searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

にゃんころりんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
にゃんころりんのすっとんとん♪
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/1121kon
ブログ紹介文
猫バカにゃんころりんの にゃんこ的日常 にゃんこ的幸せ
更新頻度(1年)

88回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2017/12/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、にゃんころりんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
にゃんころりんさん
ブログタイトル
にゃんころりんのすっとんとん♪
更新頻度
88回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
にゃんころりんのすっとんとん♪

にゃんころりんさんの新着記事

1件〜30件

  • 9月のツユクサ

    草刈りの時えこひいきで残したツユクサの草むら朝雨戸を開けると足下で早起きなツユクサの花々が元気に咲いている。かわいいブルー。「おはよう」とテレパシーで挨拶(笑)涼やかな朝の小さな幸せ、でしょうかね。9月のツユクサ

  • 庭の隅っこ小さな世界

    暑かった夏。ようやく涼しさを感じるようになり、庭に出る機会も増えた。知らないうちに、庭のすみっこのタマスダレが花を咲かせていた。年ごとに少しずつ、咲く花が増えてきてた。こちらは、赤いミズヒキソウ。ピンボケた去年北側のホトトギスを南側に移植した際、種がついてきたらしい。勝手に、育っていた強い子。北側では雑草と混じってた咲いていたのでしょっちゅう、雑草と一緒に引っこ抜いたけど・・ようやく日の目を見た感じ。南に移したホトトギスはいまいちだがミズヒキソウは、のびのびと枝を伸ばしている。斑入りヤブランの小さな小さな花。かわいい。普段は、ぞんざいな扱いのヤブランも花の時期は愛でてしまう。何にもしなくても毎年、次々と咲き続けるカクトラノオ。なんとなくイングリッシュガーデンぽい花なので(違うけど)殺風景な庭が華やいでうれしい。...庭の隅っこ小さな世界

  • もう1匹ガマちゃんがいた!(ガマガエル閲覧注意)

    夕方、梅の木から落ちてきた落ち葉を掃いていたら、何かがベコンって動いた。うそっ!!ガマちゃんだっ!!植木鉢とジャノヒゲの間に隠れようとして「無理」と察したのか「私はいません」とばかりに中途半端なポーズでじっと固まってしまった・・今年は、ガマちゃんのご遺体を一体、見つけたりして、もう庭にはガマちゃんが住んでないのだと、悲しかったけど実は、2年前の冬、庭をほったら、2匹のガマちゃんが冬眠していたのを見つけていたのです。そう、庭にはもう1匹、ガマちゃんが住んでいたのだ。とはいえ、全然見かけないので、もうどこかにいなくなったのだろうと。しかし、思いがけない再会にうれしさひとしお。夏の初めには、ちびバッタが飛び交って、どうしようと思ったけど今は、全然いなくなった。庭がバッタ天国にならなかったのも、カナヘビさんだけでなくこ...もう1匹ガマちゃんがいた!(ガマガエル閲覧注意)

  • 金麦あいあいカレー皿とよみがえるカレー曜日

    夏の金麦のあいあい皿キャンペーン終了のあと、同じシールを集めてあいあいカレー皿キャンペーンがありました。必ずもらえるので、1枚いただきました。あいあい皿キャンペーンは、今年から、梱包の時、お皿を固定するのに、写真のように、段ボールを使っています。去年までは、ビニールで下の段ボールに固定していたので、参考:金麦あいあい皿2019その1・やっと届いたプラスチックをなるべく使わないという配慮でしょう。気づいたところからプラスチックゴミを減らしていくことはいいことと思います。カレースプーン付。緋色というのかスカーレットというのか、この赤、好きな赤です。スプーン。「金麦」マークが北欧っぽい。「なすときのこのポークカレー」カレー皿を使いたくて、久しぶりにカレーを作りました。そういえば、昔「カレー曜日」って言うレトルトカレー...金麦あいあいカレー皿とよみがえるカレー曜日

  • 京都久在屋のあまいもん「おからスノーボール」

    お取り寄せでいただいた京都久在屋の、お豆腐と大きな肉厚のお揚げさん。一日一つずつ、それぞれ美味しいお豆腐を味わいました。ぼーっとしているうちに9月になってしまいました。昔の8月って、いつもスイカと海の匂いがするような季節でしたが今年は、酷暑もあいまって、いつにも増してどこにも行きたくない誰にも会いたくない何もしたくない・・(^_^;)\(・_・)オイオイぼーっとしすぎて、自分大丈夫か?ほっといたら、あさってあたりに今年が終わってしまうのでは。たまには気合いを入れなくては・・・。暑いばかりの季節をやり過ごしてるうちに、台風の季節になり思い出される昨年の台風15号のトラウマ。今夏は、いろんな事にすぐに負けそうになるのでこんな時は、ちょっと甘い物でもいただかないとね。同じく久在屋さんのあまいもん。おからスノーボール。...京都久在屋のあまいもん「おからスノーボール」

  • キジバトの声

    毎日暑くて、戸外に出るのもはばかれる。今年はなおのことはばかれる。北側隣家に続き、今年は西側の隣家が建て直しをするそうでこの夏、全部、家が壊され庭も掘られ、まったくの更地になりました。きっと、来年の今頃は立派な新築の家が建っていることでしょうが、今のところは・・・イラストとは違うけど、今のイメージとしては、こんな感じです。大きな木が何本かあったけれど、根こそぎ掘られ、全部伐られました。関東ローム層の茶色の土は、午後の夏の太陽に照らされ陰がないので、カラッカラ砂漠。暑さのせいなのか、職人さんたちもこの時期、いったんお休みしているらしい。木がなくなると、よけいに日差しがつらい夏です。我が家の山道のような庭をゆっくり散歩中のキジバトさんそんなわけなのかわかりませんが、今年は蝉の声がいつもより少ないし、いつも隣家の木の...キジバトの声

  • お灸はいいなあ

    かれこれ20年も前の話ですが、私は慢性的な肩こりとそれにともなう首痛・頭痛・吐き気に悩まされいったんそのサイクルにはいると、寝込んでしまう事も多かったのです。月の2~4日は、必ずポンコツ状態に。そんなときに、とてもお世話になっていたのが「せんねん灸」火をつけて痛いところに貼るとしばらくして、ツーッと強い痛みが出てきて、そのあと剥がすとあら不思議。凝り固まったところが柔らかくなっている。そんな私でも、生活を見直し体質も変わって、お灸のこともすっかり忘れてはや20年経ちました。が・・・今年の夏は、コロナに加えて猛暑でよけいに外に出られず必ず夜も冷房を切らないように・・という気象予報士さんたちの警告もありエアコンかけた室内で、外との温度差なのか、行き来しているうちに完全に冷房病とも暑気あたりとも言える、昔の不調。頭痛...お灸はいいなあ

  • だだちゃ豆&金麦あいあい皿2020その2、届いた!

    荷物が届く日は重なるものか、うれしい荷物が2つ届きました。いつもこの時期、夫の古くからの友人(山形在住)が送ってくださる「だだちゃ豆」・・と、毎年恒例?の金麦あいあい皿2回目。あいあい皿と限定醸造の瓶入り金麦、締め切り日の夕方に出して、当日消印に間に合ったかどうか心配だったので。ほっ。(だんにゃさん、良かったね-)2回目は、あいあい皿と言うより「あかあか皿」を選んだ。紅格子平皿(べにごうしひらざら)。色と模様がかわいい。いつものように、すぐ使いたくなるのですぐ使う。さっそくいただいた、だだちゃ豆を入れてみたけどこのバランスは、ちょっと合わない。やはり枝豆系は、素朴なざるとかの方が合いますね。オサレな盛り付け例。いつものHPから画像拝借。内側にキリッとした落としがあるので、汁気のあるものでも大丈夫ね。とはいえ、だ...だだちゃ豆&金麦あいあい皿2020その2、届いた!

  • この世界の片隅に

    上映されたとき、話題になっていたのは知っていたし、ドラマ化したのも知っていたけど。ちゃんと見たのは、今回NHKで放送されていたのが初めてでした。18歳で広島から呉にお嫁に来たすずさんを通して戦争中の庶民の暮らしを知る。おっとりしていて、やや天然な感じのすずさんがかわいらしかったわね。戦争末期の昭和20年。軍港がある呉に、早朝でも夜中でも、突然やってくる空襲警報。慣れっこになっても、少しでも油断すれば取り返しがつかないことに・・思わず涙が出てくる場面もありましたが、悲しくて自暴自棄手前になりそうになっても、踏みとどまって前を向いて、ちゃんと生きていこうとする人たちの強さとか、つらくても、泣いているばかりじゃないところ、明るさに救われる思いもしました。いまさらですが、やはり強い人とは、優しい人なんだと。心に染みる映...この世界の片隅に

  • 「吾輩は猫である名前はベーコン」岩合光昭

    読みたい本があったのですが、近所の本屋さんが閉店してしまい、かといって、人混みを避けたい時節柄、町まで出るのもおっくうで・・。息子がアマゾンのプライム会員だったのをいいことに、私の誕生日も近いことから誕プレにおねだりメール?してみたら、自分が最近読んで面白かった本5冊。あわせて計6冊も送られてきました。1冊1冊息子の解説付き。相変わらず、本好きな人だ。どちらかと言えば、難しそうな本が多くて、うれしいけどこちらのハードルは高い・・吾輩は猫である名前はベーコン岩合光昭でも、この本は断然うれしかったわよね~。ありがとう!息子の解説によると、立ち読みしてとても良かったので。岩合さん初監督の映画作品「ねことじいちゃん」に出演したタレント猫のベーコンの写真集です。あとがきを読むと、岩合さんがこの子にただならぬ愛を注いでいた...「吾輩は猫である名前はベーコン」岩合光昭

  • 庭仕事中カナヘビと遭遇

    年ごとに庭仕事がしんどくなってくるのは植物が生長し増えているからか、こっちの体が老化してきたからか今年はなかなか梅雨明けせず、蒸し暑いけど去年みたいな酷暑に比べたら、まだ動ける。南天は実生であちこちに生えてくる。うっかり見過ごすとあっという間に変な場所で大きくなるのが難点。庭の隅で成長した南天の圧力が年ごとに強くなりすぎて、全面カットした。カットされた南天の枝にカナヘビさんがいた。苦手な方は、すみません。私はカナヘビさんがすごく好き。ちいちゃいお邪魔虫を食べてくれる、それだけでヒーローだ。今年は、長年、庭を守ってくれていたガマちゃんが逝去なさっていたそのせいなのか、小さなバッタの幼生が、すごい勢いで、はね回っているこれがみんな大きくなったら、バッタ天国になりそうだと焦ったのですがちゃんと捕食者がいてくれた、うれ...庭仕事中カナヘビと遭遇

  • ヒメジャノメ

    毎日、降ったり曇ったり雷音がとどろいたり、日が照ったと思ったらまたザーザー来たりはっきりしない、おかしな天気の中コロナの第二波が来たのか違うのか、こちらもはっきりしない。GoToトラブルトラベルとか言うキャンペーンがはじまって、正直、訳わからん今日この頃です。サッシのガラスの向こう、ガラスと網戸の隙間にチョウが挟まっていました。どうしてこんな狭いところに入ったのかわからない。動くたびに羽が曲がったり、めくれたり、大変そう。せっかくだから記念に?1枚写真撮らせてもらったあとサッシをそうっと動かしました。うっかりすると、羽を傷つけそうでハラハラしながら。すると突然、手品みたいに、ふっと、網戸から抜けました。一瞬ガラスの外に止まり、そのあとひらひらと庭の方に飛んで行きました。地味ながら、渋い色合いと模様が素敵なのこの...ヒメジャノメ

  • ピカチュウの御チュウ元

    のし紙がピカチュウピカチュウのお中元とは楽しいですね。包みを開けると、ピカチュウ色の鮮やかな黄色いカンカンに入っていたのは・・・ポケモンパッケージのラスクでした。ガトーラスクグーテ・デ・ロワポケモンデザインこれも、期間限定のカンロピュレグミ・ピカチュウパッケージ甘酸っぱいグミはフルーツの味がしました。おいすい!ピカチュウを食べちゃうのは、かわいそう・・・という子のために、何でもない形も入っていました。ポケモンは、今でもずっと人気のキャラクターですが、息子もポケモン第一次?世代なので、子育て時代を思い出します。おもちゃに文房具に、何でもピカチュウ。カード、バッジ、指人形、シール、etc.コレクションも半端なかった。小学校時代は、夏休みにポケモン映画を見にいくのは恒例行事でした。もう、遠い過去と思いきや、今では大人...ピカチュウの御チュウ元

  • ねこねこ食パンにゃにょだ

    にゃんと!かわいい~~!!グラチャンのお姉さんから、届いたお荷物の中に猫耳のついた食パンが入ってました。トップの写真、真上から撮り過ぎて厚みがわからなくなってしまった・・のでちょっと画像、HPより拝借。切っても切ってもにゃんこの顔の形のきゃわきゃわパン。これは顔をつけるしかないと、つけちゃいましたよ。チーズに、シメジのおめめとおひげをつけて焼きました。ケチャップでもっと書き足したい衝動に駆られたけど余計なことをすると台無しになりそうなので・・ぐっとこらえて、お口だけに、とどめました。なにもつけなくても、ほんのりあまくておいしいパンですが、チーズをのせて焼いても、バッチリ美味しかったです。いつもありがとうございます。ねこねこ食パンHPhttps://nekoshoku.jpねこねこ食パンにゃにょだ

  • 永楽屋 琥珀レモンの雫

    ご近所さんから、いただきました。期間限定の夏の京菓子です。一口サイズのレモンイエロー「レモンの雫」というネーミングです。永楽屋HPhttp://www.eirakuya.co.jp/砂糖でコーティングされている、しずくの形。中に入っているレモンが透けてみえて、涼を感じます。いちょう切りの小さなレモンがきれいに収まっている。丁寧な仕事を愛でましょう。外側がシャリシャリした食感で中は甘くて、ほんのりレモンの酸味がしました。後を引くというよりは、甘さが強いので少しで満足感があるから、この大きさで正解だ。きっと苦めのお抹茶にも合いそう・・とはいえ。日頃、お抹茶をたてて飲む習慣は、私には全然ないので濃いめに入れた緑茶と一緒にいただきました。それでも思った通り、渋めの緑茶に「あう~♪」おしゃれな外見でも和菓子はやっぱり日本...永楽屋琥珀レモンの雫

  • トンボとジャガイモ

    トンボとかアゲハチョウとか夏の虫は好きです。外から戻ったとき、玄関先のトクサの上にいました。慌てて撮影したけど、このあと飛んでってしまいました。九州の豪雨に見舞われた皆様にはお見舞い申し上げます。線状降水帯(せんじょうこうすいたい)子どもの頃は聞いたこともなかった言葉。次々と頭の上で雨雲が生れてきて、終わらないって・・・こわいなあ。そういえば、こどもの頃「ふるやのもり」が、怖いっていう昔話を読みましたがずーっと、「ふるやのもり」ってなんだかわからなかった・・気づいたのは、大人になってから。突然に、あれは「古屋の漏り」だったと気がついた。おそっ。去年はリアル「ふるやのもり」を体験したけど・・・やっぱり怖かったわ。台風15号の長い夜いったん飛んでったトンボが、戻ってきてハランの上に止まりました。当地も、毎日突然にス...トンボとジャガイモ

  • 赤くてもクロコスミア(ヒメヒオウギズイセン)

    とても強い花です。去年かたづけた球根が、コンポストからはみ出て、近くで芽吹いたのでしょう。コンポストの陰で、地面すれすれ、斜めになって咲いていました。何にもしてない、むしろ過酷な場所で、すごい生命力。でも、このままじゃかわいそうなので、切って家の中に入れました。オリヅルランと合わせるとなんとなく、かっこよく見える?・・・という裏技を取得したので、例によってオリヅルランの葉と一緒に。下から順に咲いてゆきます。花言葉の「楽しい思い出」は、楽しい事が次々思い出されるように毎日、順々に花が咲くからでしょうか?でもね、この花の名前、ブログをやるまで、ずーーーっと勘違いして、「ヒオウギアヤメ」と覚えてました。恥。「千と千尋の神隠し」よりハク「湯婆婆は、相手の名を奪って支配するんだ。いつもは千でいて、本当の名前はしっかり隠し...赤くてもクロコスミア(ヒメヒオウギズイセン)

  • 3匹の猫ー紅茶の梅酒ー

    庭のキクイモモドキの花が咲き出すと夏はすぐにやってくるでも今日の主役は花ではなくてこちらの小瓶です。わかりにくいけど、ラベルには3匹の猫ー梅酒の紅茶ーAppleteaと茶とら猫ちゃんの絵とともに、書いてあります。もう3年前になるけど、息子が転勤先の仙台から戻ってきたとき引っ越し荷物と一緒に入っていた、空き瓶です。空き瓶だけど、ちょっとかわいいでしょう。とにかく、転勤が決まると即引っ越しだから、目についた物、全部一緒くたで箱詰めしたそうです。瓶は3本あって、こちらの2本は、きれいなまま封も開いてない。そして、3年経ってもそのまんま。私はお酒飲めないし、だんにゃさんは甘い酒は飲まないって言うし、息子は、今の転勤先の神奈川から、ちっとも帰ってこないし。ラベルがかわいいから、あっても全然邪魔にしない私ではありますけどね...3匹の猫ー紅茶の梅酒ー

  • 梅雨寒の日は梅ジャムを作る

    「ぽつんと一軒家」っていう番組ご存知ですか。グーグルアースで見つけた山奥の一軒家を訪ねていき、どんな人が住んでいるか取材する。それ見ると、いつも感心するのが、けっこうご高齢の方が自給自足的に山奥で暮らしてたりすること。すごいなーって思う。やはり自然と山の中で足腰が鍛えられているのか、体力がすごい。そして、ほとんどの場合、人柄がとても素敵。梅雨時の梅仕事も、結構しんどいと感じてくるお年頃のせいかヘタレだから、どうしたら楽にできるかばかり、年ごとに考えるようになってきた。今年は幸い?実の数は少なくて助かった。その分、一つ一つが大きかった。このくらい→木の下に、細かな隙間のネットをかけて、木で完熟した実が自然落下するのを受け止める。これで、だんにゃさんも、今年は楽できた。(ブルーシートは雨が降った時、水がたまってNG...梅雨寒の日は梅ジャムを作る

  • ネジバナの花

    ぐるぐると繰り返す君への思い募る心よ君に届けと空を目指す・・なんていう一途な気持ちが込められているのでしょうか?ネジバナの花言葉は「思慕」庭に今年もネジバナが顔を出してくれた雑草とは言え、絶対的えこひいきで残しておきますただし、ちゃんと気づいたときだけがさつさは今に始まったことでないので、知らないで踏んづけたり、他の草と一緒に引っこ抜いたりこれも小さな時に踏まれて(誰に?私めに)茎が曲がっちゃったね。来年も、どうかめげずに伸びてきてください。ネジバナの花

  • ドクダミ茶お試しで作ってみた

    ドクダミの花言葉、ふたつある。一つは強いから「野生」・・・そのまんまもう一つは、理由はわからないけど「白い追憶」昔の映画のタイトルにありそう。なんとロマンチックな・・とはいえ、こっちは昨日の記憶もホワイトアウトしそうな今日この頃だ。ドクダミ茶のレシピをネットで調べたら、案外簡単そうだったので梅雨入り前にためしに少しだけ作ってみましたよ。咲き出してこれからという元気そうなドクダミエリアのドクダミを22本根もとから、チョッキンして、きれいに水洗いしたあと、ドライフラワーを作る要領で、数日間干しました。乾燥したら、茎も花も全部はさみでちょきちょきして・・・軽くフライパンで、から煎りして、できあがった!密封容器に入れて、戸棚に収納。1年くらいは保存がきくそうですが、この量ならすぐなくなりそう。煮出すより、急須に入れて飲...ドクダミ茶お試しで作ってみた

  • 金麦あいあい皿2020その1

    今年も恒例?の金麦のあいあい皿が届きました。白緑木目(びゃくろくもくめ)深皿左は去年いただいた布目の楕円皿。適度な深さがあって何かと使い勝手が良かったので↓金麦あいあい皿2019その2今年もそれに準ずるデザインを選びました。届くとすぐに使いたくなるので、すぐ使います。お昼にカブのお漬物、入れてみました。写真では、白く見えるけど淡い緑色です。きれいな色ですが、写真ではちゃんと色が出ない。編集加工でがんばってみたけど、これ以上は無理でした。わかるように、ちょっとHPから拝借してしまった。が、プロの写真でも、本当の色とちょっと違うみたい。本当の色って、実物見ないとわからないものですね。ネットの色見本で見たら、OGPイメージ#bcffbcの色見本とカラーコード-パステルカラー#bcffbcの色見本とカラーコード。淡い緑...金麦あいあい皿2020その1

  • ドクダミエリアなのだ

    やっかいな雑草と言われるドクダミも実はそんなに嫌いじゃない。でも増えると困るし。で、ここと決めたドクダミエリアを作ってそれ以外は引っこ抜く、という算段である。とはいえ、エリア外は耕すみたいに地面を掘っても、時間とともにまた出てくる。とにかく、根っこが強いのね。その強さ・・・・見習いたいものだわにゃあ。写真は、カクトラノオと勢力争い中のドクダミエリアのドクダミ。この時期、次々白い花が咲き出してきれい。薬効もあるので干してお茶にするって言う手もある。しかし今はコロナだし、フットワークが重くて、めんご。何でも、コロナのせいにして、めんご。犬と猫とドクダミ。今朝方、ルナの夢を見ました。ドクダミエリアなのだ

  • てんとう虫のさなぎ&真昼の夢

    庭仕事は、すぐに撮影会になって、なかなかはかどらない。ツワブキの葉の上でじっとしているこの虫は、今まさに、さなぎになろうとしています。拡大してるけど実物は5ミリくらい?よく見る幼虫より、一回り小さかった。翌日見たら、大変身。これはテントウムシのさなぎ。「ナウシカ」に出てくる王蟲(おうむ)に似てる。テントウムシを見ると、佐藤公彦(けめ)の「お昼寝」って言う歌をつい口ずさんでしまいます。10代の頃に歌った歌は、一生歌っているんだよ。♪てんとう虫てんとう虫しぶしぶお使い♪ミツバチミツバチすぐすぐブンブン♪すぐすぐもうすぐお昼ひゃあ、なつかしい。そうそう。このレコードに入ってたっけ。今聴いてもかわいらしい歌だ。佐藤公彦のウィキペディアを見たら3年前に亡くなっていた。知らなかった。享年65歳って。早すぎる。合掌手のひらの...てんとう虫のさなぎ&真昼の夢

  • おはよう、おやすみ、マツバギク

    5月の朝、雨戸を開けると、マツバギクが元気に咲いている朝日を浴びて、花びらが、まぶしいくらいに光っている気持ちいい朝は花たちがみんなで「おはよー」と声をかけてくるようだ(*^O^*)5月の光は花にも人にも元気をくれますそして夕方には「おやすみなさい」の体内時計?みんなそろって、花を閉じるでも明日の朝には、また開きますよしーん・・・とな?雨の降る肌寒い日は、昼でも咲くのをやめる。無理はしないのが、マツバギクの咲き方なのだ。おはよう、おやすみ、マツバギク

  • 横浜のおやつ、有明のハーバー

    子どもの頃、名前は知ってるけど食べたことのないお菓子ってありました。「ナボナはお菓子のホームラン王です」のナボナと「ありあけ~のぉ♪ハ~アアバァ~♪」のハーバー当時、関東ローカル限定かもしれないけど、テレビCMで知ってはいたが田舎に住んでたので現物を見たことすらなかったから。昭和も平成も過ぎて、新元号になって、今頃ね。横浜の友人から、届いちゃった!有明のハ~アアバァ~♪が!!アンクルトリスで有名な柳原良平さんのイラストです。なんとも昭和だわ、懐かしいですね。さっそく、お茶の時間にいただくことにしました。こんな形してたんだ・・船の形かな。ダブルマロン。栗の味のする白あんの中に、甘煮の小さな栗の実が混ざっていてダブルマロン、とってもおいしい!ありがとうございました。あと、横浜・山下公園の写真も送ってくれました。今は...横浜のおやつ、有明のハーバー

  • 5月のハルジオン

    毎年、5月は庭の草刈りウィークなはずなんですがすぐ写真撮影になってしまい、ちまちま、はかどらない。ハルジオンが、きれいに咲いていて、つぼみもまだついてたので、咲き終えたから抜こう・・と思ったのだ。家の外れの壁にも、ひとつ。どこでも咲くとはいえハルジオンの花は、かわいい。・・・・って、翌日。だんにゃさんにより、全部引っこ抜かれて、庭の隅にほったらかされていた。「今、一番かわいく咲いてるのに、何で引っこ抜いたのよぉ」「ほっといたら種が飛んで大変になる」「だから、咲き終える直前に抜こうと思ったのに~」世間的には、だんにゃさんの意見が正解なんだろうけど私には私の仁義があったんじゃ-とか、思ってさ。引っこ抜かれたハルジオンを、洗って(アブラムシ系の虫を洗い流すため)空き瓶にさして、だんにゃさんの勉強机に嫌がらせのようにお...5月のハルジオン

  • アベノマスクは届かずとも

    ぐらちゃんのお姉さんの手作りマスクが届きました。なんてかわいいの・・・家族分作ってくだすっただ。私め、小・中・高と学校のミシンを壊し続けてきた筋金入りの歴史があり不器用な上に、ミシンがけにトラウマがある。手縫いでできないものは、作らない(作れない)。だから、こういうマスクは無理って思っていたのですがすごいな、鼻のところ、ちゃんと曲がるようになってるし裏地とともに、きれいなプリーツが入っている。とても丁寧で、しっかりできている。さすがプロだ。ありがたい・・・本当にありがたい・・・離れて暮らす息子にはこの鳥さんと同じ仕様の猫ちゃんの刺繍のマスクを送ってあげました。草原模様のプリーツを開くと、小動物みっけ!\(^o^)/アベノマスクは届かずとも

  • ジャーマンアイリスの花は重い

    庭木戸の所に、ジャーマンアイリスが植わってて、今年も大輪の花が咲いた。しかし見方によっては、頭でっかちで、場所のせいもあるかもしれないけど花が咲くと、必ずと言っていいほど花の重みで茎が倒れてしまうのです。この写真は左手で支えて撮りました。ジャジャーン!これ実物大くらい。なかなか迫力あります。だんにゃさんに倒れないように、支柱で支えてもらいました。花がしぼんだあとも、下のつぼみが伸びてきて咲いて、それがしぼむとその下のつぼみが咲いて・・・思ったより長く楽しめます。いっぺんに1つづつしか咲きません。でも1つづつが、いいのよね。ジャーマンアイリスの花は重い

  • 時限花爆弾の庭

    もともと、土いじりが得意ではなく、花の名も詳しくなかったけど仕方なく庭の手入れなどしているうちに、お花の咲くことが、うれしいお年頃になりまして。。忘れた頃に、庭の日当たりが変わって、突然、ラッパ水仙やヒヤシンスの球根が育って、花が咲いたりして驚いて・・・。15年以上経って、まるで時限花爆弾?母が亡くなったあと、園芸コラムの切り抜きを貼っていたノートが出てきた。これを見ながら、いろいろ植えていたんだね。知らなかった。途中、消えたように見えて植物は強い。ちゃんと時を待って、復活するのね。玄関先のバラも母が植えたもの。地面に、くっつきそうな場所で咲いていた花を一輪挿しに。カードっぽくしてみました。母が残してくれたものにあらためて「ありがとう」です。時限花爆弾の庭

カテゴリー一覧
商用