために、日常生活で気を付けることについてお話していきます。夏も近づき、日差しの強い日が増えてきました。帽子やヘルメット…

  • 円形脱毛症にならないために生活で気を付けること

     皆様、こんにちは今回からは円形脱毛症にならないために日常生活で気を付けるべきことについてお話していきたいと思います。円形脱毛症のきっかけになりうるものとして…

  • JAK阻害薬が円形脱毛症の発症を防ぐ!?

     皆様、こんにちは前回からの続きです。円形脱毛症の発症には、細胞の中のJAKと呼ばれる酵素が関わっているとお話しました。このJAKを阻害する薬が「ルキソリチニ…

  • 円形脱毛症にも関係がある「JAK-STAT回路」

     皆様、こんにちは今回からは円形脱毛症の最新治療薬について詳しく解説していこうと思います。円形脱毛症がどのようなメカニズムによって発症しているのか、医学研究が…

  • 重症の円形脱毛症にも適応される「紫外線療法」

     皆様、こんにちは今回は円形脱毛症のくすりではありませんが、治療法についてお話していこうと思います。★紫外線療法その名前の通り、紫外線(UV)を皮膚に照射する…

  • 実は円形脱毛症にも効く「抗ヒスタミン薬」

     皆様、こんにちは円形脱毛症の治療に使われるくすりについてです。★抗ヒスタミン薬花粉症などのアレルギーや、酔い止めの薬として広く世間に普及しているのが抗ヒスタ…

  • 植物から得られる円形脱毛症の治療薬

     皆様、こんにちは今回も円形脱毛症の治療薬についてです。★セファランチンこれはツヅラフジ科の植物「タマサキツヅラフジ」から抽出したアルカロイド(有機化合物)で…

  • 血行不良を改善する「塩化カルプロニウム」

     皆様、こんにちは円形脱毛症の治療法です。★塩化カルプロニウムかつて円形脱毛症は、精神的ストレスによって発症すると考えられてきました。そのメカニズムは、ストレ…

  • 長期内服にはリスクがあるステロイド内服療法

     皆様、こんにちは今回も円形脱毛症の治療法です。★ステロイド内服療法これはプレドニゾロンなどの「副腎皮質ステロイド薬」を内服する方法です。連日内服を続けること…

  • 重症の円形脱毛症に有効なステロイドパルス療法

     皆様、こんにちは今回もさまざまな円形脱毛症の治療法について解説していきます。★ステロイドパルス療法前回は「ステロイド局所療法」でしたが、今回は「ステロイドパ…

  • 円形脱毛症の「痛い」治療法 ステロイド局所注射

     皆様、こんにちは今回も円形脱毛症の治療法についてお話してまいります。★ステロイド局所注射ステロイド局所注射は、皮内用の副腎皮質ステロイド注射薬を脱毛部位に直…

  • 局所免疫療法はどれくらいの人に効果があるのか?

     皆様、こんにちは前回に引き続き円形脱毛症の「局所免疫療法」についてお話してまいります。局所免疫療法は、通常皮膚科外来において行われますが、医薬品ではないため…

  • 安全性が高い「局所免疫療法」

     皆様、こんにちは前回に引き続き、円形脱毛症の治療についてお話してまいります。ガイドラインで最も推奨されている治療が「局所免疫療法」です。DPCPやSADBE…

  • 円形脱毛症の治療法「局所免疫療法」とは その1

     皆様、こんにちは前回に引き続き、日本皮膚科学会の 診療ガイドラインに基づいた、円形脱毛症の治療法についてお話していこうと思います。★局所免疫療法ガイドライン…

  • 円形脱毛症の治療法は「診療ガイドライン」から!

     皆様、こんにちは今回からは円形脱毛症の治療について、一つずつ解説をしていこうと思います。日本皮膚科学会が2010年に発表した「円形脱毛症診療ガイドライン」で…

  • 中高年女性に生じる脱毛症「FFA」とは?

     皆様、こんにちは今回も前回に引き続き、円形脱毛症と鑑別しにくい脱毛症についてお話してまいります。前回は抜毛癖についてお話しましたが、同様に判断に迷うものとし…

  • 円形脱毛症と見分けがつきにくい「抜毛癖」

     皆様、こんにちは今回は円形脱毛症と見分けがつきにくい、鑑別しにくい脱毛症についてお話していこうと思います。円形脱毛症と鑑別しにくい脱毛症には、まず「抜毛癖」…

  • 意外と難しい?円形脱毛症の診断

     皆様、こんにちは前回からの続きです。円形脱毛症の診断では、皮膚生検を行うことがあります。急性期の円形脱毛症では、毛包の周囲に多数の免疫細胞が集簇しています。…

  • ダーモスコピーで観察できる円形脱毛症の特徴

     皆様、こんにちは前回に引き続き、円形脱毛症の診断方法について詳しく解説していきます。円形脱毛症の診断には医療用の拡大鏡である「ダーモスコピー」が有用であると…

  • 円形脱毛症の診断に有用な「ダーモスコピー」

     皆様、こんにちは今回は円形脱毛症の診断についてお話していこうと思います。円形脱毛症は、円形に脱毛しているところがあるから、簡単に診断がつくのではないかと思わ…

  • 円形脱毛症はヒト以外の動物でも起きる!?

     皆様、こんにちは今回は動物にも存在する円形脱毛症について解説していこうと思います。人間だけではなく、動物にも円形脱毛症が起きます。たとえばイヌで円形脱毛症が…

  • 円形脱毛症にはどのような合併症があるのか?後編

     皆様、こんにちは今回も前回に引き続き、円形脱毛症の合併症についてお話してまいります。前回お伝えした通り、円形脱毛症に関わる合併症には、自己免疫性の甲状腺疾患…

  • 円形脱毛症にはどのような合併症があるのか?前編

    皆様、こんにちは今回は円形脱毛症の合併症について詳しく解説していこうと思います。アメリカのファン医師らの研究によると、円形脱毛症に合併する疾患として、自己免疫…

  • 円形脱毛症で白髪が増えて見えるのはなぜ?

     皆様、こんにちは円形脱毛症では白髪が増えてみえることが多いというのはご存じでしょうか?黒い毛ばかりが抜けて、白髪が残ってしまったり、脱毛したところの頭皮まで…

  • 円形脱毛症の毛髪では、何が起きているのか 後編

     皆様、こんにちは今回も前回に引き続き、円形脱毛症の病態についてお話してまいります。円形脱毛症では、毛包周囲にリンパ球が集合して炎症が起こっていることがわかり…

  • 円形脱毛症の毛髪では、何が起きているのか 前編

     皆様、こんにちは円形脱毛症になったとき、私たちの体の中ではどのような状態になっているのでしょう。また異常を起こしている原因は何なのでしょうか。今回からは、円…

  • 円形脱毛症を発症するきっかけは?後編

     皆様、こんにちは今回も円形脱毛症を発症するきっかけについて解説していこうと思います。インフルエンザなど高熱を伴うような感染症にかかった後、円形脱毛症を発症す…

  • 円形脱毛症を発症するきっかけは何か?前編

     皆様、こんにちは前回は、円形脱毛症になりやすい体質の人についてお話してまいりました。特殊なHLA(ヒト白血球型抗原)を持つ人が、重症の円形脱毛症を発症しやす…

  • 円形脱毛症を発症しやすい体質はあるのか?

     皆様、こんにちは前回までは円形脱毛症のさまざまなタイプについてお話してまいりました。今回からはどうして円形脱毛症を発症するのか、その原因について詳しく解説し…

  • たくさんある円形脱毛症のタイプ その3

     皆様、こんにちは前回に引き続き、円形脱毛症のタイプについてお話いたします。今回はレアなタイプです。★蛇行型首筋やおでこ、耳の周りなど生え際を中心に脱毛してい…

  • たくさんある円形脱毛症のタイプ その2

     皆様、こんにちは前回に引き続き、円形脱毛症のタイプについてお話してまいります。★全頭型その名前の通り、髪の毛が全て脱毛してしまうタイプです。多発型から徐々に…

  • たくさんある円形脱毛症のタイプ その1

     皆様、こんにちは今回からは、円形脱毛症のタイプについて順番に解説していこうと思います。★単発型円形に毛が抜けた脱毛班が1個見られるタイプです。皆様が想像する…

  • ストレスだけが原因じゃない「円形脱毛症」

     皆様、こんにちはこれまでは男性型脱毛症、女性型脱毛症についてお話してまいりましたが、今回からは円形脱毛症がテーマです。円形脱毛症と言われると、どのようなイメ…

  • 薄毛治療にはメンタルケアも重要

     皆様、こんにちは今回は脱毛症とメンタルケアについてお話していこうと思います。頭髪は顔と同様に、個人の特徴を他者が認識する重要な部位です。その人の印象を決定づ…

  • 毛の成長を悪化させる習慣を改善しよう

     皆様、こんにちは前回まで女性の脱毛症に対する治療法について外用薬、内服薬などを解説してまいりました。薬物治療は症状の改善に有効ですが、それとともに重要なのは…

ブログリーダー」を活用して、sbc-sogaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
sbc-sogaさん
ブログタイトル
湘南AGAクリニック 曽我俊介医師のブログ
フォロー
湘南AGAクリニック 曽我俊介医師のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用