searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Free_Spirit_19790714さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あなたの家計は 100歳まで もちますか?
ブログURL
https://freespirit1979.hatenablog.com/
ブログ紹介文
証券アナリスト(CMA) 兼 FP(CFP) が「老後資金形成」に関して投稿しています。
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2018/11/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Free_Spirit_19790714さんの読者になりませんか?

ハンドル名
Free_Spirit_19790714さん
ブログタイトル
あなたの家計は 100歳まで もちますか?
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
あなたの家計は 100歳まで もちますか?

Free_Spirit_19790714さんの新着記事

1件〜30件

  • ふるさと納税返礼品 函館市

    ふるさと納税の返礼品レポートです。 返礼品の説明文(申し込み当時): ●塩紅鮭切身・名称:塩紅鮭切身・内容量:60g×4切×4・原材料:紅鮭、食塩/pH調整剤、酸化防止剤(チャ抽出物、ローズマリー抽出物)・保存方法:冷凍・賞味期限:製造日から1年(冷凍)・製造者:株式会社古清商店 ●熟成秋鮭切身・名称:熟成秋鮭切身・内容量:60g×4切×4・原材料:白鮭、食塩/pH調整剤、酸化防止剤(チャ抽出物、ローズマリー抽出物)・保存方法:冷凍・賞味期限:製造日から1年(冷凍)・製造者:株式会社古清商店 約21営業日以内に発送いたします。 申し込みから配達まで: 自治体名 北海道 函館市 申込経路 楽天市…

  • ふるさと納税返礼品 根室市

    ふるさと納税の返礼品レポートです。 返礼品の説明文(申し込み当時): 名称 冷凍生ズワイガニ内容量 1.5kg原材料 ズワイガニ産地 ロシア・カナダ産加工地 根室市保存方法 要冷凍(-18℃以下で保存)賞味期限 冷凍保存1か月(解凍後当日中)加工者 株式会社キタウロコ荒木商店販売者 有限会社ケイエイフーズ入金確認後2~3週間程度(着日指定不可) 申し込みから配達まで: 自治体名 北海道 根室市 申込経路 楽天市場 返礼品名 [生食可]カット済み生ずわいがに1.5kg 寄付金額 20,000円 申込日 2020/9/25 配達日の指定可否 不可 配達日 2020/10/14 実質的なキャッシュフ…

  • ふるさと納税返礼品 釧路町

    ふるさと納税の返礼品レポートです。 返礼品の説明文(申し込み当時): 仙鳳趾産 活殻かき(15コ)<90~140g>原産地:釧路町仙鳳趾(せんぽうし)消費期限:出荷日+4日※生食の場合は、到着後すぐにお召し上がりください。提供元:昆布森漁業協同組合2020年8月24日出荷開始~12月22日出荷終了 申し込みから配達まで: 自治体名 北海道 釧路町 申込経路 楽天市場 返礼品名 仙鳳趾産 活殻かき≪90~140g≫ ×15コ 寄付金額 10,000円 申込日 2020/9/25 配達日の指定可否 不可 配達日 2020/10/8 実質的なキャッシュフロー: ①この返礼品を得るための寄付金額=10…

  • ある会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2020/9/30)

    時季が来ましたので、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。(3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分を赤にしていますので、お急ぎの方は赤いところだけお読みください) 1. 私の投資手法 2. 資産配分比率(2020年6→9月末) 3. 年間運用損益(2020/1/1~9/30) (1) コア戦略 (2) サテライト戦略 4. 金融資産残高の推移(1999/4/30~2020/9/30) 家計における「金融資産」の定義: 現金・預金、株式・出資金、株式以外の国債や投資信託などの証券、金融派生商品、保険準備金・年金準備金、ゴルフ場への預託金などの預け金等、対外証券投資を含む対外…

  • 2020年の ふるさと納税 を実行

    本日、1年半ぶりに「ふるさと納税」しました。 確実に冷蔵庫(冷凍室)に入るよう、本来は時期を分散して実行すべきですが、(投資と違ってあまり手間をかけたくないので -笑)1年分をまとめて実行しました。 2019年のふるさと納税は、返礼品をいただけるうえにAmazonギフト券を含めた実質的なキャッシュフローがプラスになるという、画期的な「大阪府泉佐野市【100億円還元 閉店キャンペーン】」の一択でした。 ご存じのとおり、総務省がふるさと納税制度を変更しましたので、今となっては「超お得な自治体」はほぼ存在せず、おおむね横並びの中から選ぶことになります。 泉佐野市が総務省を相手に起こした訴訟で、202…

  • 半年ぶりに出勤しました!

    私の勤務先は3月から「原則、テレワーク」となり、現在に至っています。 私は2月28日(金)を休暇にしていましたので、2月27日(木)を最後に出勤していませんでした。 昨日(9月18日)、どうしても出社する必要があり、約半年ぶりに出勤しました。 半年ぶりに電車に乗った直後、立っていて2回ほどふらつきました(笑)。 コロナ前より約30分早い時間だったこともあり、その後はすぐに座ることができました。 さらに、乗り換え時の昇りエスカレーターで、ごくわずかな揺れに、一瞬、後ろに倒れそうになりました(!)。 半年間ほとんど歩いていませんでしたので、体幹というか、下肢の筋力が衰えているのでしょう(私は運動習…

  • 新電力の再切り換え、完了

    8月9日、自宅で使用する電気を「Looopでんき」から「楽天でんき」に再切り換えする申し込みをしました。 その後、契約者名義の確認についてメールでのやり取りが1往復ありましたが、9月3日午前零時、寝ている間に無事切り換わりました。 前回はスマートメーターへの交換作業がありましたが、今回は何もなく、あっさりしたものです。 スマートフォンや光回線も、これくらい簡単に、かつ、無料で乗り換えられるようになるとよいですね。

  • 「国民年金基金」の愛称を公募

    「国民年金基金」という制度をご存知でしょうか? 個人事業主など「国民年金の第1号被保険者」を対象とした任意加入の公的年金制度(国民年金の上乗せ制度)ですので、会社員や公務員(およびその配偶者)の方であればご存知なくても当然です。 私も普段はこの制度を意識することはないのですが、「そろそろ老後資金形成に取り組みたい」とおっしゃる方が「国民年金の第1号被保険者」の場合、比較・検討すべき制度として、個人型DC(iDeCo)やNISAなど、他の制度と併せて必ず紹介するようにしています。 (制度そのものについては「国民年金基金連合会」のホームページでご確認ください) 来年(2021年)4月に国民年金基金…

  • 厚生年金保険料の上限引き上げ

    8月14日、政府は、厚生年金保険料の算出基準である「標準報酬月額」の上限を62万円から65万円に引き上げる政令を公布しました。 どのような人に、どのような影響があるのでしょうか? 見ていきましょう。 1. 厚生年金保険料の仕組み 会社員などが毎月の給与から天引きされる「厚生年金保険料」の額は、どのように算出されるのか、その仕組みを簡単におさらいします。 まず、給与の額(いわゆる額面)が「厚生年金保険料額表」のどの「等級」に該当するかによって「標準報酬月額」が決まります。 たとえば、給与が29万円以上31万円未満の場合、標準報酬月額は19等級の30万円です。 日本年金機構 厚生年金保険料額表(平…

  • 自動車保険を見直しました

    我が家では毎年この時期、自動車保険を更新しています。 損保会社は何度か乗り換えてきましたが、2013年以降は某ネット損保会社の固定客です(保険料の安さで選びました)。 以来、保険料を抑えることを優先し、ほぼ同じ内容で更新し、幸い無事故です(1・2年前、知人の三井住友海上系FPに我が家の自動車保険の契約内容を見せたところ、保険料の安さに驚いていました)。 半年ほど前、別の知人の損保ジャパン系FPから「自動車保険に付けるべき特約と、人身傷害の保険金額の目安」について話を聞く機会があり、それを参考に今回、契約内容を見直すことにしました。 せっかくですので皆様にも紹介します(★部分は、今回の私の判断で…

  • 新電力の再切り換え(LからRへ)

    自宅で使用する電気の小売事業者と契約種別を、「東京電力(東京電力エナジーパートナー株式会社)の従量電灯C」から「Looopでんき(株式会社Looop)のビジネスプラン」に切り替えた経緯と、その後1年間の料金比較については、過去、新電力カテゴリーに投稿しました。 その後、「Looopでんき」に不満はまったくありません。 しかしながら昨日ふと思い立って、「楽天でんき(楽天モバイル株式会社)のプランM」に再切り換えすることを検討し、本日、つい先ほど申し込みました。 Looopでんき(ビジネスプラン)と楽天でんき(プランM)の料金体系は同じ(基本料金ゼロ + 従量料金27.5円[税込]/kWh) Lo…

  • 「マネット」に掲載

    このたび、「マネット カードローン」に掲載されました。 カードローンを紹介するサイトに、「貯蓄」をテーマとして、 「人生の三大支出」と「貯蓄ノススメ」 というタイトルで寄稿しました。 よろしければご高覧くださいませ。 ma-net.jp

  • 企業型DCの運用利回り(2020/3)

    2019年度の「企業型DC加入者の運用状況」を入手しましたので、要点をご紹介します。 2020年3月末時点、企業型DC加入者の運用状況(R&I調査) 12カ月利回り:マイナス3.53%・4年ぶりのマイナスに・前年同期のプラス0.40%から3.93ポイント低下 通算利回り(制度加入からの累積運用実績を年率換算):マイナス0.94%・7年半ぶりのマイナス(元本割れ)に!・元本割れ加入者の割合が急激に高まる(34%)! 今年3月は新型コロナウイルス感染拡大に伴う内外の株式・REIT市場の急落がありましたので、1年程度のスパンでのマイナスは仕方ないところです。 とはいえ、通算利回りが7年半ぶりに元本割…

  • 投資信託の今後の買い増し候補

    投資信託の今後の買い増し候補を久しぶりにチェックしました。 備忘録を兼ねて投稿します(データは2020年7月11日現在)。 私が買いたい投資信託(= おすすめしたい投資信託)は、 特定口座と一般NISA口座で、金額買付と積立買付が可能であること パッシブ(インデックス)型であること 購入時手数料がゼロであること 分配実績がないこと 販売開始直後のものでないこと 複数の販売会社から購入できること をすべて満たしたうえで、「信託報酬(率)がもっとも低いもの」です。 お好みのベンチマークとは異なるかもしれませんが、以下、いくつか掲載します。 1. 国内株式(TOPIX) 委託会社 投資信託 信託報酬…

  • ある会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2020/6/30)

    時季が来ましたので、私の金融資産残高の推移を3カ月ぶりに点検しました。(3カ月前の記事を複製したうえで、今回更新した部分を赤にしていますので、お急ぎの方は赤いところだけお読みください) 1. 私の投資手法 2. 資産配分比率(2020年6月末) 3. 年間運用損益(2020/1/1~6/30) (1) コア戦略 (2) サテライト戦略 4. 金融資産残高の推移(1999/4/30~2020/6/30) 家計における「金融資産」の定義: 現金・預金、株式・出資金、株式以外の国債や投資信託などの証券、金融派生商品、保険準備金・年金準備金、ゴルフ場への預託金などの預け金等、対外証券投資を含む対外債権…

  • 「お金BANKプロ」に掲載

    このたび、「お金BANKプロ」に掲載されました。 プロが選んだ「おすすめiDeCo(個人型確定拠出年金)ランキング」。プロが教える「iDeCo(個人型確定拠出年金)の選び方」 というテーマに寄稿しました。 固有名詞(会社名)のランキングは苦手なのですが...。ご高覧くださいませ。 okane-mikata.jp

  • 火災(地震)保険を契約しました

    25年前、自宅を建てたときに契約した「住宅金融支援機構 特約火災保険」の契約が本年6月2日に終了するにあたり、次に契約する火災保険を検討した顛末を投稿します。 ちなみに我が家は、東京湾岸が埋め立てられて工業地帯になる前は、2・3分歩けば砂浜だった地域にあります。 損保会社の絞り込み 3月、住宅金融支援機構 特約火災保険の幹事会社である損保ジャパンから、「次の火災保険を検討するなら、回答締め切り日までに、この損保会社リストの中からいくつか選んで回答せよ。後日、電話させる」という主旨の郵便が届きました。 これを受け、まず、いわゆる価格比較サイトで保険料の相場を調べてみました。 その結果、提示された…

  • マイナポイントを予約しました

    今週の日本経済新聞に、 マイナポイントの「利用」は9月開始 マイナポイントを利用するための「申し込み」は7月開始 マイナポイントを利用するための申し込みをするための「予約」はすでに始まっている 総務省によれば、予約者数が予算上限に達した場合、予約が締め切られる可能性があるらしい という主旨の署名記事が掲載されていたことを、今朝思い出し、「予約」をしてみました。 その前に、「マイナポイントって何だっけ?」という話ですが、本日(2020/6/6)現在のWikipedia「個人番号カード」のページには次の記載があります。 個人番号カードを活用した消費活性化策(マイナポイント)は、一定額を前払い等した…

  • 特別定額給付金が届きました

    本日(2020/6/3)、私が住む市から「特別定額給付金」が振り込まれました! 「申請書」を投函したのは5/20の夕方でした。 「ご案内」によれば、振込まで3週間程度かかるとのことでしたが、実際には2週間。 意外に早かったですね。 市役所職員の方々、お疲れさまでした! freespirit1979.hatenablog.com

  • 年金改革法、可決成立

    このブログで何度か取り上げてきた年金改革法が、5/29、参院の本会議で可決、成立しました。 新型コロナウイルス感染症をはじめ、予期せぬ諸問題が発生した今国会での審議の行方を少々心配していましたが、年金改革法は波乱なく可決成立に至りました。 完璧ではないにせよ、年金制度の改善がさらに進むことになります。 あらためて要点を、施行時期の順にまとめてみます。 [公]= 公的年金、[私]= 私的年金 2020年10月 [私]個人型確定拠出年金の中小事業主掛金納付制度(愛称 iDeCo+、イデコプラス)の対象企業要件を「従業員100人以下」から「300人以下」に拡大 2022年4月 [公]繰り下げ受給の上…

  • 特別定額給付金を申請しました

    本日、私が住む市から「特別定額給付金のご案内」が届きました! カラー印刷された「ご案内」と「申請書」、そして「返信用封筒」が同封されています。 申請書に記入する内容は次のとおりでした。 申請日(記入日) 世帯主の署名(自署)または記名捺印 日中に連絡可能な電話番号 (将来、同様な給付の際の)口座情報の使用に関する同意(同意しなくてもOK) 口座番号などの受取口座情報 記入内容、添付書類のチェック欄 申請書に貼り付ける書類は次の2点です。 世帯主の本人確認書類の写し 振込先口座がわかる書類 さまざまな問題が報道され始めたオンライン申請とは異なり、郵便で届いた申請書には、給付対象である世帯全員の氏…

  • 年金改革法案、衆院を通過

    このブログで何度か取り上げている年金改革法案が、5/12、衆院の本会議で可決されました。 衆院は、年金改革法案(年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律案)の修正案を与野党の賛成多数で可決し、参院に送付した、と報道されています。 同法案に対しては、5/8の衆院厚生労働委員会で、与野党が修正案を提出していたそうで、与野党の協議により、野党が共同で提出していた修正案の内容を検討規定として取り入れた模様です。 年金改革のさらなる検討や、修正案の検討事項への対応などを求める付帯決議も、衆院厚労委で全会一致で採択されたとのことですので、参院通過後にあらためて投稿したいと思います。 ww…

  • 特別定額給付金を申請しま...

    今朝、私が住む市のホームページを覗いたところ、「特別定額給付金について」のページに次の記載がありました。 5月18日(月曜日)から、郵送による申請用紙を順次発送いたします。 5月1日(金曜日)から、マイナポータルでのオンライン申請が開始されました。 オンライン申請が始まっているようです。 早速、やってみましょう。 PCのWebブラウザ(私の場合、Windows+Chrome)で「マイナポータル」にアクセスします。 「申請受付開始団体一覧」(pdf)を開き、世帯主である自分の住民票がある自治体名が掲載されていることを確認します。 掲載されていることを確認し、元のページの「申請はこちら」をクリック…

  • ゴールデンウィーク2020

    相場は3月中旬を当面の底として、やや落ち着きを取り戻して4月を終えました。 私は2/28に投資信託の「買い下がり」を開始し、3/12からは「損出しクロス取引とリバランス」に精を出しましたが、毎月行なっている「積立投資(一般NISA)」と「DC出口戦略(企業型DC→特定口座)」を除くと、コロナショックに起因した最後の注文指図は3/18です。 今回は、このブログのテーマとは無関係な雑感です。 私の勤務先は、3月第1週から「原則、テレワーク」となりまして、以来、一度も出社していません。 入社式は中止となり、新人研修はテレワークで行われているようです。 さらには、「都内の企業に対して4/25(土)から…

  • "70歳まで現役"法案、可決成立

    3/31、高年齢者雇用安定法などの改正法案が参院で可決し、同法は成立しました。 これまでこのブログに投稿してきたように、「高齢者が希望すれば70歳まで働けるよう、企業に『努力義務』を課す」ものです。 公的年金の給付水準の低下や健康で長生きする高齢者の増加を見据え、高齢者が働きやすい環境を整えるのが狙いであり、2021年4月から施行されます。 法律には就業機会を確保する方法として、これまでの定年延長・廃止、継続雇用(再雇用)などの選択肢に加え、フリーランス契約への資金提供や起業支援、社会貢献活動参加への資金提供といった手法を追加し、いずれかの方法で環境整備するよう企業に求めるものです。 さて、あ…

  • GPIF 基本ポートフォリオ変更

    史上初の緊急事態宣言まで発出されたコロナショックの中、「投資の話題はいかがなものか」などのご意見もありましょうが、中長期的な視点で投稿します。 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、日本の国民年金と厚生年金の積立金の管理・運用を担当する、世界最大の年金基金です。あまりの巨大さから、俗に「クジラ」とも呼ばれています。 GPIFの年金資産運用の基本的な考え方は、分散・長期投資の王道ともいえ、個人にとっても老後資金形成の参考になります。 2020/3/31、GPIFは2020年度から5年間の基本ポートフォリオを公表しました。 分散・長期投資を前提としたポートフォリオを構築するとき、運用するア…

  • ある会社員の金融資産残高推移(1999/4/30~2020/3/31)

    つい先日の2月中旬まで、昨年来の好調な相場が続いていましたが、その後、まさかのコロナショック...。 2月高値から見た私のドローダウンの額は、3月某日、DCを含めて一時1,000万円を超えました。(>_<) この額は、私のポートフォリオのVaR(Value at Risk:最大損失想定額)におおむね一致する額です。 自分で計算した「期間1年間に確率99%の範囲内で発生するVaR」です。 「100年のうち1年の生起確率」で計算したので、もし、来年の2月が今年3月と同じ水準であれば、まさに「100年に一度の事態」といえます。 さて、時季が来ましたので、あまり気が進みませんが (-_-) 、私の金融…

  • 所得税、還付されました

    3/2、e-Taxで確定申告したところ、本日(3/23)、還付を受けました。 確定申告で初めてe-Taxを利用した2年前は、 申告:2018/2/12 還付:2018/3/2 1年前は、 申告:2019/2/24 還付:2019/3/11 e-Tax 3回目の今回は、 申告:2020/3/2 還付:2020/3/23 となりました(今回の還付金額は107,907円と、そこそこの額でしたが、今月の相場では『焼け石に水』です...。 ^^; )。 「国税庁 確定申告書等作成コーナー」のシステム仕様が毎年改善されていることにはかなり前から気づいており、感心しています。 今回は「マイナポータル」との連…

  • 損出しクロス取引とリバランス

    「コロナショック」。 私は2/28(金)に「買い下がり」を開始し、3/6(金)、3/9(月)、3/11(水)と続けてきました。 テクニカルにはどう見ても下げ過ぎのオーバーシュートであるにもかかわらず、下げ止まりませんね。 昨日3/12(木)は、単なる買い増しだけでなく「損出しクロス取引」も組み合わせ始めました。 いま、前場が引けたところでこの記事を書いていますが、このままいけば本日3/13(金)も実施することになりそうです。 私は、投資信託を定時定額で購入する「積立投資」以外に、内外の株価指数や米ドルなどの下落局面で投資信託をちびちびと買い増す(買い下がる)ことがあります(「積立投資」に対し、…

  • 年金改革法案の施行時期情報

    このブログで何度か取り上げている年金改革法案について、政府は、3/3に閣議決定し、引き続き今国会での法案成立を目指しています。 施行の時期について、前回、「一部の規定を除いて、2022/4/1施行を予定」と投稿しました。読者の方から質問がありましたので、今回、施行の時期について補足します(丸囲み数字は、前回の記事に合わせています)。 2022年4月 ③受給開始時期の選択肢の拡大 本人が選択する公的年金の受給開始時期を、現行の「60~70歳」から「60~75歳」に拡大する。 ②在職中の年金受給の在り方の見直し 働くと(おおむねフルタイムで雇われると)厚生年金が減額される「在職老齢年金(在老)制度…

カテゴリー一覧
商用