chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
1億円のポートフォリオ https://www.y-strategies.com/

株が下がるとナンピン買いするおっさんです。1億円持ってます。

インデックス投資信託を中心に、安定的に資産が成長するポートフォリオについて一生懸命考えていきます。

ナンピン太郎
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2017/11/25

1件〜100件

  • 日本はなぜアメリカと戦争したのか?

    毎年、終戦記念日が近くなると戦争の悲惨さを伝える番組や記事が出ます。 小学校でも平和学習で学ぶので日本人なら誰でも先の大戦の悲惨な話を知っています。 戦争は起こすべきではありません。 ではなぜ昔の日本人は勝てるはずのない悲惨な戦争を選んだのでしょうか? このことは子供の頃からずっと不思議でした。 日本より何倍も国力のあるアメリカと戦争すればどういう結果になるかはやる前から予測できたはずです。 経済制裁でジリ貧になったのを打開したかったという説明がされたりしますが、そんなやけっぱちな理由で戦争するものでしょうか? 未だに答えはよく分かりません。 きっといろんな要因が絡み合っているのでしょう。 為…

  • 株式インデックスの基準価額が最高値水準まで回復

    アメリカの金利引き上げの影響で今年は厳しい相場が続いていましたが、最近は回復してきています。 S&P500も一時はマイナス20%を超えていましたが、今はマイナス10%まで回復しました。 投資信託でみると、さらに回復が顕著です。 eMAXIS Slim米国株(S&P500)だと回復どころか過去最高値の水準まできています。 円安ってすごいね。。 私のインデックス資産の含み益も過去最大になりました。 インフレだリセッションだと不穏な中でこの株価なら上出来ですね。

  • DIE WITH ZERO いつまでも子ども用プールで遊べると思うな

    DIE WITH ZERO ゼロで死ねというタイトルの本は、一言で言うと死ぬまでにお金を使い切れという意味です。 そしてお金を一番有効に使えるのは、いつでも今すぐです。 私達は老後のためにお金を貯めておこうと一生懸命になりますよね。 でも老後のために今を犠牲にするのはナンセンスだとこの本は主張しています。 今できるはずの経験が老後に出来るとは限らないからです。 例えばバックパッカーで世界を旅するような経験は若い時にしかできません。 年老いてからだといくらお金があっても同じ経験をすることはできないでしょう。 子ども用プールで遊べるのは子供の時だけで、大人になって遊んでも心から楽しむことはできませ…

  • 国の借金1255兆円に! どこまで増やすことができるの?

    財務省が発表した「国の借金」が国民1人あたり1000万円を超えたことが話題になっています。 国の借金、6月末で1255兆円 1人あたり初の1千万円超: 日本経済新聞 「国の借金」が発表されると、昔は「ヤバイよヤバイよ〜、なんとかしてよ〜。」という論調が大半だったと思います。 でも最近は「国の借金」が増えても問題ないと主張する人が増えているように思います。 借金大丈夫説には主に以下の分派があります。 自国通貨で発行する借金は無限にできるよ派 借金も多いけど資産も多いよ派 財務省の陰謀だよ派 国の借金が増え続けても何の問題も無ければ良いですよね! 私としてもこのまま何の問題も無ければ良いと思ってい…

  • ソフトバンクGが3兆円の赤字決算!これはキツイ。

    ソフトバンクGが4〜6月期決算でなんと3兆円の赤字を報告しました。 1〜3月期決算でも2兆円の赤字を計上していたので、たった半年で5兆円の赤字になります。 ソフトバンクGは日本を代表する大企業ですが、時価総額で9兆円ほどの会社です。 それがたった半年で5兆円の赤字て。。だ、大丈夫? 同時期にバフェットのバークシャーも5兆円の赤字を出していますが、バークシャーは時価総額100兆円近い超ウルトラ企業です。 ソフトバンクGの方が状況は遥かにヤバいでしょう。 さすがに孫さんも元気がありません。決算発表会でもずっと渋い表情で反省の弁を繰り返してました。 2023年3月期 第1四半期 決算 | ソフトバン…

  • 今年はバフェットでも5兆円損する相場だった

    バフェットのバークシャー社の4〜6月期決算で5兆円の赤字になりました。 四半期でこれだけの赤字を計上するのはバークシャーの長い歴史でも過去2番目のことです。 バフェット氏の米バークシャー、最終赤字5兆円 4~6月: 日本経済新聞 この記事だけでも米国株が大変なことになってたことが分かります。 でも日本から米国株に投資する人はそこまで損をした人はあまりいないと思います。 私もインデックスファンドで投資してますが、ひどい時でも年初来10%の下落で済んでいます。 これは言うまでもなく円安のせいです。 円安なのに大損したのは為替ヘッジ有りのレバナス民くらいですね。 バフェット大損は悪い話だけじゃありま…

  • 経済的自由に到達しました。いつでもFIREできる!

    私がお金を貯めて資産運用する目的は、経済的自由(FI: Financial Independence)を達成してお金の不安から開放されることです。 そしてこの度ついに経済的自由に到達しました! まあ、経済的自由はふわっとした概念で明確な基準はありません。 それでも良く使われる基準といえば、4%ルールです。 年間生活費の25倍の資産があれば、資産運用することで生涯働かずに生活できると言われています。 これに従うと私の資産も生活費の25倍を超えたので、もう経済的自由を獲得したと言って良いでしょう。 正直、計算上でFIに到達したといっても実感がわかないのが本当のところです。 FIしたからといって生活…

  • 米国リセッション入も株価は順調 インデックス投信の資産公開(2022年7月)

    アメリカのGDPが2期連続でマイナスになり、景気が急激に冷え込んでいると報じられています。 でも何故か株価は順調に回復しています。 専門家は後付けで色々と解説しますがよく分からんですね。やっぱり今後は相場も下落していくのでしょうか? 私のインデックスポートフォリオは先進国株比率が先月から2%上昇しました。 完全に先進国株中心のポートフォリオです。 インデックス資産の評価額は6,114万円、含み益は1,338万円になりました。 先月より含み益が122万円増えました。 2ヶ月連続で含み益が増えています。これで3月から減少していた含み益を取り戻したことになります。 とはいえ、景気の先行きは怪しいです…

  • 2ヶ月連続の増益 つみたてNISAの資産公開 2022年7月度

    アメリカGDPが2期連続でマイナスになり、リセッション入りしたと話題になっていますね。 イエレンさんは「ちげぇし、GDPとか関係ねぇし。」と言ってますが、どうなんでしょうね。 2四半期連続でGDP成長率がマイナスに…それでもアメリカ経済は「後退していない」 | Business Insider Japan はっきりと分かりやすい客観的な基準で決めてもらいたいものです。 日本でも黒田さんが「物価が2%超えたけど、物価目標2%は達成していない。」と言ってるので偉い人はどこでも同じなのかもしれません。 どのみち今後の景気が危ういのは間違い無さそうですが、株価は回復しつつあります。 特に先進国は上昇ト…

  • TKO木本さんに学ぶ、投資を他人に勧めるリスク

    TKO木本さんの投資トラブルが大きな問題になっています。 詳細は分かりませんが、本人は良かれと思って投資を勧めていたようです。 TKO木本武宏、投資の勧誘はお笑いグループメンバーや女性タレント、一般人まで多岐に - 芸能 : 日刊スポーツ 良かれと思って投資を勧めた結果、自分も相手も大損する最悪の結果になっています。 これは、個人投資家として他人事に思えません。 この事件から学べることは、他人に投資を勧めてはいけないということです。 どんなに固い投資だと思っても、実際に自分が儲かってても、それを他人に勧めるべきじゃないでしょう。 なぜなら、投資には元本割れするリスクがあるからです。 私はインデ…

  • TKO木本さんがSTEPNで5億円の壮大なやらかし なんでそんなことになるのか?

    TKO木本さんが投資で5億円のトラブルが発覚したことで話題になっています。 その投資先が仮想通貨のSTEPNらしいです。 歩くと仮想通貨が貰えるという謎システムの仮想通貨です。 そんなものに5億円。。。 「なんでやねん!」と盛大にツッコミたくなるような案件ですね。 TKO木本に5億円規模の投資トラブル報道、ハマっていたと噂されるSTEPNとは?芸能界人脈を駆使して集金もポンジスキームに加担して水の泡か | マネーボイス STEPNは一時話題になりましたが、ちょっと考えれば怪しいのはすぐに分かるでしょう。 そんな怪しい投資先に1点集中できる肝っ玉のデカさに脱帽です。 芸能界で一発当てようという人…

  • <究極の選択>もしバフェットと入れ替われるならどうする?<資産10兆円で91歳>

    「隣の芝生は青く見える」というように、人は自分が持ってない方により価値があると思いがちです。 お金を持ってないとお金が一番価値があると思ってしまいます。 でもお金より大事なものは無いでしょうか? 投資の神様バフェットは資産10兆円で世界有数のお金持ちです。欲しいものは何でも買えます。 でも91歳です。 残りの人生はそんなに長くないでしょう。 90歳を超えてたら、走ったり、泳いだり、車を運転したりすることも難しくなります。 視覚や味覚も衰えて、若い人が感じるようには体験出来ないでしょう。 もしあなたがバフェットと入れ替わることが出来るなら、入れ替わりますか? 私だったら断ります。人生をお金に変え…

  • 株安より円安の方がずっと怖い理由

    2022年は年初から株安と円安が続いています。 株安も円安も資産を減らすので両方とも嫌なものですが、円安の方がより深刻だと思います。 その理由は株安はいつか株高に転じると信じることができますが、円安が円高に転換するかは確信が持てないからです。 インデックスファンドで投資していれば、世界中の株式に投資できます。 数千〜数万の会社に広く薄く投資しています。 逆境で潰れる会社が出る一方で、逆境を強みに変える会社も出てきます。 一時的に不況で株価が落ち込んでも必ず新しく成長する企業が出てきて株価を押し上げる日が来るでしょう。 でも円安は違います。政府や中央銀行が舵取りを間違えれば通貨の価値は止めどなく…

  • MNPでiPhoneSE3を購入するといくらで買える?

    最近、携帯キャリアを楽天モバイルからY!モバイルに変更(MNP)しました。 理由はいくつかあります。 まず、楽天モバイルが0円プランを廃止したことです。 楽天は月に1Gまでの使用なら0円だったのですが、それが7月から廃止されました。 私は楽天モバイルに契約してからずっと0円しか払ってなかったので、今回の値上げ率 は∞%です。 無限大の値上げ率は許せないということで、他のキャリアへの移行を検討していました。 もう一つの理由がMNPでiPhoneを安く手に入れるのが今後難しくなるかもと思ったからです。 キャリア間のMNP獲得競争でiPhoneが実質1円で買える状態が続いていましたが、この異常な状態…

  • 三井住友カード(NL)を取得してSBI証券のVポイントが貯まる投信積立を設定しました

    三井住友カード(NL)を取得しました。 取得した理由はSBI証券の投信積立でVポイントが貯まるからです。 月5万円までの投信購入に0.5%のポイントが付くので1年で3000ポイント稼げます。 ポイントの有無に関わらず投信は購入しているので、設定を変更するだけでポイントが貯まるならやらない理由はありません。 三井住友カード(NL)はハピタス経由で発行すると6500ポイント貰えるそうです。 ここに三井住友のキャンペーンを利用すると8000ポイント貰えるので、上手くいくと14500ポイント貰えるはずです。 カードはネットから登録して5分で発行されます。めちゃくちゃ早いですね。 発行されたら手元に届か…

  • アメリカの物価高で何もかも高くなったけど、株だけはまだ安い。

    アメリカの消費者物価指数が9%を超えました。 ドル円の為替レートもたった半年で20%も円安になっています。 アメリカの物は何でも高くなって日本人には手が出せなくなってきています。 NYだと普通のランチも5千円くらいするらしいですね。。 そんな中、まだ日本人にも買えるお手頃の商品が株です! 何でも高くなってるアメリカで株だけはディスカウントセール中です。 eMAXIS Slimの米国株と日本株の年初からの推移を見てもほとんど変わりません。 円安で日本円の購買力が下がった以上に米国株が下がっているからです。 高インフレのアメリカから見ると今の米国株はとんでもなく安く見えていることでしょう。 日本円…

  • 止まらない円安 ちょっと怖くなってきた

    円安が止まりません。 ついに1ドル=139円を超えてしまいました。140円もすぐに超えるでしょう。 このブログで今年1月に株安よりも円安の方が怖いと書きました。 その時のレートが1ドル115円です。 株安より怖い円安とインフレ - 1億円のポートフォリオ その当時(といっても半年前ですが)、アメリカのインフレを考えると日本円の価値がとんでもなく安くなっていることに危機感を感じていました。 そこから半年で25円(!!)の円安です。 日本人の資産がビットコインのように急速に溶けています。 私は日本円は資産の2割以下しか保有していません。それでも最近の急激な円安で資産が大きく毀損したと感じています。…

  • 個人投資家のリスク許容度は”慣れ”で決まる

    株式投資をする時に考えないといけないことの1つにリスク許容度があります。 どれくらいのお金なら、損をする可能性のあるリスク資産に投資することができるかを決めるということです。 みずほ証券による解説 リスク許容度を知っておこう | みずほ証券 リスク許容度とは、「どれくらい投資元本がマイナスとなっても生活に影響がないか」「どれくらいまでなら投資元本がマイナスとなっても気持ち的/気分的)に耐えられるか」というものです。 なんだかふわっとした説明です。要は「気持ち的/気分的」なものなのです。 年齢とか年収といった、リスク許容度に影響する因子がいくつかあってそれを元に決めると良いとされています。 でも…

  • SBI証券を使ってる人は三井住友カードを使うべき?

    ここ最近、三井住友カードを作るべきか悩んでいます。 私のメインは元々ヤフーカードだったのですが、この春からペイペイカードという訳の分からんカードに強制変更されてしまいました。 ペイペイカードになって困ったのはTポイントが使えなくなることです。 SBIの投信マイレージで貯めていたTポイントが使えなくなるかと思い、新しいカードを探しましたが結局しっくりくるお得カードは見つかりませんでした。 ヤフーカードに代わるお得なクレジットカード - 1億円のポートフォリオ 心配していたTポイントもカードが無くても貯めれることが分かったので新しいカードを探すことは辞めました。 でもここに来て三井住友とSBIが大…

  • 選挙は投票率がすべて

    週末に参議院選挙がありますね。 選挙になると誰が当選するか?に注目が集まります。 与党が過半数を取るか?改憲勢力が3分の2を超えるのか? 誰が勝って、誰が負けるのか? そんなことは大した問題じゃありません。 選挙で大事なのは投票率だけです。 国民全員で投票した結果なら、誰が当選しても構わないのです。 そもそも民主主義の選挙は政治能力の高い人や特別優秀な人を選ぶためのシステムじゃありません。 ある一定の年令になったら誰にでも選挙権が与えられます。 頭の良い専門家も頭の良くない人も同じ一票です。頭の良い専門家は世の中に少ししかいないので、政治経済を良く分かってない大多数の素人によって代表者が決めら…

  • 日銀の金融緩和に出口は無い。

    ハイパーインフレでおなじみの藤巻健史さんがツイッターで宣伝してたBS-TBS「報道1930」を観ました。 「今晩、早川元日銀理事との議論from 19:30」本日 BS-TBS「報道1930」に1930から2100まで出演します。ゲストは、私のほかに元日銀理事の早川英男さんと経済評論家の加谷珪一さん。早川さんは元「日銀の頭脳」と言われていた方で(続) — 藤巻健史 (@fujimaki_takesi) July 3, 2022 テーマは日銀の金融政策という、一般受けしない内容です。さすがBS放送、マニアックです。 元日銀の早川さんと経済評論家の藤巻さん、加谷さんが日銀の金融緩和の今後について話…

  • 岸田政権のNISA拡充に期待できない理由

    岸田首相がイギリスでの講演で「インベストインキシダ」として、資産所得倍増プランを打ち出しました。 具体的にはNISAの拡充を検討中とのことです。 岸田政権は発足後すぐに金融所得課税を持ち出してから投資家に嫌われていましたが、この資産所得倍増プランで期待を寄せるようになった人も多いと思います。 でも冷静になって考えてみると、資産所得倍増プランには期待できないと思えてきました。 ちょっとした微修正でお茶を濁すのが関の山でしょう。 理由その1 本気で資産所得倍増プランを考えてるなら、参院選で大いにアピールするはずです。 詳細を詰めきれてなくても大枠を発表することはできるでしょう。それをしないというこ…

  • ナンピンの繰り返しで含み益増 インデックス投信の資産公開(2022年6月)

    6月の株は前半下がって後半上がる相場になりました。 そして実は6月だけじゃなく、年初から上がり下がりを繰り返す相場になっています。 こんな相場だと下がった時に投資するナンピン投資が有効に働きます。 私も今月はかなりナンピン買いをしました。 ナンピン買いは先進国株に絞って買っているので今月も先進国株の比率が伸びました。 個人的にはかなり理想的なポートフォリオになってきたと思っています。 インデックス資産の評価額は5,866万円、含み益は1,216万円になりました。 先月より含み益が149万円増えました。 株価は先月末時点と変わりませんが、大きく下がった時に買い増したナンピンのおかげで含み益を増や…

  • サハリン2無償譲渡で三菱商事と三井物産の株価暴落。。これがブラック・スワンか。。

    プーチン。。むちゃくちゃやってくれるやん。。 ロシアのプーチン大統領は6月30日、同国極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の運営をロシア側が新たに設立する法人に移管し、現在の運営会社の資産を無償譲渡するよう命じる大統領令に署名しました。#サハリン2https://t.co/UkjEn1PK5k pic.twitter.com/L1FfEVaN7Q — 日経ビジュアルデータ (@nikkeivdata) July 1, 2022 ロシアが召し上げたサハリン2には日本から三菱商事と三井物産が参加しています。 プーチンのおかげで両社の株は大暴落です。 私は両方の株を持っているので大損害を受けま…

  • iPhone大幅値上げ! 「貧乏人にはそこらへんのAndroidでも買わせておけ!」

    iPhoneが大幅に値上げされました。 iPhoneだけでなくiPadやAir PodsなどのApple製品も軒並み値上げです。 www.nikkei.com さすが、アップル。 ためらわずに為替レートをそのまま反映させていくスタイルです。 クックに「貧乏人にはそこらへんのAndroidでも買わせておけ!」と宣言された気分です。 アップル信者の信仰心が今こそ試されようとしています。

  • 円安よりも進む株安 つみたてNISAの資産公開 2022年6月度

    6月は波乱の相場となりました。 S&P500が直近の高値から20%以上下落することで弱気相場しました。 この下落相場は結構長引くんじゃないかと予想する専門家が増えています。 年初からの株価推移をみてみると、コサインカーブのように上下の波が繰り返されています。 eMAXIS Slimは為替ヘッジが無いので、円安のおかげで下落幅が相当抑えられています。 ファンドの基準価額でみると年初からの下落率は数%ですが、ドルベースだと20%近い下落です。 同じ商品を円で見るかドルで見るかで印象が随分変わりますよね。 私がつみたてNISAで投資している先進国株・新興国株インデックスの含み益は先月より少し改善しま…

  • 日本は物価も給与も安い国。もう海外旅行は行けないね。

    円安と物価高が問題になっています。 でも一番の問題は日本人の給与が上がってないことです。 急激な円安で海外との物価の差が注目されていますが、本当の問題はもっと深刻で根が深いのかもしれません。 オーストラリアに住んでいる日本人Youtuberがオーストラリア人に物価と給料についてインタビューしているのですが、その内容が衝撃的です。 www.youtube.com 日本が安い国になったのは、別に今に始まったことじゃなく何年も掛けて積み重なった結果なんです。 たとえ円安が去年の水準まで戻ったとしても日本が安い国だという事実は変わらないのでしょう。

  • 日銀の金融政策は一体誰のため!? 日経高井さんの解説は全日本人必見!

    急激な円安と物価高。 国民の暮らしに大打撃を与える環境変化ですが、何がどうなってこうなってしまったのかイマイチ分かりません。 岸田総理は悪いのはみんなプーチンだ!外国は物価上昇が8%だから日本はまだマシ!自民党スゴイ!とアピールしますが、本当にそうでしょうか? 日経新聞の高井さんが複雑怪奇な日銀の政策と何でこんなことになってしまったのかを解説してくれています。 全日本人必見の動画です。 www.youtube.com

  • 米国株爆上げで今年3回目のナンピンチャレンジ終了

    金曜日の米国株は爆上げしました。 1日でS&P500が3%も上がれば状況は一気に変わります。 eMAXIS Slim米国株も年初からの下落率が7%まで回復していました。 月曜日には金曜の爆上げ分が反映されるので年初来下落率が5%を切ることになるでしょう。 <2022年のeMAXIS Slim米国株の基準価格推移> 今年は年初から3回の下落局面がありましたが、3回目の下落局面もこれで一旦終了になります。 私のナンピンチャレンジもここで一時休止します。 ドルベースで見ると、年初からの下落率はまだ18%もあるので、今でもナンピンのタイミングかもしれません。 でも悲しいかな、私の買付余力は円なので円ベ…

  • Netflixのリストラに諸行無常を感じる

    ネットフリックスがリストラを発表しました。 米ネットフリックス、従業員300人解雇 コスト削減で(ロイター) - Yahoo!ニュース このリストラ、今年に入って2回目だそうです。 海外企業の数百人程度のリストラがこれだけのニュースになる理由は、ネットフリックスがFANGの一角だからです。 最近はGAFAという言い方が一般的ですが、元々はFANGが元祖です。 FANGはフェイスブック、アップル、ネットフリックス、グーグルの4社です。 FANG|証券用語解説集|野村證券 一世を風靡したFANG企業がリストラするようになるなんて、、ずっと成長し続ける無敵企業なんて存在しないということですよね。 ネ…

  • 円安になって得する人なんてほとんどいない

    1ドル135円。 去年までのレートからは考えられないような円安です。 最近はマスコミでも取り上げれることが多くなりましたよね。 円安について解説でいつも不思議に思うことが、円安にはメリットもあるという説明です。 この円安メリット、誰目線なんでしょうね!? 円安になると輸出企業が価格競争で有利になるので業績がアップするということですが、社員の給料が円安に連動して上がる訳ではありません。 輸出企業は原材料を輸入し、加工して付加価値をつけて輸出することで利益を得ています。 円安になると原材料も上がるのでそこは変わりません。 円安になっても上がらないのは従業員の給料です。 輸出企業が円安で有利になるの…

  • 今日もナンピン。この下落相場はいつまで続くのか?

    金曜にS&P500は少し値を戻したものの、まだ年初来安値水準です。 これは今日もナンピン投資するしかないでしょう。 先進国株に20万円追加投資しました。 2022年の下落相場はもう半年近く続いています。 これだけ長期間下落が続くのはリーマンショック以来かもしれませんね。 この下落、いつまで続くのでしょうか? ナンピン投資の場合、現預金の額によってどれだけ投資が続けられるか決まってきます。 私の場合、今の下落相場が続くとあと半年ほどで投資余力が尽きてしまいます。 でもそれで良いと思っています。 今の下落ペースで年末まで行くと、下落率は46%になってITバブル崩壊に匹敵する下落になります。 そこま…

  • 岸田政権の新しい資本主義の原典、「公益資本主義」を読んでみた

    岸田政権の支持率は高いです。最近の調査では48%と少し落ちていますが、それでも前政権の菅さんと比べるとずっと高い人気を誇っています。 でも個人投資家からは全く人気がありません。正直なところ、私も「だめだこりゃ」と思っています。 その理由は、岸田総理の提唱する「新しい資本主義」が投資家にあまり響いてないからでしょう。 私もあまり良い印象を持っていませんが、知らずに批判するのも嫌なので「新しい資本主義の原典」と言われている「公益資本主義」を読んでみました。 著者の原丈人さんは岸田さんのブレーンで、政策にも影響を与えていると言われています。 原さんはシリコンバレーでベンチャービジネスの経験もあるベン…

  • インデックス投資のリスク許容度はどれくらいに設定するべきか?

    投資するときに最初に決めないといけないことは、どれくらいのお金を投資にまわすかです。 リスク資産は日々価値が変動するので、投資してると金融ニュースに敏感になります。 株式市場のチャートが気になって夜も寝られないという人もいますが、そんな人はリスクの取り過ぎだと言われます。 どれくらい投資リスクを取れるか?をリスク許容度と呼びます。 リスク許容度を知っておこう | みずほ証券 このリスク許容度、どれくらいが適切なんでしょう? いろんな解説記事を読んでもはっきりしたことは書いていません。 結局、個人の感覚に依存するものです。 私の経験だと、リスク許容度は投資歴に従って大きくなっていきます。 理由は…

  • はやく円を売れー!、間に合わなくなっても知らんぞーっ!!

    日銀が金融緩和の維持を決定しました。 これで長期金利の上限を0.25%に維持するための無限指値オペも継続することになります。 この無限オペ、日銀は毎日のよう1兆円前後の国債を購入しています。 日銀は発行済み国債の半分を持ってるのに、このまま買い続ければ全部買い占めるような状態になります。 新規発行する国債の9割は日銀が購入しています。これって財政ファイナンス? 国債、脱「日銀頼み」探る 財務省が新会議でリスク評価: 日本経済新聞 素人目にみても異常な事態です。 だ、大丈夫? 日銀の金融政策が維持できないとみたヘッジファンドが国債を売り浴びせ、その度に指値オペを繰り返す攻防戦が続いています。 金…

  • エミンユルマズ「暴落はこれからが本番、ナスダックはあと30%下がるよ」

    エコノミストのエミンさんが今後の相場を予測しています。 エミンさんによると、FRBの金融引き締めは株価が下落しても方針変更しない。 だから株価はこれからもどんどん下がる。最終的に緩和前の水準まで戻るでしょう。 下落のボトムはコロナショックで下落した底のところです。 ナスダックはピークから33%下がってるけど、本格的な下落はまだまだこれからです。少なくともあと30%は下がりますよ。 www.youtube.com 株も下がるけど、日本円も下がる。何を持ってても下落リスクにさらされます。 じゃあ、資産を何にすれば良いのか?? バリュー株です。低PBR、高配当の株を買うのが一番リスクが低いでしょう。…

  • いつかこの下落相場に〇〇ショックと名前が付く日が来ると思う

    FOMCから1日おいて株価が急激に下落しています。 それにしてもテスラめっちゃ下がってんな!年初来でマイナス47%も下がっています。 S&P500も年初から23%も下がっています。もう暴落と言って良いでしょう。 しかもアメリカの金利引き上げはまだ開始したばかりでこれからが本番です。 この下落はいつか〇〇ショックと名前が付けられるくらいの大暴落になると思います。 2020年3月の底値から急回復したとき、株クラでは2番底がいつ来るか?と話題に なっていました。 でも何時まで待っても2番底は来ませんでした。 結局、コロナショックには2番底が無かったことになっています。 本当に2番底は無かったのでしょ…

  • 0.75%の大幅利上げ決まるも株価は何故か上昇、、ナンピンするか悩みどころ、、

    FOMCで大方の予想通り0.75%の利上げが発表されました。 これだけの大幅利上げは27年半ぶりだそうです。 これは歴史的な瞬間に立ち会っていることになりますね。 そんな大幅利上げにも関わらず米国株は上昇しました。もう織り込み済みだったと解説されています。 そうなると、ここでナンピンするかは悩みどころですね。 年初来安値付近にあるのは確かなので、昨日と同じく先進国株に10万円投入しました。 でも今見たら先物は2%下落してますね。そしてドル円も円高に振れています。 これは一気にナンピンするべきだったかもしれません。。

  • FOMC前で様子見の小幅下落。ゆるめにナンピンしてみた。

    今朝のS&P500はFOMC直前とあって、小幅な値動きに収まりました。 赤と緑が半々くらいですね。全体では少しだけ下落しています。 これはナンピン出動するか微妙なところです。株価は0.75%の金利引き上げをかなり織り込んでいるという話もあります。 これで0.5%の利上げに留まれば、明日の米国株は安心感で上昇するでしょう。 一気にナンピン投資するのは怖いけど、ちょっとはしてみたい。 そこで今日は先進国株に10万円投入することにしました。 自分でも株が上がって欲しいのか、下がって欲しいのか分からなくなってきた(笑)

  • 年初来安値更新!ナンピン投資しました

    連日の大幅安です。ついに米国株3指標(ダウ、S&P500、ナスダック)が年初来安値を更新しました。 S&P500の構成銘柄もみんな下落してます。きょうも真っ赤っかですね。 年初来安値更新を記念して、がっつりナンピン買いしました。 先進国株に40万円、米国株(S&P500)に10万円の計50万円です。 下落する円でさらに下落する株を買うというおぞましい事態になっています。 いつか報われる日が来ると信じて買い向かいます。

  • 株が下がったのでナンピン投資しました

    アメリカの消費者物価指数が予想以上に高かったのを受けて株がまた下がっています。 S&P500は真っ赤っかです。 今晩にも年初来安値を更新するでしょう。 円も下がってますが、株の方がもっと下がってます。 これはナンピン買いするしかないでしょう! というわけで、先進国株インデックスに40万円追加投資しました。 これからまだまだ下がって行きそうな気配、、ナンピンは続いていきます。

  • お金持ちになる人はコーヒーにお金をかけない

    「ホワイジャパニーズピーポー!」のネタで一世を風靡した厚切りジェイソンさんがインデックス投資を進める投資本を出版しています。 インデックス投資本はたくさんありますが、有名人が出すのは初めてじゃないでしょうか? 彼の投資法は極めてシンプルです。稼いだお金をVTIに全投入。終わり。 なぜVTIなのかを説明するくだりもありますが、それはこの本の本質じゃないでしょう。 この本のおもしろいところは合理的な節約生活を語る部分です。 中でも共感できる合理的な節約はコーヒーの支出です。 ジェイソンさんはコーヒーが好きで一日に2リットルも飲みます。 でも自販機やコンビニでコーヒーを買うことは絶対にしません。 ス…

  • 円安で痛感する、無リスク資産なんて存在しない

    資産運用のポートフォリオを考える時、リスク資産と無リスク資産の比率を決めると思います。 リスク資産は株式やリートといった変動の激しい商品を指します。 それに対して、無リスク資産は普通預金や個人向け国債などの利回りが保証されている商品を指します。 リスク資産と無リスク資産の比率はどれだけ投資にリスクを取っても良いかで決まります。 リスク許容度の大きい人はリスク資産の割合を増やし、逆にリスクを下げたい人は無リスク資産の割合を増やします。 でも今起きている円安は普通預金が無リスク資産だという認識を根底から覆しました。 日本円のドルに対する通貨の価値は1年間で23%も下落しました。 リスク資産の株式で…

  • 我らが日銀黒田さん、バズってるwww お前有名人じゃんw

    日銀黒田総裁が「家計の値上げ許容度も高まってきている」と発言したことが話題になっています。 あまりに騒ぎになったので、翌日には撤回して謝罪する羽目になりました。 ツイッターのトレンドにも「黒田東彦日銀総裁」が上がってます。 黒田さんの一言でネット上は大騒ぎです。 これはもうバズってますね!! このサイトを見てるような投資好きには日銀総裁の発言は興味の的ですが、普通の人にすれば「よく分からん偉いおっさん」くらいの認識でしょう。 その日銀総裁の発言がこれだけ注目されるのは、一般の人も今の円安や物価の状況が異常だと感じているからでしょう。 日銀はまだ異次元金融緩和を続行すると断言していますが、これか…

  • 円安で日本のGDPがドイツに抜かれそう そろそろGDP世界4位に転落?

    円安で日本円の価値がどんどん下がっています。 ついに1ドル132円まで下がってしまいました。20年ぶりの円安だそうです。 円はユーロに対しても下落していて、1ユーロ142円は7年半ぶりの円安になります。 ここまで円の価値が下がってくると日本がこの先大丈夫なのか心配になってきますね。 日本はGDP世界第3位の経済大国というのが誇りですが、世界3位の地位も怪しくなってきています。 ドイツのGDPが日本に迫ってきているからです。 今年4月時点でドイツのGDPは日本の9割近くまで迫っています。 (出典:世界経済のネタ帳) ちなみにドイツの人口は8千万人で日本の2/3ほどしかいません。 そんな人口の少な…

  • 巷のFIRE本がゲシュタルト崩壊を起こしている

    FIREブームに乗って沢山のFIRE本が出版されるようになりました。 いっぱい出過ぎてもう飽和状態です。 最近はFIRE本にもバリエーションが出てきていますね。 典型的なのは「お金が無くてもFIRE出来るよ系」です。 初期のFIRE本は「1億円貯めて〜」という万人が試せる内容ではありませんでした。 FIREマーケットの裾野を広げるためにはお金が少なくても出来るという内容にシフトするのは自然な成り行きでしょう。 でも最近はちょっと行き過ぎています。 まずは一番多い「年収300万円でFIRE出来るよ派」です。 年収300万円でもFI(経済的自由)になれるんですかね。。 この低資産FIREの行き着く…

  • 普通の会社員でもできる日本版FIRE超入門

    昨今のFIREブームでFIRE関連本が乱立しています。 もう一通りのパターンは出尽くしたんじゃないでしょうか。 その中でも日本版FIREを謳った本は「普通の会社員でもできる日本版FIRE超入門」が最初かもしれません。 著者の山崎俊輔さんは日経新聞に連載を持っていて、「マネーハック」と名付けた個人向けのマネーリテラシー指南の記事を書いています。 本書も基本的な資産形成の心得について解説しています。 1.もっと稼ぐ、2.貯める、3.運用する の3つについての解説が中心ですが、「どうやって会社で昇進して年収を上げるか?」について解説してるのは他のFIRE本に見られない特徴ですね。 FIRE本でありな…

  • 少子化の行きつく先に備える

    日本の少子化が止まりません。 出生率が1.3で出生数は81万人まで減少しています。 出生率1.30、政府は少子化非常事態宣言を 若者支援急務: 日本経済新聞 これはもうダメかもわからんね。というかダメやね。 非常事態宣言とか言ったってダメなもんはダメでしょう。そんなことで解決するならとっくの昔に出来てるはずです。 もう個人としては、少子化の行き着く先のディープインパクトに備えるしかありません。 少子化の問題は次の2点です。 1.労働者が減る 2.支えられる高齢者が増える 少子化を解決して将来の支え手を増やすことは今となっては不可能でしょう。 もう1つの解決策は移民ですが、移民を嫌がる人って多い…

  • 日本と世界のインフレ対策が高低差ありすぎて耳キーンってなる

    政府が物価高対策に総額2.7兆円の補正予算を組みました。 ガソリン価格を下げるための補助金になります。財源は国債です。お金を刷ってばら撒きます。 2・7兆円、補正予算成立 物価高対策、財源全て借金:東京新聞 TOKYO Web でも世界の主要国の物価高対策は日本とは逆です。コロナ対策でばら撒いたお金を回収することで通貨の価値を高めます。 新型コロナ: 緩和マネー、年2兆ドル収縮へ 世界の中銀が資産圧縮: 日本経済新聞 高低差ありすぎて耳キーンてなりますね。。 日本のやり方だとガソリン価格は下げれるかもしれませんが、全体でみるとバラマキでインフレを促進することになりそうです。 株で例えると、日本…

  • 含み益大幅減! インデックス投信の資産公開(2022年5月)

    5月の株式市場は先月から引き続き下落しました。2ヶ月続けての下落です。 今月はNYダウが8週連続で下落したりと大変な相場でした。 こういう時に追加投資できると後々リターンを大きく出来るのでしょうね。 私もこの下落を好機とみて先進国株に追加投資しています。 おかげで先月よりポートフォリオの先進国株比率が増えてついに50%になりました。 かなり理想的なポートフォリオになってきたんじゃないかと思っています。 含み益比率はずっと下落しています。一時は45%あった含み益が今は25%です。 過去の含み益の推移を見てるとコロナショック以降の含み益の上昇が異常ですね。 コロナ前と比較すると今の25%でも出来過…

  • 下落相場はもう終わり? つみたてNISAの資産公開 2022年5月度

    5月の株式市場は大きく下落しました。 でも3月の下落相場のボトムよりは上回っています。さらに今週は上昇しているので、このまま回復すれば今回の下落はちょっとした買い場だったことになります。 私がつみたてNISAで投資している先進国株・新興国株インデックスの含み益は先月から減少しました。 新興国株はもう半年以上も含み益率が減少を続けています。 含み益は先月から8万円減りました。2ヶ月連続の減少です。 下落相場はここで終わるか!?果たして。。

  • 予想に反して株価が復活してきた

    先週までの株価下落が嘘のように株価が上昇してますね。 S&P500は1週間で6%もの上昇です。 投資先の含み益が増えるのは気分が良いですが、株価が上昇するとナンピンおじさんとしてはやることが無くなってしまいます。 でもコロナショックの時のようにこのままV字回復することは無いと思っています。 金融引き締めはまだ始まったばかりだし、株式市場への逆風は今後も続くはずです。 今年中にまた年初来安値を更新する日がきっと来るでしょう。 それまでナンピンおじさんは雌伏の時を過ごします。

  • このインデックスファンドだけはヤメておけ

    私は長年インデックスファンドで投資しています。 色々な投資信託を買っていますが、投資方針は全てバイ・アンド・ホールドです。 買った投信は上がっても下がっても売却せずにずっと持ち続けます。 インデックスファンドは長期に保有するほどリターンが大きくなると信じているからです。 でも1つだけ例外のインデックスがあります。 国内債券インデックス、てめーはダメだ。 金利がゼロに抑えられている日本は債券価格はほぼ動きません。 2017年に開始したeMAXIS Slim国内債券インデックスの基準価額は5年前とほぼ同じです。 ほぼ上下しないインデックスファンドは何のメリットもありません。 それにも関わらず信託報…

  • ナンピン投資のタイミングはいつだって難しい

    ナンピン投資のタイミングはいつだって難しいものです。 下がったと思って買ったら、そこはまだまだ下落の入り口だったという場合がよくあります。 「落ちるナイフを掴むな」と投資の格言にもなってるようにナンピンは素人には オススメできない高度な投資法なのです。 外国株投信についてはさらにやっかいなことに下がったタイミングで買えるとは限りません。 投信の発注は午後3時までが当日に反映されますが、外国株投信の場合は約定日は翌日になります。 株価が一本調子に下落するならそれでも良いのですが、下落相場というのは乱高下するものです。 この乱高下に今回やられてしまいました。 50万円追加投資しました - 1億円の…

  • 名前を「ナンピン太郎」に改名しました。

    先程、ブログを書いているときにふと「ナンピン太郎」という言葉が浮かんできました。 50万円追加投資しました - 1億円のポートフォリオ 考えてみれば、投資を初めて以来私がずっとやってきたのはナンピン買いなのです。 自分は何者かと10秒ほど考えた後、名前を「ナンピン太郎」に改名することに決めました。 そうです、私は株が下がればナンピンするナンピンおじさんです。 ナンピンだぁ。 ははは、なんでもいいや(笑)

  • 50万円追加投資しました

    NYダウが8週連続で下落するのは90年ぶりだそうです。 90年ぶりの下落相場と言われても実感がない - 1億円のポートフォリオ eMAXIS Slim米国株はまだ10%程度しか下がっていませんが、90年に一度のこのビッグウェーブに乗らない訳にはいきません。 この90年に一度の大セール、追加投資しましょう! とりあえず、月曜日に50万円投資することに決めました。 投資先は、以下の3ファンドです。 eMAXIS Slim米国株 10万円 eMAXIS Slim先進国株 20万円 たわら先進国株 20万円 今回は全額先進国株に投資します。 株はまだまだ下がる気配が強いですが、「株式のリターンは恐怖に…

  • 90年ぶりの下落相場と言われても実感がない

    米国株の下落が深刻さを増しています。 日経によると8週連続でNYダウが下落するのは90年ぶりとのことです。 NYダウ、90年ぶり8週連続下落 引き締め警戒で株安続く: 日本経済新聞 もう歴史的な下落相場になっていますが、円安のおかげで実感しにくいですよね。 eMAXIS Slim米国株の下落幅も年初からマイナス9.5%でまだ2桁にもなっていません。 チャートを見てもむしろ3月の方が下がってました。年初来安値の更新もされてません。 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) | eMAXIS こうなると難しいのはどれくらい本腰入れて追加投資するかです。 FRBの金融引き締めはこれからが本番…

  • 日本は「安い国」!遂に池上彰の番組で特集される

    日本は昔に比べて随分と安い国になってしまった。 投資をしてる人にとってはもう当たり前の事実です。 でもそれが土曜のゴールデンタイムにテレビで特集されたのは画期的だったかも しれません。 よる🌠8時からは「#池上彰のニュースそうだったのか‼」🎓急速に進む円安や長いデフレで今日本は「安い」国になっている⁉️家賃にランチ代、そして給料、比べてみると実はとっても安かった⁉️一体なぜ🤔❓#池上彰 が徹底解説🔍#伊集院光 #ビビる大木 #坂下千里子 #新内眞衣 #那須雄登(#美少年) pic.twitter.com/6oTdCvBXMN — テレビ朝日宣伝部 (@tv_asahi_PR) May 21, …

  • 10年に1度の下落相場がやってきた

    米国株の下落が本格的になってきました。 S&P500は年初からの下落率が20%に迫ってきています。 ところで、これってどれくらいのすごい下落なんでしょうか? yahoo newsの記事によると米国株の過去30年のワースト3はリーマンショック、ITバブル崩壊、コロナショックだったそうです。 コロナショックはまだ記憶に新しいですが、その時の下落率は20%でした。 つまり、今回の下落率はワースト3位のコロナショックに迫る勢いだということです。 投資信託は最悪どこまで下がる? S&P500と全世界株式の30年検証〈AERA〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース でも円安のおかげでeMAXI…

  • 島田紳助が昔語った、株式投資の深イイ話

    かつて一世を風靡した島田紳助さんが、その昔語っていた株式投資の話をYoutube動画で見つけました。 動画は昔の深夜番組「松本紳助」の切り抜きだと思われますが、紳助さんが松本さんに株式投資を勧めています。 ここで面白いのは株式投資をなぜしないといけないのかを説明するくだりです。 紳助「あのな、松本くん、この国はいま650兆の借金抱えてんねん。一人あたり500万くらい、5人家族で2500万円の借金や。無理や。この国は絶対返せへんねや。」 松本「ああ、それ聞いたことあります。」 紳助「やがて返す方法は1個しかない。インフレ。物の価値バーンと上げてお金の価値下がってまう。お金の価値半分なったら借金も…

  • レバナス半額になってひよってるレバナス民いる?いねえよなぁ!!?

    ナスダックの下落が大変なことになっています。 年初からの下落率は25%で暴落と言って良い水準まで落ち込みました。 ここで気になるのはナスダックに2倍のレバレッジを掛けて投資するレバナスです。 楽天レバナスを確認すると、基準価額がほぼ5000円になってました。 楽天レバナス開始時には1万円でスタートしているので、半年で半額になったことになります。 これは、きつい。 楽天レバナスは為替ヘッジをしているので、円安の恩恵もありません。 まさに世界経済の逆風を一手に引き受けているような状態です。 この絶望的な逆境の中、レバナスのチャートの中に一筋の希望が見られました。 チャートをよく見ると基準価額の減少…

  • 会社員の投資はフルインベストメントで問題無い

    株式投資に全財産突っ込んでる人はちょっと頭おかしい。 5年前の私はそう思ってました。 でも5年間インデックス投資を経験した今は、会社員ならフルインベストメントで何の問題も無いと思うようになりました。 厚切りジェイソンさんもそんな一人です。米国株インデックスにほぼ全財産を投資しているそうです。 インデックス投資をしたことない人からすると、ものすごくリスクの高いことをしていると思うかもしれません。 でも、インデックスなら数百社以上の株式に分散投資しているので暴落してもゼロになることはありません。 過去の歴史を振り返ると暴落しても待っていればいずれ買値を上回ります。 じっと待つことさえ出来れば負ける…

  • 楽天モバイルが大幅値上げ!!これは解約必至ですな

    楽天モバイルが料金プラン0円を廃止することを発表しました。 苦境の楽天、携帯料金「0円」断念 契約者の反発も: 日本経済新聞 これはかなりのがっかりニュースです。 私は昨年から楽天モバイルにMNPしていまして、ずっと0円プランでやっていこうと思っていた矢先の訃報です。 楽天モバイルにMNPしました。通信速度は合格、通信エリアは。。。 - 1億円のポートフォリオ やってくれたな、楽天!!金返せー(お金払ってないけど) 都心でもエリア外になるクソ品質の回線でも我慢して使ってたのは無料だからこそです。 無料じゃない楽天を今後も継続するつもりはありません。 私は近いうちに解約するでしょう。 楽天は思い…

  • 東京の物価上昇がほぼ2%の目標達成

    総務省が発表した4月の東京都区部の消費者物価が昨年より1.9%上昇していました。 東京23区の消費者物価1.9%上昇 4月、7年ぶり高い伸び: 日本経済新聞 これだけの高い伸びは7年ぶりで日銀が掲げる目標(2%)をほぼ達成したことになります。 それでも2%程度なんですね。 4月は色んなモノの値上げニュースが多かったので、もっと伸びてると思いました。 2%の物価上昇でこれだけの騒ぎなら、アメリカの物価上昇(8.5%!)がいかに大問題になっているかが想像できますね。 株式市場を犠牲にしてでも物価を抑制しようとするのは当たり前かもしれません。 ところで、東京の物価上昇は携帯料金を考慮すると上げ幅はも…

  • インフレを考慮すると株価はお買い得な水準に?

    米国株の下落が続いています。 S&P500は年初からの下落率が14%を超えています。 アメリカのインフレ率7%を差し引くと、実質的には20%近く下落してるのかもしれません。 FRBがインフレ抑制のために金融引き締めを急ピッチで進めているので、今後の株価見通しも逆風が強いようにみえます。 FRBがインフレ抑制に失敗して景気後退に陥る可能性が高いとも言われてますね。 これから投資するのは勇気がいる局面ですが、私は積極的に投資しても良い時期かと思っています。 インフレでモノの値段が上がってるなら、株だって上がるべきだからです。 景気の先行きを悲観して下がってる今が長い目で見て絶好のタイミングなのかも…

  • ナスダック、レバナス民の気持ち弄ぶやん?

    米国株が乱高下しています。 FOMCで利上げと金融引き締めを発表されたからですが、市場の反応が1日で真逆になっています。 FOMC当日は発表内容を歓迎して大幅高になったのに、翌日には同じ理由で大幅下落してます。なんだこりゃ? NYダウ続伸、932ドル高 0.75%利上げに慎重発言で: 日本経済新聞 NYダウ一時1300ドル安 金融引き締め「軟着陸」に不安: 日本経済新聞 「俺の気持ちを弄びやがってっ!」となりますよね。 でも、もっと弄ばれている人もいます。 そうです、レバナス民ですね。 ナスダックはNYダウ以上に変動幅が大きいです。 年初からの下落率が20%を超えてたので、レバナスだと40%も…

  • 岸田首相の「資産所得倍増プラン」が意味不明

    岸田首相が英国の金融街シティーで講演した内容が投資家必見です。 貯蓄から投資へ促す「資産所得倍増プラン」を世界に向けて発信したからです。 首相「資産所得倍増」 脱炭素150兆円投資、シティー講演: 日本経済新聞 貯蓄から投資への移行を促し「資産所得倍増を実現する」と表明した。少額投資非課税制度(NISA)の拡充などで預貯金を資産運用に回すと訴えた。 これが本当なら大歓迎ですが、いろんな記事を探しても具体的な内容は分かりません。 きっと具体的なことは何も言ってないのでしょう。 思えば、これまで岸田首相の掲げる「新しい資本主義」で披露されるアイデアは投資家をがっかりさせる内容ばかりでした。 特に企…

  • コロナショックで買った三井物産が絶好調!

    最近、円安が急激に進んだり米国株が下落したりと投資環境が悪化しています。 そんな中でも絶好調な業界もありますね。 そう、資源株です。特に商社は資源高になると儲けが大きくなるので資源価格高騰のお陰で絶好調です。 三井物産は決算で過去最高の利益を叩き出して話題になりました。 三井物産が最高益、ロシア関連損失1015億円 22年3月期: 日本経済新聞 実を言うと私は三井物産ホルダーなんです! コロナショックのボトムで買った三井物産が今では2倍以上に上昇しました。 すごいぞ!ぶっさん! ついでに言うと三菱商事も買ってました!すごいぞ、ショージ! 商社株は配当も高いのでウハウハです。買った当時の価格から…

  • 歴史的な下落相場! インデックス投信の資産公開(2022年4月)

    4月の株価は下落しました。 日経によると4月の下落幅はリーマンショック級だったそうです。 「リーマン級」下落のナスダック、重なる売り要因(NY特急便): 日本経済新聞 日本にいると円安なのでインデックスファンドの騰落率でみるとそれほど悪いようには感じませんね。 でもアメリカ人にとってはインフレ率も高いので、とんでもない大暴落だと感じていることでしょう。 ここでついにバフェットが動き出しました。一気に5兆円も投資しています。 バフェット氏、危機に攻める インフレ見据え積極投資 : 日本経済新聞 バフェットが動いた理由はインフレです。 「インフレは債券投資家をだまして財産を巻き上げる。現金をマット…

  • 歴史的な下落!?つみたてNISAの資産公開 2022年4月度

    4月は株価が大きく下落しました。 特にナスダックは13.3%も下げています。これはリーマンショック以降で最大の月間下落率だそうです。 元々、4月は株価が下落しにくい月で知られているので、これだけ大きな下落は異常事態です。 「リーマン級」下落のナスダック、重なる売り要因(NY特急便): 日本経済新聞 私がつみたてNISAで投資しているeMAXIS Slim先進国株と新興国株も下落しました。 でも大暴落と言うほどではありません。同時期に円安も進んだので結果的に下落のダメージが小さくなっています。 含み益(%)の月別推移でも下落していますが、特に今月大きく含み益が減った感じはありません。 でも新興国…

  • 米国株暴落と円安シールド

    米国株が下落しています。 2022年は年初の株価を一度も上回ることなく、ずっと下落が続いていますね。 下落幅も約14%でかなりの下落率です。 アメリカはインフレでモノの値段が上がり続けているので、アメリカ人が感じる下落のダメージはもっと大きいでしょう。 インフレ率7%だと考えると、感覚的な下落幅は20%を超えるでしょうね。 これはもう暴落と言って良いでしょう。 でも日本人から見ると景色は一変します。 円安シールドに守られてeMAXIS Slim米国株(S&P500)の年初からの下落率はまだ-2.54%です。 日本ではインフレも起きてないので、モノの値段が何もかも上がるなか株だけが下がっていると…

  • 株安より円安の方がずっと怖い理由

    年初からの円安で日本円の価値が対ドルで10%も下落しています。 問題なのはこの円安が今後も落ち着きそうにないことです。 円安は今に始まったことじゃなくて、日銀が異次元金融緩和を始めてからずっと円安でした。 その円安がここに来て急加速したのは、世界中の主要国がコロナ禍で実施した金融緩和を終了して引き締めに転じる中、日銀だけが金融緩和を続けているからです。 「日本も金利上げれば良いじゃん」と思いますが、それが出来ないから怖いのです。 政府は既に1000兆円の債務を抱えていて、金利が上がると利払いの負担に耐えられなくなります。 日銀は政府から大量の国債を買い取っていて、金利が上がると国債価格が下落し…

  • 米国株が年初から10%以上下落!買い増しするべき?

    米国株が金曜日に大きく下落して、年初からの下落率が10%を超えました。 S&P500は3月にマイナス13%まで下がった後、少し戻していましたがここに来てまた下落相場が始まったようです。 10%下落したら積極的に買い増しすることにしていますが、今回は追加投資するかどうか迷っています。 米国株が下がっているのはドルベースの話で、eMAXIS Slim米国株だと円安のおかげで年初からの騰落率はマイナスになっていないからです。 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) | eMAXIS 為替の影響がここまで大きくなったのは今回が初めてなのでどうするか悩みますね。。 悩みどころですが、今回はもう…

  • ネットフリックスが大暴落するのもよく考えれば当たり前ですよね。

    ネットフリックスが会員数減少を発表して株価が大暴落しました。 年初からの下落率は驚きの63%です。 会員数はそれほど減少した訳でもないのに6割も下落するのは、ネットフリックスがグロース株だからでしょう。 グロース株の株価は驚異的な成長することを前提にしています。成長して当たり前、あっと驚く成長を見せ続けないといけない宿命なんです。 だから成長が止まったようにみえると、一気に叩き売られることになります。 ネットフリックスはFANGの一角でアメリカを代表するIT企業でした。 それがこんなに叩き売られるのはショックですね。。 でもよく考えれば、ネットフリックスの成長が止まるのは当たり前のような気もし…

  • DMM英会話が初月90%OFFのキャンペーン中 (4月30日まで)

    オンライン英会話のDMMが初月90%OFFのキャンペーンを実施しています。 英会話を安く始めたい人はこれを機会に始めるのが良いでしょう。 オンライン英会話がすごいのはインターネットと日本ー新興国の物価差という2つの利点を最大限に活かしたサービスだからです。 でもこの内、日本ー新興国の物価差のメリットはもうすぐ失われるかもしれません。 円安が進んで日本と新興国の物価が変わらなくなってきたからです。 当然今まで通りの安い賃金で雇えなくなるでしょうから、このまま円安が続けば値上げするしかなくなるでしょう。 英会話を始めるなら、まだ安い今の内に身につけておくべきです。 DMM英会話を始めてみよう!と決…

  • FIREは「お金」じゃなくて「生き方」の問題

    働かずに生きていくFIREは日々あくせく働く労働者にとって1つの理想です。 どれくらいお金があったら働かずに生きていくことができるでしょうか? 基準として分かりやすいのは1億円です。 1億円をインデックスファンドに投資すると、毎年4%を切り崩しても資産が枯渇することはまずありません。 これがアメリカのFIRE研究で報告された「4%ルール」で、年間400万円で生活できるならFIRE達成になります。 でも実際にどれくらいの資産でFIREするのかは人それぞれです。 最近はFIREした人が本やブログで情報発信しているのでいろんなFIREの形を知ることができます。まあ、ほんとに色んな人がいますね。 一番…

  • 泣けるアニメ コタローは一人暮らし

    最近ネットフリックスで不意に泣けるアニメに遭遇しました。 コタローは一人暮らしです。 私はネットフリックスを英語学習の教材として使ってるので、英語音声、英語字幕で観ています。 でもアニメはあまり世界展開してないのか英語環境が充実していません。 このアニメを選んだのも、英語字幕(CC)があったという理由だけです。 変わった子供に周りの大人が振り回されるドタバタコメディなんだろなと思ってました。 確かに変わった子供が主人公で周りの大人が巻き込まれますが、思ってたコメディとはずいぶん違ってました。 ある日、売れない漫画家の住むアパートの隣に主人公コタローが引っ越してきます。 コタローは4歳なのに一人…

  • 円安なのに株安でもう目も当てられない

    円安がまた進んで1ドル125円に下落しました。約7年ぶりの下落です。 円、対ドルで6年10カ月ぶり安値 125円台半ばに下落: 日本経済新聞 今回の円安が目も当てられないのは円安と同時に株安も起きているからです。 eMAXIS Slimの日本株(TOPIX)は年初から5%以上下落しています。 米国株(S&P500)は同じ期間に2%上昇しているので、ウクライナ危機だからという言い訳もできません。 (出典:三菱UFJ国際投信) こうやって毎日進んでいく円安を眺めていると、「これはもうダメかもわからんね」という気分になってきます。 私の金融資産の約3割は日本円で持っているので、円安で日々資産が溶けて…

  • レバナス民は夢見がち

    「俺の中学の時の考えより甘いわ!」 昔、ガキの使いトークで聞いたセリフが頭をよぎります。 twitterでレバナス民が「レバナスを100万円買って20年間寝かせると1億円になる。なぜならレバナスのリターンは年率26%だから!」とツイートしてるのを見たからです。 レバナスを否定する気はありませんが、さすがに夢見すぎでしょう。 投資で「年利26%イケるで!!」と考えるのは激アマと言わざるを得ません。 確かに年利26%を超えるラッキーな年もあるかもしれません。でも20年継続するのは至難の技です。 人類が目指して良い長期投資の平均リターンの限界は20%です。 これは世界で最も成功したバフェットの投資成…

  • ヤフーカードに代わるお得なクレジットカード

    私がメインで使っているクレジットカードはヤフーカードです。 年会費無料で還元率も1%と悪くありません。TポイントなのでSBI証券で投資信託の購入に使うことができます。 でもヤフーカードと縁を切ろうかと考えています。 というのも、いきなりヤフーカードがペイペイカードに変わったからです。 特典の変更について|PayPayカード切替案内サイト - PayPayカード(旧Yahoo!カード) 今まで利用してたTポイントもペイペイポイントとかいう別のポイントサービスに変えられてしまいました。 なんだよ、ペイペイって。 少し調べても今よりお得になる訳でも無さそうで、面倒な移行だけさせられる感じですね。 T…

  • 円安で外国株インデックスの投資タイミングが難しい

    円安が進んで外国株インデックスの資産が増えています。 eMAXIS Slimシリーズ等のインデックスファンドはドルで運用されているので、円安になると基準価額が増えることになります。 S&P500の年初来の騰落率はまだマイナス5%ありますが、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は年初からの下落分を解消しました。 この差5%は円安のおかげです。 でもこの資産増加は素直に喜べません。 全財産を外国株に投資しているなら良いですが、そんな人はほとんどいないでしょう。 私もまだ外国株投資を続けていくつもりです。 そうなると難しいのは今後の投資タイミングです。 今の1ドル120円台のレートはあまり…

  • お金で絶対に苦労しない方法を教えてください!

    お金で苦労しない方法があったら知りたいですね。 「お金で絶対に苦労しない方法を教えてください!」は経済評論家の加谷珪一さんが若い人を対象に、お金に苦労しない人生プランを語っています。 加谷珪一さんが信頼できるのは、自分で実践して成功しているからです。 普通のサラリーマンとしてキャリアをスタートした彼は、今では数億の資産を運用する資産家です。 もちろん彼のマネをして同じように成功するのは難しいですが、お金を増やすためのエッセンスは学ぶことができます。 お金持ちになるには3つの手段しかありません。 1.収入を増やす 2.支出を減らす 3.投資でお金を増やす どれも当たり前のことですが、これを実際に…

  • お金で絶対に苦労しない方法を教えてください!

    お金で苦労しない方法があったら知りたいですね。 人の悩みは大体お金があれば解決します。

  • 下落相場はもう終わり? インデックス投信の資産公開(2022/03/27) 

    年初から続いた相場下落がここ10日ほどで急速に回復しています。 主要8資産の推移をみても年初の水準を概ね取り戻しました。 「下落してから急回復」のチャートはコツコツ積立投資している人にとっては理想的なパターンです。株式のバリュエーションを変えずに利益を増やせるからです。 私も年初からの下落相場で先進国株を中心に投資を増やしていました。 3月も前半は追加投資でリスク資産を増やしています。 株価急回復もあってリスク資産が5000万円を超えました。 株価の急回復もあって投資資産が一気に増えてしまいました。 バリュー平均法の考え方だと一部利確するべきところですね。来月は投資額を抑えた方が良いかもしれま…

  • 急回復!つみたてNISAの資産公開 2022年3月度(2022/03/26)

    株価が急回復しています。 eMAXIS Slim先進国の年初からの下落がほぼ解消されました。 どうしてこんなに急回復したのかよく分かりませんが、確実に言える原因は円安です。 この3ヶ月の間に円はドルに対して5%も落したからです。 eMAXIS Slim先進国株はドルで投資されてるので円安になれば基準価額は上昇します。 これを喜んで良いのか微妙ですね。。 私が投資しているeMAXIS Slim先進国/新興国もそろって含み益(%)が回復しています。 ただ、先進国株が最高益を回復してるのに新興国株はまだあまり元気ないですね。 新興国株はまだ長期的な下落の途中なのかもしれません。 つみたてNISAの含…

  • おもしろくて為になる〜建前を使えない証券マン〜本音くん

    資産運用をしようとするとお世話になるのが証券会社です。 証券マンは仕事だから本心をストレートに話すことは少ないと思います。 でも、もし証券マンが本音しか話さないとどうなるでしょう? そんなもしもを秀逸な動画にまとめたのが「本音くん」シリーズです。 新人証券マンの本音くんは建前を使うことができず、お客さんのどんな質問にも本音で回答してしまいます。 例えば、資産運用でお金を稼いでFIREしたいという客に対して「無理です。」と一括します。 www.youtube.com 資産運用で期待できる運用リターンは5%程度、それ以上のリターンを見込んでFIREするのはリスクが大きいです。 大きなリターンが得ら…

  • 円安進行で実感する、世界株分散投資の正しさ

    twitterでロシア政府が"1RUBLE = 1RUBLE"とツイートしたといって話題になりました。 I think he's panicking. pic.twitter.com/tOsVOYvwy7 — Mitchell🌻 (@P____nut) March 4, 2022 元ツイートが無いので偽物の可能性がありますが、これが話題になるのはルーブル大暴落下のロシアへの皮肉になるからでしょう。 ロシア人はルーブルで給料をもらいルーブルで生活していますが、ルーブルが下落するとロシア人の生活に影響するのは当たり前のことです。 ルーブルでの給料が変わらなくても輸入品が高騰して生活が一気に貧しくな…

  • 英語学習に最適!教育版TED なんと広告も無い!

    私はオンライン英会話で毎日フィリピン人やセルビア人講師と話しています。 色んな話をしますが、よく話す話題の1つが英語学習についてです。 リスニングを鍛えるには実際にネイティブの英語を聞くのが一番です。 映画やテレビドラマも良いですが、すごい早口だったりスラングがあったりで初心者にはついていくのが大変です。 そんな話をしていると教えてくれたのがTEDEdでした。 有名なTEDの教育版といったところでしょうか。 英語学習者にはTEDよりTEDEdの方が良いと思います。 TEDEdはどの動画も1つのテーマをよどみなく解説しています。TEDのように聴衆を楽しませる間のようなものはありません。 どの動画…

  • 日銀黒田氏「おもてた物価上昇とちがう!」

    日銀が金融政策決定会合で金融緩和策の維持を決めました。まあ、予想通りですね。 黒田さんの会見では物価上昇に対する質問が色々出てましたね。 任期最後の1年で奇しくも物価目標の2%を超える勢いですが、あまり嬉しくなさそうです。 一言で言うと、「おもてたんとちがう!」という感じでしょうか。 日銀・黒田総裁「好ましい物価上昇ではない」: 日本経済新聞 国際商品価格の上昇が原因のコストプッシュ型インフレだから物価上昇は一時的で長続きしないと説明してましたが、そんなもんかねえ? アメリカやEUが金融緩和を終了しようとする中、日本だけが緩和を継続するというまさに異次元の領域に踏み込もうとしています。 日本だ…

  • レバレッジ投資の恐ろしさ

    世界中の株式が年初から10%以上下落しています。 こんな下落相場だと改めて株式投資って怖いなと思います。 どこまで落ちるか分からない恐怖が株式投資のリターンの源泉ですが、分かっていてもお金が減っていくのを見るのは嫌なものです。 株式は大きく価値が変動するリスクの大きい資産です。 そんな高リスク商品の株式に更にレバレッジを掛けて投資する人はちょっとリスクに対する感性が壊れているのかもしれません。 レバレッジETFのCWEBはこの1年で92%も下落しました。 CWEBはレバレッジ2倍でレバレッジETFの中では穏やかなETFのはずでした。 投資先も中国IT企業群で、ほんの数年前まで大人気の投資先だっ…

  • フィリピン人と話して知るスゴイ日本

    私はオンライン英会話で毎日のようにフィリピン人の英会話講師と話しています。 いろんな話をしますが、やはり多いのはコロナ関連の話題です。 フィリピンのコロナ対策の話を聞くと、日本はかなり恵まれていると思いますね。 今はフィリピンのコロナ対策も緩和されて自由に外出できるようになっていますが、パンデミックの最初の頃は外出が禁止されていました。 日本だと休業補償とか協力金等の様々な補償がありましたが、フィリピンではそんな補償は無くただただ厳しい規制と違反者への罰則だけだったようです。 働きに出ることもできずに失業して、生活出来ない人が大量に出たそうです。 日本だとコロナに感染してホテル療養すると、宿泊…

  • 今年分のジュニアNISAを全額投資しました

    2022年分のジュニアNISA(80万円)を全額投資しました。 毎年ジュニアNISAの投資タイミングで悩むのですが、今年は下落相場が続いていたのでナンピン投資を繰り返しているうちに80万円に到達しました。 ジュニアNISAは2023年で制度が終了することが決定しています。 子供がいてまだ利用していない人はすぐに始めるべきです。 1年で80万円投資できるので、今年と来年でまだ160万円投資できます。 ジュニアNISAは5年間非課税で投資できる制度ですが、5年後以降も20歳になるまではロールオーバーで非課税運用できます。 子供の年齢が若いほどお得な制度ですね。 ジュニアNISA | NISA (少…

  • 円安なのに株価暴落してるの草

    日経平均がエグいくらい下落しています。 年初からの下落率は14%を超えています。NYダウの下落率(-9%)と比べても日本株の下落の方が大きいです。 日本の状態がひどいのは株価だけじゃありません。 円安も同時に進んでいるのが目も当てられません。 じわじわ上がっていたドル円相場がついに170円まで上昇しました。 「あれ?円は安全資産だから有事には円高になるんじゃ、、」 少し前まで日経新聞はお題目のように「安全資産の円」と連呼していました。 でも今や円は安全資産じゃなくなっているそうです。 円、揺らぐ安全資産の地位: 日本経済新聞 有事も平時も円安になるなら円を持つメリットありませんね。 妓夫太郎の…

  • ハイパーインフレになるリスクを考える

    ウクライナに侵攻したロシアに対して世界中から経済制裁が行われています。 その結果ロシア通貨ルーブルが暴落し、ロシア中銀はルーブル建て国債利払い停止しました。 近づくロシアのデフォルト。1998年ロシア危機との違い(NRI研究員の時事解説) - Yahoo!ニュース お金の価値が紙切れ同然になってしまうハイパーインフレはコツコツ資産を積み上げてきた人にとっては悪夢のようなイベントです。 そんな悲惨な事態は戦争でも起きない限り発生することは無いでしょう。 でも戦争の無い日本でもハイパーインフレが起きるとずっと言い続けている経済学者が藤巻健史さんです。 ハイパーインフレが来るとずっと言い続けてるので…

  • 資産の下落が止まらない インデックス投信の資産公開(2022/02/27) 

    今年に入ってからずっと相場はだだ下がりです。 主要8資産は全て年初からマイナスで推移しています。比較的頑張ってた新興国株も2月最終週で一気に下落してしまいました。 去年までの株高トレンドは完全に終わって、これからしばらくは下落トレンドが続くのかもしれませんね。 株価下落で資産が減っていくのは哀しいですが、長期視点で考えると相場が下落する時こそ投資額を増やすべきです。 私も今月は頑張って追加投資しました。 資産が下落した以上に追加投資したので、結果的にリスク資産総額は増えています。 節目の4500万円台に到達しました。 各資産の比率では、先進国株が先月より3%増えて42%になりました。 追加投資…

  • ロシア株暴落で新興国株は。。 つみたてNISAの資産公開 2022年2月度(2022/02/26)

    2月も株価は下落しました。 先進国、新興国共に下落していますが、2月後半からはこれまで堅調だった新興国株が一気に下げています。 これは言うまでもなくロシアのウクライナ侵攻が原因でしょう。 開戦でロシア株は一時50%も下落しました。 新興国株インデックスのロシアの比率は約4%で高くないですが、これだけ下がると影響するでしょうね。。 私がつみたてNISAで積み立てているeMAXIS Slim先進国株、新興国株も先月からさらに含み益を減らしました。 推移を見ると、新興国株は昨年6月をピークに下落が続いています。 そろそろ相場の転換が来ても良さそうにも思えます。 含み益は先月よりさらに4万円減っていま…

  • そこに「成長の果実」はあるんか?

    岸田首相の国会答弁が話題になっています。 岸田文雄首相は21日の衆院予算委員会で、企業収益の分配の在り方について「株主還元という形で成長の果実等が流出しているということについてはしっかりと受け止め、この現状について考えていくことは重要」と述べた。 株主還元で成長の果実流出「受け止め考えること重要」-岸田首相 - Bloomberg 成長の果実が流出と言われても、そもそも「そこに成長の果実はあるんか?」という疑問が湧いてきます。 GDPの推移を見ると日本は1995年以降全く成長していません。 出典:世界経済のネタ帳 30年以上成長してないのに「成長の果実」はどこにあるのでしょうね。 アベノミクス…

  • 楽天モバイルMNPで27000ポイントゲット!どうやって使う?

    楽天モバイルにMNPすることで27000ポイントをゲットしました。 内訳は入会で20000ポイント、家族紹介3000ポイント、楽天カードで2000ポイント、楽天証券で2000ポイントです。 楽天モバイルに加入するときには使えるキャンペーンが無いか予め確認した方が良いでしょう。 楽天モバイルにMNPしました。通信速度は合格、通信エリアは。。。 - 1億円のポートフォリオ でも、ここでもらえる楽天ポイントは期間限定ポイントという利用制限のあるポイントです。 楽天ポイントでポイント投資をしたかったのですが、期間限定ポイントは投資信託の購入には使えないようです。 私は楽天で買い物したことないし、差し当…

  • 株式は77%の確率で上昇する。投資タイミングはいつだって今すぐ!

    FIREブームでたくさんのFIRE本が書店に並ぶようになりました。 「生活費の25倍のお金をインデックスファンドに投資すると投資益だけで生きていける。」 FIRE本が訴えることの本質は大体この一言に尽きます。 ただ、本によってお金の工面の方法や、どの投資先で運用するとか、引き出しルール等で少しづつ違いがあります。 私が読んだFIRE本で一番シンプルな内容だったのが、「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」です。 「全米株(VTI)に一括投資する。あとは4%ルールに従って引き出す。」 これだけです。 著者はドルコスト平均法による積立投資も否定しています。 その理由は株は下がるより上が…

  • 日本円の価値がたった1年で17%も減少している!

    エコノミストのエミンユルマズさんはYoutubeで投資の参考になる知識をたくさん発信されています。 最新の動画では物価と株価の関係を歴史を紐解いて説明しています。 歴史を振り返ると、インフレが起きると株価は上昇していました。 逆にデフレになると株価も下落しています。 多少のタイミングのずれはあっても大きなトレンドは物価と株価は連動します。 まあ、そりゃそうでしょうね。色んなモノの値段が上がれば株だって上がって良いでしょう。 今、世界的にインフレの波が押し寄せていますが、株価は逆に下がり気味です。 歴史に習うなら、物価上昇が続くなら株価も上がるのが道理です。 むしろ株価下落以上に心配なのは通貨の…

ブログリーダー」を活用して、ナンピン太郎さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ナンピン太郎さん
ブログタイトル
1億円のポートフォリオ
フォロー
1億円のポートフォリオ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用