searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
TwilightSmile
ブログURL
https://www.twilightsmile.com/
ブログ紹介文
2019年再雇用辞退し60歳で定年退職。 定年前の叙事録。定年後の葛藤。新たなる人生を模索する日々。さてどこに向かおうか。
更新頻度(1年)

11回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2018/12/31

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、スマイルさんをフォローしませんか?

ハンドル名
スマイルさん
ブログタイトル
TwilightSmile
更新頻度
11回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
TwilightSmile

スマイルさんの新着記事

1件〜30件

  • 「1年間のブログなどを振り返りませんか?」

    早いもので60歳定年退職して来月で2年となる。現在は再就職した職場でワークライフバランスを保ち、生活は割とストレスフリーである。 さてこのはてなブログの運営?から時折メールが届く。「1年間のブログなどを振り返りませんか?」といった内容。1年前と言えば・・こちら 『来年の今頃は。オリンピックが近づいてどこもかしこもお祭りムード、繁華街は大盛況、観光地も大賑わい、超大型GWウイークは国内旅行も海外旅行も過去最高、世界中から日本を訪れる人も過去最高、世界中の人がみんなみんな活気にあふれて、みーんな笑顔で、今が嘘のように過ごせていますように。』(2020/4/21記) ・・結果はまったくダメだった。ど…

  • 平均寿命と健康寿命、私と妻の残された時間

    令和2年版の厚生労働白書(こちら)によれば、2019年の男性の平均寿命は81.41歳(女性は87.45歳)。現在61歳の私は平均的に生きればあと20年の命である。ただし2040年(20年後)の推計をみると83.27歳なので、推計によれば残り22~23年の命となる。 出典:厚生労働省ホームページ (こちら) また令和元年簡易生命表の概況(R2/7/31厚生労働省)の主な年齢の平均余命 (こちら)をみると60歳の平均余命が23.97年であるから、令和元年(2019年)60歳の私がそこからあと24年ほど生きるとすると、2021年の今すでに2年経過し残り22年となる。 一方、平均寿命と健康寿命の推移を…

  • 就職が決まって1年、宅建士になって2年

    振り返れば。就職が決まって1年(こちら)、宅建士になって2年(こちら)。60歳定年後、その後の人生は余生ではなく別の人生が始まるとした私のもう一つの物語(こちら)としては、エピソードとしてはまずまずかなぁ。(現在はそして「数年が過ぎた」という物語に描かれない最中にあるけど笑) 宅建士になったから新しい道が開けて今の仕事に就いたのは事実。では次の町へいつどんな展開で進んでいくのだろう。と思いに耽ったら・・ ふと(このまま物語が終わってしまうかもしれない)と頭を過った。 ・・うーん。 (これはこれで書き残しておこう) ・・ 近況備忘録。 ・現在心を奪われていること。進撃の巨人。

  • (来年こそはきっと流氷を見よう)と私は固く決心した。

    実は来週連休を利用して北海道を旅行しようと計画していた。稚内と紋別。最北端宗谷岬と流氷船ガリンコ号。 ダウンジャケットやスノーブーツ、グローブなど防寒グッズを新規購入。GOTO期間外ということも意に介さず航空券や宿を予約して準備万端。最北端はおよそ40年ぶり。流氷見るのは生まれて初めて。 緊急事態宣言よ解除されてくれ~、と祈る気持ちでいたが・・。ま、仕方ないよねぇ。予約した航空券と宿、それとガリンコ号を本日キャンセルしました。 ガリンコ号は電話で予約していたので電話してキャンセル。「緊急事態宣言が延長になってしまったので・・」と伝えた。電話の向こうの人は残念そうに、でもさわやかな声で「またぜひ…

  • 私の肉体が今現在に留まったまま、思惟のみが時を遡る。

    古いものを整理しているとふっと思いにふけることがある。写真やビデオ、本や雑誌、などひとつひとつ手にとっては動きが止まる。私の肉体が今現在に留まったまま、思惟のみが時を遡る。 手にした写真の、ビデオの、本の、雑誌の、私が過去に通ってきた時代のその時々。私の思惟は一瞬にしてタイムスリップしたかのように、その時々の私に降り立つ。私は今現代にいながら、私の思惟を通して過去の風景を視るのだ。 せんだって大学時代の日記をスキャンしてデジタル化、紙媒体は処分した。30年以上しまい込んでいて私自身がその存在を忘れていた私の日記であった。その日記を今の私の視点を通じて読んだ。 ・・ 稚拙で浅学な文章。いい加減で…

  • 緊急事態宣言下で身辺生前整理が進む私。

    世の中、というか一都三県、緊急事態宣言発出中。前回に比べるとちょっと緊張感が薄れているような気がします。慣れちゃった?のでしょうかね。 私はと言えばこの3連休、ほとんど外出せず、自宅で身辺生前整理(いわゆる断捨離)に勤しんでおりました。今やっているのは(前回も書いたけど)古い本や雑誌、参考書などを裁断しスキャンしPDF化すること。昔の手紙とかノートとかもせっせとスキャンしてデジタル化している。 ・・ 昨年の緊急事態宣言以来、いろんなものをデジタル化してきました。これまでの生前身辺整理(デジタル化)の履歴。(自分用の備忘記録です)

  • どうなることやら今年。

    あけましておめでとうございます。 ブログを更新しない日々が続いております。前々回から前回まで106日、前回から今回まで40日。何もやっていなくて書くほどのことがないのではなくて、いろいろやっていて書く時間がない(言い訳っぽいですが)。ただ何をやっているか、いたか、だけは残しておきたいという意思があるようで、こうして書き始めた次第であります。 前回も書いたが、そもそもがこのブログ。今現在は第2章で「そして数年が過ぎた」のさ中にある。次の展開につながるエピソードがあるかないかで内容が引き締まるわけで。何もなければ単なる日記になってしまうのは致し方ない。 ・・ 近況備忘録。 ・身辺生前整理。昔の写真…

  • しばらくは時折近況を記すだけのブログとなりそうだ。

    お久しぶりです。さらに100日余りブログを放ったらかしてしまいました。みなさまお元気でしょうか。 その後の私は、仕事にも慣れ徐々に私なりの立ち位置をみつけ、ワークライフバランスを保ちつつ、野球観戦やGoToトラベルを利用しての旅行にもそこそこ出かけたりして、充実した日々を送っております。もちろんコロナ禍にあって世の中の様子を窺いながらですけれど。 振り返れば昨年の今頃は離職者再就職訓練を受けていたのですね。さらに振り返れば一昨年は前職の定年退職を前に忙しい日々を送っていたのでした。 で。この物語(ブログ)は今は第2章となっているわけで。物語的には変化の少ない章かもしれぬ。しばらくは時折近況を記…

  • 再雇用辞退してよかった、とつくづく思う。

    お久しぶりです。2ヵ月あまりブログを放ったらかしてしまいました。みなさまお元気でしょうか。 私は、4月より就職した職場で6月1日より通常勤務となりその間、仕事中心で過ごしておりました。今の心境を記録しておきたいと思います。 ・・ 今。旅先で立ち寄った異国の地で生活しているような気分です。文化も生活様式もルールも、今まで生きてきた世界とは異なる地。 ほんと外国で暮らしているような感じ。郷に入って郷に従って、新しい発見の日々。すべてが新鮮で、楽しい。 んー、この気分。分かるかなぁ、ワッカンナイダロウナ~。(松鶴家千とせ、古すぎ笑) ・・ 60歳で定年退職して、1年近く無職で過ごし、新しい世界に飛び…

  • 明日より通常勤務

    緊急事態宣言が解けて明日より通常勤務です。隔日勤務に慣れきってしまった心身にはちょっぴりネガティブな気分です。夏休み最終日のような・・。(不謹慎ですね(-_-;) ま、一から再スタートってことで。がんばりましょ、自分。 ・・ 近況備忘録(箇条書きで)。 ・特別定額給付金は26日に入金されてた。ありがたいことです。 妻のパート収入が絶えていた家計のために妻に全額渡す。(当たり前) ・自粛期間中、身辺生前整理によるメルカリの売り上げが10万円突破。 ・自粛期間中、Uber Eatsも経験。案外いいものだ。 (何がどういいかは今後ブログで書く予定) ・自粛期間中、VHSビデオのデジタル化、すべて終了…

  • 61歳になりました。

    今日61歳になりました。還暦を迎えた昨年に比べ、なんとも達成感がない誕生日であります。 この1年何をしてたんだろう。定年して無職になって精神的に流浪して再就職して・・。お、結構いろんなことしてたw 1年短いなぁ。あっという間で過ぎ去ってしまう。この先もそうなのかなぁ。 うーん、。そう言えば、この「あっという間」。口癖のように何度も使っていますね、私。 人生ってそんなものなのかな。あっという間に年を取ってゆく。振り返ればただ風が吹いているだけ。 人は誰も ただ一人旅に出て人は誰も ふるさとを振りかえるちょっぴり淋しくて 振りかえってもそこにはただ風が 吹いているだけ人は誰も 人生につまずいて人は…

  • 当たり前の日常が幸せであることを忘れまい。

    ブログを記していると過去を容易に振り返ることができる。頁をめくると昨年の今日は令和元年が明けた日。街には祝賀ムードが広がり人々は明けた時代に夢膨らませていた。 一年後まさかこんな事態になるなんて・・夢にも思わなかった。 ・・ では来年は?今は想像もつかないけれども・・ 来年の今頃今日を振り返って、この先に光があること、あったことの証明を謳っていたい。そして当たり前の日常が幸せであることを忘れまい。 きっと、きっと、きっと。 にほんブログ村【 定年後の暮らし】 シニアブログランキング

  • 入学式が9月になったら・・と思うと

    遠い記憶、はるか54年前、私は小学校に入学した。桜色に染まる景色の中、小さな私は母に手を引かれ学舎に向かった。遠い遠い記憶。 48年前の春、私は中学校に入学した。45年前の春、高校に入学した。42年前の春、大学に入学した。 そして私は社会人となり結婚し子どもが生まれて、、22年前の春、長男が小学校に入学した。20年前の春、長女が小学校に入学した。 桜の季節に入学式。私の人生では、それが当たり前のことだった。3月4月、春は別れと始まりの季節だった。 いえね、、けっして反対しているわけではないです。・・学校の休校が続く中。今、まさにその真っただ中にいる方々にとっては切実な問題でしょう。 ただ、入学…

  • 初給料をいただいた。

    4月から再就職したもののコロナの影響で1日おきの在宅勤務となっている私。ここまで出勤した日はわずかに12日。なのに24日付で4月分のお給料をいただいた。 うれしかった。 「〇〇さん」と声をかけられてぺらっとした給与明細をいただいた(振込なので)。まさか今月からお給料をいただけるとは思ってもいなかった(本来は貰えて当然なのだけれど)ので、大学出てはじめてお給料をいただいた日を彷彿するような、新鮮な喜びが心を躍らせた。給料日とはうれしいものであると実に思った。当たり前のようなことが幸せだったのだと気づいた、そんな感じ。 ・・ この時期にこの収入、我が家にとってまことにありがたいことである。現役時代…

  • コロナが収束したら。

    私には外出をする機会が二日に一度ある。4月から就職し、コロナの影響で隔日勤務となっているからである。まっすぐ職場に行き、まっすぐ家に帰ってくるだけだけど。仕事をすることによって私の生活にはメリハリができ、気分転換がはかれている。 一方、妻はパート先が教育関連施設のため3月初めから仕事を休んでいる。緊急事態宣言が出て以来、妻はずっと家に籠もっている。コロナに感染しないように、コロナを人に移さないように。万が一、この休んでいる期間に感染してしまったら・・緊急事態宣言が明けてパート先が再開したときに復帰できなくなる、と、妻は過敏なまでに自分を厳しく制限しているようで時に痛々しく感じる。 ・・ 妻は私…

  • 来年の今頃は。

    昨年の今頃と今年とでは天国と地獄ほどの差があると書いたけれど。(こちら) 来年の今頃は・・ 来年の今頃は。オリンピックが近づいてどこもかしこもお祭りムード、繁華街は大盛況、観光地も大賑わい、超大型GWウイークは国内旅行も海外旅行も過去最高、世界中から日本を訪れる人も過去最高、世界中の人がみんなみんな活気にあふれて、みーんな笑顔で、今が嘘のように過ごせていますように。 きっとそうなる。 そう信じて、だから今、がんばる。 ・・ と妻に語り掛ける。「そうね、」と妻。 新型コロナが収束したら○○しようね。あれもしよう、これもしよう、あそこにでかけよう、あそこで食事しよう。映画見に行こう、野球見に行こう…

  • 昨年の今頃と今年とでは天国と地獄ほどの差がある。

    今からちょうど1年前の今日4/17、初めてジムに行きました(こちら)。その日は長い有休期間に入って一週間目、記述を読むとなんともおおらかな様子です。まさか1年後新型コロナが流行しジムは休業を余儀なくされるなんて思いもよらぬことでした。 ・・ 定年退職が去年でなく今年であったら・・。私の物語はまったく別のストーリーが描かれていたはずです。 自粛で私の送別会は開かれなかったでしょう。ジムへの申し込みもできなかったでしょう。イタリア旅行にも行けなかった。 そもそも定年再雇用辞退する選択はしなかったかもしれません。しなっかった、というよりできなかったと思います。職を失うリスクを考え会社にしがみついてい…

  • 再就職してから本日までの動向メモ。明日から在宅勤務始まる。

    再就職後の動向メモ。 4/1 初出社。緊張の一日。お客さんみたいな1日。4/2 見知らぬ人に囲まれ、存在感のない存在。4/3 なにもかも一から学ぶという事態に今更気づく。気持ちが空回り。4/4 休み。自宅で自粛。4/5 休み。自宅で自粛。4/6~4/10 自分が責任のない立場にいることを思い知らされる。4/11 休み。自宅で自粛。4/12 休み。自宅で自粛。 明日より1日おきに在宅勤務。 ・・ 高度の個人情報に関わるため仕事の内容は記せませんが、新型コロナウイルス流行により対面での相談は控えていただくようアナウンスしているので、仕事開始ののっけから正直暇を持て余しております。そこへ在宅勤務が決…

  • スーパームーン

    今夜はスーパームーン。8時ごろ我が家の窓から見えた月。 月に願いを。 世界よ、こころひとつになるときは今。 ・・ 人類は現代にいたるまで幾多の困難を乗り越えてきました。悠久の歴史において今の自粛期間などほんのちょっとの我慢です。皆でこころひとつにこの危機を乗り切りたいものです。 TVでは緊急事態宣言が遅いの早いの喧しいが国民ひとり一人がなすべきことは1か月前から求められてます。 みなさん 個々人の自粛は、保健行政から強制されたから「自粛する」のではなく、一人一人が責任を持ち自ら発する行動を求められています。たしかに辛いでしょう。けれど今は痛みを皆で受け止め、各個人に委ねられている責任を果たしま…

  • 再雇用辞退し定年退職して10ヵ月。流浪の日々の終わり。

    再雇用辞退し60歳で定年退職して10ヵ月。昨年4/10より5/末までの有給休暇を含めると約1年。今日で無職、流浪の日々が終わる。 明日4/1より就職いたします。 ・・ コメント欄で触れましたが、現時点での私の心境として、定年で再雇用辞退し長年のしがらみを断って新しい道を模索することは、60歳定年時の選択肢としては「あり」だと確信するに至っております。1年間の無職の生活は私のこれまでの人生の振り返りとこの先の人生を考える貴重な時間となり、心身ともにリフレッシュでき、ブラッシュアップされ、たっぷりと養分を蓄え次の目的地まで飛び立つ心の準備ができました。 仮に元居た会社に再雇用していただき今も勤めて…

  • 再就職の日まであと3日。正直な気持ち Note

    1年近く職に就いていなかった私。再就職を前にして正直な気持ち、淋しさが募るばかりであります。学生時代の、夏休みが終わってゆく頃に感じた淋しさに似ています。 あーあ、終わっちゃうんだ・・。 これが正直な気持ちです。 その気持ちを正直に記しておこうと思って備忘記録。笑 ・・ 再就職先での職務内容は不動産に関わる相談の応対が主である。民間企業ではなく行政の窓口。宅建士としての資格を活かした仕事。 私にとっては大きな転身である。大卒後38年余り営業職にずっと従事してきた私。その私が60歳にして営業ではなく公務(に近い)職に就くのである。 私の物語は思わぬ展開となったものだ。(と思う) ・・ もしシニア…

  • 再就職の日まであと5日。Note

    いったんオーバーシュートしたら病床は足りなくなるって当初から専門家会議の方々から発せられていたし、だからこそ3月はじめから学校閉鎖など政府・行政が先手を打ち一定程度感染拡大が辛うじて抑えられてきたのに、今ごろになっても「病床がー」とか騒ぎ不安をあおるコメンテーターがいることを残念に思う。「重症者診療で必要なのは根本的にはマンパワー。よく病床数不足が言われるが、病床だけ確保しても医療はまわらない。」(国際感染症センター長・大曲貴夫氏3/15日のツィート) また日本はPCR検査数が少ない、検査をやれーとか今なお言っている人がいる。この日本で「やる」となったらどうなるか、は、幾度も専門家より説明され…

  • 現場で戦っている方々を思うと頭が下がる。

    妻と二人、諸般のコロナ事情で自宅で過ごす日々。私はあまりTVを見ないのですが、妻はやることを済ませるとTVをつける。すると、あーだこーだといろいろ喧しい話が聞こえてくる。 どうもコメンテーター(という人たち)の偏った意見が多く聞こえる。無責任に批判するだけの人たち。聞いている時間が無駄に感じ不愉快になる。 なので、妻の許しを得られたら(汗)、CSにチャンネルを変えてもらう。CSではBBC(英国)とかCNN(米国)とかCCTV(中国)とかの海外のNEWSが同時通訳で視聴できる。で、新型コロナウイルスの報道に対して各国の深刻な報道に直面する。 どうなんだろ、この世界と日本との温度差。 日本ではこの…

  • 再就職の日まであと10日。Note

    振り返れば昨年の今頃は定年の日を前にして慌ただしい日々を送っていた。定年で退職することが正式に(社内的に)認められたのが去年の3/16日(こちら)。この記事では定年の日まであと75日という境遇にいた私。 当時の私は朝5時半に起床、6時半ごろ家を出て、遠距離通勤し、8時半前に出勤。帰りの時間は日によって違いますが、おおよそ21時前後~22時に帰宅。それを毎日ほぼ繰り返しの日常を送っていた。 その後私は4/10(こちら)から有給休暇を取り5月末に定年退職、爾来今日まで(有休期間を含めると)1年近く職に就かず過ごしてきた。残りの人生の再スタートを切る意味でこの1年は有意義であった(と思う)。私の人生…

  • 対岸の火事ではない

    オリンピックは中止か延期でしょうね。少なくとも中止か延期か、そうなった時の想定と対処を検討しているはず。でなければ危機管理が全くなっていない。 開催を強行して万が一にも感染者がでたら、と考えれば答えはすぐ出る(と思う)。残念だけど仕方ない。 IOCもJOCも、国も都も、世界も皆(言えないだけで)わかっているのでしょう。中止か延期すべきことを。 ・・ 新型コロナウイルスは世界に広がり、イタリア、フランス、ドイツ、アメリカなどG7各国のリーダーたちは戦争という言葉を使い緊急事態を宣言し社会経済が停滞しつつある。 世界が直面している事態は対岸の火事ではない。我が国では安倍首相の英断で(批判は多くあっ…

  • 身辺生前整理とメルカリ(再就職の日まであと2週間)

    身辺生前整理(断〇離)については『身辺生前整理宣言』(こちら)までしたのに、このブログで昨年6月以降まったく触れていませんでしたのは、まったくやっていなかったから(汗)です。(汗汗)・・けれど、ここへきて昨今の新型コロナウイルスでの外出自重から家にいることが多く、ならばと一気に片づけを進めております。 で、メルカリをやってます。(笑)本とか参考書とか、未使用のままタンスにしまい込んでた衣料品とか帽子とかアクセサリーとか、趣味で集めた品々や野球の応援グッズとか、捨てるのはもったいないものをスマホでパシャパシャ写真撮って出品しています。便利な世の中になったのです。 これはお買い得かなぁ、と内心思っ…

  • 通勤予行演習(再就職の日まであと15日)

    (備忘記録です)月曜日の今日、再就職先へ通勤の予行演習をしてきました。勤務は9時から。定年退職してから起床時間は6時を続けていますので、起きる時間はことさら早める必要はなさそうで、6時起床、朝食、体操、身繕いして7時半に出かければ8時半ごろには着くと踏んで予行を実行しました。(このブログをお読みに下さる方にはどうでもいい話でしょうね苦笑)。 結果、バスの遅れがあって8:35到着。下調べでは十分余裕をもっていたんですけどね。忘れかけていたリスク管理の重要性を思い出しました。 ・・ 明日は寒いみたいなので明後日再度予行する予定。今度は7:25に出発してみよう。 にほんブログ村【 定年後の暮らし】 …

  • スポーツジムを退会。(再就職の日まであと17日)

    こんなご時世ですから3月に入ってからジムは休んでおりました(八重山諸島に行ってたこともありますが)。今日、4月からの就職を控え、新型コロナウイルスがいつ収まるかも見通しがたたないので、きっぱり退会することにしてその手続きを済ませてきました。 ジムは人影もまばら、寂しいほどガラガラでした。私の脳裏にはかつて賑わっていたジムの記憶と閑散とした今の光景が交差して、ジムの経営の先行きを慮ると何とも言えないやるせなさを感じました。 振り返れば昨年4月から1年近くお世話になったジム。このような状況下での退会に申し訳ない思いにかられました。が、今の私は再就職に向け前に歩を進めるよりありません。 (お世話にな…

  • 3月下旬の妻との旅行はキャンセルしました。

    実は4月1日よりの私の就職を前に、しばらくまとまった時間を取れなくなるやもしれないと考え、妻と二人で萩~津和野~出雲~岡山~姫路と回る予定で3月20日過ぎより1週間、旅行の計画を立て予約していたのです。が、キャンセルしました。キャンセルの理由は新型コロナウイルスに対する妻の不安です。 妻は教育施設関連の仕事(パート)をしているのですが、3月上旬妻の勤める教育関連施設が行政の方針から休校となり、畢竟、妻も休みとなりました。そこにパンデミックです。このような背景の中、旅行などしてもし万が一にも新型コロナウイルスに感染してしまったら・・(周りからなんと言われるか)、と、旅行に出ることに対する妻の不安…

  • 整理するものなど何もない。大切なことは今を精いっぱい生きること。

    3~4日のつもりが6日間旅してきました。八重山諸島に行ってきました。ちょっとした離島めぐりをしてきました。 石垣島、波照間島、西表島、与那国島、新城島。 世の中新型コロナウイルスの自粛ムードが広がるこんな時期に旅行なんて・・、不謹慎だとお叱りをうけそうです。妻からはたいそう心配されて、直前まで思いとどまる選択も考え悩みました。が、批判は覚悟して思い切って行ってきました。 旅行中は十二分に注意して行動しました。感染しないように、感染源にならないように。幸か不幸か、まだシーズン前で観光客も少ない時期で、かつコロナウイルスにより海外からの旅行客も絶えた時節柄であったので、人との交わりは極端に少なく済…

カテゴリー一覧
商用