ハンドル名
スマイルさん
ブログタイトル
TwilightSmile
ブログURL
https://www.twilightsmile.com/
ブログ紹介文
今年還暦定年。定年前後の叙事録。前向きに葛藤しています。 再雇用辞退し新たなる人生へ旅立ちます。
自由文
-
更新頻度(1年)

26回 / 81日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2018/12/31

スマイルさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(IN) 14,280位 14,770位 15,854位 18,005位 18,071位 17,045位 15,955位 953,037サイト
INポイント 20 30 30 20 10 10 10 130/週
OUTポイント 320 210 70 150 170 400 90 1,410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ベンチャーブログ 46位 47位 46位 48位 49位 49位 47位 3,975サイト
シニア起業家 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 30サイト
資格ブログ 186位 191位 196位 208位 206位 203位 208位 8,456サイト
宅建試験 14位 14位 15位 15位 15位 16位 16位 329サイト
ライフスタイルブログ 912位 932位 994位 1,128位 1,120位 1,090位 1,001位 66,063サイト
定年後の暮らし 16位 16位 17位 22位 22位 22位 20位 253サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 8,073位 9,355位 9,360位 7,425位 7,552位 7,177位 8,419位 953,037サイト
INポイント 20 30 30 20 10 10 10 130/週
OUTポイント 320 210 70 150 170 400 90 1,410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ベンチャーブログ 3位 6位 9位 4位 4位 4位 7位 3,975サイト
シニア起業家 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 30サイト
資格ブログ 142位 164位 166位 138位 138位 132位 159位 8,456サイト
宅建試験 11位 14位 16位 10位 10位 9位 14位 329サイト
ライフスタイルブログ 675位 753位 746位 613位 634位 616位 699位 66,063サイト
定年後の暮らし 18位 19位 18位 17位 17位 17位 18位 253サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,037サイト
INポイント 20 30 30 20 10 10 10 130/週
OUTポイント 320 210 70 150 170 400 90 1,410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ベンチャーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,975サイト
シニア起業家 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30サイト
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,456サイト
宅建試験 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 329サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,063サイト
定年後の暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 253サイト

スマイルさんのブログ記事

?
  • 定年の日まであと70日。Note

    時間があると定年にあたっての手続きをいろいろ調べてます。社会保険とか。年金とか。税金とか。 で。いきなりですが、5月のFP試験に申し込みました。いろいろ調べていることは=ファイナルプランニングにかかわることですし、ついでに勉強しようかなと。実はFP3級HPは10年ほど前会社の指示(営業は全員取得必須)があって取得していましたので、FP2級にチャレンジとなります。 試験日は5/26です。2か月しかありません。さらに、5月上旬に10日ほどイタリア旅行に行きます。 合格するには勉強時間が足りなさそう・・。苦笑ま、9月の合格を視野に勉強しようと思います。(定年したら時間がたっぷりありそうですし・・汗)…

  • 管理業務主任者登録完了通知

    管理業務主任者。3/2・3日に登録実務講習(こちら)の翌日3/4に登録の申請をしていましたが、昨日3/19、宅建の時(こちら)と同じようにぺらぺらしたハガキで登録完了の通知が届きました。 申請から通知までおよそ2週間くらいでした。案内では通知まで3~4週間とのことでしたので、早かった印象。 で、さっそく本日、印紙2300円と返信用封筒、写真を添えて主任者証の発行手続きを発送しました。宅建士証の発行までの道程も長かったですが、管理業務主任者証発行までの道程も長いです。昨年末の試験日からすでに3ヵ月を経過しています。 郵便局に行くついでに住宅ローンアドバイザーの登録申請も郵送しました。こちらは登録…

  • 住宅ローンアドバイザーの修了証書

    2/12に応用編効果測定を受けていた住宅ローンアドバイザー(こちら)。今日修了証書が届きました。結果は満点合格。 50分の試験時間を20分ほどで回答し終えて退席した試験。修了判定基準は40問中29問以上正解かつ計算問題10問中6問以上正解。 こちらに書いてはいました通り、合格しているとは思っていましたが、満点という結果はうれしいものです。 合格率は83%でしたようです。テキスト持ち込み可ですものね。落ちる方がおかしいです。 私はほとんどテキストは見ず20分で解き終えました。宅建士としてはテキストを一読し理解すれば落としようのない試験と思います。 ただ。私自身は住宅ローンの基本をマスターできて役…

  • 定年の日まであと75日。Note

    こちらの話の後日、おとといのこと。さらに上の役員から話があるとのことで本店へ。 ・・上席役員の、さらに上の役員、というと会社にもう数人しかいません。社内のことをこれ以上書くのは守秘義務にかかわると思うので差し控えますが、、。 (話の内容も差し控えます。) ただ。面談する前は何を言われるのかとびくびくしていたのですが、お話は私を気遣っていただいている内容で、とても優しいお言葉をいただきましたこと記しておきます。別室でふたりきり、私ごときに忙しい中大切なお時間を割いていただき、すみませんでした。ありがとうございました。心より感謝し御礼申し上げます。 ・・ これで定年で退職することが正式に(社内的に…

  • 定年の日まであと80日。Note

    定年の日まであと80日となりました。近況忘備録。 ・・ 昨日営業会議のあと、上席役員に私。「少しお話させていただけませんか?」「なんだ、前向きの話なら聞くけどな」 2/17(こちら)に記しました遺留のお話、ちゃんとお答えしておかなきゃとずっと考えていました。「考え直してくれるなら、なぁ、」と上席。「それは・・すみません、、。」と私。 私「いろいろ考えました、家族とも相談しました。」上席「うん」私「ほんとありがたいお話を頂戴して、身に余る思いでいっぱいですが・・ですが、一年以上前から考えていたことです、定年で退職する意思は変わりません。ほんと、わがまま言って申しわけありません。」上席「そうか ・…

  • 宅建受験記 7「2018/10/21宅建試験当日3」

    (こちらの続きです) 家に帰ってふとんを敷いて横になりました。くたびれた。ふて寝。 あーあ、見返す時間もなかったし、ダメだ、きっと。 瞼を閉じても眠れない。 どーしてあんなに緊張してしまったんだろ。ふだん仕事で何度も修羅場を経験してきた私なのに・・。 あー、ダメだダメだダメだ。眠れないや。 ガバっと起き上がり、私は出かけることにしました。買い物にでも行こう。人ごみに入ってうろちょろしてれば少しは気がまぎれるだろ。 ・・ 近所のホームセンターにゆきうろうろ買い物をし、なんとなく落ち着いてきた私。ふたたび家に帰って時計をみると4時過ぎて。。 そろそろ解答速報がはじまるな・・見るか。 日建学院の解答…

  • 迷い道は迷ったまま進むより引き返すがよい

    若き日にその当時の先輩が教えてくれた言葉。私は20代、その先輩は30代半ばだったかなぁ。 今年に入ってから具体的に起業や会社設立、経営についての本を少しづつ読んでます。40年近く(正確には大学卒業後約38年くらい)サラリーマンとして生きてきた私にとって知らなかったことが多く、起業はそんなに簡単なことではないと痛切に感じています。 生半可な志し、丸腰で、勢いだけで起業することは成功確率が低い、つまり失敗する確率が高い、ということを今更ながら痛感しています。 私は一人ではない。妻がいます。成人して独立していますが子どもたちがいます。妻は52才、パートで生計を支えてくれています。長男は今年結婚。娘は…

  • 管理業務主任者登録実務講習

    昨日今日と管理業務主任者の登録実務講習を二日間受けてきました。マンション管理業協会のではなくプライシングジャパンさんという会社の講習です。何故こちらの講習にしたかというと、日程が自分のスケジュールに適していたから。(それだけ汗)マン管協の方は土日の講習が2/16・17しかなかったんですよね。ところがプライシングジャパンさんの方はいくつも選択肢がある。ありがたいことです。 講習は、宅建に比べると業務範囲が限られているだけに、実務に関してよりきめ細かくお話いただき、マンション管理の実態が覗い知れて、いい経験になりました。マンション管理会社の担当が「フロント」ということを初めて知りました。またマンシ…

  • 定年の日まであと90日。Note

    そうこうしているうちに定年の日まであと90日となりました。 ・・ なのに、取り立てて何も変わらず仕事に従事している私です。朝5時半ごろに起床、6時半ごろに家を出て、遠距離通勤をし、8時半前に出勤。帰りの時間は日によって違いますが、おおよそ21時前後~22時に帰宅。ほぼ繰り返しの日常。 (これがあと90日で終わるのか。) サラリーマンとして長年勤めあげてきた私には信じられないような事実です。 もっと言えば定年の日まで90日ですが、出社する日の数はさらに少ないです。こよみで数えると出社日は3月は20日間、4月も20日間、5月は19日間しかない。たった59日です。さらに有給休暇を最後に利用させていた…

  • 宅建受験記 6「宅建試験当日2」

    (昨日こちらの続きです) 緊張で掌に汗をかいてべたつく、っていうのは聞いたことがあるけれど、掌から油分?がなくなり乾いてしまって思うように手が動かない状況ってどうなんでしょね?試験開始直後私はそんな状態になってしまってしばらく思うように鉛筆が握れなくて・・ともかく焦りました。 何度も何度も掌を両腿にあててこすり、指をグーパーグーパーとし、鉛筆を握りますがうまくいきません。うまくいかないけれども時間は刻々と進みます。 弱った・・これじゃマークシートにマークもできない・・どうしよう・・ 焦燥する心に冷静になれというもう一人の私の声。(とりあえず、問題文を読むんだ。)(そうだね、問題文を読もう) 開…

  • 宅建受験記 5「宅建試験当日1」

    (話がまた前後します。すみません。こちらの続きになります。) 昨年の10月21日、いよいよ宅建試験当日。絶対合格、自信を持って臨む試験でした。試験会場は自宅から歩いて行ける場所でしたので、午前中は家で最後の復習、と言っても、ペラペラと日建学院のテキストを捲ってぱらぱらと読むだけでしたが。11時前にはやめに昼食、おにぎり2個。試験中眠くならないように。 少し横になってリラックスしてから、会場へ12時。模試も過去問も40点台だったし、余裕余裕、と言い聞かせて。席も一番後ろの左端だった。後ろからの視線がない、いい感じのポジション。30分前、席について腕くみ待つ。 待つ。待つ。待つ。 あれ?どきどきし…

  • ようやく宅建士になりました

    先日届いた宅地建物取引士資格登録のハガキと顔写真を持って宅建士証交付の手続きに行ってきました。昨春からの受験勉強、10月の試験、12月の合格発表、今年1月の実務講習・・振り返れば約1年を費やして、たどり着いたゴールはあっけないほど静かでした。微笑 【宅建士証交付のドキュメント】行きやすさから全日の会館へ。 ↓人気のないこじんまりとした入り口。「御用の方はインターフォンで」とあるのでピンポン。 ↓私「宅建士証の交付はこちらでよろしいですか?」でた人「はい、そうです、2階へどうぞ」EVで2階へ。ドアをかちゃり。中をみるとぽつんと机と椅子。そして係らしい女性がひとり。 ↓「どうぞ、こちらにお掛けくだ…

  • 定年前にしていろいろあります

    しかし定年前にしていろいろあります。 火曜日、住宅ローンアドバイザー試験を受けてきました。50分の試験でしたが、20分ほどで回答を終え30分で退席しました。たぶん受かっていると思います。(簡単すぎ?)(結果発表したらもう少し詳しく内容を記します。) ・・ 一昨日、東京の本店に上席の役員から呼び出しがありました。 話の内容は慰留。会社が君を必要としている、定年後も会社に残ってくれないか、とのこと。お話自体はとてもとてもありがたいお話。こんな私を必要としてくれている、と言ってくださる上司。心がぐらっと動きます。 ただ、そうと決めた日から今日まで刻んきた決心は、揺らいでも動じません。申し訳ございませ…

  • 宅地建物取引士資格登録完了

    いろいろありまして約2週間ブログ更新できていませんでした。理由①定年退職の日までは仕事第一です、年度末に向け多忙につきブログに向き合えない。②そのうえ片道2時間近くの遠距離通勤が当然に定年まで続くため自宅での時間が少ない。③5月に有給を利用し個人手配でイタリア旅行に行くことにした為その準備(ホテル予約とかチケット手配とか)。などなど。何かと忙しくやっています。 ・・ さて。1/16日に申請した宅地建物取引士資格登録(こちら)、およそ35日かかるとのことでしたが、今日、郵便受けにペロンとハガキが入っていました。(ほんとに薄っぺらいペラペラしたハガキ・・^^;とても重要な内容なのに・・) ずいぶん…

  • 宅建受験記 4「勉強に集中できない私を救ったのがYouTube」

    昨夏8月、体調を崩し能動的に勉強するのが困難な状況下、YouTube動画を見て復習することが私にとって辛うじてできた学習でした。テキストや問題集を見ても集中できない私を救ったのがYouTubeでした。 YouTubeで“宅建”を検索すると真っ先に出てくるのが『宅建みやざき塾』です。こちら日建学院のWeb講座をすべて見終わっていた私にこの宅建みやざき塾は復習として最適なサイトでした。 なにしろ分かりやすい。面白い。それだから記憶に留まる。私は宅建みやざき塾の無料のYouTube動画をすべて視聴しました。講師の宮嵜晋矢先生、ほんと助かりました。ありがとうございました。(勝手にリンク貼って申し訳けご…

  • 宅建受験記 3「宅建は過去問に始まり過去問に終わる」

    とは言え。私はプロローグで記しましたように片道2時間近く費やす遠距離通勤をしています。申し込んだ宅建Web講習は休みの日に集中して学習するしかありませんでした。2月より始めて受講を完了したのは7月末。およそ半年をかけて受講を終えました。こつこつ学んだものは宅建試験の全容をくまなく網羅することができ、基礎を礎ることとなりました。 平日は、と言えば朝晩の通勤時間を使い過去問を解きまくりました。宅建は過去問に始まり過去問に終わると言われます。また過去問を制する者は宅建に合格する、とも。ですので、ひたすら過去問を解きました。 私は過去問学習についてこちらのサイトにお世話になりました。過去問徹底!宅建試…

  • 宅建受験記 2「資格取得はあくまでも定年後のための準備」

    昨年2月私は58才、定年後に時間をかけて資格を取得するという手もありますが、定年後は新たなる物語を始めると決めた私には定年前にできる限りの準備をしておきたい。私にとって資格取得はあくまでも定年後のための準備。宅建資格は定年前に取らなければならない。私は背水の陣で臨むことにしました。 ただ、思えば大学受験以来、本腰を入れた試験勉強なんてやっておりません。およそ40年ぶりの受験チャレンジとなります。(仕事しながらだし独学では難しいだろうなぁ。。途中で挫折しそうだし。) ともかくも試験範囲を網羅するよう勉強できる方法はないか、と私は思案しました。あれこれといろいろネットで検索した結果、宅建受験で実績…

  • 宅建受験記 1「私が宅建受験しようと考えた理由」

    話はあちこち飛びます。『土地活用プランナー』の受験後、昨年の2月ごろの話に戻ります。(ブログの流れとしてはこちらの続きになります。) その当時の私は定年で今の会社を退職し人生を一区切り、定年後はその日を境に新たな心持でもう一つの人生を歩もうとだけ決めていました。何をするかは全くの白紙、まして起業を志すなど考えてもいませんでしたが、定年までまだ1年以上時間もあることだし、せっかく定年後アナザー人生を生きようと決めたのだし、もうひとつふたつ、別の資格を取っておこうかと思い至りました。そして、どうせなら宅建も取っておこうか、と考えるに至りました。 されど。宅建資格は、建築業界に関係ある『土地活用プラ…

  • 宅地建物取引士資格登録

    先週土曜日休日出勤だったので、本日は振休。休みを利用して宅建士の資格登録のため千葉県庁に行ってきました。昨年11月の試験、12/5の合格発表、1/5・6の登録実務講習、そして今日。平成30年合格者としては比較的速いペースで資格登録まできたんじゃないかなぁ。 忘備のため記しておきます。■必要書類 ①申請書(県HPにてダウンロードできる) ②誓約書(同上) ③身分証明書(本籍地の市町村にて発行) ④登記されていないことの証明書(法務局) ⑤住民票 ⑥宅地建物取引士合格証書原本 ⑦登録のための実務講習修了証 ⑧顔写真(カラー縦3cm×横2.4cm) 私にとって③の身分証明書が曲者でした。実は私の本籍…

  • 土地活用プランナー

    一昨年暮れに話を戻します。 こちらに書きましたように定年後何をするか、まだ何も定まっていない時期、私は「まずは資格を取ろう」と思い至ったのでした。次に考えたのは、さて何の資格を取ろうか、でした。 そんな折にたまたま仕事上で都内の不動産業者の方と名刺を交わした際、その方の名刺に「土地活用プランナー」という文字が目に留まりました。既述してますように私は建築業界で土地活用の提案営業をしています。そのものズバリの名称の資格・・どういった資格なんだろう、とさっそく検索してみました。 すると、『土地活用の専門資格』「土地活用プランナー」は、内閣府から公益認定を受けた東京共同住宅協会が運営する土地活用の専門…

  • 今できることは今精一杯やってゆこう

    昨日の先輩の死の話に続きがあって、そのことを知らせてくださった私の一回り上の繊維業界時代の上席であったIさん、実は昨年秋に市の人間ドックで大腸癌が見つかり、入院手術し12月退院したばかりであるとのこと。お好きであったお酒も現在は飲まれていないとのこと。ただただ驚かされました。Iさんがそんな状況であるとは露知らず、私は定年する5月には久しぶりにお酒をご一緒しながらいろいろご報告をしようと考えていましたので、私が私だけ年を重ね、過去自分に関係してくださった方々が記憶にあるままそのままにいらっしゃるよう錯覚していた浅はかな自分に呆れ恥じ入りました。。当たり前のことですが私が年を重ねて還暦を迎えるとい…

  • 先輩の死【追悼】

    昨日前職で三つ上のだった先輩が昨年亡くなっていたことを聞きました。思いもよらぬ報せでした。プロローグにて記しましたが私は大学卒業後繊維業界の中小企業に就職し、そこで机を並べて20代から30代前半までまるで兄弟のようにつるんで苦楽を共にした先輩。・・Kさん。心よりご冥福を祈ります。 たまたま昨日私の妻が私の一回り上の前職の上席に行き会って、Kさんの死の話をお聞きしたとのことで、すぐにラインで妻よりその旨私に知らせられました。近年は年賀状のやり取りくらいしかしていませんでしたが、Kさんは兄弟のように心の中にいて、変わらずにいる、いつでも会える、と信じていました。今年の年賀状にも私は、私が定年を迎え…

  • 宅建登録実務講習

    宅建登録実務講習を昨日今日と二日間受けてきました。二日間びっしりの講義はくたびれましたけれど、講師の皆さまの飽きさせない講義のおかげで楽しく学べました。59才の私より年配の方も多数いてほっとしました。前日不安に思っていたアクティブタイムというグループディスカッションも、じっと黙って聞いている講義よりリラックスできてよかったです。眠気覚ましにもなりました。(すみません) 無事修了試験も合格し登録実務講習修了証を手にしました。あとは資格登録申請ですね。宅建士になる道のりは長いです。 (登録実務講習については後日改めてレポートしようと考えています。)

  • 新しい世の始まりに定年退職する私

    5月誕生日の私の定年は5月末ですが・・有給休暇を消化するとすると、実際には4月初め、あと3ヵ月ちょっとで会社を去ることになります。1月2月3月、と指折ればたった3ヵ月です。この期間は精一杯会社に尽くそう、お世話になった会社のためにと心に誓います。と同時に定年前に定年後のために準備できることはできるだけやっておこうと思います。そう考えると定年前僅か3ヵ月~5か月の期間はひと時たりとも無駄にできないと感じます。 今年は平成最後の年であり、5月には新しい元号に変わります。今の皇太子殿下は1960年生まれ。恐れ多くも1959年生まれの私と学年は一緒です。その皇太子殿下が新天皇として即位するおめでたい年…

  • 定年の年の幕開け

    あけましておめでとうございます。今年が皆さまにとってとてもすてきな一年となりますように、と願います。本日ブログ書初めです。よろしくお願いいたします。 ・・ 私のささやかな三が日。 正月、私の夫婦二人の我が家には、自立している長男・長女が帰って来て、元旦は弟家族も訪れて久しぶりに賑やかに過ごしました。集った席では私の定年について話題にもなり、妻には内々に話していましたが、子どもたちと弟家族という一番身近な身内に定年後起業についてオーソライズを得るべく話しました。皆のリアクションは一言で表すと「へー」という表現になると思います。妻も子どもたちも弟家族も、私の「決めたことは曲げない」性格をよく知って…

  • 定年退職して何をするのか?

    定年退職して何をするのか?当初私がおぼろげながらイメージしたのは、今までのキャリアを活かせる場所で再就職することでした。どこで何を、というイメージではなく、どこかで何らかの形で自分を活かしたい、というイメージでした。しかしながらネットで検索すると再就職は厳しい現実ばかりが目につき怯みました。そんなに甘くはないよな・・。そもそも私は有用な資格を持っていない。私のキャリア・スキルは今の会社だからこそ通じるのであって、資格も肩書きも名刺もなく裸一貫で世に打って出たところで私は単なる定年退職者、伸びしろのない老いぼれでしか在りようがない。 もう若くはない。残された人生は限られている。老後の妻と二人の生…

  • 私は定年で会社を辞す

    定年後アナザーストーリーを描こうと思い立った私。(参照こちら)当初は思い立っただけで何をしようかは決めておりませんでした。ただ思い立っただけ。私は思い立っただけでその思いから漫然と定年後の道が見えたように感じた、能天気な単細胞でした。しかしそれはきっぱりとした決心でもありました。考えながら進もう、残された人生は限りあるのだから、決めた道を進むんだ。私はそう決心し58歳の暮れのある時会社の上席ににその旨を伝えました。 「私は定年で会社を辞します。定年後契約社員として残ることはありません。」 私の会社ではほとんどの方が60才定年後再雇用され契約社員として仕事を継続しています。まして営業部長として現…

  • このブログにつきまして

    「プロローグ」を淡々と描きましたが、このブログの本旨は「定年前後の私のdocumentary story」であり、本編は定年後の「another story」です。来年の5月定年までが「前章」、5月の定年後が「本章」と位置付けています。 定年で会社を辞め、定年後は「起業」を志す。そんな物語を構想しています。 当ブログはノンフィクションです。ありのまま綴ります。定年までの「前章」では匿名で書きますが、定年後の「本章」にあってはやがて自身を明かすつもりです。何故定年までは匿名で綴るかの理由は今私は某会社の社員です。会社にご迷惑はかけられませんしそのことによる制約を守りたいからです。 ・・ このブロ…

  • もう一つの物語の始まり

    これで青春も終わりかなとつぶやいてあなたの肩をながめながらやせたなと思ったら泣けてきた BOROの「大阪で生まれた女」の一節です。私は“青春”を“人生”に置き換えて口遊みました。 もうこれで俺の人生も終わりかなと呟いて・・ 沈む夕陽を見ながら切なく悲しい心持ちになりました。振り返れば恵まれていた人生でしたが、残りの人生は終わってゆくだけなのか。繰り返しになりますが、私の父は59才、母は76才で亡くなりました。父の年齢であればあと1年、母の年齢であればあと18年。私に残された時間は限られている。 ・・ ! しんみりしながら、ふっと。ふっと私は思いつきました。 そうだ!「別の物語」というのも、ある…

  • 人生のエピローグ

    今からほぼ一年前、2017年の暮れ。私は58才となっていました。(再来年の5月に定年かぁ・・)と、夕陽を見ながら心の中で呟いて、私は自分の人生を振り返り、そしてこの先に思いを巡らせました。この後の人生は余生となるのか。定年を迎え、契約社員として会社に残り、65才まで働いて退職。その後もできる仕事を探して無理なく働いて、暮れ往く陽のように我が人生は終わってゆく。私の父は59才で逝去していました。母は76才で亡くなりました。(私の余生はいつまであるのだろう。) 私の人生は本当に恙なくささやかな人生でした。普通の人生を普通に生きてきました。名を成すことも財を成すこともありませんでしたが、私なりに精一…