searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

カモさんありがとうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
カモさんありがとう
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/zaqxsw-1941
ブログ紹介文
我が家の近くに池がある。小さくて、また、水が濁って汚い池。そんな池にも生き物はいる。鯉と亀です。秋に
更新頻度(1年)

214回 / 365日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2018/05/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カモさんありがとうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
カモさんありがとうさん
ブログタイトル
カモさんありがとう
更新頻度
214回 / 365日(平均4.1回/週)
読者になる
カモさんありがとう

カモさんありがとうさんの新着記事

1件〜30件

  • 「日本国紀の天皇論」を読んで!!(読書感想 その3)

    体調不良に陥った時、今年の夏は「熱中症」か「武漢ウイルス」か症状が似ているそうですね。それにしても暑いですね!!!さて、よく巷で言う「天皇制」反対!!!立憲民主党、日本共産党や社民党他が声高に叫びます。では、いつ「天皇制」が出来たたのでしょうか。「天皇制」そのもはありません。「制」??言葉自体おかしいでしょう。「天皇」---それは、皇紀2680年という悠久の流れを持った「神」をご先祖にした王朝が誕生し、今日まで存続している国体と表現されるものではないでしょうか。初代から10代までの天皇は神話の話であるとされていますが、初代天皇-神武天皇の「東征」が「記紀」に記載されていますが、その痕跡が多々残されており、実在の人物であるとも言われています。日本が大きな岐路に立った時の「ご聖断」「大御心」といった、日本の国体その...「日本国紀の天皇論」を読んで!!(読書感想その3)

  • 台湾元総統 李登輝氏 死去 !! (その2)

    外国の要人が亡くなり自分の胸にずしりと重いものを感じたことはありませんでした。日本と台湾の関係では、必ずと言ってもいいほど李登輝氏が出てきます。氏の経歴には、「22歳まで自分は日本人であった」と、日本統治時代の台湾で生まれ、高校生活で新渡戸稲造の「武士道」を何回も何回も読みこんだそうです。その武士道精神は、今の私たち日本人以上に日本人といえそうでした。氏が高校生の頃には、翻訳本が出ていましたが原版を読んだのでしょうか。この本は、元々は英語で書かれた外国人向けに出版された本であります。英語版は、ルーズベルト大統領やケネディ大統領などは、大変、素晴らしい本だということで親族知人他にプレゼントした。と、伝えられています。近現代では、日本の経営理念等に取り入れられてもいます。そのように素晴らしい日本を、こよなく愛してい...台湾元総統李登輝氏死去!!(その2)

  • 台湾元総統 李登輝氏 死去 !!! (その1)

    正直、台湾にとってショックでありましょう。市井の片隅に生きている、ちっぽけな人間でありますが改めて、悲しく思い、お礼を申し上げます。私は、日本にとっても、大変な方を失ったと思います。確か、今年の始め、産経新聞に「李登輝秘録」という連載が朝刊に載りました。氏の生涯に、いかに日本がかかわってきたのか、そして、氏の物事の捉え方に、大学時代(京大)の教育や高校時代に新渡戸稲造の「武士道」を何回も読みこんでいます。京大在学中に出征もしています。そんな、「日本精神」を持ち合わせている氏は、終戦後、当時台湾の総統であった蒋介石の長男・蒋経国に見いだされ、副総統指名されています。私は、氏のすごさはここから始まっていくのですね。この連載を読み進めていくうちに、今の日本にこんな人がいてくれたらーーーー恐らく、日本の変わっていたでし...台湾元総統李登輝氏死去!!!(その1)

  • 慰安婦像に土下座!!!

    昨日も今日も朝刊にこの写真が掲載されていました。テレビでも放映していたようです。土下座しているのは、安倍首相であります。製作者は、贖罪で永遠に日本の首相に土下座しろと言っているのですね。(製作者は、金昌烈という人物です)ただ今朝の新聞では、この土下座しているのは、特定者はいないと製作者は、前言を翻しているそうです。その国の代表者に土下座しろ!!!!菅官房長官は「国際儀礼上、許されない」と不快感を示しました。全く、その通りであります。まーーーー正直、〇〇〇が貧しい国の人間であることからすれば、考えることも、この程度かもしれません。日本人よ、もっと怒ろう!!!もう韓国を相手にしなくてもいいのではないかーーー今までのことを考慮すれば、適度に、適度に!!!!と、言いたい!!!!※一口メモ※<名言>『門松は冥土の旅の一里...慰安婦像に土下座!!!

  • 狭心症の再手術入院を振り返って (令和2年6月 その9)

    企業の四半期ごとの決算報告が発表されています。手持ちの企業や関心のある企業の決算短信を眺めますと、昨年の同期と比べましても、いい数字は出ていません。武漢ウイルスで完全にアウトです。業績悪化で株価の下落は当然として減配や株主優待の中止等の悪い報告が目につきます。嫌ですね。世界規模で見ますとどのくらいの損失になるのでしょうか?以前トランプ大統領が言っていたように、中国に賠償責任を負わせたいくらいです。G7やG20でそんな話は出ないのでしょうか?話を戻しますーーーー退院の日です。目覚めは5時13分。小学生並みに記しますと、トイレに行きました。歯を磨きました。顔を洗いました。そして、デイルームの煎茶をいただきました。マグカップに淹れ、部屋でこの原稿を書きながら飲みました。退院の退出時間は一応10時となっています。かみさ...狭心症の再手術入院を振り返って(令和2年6月その9)

  •  ひ・と・り・で カ・ラ・オ・ケ !!

    朝から、一日曇り空。お日様が恋しいですね!!!明日からは少し、日差しが戻ってきそうです。それはそれでまた、汗びっしょりにはなるでしょうが、ジメジメの梅雨よりはありがたいです。夏は夏らしくーー汗をかかしてもらいましょう。今日の午前中は、光の温泉に入ってきました。午後は、温泉からジャンカラへ直行です。実は、今月中にジャンカラの1000円のサービス券の有効期限が切れてしまいますので、何とか使えました。従って、お昼ご飯は、ジャンカラで昼食をぱくつきながらーーー1000円で納めるように、カラオケ2時間食事は、焼きおにぎりと枝豆を頼みました。焼きおにぎりを2個食べますとお腹がいっぱいです。枝豆は家まで持って帰りました。さて歌の方です。今日は、「宿」ものと「旅」のものをテーマに歌いました。「宿」ものです。①わすれ宿ーー五木ひ...ひ・と・り・でカ・ラ・オ・ケ!!

  • 「日本国紀の天皇論」 を読んで (読書感想 (その2)

    著者は皆さんよくご存じの百田尚樹さんと有本香さんであります。百田尚樹さんは、作家として「永遠の0」や「海賊と呼ばれた男」の作者として有名であります。有本香さんは、編集プロダクションを設立後、編集・企画プロダクションで各方面で活躍されていることは、皆さんご存知だと思います。戦後日本の世相や政治経済、教育の流れを勉強して行きますといつも、最後に突き当たるものがあります。それは、GHQにおける日本国民への洗脳政策の恐ろしさであります。本の題名には「天皇論」となっておりますが、百田尚樹氏の「日本国紀」からも窺えますが、「天皇」を中心とした国体の素晴らしさは世界に比類なきものであります。特に戦後のGHQの圧力に屈したメディアの歪んだ報道(裏の報道規制が多くーーこの内容については、過日のブログ【「英国人記者が見抜いた戦後の...「日本国紀の天皇論」を読んで(読書感想(その2)

  • 静かな日曜日 又 これも良し !!

    昼前から、雨が降り出しました。午前中は、かみさんは昨夜からの夜勤で11時前にならないと帰ってきません。いつもなら、朝食後は新聞読みから始まりますが、洗濯物があれば洗濯から始めます。風呂の掃除もありますが、そこまではしません。後は、かみさんが帰宅後適宜します。洗濯が終われば、コーヒータイムです。ソワァーに寝っ転がり新聞も読みーーー行儀が悪い!!!誰もみていない???否、天知る、地知る、我知るであります。昼前から雨が降り出しました。昼食後は、普段ならマクドへ出かけますが、雨のため、今日は止めにしました。午後は、図書館から借りてきた本ーー柄にもなく「人生の教養が身につく”名言集”」をじっくりと読むことができました。今夜は、大河ドラマがあれば、チャンネルを合わせますが今は、放映されていませんね。では?そうですーーーー「...静かな日曜日又これも良し!!

  • 狭心症の再手術入院を振り返って  (令和2年6月 その8)

    入院3日の午後のことです。12:28点滴がやっと取れました。チョット、移動するだけでも、この点滴器を付けたまま移動しなければなりませんでしたが、無くなりホッとしました。残るは、首からぶら下げた心電図だけです。この心電図器は退院の日、すなわち明日の朝まで装着していなければなりません。12:50ごろかみさんがやって来ました。先生から説明を受けるためです。外は雨が降っていますが暑かったのでしょう。扇子でパタパタやっています。看護婦の案内で別室に入りました。担当医がすぐにやってきました。『手術は成功』と担当医手術の方法と結果の説明であります。「ステント」という金属製のものを血管内に入れ、血液が通りやすくなった。その結果、造影剤を使った。術前術後の写真で説明がありました。私はそれも有り難かったですが、「薬」が一種類飲まな...狭心症の再手術入院を振り返って(令和2年6月その8)

  • ニュース 2 題 !!

    雨が降り出しました。腕も体もねちゃねちゃして気持ちが悪い。昼から、マクドへ出かけたときは雨は降っていませんでした。連休の二日目で、もっと人出が多いと思っていましたが、意外に少なくマクドも空いていました。1時間ほど読書の後、ツタヤへ。過日、孫に読みたい本があるのならーーということでメールを入れていましたら。昨日、返事が来ました。2冊。その本の題名ですが①父からの手紙小杉健治②青くて痛くて脆い住野よるということで、購入してきました。株主優待でゲットした図書券で購入しました。もう一冊自分の本の在庫を聴きましたが、在庫なしでした。私が読みたい本は、いつも図書館で借り、再読したい本をツタヤで購入しますが、ほとんど店頭にはありません。したがって、今日も取り寄せの依頼をして孫の2冊だけ買いました。さて、本題ですが、一つは、昨...ニュース2題!!

  • 「日本国紀」の天皇論 -読書感想 (その1)

    蝉しぐれが聞こえるようになりました。この本は、昨年10月に発刊されています。著者は、日本国紀を書かれた百田尚樹さんとジャーナリストの有本香さんです。お二人の対談形式で書かれた本ですので、大変読みやすいです。さて、その内容は?題名から言って、かなり高度か?国民目線で親しみやすいか?どちら?二人の対談の内容は、日本歴史上の「天皇」の立場、日本人にとっての「天皇」とは何か。「万世一系」や「神話」「教育」他切り口は多々ありました。普段私達は、「天皇」に拝謁することなどはありえません。天皇のお姿をテレビで見ることが、それこそ唯一出来ることくらいです。それでも、戦前に比べて、今は国民に接される機会を持たれ身近な皇室を意識されておられます。時代と共に、また、「憲法」や「皇室典範における「天皇」のありかたも模索しておられるよう...「日本国紀」の天皇論-読書感想(その1)

  • 狭心症再手術入院を振り返ってーーー(令和2年6月 その7)

    朝から、真夏の太陽が照り付けます。掃除機をかけているだけで、汗びっしょりです。掃除後の冷やしておいた、野菜ジュースを飲むーーーおいしい。振り返りますとーー前回は、8:25看護婦さんが「心電図検査」の案内書を持ってきてくれたところまで書きました。9:25体温と血圧の測定であります。体温は36.8°普段は36℃前後ですので、これだけ高いのは久しぶりです。昨日、狭心症の手術をしたことによるものかもしれません。9:40心電図の検査に一階まで下ります。5分ほどで終わりました。帰室し窓の外を見ますと、雨が降ってきました。雨に濡れた樹々を見ていますと、何かホッとします。そして、外の空気を吸いたい気持ちがこみあげます。病室は3階です。向かいの棟の2階が見えます。この部屋から20メートルくらい離れていますか。その部屋では、リハビ...狭心症再手術入院を振り返ってーーー(令和2年6月その7)

  • 狭心症の再手術入院を振り返ってーーー (令和2年6月 その6)

    さて、今回は、入院3日目のことを書きます。夜中の3時45分看護婦の見回りがありました。右手の点滴の液が漏れているようです。針を代えるようです。「え~」と思わず声が出ました。また痛い目に合うのです。右手の別の個所に針を刺しこまれました。ーー実は、この針の刺す箇所を変更したことが、後に血管の硬化につながります。----AM5:45採血のために看護婦が来ました。採血は一昨日もあったため、理由を聞きました。返事は『手術に際し、体内にいろいろなものが入ったかもしれない、そのものの有無の検査です。』との説明を受けました。さて、その採血の場所であります。右手も左手も針が刺さっております。何処に刺すのでしょうか?答えはーー右の足首でありました。また痛い目にあいました。あの世に行けば、閻魔様にお前はこんな悪いことをしてきたとそれ...狭心症の再手術入院を振り返ってーーー(令和2年6月その6)

  • 「英国人記者が見抜いた 戦後の正体」ーーー(その6)

    今回は、「裏プレスコード」の事に触れたいと思います。1945年アメリカによる日本占領の開始です。戦勝国が作り上げた「戦後レジーム」であります。未だに、この「戦後レジーム」という言葉は、安保問題が国会で取り上げられたり、折りに触れメディアでも取り上げられることは国民がよく知っています。この「裏プレスコード」については、すでにご存知の方も沢山おられると思います。アメリカという国は、自由で民主主義国家を「標榜」しております。が、時のアメリカは、いたって抑圧的な国家であったといわざるを得ません。GHQは、自らの行った言論統制については、報道してほしくはありませんでした。(当然でしょうね。決していい事とは思いません)記者たちは、ただ官製報道だけを単に流すだけでは満足できないでしょう。フィールドの取材を自由にしたいという思...「英国人記者が見抜いた戦後の正体」ーーー(その6)

  • 今日のブログはーーやっぱり  藤井聡太君

    凄いですね!!!今一番強いといわれています渡辺明3冠を破ったんですね。最年少記録は、いつも話題になります。数々の最年少記録立派というよりほかないでしょう。今日は、新聞もテレビのワイドショウは「将棋」と「武漢ウイルス」が双璧でしょう。高校生の「棋聖」!!!ともかく、おめでとうございます!!!自分が高校生の時は???正直おぼこい高校生でありました。東海地方の方々にとって、大変な朗報ですね!!!おめでとうございます!囲碁のほうでは、タイトルホルダーがいますが将棋の世界では初めてということらしいです。愛知県瀬戸生まれ、17歳11か月。19日が18歳の誕生日。師匠は杉本昌隆八段、この二人がそろって出ていたテレビでは、ほほえましい二人として、好印象です。愛知県といえば、私が新社会人として、はじめて務めた土地でもあります。以...今日のブログはーーやっぱり藤井聡太君

  • 朝刊よりニュース 二題 !!

    毎日の雨で、家の中までジメジメ。我慢しきれず、今日は拭き掃除をしました。午前中は雨が降りませんでした。午後に、買い物やマクドに出かけました。さて、タイトルのニュースですが、二題とも関連があります。①「防衛白書」と②アメリカの対「中国への対応」であります。たまたまでありますが、今、私が読書中の本の題名は「台湾有事と日本の安全保障」という題の本でありニュースと大いに関係があります。安全保障問題ですので、対中国対北朝鮮が大きな命題であります。最初にアメリカからのニュースです。アメリカのポンペオ国務長官が13日の声明で中國が覇権的行動を活発化させる南シナ海情勢に関して自由で開かれたインド太平洋の実現に向け「南シナ海政策を強化させていく」と共に「中国が南シナ海のほぼ全域で海洋資源権益を主張し、一連の権益を支配しようと(近...朝刊よりニュース二題!!

  • 狭心症の再手術入院を振り返ってーーー(令和2年6月 日誌 その5)

    今回は、入院手術後の夜の事です。梅雨の長雨です。線状降水帯での災害が九州や中部山岳地方での大雨になりました。お亡くなりになりました方々へのお悔やみ申し上げます。早く雨がやんでほしいですね。「雲外蒼天」あの空の厚い雲のその上ーーー青空がいっぱい!!!やっぱり、滲む汗は、いやだが青空が恋しい!!!さて、18:00夕食であります。手術後の怠い体です。夕食は頑張って食べました。メニューは①ごはん130g②肉豆腐③五目きんぴら④ワカメサラダ607㎉でした。19:19看護婦が来ました。血圧、検温、酸素濃度の測定であります。血圧は、上が126で、下は55でした。体温は36.5ありました。自分なりの体温より少し高めでありました。酸素濃度は96.85ありました。濃度の機銃数値は95~100だそうです。別途、明日の予定表を置いてい...狭心症の再手術入院を振り返ってーーー(令和2年6月日誌その5)

  • 給付金10万円の使い道----(その2)

    武漢ウイルスがまた広がり始めているようです。街の中の様子は??すこし、緊張が抜けてきている様子がうかがえます。マスクをしていない人が、増えてきているような気がします。特に男性諸氏が多いかもしれません。さて、給付金をお上から頂いて、2週間ほど過ぎました。有難いですね、私は、年金生活者でありますが、特に生活に困っているということはありません。その日の生活が許されれば、こんなにありがたいことはありません。健康上の問題を抱えて、昨年から「狭心症」と「糖尿病」の手術や治療で入退院を繰り返しています。頂いた、10万円はありがたく使わせていただいております。過日の(その1)に書きましたように今のところ、実行したことは①ユニセフ募金への寄付②かみさんへの「気持ち」へ③ふるさと納税への寄付を、実行しました。③のふるさと納税は北海...給付金10万円の使い道----(その2)

  • 狭心症の再手術入院を振り返って  (令和2年6月  その4)

    今回は、入院2日目の手術のことを振り返ります。9;45手術のため、看護婦が迎えに来てくれました。点滴を装着したままです。車いすに乗せられて、地下の手術室へ向かいます。手術室の前で、ちょっとした出来事がありました。「マスク」の交換であります。え~~。私は手術の時には大勢のスタッフに囲まれるため、お上から頂いた、分厚い(3重)マスクをわざわざ付けてきたのですがーーー付き添い看護婦とスタッフの女性と何やら話していたですが、其の内容がマスクの交換のことでありました。交換のマスクは外側が少しピンク色していました。厚さは1重です。どう違うのでしょうか?あえて聴くことはしませんでした。いよいよ、手術が始まりました。『左手に消毒液を塗ります。』『今から、麻酔を打ちます。少し我慢をしてください。』と、声がかかりました。そして、造...狭心症の再手術入院を振り返って(令和2年6月その4)

  • 狭心症の再手術入院を振り返ってーー(令和2年6月 日誌 その3)

    さて、今回は、入院2日目のことを振り返ります。今日の手術は9:00からの予定です。朝食は抜きでした。薬はまだ飲むようにと看護婦が6:45に持ってきました。そして、血圧と体温そして体重の測定であります。なんで、体重???血圧は上が113で下は55でした。---普通体温は35.9°体重51.9㎏であります。それぞれ、日常の数字と大差ありませんでした。この後は、読書でした。持参した本は、①「日本国紀の天皇論」と②「囲碁」の本の2冊であります。①の本は昨日半分ほど読みました。今続きを読みました。また、この①の本の感想文を別途ブログに書きたいと思います。さて、9時前になりました。身体につけています金属類は外します。心の準備をし、トイレをすませました。病室に戻りますと、手術の時に立ち会う女医さんが顔を出してくれました。そし...狭心症の再手術入院を振り返ってーー(令和2年6月日誌その3)

  • 狭心症の再手術入院を振り返って (令和2年6月 日誌ーー その2)

    入院初日の午後の出来事です。所で、この病院には、武漢ウイルスでの入院患者はいるのだろうか?そんな余計な心配もしますが、ともかく入院です。12:00昼食の時間になりました。いつものように、病院食はあっさりした味でありました。13:30ごろ看護婦さんが、あすの手術とか入院中の計画書をもって説明に来てくれました。B4判の用紙に小さな文字が並んでいます。我が目には、少々見ずらいです。悪いが、その旨申し出し、拡大してもらうようにしました。16:00ごろ看護婦さんが、シャワー用で、右手の点滴用注射針のカバーを持参のうえ濡れないようにカバーをしてくれました。16:30ごろシャワーを浴びる時間になりましたので、心電図を外しに来てくれました。そして、シャワーです。サッパリしました。17:30ごろ点滴ランプに赤いランプが点滅してい...狭心症の再手術入院を振り返って(令和2年6月日誌ーーその2)

  • 日々是好日 !!

    今日は朝から雨が降ったり止んだりでした。それでも、午後、雨が止んだ時に出かけました。いつものコースです。マクドでの読書の時間と空間と歩くことが目的で行きます。ご近所のお宅の「木槿」の花が満開です。紫と白の木槿が咲いています。私は、「白」が好きです。マクドは土曜日のため、窓口の受付は、若い女性ばかりです。普段は、パートのおばさんたちが受付していますが、土日は若い女性でまた雰囲気が違います。マクドから帰って、「マイナポイント」について、不明なことがたくさんありますので総務省に電話しますが、一昨日からしていますが、いつも「只今混雑していますーーーーー」でつながりません。恐らく、全国からの質問が殺到しているのでしょうね。先月で終わった5%割引については、全く関心がありませんでした。したがって、1回もその買い物もしたこと...日々是好日!!

  • 狭心症の再手術入院を振り返ってーーー (令和2年6月 日誌ーーその1)

    今日から、また入院の事を書きます。狭心症の入院は、昨年の2月、そして今年の4月と三回目であります。従って、同じようなことが続きます。健康な方にとっては、実につまらない内容であるとも思います。そうですね、高年齢者の方や病気に関心のある方に読んでいただければと思います。ーーーーーーー今日から入院です。過日、PCR検査とCT検査を受けましたが、両方の検査に問題がなかったのでしょうね。入院となりました。PCR検査は、コロナウイルスに罹っていないかどうかの検査でした。また、CT検査は肺炎になっているかどうかの検査でした。9時50分かみさんの車で病院まで送ってもらいました。大きなペーパーバッグ2つに必要物件を入れ持参です。持参する物のチェックリストは作っておきましたが、入れたつもりでも、やっぱり入れ忘れはありました。😭入院...狭心症の再手術入院を振り返ってーーー(令和2年6月日誌ーーその1)

  • 英国人記者が見抜いた「戦後の正体」ーー(読書感想 その5)

    前回は「戦場で泣く赤ん坊」のことを書きました。インターネット上に出ていることを知っていただきましたが、どうですか、皆さんご覧になったでしょうか。プロパガンダでの写真は、何も戦争中だけではありませんね。皆さん、よくご存じの写真の件では、比較的新しい出来事として徴用工問題で、韓国が世界に発表した「軍艦島」の「徴用工」の写真です。出鱈目な写真を、世界に発表していたことは、記憶にあると思います。今日は、中国の捏造報道のことについてであります。ヘンリストーク氏は、また次のように記しています。この記述は、阿羅氏がのべて要点をまとめたものです。『上海で一番の繁華街だった南京路を挟んで、カセイホテル、パシフイックホテルというイギリス資本の二つのホテルがあった。1937(昭和12)年8月14日、数機の爆撃機がホテルを空襲し、宿泊...英国人記者が見抜いた「戦後の正体」ーー(読書感想その5)

  • 給付金の10万円の使い道!!!

    お上から頂く10万円が口座に入金されていました。ありがたいですね。全部、消費喚起のために、なるべく早めに使わせていただくようにつもりです。とりあえず、決めていることは、①かみさんへ少ないですが1万円②「ふるさと納税」で1万円③いつもの寄付先であります「ユニセフ」に5千円➃「お玉串」ご先祖様に代わり私が代理で神様に〇〇円を、させていただくことを考えています。⑤絨毯が、夏で暑苦しいということで、夏用の絨毯の代用品の購入資金にー----金額不明分⑥DVDの器機が使えなくなったので、新しく買い替え予定そして、残りは二人で食事や私の欲しいものを買うつもりであります。このお金は、皆さん何に使うのかな~????かみさんんは?必要経費に使いたいと、言っていました。つまらんことを書きました!!!!では今日のーーー閑題ーーーです。...給付金の10万円の使い道!!!

  • 誕生日の一日 !!

    うだるような暑さではないですが、少し動くと暑い。わが身の誕生日でした。この暑い日に、戦前のクーラーのない病室?で私を生んでくれた母親も大変でしたでしよう。病弱な私が、こんなに長く生きるとは、自分自身思ってもみませんでした。79歳になり、80歳も手が届くようになりました。父親は75歳で亡くなり、先妻は55歳で亡くなりました。長く生きるということは、いいこともつらいことも経験させてもらいました。さて、今日は午後からはいつものようにマクドナルドでコーヒーを飲みながらの読書です。1時間から1時間半の間クーラーの中で過ごします。我が家のクーラーは、来客のある時以外はかけません。私が、クーラーを嫌っているからです。が、かみさんはぶつぶつ言っています。帰宅後は、夕食までパソコンを触っています。が、今日はかみさんのおばさんが入...誕生日の一日!!

  • 英国人記者が見抜いた「戦後史の正体」 !! (読書感想 その4)

    前回は、マッカーサー元帥のことを少し書きました。今回は、未だに日本人が米国の「洗脳政策」から逃れていないことを触れてみたいと思います。1945年、米国による日本占領の開始です。革命時、革命後の大きな影響力を持つのが、電波です。この電波を乗っ取ることが大きな影響を持つことになります。アメリカが、日本の、日本人の「洗脳」を如何にして推進していったか。この大東亜戦争や戦後の教育に関心のある方は、すでにご存じのことと思います。その一つが、先の戦争の名前です。日本では、---大東亜戦争と呼んでいます。アメリカはーーー太平洋戦争と呼んでいます。私たちは、長い長い間、第2次世界大戦と呼んでいました。私が、常に悔しい思いがするのは、アメリカにより洗脳され、自虐史観が刷り込まれてしまっていることであります。戦後75年も経過してい...英国人記者が見抜いた「戦後史の正体」!!(読書感想その4)

  • 「80歳からの人生の楽しみ方」を読んでーー(読書感想文)

    大阪の気温は30度を下回りました。道を歩いていますと、ジトっと蒸し暑さが感じられます。タイトルが「80歳」ですので、若い方はこのタイトルを見ただけで、正直読む気もしませんね!!!この本の著者を紹介しますと桜井秀勳さんといいまして、皆さんよくご存じの週刊誌[女性自身」の元編集長の方です。31歳で編集長になられたそうですよ。そして、「女性自身」を毎週100万部も売れるように育て上げた人でもあります。私は、この本ではじめて、お名前も拝見したばかりで何も知りませんでした。さて、タイトルの「80歳からの人生の楽しみ方」ですが、私のように、もうすぐ80歳に手が届くような人、や80歳を超えた人はこの本を読んでみようかな~と思うかもしれません。内容としてズバリーーー「人生」への「思い」あるいは「満足度」といった考え方、捉え方の...「80歳からの人生の楽しみ方」を読んでーー(読書感想文)

  • 久しぶりのカラオケ!!!

    真夏の太陽ーーー暑いい一日でした!!!!向かいの学校の斜面に播いたゼフィランサスが今日は15本も花をつけてくれました。一方我が家のベランダのゼフィランサスは6本花を咲かせてくれました。今年初めての「花」であります。さて、今日は、3か月ぶりにカラオケに行きました。かみさんと行くつもりでしたが、都合で私一人で行くことになりました。今日は、第三火曜日のため高齢者は料金が半額であります。昼ごはんもジャンカラでしました。カード1枚分全部(30回)使用しましたら1000円券をもらえます。2月に其のサービス券をもらえていた分を今日使いました。カラオケ代金2時間分165円×4÷2=328円枝豆280円焼きおにぎり380円合計988円で、1000円以内に収まりました。只で、食事をし好きなカラオケを楽しんできました。歌った曲は島津...久しぶりのカラオケ!!!

  • 英国人記者が見抜いた「戦後史の正体」!!! (読書感想 その3)

    本の題名であります「戦後」ですが、1945年8月15日昭和天皇の「玉音放送」で「大東亜戦争終結の詔書」でもって終戦を迎えることになりました。私自身はまだ4歳の何もわからない年です。戦争が終わったということさえ、記憶にありません。当然のこととして、親たちは私のその旨つげていたでしょう。ヘンリストークは、次のように続けています。『「9月2日の東京湾に停泊中の米軍艦ミズリー号の甲板で行われた公式の降伏式典は象徴主義の式典であった。」と伝えている。この時掲げられていた星条旗は1941年12月8日の真珠湾攻撃の日にワシントンの国会議事堂に掲げられていた国旗であります。そして、驚くことに其の星条旗は1853年ペリー提督が日本との通商を求めて浦賀に艦隊を侵入させた際に掲揚した米国旗であったのです。』マッカーサー元帥は自己顕示...英国人記者が見抜いた「戦後史の正体」!!!(読書感想その3)

カテゴリー一覧
商用