searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

LA Babyさんのプロフィール

住所
港区
出身
アメリカ

LA Babyは、2004年から卵子提供プログラムのサポートをしてきました。 LA Babyから直接、患者さまに情報提供をし、より現地での状況を理解していただけるようブログを開始しました。 直接、情報提供をしていくことに意義があると感じています。

ブログタイトル
LA Baby - 代理出産 卵子提供エージェンシー
ブログURL
https://ameblo.jp/eggdonation/
ブログ紹介文
LA Babyによる卵子提供プログラムの紹介。 卵子提供プログラムの情報や現地の状況を紹介します。
更新頻度(1年)

580回 / 365日(平均11.1回/週)

ブログ村参加:2017/11/16

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、LA Babyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
LA Babyさん
ブログタイトル
LA Baby - 代理出産 卵子提供エージェンシー
更新頻度
580回 / 365日(平均11.1回/週)
フォロー
LA Baby - 代理出産 卵子提供エージェンシー

LA Babyさんの新着記事

1件〜30件

  • 2021年9月と10月 卵子提供説明会開催(東京・大阪)

    9月と10月の卵子提供説明会の日程が正式に決まりました。 9月19日(日):東京 9月24日(金)~25日(土):大阪 10月2日(土)~4日(月):東京 1…

  • 心と体は繋がっている

    ストレスは妊娠しない原因にもなりますし男性不妊の原因にもなります。消化器系は心によって強く支配されていますのでストレスがあれば食生活にも大きく影響します。逆に…

  • TransferWiseで医療費の支払い

    卵子提供プログラムの支払いでどうしても気になるのが為替手数料です。卵子提供プログラムはアメリカの法律のもとアメリカのガイドラインに沿ってアメリカで卵子ドナーか…

  • 腰が痛い時はどうしたらいいの?

    卵子提供プログラム中によくある悩みとして 実は、腰痛の悩み相談もよくあります。 私も40代後半の同年代のよくある悩みとしてもよくわかります。 腰が痛いのは、し…

  • ドローンによる採卵や移植

    今日も1日中、卵子提供オンライン相談で ロサンゼルス自宅事務所に閉じこもっていました。 昔なら考えられませんが、 今ではすっかりズームでの面談は定着し 本当に…

  • 子宮内フローラと不妊

    卵子提供プログラム開始前の一定期間抗生剤を服用していただくこともあります。抗生物質の服用にはいくつか理由がありますがその理由の一つが「子宮内フローラ」です。人…

  • サンタモニカの歩行者天国

    今日は卵子提供のための宿泊施設としてご用意しているコンドミニアムのテレビの件で サンタモニカサードストリートに行っていました。 人がとにかくいました。 みんな…

  • パセリを食べて妊娠!

    コロナ禍の間、まわりで家庭菜園をはじめた人が多くいます。私でもこの1年でネギやミントなどを育てるようになりました。家で野菜を育てられれば節約にもなりますし植物…

  • 【卵子提供】海の日について

    今日、7月22日は東京オリンピックの開会式の関係で祝日のようですね。海の日が7月22日に移動したようです。東京オリンピックは無観客で開催となりコロナ禍によるス…

  • インスタントコーヒーか? ドリップコーヒーか?

    卵子提供プログラム中、コーヒーに関する質問は非常に多いです。 マイボイスコム株式会社からの2020年の調査によると コーヒーを毎日飲む人は7割以上います。 し…

  • アメリカでの平均寿命がコロナ禍で短くなった件

    不妊治療の研究をしていると、ヒトの寿命に関するデータに行き当たります。 ヒトの寿命の中で、ヒトはどのようにして生きていこうとしているのか 何を目的に、何を目標…

  • 注目の格安航空会社が遂にホノルル便再開

    ZIPAIRは7月21日、成田-ホノルル線を週一往復で半年ぶりに再開しました。ZIPAIR(ジップエア)とは、日本航空(JAL)の子会社の国際線専用の格安航空…

  • 【男性不妊】精子も老化する

    男性は何歳になっても元気な精子があると信じている人も多いですが精子も老化します。男性も40歳を過ぎてきますと染色体異常の精子が増え始めます。何歳になっても元気…

  • 結婚する意味はあるのか

    法律上の結婚をせずに事実婚を選択するカップルが急増しています。 LA Babyでの卵子提供プログラムや代理出産プログラムでも 法律上では結婚していないカップル…

  • 私たちの体は「いつもどおり」を好む

    日本で異常なほどの暑さが続いているようですね。東京は34度大阪は35度京都は37度と体温を上回る猛暑日のところもあり非常に危険です。日本人の平熱は36.2度で…

  • 赤の女王仮設と卵子提供エージェンシー

    今日はマンハッタンビーチのクリニックでミーティングでした。 とても親しくしているドクターと ロサンゼルスで長年活躍してきた大御所のドクターと 3人でミーティン…

  • 今日は松阪牛の日

    毎日のように卵子提供プログラムの日本に住む患者さまとやり取りをしていますが 日本は梅雨が明けて、猛暑日が続いているようですね。 ロサンゼルスも暑いですが、 お…

  • ロサンゼルスのお坊さんのお話

    今日は用事がありリトル東京にある日本文化会館に行っていました。リトル東京は卵子提供プログラムで患者さまの送迎で訪れるくらいで滅多に行きませんが、久しぶりの私用…

  • アメリカ人の平均初婚年齢

    2018年の人口動態調査の結果によると日本での平均初婚年齢は男性が31.1歳女性は29.4歳です。平均初婚年齢が毎年のように上がり晩婚化も少子化の問題に繋がっ…

  • 卵子提供のための渡米も全てマイルで

    私は年に数回、卵子提供説明会などで日本に行っていますが実は殆ど航空会社のマイルを使っています。 還元率の良いクレジットカードを出来る限り使い お得な国際線特典…

  • ロサンゼルスはマスク再び義務化へ

    今日は朝から遠隔的に卵子ドナーをサポートしたり ZOOMで南カリフォルニアのドクターとのミーティングをしたりしていました。 お昼すぎに会社に日本へのお薬輸送の…

  • 男女産み分けのデメリット

    着床前診断を行えば、患者さまは受精卵の性別がわかります。医療には患者さまには「知る権利」があり医療を提供する側と、医療を受ける側には、検査結果の共通認識が必要…

  • 孤独や孤立を感じたら相談する場所

    コロナ禍でのアメリカ入国に変わりはないかと ロサンゼルス領事館のホームページを調べていたら 「孤独・孤立及びそれに付随する問題でお悩みの方へ」 という興味深い…

  • 妊娠する前に血圧は基準値に!

    卵子提供プログラムのカウンセリングで高血圧で悩む方が多いです。妊娠は心臓に大きな負担がかかるため事前に心臓にかかわる問題は解決しておく必要があり血圧も出来る限…

  • 【アメリカ国立公園】実際に見てみないとわからないこと

    少し前ですが、ジョシュアツリー国立公園に行きました。 ロサンゼルスから2時間ちょっとで行ける 近場の国立公園です。     アメリカの国立公園(ナショナルパー…

  • 公表された日本の不妊予防支援策

    厚生労働省は7月9日、不妊予防支援策の内容を公表しました。 6月に卵子提供説明会で日本にいた時から 不妊予防支援対策の内容をまとめていましたので だいたいの内…

  • 「顔パス」で搭乗運用が羽田と成田で開始

    顔パスによる搭乗運用をJALとANAで7月19日から開始すると発表がありました。技術の進歩に感動ですね。これまで、空港では何度もパスポートの提示が必要でした。…

  • 天災は忘れた頃にやってくる

    ここ数日、ロサンゼルスのあるアメリカ西部は記録的な猛暑日が続いています。私の住むサンタモニカの気温は23度くらいでうだるような暑さではありませんがちょっと内陸…

  • 白と黒だけの世の中ではない!

    私たちは何でも白か黒にわけたがります。卵子提供は白か黒か、そうした議論も多々聞かれます。 世の中、白か黒だけではないのに。白でもない黒でもないグレーという存在…

  • 日本にいるとわからない海外医療のリスク

    卵子提供説明会のための日本出張からロサンゼルスに戻り本当にいろいろとあり非常に忙しい日々を過ごしています。昨日は明け方から夜遅くまで、何らかの用事が常にありぐ…

カテゴリー一覧
商用