searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

CHIEKOさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あお色のたね、きん色のみ
ブログURL
https://ameblo.jp/lizzychico2/
ブログ紹介文
捻れた心のほぐし方。幸せは心のさじ加減。70億分の一の奇跡な自分を信じて50代から始める私の生き方。
更新頻度(1年)

264回 / 365日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2018/08/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、CHIEKOさんの読者になりませんか?

ハンドル名
CHIEKOさん
ブログタイトル
あお色のたね、きん色のみ
更新頻度
264回 / 365日(平均5.1回/週)
読者になる
あお色のたね、きん色のみ

CHIEKOさんの新着記事

1件〜30件

  • 生きてるのになぁ。

    本日は一歩も外へ出なかった。ずーっと眠かったのと、ドラマや映画を観たかったから。この映画が好きだ。もう何回も観ている。そもそも家族愛に弱い。これはお父さんと息…

  • 楽しかった。

    私には誰かと何かをして「ものすごく楽しかった!」という記憶があまりない。感謝していなかったからなのかな、と思うのだけど、絶対にある筈なんだけど、なぜか思い出そ…

  • アフェア…それは浮気。

    浮気。不倫。それは英語でアフェア。Affairs.意味はコミットメントした、もしくは結婚した相手以外と性的な交渉を持つことなのかな。想いを馳せることも入るのか…

  • 人がしゅきだから。

    先々月の終わりに七五三の写真を撮っていたお孫たち。本日、我々行きつけの神社で御祈祷して頂きに参ってきた。思えば、1号の時も行ったな。あれからもう3年も経つのか…

  • 運命を感じる。

    しょうもないことやけど、あるK-popグループの曲を聴いていたら、その曲のティーザーが何度も入ってくる。偶然は運命をやと思ってるからなんか運命なんちゃうん?と…

  • きみ達男の子、我ら女の子。

    何故かは知らねど、丁度この頃30代の子達と話す機会が多い。恐らく、日本の同年代は私の変人ぶりにいたたまれないのか、もしくはあたくしの美しさにいたたまれないのか…

  • 視点と広がる世界。

    Netflixの人気シリーズ、The Crownのシーズン4が始まった。ずーっと待っていたので嬉しい。今シーズンからいよいよダイアナ妃が登場する。常々、チャー…

  • 今までとは違う私に。

    雲海の竹田城跡に行ってきた。5年前から行ってみたいと思っていたが、友人がその願いを叶えてくれた。ありがたい。また、これ以上の雲海は望めないと地元の人が言うほど…

  • 健康診断の復習。

    9月の半ばに健康診断に行った。10月に結果が出て、ゆーっくり私の健康状態は下降している。そんな訳ですぐに精密検査の必要はないのだが、その結果を持って行きつけの…

  • 絆。

    お孫1号の熱いお薦めで『鬼滅の刃』を読んだ。漫画を読んだ後、アニメを観ている。アニメはオリジナルに忠実である上に、音響や色々で臨場感があって観ていて面白い。し…

  • 不安なよる。

    昨日の夜、寝付きが悪かった。その上、何度も何度も夜中に目が覚めた。真夜中の暗闇はさすがに漆黒に近くて、また眠りに落ちるまでのその瞬間、瞬間にねっとりと心の中の…

  • 継続のためのぐずぐず心意気。

    この頃、部屋が散らかっている。仕事と外へ出ることとダラダラすることに神経が集中し過ぎていて心が落ち着いていない証拠だ。すると、英翻訳も何だか今ひとつの出来で、…

  • どうしようもない毒母。

    叔母が亡くなった。私にとっては突然のことで衝撃だった。実の親のようによくしてくれた人だったから。どんなに疲れていても、笑顔と冗談満載で、実の姉である私の毒母と…

  • 声にのせて。

    オックスフォードに入学した時、カレッジに写真屋さんがやって来て、入学記念用の個人写真を撮ってくれた。もちろん買った。だが、アメリカで元夫が誤って捨ててしまった…

  • 澱のある人。

    心の中に恨みという名の澱みを持つ人は、その恨みの対象が口から出ると止まらなくなってしまう。もう壊れたレコードみたいに何度も何度も何度も何度も何時間にもでも渡っ…

  • 大きなリンゴ。

    今や果物屋さんなんぞそうそう見なくなったが、我が家の近くに一軒、果物屋さんが残っている。その店先に、大きな紅玉りんごが3つずつ袋に入って売っていた。紅玉りんご…

  • ちょっと自然、長ーく自然。

    昔、昔。大原麗子さんがめっちゃ可愛くて、めっちゃ美しくて、めっちゃ元気でいらした頃、「ちょっと愛して、ながーく愛して」というサントリーウイスキーのコマーシャル…

  • 変わっていく。

    今年は大変革な1年だった。周辺的にはなんと言ってもコロナだ。中国の武漢から始まって、恐らく地球が始まって以来の「小さな世界」を体感出来る経験ではなかったか。瞬…

  • 刹那。

    私たちは瞬間の繋がりを生きている。誰でも、どんな境遇でも、どんな選択をしても、最期の1秒を生きるために生きる。その瞬間の繋がりで出会う人たちは、心と心が繋がる…

  • アーモンドを慈しむ。

    私の中のアーモンド、それは扁桃体なんだが、これからアーモンドと呼ぶことにしよう。そのアーモンド。私の感情の源だ。アーモンドが未熟だから激しやすい、なんていうの…

  • デパ地下で思うこと。

    昨日、大学時代の友人が京都に来ているので会いに行った。思ったより早くに着いたので、伊勢丹の食品売り場に行って何か珍しいものはないだろうか、とあさってみた。珍し…

  • おお、そうだったか!

    ブリティッシュ・カウンシルで求人があった。別に年齢のことは書いていなかったが、仕事内容に若い人にチャンスを与える…と、書いてあった。「何よ、若い人にばっかり、…

  • それでいいのさ。

    人間関係は難しい。実母とさえ上手く付き合えないわけで、もう自分を責める気はさらさら無いが、難しいなぁ、と思う。仲良くなる。一度親切にしてもらう。何度もそれが重…

  • Happy BBA Day.

    ほとんど無いことだけど、在宅仕事中にお孫をあずかることになった。娘がどうしても出勤しなくちゃだったのだ。で、3号は意気揚々とやって来た!すっかり背が伸びて、元…

  • 6歳のいつか。

    用務員のおじさんのカブの後ろから見る世界はキラキラしてた。「熱があるわ」「用務員さんに頼もか」青い顔をしたチコちゃんは手を引かれてランドセルをしょった。197…

  • 愛ってやつぁ。

    「誰からも愛されない私」。例えば、4年前の今頃、私には定住する家もなく仕事もなく金もなく収入もなく、1番頼りにしたい人は信じたく無かったがだが事実として頼りに…

  • 詩。

    子供の頃、漢詩を習うのが嫌だった。何が良いのかよく分からない。漢詩だけではない、短歌も嫌だったし俳句も嫌だった。所が、大学ではそこら辺を中心に学んだ。漢詩は好…

  • フィーバー

    秋も一気に深まった。心配していた台風もずれてくれて、普通に雨が降って終わりとなった。思えば先々週まで半袖でも平気だったのが、先週はいきなり長袖、雨が降ったりな…

  • 『82年生まれ、キム・ジヨン』。

    ちょっと前に読んだこの本。日本では、今日が映画の封切りだ。読了後、心中複雑すぎて言葉がなかったのだが、やはり書いておきたいと思い書いてみた。Facebookに…

  • こだわり。

    日本は嫌なんです。英語ができなくちゃダメなんです。もし付き合う人ができるとしたら、海外にひょいっと行けるような人じゃなきゃダメなんです。社交的な人じゃないとだ…

カテゴリー一覧
商用