searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

馬 能力主義さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
馬 能力主義
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/horse_meritocracy
ブログ紹介文
馬の能力を過去レースより分析。人気馬の信頼度や穴馬の盲点を見極める
更新頻度(1年)

207回 / 365日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2018/10/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、馬 能力主義さんの読者になりませんか?

ハンドル名
馬 能力主義さん
ブログタイトル
馬 能力主義
更新頻度
207回 / 365日(平均4.0回/週)
読者になる
馬 能力主義

馬 能力主義さんの新着記事

1件〜30件

  • 8月10日 盛岡競馬場 クラスターC

    ■盛岡競馬11R◾jpnⅢクラスターC◆圧倒的前有利の展開で、地方適正がいまいちな、マテラスカイでも、ここは連軸不動。好配当を狙うなら、マテラスカイの2,3着付けか。逆転の一番手は○対抗地方適正は立証済みで昨年もヤマニンアンプリメの2着、マテラスカイ逆転も難しくはない。▲単穴浦和スプリント制して、まだまだ他の地方馬とは力差かあるところを見せつけた。強いのが何頭かいるが、食い込み注意。☆トップウイナー前走はプロキオンSで5着と、地力強化は明らか。地方への適正が未知数だけにこの人気は少し嫌いたい。△は実力馬も展開待ちのメイショウアイアン、そろそろ走りごろの、△ショーム△マテラスカイを追いかけすぎなければ残り目、△アユツリオヤジ◎マテラスカイ○対抗▲単穴☆トップウイナー△メイショウアイアン△ショーム△アユツ...8月10日盛岡競馬場クラスターC

  • 8月9日 新潟競馬場 レパードS

    ■新潟競馬11R◾GⅢレパードS◆雨は止んだようですが、不良馬場で早い時計決着濃厚。◎本命前前走は砂を被り、完全にやる気を逸した競馬で度外視、前走はあっさり巻き返して本来の姿。パワフルな先行力がウリで、まだまだよくなる余地がありそうな馬体。ここは先物買いといく。○対抗前走はカフェファラオには離されたが、直線だけの競馬でごぼう抜きで2着。ここにはいれば格上的存在。力は上も▲単穴ラインベック初ダートの前走は適正を示した結果。芝で足りないスピードを補った形だが、まだまだ課題はある。やや人気になりすぎている嫌いがあり、ここが試金石。☆ミヤジコクオウ前走は期待を裏切った形だが、初地方、初ナイターで言い訳はできるが……巻き返して不思議はないが、それほど抜けているわけでもなさそう。力を出しきれれば上位争い。△メイショウタ...8月9日新潟競馬場レパードS

  • 8月9日 札幌競馬場 エルムS

    ■札幌競馬11R◾GⅢエルムS◆実力伯仲でどこからでも狙えそうなメンバーだが、◎本命実に1年ぶりの競馬、初のダートでjpnⅠ級のサンライズノヴァ、ヤマニンアンプリメの間に入ってみた底力は見事の一言。3歳時のクラシック3冠レースでも4,4,3着の実力馬。もう一花咲かせるためには2戦目のここで結果を残したい所。○対抗こちらもGⅠホルダーの実力者。元々ダートへの適正は高く強豪相手にソコソコの結果を残していたが、メンバー弱化の前走で近走の鬱憤をはらすような走り。ここはやや骨っぽい相手も勢いがついた今なら再度の好走も。▲単穴リアンヴェリテ前走は自分の形で逃げれずに大敗。ここはハナを切れそうなメンバーで、適正も高く、人気を落として狙いどころ。☆ハイランドピーク一時不調聴かんもあったが、ここ数戦は持ち直しており、...8月9日札幌競馬場エルムS

  • 8月2日 札幌競馬場 クイーンS

    ■札幌競馬11R■GⅢクイーンS◎本命昨年の3着順で言わずと知れた洋芝巧者。昨年スカーレットカラーとタイム差なしと考えれば、今年は1キロ貰いで人気を考えれば、妙味充分。○対抗ここへ来て本格化、連勝の内容も悪くない。斤量が52,54,から56となり、ここがひとつの課題も勢いで突破可能。▲単穴スカーレットカラー昨年の2着馬で洋芝は問題なし。ここ数戦はGⅠ以外では崩れておらず、巻き返し必至。☆ビーチサンバどうのってもあと一歩足りないが、相手弱化でくい込みの余地あり。あとは、相性◎の福島記念から、22着馬、△リープフラウミルヒ、一皮むけた感のある、△サムシングジャスト、前2走敗戦のいいわけがきく、(GⅠ左回り、不良馬場)、△コントラチェック◎カリビアンゴールド○フェアリーポルカ▲スカーレットカラー☆ヒ...8月2日札幌競馬場クイーンS

  • 7月29日 大井競馬場 マイルグランプリ

    ■大井競馬11R◾SⅡマイルグランプリ◆なかなかの好メンバーが揃いSⅡとは思えない顔ぶれ。単純に能力だけの比較ならば、ミューチャリー、ヒカリオーソが断然上位。しかし、両馬とも久々のマイル戦で他馬の付け入る隙はありそう。◎本命同じ4歳馬でも、順調に使われ、確実な成長力が目を見張る、同馬を本命視。2走前は崩れたが、逃げるサルサディオーネを追いかけすぎた事が敗因。前走はしっかりと建て直せたところにも今の充実ぶりの証。サルサディオーネを秤にかければ、ここは好勝負必至。○対抗コパノジャッキー地方移籍後3,1,1,1着の3連勝中。格下相手で楽勝の内容も、ここはぐんと相手が上がる。冒頭のミューチャリー、ヒカリオーソに隙がある分の対抗。勢いで突破可能も、崩れても驚けない。▲単穴前走は鼻出血後のレースで参考外。ここは...7月29日大井競馬場マイルグランプリ

  • 7月26日 新潟競馬場 アイビスSD

    ■新潟競馬場◾GⅢアイビスSD◆新潟1000直のスペシャリスト、◎ライオンボス別定戦も有利で枠順も前走より外でなお可。ポンっと出ればまず勝ち負け。○対抗1000m実績馬が強いが、スピード的に未経験でも通用しそうな同馬を対抗に抜擢。▲単穴1000mに実績があり、人気の盲点。前走より枠順の外で前進可能。☆ジョーカナチャン前走は全てがうまくいった感じで、今回は斤量増と実績馬よりも内枠になった点が気になる。★ダイメイプリンセス1000適正は高いが年齢的に前走からの上積み?あとは、変わり身があるとすればの2頭。昨年の2着馬、△カッパツハッチ差し比べになったときの△ナランフレグ◎ライオンボス○対抗▲単穴☆ジョーカナチャン★ダイメイプリンセス△カッパツハッチ△ナランフレグ7月26日新潟競馬場アイビスSD

  • 7月23日 浦和競馬場 プラチナC

    ■浦和競馬11R◾SⅢプラチナC◆ここは素直に、◎本命ベストマッチョ移籍初戦でブルドックボスと0,1差で、このメンツならば能力は1枚上で当然頭から狙う。相手も順当とみて、○対抗ダノンレジーナ前走は終始楽な手応えで4コーナー手前から仕掛けられると、余裕で抜け出すも、内からクインザヒーローに指し返された。これは単純に距離適正の差。距離短縮でクインザヒーローには逆転だろう。別定戦とはいえ、52キロも圧倒的有利。上位2頭が人気なのでセ、オリー的に3番手は少し捻りたい。▲単穴ワンパーセント昨年の同時期に比べるとやや物足りないが、ソコソコ走っており、流れが早くなれば出番がありそう。ソロソロ馬券内注意。☆クインザヒーロー脚質転換が功を奏し、ここ3戦は1,2,2着と安定。ここは展開的やや厳しいが、崩れるまで...7月23日浦和競馬場プラチナC

  • 7月22日 船橋競馬場 習志野きらっとスプリント

    ■船橋競馬11R◾SⅠ習志野きらっとスプリント◆SⅠに昇格して別定戦となり、実力馬が有利。中央一線級とも戦える、ノブワイリド、キャンドルグラスが56キロならばそうそうは崩れるイメージがない。2頭中心視でいい。昨年2着のアピアは能力的にはNo.3的存在だが、やはり約1年のブランクは小さくない。代わって狙いたいのは、新興勢力の▲単穴ポットギル元々力のある馬でここへ来て適距離の短距離へ軌道修正。1200以下は(2,5,2,2)、1000以下は(1,2,1,0)の安定感牝馬5頭出走の中で一番魅力がある。☆アザワク斤量的にはかなり有利で前走は地元北海道で強豪メイショウアイアンを破っての参戦。ただ、やや人気になりすぎている感があり、初の南関レース、初の左回りと気になる材料も。凡走もありうる。穴は人気が落ち...7月22日船橋競馬場習志野きらっとスプリント

  • 7月21日 盛岡競馬場 マーキュリーC

    ■盛岡競馬11R◾jpnⅢマーキュリーC◆ここは中央馬4頭と、紛れがあったときの地方馬2頭との争い濃厚。実績では断然の、◎本命叩き台のイメージが強かったフェブラリーS15着は度外視可能も、目標にしていたドバイが中止で、やや調整に狂いが生じたのも事実。斤量57キロは問題ないが、他の馬との比較で3キロ差は楽ではなさそう。が、それでも現時点で3番人気ならば、「買い」の判断。不利はあるが、能力的にはちょうどいいぐらいのハンデとみて、本命に推す。現時点で1,2番人気を争う、マスターフェンサーとヒストリーメーカー。この2頭は能力的にはほぼ互角、地方初、脚質も似ていて、甲乙はつけがたい。地方在り方(適正)を鑑みれば、どちらか一頭が馬券内のスタンスでいく。展開利が見込めるのは、☆穴!アポロテネシーの出方次第も、単騎逃げなら粘...7月21日盛岡競馬場マーキュリーC

  • 7月19日 阪神競馬場 中京記念

    ■阪神競馬11R◾GⅢ中京記念◎本命3歳時のNHKマイルCの覇者だが、以降勝ち星なし。潜在能力はあるが、歯がゆい競馬が続いたが、ここ3戦は復調気配を思わせる走り。ここは狙い時。○対抗早い時計でもそれなりに走るが、時計のかかる馬場の方が歓迎の口。地味な実績であまり人気にならないタイプも、実績はソコソコ積んで、強い馬達とも小差の競馬を続けてきた。3歳から息の長い活躍を見せており、歳でもなお健在。ベストは1400だが、思いきって対抗に抜擢する。個人的にも好きな馬なので是非とも頑張ってほしい。▲単穴ロードクエストこちらも実績は大分色褪せてしまったが、前前走のマイラーズCだけ走れば十分圏内。末脚勝負型ながら、右周りが得意でパワーも備えており、今の阪神もプラスなはず。◎本命○対抗▲単穴ロードクエスト☆ソーグリッタリ...7月19日阪神競馬場中京記念

  • 7月19日 函館競馬場 函館記念

    ■函館競馬11R◾GⅢ函館記念◎本命休み明けの巴賞で1人気7着。ルメール騎乗で過剰人気もあったが、レベル的には前走とさほど大きくはないはず、2キロ減でここまで人気落ちなら旨味しかない。○対抗レイエンダ血統面からも時計のかかる馬場向きも、さすがに前走は悪すぎたか。引き続きルメール、馬場適正を考えれば巻き返しがあっていい。▲単穴昨年の2着馬。大外枠で難しい競馬になりそうだが、主戦、丹内Jで人気的にも思いきった競馬ができるはず。こちらも枠で人気を落とすなら面白い存在。◎本命○レイエンダ▲単穴☆カウディーリョ△スズカロング△プレシャスブルー△バイオスパーク△ミスマンマミーア7月19日函館競馬場函館記念

  • 7月15日 川崎競馬場 スパーキングLC

    ■川崎競馬11R◾jpnⅢスパーキングLC◆アクシデントがない限り、ファッショニスタ、サルサディオーネの昨年1,2着馬同士の再戦が濃厚。展開的、枠的にもサルサディオーネが楽に先手を取れる。番手で追うファッショニスタがどこで動くかだろう。単穴に面白いのが、▲単穴地方生え抜きではあるが、ここへきての成長が著しい。前走などもかなりの協力メンバーの中で見せ場も作り4着。まえめで競馬ができるようになったのも充実の証。加えて重、不良馬場は鬼。大井専用機のイメージはあるが、昨年も3着とは小差の5着なら、ことしは割って入る可能性もあり、上記3頭大本線。☆メイクハッピールメール騎乗時は3戦3勝のパーフェクト。前走も不良馬場の中で快勝と緩い馬場適正も高い。後は、TCK女王杯でファッショニスタに先着している、△メモリーコウ...7月15日川崎競馬場スパーキングLC

  • 7月12日 福島競馬場 七夕記念

    ■福島競馬11R◾GⅢ七夕記念◆人気が割れに割れていて一筋縄ではいかず、超難解レース。もとより、能力云々よりも調子と勢いが大事な夏競馬。思いきった馬券戦術で挑みたい。◎本命(福島巧者)○対抗(右周り巧者)▲ジナンボー(能力最上位)☆ヒンドゥタイムズ△レッドローゼス(隠れ福島巧者)△バレリオ△ヴァンケドミンゴ△ブラヴァス7月12日福島競馬場七夕記念

  • 7月8日 大井競馬場 JDD

    ■大井競馬11R◾jpnⅠJDD◆直接的にも間接的にもほぼ、勝負付けが済んでいる、◎カフェファラオが断然の人気でも逆らえない。3連勝の内容がどれも圧巻で、素晴らしい。2番手は少し捻って、○対抗評価したいのは2走前、鳳雛Sで逃げたプレシオーソを追いかける展開。1000m通過59.8のハイペースを2番手で追走、4コーナーで前を捕らえて、残り100mまで粘って見せた。最後は中段に構えたミヤジコクオウに差しきられたが、プレシオーソ15着、3番手追走ヤウガウ、ダノンファラオがそれぞれ9着、14着の中、この2着は高価値。地方でここはハナを切れるメンバー構成。◎に早めにこられなければチャンスはある。ペースの鍵を握るのはカフェファラオ。前を早めに捕まえにいくようだと必然的に相手は差し馬で、この展開ならば、▲ミヤジコ...7月8日大井競馬場JDD

  • 7月5日 阪神競馬場 CBC賞

    ■阪神競馬11R◾GⅡCBC賞◆ここは能力差上下がはっきりしているメンバー構成。◎本命人気の盲点となるこの馬が妙味。前々走は約8ヶ月ぶり、京王杯予想の時にも触れたが、コメントちぐはぐで調教レース。京王杯は期待したが11着。距離も1ハロン長かったか。これだけ見ると狙いづらいが、そもそもが遠征競馬に実績がない。実に関東圏遠征は新馬戦の札幌で買ったものの,その後(0,0,0,4)叩き3戦目で地元競馬なら(4,2,5,2)。着外は2歳のGⅠ8着と前々走の長期休養明けのみ。ここは狙いすました一戦で、馬場こそ違えどCBC連覇の可能性もあるだろう。○対抗前走、高松宮記念は正直驚かされた。この馬、かなりの重馬場巧者とみる。小細工なくすすめる1200もあっている。今の阪神コースもぴったりの印象で、パワーを備えているので58キロも...7月5日阪神競馬場CBC賞

  • 7月5日福島競馬場 ラジオNIKKEI賞

    ■福島競馬11R◾GⅢラジオNIKKEI賞◆全12頭中10頭が前走1勝クラス。実力拮抗で難解、波乱にも備えたい。◎本命潜在能力という点ではこの馬がNo.1か。2戦2勝だが、内容的には粗削りで決して誉められたないようではないが、それゆえにまともならこのメンバーで、力は2枚上ではないでしょうか。前走なども前半掛かり通しも、最後まで脚取りしっかりと延びており、危なげのない勝利。力のない馬であればズルズルと後退していたでしょう。引き続きレーン騎乗もプラス材料。○対抗6戦して全て3着以内のパーフェクト。この安定性はこのメンバーで大きな武器。ひいらぎ賞で、スマイルカナのクビ差、3走前は皐月賞4着,ウインカーネリアンの2着、と、内容的にも高レベルで、レーンJが◎を選んだ分だけの下げた評価。▲単穴コスモインペリウム穴で一番...7月5日福島競馬場ラジオNIKKEI賞

  • 6月29日 宝塚劇場 回顧

    ◆残念ながら不的中に終わりました、宝塚記念。勝ちタイムは、2分13秒5。上がり最速はクロノジェネシスの36,3。次位は2着、キセキの37,2。如何にタフな馬場だったか、というタイムですね、ちょっとレベルの高いダートのような上がり時計(^-^;クロノジェネシスはこの馬場に対する適正が1番だったのは間違いないですが、他馬が苦戦したというのも事実。キセキは距離短縮がまず良かった。今回は馬群で折り合い重視、かかる面も見せず。武豊の騎乗も光った。馬場適正は台風直撃の泥んこ馬場だった菊花賞を悠々差しきった内容から得意分野だった。人気のサートゥルナーリアはもう最後はイッパイイッパイ。スタートこそ好発だったが、手応えは終始悪かった。1人気を背負っていただけに、とても誉められたないようではないが、手応え的には、よく4着ま...6月29日宝塚劇場回顧

  • 6月28日 阪神競馬場 宝塚記念 結論

    ■阪神競馬11R◾GⅠ宝塚記念結論として今年は堅い決着になるとみて、大本線、大本命で勝負!◎3連複1点!○3連複1点!▲3連複1点!3連複1点でまずは大勝負。以下紛れた際の押さえです。☆ペルシアンナイト△ダンビュライト△グローリーヴェイズ△ブラストワンピース☆ペルシアンナイト初距離でやや長いと思われるが、条件が一転、潜在能力はGⅠ級、変わり身に期待。△ダンビュライトこちらもセン馬2戦目で変わるならここ。重い馬場の適正は1,2を争い、先行脚質なのもプラス材料。△グローリーヴェイズ香港ヴァーズでラッキーライラックに先着。スタミナのある血統どはあるが、パワーがあるかといったら難しいところ。平坦巧者の可能性もあり、あくまでも能力的なおさえ。△ブラストワンピース言わずと知れた重い馬場巧...6月28日阪神競馬場宝塚記念結論

  • 6月25日 宝塚記念枠順確定!各馬の能力検証

    ◆春の総決算、宝塚記念の枠順が確定しましたね。今日は時間がありますので、各馬の能力検証をしていきたいと思います。①トーセンカンビーナ3歳以降は青葉賞15着を除けば掲示板を外していない堅実な走り。前々走、阪神大賞典で2着、前走天皇賞でも5着。着実に力はつけているでしょう。が、正直この2戦のメンバーレベルに疑問が残るのと、2戦連続3000超えのレースから2200の短縮はマイナス材料。加えてメンバーも大幅に強化となれば、苦戦は免れないか。②ペルシアンナイトペルシアンナイトと言えば、叩き良化型、マイラー、右回り巧者、といったイメージ。前走の安田記念は今年で3回目の挑戦で9着。これはまぁ予想内でしょう。そもそも東京コース(0,1,0,7)他関東県への遠征(0,1,0,3)実に3歳皐月賞2着のあとは(0,0,0,10...6月25日宝塚記念枠順確定!各馬の能力検証

  • 6月24日 大井競馬場 帝王賞

    ■大井競馬11R◾jpnⅠ帝王賞◆昨日は◎カプリフレイバー圧勝、5番手評価△プロンディーヴァ(9人気)の激走で馬単60倍も、3着抜けで、4着、5着が☆○だっただけに3単好配当を取り逃がす、悔しい結果に(>_<)気を取り直して、帝王賞に挑みたいと思います。本命は、このブログでも再三言ってきました、流石に皆さんも感じておられるかと思います、大井2000の申し子、◎本命まぁ、大井2000以前に右回りで(8,2,1,0)とパーフェクト。無類の強さです。不動の本命。対抗、単穴は本来の能力、実力、人気的に見てもルヴァンスレーヴ、クリソペリルで妥当なところですが、それぞれ死角あり。ルヴァンスレーヴはおよそ一年半もの間休養後の前走は失速の5着。当ブログでも危険視していた通りの結果でした。そして今回ですが、叩...6月24日大井競馬場帝王賞

  • 6月23日 大井競馬場 優駿スプリント

    ■大井競馬11R◾SⅡ優駿スプリント◆3走前の1600戦で崩れたものの1200戦では圧倒的な強さでまだ底を見せていない、◎カプリフレイバーを、素直に中心視。圧倒的なスピードが武器で、よほど無茶な競りかけがない限りは、首位有望。悪場馬もこなしているのも心強い。ただし、対抗以下は混戦模様。1つ狂えば波乱含み。○対抗距離短縮は間違いなくプラスとみて、この距離で大きく狙い打つ。強い相手と戦ってきた経験がここで生きるか。馬券妙味も充分。▲単穴もう一頭、この距離で見直したいのが、コーラルツィッキー2歳時は門別の短距離路線で活躍。おそらくこの馬もスプリンターとみて、穴で狙う。☆スティールペガサス逃→差に脚質転換し、前走結果が出たのは収穫。元来の能力からスプリント戦は向いているはず。△は4頭、まずは大穴、1200...6月23日大井競馬場優駿スプリント

  • 6月21日 函館競馬場 函館SS

    ■函館競馬場◾GⅢ函館SS◆断然の能力はダイアトニック。GⅠを含む1400以下で未だに馬券外なし、その安定感はメンバー中随一。が、それゆえに最大の目標はやはり、スプリンターズSで間違いない。ここは調整レース感が強く、調教師、馬主目線で見ても75%くらいの仕上げでは?馬券妙味を考慮してもここは狙いを下げる。遠征競馬中止でやや間隔が空いたが、実は本格化著しいとみている、ライトオンキュー。昨年になるが、京阪杯で自信の本命を打ったが、調教から、その時よりももさらに前進の予感。間隔が空いた分だけだが、あまり苦にしないタイブとみる。前走洋芝巧者を見せつけた、ジョーマンデリンは函館では(3,1,0,0)。持ち時計も優秀で好勝負。内枠で上手く捌ければ持ち時計ある、エイティーンガール、坂のあるコース得意のフィアーノ...6月21日函館競馬場函館SS

  • 6月21日 東京競馬場 ユニコーンS

    ■東京競馬1R◾GⅢユニコーンS◆中々の好メンバーが揃い、今後の3歳ダート路線を占う意味でも注目のレース。人気の3頭がやや抜けている感じ。展開次第で次位候補の4頭が食い込むか、と、いう予想。展開的にはルメール-レッチェバロックの単騎逃げが濃厚か。展開的には大きなアドバンテージを受けそうだが、スピードタイプだけに1ハロンの距離延長と、相手強化で逃げきりまでは厳しいか。中段からデュードヴァン、カフェファラオの有力馬。着差は僅かながら前走馬群からグイッと抜け出したデュードヴァンは強い競馬。タガノビューティーとの着差を考えてもここでは力上位で頭まで。前走出遅れながら外外を楽に進出、直線突き放す競馬は、能力なしでは語れない強さ。タイム的にはやや平凡もまだまだ底を見せておらず、成長次第では今後が非常に楽...6月21日東京競馬場ユニコーンS

  • 6月16日 船橋競馬場 京成杯グランドM

    ■船橋競馬11R◾SⅢ京成杯グランドマイラーズ◆個人的に川崎マイラーズで一番強い競馬をしたと思われるのは、リッカルド。一時期はやや低迷したもののここへ来て再び上昇。マイルへの適正は高く、ここも好勝負必至。能力的にこれに負けずとも劣らないのが、ベンテンコゾウ。船橋は庭にしており、コースに絶大の適正がある。特に1600に限れば(5,2,0,0)とパーフェクトを誇り、対リッカルドでも1勝1敗と互角の能力。時計的に能力は足りているが、サルサディオーネはカジノフォンテンの出方が鍵。前走同様にサルサ-カジノの隊列予想だが、前走をみる限り、現状ではハナ理想のカジノフォンテンの乗り方は難しい。穴で面白そうなのは、前走やや立ち遅れて挟まれの不利から、早めに動いて4着だった、リンゾウチャネル。道中9番手か...6月16日船橋競馬場京成杯グランドM

  • 6月14日 阪神競馬場 マーメイドC

    ■阪神競馬11R◾GⅢマーメイドS◆超難解ですね、展開次第で勝ち馬が変わるような能力は拮抗していると思います。時間がないので買おうと思っている馬を挙げておきます。軸流しと言うよりはBOXが良いと思います。軸なら②リュヌルージュ軸なら①サマーセントナルハヤマルシュロレーヌリープフラウミルヒ6月14日阪神競馬場マーメイドC

  • 6月14日 東京競馬場 エプソムC

    ■東京競馬11R◾GⅢエプソムC■昨日の雨の影響がどこまで残るか。天気予報は曇りのち雨で、良馬場はどうやら望めそうになく馬場適正が鍵を握りそう。◎本命まずは不良馬場でしっかり走っている店に好感。馬体的には小柄も、パワーがあり、ここはさしたる強力馬も見当たらなく、騎手乗り代わりだけが不安だが、上昇度に期待。○対抗レイエンダ昨年の覇者で、軽い芝よりもパワーを要する馬場に高い適正。時計がかかる馬場は歓迎で昨年同以上のパフォーマンスもあるか。▲単穴大穴で狙ってみたいのはこちら。まずは左回り巧者。中京で崩れていないように、特殊な馬場に適正があり、この馬場で急浮上の余地あり。☆シャドウディーヴァこちらも東京巧者で、東京新聞杯で2着はあるが、マイルよりも中距離のほうがよさそう。極端に制式を落とす阪神とGⅠ戦を除けば...6月14日東京競馬場エプソムC

  • 6月10日 川崎競馬場 関東オークス

    ■川崎競馬11R◾jpnⅡ関東オークス◆難解な牝馬限定戦で波乱の可能性大。例年、中央馬がやはり強いが、今年はかなり微妙な参戦馬で地方馬にもチャンスあり。◎本命門別時代はいまいちな成績が続いたが、盛岡で2勝目を上げ、南関に移籍するとアレヨアレヨで2冠奪取。水が合ったのもあるが、やはりここへ来ての成長力が半端ない。異なる競馬場、騎手でも崩れていないのは力の証明で、初の川崎、距離もクリアできるだろう。前2戦も着差以上の完勝でここは中央馬との力関係だけ。○対抗レーヌブランシュ新馬、1勝クラスの1800を連勝後は一息もヒヤシンスS1600が10着、伏竜S1800で5着。距離延長はプラスで、この相手なら能力上位。▲ルイドフィーネこのメンバーで、地方No.2的存在で今回の人気の盲点はこの馬。父サウスヴィグラスで距離延...6月10日川崎競馬場関東オークス

  • 6月7日 東京競馬場 安田記念

    ■東京競馬11R◾GⅠ安田記念◆初の中2週が懸念されるアーモンドアイの調教に注目していましたが、何ら問題はなく、むしろ上積みさえありそうな気配。東京のマイルなら、多少の雨も特に問題はない。死角らしい死角は見当たらないし、VMよりも相手は強化されるが時折ある出遅れがなければ、まず軸は安泰。○対抗インディチャンプなんと言っても昨年の覇者。アーモンドアイを撃破しているのも事実。それでも、アレだけの不利を受けながら唯一といってもいいほどのイン前有利の中クビ、ハナ差まで差し込まれたあたり、まともならやはり◎の力が上かなと感じます。今回は枠順の内、外も入れ替わった分で対抗評価だが、◎以外となら、やはりマイルで能力上位▲単穴ここは久しぶりのベスト舞台。休み明けだった毎日王冠の内容からも、時計勝負も望むところ。成長著...6月7日東京競馬場安田記念

  • 6月6日 阪神競馬場 鳴尾記念

    ■阪神競馬11R◾GⅢ鳴尾記念◆先日、北海道SC時にお話しした、断然格上馬の断然格下レース使用の違和感。単勝こそ2倍まで落ちましたが、10歳馬メイショウアイアンに差され、重賞はおろか、オープン特別で凌ぎを削っていたスズカコーズラインと同着。単勝買いは極めて危険なレースであったと思います。皆さんはどう感じましたでしょうか?さて、ここも違和感満載ですね。ラヴズオンリーユー。意外にも、宝塚記念のファン投票15位圏外で出走が危ぶまれて急遽の参戦感、中2週。そもそもドバイ遠征予定でローテーションが崩れ、調整も狂った感叩き2戦目、距離延長、鞍上め引き続きデムーロ、と、プラス要素もなくはないが、どうにも引っかかる。配当面まも考えれば、ここは▲単穴指定とする。◎本命サトノルークス3歳春は、まだまだだったが、一夏越えて...6月6日阪神競馬場鳴尾記念

  • 6月4日 北海道SC

    ■門別競馬11R◾jpnⅢ北海道SC◆まずはなんといってもマテラスカイ。海外でも実績を残す馬が、なぜ?と、思われるよう断然格下のレース。こういう場合、筆者の場合は大きな疑念を抱き、まず本命にすることはない。馬主、厩舎的にも半信半疑な証拠で、状態面の不安を拭いきれない。記憶に新しいのは、昨年皐月賞2着、菊花賞3着だったヴェロックス。年明け初戦に選んだレースはなんと小倉記念GⅢ。普通に考えれば小倉記念を使うのあれば、近しいレースで考えれば、京都記念や中山記念辺りが妥当。それをあえて小倉を使うということはやはり、同馬の能力の下降を感じ取っていたからだろう。実績的に当然の断然1番人気で結果は9着。当ブログの小倉記念予想でもヴェロックス危険視は想定内の見解でお送りしている。さて、話が少しそれてしまいましたが、実績断然...6月4日北海道SC

カテゴリー一覧
商用