住所
横須賀市
出身
徳島市
ハンドル名
apajiさん
ブログタイトル
FX用経済指標分析
ブログURL
http://fanblogs.jp/apaji/
ブログ紹介文
経済指標発表前後の値動きの特徴を予め知っておけば、リスクを下げて効率よく利益を残すことができます。
自由文
更新頻度(1年)

71回 / 361日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2018/02/25

apajiさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 全参加数
総合ランキング(IN) 16783 17998 17973 16736 16663 17682 17523 949438サイト
INポイント 20 20 10 20 20 20 10 120/週
OUTポイント 20 30 10 20 20 20 10 130/週
PVポイント 290 810 280 230 420 390 430 2850/週
為替ブログ 224 244 240 223 224 238 233 16788サイト
為替投資情報 7 8 8 7 7 7 8 1047サイト
FX サラリーマン投資家 46 48 47 49 50 49 49 1682サイト
今日 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 38527 40312 40194 38816 38592 36011 32803 949438サイト
INポイント 20 20 10 20 20 20 10 120/週
OUTポイント 20 30 10 20 20 20 10 130/週
PVポイント 290 810 280 230 420 390 430 2850/週
為替ブログ 403 431 426 408 404 363 312 16788サイト
為替投資情報 15 15 14 13 13 12 8 1047サイト
FX サラリーマン投資家 69 69 65 65 64 61 59 1682サイト
今日 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 全参加数
総合ランキング(PV) 6379 6203 6675 6420 6084 5885 5731 949438サイト
INポイント 20 20 10 20 20 20 10 120/週
OUTポイント 20 30 10 20 20 20 10 130/週
PVポイント 290 810 280 230 420 390 430 2850/週
為替ブログ 56 53 59 57 51 48 47 16788サイト
為替投資情報 2 2 2 2 2 2 2 1047サイト
FX サラリーマン投資家 16 16 17 17 16 16 15 1682サイト

apajiさんのブログ記事

?
  • 2月21日経済指標

    NHK『ためしてガッテン』で、妊婦の足のツボに鍼を打ったら、お腹の中の逆子が自分でばたばたして逆子でなくなった映像を放送していました。何でそんなことが起きるのか、科学的にはまだよくわからないそうです。 私は妊婦じゃないので、真似したら危ない気がします。何がひっくり返っちゃうかわかりません。 ーーー$€¥£A$ーーー 21日は、 09:30 1月集計分

  • 2月20日経済指標

    週明け米株はやや上昇しました。VIX指数は14.88で、リスク懸念は小さいようです。 本日は 08:50 1月集計分日本通関ベース貿易統計 28:00 米国FOMC議事要旨 時間不詳 英首相・EU委員長会談 です。 日本貿易統計は取引しません。 FOMC議事要旨と英EU首脳会談は起きていれば事後追いかけます。 FOMC議事要旨(1月29・30日分)では、利上げ中止と資産規模縮小の停止もしくはペースダウンがどのように議論されたか、…

  • 2月19日経済指標

    本日は 09:30 RBA金融政策会合議事要旨公表 18:30 1月集計分英国雇用統計 19:00 2月集計分独国ZEW景況感調査 が発表されます。 当面、英国指標では取引しません。

  • 前週備忘、及び、2月18日~22日経済指標

    インターネットの普及・進化によって多様な意見を「匿名」で表明できる時代になりました。おそらく「匿名」という点こそ、意見多様化と他者敵視に繋がり、社会の「分裂」に繋がっているようです。多数決の結果が不完全ながらもベターな結論という「約束事」が、そんな約束してない、という人も多くなったからかも知れません。 最近は、以前だったら単なるガス抜きの場でさえ、そうは言えないほど影響力を持ち始めた気がします。…

  • 2月15日経済指標

    本日は 18:30 1月集計分英国小売売上高 22:30 2月集計分米国NY連銀製造業景気指数・1月集計分米国輸入物価指数 23:15 1…

  • 2月14日経済指標

    明日2月14日は、 08:50 10-12月期集計分日本GDP速報値 16:00 10-12月期集計分独国GDP速報値 22:30 12月集計分米国小売売上…

  • 2月13日経済指標

    明日2月13日は 08:30 2月集計分Westpac消費者信頼感指数 10:00 NZ中銀(RBNZ)金融政策 11:00 RBNZ総裁会見 18:30 1月集計分英国物価統計 22:30 1月集計分

  • 2月12日経済指標

    取引する気がないときは雑談です。 アルバイトのいたずらSNS投稿のニュースが連日報道され、今回発端となったくら寿司では刑事・民事でアルバイトを告発するそうです。そういったことは、SNSが流行る前から一定数の心ない人たちがやっていただろうに、最近の小悪人たちには厳罰が下される恐れがあります。悪い時期に悪く目立ったことが理由で厳罰に処せられることがありませんように(公平な罰かバチが当たりますように)。 …

  • 2月11日経済指標

    本日は日本祝日で中華圏春節明けで、 18:30 10-12月期集計分英国GDP速報値・12月集計分英国月次GDP・12月集計分英国鉱工業生産指数・製造業生産指数 の発表があります。 けれども、この時間の取引は行いません。理由は、どの指標のどの項目が反応方向を決めるかがわからないためです。 月次GDPと鉱工業生産指数・製造業生産指数の関係です。月次GDPは2018年7月以降発表されるようになりました。月次GDPが発表されるよう…

  • 前週備忘、及び、2月11日~15日経済指標

    【前週備忘】 前週はRBAの政策方針豹変がテーマの週でした。この点は別に記載したので、ここでは割愛します。 前週後半の主要国株価はやや下落し始めており、今週はどこかで強いリスク回避に繋がる可能性があると思われます。 ーーー$€¥£A$ーーー 前週の成績を纏めておきます。前週は過去の傾向通り…

  • 前週AUDと次週も万が一に備えて注視の話

    【1. 伏線】 5日のRBA声明の要点は、 結論は「市場予想通り現状維持」で、その理由は「政策スタンスを変更しないことが経済の持続可能な成長と、時間をかけてインフレ目標を達成することに一致すると判断」したため、です。この理由はこのところずっと同じ文言です。

  • 見てきたように

    NYタイムズで、日本のワーキングマザーの家事労働が多すぎる、という特集が組まれ、世界の主婦の同情を集めているそうです。 それで思い出したことがあります。 私がよく中国出張していたのは、今から15〜20年も前だったでしょうか。中国では、女性の社会進出が早くから進んでいました。だからアジア圏では珍しく、中国の男性は家事も結構やっていました。そんな中国人たちから見ると、私のような亭主は信じられなかったよう…

  • 2月8日経済指標

    本日は 08:50 12月集計分日本国際収支 09:30 豪中銀(RBA)四半期金融政策報告 が発表されます。 日本国際収支は取引しません。 RBA金融政策報告は、先日のRBA総裁の方針変更が反映されているなら、発表前後にAUD売の可能性があります。 ただ、先日大きく下げているので、その場合もか大きく下げるか疑問です。現在AUDJPY(…

  • 2月7日経済指標

    本日は 21:00 英中銀(BOE)金融政策 が発表されます。 気を付ける点は、大きく反応すると思っていたときに、意外に小さくしか反応しなかった場合、利確の機会を逃してしまうことです。平均的な反応は「市場予想通り現状維持」でも大きいものの、ここ3回の発表時の反応は過去平均の半分以下です(前回12月は直後1分足…

  • 2月6日経済指標(ご注意)

    今夜は、 22:30 11月集計分米国貿易収支 の発表がありますが、この指標のことは無視しましょう。 同時刻、12月集計分米国小売売上高の発表がありそう(ロイター)で…

  • どこがおかしい?

    『1・2の三四郎』で桜五郎に弟子入りしてプロレスデビューを目指す三四郎は、スクワット8000回、腕立て伏せ2000回をやらされます。それぐらい鍛えないとプロレスラーになれない、と作者は子供たちに教えたのです。 ちなみに、当時のプロレスを「いかさま」だというならバックドロップしたろうか。 さて、このマンガが連載されていた頃、レスラーには悪役というのがいました。当時のプロレスでは、試合をおもしろくするため、…

  • 2月5日経済指標

    本日は、 09:30 12月集計分豪州小売売上高、12月集計分豪州貿易収支 12:30 豪中銀(RBA)金融政策 18:30 1…

  • 豪州金融政策発表前後のAUDJPY反応分析(改訂版)

    どの国の中銀の金融政策発表前後の反応であれ、「市場予想通り現状維持」の場合とその他の場合では、反応が全く異なります。RBA(豪中銀)政策発表時も同様です。本稿は、「市場予想通り現状維持」だった場合の反応の傾向を分析することによって、本発表前後のAUDJPY取引に役立つ特徴を見出すことがテーマです。 ーーー$€¥£A$ーーー RBAとは

  • 2月4日経済指標

    本日は、豪州ANZ広告求人件数、英国建設業PMI、米国耐久財出荷・製造業受注、が発表されます。がしかし、いずれも取引対象ではありません。 英国建設業PMIは悪化の可能性があるものの、その時間帯の週明けGBPの動きが読めないので、17時以降のGBPUSDが陰線側に動くなら便乗することにします。但し、GBPUSDはスプレッドも大きいので、10pipsが狙える場面があるかどうかで、取引するかしないか決めます。 中華圏が春節休暇に入…

  • 前週備忘、及び、2月4日~8日経済指標

    元貴乃花親方の参院選出馬が取りざたされています。 彼のパーティーに2万円を払って参加した支援者のひとりは「(政治家になって)スポーツ庁長官になってほしい」と、TVインタビューで答えていました。長官になって何をやらせたいのでしょう。復讐に「全員まわしを外して相撲しろ」と命じるのは彼らしくありません。 FXをやっていると、この支援者のように「やじうま」みたいな気がすることがあります。あまり熱中しすぎると…

  • 1月月次成績

    FXを早く上達するための秘訣は「いつどんな場面でも勝てるようになること」を目指すことではありません。狙いを絞ることと、その絞り方を検討し続けることです。このブログは、その場面を経済指標発表前後に絞っています。 【前月成績要点】 月次成績集計は、前月の米国雇用統計発表日を最終日として纏めています。以下は1月7日〜2月1日の分析及び取引の成績集計で…

  • 2月1日経済指標(午前分)

    来週は中華圏が春節休みに入ります。大口のポジション清算に伴う動きも想定されるため気を付けましょう。 米国中西部では大寒波襲来によって外出を控えるように警告が出ているようです。 伊国10-12月期GDP前期比速報値は△0.2%と、マイナス転換しました。 本日は、 09:30 10-12月期豪州四半期PPI 18:30 1月集計分英国製造業PMI<…

  • 1月31日経済指標

    29日から30日未明にかけて、英議会は いわゆる安全策の離脱合意案の見直しを求めた保守党議員の修正案は可決され、英首相は安全策の「法的拘束力のある変更」をEUに求める再交渉を行う方針を示しました。 EU側は離脱協定の内容再交渉をしないことを既に表明していましたが、上記可決を受けてEU大統領…

  • 1月30日経済指標

    1月30日は、 09:30 10-12月期豪州四半期CPI 22:15 12月集計分米国ADP雇用統計 28:00 FOMC金融政策 28:30 FRB議長会見 が予定されています。 FOMCは取引を諦めます。 ーーー…

  • 1月29日経済指標

    本日は 24:00 1月集計分CB消費者信頼感指数 時間不詳 英議会のEU離脱代替案採決 が発表されます。 GBPの動きは少し注意が必要です。 ーーー$€¥£A$ーーー CB消…

  • はるかかなた

    映画『ハン・ソロ』は「遠いむかし、はるかかなたの銀河系で」の話です。ソロは脱出した星に残した彼女を迎えに戻りたいと、仲間たちに言います。彼女の魅力を伝えていると、異星人も興味を持ちます。異星人の興味は「その娘、歯はとがってる?」でした。 好みは色々だし、考えも違うものです。 けれども、本日は、 ・23:00 ECB総裁発言 ・23:30 BOE総裁発言 が予定され、 ・明日は英議会のEU離脱代替案採決 ・明後日…

  • 前週備忘、及び、1月28日~2月1日経済指標

    【前週備忘】 (米政府閉鎖解除) 米政府機関閉鎖は過去最長となり、政府職員は給料日が2か月続けてなくなっていました。「給料が出なければ借りたらいい」と言った閣僚もいたらしく、当然、わやくそに叩かれました。 25日、とうとう米大統領は暫定予算への署名を表明しました。一部政府機関の閉鎖は3週間解除されるそうです…

  • 豪州物価指標「四半期消費者物価指数(CPI)」発表前後のAUDJPY反応分析(3訂版)

    本稿は、過去の本指標結果と反応方向の関係を分析することによって、本指標発表前後のAUDJPY取引に役立つ特徴を見出すことがテーマです。 ーーー$€¥£A$ーーー 豪州消費者物価指数(CPI:Consumer Price Index)は、オーストラリア統計局(ABS:Australian Bureau of Statistics)

  • 1月25日経済指標

    ECB政策発表は ・結論は市場予想通り現状維持で、主要政策金利0.00%維持、中銀預金金利を△0.40%に維持 ・注目の利上げ時期は、従来通り2019年夏の終わりまで据え置く方針を改めて表明 ・ECB総裁は、成長へのリスクが下方向に転じたと発言 が要点でした。 EURは売られ、次のサポートは123.75付近、123.4-5付近です(25日8時時点123.8付近、24日15時時点124.8から100pipsのEUR下落)。

  • 11月24日経済指標

    昨夜〜今朝にかけての本日の予想は完全に外しました。 日経平均こそ午前に一時大きく下げたものの、日本時間と欧州午前はJPYが売られUSDやGBPが買われました。現在、ダウ先物も前日終値より高値推移しているようです。 米国ではさすがに政府機関閉鎖への批判が高まっており、「そろそろ?」という読みも出始めています。でも、彼はそういう人物なのでしょうか。 英国では、合意無き離脱よりは離脱延期の声が高まっているよう…