chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 関屋記念 最終見解

    直線平坦コース替わりで一変濃厚!近年の関屋記念は、前走が他場のマイル重賞で負けていた馬の巻き返しパターンが顕著。過去5年の関屋記念は、複勝圏内に好走した15頭中9頭が、前走他場のマイル重賞で負けていた馬という共通項。特に、前走中京記念組は、直近8年連

  • 小倉記念 最終見解

    毎年期待値の高い臨戦過程で波乱演出も!過去5年の小倉記念で複勝圏内に好走した15頭中11頭は、当日単勝4番人気以下の人気薄。この時期に行われる小回りコースのハンデ戦ということもあり、極めて波乱度の高い重賞競走。また、起伏の激しい小倉競馬場の重賞レース

  • [関屋記念]近年の傾向と推奨馬

    前走マイル重賞敗戦組が巻き返す関屋記念【近5年傾向Pickup】・距離短縮馬か、前走マイル重賞出走馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中14頭が該当)・特に前走中京記念組(当該ローテ該当馬は、直近8年連続で連対中)・スピード指向が強く、近2走以内に3角5番手

  • [小倉記念]近年の傾向と推奨馬

    欧州血統馬が激走する小倉記念【近5年傾向Pickup】・波乱度は極めて高い、特に当日単勝4番人気以下(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中11頭が該当)・スタミナ指向が強く、近2走以内に上がり順位5番手以内の末脚実績馬が走る(過去5年で複勝圏内に好走した15頭

  • 持続力血統に注目したい関屋記念

    ◆特にノーザンダンサー系、ロベルト系は特注今週は新潟競馬場で第57回関屋記念(新潟芝1600m・G3)が行われます。近年の関屋記念は、至って簡潔で「前走1600m重賞出走馬」が圧倒的に有利。過去5年で3着以内に好走した15頭9頭は「前走1600m重賞出走

  • レパードS 最終見解

    毎年の特注ローテで軸不動!過去5年のレパードSは、複勝圏内に好走した15頭中11頭が当日単勝5番人気以下。そのうち6頭は10番人気以下の大穴。夏シーズンに行われる3歳馬限定のダート重賞競走ということもあり、極めて波乱度の高いレース。また、近年の当レー

  • エルムS 最終見解

    馬場次第では大穴演出の可能性も十分!函館開催の昨年除く直近4年のエルムSは、当日単勝4番人気以下で複勝圏内に好走した5頭中4頭が、前走1800m以上のダート重賞出走馬。いわゆるスタミナ、中距離指向が強い傾向で、相対的な体力の絶対値がポイントになるレー

  • [レパードS]近年の傾向と推奨馬

    近年は東京芝G1血統馬が走るレパードS【近5年傾向Pickup】・波乱度は極めて高い(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中11頭は当日単勝5人気以下、そのうち6頭は10人気以下の大穴)・近2走以内に上がり順位3番手以内の末脚実績or前走が2勝クラス以上の上級条

  • [エルムS]近年の傾向と推奨馬

    変則コースで特殊な才能が活きるエルムS【近4年傾向Pickup】※函館開催の昨年を除く直近4年の傾向・前走1800m以上のダート重賞出走馬(函館開催の昨年除く直近4年で4人気以下で複勝圏内に好走した5頭中4頭が該当)・前走ダ1700m戦で上がり順位5番手以内or

  • 毎年大荒れ必至のレパードS

    ◆前走ローテで簡単に絞り込みも可能!?今週は新潟競馬場で第14回レパードS(新潟ダ1800m・G3)が行われます。過去5年の当レースで3着以内に好走した15頭中6頭は、当日単勝10番人気以下の大穴と、極めて波乱度の高い傾向も。買える穴馬を見極める手段の1つ

  • アイビスSD 最終見解

    更なる馬場悪化も大歓迎で渾身の本命視!過去5年のアイビスサマーダッシュは、複勝圏内に好走した15頭中12頭が、前走5着以内の好調馬。夏のローカル開催で行われる一戦だけに、基本的には実績よりも勢いの重要性が高い重賞競走。また、日本で唯一の直線コースの重

  • クイーンS 最終見解

    絶好条件で大幅な変わり身も必至!函館開催の昨年を除く、直近4年のクイーンSで複勝圏内に好走した12頭中8頭は、近2走以内に芝1600m出走馬という共通項。開催前半の良好な馬場コンディションで行われやすく、いわゆるマイル寄りのスピード指向が問われやすい

  • [アイビスSD]近年の傾向と推奨馬

    近走好調馬が走りやすいアイビスSD【近5年傾向Pickup】・基本的には好調馬が有利、特に前走5着以内馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中12頭が該当)・特に、前走が1200mで3角5番手以内の先行経験or新潟千直で5着以内馬(該当馬は過去5年で4勝、複勝圏

  • [クイーンS]近年の傾向と推奨馬

    スピード指向が強いクイーンS【近4年傾向Pickup】※函館開催の昨年を除く直近4年の傾向・近2走以内に1600m出走馬(函館開催の昨年を除く直近4年で2勝、4人気以下で馬券に絡んだ7頭中4頭も該当)・近2走以内に、上がり順位5番手以内の末脚の実績も有効(過去

  • 勢いも重視したいアイビスサマーダッシュ

    ◆血統的には父が非サンデー系で断然!?今週は新潟競馬場で第22回アイビスサマーダッシュ(新潟芝1000m・G3)が行われます。近年のアイビスサマーダッシュは「近走好調馬」と「父が非サンデー系」が圧倒的に有利の傾向。過去5年の当レースで3着以内に好走した15

  • 中京記念 最終見解

    大幅な上昇度にも期待できる確信の1頭!昨年に続き、従来の中京芝1600m戦から舞台を移して小倉芝1800m戦で施行される中京記念。その昨年は、前走2000m重賞出走の距離短縮ローテ馬が1着3着4着。3着カテドラル、4着ミスニューヨークは何れも当日単勝

  • [中京記念]近年の傾向と推奨馬

    今年も小倉芝1800mで施行される中京記念【近1年傾向Pickup】※昨年に引き続き従来の中京芝1600mから舞台を移して小倉芝1800mで開催されるため、傾向Pickupは1年のみ・同じく小倉開催の昨年はスタミナ指向で前走2000m重賞出走の短縮馬が走った(昨年は該当

  • 距離短縮ローテに注目したい小倉開催の中京記念

    ◆欧州型血統馬も相性抜群!?今週末の日曜日は小倉競馬場で第70回中京記念(小倉芝1800m・G3)が行われます。京都競馬場の全面改修工事に伴い、昨年に引き続き小倉芝1800m戦で施行される当レース。その昨年は「前走2000m重賞」に出走していた距離短縮馬が

  • 函館記念 最終見解

    更なる馬場悪化も大歓迎で渾身の本命視!過去5年の函館記念は、当日単勝2番人気以内に支持された10頭のうち、3着以内に好走した馬は僅かに2頭のみ。また、過去5年で複勝圏内に好走した15頭中11頭は当日単勝5番人気以下。そのうち6頭は当日単勝11番人気以

  • 函館2歳S 最終見解

    父も母父も当レース向きで確勝級の1頭!2歳重賞特有の前向きなスピードが活かされる傾向が顕著で、言うなれば非クラシック的な才能が問われる2歳限定の重賞競走。その傾向に準ずる格好で、血統的にも2歳重賞特有の米国血統馬、スプリント血統馬が断然有利の方向性。

  • [函館記念]近年の傾向と推奨馬

    毎年のように超人気薄が激走する函館記念【近5年傾向Pickup】・JRA屈指の波乱度を誇る重賞競走(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中11頭が当日単勝5人気以下、そのうち6頭は11人気以下の超人気薄)・前走2500m以上の重賞出走馬(過去5年で4頭が馬券に、

  • [函館2歳S]近年の傾向と推奨馬

    非クラシック的な才能が活きる函館2歳S【近5年傾向Pickup】・基本的には、函館の芝で勝ち上がった馬、特に前走3コーナー5番手以内(該当馬は過去5年で全勝、7人気以下で複勝圏内に好走した5頭中4頭も該当)・毎年出走頭数は少ないが、距離短縮馬の期待値も高い(過

  • JRA重賞屈指の波乱度を誇る函館記念

    ◆激走穴馬のパターンは毎年決まっている!?今週末の日曜日は、夏の函館開催を締め括る第58回函館記念(函館芝2000m・G3)が行われます。過去5年で複勝圏内に好走した15頭中11頭が当日単勝5人気以下。ふた桁人気も合計6頭が馬券に絡むなど、JRA屈指の波乱

  • 七夕賞 最終見解

    臨戦過程&血統構成も合致の超伏兵に期待大!通常の馬場コンディションであれば、スピードや馬力指向が強く、近走先行経験馬や近走1800m以下出走馬など、近走でスピード指向の強い前向きな競馬を経験している馬が有利のレース。この傾向に伴い、相応の才能に優れた

  • プロキオンS 最終見解

    舞台実績も十分で確信の◎印!同じく小倉開催の昨年は、脚抜きのいい重馬場開催で、その勝ち時計が1分40秒9というコースレコード決着。また、前走3コーナー2番手以内の先行経験馬が複勝圏内を独占して、3連単の配当金が190万円を超える大荒れの結果に。昨年同

  • [七夕賞]近年の傾向と推奨馬

    馬場状況も見極めたい近年の七夕賞【近5年傾向Pickup】・稍重程度までの通常馬場なら、近2走以内に1800m以下出走馬or3コーナー5番手以内の先行経験を持つ馬(良、稍重で施行された過去4年で5人気以下で複勝圏内に好走した7頭全馬が該当)・通常馬場を前提に、

  • [プロキオンS]近年の傾向と推奨馬

    昨年に続き小倉競馬場で施行されるプロキオンS【近1年傾向Pickup】※昨年に引き続き従来の中京ダ1400mから舞台を移して小倉ダ1700mで開催されるため、傾向Pickupは1年のみ・重馬場開催の昨年は当日単勝9番人気以下の人気薄が複勝圏内を独占して3連単190

  • 短距離指向が強い近年の七夕賞

    ◆血統的にもスピードを持続させる才能が重要今週は夏の福島開催が開幕。そのオープニングカードとして、第58回七夕賞(福島芝2000m・G3)が行われます。JRA重賞屈指の波乱度を誇るレースとしても知られる当レースは、開催前半の良好な馬場コンディションで行わ

  • ラジオNIKKEI賞 最終見解

    条件合致で大波乱演出に期待大!過去5年のラジオNIKKEI賞で、当日単勝7人気以下で複勝圏内に好走した9頭中5頭は、前走東京芝で負けていた馬。左回りで直線も長い東京競馬場で能力を出し惜しんだ馬が、真逆のレイアウトとも言える右回りで小回りコースの福島競

  • CBC賞 最終見解

    父、母父、母も当舞台向きの伏兵に白羽の矢!昨年に引き続き、今年も小倉芝1200mで施行されるCBC賞。その昨年は、単勝8番人気のファストフォースが鮮やかな逃げ切り勝ち。本馬はロードカナロア×サクラバクシンオーの血統構成で、父、母父ともに現役時代に芝1

  • [CBC賞]近年の傾向と推奨馬

    今年も小倉競馬場で施行されるCBC賞【近1年傾向Pickup】※昨年に引き続き従来の中京芝1200mから舞台を移して小倉芝1200mで開催されるため、傾向Pickupは1年のみ・父か母父がロードカナロア、サクラバクシンオー、キングヘイローなど、自身か産駒が芝120

  • [ラジオNIKKEI賞]近年の傾向と推奨馬

    非主流タイプが走るラジオNIKKEI賞【近5年傾向Pickup】・前走東京芝で負けている馬(過去5年で当日単勝7人気以下で複勝圏内に好走した9頭中5頭が該当)・福島芝で勝利実績を持つ馬(20年8人気1着バビット、19年9人気2着マイネルサーパスなど人気薄の激走も複数)

  • 宝塚記念 最終見解

    全ての条件が揃う確勝級の1頭!過去5年の宝塚記念で3着以内に好走した15頭中9頭は、当日単勝4番人気以下の人気薄。いわゆる非根幹距離の小回りコース、更にはJRA芝G1レースの中では唯一となる混合の2200mG1ということもあり、基本的には波乱度も高い

  • [宝塚記念]近年の傾向と推奨馬

    非主流要素が強い近年の宝塚記念【近5年傾向Pickup】・基本的に波乱度は高い(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中9頭は当日単勝4番人気以下、単勝1番人気は1勝のみ)・スピード指向で、近2走以内に芝重賞で3コーナー5番手以内の先行経験or前走1600m重賞出

  • 非主流血統の期待値が高い宝塚記念

    ◆近年の宝塚記念は前向きなスピードも重要今週末の日曜日は阪神競馬場で春のグランプリレース第63回宝塚記念(阪神芝2200m・G1)が行われます。宝塚記念は世界的な視野で見ても主流ではない2200m戦。JRAの芝G1競走の中でも混合の芝2200m戦という意

  • ユニコーンS 最終見解

    往年のフェブラリーS血統で大波乱演出も!過去5年のユニコーンSは、複勝圏内に好走した15頭中14頭が、前走3着以内の好調馬orオープンクラスのダート戦出走の該当馬。3歳を迎えたダート路線の一線級が、中央競馬で初めて相見えるダート重賞競走ということもあり

  • マーメイドS 最終見解

    父も母父も当レース向きで確信の本命視!過去5年のマーメイドSで3着以内に好走した15頭中10頭は、当日単勝5番人気以下の人気薄。牝馬限定のハンデ中距離重賞のイメージ通り、極めて波乱度の高い重賞競走。また開催前半に行われる芝重賞ということもあり、例年良

  • [ユニコーンS]近年の傾向と推奨馬

    米国血統馬が走る近年のユニコーンS【近5年傾向Pickup】・前走3着以内の好調馬orオープンクラスのダート戦出走馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中14頭が該当)・特に、前走がオープンクラスのダート戦で5着以内orオープンクラスのダ1800m以上の距離に出

  • [マーメイドS]近年の傾向と推奨馬

    スピード指向が強いマーメイドS【近5年傾向Pickup】・波乱度は極めて高い、特に当日単勝5番人気以下(該当馬は過去5年で4勝、複勝圏内に好走した15頭中10頭も該当)・通常の良馬場ならスピード指向、特に近2走以内に1800m以下で上がり順位5位以内or3コーナ

  • 高速決着になりやすい近年のユニコーンS

    ◆高速ダート戦は父米国型が圧倒的に有利!?今週末の日曜日は東京競馬場で第27回ユニコーンS(東京ダ1600m・G3)が行われます。過去5年のユニコーンSは、複勝圏内に好走した15頭中14頭が「前走3着以内の好調馬orオープンクラスのダート戦出走」の該当馬。3

  • エプソムC 最終見解

    短距離指向のスピードも兼ね備えた1頭!過去5年のエプソムCは、3着以内に好走した15頭中13頭が、近2走以内に前走3コーナー5番手以内or上がり順位3番手以内の実績があった馬。尚、2018年の当レースは重馬場開催、2020年は不良馬場開催。これらの状況

  • 函館スプリントS 最終見解

    毎年の特注ローテで確信◎印!札幌開催の昨年を除く、2017~2020年の函館スプリントSは、全ての年で前走1400m以上出走の距離短縮ローテ馬が必ず1頭は3着以内に好走。2018年の函館スプリントSは距離短縮馬が1着2着。6年前も前走1600mG1レ

  • [エプソムC]近年の傾向と推奨馬

    スピードの裏付けがポイントになるエプソムC【近5年傾向Pickup】・馬場を問わず、近2走以内に3コーナー5番手以内or上がり順位3番手以内の実績馬が有利(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中13頭が該当)・前走がG2以上のレース出走馬、2000m以上の距離出

  • [函館SS]近年の傾向と推奨馬

    イメージ通りにスタミナ指向が強い函館SS【近4年傾向Pickup】※札幌開催の昨年を除く直近4年の傾向・前走1400m以上出走の距離短縮馬か、近2走以内に上がり順位3番手以内の末脚実績馬(札幌開催の昨年を除く直近4年で4人気以下で複勝圏内に好走した5頭中4頭が

  • 王道の中距離適性が問われる近年のエプソムC

    ◆中でも父ディープorキンカメ系は超特注!?今週末の日曜日は東京競馬場で第39回エプソムCが行われます。近年のエプソムCは、いわゆる王道の中距離適性が強まった印象も垣間見える傾向。直近4年の当レースは、父ディープインパクト系、もしくはキングカメハメハ産駒が

  • 安田記念 最終見解

    メンバー唯一の特注傾向該当で軸不動!過去5年の安田記念の勝ち馬5頭中4頭は、1500m以下の距離に勝利実績のあった馬という共通項。当日単勝4番人気以下で複勝圏内に好走した7頭中6頭も上記実績の該当馬。通常の良馬場であれば、いわゆるスピード指向、短距離

  • 鳴尾記念 最終見解

    条件合致の伏兵に確信◎印!昨年に引き続き、中京芝2000mで施行される鳴尾記念。その昨年は、前走先行経験のあった当日単勝5番人気以下の人気薄が複勝圏内を独占する波乱決着に。また、その3頭は全馬が父か母父ストームバード系orダンチヒ系の血統馬。1着2着馬

  • [安田記念]近年の傾向と推奨馬

    短距離寄りのスピードが問われる安田記念【近5年傾向Pickup】・スピード指向で1500m以下に勝利実績のある馬が有利(該当馬は過去5年で4勝、4人気以下で複勝圏内に好走した7頭中6頭も該当)・特に前走3コーナー5番手以内の先行経験or1400m以下出走の延長

  • [鳴尾記念]近年の傾向と推奨馬

    今年も中京競馬場で施行される鳴尾記念【近1年傾向Pickup】※昨年に引き続き従来の阪神芝2000mから舞台を移して中京芝2000mで開催されるため、傾向Pickupは1年のみ・中京開催の昨年は、当日単勝5番人気以下の前走先行経験馬が3着以内を独占して波乱決着に・

  • 短距離実績も活きる近年の安田記念

    ◆持続力あるノーザンダンサー系も特注系!?今週末の日曜日は、東京競馬場で春のマイル王者決定戦に位置づけられる第72回安田記念(東京芝1600m・G1)が行われます。近年の安田記念は1600m戦ながらも、いわゆる短距離寄りのスピード、あるいはそれを持続させる

  • 日本ダービー 最終見解

    前走ローテ、距離実績、血統と全ての条件に合致!過去5年の日本ダービーで複勝圏内に好走した15頭中11頭は、前走皐月賞で5着以内or当日単勝5番人気以内の該当馬。また、過去5年の当レースは、ディープインパクト産駒が4勝。2016年は当種牡馬の産駒が3着以

  • 目黒記念 最終見解

    父も母父も特注系で確信◎印!過去5年の目黒記念で複勝圏内に好走した15頭中12頭は、前走が芝2400m以上の長距離戦に出走していた馬。また、過去5年で複勝圏内に好走した15頭中14頭は、近2走以内に芝2000m以上で上がり順位5番手以内の末脚を使って

  • [日本ダービー]近年の傾向と推奨馬

    極限のスピードが要求される日本ダービー【近5年傾向Pickup】・基本的には前走皐月賞組で断然、中でも皐月賞で5着以内or単勝5番人気以内(過去5年で前走皐月賞から複勝圏内に好走した11頭全馬が該当、過去5年で該当馬は3勝)・別路線組は、京都新聞杯含む前走トラ

  • [目黒記念]近年の傾向と推奨馬

    スタミナ指向が強い目黒記念【近5年傾向Pickup】・前走芝2400m以上の長距離戦出走馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中12頭が該当)・長距離重賞だけに末脚の実績も重要、特に近2走以内に芝2000m以上で上がり順位5番手以内の実績(過去5年で複勝圏内に

  • [葵S]近年の傾向と推奨馬

    今年も中京で施行される葵S【近1年傾向Pickup】※昨年に引き続き従来の京都芝1200mから舞台を移して中京芝1200mで開催されるため、傾向Pickupは1年のみ・昨年は父ミスプロ系が複勝圏内を独占して3連単145万円超の大波乱決着に・特に、ロードカナロア、マ

  • 王道の傾向が垣間見える日本ダービー

    ◆近年はディープインパクトで断然!?今週は競馬ファン待望のダービーウィーク。競馬の祭典こと、第89回日本ダービー(東京芝2400m・G1)が、今週末の日曜日に開催されます。近年の日本ダービーは、臨戦過程的にも、血統的にも至ってシンプルな傾向が垣間見えるレー

  • オークス 最終見解

    一気の距離延長で覚醒の予感!過去5年のオークスで複勝圏内に好走した15頭中8頭は、前走桜花賞で5着以内or5番人気以内の該当馬。基本的には、桜花賞組が優勢と言える3歳牝馬の頂上決戦。また別路線組は、中距離戦での好走実績や、中距離戦での末脚の実績がポイン

  • 平安S 最終見解

    コース適性、馬場も不問で確勝級!昨年に引き続き中京ダ1900mで施行される今年の平安S。その昨年は降雨の影響で重馬場開催。また、近走先行経験のあった上位人気馬3頭が上位を独占する決着に。但し、当日単勝10番人気以下で4~6着に走ったアルドーレ、スワー

  • [オークス]近年の傾向と推奨馬

    イメージ通りにスタミナ指向が強いオークス【近5年傾向Pickup】・基本的には前走桜花賞組、特に桜花賞で5着以内or5番人気以内(該当馬は過去5年で3勝、前走桜花賞から複勝圏内に好走した8頭全馬が該当)・別路線組は、前走オープンクラスの1800m以上の距離で1

  • [平安S]近年の傾向と推奨馬

    今年も中京ダ1900mで施行される平安S【近1年傾向Pickup】※昨年に引き続き従来の京都ダ1900mから舞台を移して中京ダ1900mで開催されるため、傾向Pickupは1年のみ・重馬場開催の昨年は、近走先行経験のあった人気馬3頭の決着に・但し、人気薄で走った4

  • 人気薄は別路線組をチョイスしたいオークス

    ◆スタミナ指向の強い傾向も重要なポイント今週末の日曜日は東京競馬場で3歳牝馬の頂上戦、第83回オークス(東京芝2400m・G1)が行われます。過去5年のオークスで3着以内に好走した15頭中8頭は前走桜花賞組。但し、当日単勝6番人気以下で3着以内に好走した

  • ヴィクトリアM 最終見解

    タフな馬場なら確勝級の1頭!直近3年のヴィクトリアマイルは、前走1800m以上の重賞レースに出走していた距離短縮ローテ馬が3連勝中。昨年も、掲示板内に好走馬した5頭中4頭が、前走1800m以上の重賞レース出走馬。また、その4頭中3頭は当日単勝10番人

  • 京王杯スプリングC 最終見解

    雨馬場も歓迎で確信◎印!過去5年の京王杯スプリングSは、3着以内に好走した15頭中7頭が、前走1600m戦出走の距離短縮馬。当日単勝4番人気以下で3着以内に好走した8頭中5頭も、前走1600m戦出走馬。1400m重賞としてはスタミナ指向が強く、マイル

  • [ヴィクトリアマイル]近年の傾向と推奨馬

    近年は中距離指向が強いヴィクトリアマイル【近5年傾向Pickup】・近年は波乱傾向(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中12頭は当日単勝4番人気以下)・近年は中距離指向が強い、特に距離短縮の前走芝重賞出走馬or近2走以内に1600m以上の重賞で上がり順位5番手以

  • [京王杯SC]近年の傾向と推奨馬

    体力の絶対値がポイントになる京王杯SC【近5年傾向Pickup】・前走がオープンクラスの1600m戦出走の距離短縮馬(過去5年で2勝、複勝圏内に好走した15頭中7頭が該当)・基礎能力の高い前走高松宮記念出走馬も期待値は高い(該当馬は過去5年で3勝、合計7頭が馬

  • 前走ローテに注目したいヴィクトリアマイル

    ◆中でも父〇〇系は超特注!?今週は東京競馬場で、牝馬のマイル女王決定戦に位置づけられる第17回ヴィクトリアマイル(東京芝1600m・G1)が行われます。近年のヴィクトリアマイルは至って簡潔で「前走1800m以上の重賞出走馬」「父が主要のサンデー系」の2つの

  • NHKマイルC 最終見解

    前走以上のパフォーマンスも濃厚で確勝級!過去5年のNHKマイルCで複勝圏内に好走した15頭中13頭は、前走が芝の重賞レースで5着以内に好走していた馬。また、過去5年の複勝圏内好走馬15頭中11頭は関西馬。基本的には、近走好調の関西馬に有利の傾向。但

  • 京都新聞杯 最終見解

    昨年の勝ち馬を彷彿とさせる1頭!昨年に引き続き、京都競馬場から舞台を移して、中京芝2200mで施行される京都新聞杯。その昨年は、近2走以内に2000m以上の距離で上がり順位3番手以内の、末脚の実績があった馬が3着以内を独占。また、1着レッドジェネシス

  • [NHKマイルC]近年の傾向と推奨馬

    高速血統が活躍する近年のNHKマイルC【近5年傾向Pickup】・前走が芝重賞で5着以内(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中13頭が該当)・前走が芝G1レースor2000m重賞出走馬も期待値は高い(該当馬は過去5年中4年で連対、昨年は1着2着)・特に近年は関西

  • [新潟大賞典]近年の傾向と推奨馬

    スタミナやタフさが要求される新潟大賞典【近5年傾向Pickup】・近2走以内に上がり順位5番手以内の末脚の実績がある馬か、前走2200m以上の重賞出走馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭全馬が該当)・キングマンボ系、サドラーズウェルズ系、トニービン系など、勝

  • [京都新聞杯]近年の傾向と推奨馬

    今年も中京競馬場で行われる京都新聞杯【近1年傾向Pickup】※昨年に引き続き従来の京都芝2200mから舞台を移して中京芝2200mで開催されるため、傾向Pickupは1年のみ・中京開催の昨年は、近2走以内に2000m以上で上がり順位3番手以内の末脚実績を持ってい

  • 近走好調馬が断然有利のNHKマイルC

    ◆西高東低の傾向も顕著!?今週末の日曜日は東京競馬場で第27回NHKマイルC(東京芝1600m・G1)が行われます。近年のNHKマイルCは近走好調馬が圧倒的に有利。特に「前走が芝重賞で5着以内」の該当馬は、過去5年で複勝圏内に好走した15頭中13頭が該当す

  • 天皇賞春 最終見解

    非根幹実績も有利!波乱の立役者はコノ馬!昨年に引き続き、京都競馬場の全面改修工事に伴い、京都芝3200m戦から舞台を移して阪神3200mで施行される春の天皇賞。その昨年は、複勝圏内に好走した3頭全馬が、前走2500m以上の重賞で上がり順位3番手以内&

  • 青葉賞 最終見解

    毎年の黄金ローテで確勝級!過去5年の青葉賞で、当日単勝6番人気以下で3着以内に好走した5頭中4頭は、前走1勝クラス以上&2200m以上の長距離戦で連対していた馬という共通項。スタミナ指向の強いレースを経験していた馬が有利になりやすい重賞競走。また、こ

  • [天皇賞春]近年の傾向と推奨馬

    今年も阪神3200mで施行される天皇賞(春)【近1年傾向Pickup】※昨年に引き続き従来の京都芝3200mから舞台を移して阪神芝3200mで開催されるため、傾向Pickupは1年のみ・昨年は、前走2500m以上の重賞で上がり順位3番手以内&3着以内の条件を満たす馬が複

  • [青葉賞]近年の傾向と推奨馬

    ダービーよりもスタミナ指向が強い青葉賞【近5年傾向Pickup】・人気薄は前走2200m以上で連対or芝1800m以上の重賞出走馬(過去5年で4人気以下で複勝圏内に好走した7頭全馬が該当)・特に、前走1勝クラス以上&2200m以上の距離で連対している馬(過去5年

  • 前走ローテで絞り込める阪神開催の天皇賞(春)

    ◆レースの質は阪神大賞典に近い!?今週は阪神競馬場で、第165回を数える伝統の天皇賞・春(阪神芝3200m・G1)が行われます。京都競馬場の全面改修工事に伴い、今年も阪神競馬場で施行される春の天皇賞。・前走2500m以上の重賞で3着以内・前走の上がり順位が

  • フローラS 最終見解

    父も母父も当レース向きで大波乱演出も!昨年5人気1着クールキャットは、ロベルト系スクリーンヒーロー産駒。一昨年4人気1着ウインマリリンもスクリーンヒーロー産駒。2020年5人気3着フアナ、2018年13人気2着パイオニアバイオは、キングマンボ系ルーラ

  • 福島牝馬S 最終見解

    相性抜群の凱旋門賞血統で確信◎印!新潟開催の昨年を除く過去4年の福島牝馬Sは、前走中山牝馬Sが全勝。複勝圏内に好走した12頭中8頭も、前走中山牝馬S組。2017年は、当該ローテ馬が5着以内を独占。2018、2019年は2年連続で前走中山牝馬S組が1

  • [フローラS]近年の傾向と推奨馬

    欧州指向が強いフローラS【近5年傾向Pickup】・基本は、前走新馬戦以外で連対馬か、芝1600m以上の重賞出走馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭全馬が該当)・人気薄は近走先行経験馬が走る、特に近2走以内に3角5番手以内(過去5年で4人気以下で複勝圏内に

  • [マイラーズC]近年の傾向と推奨馬

    今年も阪神競馬場で施行されるマイラーズC【近1年傾向Pickup】※昨年に引き続き従来の京都芝1600mから舞台を移して阪神芝1600mで開催されるため、傾向Pickupは1年のみ・近2走以内に上がり順位3番手以内の末脚の実績(昨年は該当馬が複勝圏内を独占、3着馬は

  • [福島牝馬S]近年の傾向と推奨馬

    非主流系が走る福島牝馬S【近4年傾向Pickup】※新潟開催の昨年を除く直近4年の傾向・近2走以内に、芝1800mで上がり順位3番手以内か、芝2000m以上で3角3番手以内の先行経験(該当馬は過去4年で全勝、4人気以下で馬券に絡んだ6頭中4頭も該当)・前走中山

  • 欧州血統馬が断然有利のフローラS

    ◆特に偏った欧州種牡馬の産駒が走る!?いよいよ今週は春の東京開催が開幕。そのオープニングカードとして、第57回フローラS(東京芝2000m・G2)が行われます。3歳牝馬の頂上戦オークスのトライアル重賞だけに、基本的には近走好調馬、あるいは芝重賞出走馬が有利

  • 皐月賞 最終見解

    前走の経験も大きなアドバンテージに!2011年から2018年までの皐月賞は「前走1800m重賞の連対馬」が、実に8年連続で勝利。直近5年も、上記ローテーションの該当馬が3勝。また過去5年の皐月賞で、当日単勝4番人気以下で複勝圏内に好走した8頭中5頭は

  • アーリントンC 最終見解

    例年の好走条件合致で確信の本命視!2018年からNHKマイルCのトライアル戦となり、従来の阪神開催開幕週から、後半の開催へと施行時期が変更されたアーリントンC。この番組編成の影響か、近年の当レースは1600m重賞ながらも、いわゆる中長距離寄りの適性、

  • [皐月賞]近年の傾向と推奨馬

    スピード指向でマイル実績も活きる近年の皐月賞【近5年傾向Pickup】・前走1800m以下の重賞に出走している距離延長馬の期待値が高い(該当馬は過去5年で3勝、6人気以下で複勝圏内に好走した8頭中4頭も該当)・近年は芝1600mの勝利実績馬も走る(過去5年で

  • [アンタレスS]近年の傾向と推奨馬

    近走長距離戦出走馬が走るアンタレスS【近5年傾向Pickup】・近2走以内に、1900m以上のダート戦出走馬or上がり順位5番手以内の末脚の実績を持つ馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中14頭が該当)・特に、前走1900m以上のダート重賞出走馬(過去5年で4

  • [アーリントンC]近年の傾向と推奨馬

    スタミナ、馬力指向が強いアーリントンC【近5年傾向Pickup】※2018年から施行時期の変更あり・近2走以内に上がり順位3番手以内の末脚の実績か、前走3着以内の好調馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中14頭が該当)・出走頭数は少ないものの距離短縮馬も期待

  • 10年スパンで延長ローテの期待値が高い皐月賞

    ◆主要のクラシック競走だけに主流血統も走る今週末の日曜日は競馬ファン待望のクラシック初戦、第82回皐月賞(中山芝2000m・G1)が行われます。皐月賞往年の傾向と言えば、スピード指向で距離延長馬が圧倒的に有利の方向性。2011年から2018年までの皐月賞

  • 桜花賞 最終見解

    毎年の王道パターンで軸不動!過去5年の桜花賞で複勝圏内に好走した15頭中14頭は、前走オープンクラスの芝1600m戦で3着以内馬か、フィリーズレビューの連対馬。また、過去5年で3着以内に好走した15頭中11頭は当日単勝3番人気以内馬。ごまかしの効かな

  • 阪神牝馬S 最終見解

    鞍上込みで前走から一変に期待大!過去5年の阪神牝馬Sは、3着以内に好走した15頭中12頭が、前走3着以内の好調馬か、前走G1レース出走の該当馬。ヴィクトリアマイル(G1)の前哨戦となった近年は、相対的に出走レベルが向上したこと、また紛れの生じにくい阪神

  • [桜花賞]近年の傾向と推奨馬

    主要ローテ、主要血統が軒並み走る桜花賞【近5年傾向Pickup】・基本的には前走チューリップ賞組か、フィリーズレビュー連対馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中8頭が該当)・別路線組は、前走オープンクラスの1600m戦で1着or2歳G1で3着以内馬(別路線組

  • [阪神牝馬S]近年の傾向と推奨馬

    母父もポイントになる近年の阪神牝馬S【近5年傾向Pickup】・基本は前走3着以内の好調馬か、前走G1レース出走馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中12頭が該当)・スピード指向も強く、前走1400m以下出走馬or1600m以上で3コーナー5番手以内の先行経験

  • [ニュージーランドT]近年の傾向と推奨馬

    1200m寄りのスピードが活きるニュージーランドT【近5年傾向Pickup】・スピード指向で、前走1400m出走馬or前走3コーナー5番手以内の先行経験のある馬の期待値が高い(該当馬は過去5年で全勝、4人気以下で複勝圏内に好走した9頭も全馬が該当)・特に近年は、前走

  • ローテーションで絞り込める近年の桜花賞

    ◆桜花賞は主流血統で断然!?今週末の中央競馬開催はファン待望の春のクラシックシリーズが開幕。阪神競馬場で第82回桜花賞(阪神芝1600m・G1)が行われます。近年の桜花賞は至って簡潔で「前走チューリップ賞出走orフィリーズレビューで連対」の前哨戦組が定石通り

  • 大阪杯 最終見解

    毎年の黄金血統で2強に付け入る隙あり!2017年にグレード1競走に格上げ後、今年で6年目を迎えるG1大阪杯。道悪開催の昨年を除く直近4年の大阪杯は、いわゆるスピード指向が顕著。良馬場開催の直近4年の大阪杯で、当日単勝4番人気以下で複勝圏内に好走した6

  • ダービー卿CT 最終見解

    毎年の特注傾向合致で渾身◎印!過去5年のダービー卿CTで3着以内に好走した15頭中13頭は、近2走以内に1600m以上で上がり順位5番手以内or1800m以上の距離出走の該当馬。近年は路面の改修工事等々も含めて、いわゆる中距離指向が強まった印象も。この

  • [大阪杯]近年の傾向と推奨馬

    通常馬場ならマイル寄りの速さが問われる大阪杯【近5年傾向Pickup】・良馬場なら、スピード指向、特に近2走以内に1800m以下の重賞出走馬orG2以上のグレードレースで上がり順位3位以内の高速上がり実績を持つ馬が走る(良馬場開催の直近4年で3勝、4人気以下で

  • [ダービー卿CT]近年の傾向と推奨馬

    近年は中距離指向が強いダービー卿CT【近5年傾向Pickup】・近年は中距離指向が強い、特に近2走以内に1600m以上で上がり順位5番手以内or1800m以上の距離出走馬(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中13頭が該当)・上級条件の中山芝1600mに勝利実績の

  • マイル重賞の実績馬が激走する近年の大阪杯

    ◆血統的にもスピード指向で断然!?今週末の日曜日は第66回大阪杯(阪神芝2000m・G1)が行われます。2017年にG1レースへ格上げされた当レースは、通常の良馬場であれば、いわゆるスピード、マイル指向の強い傾向が顕著。G1昇格後、良馬場開催の直近4年で、

ブログリーダー」を活用して、血統マニアさんをフォローしませんか?

ハンドル名
血統マニアさん
ブログタイトル
競馬好きにはたまらない(であろう)内容を意識して書く
フォロー
競馬好きにはたまらない(であろう)内容を意識して書く

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用