住所
出身
ハンドル名
今藤さん
ブログタイトル
かく語りき
ブログURL
http://shabaduvitouch.hatenablog.com/
ブログ紹介文
単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。
自由文
-
更新頻度(1年)

117回 / 344日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2017/12/23

今藤さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/21 07/20 07/19 07/18 07/17 07/16 全参加数
総合ランキング(IN) 9,349位 9,109位 8,568位 8,287位 7,605位 7,389位 7,166位 967,064サイト
INポイント 20 30 20 20 30 30 60 210/週
OUTポイント 40 110 90 150 320 290 330 1,330/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 154位 149位 139位 131位 121位 117位 119位 12,058サイト
マラソン 63位 63位 62位 59位 54位 53位 52位 2,442サイト
グルメブログ 801位 811位 802位 800位 746位 741位 732位 30,070サイト
大阪食べ歩き 30位 29位 30位 30位 27位 28位 27位 569サイト
今日 07/21 07/20 07/19 07/18 07/17 07/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 8,181位 7,884位 7,595位 7,373位 7,129位 6,893位 6,672位 967,064サイト
INポイント 20 30 20 20 30 30 60 210/週
OUTポイント 40 110 90 150 320 290 330 1,330/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 155位 153位 148位 144位 133位 127位 123位 12,058サイト
マラソン 68位 67位 68位 64位 61位 59位 56位 2,442サイト
グルメブログ 905位 891位 862位 842位 812位 803位 794位 30,070サイト
大阪食べ歩き 41位 40位 41位 40位 38位 38位 37位 569サイト
今日 07/21 07/20 07/19 07/18 07/17 07/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 967,064サイト
INポイント 20 30 20 20 30 30 60 210/週
OUTポイント 40 110 90 150 320 290 330 1,330/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,058サイト
マラソン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,442サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,070サイト
大阪食べ歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 569サイト

今藤さんのブログ記事

  • 映画『ミュウツーの逆襲EVOLUTION 』を観る

    長男と観る3作目のポケモン映画である。知らぬ存ぜぬと意地を張っても、実際のところ、私はポケモンをけっこう知っている。我が家には百枚を超えるポケカが転がっているし、テレビアニメもたまに観る。劇場作品だっていくつかケーブルテレビで断片を眺めたことがある。要するに、私はポケモンビジネスの輪に囚われている。でも、本作の冒頭で「え、ロケット団って例の3人組だけじゃなかったのか」と驚いたくらいだから、やはり私はポケモンをわかっていない。 やっぱり主題歌が秀逸だ 子ども向けアニメ映画を見るときの最大の楽しみは、劇場の音響で大音量の主題歌を聴けることだ。ほんとうにすばらしい。ポケモンは主題歌がとても良い。 詩…

  • 寝台列車『サンライズ出雲』に決めた!

    今夏の帰省は、寝台列車の旅だ。 長男に夜行列車を体験させてあげよう。何事も経験だ。毎度新幹線じゃおもしろくないなあ、そういや夜行列車って手もあるか…程度の思いつきで、みどりの窓口を訪れた。私は、他人に迷惑が掛からない限りにおいて、下調べを極力しない性分なので、いつも出たとこ勝負である。今回は長男も巻き添えかもしれないが、まあ、諦めてくれ。(たのしいよ!きっと) 夢の切符、ゲットだぜ! 要点はみっつ。その1:上りではなく下り列車 上り列車は大阪駅0:34発となっていた。これはいけない。長男がそんなに遅くまで起きていられるはずがない。したがって却下。下り列車で決定だ。帰省の復路に乗車します。 その…

  • 津軽の郷土料理に舌鼓を打つ

    先週の金曜日のお話。せっかく金曜の夜を出張先で過ごすのだから、ご当地お楽しみタイムを設けようと思い、郷土料理を食べることにした。 ここは青森駅のすぐ近く ビールと一緒に出てきた小鉢だが、見ても食べても正体がわからない。尋ねてみると『あいこ』という山菜らしい。はじめて耳にする名だ。世の中にはいろんな食材がある。私は世の中を何も知らない。ついでに言うと、からし和えだそうな。ごまを軽く和えてマヨネーズでも加えたのかな?と思っていたのだから、救いようのない味音痴である。 珍味三種 メニューには『津軽漬』『ウドの味噌和え』『マタギ南蛮』とある。『津軽漬』は数の子とスルメ、きゅうりの醤油漬けのようだ。『ね…

  • 歯のクリーニングに行く

    歯医者にて、「歯科なんたら士によるクリーニングをお薦めします」と言われたので受診することにした。 申し出があったのは4月某日で、7月の診察だと言う。はあ?ちょい待ちいな、三ヵ月後かい、そんな後のこと知らんわ。鬼に笑われんぞ。と不満たらたらだったものの、とりあえず予約だけしておいたら三ヵ月後の今日がやってきた。 どうして連休の最終日に歯医者なんぞに通わねばならんのか… 先生は、とんでもなくきれいな女性だった。「毎日の歯磨きは何回です?間食は?お茶以外の飲み物は?煙草は?」そんな問診からはじまる。 続いて、現状を説明された。 「すこし歯周病の気がありますね」 それではわからないです。わかるように言…

  • お疲れジョギング

    3泊4日の出張から戻ってきた。 自宅に戻ると、次男坊の雰囲気が変わったことに気がついた。たまにある。しばらく見ないうちに子どもが別人のように成長しているのだ。たった数日で、顔つきが変わったり、なにかが上手になったり、新しい動作を覚えていたりする。今回は喋り方が変わった。澱みなく話せるようになっていた。 長男と喧嘩をしても、いままで「おかあさん、お兄ちゃんが悪いことする」と言いつけばかりだったはずが、きのうは「もう、お兄ちゃんなんてキライ!べろべろべーだ」と一丁前に張り合っていた。今朝は今朝で、空気で膨らむ剣を振り回し「おい、おまえたち人間!」と言いながら、ソファに座ってテレビを眺める私と長男に…

  • 【ラーメン紀行】青森『長尾中華そば』〜津軽煮干しラーメン〜

    念願の津軽煮干しラーメン。 はじめてこの店を訪れたのは数ヶ月前で、残念ながらシャッターが下りていた。二度目は、夕方の時間帯で日も暮れていなかったのに、やはりシャッターが下りていた。そのときは、近場にある他の有名店のいくつかも閉まっていたから、人気店だから仕方がないと解釈した。青森のラーメン屋はおおらかなんだなあ、そういう文化か…と納得することにした。 よって、今回は三度目の正直である。三顧の礼ともいう。 私の中の関張が「兄者がそこまでするこたあねえよ。たかがラーメンだろ」と不平を漏らしたが、聞かぬふりをした(だって、駅近で別に面倒じゃないし)。 孔明先生が朝ラーメンをやっていることは事前に知っ…

  • 陸奥湾モーニングラン

    「来たぜ、津軽海峡!」の題の予定だったが、よくよく考えたらここは津軽海峡ではない。陸奥湾だ。 その陸奥湾も、かすっただけなんだけどね。 青い空とクレーンのジブ (すこしいじわるな写真かな。青森はけっこうな街だよ。区画割りが整然としてビルの高さに統一感があるから見栄えがいい。飲み食いにも困らない。ご存知のとおりいいところさ) 青森駅の東側はこの前走ったから、きょうは西側にしよう。青森は駅の東に官庁や企業、歓楽街が集まり、西口は住宅街が広がっている。だからきょうは家々を眺めながら走った。雪国の家は雪国らしい形をしていて、片流れの屋根が多く、玄関がガラスで覆われている。除雪用のスペースか、道幅に余裕…

  • トースト道(初段)

    晩飯にしようと冷蔵庫を漁ったが、作り置きのおかずが見当たらない。じゃあ、卵かけご飯でいいか。いや待て、冷凍のご飯も無いじゃないか。 というわけで、今夜はトーストをつくろう。 まずは下地作りから。 冷凍庫から食パンを引っ張り出してチューブの和からしを塗る。そして、キャベツの葉を一枚分だけ千切りにしてパンの上に乗せる。なんと贅沢なトーストか。玉ねぎは…どうしようかな…皮を剥くのが手間だな、少量しか使わないし。パス。あとは、ええと、とろけるチーズあたりか。 無い。そんなものは無い。ベビーチーズならあった。オッケー。それで充分だ。包丁でさいの目にカットして加える。お次はケチャップの出番だ。 ぴゃぴゃっ…

  • のんびり走る

    さあさあ、走ろう。 朝目覚めたとき、身体がこわばっていた。前日に走ったからだ。万全の体調では無いらしい。いつも以上にゆっくり走ろう。無理を押しても碌なことがない。そんなときは穴埋め地図ランがいい。白地図を塗り潰すように、まだ通ったことのない道や他のランナーが選ばなそうな道を走るのだ。景色を眺めながらのんびりと。 トンネルをくぐって 狭いので少しかがんだ姿勢で通過する。トンネルの向こうには何があるのかな? 立派な民家の脇をすり抜けて 代々続く自作農だろう。豪農だったのかもしれない。とんでもない金持ちで相続税に悩むようなおうちの可能性もある。うらやましいんだか気の毒なんだか、よくわからない。 うつ…

  • 七夕バーベキュー

    七夕は新暦七月七日の行事だけれど、もともとは旧暦の節句のはずだ。 …ということは本来は八月の行事なわけで、お盆と日が近い。どういうことだろうか。ご先祖さまは、願い事を書いた短冊を笹にくくりつけた翌週には、胡瓜と茄子に割り箸をぶっ刺して迎え火送り火をしていたことになる。夏はたいそう忙しい季節だったようだ。よくわからない。まあいいか。些細なことだ。織姫彦星の逸話どおりにバーベキューができればよいのだ。ご先祖さまの七夕なんて知ったこっちゃない。 炭が梅雨でしけったせいで、火のつきが悪い。煙がもうもうと上がる。炭の組み上げを手伝ってくれた長男は鼻をつまんで逃げていった。 うちわで火を起こしながら枝豆を…

  • 安威川ダムに走っていこう!

    すこし前に西河原のあたりをジョギングしていて、傍を流れる川が安威川だと知った。 安威川…安威川…そういえば、安威川ダムってのがあったような…。地図を眺めると駅からそれほど離れていないようだ。よし、行ってみっか。 細かい行程を調べるのは面倒くさいからパス。 どうせ、ダムだから山の中にあるのだろう。行きは上りで帰りが下りか。帰りが下りなら行き倒れはないはず。問題無い。決行だ。 できたばかりのこの駅からスタート。どうしてこんな場所にこの名称の駅を設けたのか。阪急に対する嫌がらせとしか思えない。 朝起きると、「B’zの稲葉さんが呼んでるからちょっくら逢ってくるわ」と書き置きして、妻は大阪城ホールに行っ…

  • 新鮮市場で津軽三味線を聴きながら食べる海鮮丼

    「お昼は海鮮丼を食べましょうよ」 言われるがまま、なすがままに連行された。 ここは『新鮮市場』という場所らしい。 え、昼間から刺身を食べるの?午後の打ち合わせはどうすんのさ。息が生臭くなってしまうじゃないですか。それに、きのう寿司を食ったばかりなんですよ…もちろん、そんなことは申しません。代案があるわけでもないからね。 ゴージャス。そしてうまい。 「これはトロですよ」と言われたら「へえ、これがトロですか」と返してしまいそうなほどに脂が乗った肉厚なマグロだ。イカもうまいし、ホタテもいい。こんなに盛りだくさんだとご飯の量が足りない。一気呵成にかっこんでしまった。 1800円もするのだからうまくて当…

  • 北国の鮨屋にて

    北国の鮨屋は、ちょうちんが煌々としていた。 ●鮨の予定はなかったのに もともとラーメンを食べるつもりだったのだが、運の悪いことに訪れた店は閉まっていた。しかも、食べログで目を付けた3つのお店すべてが。えええ…二度と来てやるもんか、こんちきしょうめ!と悪態をついて街を徘徊した挙句にたどり着いたのが、この鮨屋だった。 ●あら、いい雰囲気ですね なんと、店の中はストーブが焚かれていた。いま7月だよ?さすが北国だ。暖をとるほど寒くはないが、鮨とビールだと体が冷えてしまうので、こういう配慮はありがたい。付き出しはホタルイカ。いいね。 ●きょうは貝を食べたいな 貝のお造りはありますか? 「へい、どんな貝に…

  • たのしい緑道ラン

    きょうは、みどりの道を走ろう。 黒いアスファルト。燻んだ空と白い雲。濃緑の木々。 いま、この時間は私専用だ。好きに走らせてもらうよ。 左右に迫る木々をすり抜けて、曲がりくねった坂道を駆け下りるのも楽しい。マイワインディングロード。 ご機嫌のところを悪いんだけど、帰りはこの坂道を登らなきゃいけないんだぜ?あまり調子に乗らない方がいい。わかっていると思うが、おまえはそんなにタフじゃないんだ。折り返すタイミングを逸するなよ。 ひいひい…けっこうしんどい… でも、たのしい。 あっ、やべっ。すげえ雨雲だ。こんなとこで遊んでる場合じゃねえ。とっととずらかろっと。はやく宿に行こう。 ああ、たのしかった!こん…

  • 伊岡瞬『代償』読書感想文

    『この本を読み逃した代償は大きい』 代償 (角川文庫)作者: 伊岡瞬出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2016/05/25メディア: 文庫この商品を含むブログ (5件) を見る 帯でなくカバー全体で販促するスタイル。カバーの派手さに思わず手に取った。過剰すぎる煽りはどうかと思うのだが、「衝撃の結末にあなたは必ず騙される」系の文句でなければ許容範囲だ。 あっ、通常のカバーにド派手カバーが被せてあるのね。(電車で読むのに恥ずかしいから通常カバーに戻して…と) どうして一九九九年に世界は滅びなかったのだろう。そうすれば、あの夜は存在しなかったのに第一部の胸糞悪さが尋常じゃない。…

  • 仙台ぐるり市街地ラン

    住めば都の性格で、転勤生活が長い身の上であるが、「どこの街が好き?余生をどこで暮らしたい?」と訊かれたら、私は迷わず仙台を挙げるだろう。 ●きょうは仙台をぐるり一周。 ランニングアプリの表示がおかしい。マイル表示になっていた。1マイルは…ええと…1.7キロだっけ?違うっけ?(わかってない) ●すばらしい杜の都 仙台の街は緑が多く、都心部がコンパクトで程良い広さだ。都会と田舎が両立しているというか、都会と田舎の塩梅がちょうどいいというか、要するに最高だ。そして、涼しい。 たまたまの天気かもしれないが、暑くないし、じめじめしていない。夏の入口というより、少々空気の澱んだ五月晴れといった印象で、やは…

  • 鶏肋ですらない駄文たちの墓場

    きのうの記事で、昼食のことを「昼餉」と書いたのだが、表記についてずいぶんと悩んだ。 「餉」という漢字を「げ」と読むのは、けっこうむずかしい。そもそも私は、「昼餉」なら読めるが「餉」単体だと読めない。そして、書けない。変換機能に従って書いただけだ。本当は「ひるげ」としたかったのだが、判別しづらいので避けた。では「昼げ」にしようか。それでもいいが、漢字と仮名を混ぜた単語は美しくない、醜悪だと主張する人もいる。結局、読めなくても通じるだろうと思い、「昼餉」とした。でも、「ひるげ」が適当だと思っている。だって大和言葉だもの。…と、そこまで考えて、「宴」を「うたげ」と読むのも同じかもしれないと気がついた…

  • 私のランと長男の約束事とお姉さんのラーメン

    「お父さん!約束のこと、覚えてる!?」 最近、こんな感じの長男の問いかけが多い。さてはて、なんのこと?覚えがない。私のてきとうな空返事が長男にとって約束事になっている。「ラーメン屋に行こうって言ったじゃん」そうかい、お父さんはそんな約束をしたのかい。ラーメン屋に連れてってとせがむ長男が愛らしい。五年後にはこれが「友達とラーメン屋に行くから、晩飯いらへんわ」になり、十年後は「深夜にラーメン食ってたら、終電に間に合わんかった」になるのだろう。頼むから「オヤジ、とっととラーメン代寄越せや」にはならんでくれ。 さて、そんな長男が昼食前にクラブ活動に励む間、すこしだけ走ることにした。すこしだけ。ほんのす…

  • 駅伝発祥の地

    三条大橋でこんな碑を目にした。 駅伝発祥の地らしい。 競技としての最初の駅伝は、東京奠都50周年記念として讀賣新聞社会部長・土岐善麿の発案で同社が主催し1917年4月27日に行われた「東海道駅伝徒歩競走」とされる。と、ウィキ先生は教えてくれた。 三条大橋を午後2時に出発、東京の上野不忍池までの23区間、約508kmを昼夜問わず走り抜けるもので、先着の関東組がゴールに到着したのは翌々日の午前11時34分であった。ええと…平均したら1区間あたり22キロか。ペースは…よくわからんね。どんな感じで走っていたのかな?やっぱ、『ヴェイパー』を履いて『メイタン』をポケットに入れて『ご当地エイド』に感謝しなが…

  • ジョーのデッキが52枚!

    いま、この歌に夢中だ。 『ジョーのデッキが52枚!』【デュエマ】 デュエマスタートデッキソング - 俺のデッキは52枚 - 作業用BGM 【デュエル・マスターズ】 やたらと中毒性があって、頭の中で際限なくリピートする。この上なく語呂が良いので、頭の中だけで完結するはずもなく、声に出して歌いだす。そして、周囲に伝播する。我が家の三歳児まで歌いはじめた。 『ジョーのデッキが52枚!』 「変な歌を教えないで」と妻は言うけれど、私はなにも教えていない。次男坊の自発的な行為だ。毎週日曜の朝8時半からのどこかで、このCMは流れる。すると、私と次男坊は合唱する。『デュエルマスター』を我が家にもたらした、そも…

  • それでも家を買いました(8)〜インターホンなんていらない〜

    本日も不動産屋がやってきた。 shabaduvitouch.hatenablog.com 家のイメージ図をたずさえて。 作成者氏には申し訳ないけれど、駅前再開発の完成予想図が描かれた看板と同じくらい役に立たない。だって、CGはCGだもの。キラキラしすぎだし、焦点が恣意的でいけない。平面と立面図を頭の中で立体に起こせば、それで充分だ。 今回の議題は、内装クロスや洗面所の床板、階段の踏み板など。ドアのデザインやシューズクロークとかも。 比較的どうでもいい。関心が無い。いや、無いこともないけど、好みとセンスの問題だから妻の意見とバッティングするに決まっている。だから、できるだけ口を出さない。おまかせ…

  • 走らない休日の日誌

    日曜日。きょうも雨は降らない。このままだと夏場は渇水に悩むことになるだろう。節水のご協力くらいで済めばよいが。気が重い。溜め息ばかりだ。軒先に吊られたテルテル坊主が憎い。お前さえいなければ… 7時起床 長男と妻がクラブ活動で隣町まで遠征に出掛けるので、次男坊を世話しなければならない。よって、ジョギングはお休みだ。 次男坊に(近頃ようやく目覚めにお母さんが居なくても泣かなくなった次男坊に)朝食をあげて、テレビで『デュエルマスター』と『ゲゲゲの鬼太郎』を観る。『デュエマ』は、歌が良くて好感を持っている。頻出するキーワード「フィーバー」と「有頂天」も、意味はさっぱりわからないが語呂が良くてお気に入り…

  • キロ7分走

    暑い。梅雨入りしたと聞いたはずなのに、毎日快晴だ。まったくもう。私はマサキさんに騙されたのだろうか。 きょうは、ペースを決めて走ってみた。 一定のペースで走ろうとしたら、常に時計をにらんでいなければいけなくて、けっこう忙しい。普段キロ6分半で走っている私にとって、7分など誤差に等しい…と思っていたが、そうではないようだ。 ●あれれ、いつのまにこんな施設が? どうやら学校らしい。 すげえ。こういうのをキャンパスライフと呼ぶんだろうな。私が通っていた学校の校舎なんて、おんぼろで小便臭い上に、政治団体の名がスプレーや木彫りでそこらじゅうに刻んであったってのに。 ●いきつけのプール もうすぐプール開き…

  • 東京オリンピック公式ソングはこれでいい

    動画のコメントにも書いてあるんだけど、東京オリンピックのテーマソングはこれでいいんじゃないかな。 [MV] サンプラザ中野くん「Runner (平成30年 Ver.)」〔フルver.〕どうせ、ご本人だってそのつもりで歌っているに違いない。すごくいい。 昔から枯れた声だったように記憶しているけど、一段と磨きがかったみたいだ。しゃがれ声なのにささくれ立っていなくて、とても良い。映像もグッと来た。 壮年から青年へ、青年から少年へ、バトンが渡っていく様が、感慨深い。 でも、この歌が流行っていた当時も好きだったかというと、そんなことはない。私が小さい頃は、運動会といえばいつもこの歌が流れていた。思春期の…

  • 大阪サミットがもうすぐそこに

    大阪サミットで街が騒がしい。 「ご理解ください」「ご協力ください」が多くて、少し嫌になる。そんなにおとなしくして欲しいのなら、大阪なんかで開催しなきゃいいのに。今回も洞爺湖ホテルやブセナテラスでやったらいいじゃないの。たかが数日のことだから好きにしたらいいけど、「上様が御成り遊ばす期間だけは粗相のないようにな…」的な態度がおもしろくない。天下国家様にしてはその場凌ぎな対応に思えて、興ざめだ。 つきあわされるおまわりさんがかわいそうで仕方がない(と、お立ち台の上で直立不動の姿勢で佇む警官を見て、思った)。 さて、そういった「ご理解」「ご協力」のひとつに交通規制がある。 サミット開催日とその前後の…

  • 焼き肉を腹いっぱい食う

    久しぶりの焼肉屋。 前に来たのはいつだったかな?覚えていないけれど、今年に入ってはじめてなのは確実だ。 ●肉 私は肉の部位を見分けられない。カルビかロースかハラミのどれかだと思う。 ●キムチ 大根のキムチはけっこう好きだ。あまり辛くないから。 ●レバー どこの地方でも割とよく見かける、普通を装った特別な牛の肝臓。どこの店でも共通しているのは、メニュー上の表記が『炙りレバー』で、火を通してお召し上がりくださいの注意書きがあって、どういうわけだかゴマ油と一緒に出てくる。「これはアレなんじゃないかね、婆さんや」「ひょっとしたらアレかも知れませんよ、お爺さん」と勘違いしてしまいそうで、かつ、店のほうも…

  • 90分LSD

    拳銃を所持した男が徘徊しているという理由で、昨晩、長男の学校から休校の連絡が届いた(結局、今日は登校したようだが)。 昨日の朝の私がジョギングしていた時間帯も、拳銃を所持した男はすでに徘徊中だったはずだが、そのような事件があったと知らない私は90分LSDに挑戦していた。風雨が去って涼しかったので、こんな日にサボったら罰が当たるなどと脳天気なことを考えながら。 長い時間を走るときは、できるだけ平らで、通ったことのない道を選ぶ。住宅街の路地を走ることが多い。街並みを眺め、工事現場があれば建築計画のお知らせ板を覗いたり、他人様の家の値段を予想しながら走っていると退屈しない。あるいは、道端で遊ぶ子ども…

  • 『第19回バスまつり2019』に行く

    次男坊とふたりで『バスまつり』へ。 岡崎公園が会場だ。ええと、どこだっけ?名前はわかるんだけど。ああ、平安神宮か。絶妙に行きづらい場所だ。私の家からだと交通の便が悪い。(京都ってのは、たいていの場所が絶妙に行きづらいところにある)京都駅からバス、河原町からレンタチャリ、方法はいくつかあるが、悩むのが面倒で阪急河原町から歩くことにした。散歩にちょうどいい距離であるはずだが、次男坊が乗った乳母車を押しながらだと、割と疲れる。朝に90分走をしたばかりなので、身体が怠くて余計に疲れる。 なんたら電鉄やら、うんたら市交通局だとか、バス事業者がたくさんいた。『スルッと関西』が主催だが『両備バス』や『はとバ…

  • 登り坂3連発

    私なりに考えてみたのだけれど、やはり、ジョギングの前に固形物を胃に入れるのは、気が進まない。出来ないものは出来ない。とは言っても倒れるわけにはいかないから、私は、私に出来ることをする。 そういうわけで、今朝はうどんのつゆを飲んだ。なぜうどんのつゆかというと、妻が朝飯にうどんを食べていたからだ。わけがわからないが、朝起きて居間に行ったら妻がうどんを啜っていたのである。ほんとうにわけがわからない。どうして彼女は朝っぱらからうどんなのか。汁だけちょうだいと頼みこんで、塩分とミネラル、旨み成分を補充した。 (起床後に味噌汁やスープを飲んでから走るというのはどうでしょうか。栄養や身体のことを碌に知らない…

  • 津軽煮干しラーメンがおいしい

    先日の青森旅行における心残りは、あこがれの津軽ラーメンを味わえなかったことだ。shabaduvitouch.hatenablog.comタイミングが合わず食べ損ねた。縁が無かったと諦めていたのだが、ところがどっこい、こんな巡りあわせもある。 ●じゃじゃーん。 煮干しラーメンだ。スープを飲んで驚いた。正真正銘の煮干しだ。煮干し出汁の味噌汁や魚粉入りラーメンとは全然違う。表現する言葉を持っていないのが悔しいが、マジ煮干し。超煮干し。すげー煮干し。 2食入っていたうちの1食を、妻が自分のためにつくったが、私と子どもたちが半分以上食べてしまった。「ほとんど残ってないじゃない…」とぼやきながら2食目を調…