プロフィールPROFILE

外国で一時的個人的無目的に暮らすということはさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
外国で一時的個人的無目的に暮らすということは
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mendokusainoyo
ブログ紹介文
猫と酒とアルジャジーラな日々
更新頻度(1年)

32回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2018/09/24

外国で一時的個人的無目的に暮らすということはさんのプロフィール
読者になる

外国で一時的個人的無目的に暮らすということはさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,942サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,734サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,942サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,734サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,942サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,734サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、外国で一時的個人的無目的に暮らすということはさんの読者になりませんか?

ハンドル名
外国で一時的個人的無目的に暮らすということはさん
ブログタイトル
外国で一時的個人的無目的に暮らすということは
更新頻度
32回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
外国で一時的個人的無目的に暮らすということは

外国で一時的個人的無目的に暮らすということはさんの新着記事

1件〜30件

  • 2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(6)~チュニス3日目・猫好きピープルとスーパーのビール売り場編~

    チュニジア滞在3日目は、観光以外のことを色々したような一日だった。疲れのせいか時差ボケのせいか、前日よく眠れなかったので、朝食をとってから2度寝し、11時過ぎに出かける。この日は朝食ルームで観光客らしき欧米人の女性客を見かけた。これまで外国人観光客らしき人を全然見なかったので、少し安心した。観光客、いるんだ・・・近年は大きなテロは起こっていないものの、2015年のバルドー博物館襲撃テロの衝撃が強かったためか、外国人観光客の数は非常に少ないように思われた。バカンスシーズン直後という時期のせいもあったかもしれないが。チュニジアらしい青と白の装飾のホテルの廊下。掃除道具がアクセント翌日からもう少し安いホテルに移ろうと考えていたため、この日はまず新市街でホテルを探した。当初の計画では、チュニスに3泊してから南下して、サ...2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(6)~チュニス3日目・猫好きピープルとスーパーのビール売り場編~

  • 2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス2日目最終・酒とカタルシス編~

    今回はチュニス2日目の分の最終回。朝ホテルを出たのは11時と遅かったが、スークなどを3,4時間歩き回ってすっかりくたびれたので、スーパーでビールを買ってホテルに戻り、軽く飲んでから夕食まで昼寝しようと思い、フランス門からすぐのところにある「マガザン・ジェネラル」に行った。しかし、それらしき棚には前日と同様ノンアルコールビールしか見当たらない。気配が悪い・・・心象風景平静を装いつつ、暇そうに立っていた若い男性の店員にビールはどこかと尋ねると、「今日はヒジュラ暦(イスラム暦)の元日だから売ってない」と返された。心象風景前日は金曜日だから法律でアルコール類の販売は禁止されていると言われたが、今日もヒジュラ暦の元日だからやはりアルコールはご法度らしい。なんとタイミングの悪い・・・「明日は土曜日だからあるって昨日言われた...2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス2日目最終・酒とカタルシス編~

  • 2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス2日目・猫とスーク編~

    今回はチュニス2日目の続き。帰国してからもう1か月経ったのに、まだ旅の開始から2日目のことを書いているという…新市街の鉄道駅から旧市街(メディナ)に入り、ザイトゥーナ・モスク周辺の広場でジュースを飲んだ後は、モスクの脇から伸びているアーケード付きの細い小道のスーク(市場・商店街)を通ってフランス門に向かった。地球の歩き方に「ジャマー・エズ・ジトゥナ通り」という表記で載せられている旧市街のメインストリートだ。アーケード付きスークは全体的に猫スポットだった。新市街も旧市街の他の地域も、要所要所に猫がいるのだが、「猫だらけ」というほどではない。しかし、このスークやその脇道、特に猫の餌付けをしている人がいる辺りは猫だまりが多く、しかも子猫の姿が目立った。子育てシーズンだったのだろう。広場からモスクにかけても露店のスーク...2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス2日目・猫とスーク編~

  • 2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス2日目・其の一~

    チュニス2日目の朝、9時半頃に朝食に行こうとドアを開けたら、廊下にいた掃除係らしき若い男の子(真面目そうな男前)が私を見て近寄り、出かけるのかと尋ねた。朝食を食べに行くところだと答えると、部屋を掃除したいと言うので、鍵を渡して1階に降りる。朝食はパンと飲み物だけの簡素なものだったが、給仕のおじ様がにこやかで感じが良く、私がクロワッサンしか食べずにコッペパンみたいなのを食べ残したら、翌日からはクロワッサンを2個用意してくれた。方言が強くて、何を言われているのかよく分からないのが残念だったが…コーヒーや紅茶はカウンターの中のおじ様に頼み、ジュースなどが欲しければコカ・コーラのロゴ入りの冷蔵庫から自分で取る方式。ジュースは別料金のようだった。小学校風の薄いベニヤ板の椅子と机、なんとなく懐かしい朝食を済ませ、廊下にいた...2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス2日目・其の一~

  • 2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス到着・宿探し編~

    ようやくチュニス・カルタゴ空港に着いたのは、午後3時前だった。ドーハを発つのが4時間遅れたのに、到着は2時間半遅れ程度だったのが解せない。飛行機の運転手さん、びゅんびゅん飛ばしたのか。チュニジア国旗がお出迎え。トルコ国旗と紛らわしいやつ。チュニス空港のトイレには、ドーハ空港と同様に手動ウォッシュレット用のホースが付いているが、あちらとは違って使用済みペーパーを入れる容器がない。つまり、ペーパーをトイレに流してよい。私の一番好きなパターンのトイレだ。各国のトイレは私の関心事項の一つなので、ついつい写真を撮りがち。長いこと待ってスーツケースを引き取った後、まず銀行のATMで現地通貨を引き出す。(あっさりお金が出て驚いた)その後通信会社のカウンターが集まっているところに行き、持参したSIMフリーのスマホ用にSIMカー...2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス到着・宿探し編~

  • 2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記~カタール航空で出発編~

    8月末から9月にかけて、3週間ほどチュニジア・トルコ・イタリア3か国周遊の旅に出ていた。翻訳者という職業柄、語学力を錆びつかせないための自己研修という意味合いも大きかったが、基本的に今回の旅のテーマは「猫と酒」だった。チュニジアではチュニスを拠点にし、カルタゴ遺跡や北西のアルジェリア国境の町タバルカにもちらっと行ってみた。トルコはイスタンブルのみ。イタリアでは、フィレンツェで友人たちと会ったりしてのんびり過ごしてから、南部バジリカータ州のマテーラ・アリアーノ・ポテンツァを巡った。もう全然若くない身で、しかも人より疲れやすいへなへな体質なのに、重いスーツケースを引きずって短期間であちこち移動するのはとっても大変だった…今後は一度に2か国までに抑えようと思う。というわけで、これからしばらく、その旅行記を書いていく予...2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記~カタール航空で出発編~

  • イスタンブールの猫

    現在海外旅行中で、チュニジアのチュニスからトルコのイスタンブールに移動したので、また少しだけ猫写真をどうぞ~エサをくれる人が来たことを感じとって眠りから覚めたネコさん。この後起き上がってこちらに来る。(スルタナメット広場)1匹にあげていると、大抵別のネコも集まってくる。みんな勘が鋭いこれもスルタナメット。遺跡の一部っぽくなっていたミケちゃん泊まっているホテルの隣の旅行代理店で、誰もいない隙に狼藉を働いている子を目撃。「み~た~な~」って態度。この子はまだ小さいのに、独りぼっちで生きているみたいだった。がんばれ~なんか、2年前に来た時より猫の数がずっと少ない気がするけど、気のせいだろうか・・・どきどきイスタンブールの猫

  • チュニジアの猫

    現在旅行中で、チュニジアの首都チュニスに滞在している。ちゃんとした記事は帰国してから書くとして(本当なのか)、少しだけ猫写真をアップ。チュニスの旧市街、猫だらけで楽しい・・・チュニジアの猫

  • 日付不明まとめ書き日記2019年7月

    今回は久しぶりにまとめ書き日記。カイロ滞在記がなかなか終わらないのはなぜだろう・・・数少ない写真を載せるだけなのに。きっと暑さのせいだ(異邦人か)7月某日「ある文字をずっと眺めていると、だんだん意味が分からなくなってきて、ただの記号に見えてくる」という現象をどう呼ぶのか、思い出せなくなる。昔、何かの漫画で覚えた単語なのだが、なんだったっけ・・・年々思い出せない物事が増えて、困ったものだ。グーグルでそれらしい検索ワードを入れたら簡単に探せるのだが、脳の機能を活性化するため「検索しない」というルールを自分に課すことにする。私って、自分に厳しくて、なんてエライんだろう~(「褒めて伸ばそう良い自分キャンペーン」を常時実施中)え~と、なんだっけ。ワイマール憲法だっけ(なんか良さそうな憲法やっけ)ドップラー効果だっけ(懐か...日付不明まとめ書き日記2019年7月

  • クルド人女性との雑談と「在日クルド人の素朴な疑問」の続きとイランのイケメン

    もうかれこれ3年ほどになると思うが(記憶は定かではないが)、私はトルコ出身のクルド人の女性と子供たち向けの日本語教室にちょくちょく顔を出している。(教える対象がクルド人に限定されているわけではないが、今のところ通ってくるのは彼らだけ)子供たちは日本の小学校に通っていて、日本語が話せる子が大半で、学校の勉強や宿題を見てもらいに来る。大人の女性たちは、子供たちに付き添ってくる母親が多く、その中には、この機会に日本語のレッスンを受けて、少しでも覚えようという意欲のある人も少なくない。子供の学年や学校、大人の日本語のレベルは様々なので、集まった日本人ボランティアが手分けして教える寺子屋方式で運営されている。学校から配られたプリントや役所等から届いた書類を持ってきて、説明や記入を頼む人も多いので、そういった関係のサポート...クルド人女性との雑談と「在日クルド人の素朴な疑問」の続きとイランのイケメン

  • エジプト・カイロ滞在記・2010年3月末~2010年9月末(3)~陰気な壁絵や微妙なトラックなど+カンパリ・アップル

    今回はエジプト・カイロ滞在記の3回目、2010年8月分の写真を載せる。枚数がやたらに少ないのは、月の後半に2週間イエメン旅行に出かけたせいかもしれない。イエメン旅行に興味がある方は、イエメンのカテゴリーを参照して下さいませ。あそこは当分観光に行ける状態じゃないですがね・・・陰気な壁絵・その1これは確か、在カイロ・イエメン大使館に入国ビザをもらいに行った時の道中で見かけた中学校か高校の壁に描かれた絵(そばに駐車された車のワイパーが映り込んでいてすいません)。生徒たちの作品だろうが、どういう状況設定なのか気にかかった。自爆テロに使われた自動車爆弾と犠牲者と目撃者、3人のテロリストに対して抗議する男性と、彼を落ち着かせようとする奥さん…?でも、テロリストにしては3人とも制服っぽい服装だから、実は治安部隊で、中央の男性...エジプト・カイロ滞在記・2010年3月末~2010年9月末(3)~陰気な壁絵や微妙なトラックなど+カンパリ・アップル

  • エジプト・カイロ滞在記・2010年3月末~2010年9月末(2)~猫やナイル川など

    ずいぶん間が開いてしまったが、今回はエジプト・カイロ滞在記の続き。2010年7月に撮った写真を載せる。何も考えず、ほぼ撮影日順で。これはカイロ中心部のタラアト・ハルブ広場タラアト・ハルブ広場は、タハリール広場とタラアト・ハルブ通りで繋がっている。カイロの街をパリ風に変身させたいと願ったムハンマド・アリー朝の第5代君主イスマーイール・パシャが19世紀後半にイタリア人やフランス人の技師を連れてきて作らせたという重厚で優美なフレンチ・コロニアル様式の建物に囲まれている(ウィキ情報)。そんな中を、こういうナイトキャップとネグリジェ姿(違う)のおじちゃんたちが闊歩していたりして、とってもステキだ。これは、「雪の日のうさこちゃん」のぬいぐるみ。両手に酒状態このぬいぐるみは、父からのプレゼント。UFOキャッチャーで取ったと言...エジプト・カイロ滞在記・2010年3月末~2010年9月末(2)~猫やナイル川など

  • 招かれざるお客さん~ねずみのアルアラビーヤ君

    数日前、うちに招かれざるお客さんが来た。ねずみのアルアラビーヤ君(仮名)だ。夜中、いつものようにパソコンに向かっていて、ふと顔を上げた時、冷蔵庫の下から出てくる大きなねずみと目が合った。手乗りサイズよりも少し大きいくらいで、濃い褐色の毛をしたやつだ。彼(彼女)はつぶらな黒い瞳で一瞬私を見つめ、「やばっ、まだ寝てなかったか!逃げるが勝ち!」という風に、そそくさと冷蔵庫の下に戻ってしまった。そのしばらく前にも、昼寝から目が覚めた時、カーテンレールの上でじっとしているねずみを発見したことがあるので、同じ個体かもしれない。暗くてわかりにくいけど、これその時は、窓を全開にして、タオルを振り回してそちらに誘導し、お帰りいただいたのだが、今回は冷蔵庫の下なので届かない。私は毎日窓の外側のサッシのところにすずめさんたちのために...招かれざるお客さん~ねずみのアルアラビーヤ君

  • エジプト・カイロ滞在記・2010年3月末~2010年9月末(1)

    しばらく前、過去に撮った写真を整理していて、エジプト滞在中に撮った写真をまとめてブログにアップしていないことに気が付いた。何らかの記事は書いたかもしれないが(もう記憶の彼方)、そもそも「エジプト」というカテゴリーを作っていなかった。そういうわけで、2010年3月末から半年の間滞在したカイロで撮った写真に説明を添えて、何回かに分けて載せようと思う。といっても、枚数は非常に少ないので、すぐ終わる予定(インシャーアッラー・・・)。なにしろ、生まれて初めてカメラを買ったのが2010年6月上旬、エジプトからイタリアに2週間旅した時だったもんで、それ以前の分はないのだ。私は2003年春以降、イタリア約5年→シリア約1年半→トルコ2か月と、長期滞在・移動を繰り返し、トルコからエジプトに入ったので、エジプト以前の時期に関しては...エジプト・カイロ滞在記・2010年3月末~2010年9月末(1)

  • 日付不明まとめ書き日記2019年5月

    今回は久しぶりにまとめ書き日記。5月某日最近、初夏らしい気持ちの良い気候になった。日差しは強いが、風は涼しくて気持ちがいい。この気候が永遠に続いてくれないものだろうか。美しい緑に囲まれた広い池の周りを散歩していると、爽やかな風が吹き抜けていく。爽やかな風に吹かれていると、自分が「爽やかな人間」になったような気がしてくるものだ。それで、一緒に歩いていた妹にそう言ったら、「いや、それは違う。勘違いだ」と即座に否定された。ちっ・・・5月某日仕事先でパソコンに向かって作業していたら、後から来た人が、まず隣の机をアルコール入りのウエットティッシュで丹念に拭いてから席に着いた。綺麗好きなのだろう。私はその時作業に没頭していたのだが、無意識に「あ、なんかいい匂いがする♡」と反応して、匂いのする方をじっと眺めてしまった。自分の...日付不明まとめ書き日記2019年5月

  • 2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(3日目の最終日)~そしてイスタンブールの猫好きイマーム

    今回は田代島の旅日記の最終回、島での3日目の話だ。やっと終わりにたどり着いた。奇跡のようだ…(大げさな)3日目は朝食後、2日目とは多少違うルートで猫神社や島の駅を再訪し、引き返して仁斗田の港を散策。その後オリーブカフェに寄ってから(写真なし)民宿に荷物を取りに行き、14:12の石巻行きのフェリーに乗って、電車・新幹線を乗り継いで帰途についた。我ながらなんと活動的な・・・(普通だろう)←いちいち一人でボケツッコミする関西人朝食。ベーコンを味わいつつ、自分が魚介類よりは肉系の方が好きなことを再認識する食後は島で最後の散策に出発ひなたぼっこの皆さん。たしか、手前のカメラ目線の子が「デカ夫」さん。顔も体もデカいしだいに深い眠りの底へ引きずられていく様子民家の庭の入り口に張ってあるこの網、猫除けにはならなさそう壁から突き...2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(3日目の最終日)~そしてイスタンブールの猫好きイマーム

  • 2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(2日目③)~そしてトルコの猫ピアニスト

    田代島の旅行記がなかなか終わらない・・・前回は滞在2日目に仁斗田から大泊まで歩いて、戻ってきてオからリーブ・カフェで休憩したところまで書いた(これ)。今日はその続きで、2日目が終了するところまで。あと1回で終われそうだ、いんしゃーあっらー・・・「インシャーアッラー」は、アラビア語で「アッラーがお望みになれば」という意味で、未来の物事に関してアラブ人が良く使う台詞。無神論者の私も、便利なのでつい使ってしまう。「まあなんとかなるでしょう、インシャーアッラー」「そのうち連絡するわ、インシャーアッラー」とかいう風に。そして大抵なんともならなかったり、連絡しなかったりするという・・・だから私がこの台詞を使うと、うちの妹は「う、不吉な・・・」と顔を曇らせる。話が逸れた・・・旅行記の続きを書くんだった。オリーブ・カフェで休憩...2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(2日目③)~そしてトルコの猫ピアニスト

  • 2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(2日目②)~そしてイスタンブールのキャットウォーク猫

    また間があいてしまったが、田代島に滞在した時の2日目の記録の続き。前回は仁斗田から大泊を目指して歩き、途中で島の駅に寄ってから散歩を再開したところまでの写真を載せた。白黒族がこぞって道案内をしてくれるすぐ近くに猫神社があった。鳥居(っていうか、むしろ猫居??)に鈴がかけられ、小さい猫の置物がいっぱい並んでいる猫神社前のベンチでは、クロちゃんが三つ指をついてお出迎えしてくれた。ゴミ捨ての監視役もしているのか膝の上で丸くなるクロちゃんを愛でながらさっき買った缶ビールを飲む。これを幸福と呼ばずに何と呼べばいいのか名残惜しいが、根っこが生えないうちにクロちゃんにお別れしてまた歩き出す。しばらく歩いたら大泊に到着した。ここは仁斗田に次ぐ田代島第2の集落で、数年前からフェリーが発着するようになったとか。ネットで調べた情報か...2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(2日目②)~そしてイスタンブールのキャットウォーク猫

  • 2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(2日目①)~そして在ヨルダン英国大使館の猫

    昨年10月の宮城県田代島への旅日記の続き(島での1日目の様子はこちら)。夕方に島について仁斗田の民宿で1泊した翌日は、島の駅・猫神社を経由して田代島第2の集落・大泊まで足を延ばし、カフェでランチにカレーを食べた後、島の反対側の海岸沿いに伸びる道をひたすら歩き、マンガアイランドに寄りつつ仁斗田に戻った。全部で2時間以上は確実に歩いたと思う。こんなに歩く体力が自分にあったとはオドロキだ。どこでもらったか忘れたが、この地図を頼りに歩いた。朝食も当然魚中心。魚好きで肉が食べられない父親を連れてきてあげたい。そして、私の分の蟹や魚をほぐす作業を任せたい。このような先の尖った細長い棒2本で食べ物を掴むのは、私にはむつかしすぎる・・・(日本育ちの生粋の日本人です)腹ごしらえがすんだら出陣。前日の猫だまりの周辺に行ってみたら、...2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(2日目①)~そして在ヨルダン英国大使館の猫

  • 2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(1日目)~そして中東のイケメン

    去年の10月に妹と猫好きの聖地として名高い宮城県田代島を訪れた時の写真が、なかなかアップできずに心の片隅で引っかかっていたので、いい加減に載せようと思う。なお、仙台経由で石巻に出て、一泊した時の記事はこちら。石巻から網地島ラインのフェリーに乗って島に到着。島に入ったと同時に私のデジカメのバッテリーが切れたので(充電したつもりだったのに出来てなかった)、島での写真は全て慣れないスマホで撮った。しかも、iPhoneなどではない安物のあんまりスマートじゃないスマホ。まあデジカメで撮ったって、下手っぴなんですが・・・石巻15:30発のフェリーに乗って、大きな集落のある仁斗田に16:16着。予約していた民宿に荷物を置いてから、さっそく猫探しに出かけたが、探さなくてもすぐ近くに数匹集まっていた。猫だまりポイントだ。子猫もい...2018年10月宮城県田代島への旅~島で猫三昧編(1日目)~そして中東のイケメン

  • クルドの新年のお祭りネウロズ2019に間に合った話と蕨のハッピーケバブ

    3月17日の日曜日、クルド人が新年・春の到来を祝う祭り「ネウロズ」に行ってきた。会場は去年と同じく、さいたま市秋ヶ瀬公園の三ツ池グランド。10時スタートとのことだったが、私たちが到着したのは13時近かったと思う。しかも、2時間ほどで帰ってしまった。だから主催者のクルド文化協会の事務局長の挨拶や、シリアのクルド人政治家の大物サーレハ・ムスリム氏(クルド民主統一党・PYDの元共同議長)のスカイプ中継等は見られなかった(心底残念)。でも、去年は着いた時にはもう終わっていたことを思えば(去年の記事はこちら)、間に合っただけでも良しとしよう。自分一人だときっと起きられないと思い、友人たちを誘って待ち合わせしたのが功を奏した。行きはJR浦和駅西口から志木駅行きの国際興業バスに乗って「下大久保」というバス停で降りて歩いたが、...クルドの新年のお祭りネウロズ2019に間に合った話と蕨のハッピーケバブ

  • クルドの新年のお祭りネウロズ2019の日程

    日本クルド文化協会がフェイスブックのイベントページで今年のネウロズの日時を発表した。それには、「2019NEWROZ、3月17日(日)、10時」としか書いてないのだが、事情に詳しい筋によると(アルジャジーラのニュースっぽい言い方)、会場は昨年と同じく、さいたま市秋ヶ瀬公園の三ツ池グランド(アクセス)だそうで、雨天の場合は21日(木・祝)に延期となるらしい。終了時間は書かれていないが、去年は16時だったので、おそらくそのあたり(未確認)。ちなみに、盛り上がる時間帯はお昼前後の11時ごろから14時頃にかけて、ということなので、その頃を目指して行かれるといいかと思う。私は起きるのが遅いので、今年もきっと間に合わないだろう・・・2018年のネウロズに間に合わなかった話はこちらなお、直前に開催日が変更になる可能性もあるの...クルドの新年のお祭りネウロズ2019の日程

  • 西川口のウイグル料理店「アパンディン」でウイグルについて話を聞く

    先日、西川口に2軒あるウイグル料理店のうち、東口側の「アパンディン」を再訪した。(前回行った時の様子はこちら。食べログはこっち)この店は西口側にある「火焔山」よりも席数が少なく、知名度も低いが、料理はどれも非常に美味しく、アルコール類の値段も安い(重要)。まず羊肉の串焼き。これが登場すると、あたりにクミンや唐辛子などのスパイシーな香りが漂うラグメン。手打ちの麺がモチモチして食べ応えがある。野菜たっぷりで、色もキレイ挽肉を詰めた水餃子。これも生地がモチモチで、あっさりしていて、どんどん食べられる。タレは唐辛子まみれだが、さほど辛くない鶏肉の串焼きやサムサも頼もうとしたのだが、あいにくこの日はなかった。少人数で回しているから、メニューに載っていても出来ない料理がけっこうあるのだ。隣のテーブルでは、ウイグル人らしきグ...西川口のウイグル料理店「アパンディン」でウイグルについて話を聞く

  • 十条のクルド料理店「メソポタミア」にまたまた行った。

    今月、久しぶりに十条のクルド料理店「メソポタミア」に行った。JR十条駅南口からすぐでわかりやすい。クルドの旗が看板のモチーフになっている。クルドの旗はこんなやつ青い壁とクルドの小物による装飾は相変わらず笑顔で迎えてくれたのは、クルド文化協会事務局長、ワッカス・チョラックさんだった(チョラックが名字)。今は彼が給仕を担当しているそうだ。彼は日本語が堪能なので、色々質問したいお客さんにはありがたい存在だろう。実際、クルド問題に関心を寄せている人が全国各地からこの店を訪れるそうだ。ワッカスさんは4月から東京外大のオープンアカデミーでクルド語講座を担当するそうだし、クルド関係のイベントにもよく出演しているし、何かと忙しそう。新聞のインタビュー記事を見せてくれた料理の方は、友人がクルド料理は初めてだというので(でも前日に...十条のクルド料理店「メソポタミア」にまたまた行った。

  • 日付不明まとめ書き日記2019年2月

    2月某日仕事の合間に食堂に入り、軽く食事をとっていたら、近くの席にいた子供たち(大人と子供各数人のグループ)のうち1人が、なぞなぞを出しているのが聞こえてきた。会話を大雑把に再現すると、以下のようになる。子供A:あるところに3人の子供がいました。3人はその日、「あるもの」が食べたかったのです。でも食べようとしたとき、お母さんに「部屋の掃除をしなさい」と言われました。仕方がないので掃除をして、終わったら夜8時を過ぎていました。さあ、食べようと思ったら、お母さんは今度は「宿題をしなさい」と言いました。宿題が終わって、やっと食べられると思ったら、それは、もう食べられなくなっていました。さて、「あるもの」とは一体何だったでしょう。子供B:食べられなくなったって・・・アイス?子供C:それ、ホントに食べ物なのか?もしかして...日付不明まとめ書き日記2019年2月

  • カタール首長来日を記念して4コマ漫画を描いた。

    カタールのタミーム首長の来日(28~30日)を記念して(というわけでもないが)←違うんかい4コマ漫画を描いてみたので、見ていただきたい。何度描き直しても本人には全く似なかったが、そしてオチもあまりないのだが、せっかく描いたので、一応載せておく。そもそも中東関係者以外が見ても、「・・・だから何?」ってかんじだろうが。こういうやつ。一昨日の夜、酒の勢いに任せて描き始めたが、自分のあまりの画力のなさに、すっかり酔いが覚めちまったぜ…一コマずつご紹介すると、以下の通り。画力のなさ以前の問題だろう。どうもすんません・・・ホントはこの続きがあるんだが、気力が尽きたのでここでやめといた。彼の似顔絵を描くのは案外むつかしいと思うカタールといえば、自国を封鎖しているサウジとUAEを破ってサッカーのアジアカップの決勝に進出しました...カタール首長来日を記念して4コマ漫画を描いた。

  • 冬の猫たち

    今回は、最近近所で見かけた猫たちの写真を載せる。(田代島の猫の写真はどうなったんや)以前の記事(これ)でも取り上げたことのある猫スポットの子猫ちゃん。三つ指ついてる?ちんまりやっぱり左目が見えてなさそう・・・別に日には、兄弟猫らしき子と一緒にいた。寒いけれど日が差して、ひなたぼっこ日和だった。私も参加したい(絶対逃げられる)・・・こちらは近所のマンションの駐車場を縄張りにしている猫さん。微妙な表情でひなたぼっこ。服屋さんに入り浸る地域猫さん。このお店の前を通るときは、腰をかがめてこの子を探すのが習慣になっている。別の服屋さんの前で待機するヒトボケた・・・しかも目つきが悪い。このミケちゃんは最近の私のアイドル。味わい深い模様だ。こうしてみると、世界は野良猫に満ちてるような気がしてきた・・・(終わり)冬の猫たち

  • 新大久保のハラールショップ&カフェ「サイードショップ」(Said Shop)

    今回は新大久保(正確には大久保)の「サイードショップ・東京店」というカフェ併設のハラールショップを初めて訪れた時の話。「サイードショップ」は福岡でハラールフードの移動販売を行ってきた業者で、東京に進出してお店を開いたのは2018年5月だそうだ。フェイスブックでその存在は知っていたものの、行きにくそうなところだから方向音痴の私はたどり着く前に行き倒れるかもしれないと思い、なかなか行けずにいたのだが、先日グーグルマップが使える友人たちを誘って、連れて行ってもらったのだ。連休で混雑した大通りを避けるため、気の向くままに裏道を歩いたからけっこう迷ったが(当たり前や)、そのおかげで通りかかったアパートのゴミだらけの中庭スペースでじっと座っている猫さんに会えたので、よしとしよう。私たちは新大久保駅から歩いたが、HPによると...新大久保のハラールショップ&カフェ「サイードショップ」(SaidShop)

  • 2018年10月宮城県田代島への旅~仙台・石巻編~

    とっくに年が明けてしまったが、去年10月に猫の島として名高い宮城県田代島に妹と行った時の写真がそのままになっていたので、数回に分けて載せようと思う。わずかでも記憶の片隅に残っているうちに、さくさくやって早く終えたいものだ・・・・・・旅行した時期は10月半ば。10月2日にサウジ人ジャーナリストのジャマール・カショギ氏(カショギは英語での発音に基づく表記、アラビア語ではハーショクジー、トルコ語ではカシュックチュと発音)がイスタンブルのサウジ総領事館で消息不明となってから2週間近く経ち、日本のメディアがようやく騒ぎ出した頃だった。そんなわけで私の頭の中では、田代島への猫旅はカショギ氏殺害事件としっかり結びついているのだった。まあ大体普段から中東情勢と猫と酒のことばっかり考えて暮らしているわけだが。(最近はすずめも仲間...2018年10月宮城県田代島への旅~仙台・石巻編~

  • 2019年のお正月を実家で迎える

    新年明けましておめでとうございます!と言っても、気が付いたらもう7日・・・今年は去年より頻繁に更新したいと思うが、どうも毎年同じことを言っている気がする。ふっ今年も京都(一応)の実家で正月休みを過ごしたので、その様子を見ていただこうと思ったが、食べ物の写真以外はあまり撮ってないことに気が付いた。しかも枚数が少ない。まあ、ちゃんと撮ってもどうせ毎年同じような写真になるので、いいことにしよう。今年も生協のおせちが買ってあった。伊勢海老なんかも入っていて、けっこう豪華だ。私たちが子供の頃は母が手作りしていたが、年齢的にもう手作りは大変だし、娘たちは手伝ってくれないし(私はきんとんの芋の裏ごしくらいしかやったことがない)、作ってもどうせ余るし・・・というところだろう。買った分も結局持て余すので、来年はおせちなしになるか...2019年のお正月を実家で迎える

カテゴリー一覧
商用