searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

M's Worldさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
M's World
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/missy-0_0-yssim
ブログ紹介文
食と酒にまつわるエトセトラ
更新頻度(1年)

190回 / 365日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2018/12/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、M's Worldさんの読者になりませんか?

ハンドル名
M's Worldさん
ブログタイトル
M's World
更新頻度
190回 / 365日(平均3.6回/週)
読者になる
M's World

M's Worldさんの新着記事

1件〜30件

  • 沖縄

    ♪決めた沖縄の海にしよう一番落ち着けそうだね郷土料理は私詳しいから任せていてよ(私の夏by森高千里)先日、友人と「明石に沖縄料理屋さんがないなぁ」と話をしたばかり。(沖縄料理を出す居酒屋さんはあるようです)ありました!西明石駅の南側沖縄民謡が流れる『宮古』さん。壁にはオリオンビールのポスターと宮古島の風景が描かれた水彩画が飾られています。生ビールでアリ乾杯!(オリオンは缶だけでしたのでアサヒで)「島ラッキョウ」「ポーク玉子」「人参しりしり」と泡盛を。泡盛、旨い!いろんな銘柄があって、いくらでも飲めそうです。最近バタバタしていたので、のんびりゆったり時間を過ごす余裕を持ちたいなぁ~。そう、ウチナータイム(沖縄時間)のテーゲー(適当)な感じで。ささやかなゆったり時間を満喫してお会計をお願いした頃、カウンター隣のお客...沖縄

  • アップルパイロス

    えー!!「アップルパイ」が無くなった!!明石のイタリアン『ROSSO』さんのメニューから「アップルパイ」が無くなってました。マスターに聞くと、オーブンを置く場所がなくなって半年くらい前からないそうです。それまで何度も行っていたのに、まったく知らなかったなぁ~。(食べてないということですね)仲間うちで飲み会をして、最後の〆デザートとして大人気でした。お願いしてお土産用にテイクアウトしたこともありました。美味しかったので残念です(涙)食べられなくなると食べたくなるものなんですねぇ。アップルパイロス

  • まだまだ

    『残業や』さんのカウンターで常連さんと世間話。お題は「30歳のころの自分」ありましたねぇ。私にも30歳のころが(笑)働き出して経験も増え、現場の仕事もわかってきた頃ですね。仕事も遊びもむやみに元気でした。私の30代の目標が「20代の体力と40代の人脈」(笑)いろんな人と出会いました。感謝です。これからもたくさんの出会いがありますように。飲み歩いているのは今と一緒ですね。まだまだ

  • アジフライ

    明石のイタリアン『ROSSO』さんで「アジフライ」をいただきました。マスターが明石の浜でサビキで釣ってきたそうです。イタリアンらしくトマトのソースで。サックリ揚がってて美味しいです。そういえば明石港の砂利揚げ場の跡地に『海上釣り堀』がプレオープンするそうです。(一般開放は11月見込み)魚のまち明石の新しい観光名所になればいいですね。小学校の頃、ほとんどの男子が釣りをした経験がある明石。釣り堀の横で小学生が普通に釣りをしている光景が想像できます。アジフライ

  • 桃太郎

    ひとつ人の世生き血をすすりふたつ不埒な悪行三昧みっつ醜い浮き世の鬼を退治てくれよう桃太郎(by桃太郎侍)『鳴門』さんで開催されたお酒の会「桃太郎の会」に参加してきました。高知県四万十町にある文本酒造さんが醸す日本酒「日乃出桃太郎」です。高知から蔵元さんが来てくださいました。コロナ禍の中、参加者は6名限定。アルコールで手指の消毒し、カウンターとテーブルに横並びです。料理とともに「桃太郎」の6銘柄をいただきました。淡麗辛口キレッキレの高知のお酒のなかにあって「桃太郎」は比較的まろやか。蔵元さんのお話では、農家系のお酒だそうです。お酒に合わせた料理も美味しい。四万十ポークの角煮はトロトロです。蔵元さんが話上手で面白かった。土佐高知のお酒がどうして淡麗辛口が多いか?理由は3つ。1、暖かい南国の気候に合う酒2、海の幸、山...桃太郎

  • お酒の味

    馬助はこんなにうまい酒を呑んだことがない。酒の味は名や値段で決まるものではない。呑む人の気持ちによって決まると知った。(本所おけら長屋)畠山健二さんの「本所おけら長屋」お気に入りの時代小説です。貧乏長屋の住むお節介で破天荒な人々が繰りひろげる人情噺。なんか、いいですねぇ~。この長屋の人たちの心持で暮らしていきたいです。酒の味は呑む人の気持ちで決まるんや。(100%アグリー)重たい話を聞きながら飲む酒はズッシリ。ハッピーな話を聞きながら飲む酒はアゲアゲ。お酒は人の心の奥底を表面に出すキッカケ。お酒を呑むといろいろと心の底にたまった澱の話ができます。それを正面から受け止める器量と、そんな器量をもった友を持ちたいです。今宵のお酒は『酒好屋ひらじぃ』さんで。うまい酒を、いつもありがとうこざいます。お酒の味

  • CEL(セル)24

    明石の地酒屋『鳴門』さんで高知県の日本酒「久礼」を飲み比べ。裏ラベルの「久礼」と辛口純米定番の「久礼」です。並べて置くと鏡に映っているようですね。裏ラベルの「久礼」は、CEL24酵母を使用しています。このCEL24酵母は高知県工業技術センターが産みだした酵母で、フルーティーで甘口のお酒ができるそうです。辛口の「久礼」とは真逆。(それで「裏」ラベルなんですね)で、飲み比べてみました。辛口純米は、スッキリとして高知のお酒らしく最後に酸味がキリッと残ります。うん、美味しい。CEL24酵母を使った「裏久礼」は、ちょっとまろやかな感じ。でも最後にはキリッと残るのは同じです。さすが高知のお酒。酸とのバランスがよいためか、日本酒度が-8(甘口酒)とは思えないです。なんとなく「竜の道」を思いだしました。裏の方がまろやかでしたけ...CEL(セル)24

  • そごう

    先月末『そごう西神店』が閉店しました。長く西神中央で働いていたので、思い出のある百貨店です。神戸市営地下鉄西神中央駅の改札の目の前。以前は「からくり時計」がありました。5階にはレストラン街がありました。店舗はいろいろ変化しましたが、何度となく行きましたね。うどんの『川福』の座敷で宴会。中華料理の『東天閣』で接待。『ル・コルドン・ブルー』でケーキバイキング。屋上ビアガーデンを開催していた時期もありました。取引先への手土産を買ったり、プレゼントを買ったり、本を買ったり…懐かしいですね。来月からまた別の会社で運営されるそうです。西神に行く機会はめっきり少なくなりましたが、ちょっと覗いてみたいですね。そごう

  • ありがとう球児

    ♪スタジアムに響きわたる歓声を吸い込んであなたはゆっくり立ち上がるeverylittlethingあなたがずっと追いかけた夢を一緒にみたい(LINDBERG)あかん、涙が出そう…(セーフですね)阪神タイガースの藤川球児投手が今季限りで引退…打者の手元で浮き上がるような「火の玉ストレート」が代名詞ですが、実はその裏にある緻密な配球、微妙にタイミングをずらす技術、さらに次の打者、次の打席まで考えた投球術が素晴らしかったと思います。彼の人間性も魅力でした。力強い投球とは対照的な、笑顔と穏やかな語り口。私も叱咤激励を楽しめるような心の強さを持ちたいですね。政界、飲食業界でも話題となっている後継者問題。果たして藤川投手の意志を継ぐ、後継者はあらわれるのでしょうか?残りのシーズンの全力投球を期待します。ありがとう球児

  • 『酒菜や ゑびす井』移転オープン

    山陽電車西新町駅。明石のとなり駅なのに初めて降りたかもしれない。(チャリ圏内なので電車で行かないですね)『酒菜やゑびす井』さんが、移転オープンしました。西新町駅から北へ数分。前はビルの中だったのですが、新しいお店は路面店です。移転オープンおめでとうございます!L字のカウンターとテーブルが3席。前も飲食店だったので改修費用は抑えられたと、毎日の市場通いで日焼けした大将が教えてくださいました。『ゑびす井』さんでは、やはり明石の魚。「造り盛り合わせ」をお願いしました。歯ざわり、味わい、間違いなしです。「太刀魚の塩焼き」、美味しいです。日本酒がすすみますな。前の場所とはお客さんの層が変わると思います。新しいお店でも、地元の美味しい魚をひろめてください。『酒菜やゑびす井』移転オープン

  • 肉だ!

    肉だ!肉だ!ステーキだ!残暑厳しい中、『川ぶち』の大将と二人で三宮の『寅松』さんで肉!生田ロード沿いの地下にあり、カウンターとテーブル2席の小箱です。大将同士は顔見知り。ランチタイムでしたが、単品で赤身ステーキ1本勝負!これから焼くお肉をみせてくださいます。どーん!「佐賀牛のラムヘレ200グラム」最敬礼で(どうぞよろしくお願いします)とご挨拶。ミートテンダーで筋切りをして、炭火で焼きます。表面を焼いたあと、アルミホイルで包み、ゆっくりと火を通していきます。最後にもういちど強火で表面を炙り、食べやすいサイズにカットしてくださったのがこちら。あーうまい!お肉は柔らかくジューシー。赤身肉の旨味が溢れだします。”今、私、肉食べてる”感覚がマックス!幸せの瞬間です。最高!!肉だ!

  • 香酸柑橘類(こうさんかんきつるい)

    明石の『ROSSO』さんで「生すだちチューハイ」を飲みながら。爽やかな香りで蒸し暑さも緩和されます。さて、問題です。「すだち」「青ゆず」「かぼす」「シークワーサー」の違いがわかりますか?えっ、どうだったけ?ってなりますよね。調べてみました。どれも柑橘類ですが、香りや酸味が強い「香酸柑橘類」に分類されます。「レモン」や「ライム」も同じ仲間です。まず大きさが違います。「シークワーサー」が一番小さく、「すだち」はゴルフボール大、「かぼす」はテニスボールくらい、「青ゆず」はその中間。「シークワーサー」<「すだち」<「青ゆず」<「かぼす」ですね。皮のボコボコもちょっと違います。凸凹度合いは、「すだち」<「シークワーサー」<「かぼす」<「青ゆず」かな。産地、「シークワーサー」はもちろん沖縄県。「すだち」は徳島県が9割、「か...香酸柑橘類(こうさんかんきつるい)

  • 大山どり

    友人と明石の『ゆきひら』さんで食事しました。大山どりの「手羽先」「せせり」「ぼんじり」「かっぱ軟骨」に「もも」をいただきました。肉が美しいです。炭火の七輪でじっくりと程よい加減に焼きます。鶏は美味しいですね。部位によって味わいが違って楽しいです。羽の部分である「手羽先」は、手づかみでがっつりと(熱っ)皮の脂はあっさり、肉は柔らか。首の「せせり」は比較的さっぱりしています。おしりの「ぼんじり」は炭火で脂が落ちてもジューシー。胸の軟骨「かっぱ軟骨」の歯ごたえはたまりません。そして「もも」ボリュームのある「もも」はしっかりとした噛み応え。ひと噛み、ひと噛み、旨味が溢れてきます。抜群です。大山どり、大満足でした。大山どり

  • そうめん

    暑い日が続きます。今年も、”お昼は「そうめん」”の日が多くなりました。そうめん、嫌いではないです。むしろ好きな方です。しかし、少し飽きてきますね。ネットでアレンジレシピを調べるといろいろ出てきますけど、特にチャレンジすることもなく、比較的にシンプルに食べています。この夏のお気に入りは、めんつゆにたっぷりの大根おろしを入れて。もう、そうめんを食べているのか、大根おろしを食べているのか、わからないくらい(笑)さっぱりしておいしいですよ。はやく涼しくならないかなあ。(写真は奈良の三輪そうめんです)そうめん

  • 待ち合わせ

    三宮の待ち合わせ場所って、どこですか?よく待ち合わせしましたねぇ。・パイ山(閉鎖)・ベネトン前(現docomo)・JR、地下鉄、阪急の出口から一番近い本屋さんブックファースト(閉店)・阪急西口マクド前(閉店)最近は、さんちかのジュンク堂かな。(センター街と間違うことがあるので要注意)でも、やっぱりハンズ前が定番かな。その東急ハンズ三宮店が年内で閉店するそうです。時計もあるし、時間があれば店内を覗いても楽しいし、たくさんの人が待ち合わせ場所に使っていたと思います。建物の前だけでなく、ちょっとしたゲーム感覚で、「ハンズの部屋履きスリッパ売り場に5時」とか「ハンズのお箸コーナーに7時」とかそこで待ち合わせて、一緒にご飯を食べに行く。懐かしい思い出です(笑)昨夜は、ハンズ近くの『川ぶち』さんで独り酒。待ち合わせの必要は...待ち合わせ

  • 見えない壁

    今、コロナウイルス感染拡大予防のために、カウンターや客席の間にアクリルの板を設置しているお店が多いです。アクリルは透過率が高いので、圧迫感はほとんど感じません。(アクリル板、わかります?)いろいろ考えてるんだなって、ちょっと安心しますね。アクリルで思い出すのは、十数年前、お仕事でデザイナーさんと一緒に展示の企画をしたときのこと。企業の商品を展示するために、アクリルでショーケースを作りました。アクリルボードで大きな直方体をつくり、その中に商品を展示します。上下左右、台座までアクリル製。商品が宙に浮いているようなイメージです。承認を得て製作を依頼。展示品を置いてもたわまないように、厚みのあるアクリルボードを使いました。搬入の日、思わぬ事態が発生しました。(ふつうに考えれば当たり前なのですが…)メチャクチャ重たい。ケ...見えない壁

  • 夏の扉

    ♪フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!夏の扉を開けて私をどこか連れていって明石の林崎松江海岸の『Kukahi』さんで、「秘密の花園」ではなくて「避密のバーベキュー」海を一望できる「渚のバルコニー」席です。オープンエアの環境でも十分な間隔をあけて、もちろん手指のアルコール消毒も忘れずに。「裸足の季節」ですが、灼けた砂浜は無理。照りつける太陽の下では「白いパラソル」が必要です。お出かけもちょっと遠慮気味の夏。いい思い出ができました。夏はやっぱり聖子ちゃんやね。夏の扉

  • お盆

    「今日あたり、来てくれそうな気がしてました」『鳴門』さんの女将に声をかけていただきました。嬉しいですね。いつもの通りカウンターに座り、いつもの通りオススメの日本酒をお願いしました。京都伏見の「蒼空」です。付きだしは「茎ワカメと鯛の昆布〆甘酢」今年のお盆は団体さんの予約もなく、ゆっくりしているそうです。お店にとっては大変ですが、私にはこうしてゆっくりお酒を楽しむことができて、ありがたいです。日本酒をもう一杯。宮城の「乾坤一」です。カウンターの隣で飲まれていた常連さんが帰り際に「頼み忘れた~」と言っていた一品。「豆鰺の一夜干し」です。小さな鰺を開いて、丁寧に中骨を取ってあるので、そのままパクリといけます。お酒が進む、いいアテですね。お世話になっていた『鳴門』の大将が亡くなってもうすぐ3年。お盆に大将も帰ってきている...お盆

  • 夕立

    暑い暑い暑い暑い暑いあっつぅ(汗)天気予報を観てても、ため息しかでませんねぇ。そういえば、最近天気予報で「夕立」って言わなくなったと思いませんか?「急な雷雨」とか「短時間の雨」とか。正確なんですけど、なんか日本語の情感がないです。艶っぽい言葉は残していきたいですね。夕立の後、「残業や」さんへ。キュウリの酢のものでサッパリと。猛暑日や熱帯夜も、もっと艶っぽい粋な表現がないですかね。なにはともあれ熱中症に注意しましょう。夕立

  • ハーバリウム

    友人へのプレゼント、何がいいかなぁ。お菓子のようないわゆる「消え物」を選ぶことが多いのですが、今回は結婚祝いなので「消え物」は止めときましょう…秘めたる女子力を発揮して(笑)「ハーバリウム」にしました。「ハーバリウム」、元々は植物標本です。数年前から、プリザーブドフラワーを可愛いボトルに入れ、そこにオイルを入れたものが、インテリアとして人気です。ペリドットをイメージした薄緑を基調にした「ハーバリウム」を贈りました。どうぞお幸せに!決して、先日いただいたボトル入りの「タコのアヒージョ」から思いついたのではありません(笑)ワイン飲みたい!ハーバリウム

  • いつまでも待つわ

    ♪青く広いこの空誰のものでもないわ風にひとひらの雲流して流されて私待つわいつまでの待つわたとえあなたが振り向いてくれなくても(待つわbyあみん)連休突入前の金曜日、いつもならば絶好の飲み会日です。しかし今年の様子は違いました。全国で新型コロナウイルスの陽性者が増えている状況なので、飲みに出る人が激減しています。大人数での宴会はほぼないそうです。飲食店さんに明るい兆しはまだまだ見えません。それでも将来に向けて、今この時期にできることを一生懸命考えているようです。取引先とまめに連絡をとったり、知識を増やすために本を読んだり、お店の手直ししたり…さらにレベルアップしたお店になることを期待しています。新型コロナ感染症の終息待ちの状態で、なかなか動けないけど応援していますよ!いつまでも待つわ

  • トマト

    「トマト」が健康にいいということは、以前から知られています。さらに、この暑い時期、冷たいトマトを食べると爽やかな気分になりますよね。昔のトマトはもっと酸味が強かったような気がします。トマトが食べやすくなったのが、私が大人になったからなのか(笑)飲み終わりに『一福』さんの「トマスラ(トマトスライス)」です。塩とマヨネーズが一緒にでてきます。ちょっと塩をつけるとトマトの甘味が、マヨネーズをつけるとコクがでます。これで明日も元気です。うちのプチトマトも順調です。トマト

  • ありがとうございます

    2020年。いろいろな事が起きていますが、今年もひとつ年齢を重ねることができました。お祝いしていただい皆様、ありがとうございました!より一層楽しい一年になるように精進してまいります。これからも暑い日が続きます。コロナにも熱中症にも気を付けましょう!ありがとうございます

  • 白熱日本酒教室

    SNSで友人が紹介していた「白熱日本酒教室」(杉村啓著星海社新書)を読了。日本酒の知識がたっぷり盛り込まれています。日本酒は感覚で味わうものやから、おっさんのウンチクなんて粋じゃない。違うんですね。ラベルの見方、日本酒の製法や飲み方など、さまざまな教養として身につけておくのはいいことです。これは大人として知っておくべき「武器としての教養」でし。感覚にそれを支える教養が加わり、さらに奥深くなります。日本酒好きな方にオススメの一冊です。でも、飲み屋でええカッコしてしゃべらんほうがいいですよ(笑)白熱日本酒教室

  • 地鶏

    先輩が美味しいと教えてくれた明石桜町の『炭火焼鶏じろう』さんに行ってきました。「土佐はちきん地鶏」の炙りです。しっかりとした食感。ゆず胡椒がいいですね。地鶏っていろいろあるんですね。名前を聞いたことがある「比内地鶏」「名古屋コーチン」近所のお店で食べられるのは「播州百日どり」「大山どり」それぞれの味の違いはよく分からないけど…(笑)やはり唐揚げには「ハイボール」ですね。地鶏

  • 野球

    タイガースの調子があがってきました。まだ勝率5割あたりをウロウロしていますけど、あの開幕直後の悪夢は何だったのでしょう。高校野球の県大会も始まっています。近所の明石公園トーカロ球場でも、高校生たちががんばっています。アメリカのメジャーリーグも開幕しました。日本人メジャーリーガーの活躍に期待します。さて、明石の『BlueCat』さんでいただいたのは、町田酒造さんの野球シリーズです。青いラベルの「エース」と赤いラベルの「スラッガー」データは非公開。楽しい企画ですねぇ。飲み比べさせていただきました。「スラッガー」の方が少しがっちりした体格かな(イメージです)二刀流大谷選手の手術後の初登板は散々(残念)まだまだこれから、期待しています。野球

  • Go To キャンペーン

    「GoToトラベルキャンペーン」が始まりました。また農林水産省の主導で「GoToイートキャンペーン」も検討されているそうです。「感染者が再増加するなかで、なぜ今やるのか!」「急に東京除外って!」「詳しいことがまったくわからない!」正直、いろんな声が飛び交っています。未知のウイルスとの闘いです。医療、経済、生活、教育、文化…さまざまな側面の意見があると思います。それは当然です。最終的に決めるのは自分。いろんな選択肢が増えたと考えればいいのかな。広島の藤井酒造さんの「GTOxRYUSEITHANK」をいただきました。「将来どうなるか、わかってなきゃいけねぇのかよ?将来が保証されてなきゃ、何もやっちゃいけねえのかよ?そんなのどこがおもしれぇんだ?!」(byGTO鬼塚栄吉)GoToキャンペーン

  • 四国へ

    GoToトラベルキャンペーン、明日22日からですね。どこに行きましょう!久しぶりに四国へ行きましょうか。まずは香川から。丸尾本店の「悦凱陣」やっぱり、しっかりしていますねぇ。丸尾社長とお会いしたのはいつのことだったかな。次は徳島。「鳴門鯛」の純米吟醸無濾過生原酒です。生原酒の味わいです。そして高知へ。「酔鯨」と「南」高知でも味わいが違います。でも、藤川球児のようなキレの良さは高知特有ですね。もう一杯「土佐金蔵」バランスの良いお酒ですね。そして愛媛。「石鎚」の土用酒土用の丑の日、濃い味付けの鰻に合うように造られたお酒です。GoToトラベルキャンペーン前に、三宮『川ぶち』さんでの四国酒ツアーでした。ほんまに旅行に行きたい!四国へ

  • ANGEL4

    ♪ゆうこあいこりょうこけいこまちこかずみひろこまゆみ似たよな名前はいくらもあるのにわたしじゃだめね(あの娘by中島みゆき)まだまだコロナウイルスがくすぶっています。一日も早い疫病退散を祈願して「アマビエ」ラベルのお酒をいただきました。日本酒専門店ましだやさんのオリジナル企画。女性杜氏にフォーカスした「ANGEL42020」裏ラベルには、女性杜氏の名前が記されています。SANAE栃木県相良酒造の沙奈恵さんMICHIKO茨城県結城酒造の美智子さんMARIKO長野県酒千蔵野の麻里子さんEMI群馬県の町田酒造の恵美さんお会いしたことはないですが、美味しいお酒を造っていだたき、ありがとうございます。すっかり酔わせていただきました。ANGEL4

  • 二日酔い

    大相撲の7月場所が始まります。無観客ではなくコロナウイルス感染対策を実施しての開催です。マス席に独りって贅沢ですね。若手時代にお世話になった会社の社長の言葉を思いだしました。「8勝7敗でいい」若手は、どんどんチャレンジして、失敗して、勉強して、考えて、またチャレンジすればいい。ただ、それでも「勝ち越す」という強い意識は持ち続けろ!と理解していました。(7敗まではええんや)と思うと気持ちが楽になったものです。昨夜は三宮で食事をして、その後2軒ほどご挨拶(笑)をしてから、明石へ戻ってきました。そのまま帰宅すればよかったのに…ついつい『ROSSO』さんのカウンターに。飲み友と出会って、さらにもう1軒。で、久しぶりの超二日酔い。後半、ほとんど覚えていない(怖)社長の金言が二日酔いの頭に響きます。やっぱり、7杯までで止め...二日酔い

カテゴリー一覧
商用