プロフィールPROFILE

蒼汰/masaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ルネサンス・宝塚ブログ
ブログURL
https://demodori-zukablog.com/
ブログ紹介文
宝塚ライトファンが綴る考察ブログ。全組観劇派。口癖は「でしょうね」。
更新頻度(1年)

214回 / 365日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2018/12/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、蒼汰/masaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
蒼汰/masaさん
ブログタイトル
ルネサンス・宝塚ブログ
更新頻度
214回 / 365日(平均4.1回/週)
読者になる
ルネサンス・宝塚ブログ

蒼汰/masaさんの新着記事

31件〜60件

  • 御曹司路線からの脱却と101期生の男役事情

    掲載の順番が逆になってしまいましたが、『眩耀の谷』の新公主演者が発表となりましたのでこちらもまとめておきたいと思います。丹礼真:碧海さりお(本役:礼真琴)瞳花:桜庭舞(本役:舞空瞳 )2人とも新公初主演ですね、本当におめでとうございます!!

  • 大いなる期待に応えて・星組2020年2作目の本公演詳細発表

    やっと繁忙期が終わったー!!ということで皆様、年の瀬をいかがお過ごしでしょうか?蒼汰は仕事が忙しく&忘年会続きで最近の更新が遅めになってて申し訳ないのですが少しずつまとめていきたいと思います。というわけでまずはこの大きな発表から。星組の来年

  • 95期生組替えシャッフル考

    今や宝塚における一つのブランドと化している「95期生」。トップランナーとして走り続けた柚香光と礼真琴は2019年、研11にしてトップスターに。95期の3番手・月城かなとは今作で2番手羽根を背負い、続く桜木みなとは3番手羽根を背負った。さらに

  • 各組の今後の体制を大胆予想してみた

    皆さん、メリークリスマス!!先日、星組の今後の組体制についてまとめたのですがこれが思いのほか楽しくって。笑どうせならこのまま全組やっちまおう!!というのが本日の記事でございます。最近は起こった出来事(組替え等)についての後出し的解説...

  • 星組の今後の組体制を考える

    12月18日は星組集合日でしたね。それはつまり礼体制星組の第一歩の日であり、95期体制始まりの日でありました。多くの人が気になっているのは、組替えでやってきた人事のジョーカー・愛月ひかると、最近勢いの止まらない瀬央ゆりあの番手がどうなるかで

  • 轟理事の蓋登板・星組2020年上半期別箱公演発表

    本日は「星組の今後の組体制について」なる記事を上げる予定だったのですがナイスタイミングで来年の別箱の詳細が出たので先にこちらから。轟理事・蓋登板の意義まずはその行方が非常に気がかりだった東上公演ですが、主演者は轟理事に決定しました!!公演情

  • 宝塚男役スターの序列ランキング・2019年12月版【舞台写真枚数&ル・サンク掲載まとめ】

    定期更新シリーズということで、現在の男役スターの序列についてまとめていきたいと思います。具体的には、舞台写真の枚数と、ル・サンクの掲載方法をまとめ階段降り、羽根の有無、その他出版物等の状況を加味したものになります。これはあくまでも管理人ma

  • 2019年活躍したスターを総決算!! ~ルネサンス宝塚大賞2019③~

    これまで「輝く?!ルネサンス宝塚大賞2019」と題し、私の独断と偏見をもとに、2019年の宝塚を振り返って参りました。本日は最終日ということでスター個人を表彰(という名の褒めちぎり)していきたいと思います。もちろんこれは、あくまで私の独断と

  • 2019年のレビュー作品全作レビュー・ルネサンス宝塚大賞2019②

    年末恒例企画ということで、「輝く?!ルネサンス宝塚大賞2019」と称し、2019年東京宝塚劇場で公演されたレビュー作品の全作レビューをまとめていきたいと思います!!ルールとしましては・第2位~最下位、からの第1位(ルネサンス宝塚大賞)という

  • 2019年の大劇場公演全作レビュー・ルネサンス宝塚大賞2019①

    前回の記事で宣言しました通り、「ルネサンス宝塚大賞2019」と称し、2019年東京宝塚劇場で公演されたミュージカル作品の全作レビューをまとめていきたいと思います!!ルールとしましては・第2位~最下位、からの第1位(ルネサンス宝塚大賞)という

  • 【告知】今年もやります!!ルネサンス宝塚大賞

    気付けば2019年ももうすぐ終わり。年末といえば華やかな賞レースですよね!!ということで昨年同様、「輝く?!ルネサンス宝塚大賞」と題し、私が独断と偏見をもとに、超個人的に表彰していきたいと思います。ルネサンス宝塚大賞・ルール説明ルネサンス宝

  • 男役スター像の変容と「ホスト芸」【雑記】

    「女性の化粧と前髪を見れば時代が分かる」なんて言葉がありますが流行というのは時の流れとともに全く違うものになるわけで後から振り返ると見ていて面白いものがありますよね。ということで本日は宝塚の男役像の変容についての雑記です。男役スター像の変容

  • 宙組の振り分け発表に思う

    宙組の2020年上半期別箱公演である『FLYING SAPA』と『壮麗帝』、それぞれの出演者の振り分けが発表になりました。有名どころを挙げるとこんな感じでしょうか。『FLYING SAPA』破線上:真風涼帆、星風まどか、芹香斗亜男役:紫藤り

  • 月組『I AM FROM AUSTRIA』キャスト別感想

    先日の全体感想に続き、キャスト別感想、さくさくまとめていきます!!キャスト別ざっくり感想ジョージ・エードラー/珠城りょう純粋に恰好良かった。ビジュアルが過去最高にキマっていて、個人的には『グランドホテル』以来のハマリ役だったんじゃないかと思

  • 月組『I AM FROM AUSTRIA』感想

    月組公演『I AM FROM AUSTRIA』を観劇したので、感想をまとめていきたいと思います。最初にざっくり箇条書きにすると・老若男女が楽しめる、分かりやすい作品だったと思う。・珠城体制月組の作品の中で、最もビジュアル水準が高かった。・め

  • 叶羽時と96期生娘役体制の終焉に思う【雑記】

    今から10年前の2009年に始まった宝塚歌劇団を大いに揺るがした、いわゆる「96期生問題」。劇団は当初この問題に対し「私たちは何も悪くない」という態度を貫きあえて96期生ばかりを舞台上で優遇してきました。とはいえ、それは娘役ばかり。96期生

  • 呪縛から解き放たれる愛月・人事の曲がり角2019秋②

    だいぶ間隔が開いてしまった人事の曲がり角シリーズ、後半は人事のジョーカーと化した愛月ひかるについて。【前半戦の水美舞斗編はこちら】スカステの番組「Cafe ふぉるだ#3」にてオーナー(MC)を務める愛月ひかるより「星組への組替えによりMCと

  • 追想・異人たちのルネサンス【雑記】

    去年のちょうど今頃、東京大劇場で公演されていた『異人たちのルネサンス』のスカステでの放送が先月から開始されています。皆さん、もうご覧になられましたか?久しぶりにこの作品を見て色々と思うところがあり、心に浮かぶつれづれを書いていきます。少々説

  • 諏訪さき&星蘭ひとみ:奇数期のつれづれ

    体調を崩して寝ている間になんだか色々と発表されていた…っ!!というわけで簡単にまとめいきたいと思います。99期・諏訪さき:悲願の新公主演決定!!さて、まずは雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の新公主演者が発表され

  • 「だいもん」の記憶を辿る路・雪組2020年2作目の本公演発表

    さてさて、本当は前回の記事の続きを掲載する予定だったのですが雪組の大劇場公演の発表がありましたので本日は先にそっちについて書いて行こうと思います。公演情報【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】ミュージカル・シンフォニア『fff -フォルティッシッ

  • 水美と瀬央を分かつもの・人事の曲がり角2019秋

    瀬戸かずやの東上、永久輝せあがVISAを背負って組替え等、花組新体制に向けての動きが活発な中、気になるのは、水美舞斗の去就についてでしょう。先日の永久輝組替えの報に際し、他の方々のブログ同様私も何か書かなくてはとずーーーっと思ってはいたので

  • 明日海りおの根幹「負けん気」

    昨日、明日海りおが退団した。宝塚100周年から劇団をけん引し続けた偉大なるトップオブトップに、一本記事を捧げたいと思います。明日海りおと大運動会の雪辱明日海りおのトップの歴史を語るうえで絶対に外せないもの、それは100周年の大運動会であると

  • 花組『シャルム!』感想

    本日は明日海りお、退団の日。きっと日本中の、いや世界中の宝塚ファンが東京大劇場という一つの会場に視線を向けることになるのでしょう。そんな中、超今更ですが『シャルム』の個人的感想について書いて行こうと思います。様々な意向を汲んだオーソドックス

  • 花組『A Fairy Tale-青い薔薇の精-』感想

    昨日、明日海りお最後の雄姿を目に焼き付けてきました。まさかチケット当たるとは思わなんだ…ありがとう、セ〇ィナ。というわけで、さっそく感想を書こうと思うのですが、実は大体の感想(という名のこき下ろし)は以前の全作レビューで書いてしまったので。

  • 何にでも あると思うな ライブビューイング【雑記】

    蒼汰、心の一句。ということで「いつまでも あると思うな 親と金」なんて格言がありますが、いやはや人間というものは最初はありがたいと思っていても慣れてくるとあって当然と思ってしまう、欲深い生き物だなと思います。インターネットに始まり、携帯電話

  • 予定調和なだけでなく・雪組2020年上半期別箱公演発表

    さてさて、その動向が色んな意味で注目されていた雪組の別箱公演の詳細が発表されました。「でしょうね」的予定調和もあれば、そうでもない部分もあり…それぞれ簡単にまとめていきたいと思います。望海風斗・外部ゲストを呼んでコンサートまずは別箱として選

  • 明日海りお・花組トップ本公演全作レビュー 後半戦

    前回の記事に引き続き、明日海りおの花組トップ時代の本公演作品全作レビューをまとめていきます。今回は仙名彩世を相手役に迎えた、任期6作目の後半戦からです。【前半戦はこちらから】※6点満点の採点付きでご紹介していきます。感想とはあくまで個人的な

  • 明日海りお・花組トップ本公演全作レビュー 前半戦

    【業務連絡】現在、蒼汰が体調を崩しているためコメント返しは後程させて頂きます。明日海りお花組トップの歴史、それは、宝塚100周年以降の繁栄の歴史でもあります。就任以降、劇団の顔であるトップオブトップとして常に宝塚を牽引し続けてきた彼女も、つ

  • 永久輝と真彩・優等生のカラーの違い【小ネタ】

    雪組の全国ツアー公演『はばたけ黄金の翼よ』が大盛況のうちに終幕したのは記憶に新しいですが、スカイステージで放送されている「NOW ON SATGE」という番組、皆さんもうご覧になられました?それを見て個人的に思った超スーパーミラクルどうでも

  • 雪組の配役発表から思うこと『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』

    昨日は雪組公演『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の集合日!!年明けの大作に向け、新たなる一歩を踏み出しました。先日『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』を予習がてらア〇ゾンプライムで原作映画を見て

カテゴリー一覧
商用