1と2と3と
住所
出身
ハンドル名
1と2と3とさん
ブログタイトル
1と2と3と
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/2323goo_001
ブログ紹介文
山に登ったこと、パソコンのこと、ケガをしたこと・・・ 元々は自分誌だったものが、最近はボケ防止に様
自由文
-
更新頻度(1年)

34回 / 323日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/10/31

1と2と3とさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,546サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,976サイト
70代オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,546サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,976サイト
70代オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,546サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,976サイト
70代オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33サイト

1と2と3とさんのブログ記事

1件〜30件

  • 後期高齢者1と2と3と「スズメバチ対策 効果確認2」

    先週に続いてプラ製オニヤンマの蜂除け効果に長野県阿智村の富士見台高原(1739m)を歩いてきた。帽子に付けたトンボに気付いたハイカーは一様に「へぇー」とか言いながら購入先を尋ねて興味津々の様子だった。肝心の効果の方は「一応効果あり」だったが、データー不足で結論は暫し持ち越し頂上広場で蜂が一匹まとわりついて来て、プラ製トンボに付いたり離れたりしていたがそのうちにツ―っと飛び去った・・・これって効果があったのか馬鹿らしくなったのか不明蜂除け効果確認はそこそこに、ヒンヤリと秋を感じる高原の風にリハビリ効果はアリでした。富士見台高原は標高1739mと高いが、1600mまではロープウェイとリフト2回乗り継いであっという間です(15分+7分+7分)+α。スタート:ロープウェイ山頂駅標高800m標高1400mの山頂駅まで15...後期高齢者1と2と3と「スズメバチ対策効果確認2」

  • 後期高齢者1と2と3と「スズメバチ対策 効果確認」

    早速出掛けて来ました。山仲間6人が燕岳縦走前の足慣らしに近くの低山に登ると云うので同行させて貰った。帽子に付けたプラ製トンボに興味が集まり、実はかくかくしかじか(斯々然々)と話すとその場で5人分の受注を受けた・・・山好きは野次馬精神が旺盛なんデス当日は一匹の蜂も現れなかったが、薄曇りで蜂やアブの飛来しない環境だったのかプラ製オニヤンマの効果だったのか本日のところでは確かではなかった。(明日は長野県阿智村の富士見台高原で試してみる予定)あらたな知識ゲット・・・ドングリの葉が落ちてくる不思議な光景に出会う正確に言うとコナラの枝先が,2~3枚青い葉と実が付いたまま落ちてくるしかも枝の大きさがどれも同じで、枝の切り口がスパッとしていて折れたものではない。仲間の中に"花博士"と呼ばれる物知りがいて、詳しい説明を受け一枝持...後期高齢者1と2と3と「スズメバチ対策効果確認」

  • 後期高齢者1と2と3と「スズメバチ対策グッズ」

    植物観察に行ってきた山仲間がいい情報をくれた。トンボを(本物)帽子に付けて山に登ってる人に出会ったとかで、聞けば「これを帽子やリュックに付けてると蜂除けになる」そうで、トンボは蜂の天敵なんだってスズメバチに限らずアブや蚊、カメムシの類にも有効で、トンボは大きなオニヤンマが一番だとも低山の山歩きでは必ずアブや蜂に悩まされ、殊ににスズメバチはその痛さも経験済みで次に刺されれたら命もヤバイって言われてるんで、疑心暗鬼ながら早速探しました。ありましたありましたネットで売ってました。早速、明日山に行って試してみよう軒先に吊るしても"虫コナ~イ"そうです後期高齢者1と2と3と「スズメバチ対策グッズ」

  • 後期高齢者1と2と3と「下呂 小坂の滝めぐり」

    今週もリハビリ歩きで下呂市の小坂町にある"滝めぐり"の一部を歩いてきた。200もの滝が点在する中の一番お手軽な「三ツ滝コース」は、遥か昔の御嶽山噴火で流れ出た溶岩流の先端が露呈した日本一の断面だとかでその名も「厳立がんだて」と言う巌壁が見もの。「厳立の前は「がんたて公園」で駐車場と休憩茶屋があり、300円の環境維持費を払って滝めぐりのスタートです。ちょっとアブナイ橋を渡って滝を眺めながら「厳立」の上に登っていくと、溶岩台地に出る。溶岩台地に登ると標高780mで気温23度(手元高度計)でヒンヤリ涼しい・・・が、「鐘を鳴らしてから通行」の看板出現。レールの切片と金槌が設置してあるのでカンカン鳴らして進むと「どんびき平」と云う湿原に出る。「どんびき」ってなに若者言葉の「ドン引き」は白ける、カメラでいう「ドン引き」は望...後期高齢者1と2と3と「下呂小坂の滝めぐり」

  • 後期高齢者1と2と3と「鳳来寺山の今昔」

    先週に続いてリハビリ登山で「鳳来寺山684m」に行ってみた。30年も前にぶらりと訪ねてお茶を所望した僧坊「松高院」のお庫裡さん(おくり=僧侶の奥さん)と出会った話を思い出しながら、鳳来寺の「僧坊」って幾つ位あるのか数えながら登ってみた。現在、僧坊の外観が残っているのは「松高院」と「医王院」の二つだけど、30年前の「松高院」ではお庫裡さんが一人で住んでおられ、朝な夕なに1425段の石段を登り下って本堂(鳳来寺)まで食事を届けていたと言う・・・徳川家隆盛の時代は東照宮近くに「増道院」の名で守役を務めていたそうで、今の場所に移り「松高院」となっても昔の流れで??「鳳来寺」に食事を届けているって言っておられた。・・・・立ち寄った30年前はそのお庫裡さんの娘さんが東京赤羽に住んでおられるとかで、自分も赤羽駅を利用するサラ...後期高齢者1と2と3と「鳳来寺山の今昔」

  • 後期高齢者1と2と3と「懐かしい記憶 」

    前回アップした茶臼山のブログで懐かしい記憶がよみがえりました。“自由の丘”で撮った一枚・・・どこかで出合った景色だと思っていたら8年前の福祉の催しで、所属クラブのブース案内用にベニヤ板に描いた絵でした。8年前に描いた看板絵イメージが似ている茶臼山の一枚と懐かしい看板絵あの頃は・・・真冬とは思えない一月の暖かな日曜日。毎日出掛けていたデイサービスもこの日は休日で、何とか洗濯物を干し終わった車イスから私の絵が描きあがるのを眺めながら「その土手の向こう側は何があるの?歩きたいなぁ」とまさかその一年後に逝くなんて思いもしなかったが、その時「なんだかチョット寂しい絵」とも言った。奇しくもお盆のこの時期に、今は星の下に戻った妻との“あの頃”を辿りながら高校野球を観ている。後期高齢者1と2と3と「懐かしい記憶」

  • 後期高齢者1と2と3と「ブラリ山歩 (さんぽ)」

    台風10号接近と前立腺治療後とあって、今年のお盆休みは近場でブラリ山歩(散歩)です。芝桜が終わって賑わいも一段落した「茶臼山高原スキー場」は、標高1200mまで車で行けるので山に登る感覚は無く、ブラリ歩きには最適なところでした。駐車場のある矢筈池辺りは標高が1200mあり、風がとても地良いこの左側が芝桜のある萩太郎山スキー場1358m、右側が茶臼山1415mの高原が広がる。先ずはスキーリフトで萩太郎山に上がり、そこから茶臼山頂上まで2kmほどを歩くお手軽コース。片道¥500円のスキーリフトリフトの終点はサンパチェンスが植えられていて夏空が似合う左手は芝桜で賑わった芝桜広場・・・9種類の芝桜の中の一つ“スカーレットフレーム”の立て札だけがポツンと萩太郎山の真向かいに「茶臼山」が見え、ここからユックリ歩いて1時間ほ...後期高齢者1と2と3と「ブラリ山歩(さんぽ)」

  • 後期高齢者1と2と3と「撤退」

    陽子線治療が終わって10日経った日曜日(8/4)。午前9時には既に29度治療終了と同時に排尿改善のための薬を止めていたが、昨夜は我慢の限界で一服飲んで寝た。朝起きると頭がスーっと抜ける感じでちょっとフラツキ気味。それでも体力の回復具合を試したくて直ぐ近くの低山に出掛けてみたが車を降りた段階で異常な発汗オカシイなと思ったが登山口迄の林道を歩き始めて15分くらいで全身汗びっしょり29度の直射を遮る木立も無いササっ原を、掻き分け掻き分けしながら行くが軽いめまいがする。保冷シートで頭を冷やし、スポーツドリンクと食塩で脱水を防ぐも効果なく途中撤退を決めた。撤退記念にと写真1枚撮って引き返す・・・残念だが仕方無い家に戻って荷物を下していてカメラを忘れて来たことに気付いて、再び山へ・・・ありましたそんなチョンボの翌朝(8/5...後期高齢者1と2と3と「撤退」

  • 後期高齢者1と2と3と「前立腺癌治療を終えて」

    土日を除いて毎日通った2ケ月間、昨日(7/25)で陽子線治療が終わった。これから5年間の長丁場になるが、3ケ月間隔の診察で再発などのデーター取りに協力することになる。なににも増して最新の治療が受けらたことの充実感と治療が終わった解放感で、今朝は久し振りに気分がイイ。この間、草取りの出来なかった庭は、好き放題に伸びた夏草で蛇でもいないかと分け入るのを躊躇うほどに荒ている。が、それでも百日紅(さるすべり)やセミの抜け殻を見ると季節の移ろいの中に元気で居られることの喜びと重みを想う・・・ありがとう後期高齢者1と2と3と「前立腺癌治療を終えて」

  • 後期高齢者1と2と3と「前立腺癌治療状況5」

    今日(7/23)を入れて後3回で陽子線治療が終了する。通院の束縛から解放されるのが一番の期待ごとと同時に、体力の低下が気になる。待ちきれずに21日の日曜日、近くの山に体力低下の程度を知りたいと行ってきた。何せゴミ出しに行くだけでも心拍数が上がって汗が全身に滲みだす有り様なんで、途中撤退も頭に入れて出掛けた。風もなく梅雨空の樹林帯は蒸し風呂そのモノで、入山して10分もすると鼻の頭から汗がポタポタと落ちる。ハァーハァーと口で息をしなければとても前に進めず、10分か15分歩いては止まり水分補給や塩分補給など今までに経験しなかった“休憩”を余儀なくされたが、心肺機能の低下以外は大丈夫そうだ。途中、下山してくる山の仲間数人に出会い「ユックリ無理するな」とか「秋には一緒に行こうよ」とか声援を貰い通常の1.5倍の3時間をかけ...後期高齢者1と2と3と「前立腺癌治療状況5」

  • 後期高齢者1と2と3と「前立腺癌治療状況4」

    陽子線治療も終盤を迎えてもう一頑張りまで来た。元々自覚症状が無かったので、治療効果があるのか無いのか自分では分からないが体調がその日その日で良かったり悪かったりするので、終了する今月末が待ち遠しい。勿論これですべての治療が終わるのでは無く、排尿障害改善薬の短期服用やホルモン療法の継続、経過観察などが複数年必要だとは言われているが日々の体調異変は解消する。今一番の困りごとは、事前に聞いていた「排尿」だ薬を飲まなきゃ全く出ない飲めば血圧低下でフラフラ薬を3度変えて、現在は十分ではないが何とか耐えられるレベルに到達。ネットの“お薬情報”では、ありとあらゆる副作用が挙げられているが、体感したのは以下の内容で排尿改善効果の大きい薬ほど副作用も大きいと云う、当たり前と言われても困る結果。・立ち眩み・頭がボー・食後や歩行後の...後期高齢者1と2と3と「前立腺癌治療状況4」

  • 後期高齢者1と2と3と「ハチ退治の新兵器は効く」

    今の時期になると軒下にハチが姿を見せるが、巣を作られないか気にしていたら案の定やって来た二年前にスズメバチの襲撃に会ってからは「ハチ憎し」の憎悪の炎を燃やし続け見付けるごとに大きなポリ袋を被って退治してきた。一昨日、ガス器具の点検にやって来たガス屋さん帰り際に「ハチの巣があるから・・・」となんか嬉しくなった。この日のためにと買い置いたハチ専用殺虫剤を試す時が来たッと。(表示には3~4mが最適とあるが)2メートルあたりから噴射スゴイ瞬殺即死素晴らしいィィ~次の試し打ちが待ち遠しい後期高齢者1と2と3と「ハチ退治の新兵器は効く」

  • 前立腺癌治療状況3

    治療経過はどうか?と言っても自分では分かりませんが担当医師(センター長)からの説明では「順調です」と言うことだった。X線ホモセラピーから陽子線治療に変えた最大の理由は治療後の再発を含めた合併症を出来るだけ抑えたかったと云うわけ。今日で13/39回の照射を受けたが、少しづつ身体に変化が出て来た。事前に知らされていたことは以下の5項目ほどだが、最初に現れたのが1の「排尿困難」1.排尿困難(時間延長、痛み、切迫感、山尿感、勢いの低下)2.血尿3.血便4.皮膚色の変色5.疲労照射5回を過ぎて変化を感じ7回目からは痛みと苦しさが加わり、ついに降参。薬を貰って一夜にして修復出来た・・・・薬はエライ10回目が済んだ頃から発現したのが5の「疲労」治療を済ませて帰宅すると、どっと疲れを感じて椅子に掛けて2時間ほどは動きたくない。...前立腺癌治療状況3

  • 前立腺癌治療状況2

    前立腺初心者は医師の言葉が分からない:治療を受けるに際し「同意書」に署名して下さいと渡された「説明文書」「前立腺癌に対する陽子線治療を受けられる患者さん、ご家族のみなさんへ」こんなん読んで分かる患者がいるのだろうか?ましてやこの病気、60歳超の高齢者が殆んどなのに・・・でも、理解しないと治療の先が見えてこないので一生懸命にネット検索に励む。先ずは告げられた「病期の状態」説明文。・診断名:前立腺癌・病期・病態・組織型など:CICC7版:T2CN0M0ステージⅡ生検前PSA値:48.1ng/mlグリーソン・スコア:(3)+(4)=7リスク分類:高リスク難解でしょう!?調べて分かったこと:「もう少し早く発見できていたら、遺言書の書き方勉強しなくて済んだのに」デシタ!*CICC7版:UnionforInternatio...前立腺癌治療状況2

  • 前立腺癌治療状況1

    昨日(R1.06.06)で4回目の陽子線照射が済み、治療の手順や体調変化など少しづつ分って来た処で今の状況をブログに残しておこう。陽子線センターの様子:(写真は許可を得て使用しています)先ずはお世話になっている陽子線担当スタッフの皆さんと照射装置。陽子線治療システムは世界No.1メーカーのIBA社(ベルギー)の「PROTEUS®ONE」。CT装置とスタッフの皆さん施設全体がIBA社のシステム構成になっている(・・・60億円もするとか!!)メインの照射装置ガントリーがこれ。覆いを取ったガントリーを説明するT技師日本にはまだ18ケ所しかない陽子線治療施設で治療が受けられるとは、なんと幸運なことか。陽子線に関する学会の文献を読んだりしながら、技術的なことに併せて、自身の前立腺ガンがどのように変化するのか・・・興味津々...前立腺癌治療状況1

  • 最先端の医療技術に感動

    ◆前立腺ガンの疑い:昨年、秋の健康診断で胃の影(昔の胃潰瘍跡)を指摘されたことが発端で、ついでに受けた血液検査で前立腺ガンを疑う数値(PSA値)が出てビックリ!(2018.10.05)この歳におけるPSA値は通常4以下であるところが39.3で、ガンの疑い濃厚!!CTやMRI撮ったりしたがいずれも分からない・・・(ガンじゃないかもって淡い期待を抱いた)がPSA値は依然40前後なので細胞を顕微鏡検査で調べる「生検」を実施してガンが確実になった。この際、骨など他臓器への転移の無いことも分かりホッとした(2019.01.15)。◆治療方法の選択:居住地近辺では摘出手術か放射線(X線)治療が可能。電車で1~2時間ほどのところなら別の治療方法も可能。放射線も別の方法も治療効果に大きな違いはないとの説明で、車で40分のN病院...最先端の医療技術に感動

  • 後期高齢者1と2と3と「GW貧乏旅行」

    今年のGWも相変わらずの車中泊で貧乏旅行2年前の夏に出掛けた「石鎚山いしづちさん」が時間的な事情で叶わず今回再挑戦で行ってきた1日目:神戸の街巡り2日目:阿波の見所・一番札所「霊山寺」,「阿波おどり会館」,「眉山」,「阿波の土柱」3日目:石鎚山登山4日目:室戸岬灯台5日目:予備日1日目:神戸に興味はないが相方の希望で取り敢えず行った北野工房、異人館、復興なった三宮・元町・中華街を食べ歩き神戸の街風見鶏の館2日目:四国お遍路一番札所「霊山寺りょうざんじ」裸で何を拝んでんだろう??拝む目線の先は?誰この人「阿波おどり会館」で阿波踊りのレッスン?会館裏の眉山(びざん)に上がってみたが特記事項なし「阿波の土柱」って・・・「どちゅう」の文字に釣られて行ってみた「世界三大土柱」でだそうですがただの崖崩れ跡みたいでその価値が...後期高齢者1と2と3と「GW貧乏旅行」

  • 後期高齢者1と2と3と「雨生山 うぶさん」

    桜が終わっていつもの静かな山に戻った雨生山これからは蛇紋岩植生の山肌に咲く山野の花が楽しめます昨日も昼過ぎからカメラ片手に3時間プラッと行ってきた後期高齢者1と2と3と「雨生山うぶさん」

  • 今年も咲いたよ

    東海道中膝栗毛・・・・弥次喜多道中記に出てくる御油・赤坂宿に近い所に萩という町がある“町”になっても昔の“萩村”と何も変わらない静かな山里です。そこを流れる山蔭川の堤は春になるとそれは見事な桜が咲きます。車いすの上から「また来年も・・・」と言っていたのに…その桜花を愛でることなく旅立って7年が経った惜別の情は歳を取るごとに深まるようで今年も始めて訪ねたその日に合わせて出掛けてきた。「今年も咲いたよ」今年も咲いたよ

  • 後期高齢者1と2と3と「川売の梅花まつり」

    奥三河の川売(かおれ)地区の梅花まつりに行ってきた(3月3日)川売は「日本のふるさと百選」にも選ばれ日本の原風景が残る里山。とは云うものの賑わうのは今のこの時期だけかも知れない・・・普段は13戸ほどの靜かな集落で、たまに宇連山に登るハイカーの車が通るくらいで、「年々村も歳を取る」と言う梅作りのKさん。そのKさんも昨年末に亡くなられ、今年は梅まつりが開催出来ないのでは?と懸念されたが娘さんが運営を引き継いで無事に開催出来たとのことでした。そのKさんの作る「梅肉エキス」を買いながら今年も出掛けて行きました。(梅肉エキスは山行時の常備薬で手放せないが、ン年前は今の値段で3ケ買えたけど・・・)全国の著名な梅見処と川売の梅はちょっと違って、川売の梅は生活の糧にする“食べる梅”だから花が白く艶やかさはないが、これが却って自...後期高齢者1と2と3と「川売の梅花まつり」

  • 後期高齢者1と2と3と「排水管高圧洗浄キャンペーン・・・」チラシ

    こんなチラシがポストに入って居ました→「排水管高圧洗浄キャンペーンのお知らせ」近頃は高齢者を狙ったあの手この手のダマシが横行しておりこのヤローって感じで調べてみたところ、ヤッパリって結果デシタ皆さんもこのチラシが届いたら取り敢えず「無視」がお勧めです。必要なら各都市の下水道課に言えば答えが出ます・・・豊橋市の例・・・豊川市の場合先ずは「(有)ホームエクスプレス」って会社:横浜市にあって排水工事などを手掛け横浜市の排水指定工事店(指定番号11586)を掲げているものの、詐欺集団の常とう手段になっている0120で始まるフリー電話しか明かさないことが怪しい。関連企業と称す施工会社の名前がコロコロ変わっていて、今は消えているところもあり。1.関連会社:(有)プロンプト、(有)ジェイスタイル、(有)MBSテクニカル、(有...後期高齢者1と2と3と「排水管高圧洗浄キャンペーン・・・」チラシ

  • 後期高齢者1と2と3と「臨海緑地 の公園」

    春めいてきた日射しに誘われて、豊橋市の臨海緑地に行ってきた以前ここでハゼ釣りや野球を楽しんだ場所でもあり懐かしさで寄ってみた駐車場に入るとかなり大柄な猫がジッとこちらを見ている以前箱根の山でネコに咬み付かれそうになったことを思い出してちょっとビビる猫に近付くと奥の樹林帯に向かってスタスタと歩き出したので後について行くすると樹林帯に入る遊歩道脇に何やら張り紙が・・・更に進むと・・・・あらたな猫がいた散策には恰好の木々の道なのにやたらと「犬・猫捨てるな」の張り紙があって何やら異質な景色がもっと良く見ると・・・ホームレスの生活跡かゴミ箱らしきものがあっちこっちに点々と置かれている近寄って見るとこんな張り紙が・・・猫の餌やりのためのBOXでした動物愛護の観点で維持管理をしておられる方々にはご苦労様ですこの区域海側からは...後期高齢者1と2と3と「臨海緑地の公園」

  • 後期高齢者1と2と3と「久し振りの本宮山」

    去年の9月以来ご無沙汰していた本宮山(789m)に行ってきた家から7分と近過ぎて却ってご無沙汰してる。今回はいつもと違う「国見岩コース」を歩いたが、出会った人はゼロ人「そんなコース知らない」って人が多いのかも知れないが、距離的には一般登山道の倍近い12kmあるので敬遠されるのかもちょっとした鎖場もあり僅かに残った雪もありで結構楽しかった。僅かに雪の跡が残る頂上(ドサッと降るのを期待してるのだが・・)後期高齢者1と2と3と「久し振りの本宮山」

  • 後期高齢者1と2と3と「登って来ました」

    1月18日:今月12日の新聞(地方版)で紹介されていた夏焼城ケ山(なつやけじょうがさん)」に登ってきた。889mと高いが登山口の大井平公園が530mの高地なので標高差は僅か400m足らずで、頂上まで新聞の記事通り1時間20分でらく~に登れるイイ山でした。道標には「夏焼」の文字は無く「城ケ山」となっていて何故??って思っていたら直ぐ隣にもう一つ「城ケ山」があり、区別のために町名を冠して呼ぶんだそうです今回の城ケ山は「夏焼(町)城ケ山」で、隣の城ケ山は「中当(町)城ケ山」でした新聞で紹介のあった頂上展望台毎年の元旦には、温かいお汁粉や焼き餅などを振る舞う元日登山のイベントがあって頂上展望台にはその写真が貼ってあった。また太平洋戦争当時は防空監視哨も置かれていたとの写真も貼ってある頂上からの展望は確かに御嶽山や恵那山...後期高齢者1と2と3と「登って来ました」

  • 後期高齢者1と2と3と「年賀素材探し」

    新年あけましておめでとうございます・・・集めた素材から(三保の松原)今年の年賀状を出してしまってから、それも年末30日になって「ふと」思い立って素材探しに出掛けてきた12月30日:19:30日自宅を出発→22:30海老名SA車中泊12月31日:7:00海老名SA発→8:00上野駅P→ここからは首からカメラをぶら下げた“おのぼりさん”スタイルで電車に乗ってあっちこっち歩き回る・・・その距離16.7km→東京スカイツリー→浅草寺→増上寺/芝公園→東京タワー→池袋サンシャイン→護国寺周辺→上野公園→足柄SAでお風呂に入って車中泊1月1日:6:30足柄SA発→富士川SA→三保の松原→大崩れ海岸→御前崎灯台→帰宅1月2日:集めた素材を年賀状に加工して新規分を投函以下集めた素材【墨田川1】【墨田川2】【スカイツリー1】【ス...後期高齢者1と2と3と「年賀素材探し」

  • 後期高齢者1と2と3と「検査入院その後」

    12月26日:検査結果は黒「癌がありました治療方法は4つある」と、説明書を前に話を聞いた問題は癌の転移の有無と云うことで明日から来月半ばにかけて検査が始まる。転移がなければほぼ毎日2ケ月間の放射線治療(IMRT強度変調放射線治療)が出来るが転移がある場合は・・・今は考えたくない選択肢しか無い。・・・だがそれも考えなくてはならない現実がある。家に戻って真っ先に思ったのが、先に逝った相方のこと治療の方法も無い難病を知らされて23年間・・・嘆くことも無く沈むこともなく見事な生涯を全うした生き様だった(きっと見えない所で泣き一人耐えたんだと・・・分かっている)その生き様を手本に自分らしく・・・と自分に言い聞かせるそのことを天国の相方に出す年賀状に書いて投函した後期高齢者1と2と3と「検査入院その後」

  • 後期高齢者1と2と3と「パワーポイントに動画」

    残り一週間ともなると年内に区切りをつけるべく師が走るようで今年からPTAの役員になったSさん「今年のPTA活動総括」を引き受けて寸暇を惜しんで走っておられる。大型スクリーンに投影してカッコよく報告するのが今時のPTAだとかパソコン素人だったSさん、3ケ月前にパソコン買っていきなりパワーポイントに挑戦して、今日が最後の総仕上げになった。現役を離れて久しい自分にとっても良い勉強になったのが動画の挿入テク何が…というと動画の記録形式とパワーポイントには相性があるってこと動画撮影にはビデオカメラありスマホあり、カメラありでそこで撮られた動画の記録形式(ファイル形式)も様々ありいざパワーポイントに組み込む段階ではこれが大事。今回のパワーポイントのバージョン[PowerPoint2010]の場合MP4形式の動画が挿入できな...後期高齢者1と2と3と「パワーポイントに動画」

  • 後期高齢者1と2と3と「検査入院」

    12月12日:2泊3日の検査入院8月の健康診断で胃に何やら写っているとのことで胃腸内科を訪ねたら10年前の胃潰瘍跡で異常なし念の為にと血液検査とエコー診断の結果、血中のPSA値が48と高く(正常値は4ng/ml以下)80%の確率で前立腺ガンの可能性と言われた紹介状片手に泌尿器科でCT、MRI、エコーの診察をするもいずれも??更に詳しくと云うことで前立腺組織の一部を採って顕微鏡で調べる「生検」を受けるために2泊3日の検査入院となった。「生検」は確定診断とも言われ、ガンか否かが確定できるそうで結果が待たれる。場合に因り更に詳しく調べるため今後の病理組織検査金額一覧表も渡された。事前に痛ぁ~い検査だと聞かされていたので落ち着かなかったがそれにしても医療機器の進歩は素晴らしい局所麻酔を右側に1本左に1本打って、直ぐさま...後期高齢者1と2と3と「検査入院」

  • 後期高齢者1と2と3と「晩秋の飯田街道」

    11月25日:晩秋の飯田街道(国道153号線)ドライブ紅葉のタイミングを逸してしまい、遅ればせながら信州路をドライブしてきた中央高速で飯田に出て、そこから一般道のR153→R257を回って戻るコ―スです。飯田IC近くのリンゴ農家に寄って一息入れ、土産に「サン富士」を購入。吊るし柿になり損ねた柿が秋の終わりを告げているリンゴ街道からR153号を走り稲武でR257号線に入って大井平に寄った。・・・が今年は紅葉の時期が早かったようでほぼ枯れ葉状態。前回訪問の印象そのままに訪ねたので、ちょっと拍子抜け記憶に残っていた「稲武の秋」今年の「大井平公園もみじまつり」は11/3~25だったが、予定を繰り上げて店じまい人気のない「大井平公園もみじ祭り」最終日(11月25日)靜かな大井平公園も見方を変えるとまたイイ。これぞ晩秋って...後期高齢者1と2と3と「晩秋の飯田街道」

  • 後期高齢者1と2と3と「尾鷲2Day Walk」

    11月17~18日:「おわせ海・山ツーデーウォーク」に参加尾鷲市恒例の年一回イベントで、街中巡りから熊野古道全踏破までの五コースの中から好きに選んで二日間かけて歩きます。今回も前回と同様に熊野古道全踏破36Kmコースを選択。一日目は熊野古道センターから馬越峠(325m)を越えて尾鷲湾に沿った山道を周回して熊野古道センターに戻るもので制限時間は7.5時間(午後4時タイムアウト)で23kmを歩きます二日目は熊野古道センターから紀勢線・大曽根浦駅まで歩き、そこから二つ目の三木里駅まで電車に乗ると八鬼山(647m)登山口に・・・今日の制限時間も7.5時間(午後4時タイムアウト)で13kmを歩くが石畳が続く古道は滑り易くて気が抜けません1日目(11/17)馬越峠コース:開会式8:30出発します8:30熊野古道は苔蒸す石畳...後期高齢者1と2と3と「尾鷲2DayWalk」