searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Yam.さんのプロフィール

住所
長門市
出身
東根市

20年ぶりくらいにフィルムカメラで撮る初心者のブログです。CONTAX T2もあるはずですが、見つけ出せていません。

ブログタイトル
YAMPHOTO
ブログURL
https://yamphoto.blogspot.com/
ブログ紹介文
MINOLTA TC-1を中古で衝動買いした結果、写真を公開できるブログが欲しくなって開設しました。
更新頻度(1年)

364回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2018/01/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Yam.さんの読者になりませんか?

ハンドル名
Yam.さん
ブログタイトル
YAMPHOTO
更新頻度
364回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
YAMPHOTO

Yam.さんの新着記事

1件〜30件

  • CONTAX G1と濁流渦巻く大寧寺川

    台風通過後の小河川である大寧寺川の光景だ。 濁流の形状もそうだけれど、暗い中に深い緑のある色彩がおもしろくて紹介する。河川の側の植物も暗い彩りになっている。大寧寺川を橋の上から撮ったものだ。大寧寺川はかなり川幅の狭い小河川だ。大寧寺の近くを通って音信川(深川川)に流れ込む。川底に...

  • CONTAX G1と山陽線の上り車内

    何度か似たような写真を撮っているのだけれど。 何度見てもこの色が好きだ。実際の色よりも緑がかかって見えるけれど、それはカメラやレンズ、フィルムを変えてもさほど変わらないので、フィルムカメラで撮る場合の特性なのかもしれない。適当だけれど。 まだ、朝の厚狭駅から乗ってすぐくらいだった...

  • CONTAX G1とEF65系電気機関車

    厚狭駅での乗り換え時の写真だ。 風景として撮っているだけなので色々突っ込みどころがあるがまあいい。Wikipediaによると1969年製ということなので半世紀以上走っていることになる。貨車を牽引している電気機関車だが、あいにくどういった状況だったかはまったく覚えていない。ある意味...

  • CONTAX G1と千畳敷の眺め

     例によってカントリー・キッチン屋上の展望所からの眺めだ。 千畳敷はキャンプ場にもなっていて、テントを設置でき、煮炊きの設備が整っていて、子供向けの大きな遊具なんかもある。時期にもよるのだろうけれど、キャンプしている人自体は、ほとんど見かけない。たまに1組やっていたりするくらいだ...

  • CONTAX G1と深川川とつきみ橋

    小学生が橋の上を駆けていく所を撮ろうとして撮りそこねた1枚だ。 左手から右奥へ駆けていった小学生を撮ろうとして1枚は撮れたのだけれど、縦位置で撮ったのが気に入らなくて無人のつきみ橋を紹介する。このすぐ後くらいに、犬を散歩している人が右下に現れる。どうも、僕は誰か人いると撮るきにな...

  • CONTAX G1と側溝に写る青空

    フィルムが見せる幻想のような気もする。 側溝に写る青空がかなり青いが、ULTRAMAX 400だからという気が強くする。人の目で見た雰囲気とはかなり違っていると思う。空の青さはそれなりだが、PM2.5の影響か薄曇りっぽかったと思う。側溝の不自然な青い水は、単純にULTRAMAX ...

  • CONTAX G1と厚狭駅で高所から見るディーゼルカーキハ120系2両編成

    長門市駅から終点厚狭駅へ到着し、おそらく折返し運転する時の姿だ。 このディーゼルカーで厚狭駅へ到着したものだ。厚狭駅の跨線橋から撮っている。美祢線での2両編成は朝夕くらいしかないと思う。美祢線ではおなじみのというかこれしか走っていないと思うけれど、見慣れたディーゼルカーだ。車内に...

  • PENTAX 67と下校中の小学生2

    9月1日紹介した写真の別時間である。 トラックが入ってこようとしていたのであわてて撮った。下校中の小学生を撮った何枚かのうちの1枚だ。撮った割りには使える写真は少ない。あわてて撮ったせいも大きいとは思う。逆にあまりPENTAX 67で撮った必要性というか必然性は感じない写真になっ...

  • CONTAX G1と深川川と橋桁近くで犬の散歩をしている人

    45mmではメインの犬の散歩がよくわからないけれど。 拡大するとようやくそういった人と犬がいることがわかる。対岸から撮ったもので本来意図したものではない。もともとは駆けていく小学生を撮っていたのだけれど、45mmではうんぬんの結果写真は満足するようなものとはならなかった。ふと気が...

  • CONTAX G1と無人駅の板持駅に入線する朝のディーゼルカー

    昨今のディーゼルカーはヘッドライトが点灯されているので露出を結構間違える。 自動露出で撮るとかなり明るく見積もって全体的に暗すぎる場合が多い。そのため手動で露出を変えてやる必要がある。この写真は自動で撮ったものだがたまたま空にでも露出があっていたのか、適正な気がする。 無人駅の板...

  • CONTAX G1と晩夏の雲と雲の中の太陽と空と電柱と電線と山

    雲と太陽光がおもしろくて撮ったんだったと思う。 自転車での移動中、シラサギが飛翔するのを見かけて結構撮ったのだけれど、さすがに45mmでは風景の中に埋没してここで紹介したいと思うほど気に入った写真にはならなかった。飛び去ったのを見た後に、西の空の雲と太陽と青空の色味がおもしろいと...

  • CONTAX G1と山陽線の帰り

    防府からの帰りの山陽本線車中だ。 防府駅あたりの場合、1時間に1本か2本と鉄道移動だけで生きていくにはややきびしい。できないことはないがまったく利便性が違うだろう。車内は18時を過ぎた帰宅時間だったのでそれなりに混雑していたが、立つ必要があるほどではなかったように思う。山陽本線は...

  • PENTAX 67と晩夏の空と海

    あきらかに露出を間違えた写真だ。 海抜333メートルを超える高所から撮ったものだ。写真の真ん中あたりが北だと思う。手前右下に崖が写っているだけで、他には空と雲、そして海しかない。画面の下というか手前から南風が吹いていて、波が白く逆巻いていた。さすがにここまで暗くはないけれど、それ...

  • CONTAX G1と防府駅の壁の窓から見る駅前の風景

    9月6日に紹介した壁と窓の別のところだ。 駅前のロータリーが見えているのだけれど、薄汚れすぎていてよくわからない。どういった理由で斜めなのかはもう覚えていない。結構な高さであることがわかる。見えている範囲だとタクシー乗り場のようだ。なぜ、この写真を撮ったのか、何がおもしろいと思っ...

  • PENTAX 67とソファーでくつろぐはなみるくさん

    我が家の愛猫がソファーでくつろぐ姿である。 野良猫だったためか、飼い主にも油断していない。すでに3歳1ヶ月を過ぎたがいまだに触られたりすることを好まない。1/60秒でシャッターを切っているのでミラーアップしている。構図は結構適当だ。F4.0ということで被写界深度も浅く、レースの掛...

  • CONTAX G1と人気のない厚狭駅の階段

    たまたま人のいない厚狭駅の階段だ。 結構、乗降客がいたのだけれどたまたま誰もいない時撮ったものだ。色味がおもしろいので紹介する。この前後にフィルムを交換したのだけれど正直いつ交換したかまったく覚えていなくて、フィルムを実際に見てULTRAMX 400に撮ったものだと確認した。UL...

  • CONTAX G1と晩夏の空と島と海

    9月3日に紹介したPENTAX 67の写真のCONTAX G1バージョンである。 縦横も違うけれど。結構、空と海のコントラストが難しくて、縦横変えたり、微妙に区切りを変えた写真をフィルム1本近く撮ってしまった。似たような写真を眺めているうちに、一番好きな写真というよりは一番無難で...

  • PENTAX 67と横断歩道を走る子供

     元気な子だった。 というか多くの子供は大体元気だ。横断歩道の前からずっと駆け通しの子供だった。なぜあんなに走る必要があったのだろうと、年寄りになった僕は不思議に思ってしまう。ちょっと距離があったので、165mmとしてもかなり小さくなってしまった。本来だったらトリミングでもすべき...

  • CONTAX G1と防府駅の外壁の窓から見える景色

    雨用なのか防府駅には外壁があった。 かなり汚れていて、特に窓部分は何十年も吹いていないのかかなり汚く見えた。かなりくたびれて見え、そろそろ建て替えが必要なんじゃないだろうかと余計な心配をしたくなる。プラットホームから見ている窓なので、そなりに高さがありビルで言えば5、6階の高さだ...

  • PENTAX 67と小山と坂道、田圃

    晩夏の田舎のありふれた風景だ。 僕が自転車で長門市街へ行く道でもある。あの坂道をそれなりに結構なスピードで駆け下りる。帰りはダラダラした登りが気に入らず他の道で帰る場合が多いけれども。何度か撮った風景だけれど、カメラ、レンズ、季節が違えば同じところを撮った写真とは思えない。写真自...

  • CONTAX G1と川沿いの犬の散歩

    川の反対側で見かえてあわてて撮りに来た。 すでに結構遠くまで歩いた後だった。人も犬も小さく河川の雄大さを感じさせるかというとそういった写真でもない。夏の暑い日の午後の気だるさとかを僕はあの情景を振り返るので思い出すというか感じるけれど、初めてこの写真を見た人には正直なところ難しい...

  • PENTAX 67と青海島、萩遠景

    SMC PENTAX 165mmによる。 以前にも撮った千畳敷のカントリーキッチン屋上の展望所からの眺めだ。以前は、やはりPENTAX 67だったがレンズは105mmだったので見えている範囲や雰囲気は違う。絵画のようにも見える風景だけれど、多少の色味の違いはあっても目で観た風景も...

  • CONTAX G1と防府駅を出たあたりの電車のドアの窓

    いつものようにひねりのないタイトルである。 防府で映画を観た帰りで防府駅を出てすぐくらいのドアとドアの窓の外の風景だ。窓の外がぼやけているのは中がくらいので開放で撮っているせいだろう。2枚似たような写真を撮った中で、外の風景がまだおもしろそうな方を選んだ。色味がおもしろいので紹介...

  • PENTAX 67と下校中の小学生

    下校中の小学生だ。 日本においては一般的に小学生も自分たちだけで登下校する。道々にボランティアの学徒養護員が立っているところもあるが、基本的に小学生がグループで登下校する。それだけ、日本のほとんどの地域が安全であるということでもある。誘拐などが皆無ということはないが、非常に珍しい...

  • PENTAX 67と厚狭駅でのポートレイト

    美祢線の乗換駅である厚狭駅で撮らせていただいたものだ。 許諾を得て撮影させていただいた。最初の何枚かはCONTAX G1で撮っていたのだけれど、どうせならということで重たいPENTAX 67と165mmを撮影して撮った。ちょっと暗かったなあと正直思うけれど、味だと思うことにする。...

  • PENTAX 67と川遊び

    この夏、音信川で川遊びしている人たちを何組か見かけた。 親子連れとかお爺さんとお孫さん風の人たちが多かったと思う。涼しそうには見えるが、炎天下でもあるので、さすがに自分でやりたいとは思わないな。川遊びとはいっても泳ぐことではなくて、小魚の捕獲がメインのようだ。川遊びグッズのような...

  • PENTAX 67とカフェ&ポタリー音の川床

    音信川に面した川床だ。 写真が傾いてはいるが意図的なものではない。恥ずかしいので公開はかなり躊躇した。ただ、色味がおもしろいので紹介する。川床は、ただのベランダでもある。僕はよくここで午後を過ごす。大体、読書したりSNSを見たりゲームをしたりしているけれど、川面や風景を眺めること...

  • GA645Ziと川沿いを歩く人達

    音信川沿いの遊歩道だ。 湯本温泉を流れる別名、深川川沿いに堤防に沿ってとその下に遊歩道があって散策を楽しむことができる。増水した時は川底となる道だが、のんびり歩くにはいい。写真は下流を見ている。先に湯本温泉駅がある。川にかかった橋から撮ったものだと思う。GA645Ziで便利なのは...

  • GA645Ziと春の海

    何度も撮った風景ではある。 長門市街の方、東の方を見ている。展望所の跨線橋からの眺めだ。帯状疱疹になる前、春にはよく歩いて通ったものだが、今の時期だと日中は暑くてとても歩く気がしない。熱中症に必ずなってしまう気がする。霞んでいるのはおそらくPM2.5のせいだろう。このあたりも風向...

  • PENTAX 67とありがちな川の置き石の上で写真を撮る人たち

    今どきの観光客にはついきびしい目線で見てしまう田舎者である。 カップルが川の置き石の上で記念写真を撮っていたのでついでに撮らせてもらった。まだまだ暑い日だったと思う。川の上は暑い日でも大体風があって、涼しげだ。実際には暑いのだけれど少し涼しく感じてしまう。165mmはポートレイト...

カテゴリー一覧
商用