真実の探求3 そして伝説へ
読者になる
住所
東京都
出身
ハンドル名
一休さん
ブログタイトル
真実の探求3 そして伝説へ
ブログURL
https://ikkyuw.hateblo.jp
ブログ紹介文
修行をしながら書く日記
自由文
-
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/09/01

一休さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,975サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,055サイト
パワースポット・スピリチュアルスポット 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 369サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,188サイト
日本の伝統・文化 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 252サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,007サイト
人間・いのち 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 352サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,975サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,055サイト
パワースポット・スピリチュアルスポット 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 369サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,188サイト
日本の伝統・文化 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 252サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,007サイト
人間・いのち 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 352サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,975サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,055サイト
パワースポット・スピリチュアルスポット 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 369サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,188サイト
日本の伝統・文化 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 252サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,007サイト
人間・いのち 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 352サイト

一休さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、一休さんの読者になりませんか?

ハンドル名
一休さん
ブログタイトル
真実の探求3 そして伝説へ
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
真実の探求3 そして伝説へ
  • 今日の日記

    政治に関することをここで書くのはどうか?と躊躇いもしたけど思ったので少し書いてみます。 今回の参院選の結果をみて感じたことは、 「変わらないように」「変わることを怖れてる」そういう意識が多くの人達の中にある、それが結果にも現れてるように自分には感じられた。歳をとってくると、変化を求めるよりも、変化しないことを求め出すのが強くなる。無意識にそう思う気持ちが強くなる。 「現状維持」に傾く。 ある程度の年配者層の票が多く結果を出しているのじゃないかと思った。 今の内政、一部の人間が富と動かす力を握って放さない。その動かす力使って自分達だけに都合のいい国家の枠組み骨組みどんどん創ってきて、もっともっと…

  • 人形

    実家に行き片付けをしていて気がついた。 いくつか人形が飾ってあるのだが、そのうちの1体の日本人形がひどいマイナス波動を放っていた。 床の間に飾ってある、というより積んであって手前にも物が置かれてて隠れていた。こんなの昔からあったかな?と思ったけど、親に聞いてみると昔からずっとあったとのことである。 結婚前から父親の家にあったのを持ってきたものらしい。 かなり邪気がひどくて、床の間全体も汚染されきってしまっている状態だった。両親の寝ている部屋は、その部屋である。 これはマズいと思い早急に処分するように話をしたのだが、父親の思い入れと執着が強くどうも返答もはっきりしない。こんなのを部屋において寝て…

  • 今日の日記

    活元会の帰りに傘を盗まれた。池袋のルミネで、トイレの前に立てかけて終わって帰って来たらやられてた。 時間にしてたぶん2分かそこらである。ここは日本か? 仕事仲間も数カ月前自転車を盗まれてた。数年前だが今のマンションに住み始めて間もなく、駐輪場に停めてたマウンテンバイクが盗まれた。それ以来自転車は買ってない。いつからこんな国になったのか。 傘を盗んだやつはわかっている。 トイレに入る前に非常に波動の悪い、後から思えばまさに盗人の波動をした親子がいたのだ。息子の方は高校生くらいである。 最初に見たとき波動の感じから中国人か韓国人かと思ったのだが、聞こえてきたのは日本語の会話だった。 イヤな予感はし…

  • 今日の日記

    しばらく書いてなかったので少し日記として書こうと思う。 相変わらず断捨離、というか捨と離を進めている。 仕事と瞑想行の合間で徐々に進めているけど、次から次へと処分したいものが出てきてなかなか終わりが見えないところである。今まで、これまでの半生、あまり過去をきれいに整理整頓するようなことはなかった。 まあ若いうちはえてしてそういうものだろうと思うけど、やはり先のこと、前方ばかりに意識が行くもので、過去を振り返って清算するとかは無かった。 今自分は一つの区切りのタイミングにいるのか、まるで終活をしているかのような気分にもなる。 過去の想い出の物と一緒に、その想い出も灯篭流しのような感じでありがとう…

  • 今日の日記

    夜勤明けから日中気分転換に少し池袋をプラプラした。夕食を食べ書いている。最近ドラえもんが気に入ってこんなのも買った。 高級な革製品とかより可愛くていいね。 少し前から断捨離の時期を迎えている。過去の物、執着していた想いなんかを捨てている。 これまで生きた半生とはお別れして、新しい世界に行こうという気持ちになってる。懐かしい思い出の品も、もういいか、とぜんぶ処分している。量は多くないけど、結構時間もかかって大変である。 今まで生きた苦の人生、苦の世界から旅立とうとしているようにも思える。初めて味わう気持ちで自分でもよくわからないが、なにやら魂が目覚めようとしているような感じがしている。 苦しみを…

  • 修行記録

    一昨日火曜に伝法を受けた。今回は仏陀、悟りを得たゴータマシッダールタとの繋りを深める行となる。悟りを得たブッダは、当時人々からマハーナーガと呼ばれていたそうである。 意味は偉大なる龍王との意味であり、ブッダと龍は非常に関係が深いということである。ブッダと龍にまつわる特殊な法物を使い行を進めてゆく。 話変わって、今日は伊勢屋(和菓子屋)の赤飯や海苔巻きを買って食べた。そこの店のものは本当に美味しい。 仕事がすごく丁寧で、真心を込めて作られてるのがよくわかる。 素材以上に美味しく作られている。作っているのはもう老齢のとても優しそうな方で、作るのはほとんど一人でやっているように窺える。 伊勢屋は他に…

  • 相互運動

    一月前くらいから活元会で相互運動をするようになった。 会でやっているのは2人が組んで背中合わせで正座して行う形である。整体では背中が表と言う。 普通は顔のついてる方が表と思うが、整体的には背面の方がその人の全てが映っている表面になる。背中、表と表を付け合わせて活元運動を行う。 相手と感応して、一人でやるのとは違う良さがある。 今日も活元会でやったのだけど、意外なことを感じた。何回かやってみて、対人の恐怖が薄くなって行く感触を味わっている。 自分は昔は人が怖かった。 一時期軽度の対人恐怖症のようになってたこともある。 今では普通に人と接してるけど、慣れない人や、人がたくさん集まるような場は苦手で…

  • 今日の日記 東寺展

    プライベートではないけど上野の東寺展を観てきた。 予想外の混み具合で一般客は80分待ち、ズラリと列んでた。 人も多いしぜんぜんゆっくり観てないけれど、仏像は一通り観れた。 やっぱりどれも変なモノが入ってるとかは無かったけど、明王尊像とかエネルギー的な垢、霊的な汚れがとても強くこびり付いてるような印象のはあった。実際今まで見た仏像で、エネルギー的にそんな綺麗な状態のものはほとんど見た記憶がない。 一般人がすぐ近くで拝んで願掛けしてるものはたぶんほとんどが汚れが蓄積してるんだろうと思う。公開してない秘仏とかには綺麗なのもあるかもしれない。 てっきり仏像しかないのかと思ってたけど、曼荼羅とか他の仏画…

  • 微生物の要求

    先日買ったコーヒーが当たりで絶妙に好みであった。 ここへきて漬物に少々はまっている。 もっとも自分で漬けたりするような暇は無いため買ったものだけど。 スーパーで売ってるのはほとんどが添加物まみれで不味い。きちんと漬かっていて発酵食品としての美味しさがあるものを探していろいろ試しに買って食べている。 修行をしながら食の好みもだんだん変化しているけど、昨年から修行で発酵微生物飲料を飲みだして、それからさらに変わっているかもしれない。 便の出方や質も実際大きく変わっている。 日々の瞑想での邪気の抜けも良くなっているように感じている。 人間は体内にたくさんの微生物を飼っているが、特に多いのが腸内微生物…

  • 今日の日記

    今週の休日、よく散歩して外でゆっくり食事して気分転換になったようで、自分自身のいい波動調整になった。それですっきりしたことでここしばらくネガティブ気味だったことにも気がついた。 この前天皇即位の日のことも書いた。 その後いくつか神道系のブログなんかもみてみたがそこでは全く悪いようには書かれておらず、即位の式の時には雨もあがっていたようで、 あの時思ったのももしかしたら自分がネガティブだったせいで悪く受け取り過ぎてたのかも?とか、今になって考えたりしてるとこである。前回書いた夢の話もあまりいい夢じゃなかったし、その後も同級生を誤って殺してしまう夢なんかも見てたし、、 いまいち自覚がなかったけど邪…

  • 家系の因縁

    先日見た夢、 親戚の誰かが亡くなって、葬式のあと皆が集まって食事をしていてそこに自分も同席してる夢だった。 それで起きてからふと思い返していた。子供の頃から親戚がいっぱい集まる中に行くのは嫌だった。 そこにはいつもギスギスした嫌な空気があったからだと思う。 集まって食事してお酒を飲んで、顔は笑ってるけどその仮面の下はみんな般若じゃないかと思うほど(ちょっと大袈裟だが)漂ってる想念は子供だった自分にはストレスの近づきたくない不穏な空気だった。特に父親の方は、母方の集まりに行くのは明らかに内心嫌がっていたのが子供心にもわかっていたけど、親戚との付き合いという義務感で行っていたのだろう。 結婚は家と…

  • 今日の日記

    連休も関係なく今日も仕事だった。令和の始まり、出だしからの雨模様であった。 新しい天皇陛下が即位されるその時からこの天気、やはり多くの国民が期待をしているような明るく平和な時代になることは無さそうと思うところである。 元日などはここしばらく非常に穏やかな晴れの日ばかりだった気がするけどどうだろうか?雨には穢れを祓い落としてくれる、浄化のために降ってくれることがあると思うが、 即位の儀式、特別なハレの日であるその日にこのような天気とは、、、あまり良くは捉えられない気がする。その神意や如何に。 元号が変わって良くなるように、明るくなるように、 期待、期待、期待、、、やはり人は期待をする。 見通しの…

  • ノートルダムの悲劇

    とても悲しく、無念の想いでいる。どうしてこんなに胸が痛むのか、上空からの燃える十字架を見て涙が止まらなかった。 キリスト教徒でもないのに、、 人の歴史が燃えて無くなってしまうということに痛みを感じているのだろうか。それとも前世で縁があったりもするのだろうか、、、。 フランスには留学のような形で半年ほど暮らしてたことがあるから、もしかしたらそうした過去の縁もあるのかもしれない。暮らしてた時も教会は好きでよく立ち寄った。でもノートルダム大聖堂には行ったことは無かった。 あれほどの偉大な歴史ある建造物がこんなことになってしまうなんて、 キリスト教圏の人にとっては無念もひとしお大きなものだろう。 たく…

  • 曇りの時代へ

    さっきまた今月届いた西教授の話を聴いていた。新元号の令和についても話していたが、西先生の印象ではこの新元号、文字も言葉も弱々しいと、他にもだいぶボロくそに言われているのがちょっと面白かった。 おっしゃる通り快活で力強い印象は全くない。明るく拓ける印象もない。 あまりはっきり書くのも憚られるところだが、 新しい天皇陛下、令和の時代は暗い曇り空の時代になる可能性が高いと予測している。どうしても否めない印象のある東宮家の暗闇。 お写真等を拝見しても東宮家が陰を一手に引き受けられているように感じられることはどうしても否めない。 秋篠宮家と光と影のように感じられる。 日本が新時代に明るく華開いていく可能…

  • 気配

    この前神社の水溜りでメジロが水浴びをしていた。なんとなく写真を撮ろうと思って準備すると、準備してる間にもすぐ警戒して水から出てしまう。結局水浴びてる姿が撮れなかった。 鎌倉の円覚寺ではリスがよくいる。 それも写真撮ろうとすると、摂る前に警戒されてしまっていいのが撮れない。 気を配る=気配であるが、野生動物の敏感さ、気を配っている範囲、センサーの働く距離感とかは流石だと思うばかりである。こちらの心、意識の移り変わりをかなり遠くからでも感じ取っている。 人の意識が自分に向けば即座に反応して警戒態勢に入る。できるだけ意識を逸らして写真を撮ろうとしても、やっぱりだめである。 こちらの気を全部読みとられ…

  • 令和

    個人的には好きな響きである。 いい印象というか、この時代にしっくりハマる印象だった。自分は元々この「令」の字が好きだった。 字の形とレイと言う音の響きも感覚的に好みである。 自分に娘でも産まれたら名前に入れたくなる。 令の漢字の成り立ちも調べてみたところ、なかなかおもしろい意味を含んでいた。 漢字の成り立ちというのはけっこう重要な意味を示していることがある。 冠は天、神を表し、下はひざまずく人の形象だそうで、 神にひざまづき、神意に従う、神示を受ける、というような姿が元のようである。そこから転じて指令とか命令とかに使われるようになっているのかと思うが、どうだろうか。 年配の人とかは特に強制的な…

  • 合気

    合気道の合気の話ではない。 先日、以前たまに立ち寄ることのあったうどん屋さんへ久しぶりに行った。雰囲気的には近頃のラーメン屋ぽい感じの夜は居酒屋の店である。 久しぶりに立ち寄って食べてみたが、 店の雰囲気も、うどんの味も、以前はそこそこ美味しいと思ってたのが、全然合わないと感じるようになっていた。 この一二年で自分の浄化も進んで、大分合うもの合わないものが変わってきている。 合う合わないがはっきりしてきているのも感じていたところである。うどん屋さんは雰囲気も味も粗く雑に感じ、もう合わなくなってるんだなと思った。 食べる物も、使う物も、行きたい場所も、以前に比べると波長の高いもの気の繊細なものを…

  • 六根清浄の祓い

    六根=五感+意識(心)を祓い清めるマントラ、 さんげさんげろっこんしょうじょう(懺悔懺悔六根清浄)を繰り返し唱える。山伏が山歩きをしながらよく唱えるマントラである。 普段は瞑想時以外はあまりマントラは使わないけど、最近は六根清浄の祓いだけは唱えることがある。 あまり良くない意識の状態の時、どうでもいい雑念(鬱滞してる良くない感情)が頭に浮かんでなかなか離れなくなる時がある。活元や瞑想をしっかりできない時にはその状態のまま時間を過ごすことになってしまうのだが、 そんな雑念にとらわれた状態で長くいるのは良くない。自分にも周囲にもいいことは何もない。 そういう時に、何かをしながらでも六根清浄の祓い詞…

  • 伝法記録

    今日また次へ進んだ伝法を受けてきた。今回も明王尊の法であった。 また気分も一新、やり込んで行くしかない。 なんだか最近はもうエネルギーのことをあれこれ書く気が無くなってしまった。書こうと思えば書けるのだろうけど、面倒になっている。 とりあえず、修行の記録として今日は書いておく。

  • 今日の日記

    昨日はまた鎌倉のお寺に雨降りの中参詣に行ってきた。 二三日前は花粉症がひどく、今年も花粉がやって来たなと思っていたところ、雨降りだからこそゆっくり気分転換、散歩しに行ってきた。びしょ濡れになった靴下をコインランドリーで乾かしながら、静かな住宅街をウロウロする。 梅の花があちこちで咲いていて、春だなと感じる。どうしてあっちまで行って散歩をしたくなるのか、 なにか魂の縁があるのか、ただ気が合うからか、他の理由か、わからないけど、まあどうでもいい。 最近の勉強はもっぱら歴史のことばかりやっている。 現実の薄汚いドロドロの中身である。 きれいも汚いも丸ごと、ただ真実を知りたい想いだけでやっている。霊的…

  • 今日の日記

    今日は久しぶりに休日らしく過ごしている。 最近はブログを書く気があまり起こらないのだが、久しぶりに少し書こうと思う。 今月の西先生の話は捕鯨についてだった。 最近、政府がIWC(国際捕鯨委員会)からの脱退を表明し、日本近海での捕鯨が再開する。西先生は日本は捕鯨をやめてはいけないと言っているが、非常に納得できる話だった。 理由を挙げると、 まず、今後起こるかもしれない食料危機に備えるということである。日本が、自国で賄える重要なタンパク資源になるという理由。 これから先、世界中で食料危機が起こりうる。 これは日月神示にも書かれていた。今の日本は自国で食料をほとんど賄っていない。食料自給率は低い。 …

  • 感応道交

    今日活元会で、流れてる音楽に感応して自分の裡深くの感情がよく動き出していた。 改めて感応ということを思ったので少し書く。 悲しい感じの曲が流れ出すとそれに呼応して、裡深く眠ってる悲しみの感情が溢れて慟哭の叫びを発していた。曲が変わって明るい上がり目の感じになったら今度はそれに合わせて歓喜の心がよく出て動いてた。 野口整体では感応ということが柱になっている。 気を感応させて、動きの悪いものや止まってるもの、眠ってるものや未熟なものに刺激を与える。 その刺激が呼び水になって動かなかったものが動きだす、流れ出す。 そうして天心(裡なる神の心)を呼び覚まして行く。 元気(元の気)本気(本の気)という元…

  • 新時代のための禊

    「禊祓い」日本人が永く大切にしてきた、 日本の文化、日本人の精神性の根底にあるものと言えると思う。 うまく言えないが、 今の、そしてこれからの日本人に本当に必要な、重要なことがこの禊祓いであると今思っている。日本人だけでない、ひいてはすべての人々、国々に必要なことと思う、これからの人類の明るい未来のために。 ここしばらく西鋭夫教授の資料やメッセージから、日本と世界、過去からの歴史の流れ、その裏の実相を知りつつ考え巡らしている。 密教や野口整体、自分の取り組んでる修行とは一見関係ないように見えて、実はすごく関係があると感じている。自分がこれからやって行きたいこと、やって行くべきと思うことを明確に…

  • 天候と人の心

    マントラによる瞑想中、あるタイミングで一気に邪気が抜けていくことはよくある。日中に瞑想をしていると、その抜けていくのと同時に窓から日がさしてくることが多くあり、それが邪気の抜けた合図かのようにいつも感じている。曇り空からパーッと日がさしてくる。 自分の心身の状態と空模様がまるで一致するかの如くで、不思議というかおもしろいものである。 天候と人の心ということで思い浮かぶのがまずイギリスが思い浮かぶ。イギリスは曇りや雨が多くてスカッと晴れる日は本当に少ないみたいである。 地域によっては荒れやすい天候のところもある。 世界の車窓からが好きで動画を見るが、イギリス、アイルランドのなどはたしかにドンヨリ…

  • 今日の日記

    また強い邪気抜きをして心身共少しつらい。 特殊な邪気抜きだが自分で出来るので最近は頻繁に行っている。数日数週間してつらさが取れて来た頃また行い、また取れて来たら行い、を繰り返している。 そんなことをしながら改めて感じてることが、自分の中に抱えている心身の歪みも、マイナスな思い込みも、誤った固定観念も、抑圧された想いも、それが自分を支えてもいるんだよなというのをつくづく感じる。 アンバランスに積み上がった積み木細工のように、 本当の自分をごまかしながら、どうにかその都度遣り繰りしながら生きてきてなんとかバランスをとっている心と身体。多かれ少なかれ、この世で生きている人ならば誰しもこういう要素はあ…

  • 新年の日記

    しばらく活元も思いきりできず、身体の偏りと疲労も多く残っていたため今日は時間たっぷり瞑想をして心身を整えていた。 明王様の法の行果か、これからの人生の道について確かな決意、決心が生まれたところで、良い新年を迎えられた。2019年、天皇陛下も代替わりして世間的世の中的にはさらに荒れて行く古いものが壊れて行く年になりそうな気がしているけど、 個人的には新しい段階へ一歩踏み出す年になるかも?というところである。 自己の心身、カルマの浄化禊祓いということを地道にやってきて良かった、と今はとにかく思えている。 年を追うごとに禊祓いの成果が表れやすくなっているのを実感している。反対に禊祓いのされていない人…

  • 大宇宙と小宇宙(人体)

    数日前から心に大きな切り換わりというか変化があり、身辺の状況ももしかしたら流れが変わって行くかも、ということを思っている。 しばらく前から明王の法、エネルギーで浄化を進めて来ているが、 これが自分に合ってるのかなんなのか、瞑想中にも涙をたくさん流したりえづいたりしながら(オエーッとなりながら腹の中に溜まってる陰性感情やなんかが吐き出される)心に大きな変化を及ぼしているのを感じていた。 明王様のご利益の一つとしてはよく煩悩、迷いを祓う等とされているが、 ちょうどそんな通りな感じに働いてる。永く苦しんできたトラウマのようなものが除去されるように働きを見せており、それに伴って自分の今の人生の迷いも一…

  • 外法の力

    先日鎌倉へ気分転換に行くまで、しばらくの間自分の波長もずいぶん落ちていた。 少し前に、心身に負担のかかる邪気抜きをしたためその反動のような形でそうなっていたのだが、 その間、少しネガティブなものにも繫がりやすくなっていた。 特に調べてたわけでもないのだけど、密教僧とか陰陽師、祈祷師とかとしてお祓いやなんかをしている人のサイトやブログをいくつか見た。 どんな人がどんなことやってるのかと思って、あまり意識を深入りさせないように気をつけながら見た。 結果から言うと、どれもマイナス波動で裏霊界との繫がりが濃く、外法、邪法と呼ぶようなものだというのが感想だった。 見た人達はいわゆるその道で修行をして来て…

  • 今日の日記

    今年もあと半月ほど、今日は都合も良かったので午後から久しぶりに鎌倉の円覚寺に挨拶に行ってきた。 数ヶ月前からトイレの工事をしていたのが、 今日行ったら完成していた。写真はないけど今どきのスタンダードなトイレになっていてウォシュレットもついてた。 休憩室も出来てた。 今年も一年無事に過ごして、修行もなんとか進歩しているのを感謝しお礼を伝えて来た。帰りはいつも隣りの大船駅まで散歩するのだが、今日は寒かった。鎌倉周辺もそうだけど、北鎌倉周辺も空き家が多い。全く手付かずの蔦や草だらけで鬱蒼とした感じのをよく見かける。 鎌倉のような古い霊的な土地は陰の濃さもなんとなくこういうところに感じるものがある。 …

  • 展示された仏像

    ここ数年で、何回か上野の博物館での仏像の展示を観ている。先日行った報恩寺の展示の時以外はプライベートでは無かったためゆっくりじっくりは観てないけど、一つ感じていることがある。 博物館の展示会で観る仏像に、悪質な低級霊が入ってたのを見たことがない、ということである。 寺院の堂内に安置されてるものには悪霊が入り込んでるのもどうも少なくない印象なのだけど、その割に博物館では今のところ一切見てない。たまたま入ってないのを博物館で観てたのかもしれないが、 どうもそういうことでも無さそうである。 どうも、展示で運び出されるような時には抜け出ているようである。 堂内でまた帰ってくるのを待ってるのかもしれない…

カテゴリー一覧
商用