searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

二本足の學者を目指してさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
二本足の學者を目指して
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/waseda-nibun-graduate
ブログ紹介文
賢を見ては齊しからん事を思ふ
更新頻度(1年)

69回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2017/10/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、二本足の學者を目指してさんの読者になりませんか?

ハンドル名
二本足の學者を目指してさん
ブログタイトル
二本足の學者を目指して
更新頻度
69回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
二本足の學者を目指して

二本足の學者を目指してさんの新着記事

1件〜30件

  • 遲れ馳せ乍ら御知らせ

    昨年の十月からFacebookを始めてゐます。坂田正興坂田正興さんはFacebook̉...遲れ馳せ乍ら御知らせ

  • 令和二年一月九日(木)廣島一の鮨處である鮨處ひと志さんで至福の思ひ

    廣島一の鮨處である鮨處ひと志さんで至福の思ひけふは廣島一の鮨處である鮨處ひと志さんでランチ。五千圓のランチに而今を一合とアヲハタを追加。傳統と現在、それぞれの技術を用ゐたお鮨で、全てのお鮨にまへもつて絶妙な味はひが施されてゐる。正に至福の思ひを體驗出來る一時である。而今も名酒と云はれるだけあり、頗る旨い。少し醉つたものの、心地好い醉ひである。安酒ではさうは行かず、矢張り飮むなら一流の酒だし、食すならば一流の鮨に限る。とは云へ、偶の贅澤である。メニューは以下のとほり。鮪の皮と水菜の酢味噌和へガリ而今一合ヤリイカ、鹽と柚子風味、庖丁による細工が美しい天然鰤、四日間熟成、旬の味はひで美味本鮪の大トロ、王道のトロける味はひで頗る美味赤むつ(ノドグロ)の炙り梅肉添へ、風味豐かで矢張り旨いひと志名物ウニイクラ海苔の三種ミニ...令和二年一月九日(木)廣島一の鮨處である鮨處ひと志さんで至福の思ひ

  • 令和元年十一月十八日(月)大變有意義な休日

    大變有意義な休日以下はFacebookからの轉載です。昨日は、ホテルグランドヒル市ヶ谷にて開催された福田恆存歿後二十五年記念シンポジアムに參加しました。廣島在住時には、書籍やネットをとほして知るのみであつた方達に、直接お會ひ出來、大變有意義な休日を過ごせました。このやうな經驗が出來るのも、首都東京ならではです。また、會場であつたホテルは、自衞官御用達との事で、その點も興味深く感じました。令和元年十一月十八日(月)大變有意義な休日

  • 令和元年十一月十七日(日)べんてんの系譜自家製中華そばとしをか

    べんてんの系譜自家製中華そばとしをか私は嘗ての高田馬場時代のべんてんに、嘗ての在京時に通ひ詰めてゐ、現在、再上京してゐる。以下はFacebookからの轉載だが、以前の玉碎した際のとしをか訪問については、このブログには記事をあげてゐない。前囘、玉碎した自家製中華そばとしをかでランチ。今囘は、おつまみ付きビールは止して、チャーシュー麺中盛1,250圓にのり50圓をトッピング。心身が肉を欲してゐた。中太麺は小麦のかをりがし、具のチャーシューやメンマも美味。スープは上品ながらも個性を感ずるとしをかのスープ。スープ迄完飮して完食。久し振りにラーメン店で、スープを完飮した。それにしても、いはゆるワンオペをたんたんとこなす店主さんの職人振りは素晴らしいと思ひます。ネットでは無愛想云々と書く人もゐるやうですが、そんな事もないと...令和元年十一月十七日(日)べんてんの系譜自家製中華そばとしをか

  • 令和元年十一月十六日(土)ランチハウスミトヤで秋冬限定メニュー

    ランチハウスミトヤで秋冬限定メニュー先日は西池袋のランチハウスミトヤで夕食。池袋西口から歩いて5分くらゐである。秋冬限定メニューのカキフライ(3ケ)とスパイシー燒肉のセット930圓を註文。ライスは大盛無料なので、大盛にして貰ふ。この値段としては、まづまづの味と大きさのカキフライ。ちやんとレモンとタルタルソースが添へてあるが、皿のスペースの問題で、最初からタルタルのうへにカキフライが乘せてあるのは、殘念。ただし、タルタルは旨い。スパイシー燒肉と付け合せのカレースパは、私が大好きな大衆洋食のメニュー。味噌汁ではなく、豚汁なのが嬉しい。サラダがついてゐて、完全食の定食である。この値段で、これだけの種類と量があれば、お徳である。令和元年十一月十六日(土)ランチハウスミトヤで秋冬限定メニュー

  • 令和元年十一月十四日(木)ご飯お代はり無料の限定店舗松屋椎名町店

    ご飯お代はり無料の限定店舗松屋椎名町店先日は5時過ぎ頃に、西武池袋線は椎名町驛北口側の松屋で早めの夕食。この店は限定店舗の一つで、何が行はれてゐるかと云へば、何と朝食を含む定食のご飯が、セルフサーヴィスでお代はり自由なのである。これは一人暮らしの男にとつて、嬉しいサーヴィス。70圓割引の牛燒肉L定食680圓と生ビール小ジョッキ190圓を註文。ご飯をお代はりする前提だと、やはり御菜は大盛にせねば、と云ふ事。牛燒肉も、野菜サラダも、味噌汁も普通に旨い。ご飯が進み、計三杯食べた。生ビールもちやうどいい量で、190圓と云ふのは、これまた嬉しい。ご飯はお代はり自由だし、ドレッシングはかけ放題、紅生姜は取り放題である。それにしても椎名町驛北口。ご飯お代はり自由の松屋に、立喰ひそば界のラーメン二郎こと南天、それにぎょうざの滿...令和元年十一月十四日(木)ご飯お代はり無料の限定店舗松屋椎名町店

  • 令和元年十一月十三日(水)鮨いしかわで濱風とヱビス小瓶

    鮨いしかわで濱風とヱビス小瓶新宿エルタワー地下二階にある鮨いしかわでランチ。濱風2,000圓とヱビスの小瓶900圓を註文。いづれも値段は税拔。ランチで二千圓は高額だが、ちやんとした店構への店の鮨が二千圓と考へれば、お徳とも云へる。鮨のランチと云へば、私は廣島のひと志さんの五千圓のものが一番旨いと思ふが、それはネタも絶妙に熟成してあり、味付も程良く施してある一流のもの。今囘のいしかわさんの濱風は、さういふ凝つたものではなく、昔ながらのお鮨で、ネタに醤油をつけて食べる云はばオールドスタイル。ネタは赤身三卷、鐵火卷三卷、かつぱ卷三卷、コハダ、海老、赤貝、穴子、卵燒。お味噌汁。ネタにせよシャリにせよ握り方にせよ、及第點のレヴェルで、新宿西口で二千圓で食べられるのだから、貴重な使ひ勝手の良い店と云へよう。令和元年十一月十三日(水)鮨いしかわで濱風とヱビス小瓶

  • 令和元年十一月十日(日)鹽ラーメンの名店櫻臺美志滿で鹽らぁ麺麺大盛

    鹽ラーメンの名店櫻臺美志滿で鹽らぁ麺麺大盛櫻臺の美志滿でランチ。看板メニューの一つである鹽らぁ麺800圓の麺大盛100圓を註文。いつもは夜に櫻臺二郎を食べてゐたが、流石に飽きて來て、以前から氣になつてゐたこちらを訪問。鹽ラーメンだが、甘くて滋味に富むスープに驚く。優しくて誰をも惹きつけるスープだが、それでゐて、この店の個性をも感じる。店の内外に説明文が掲示されてゐるが、スープの仕込に留まらず、鹽ダレにこの味の秘訣があるのだらう。麺は輕いウェーブ状の中太平打ち麺。具の鷄チャーシュー、白髪葱、メンマも美味。また是非とも再訪したい。今度はもう一つの看板メニューである魚介鹽らぁ麺を食べたい。女性にもお薦め出來るラーメンである。追記。直系二郎は戰場のやうだが、こちらは至つて平和である。令和元年十一月十日(日)鹽ラーメンの名店櫻臺美志滿で鹽らぁ麺麺大盛

  • 令和元年十一月八日(金)つけそばの老舗、丸長目白店でチャーシューやさいつけそば大盛

    つけそばの老舗、丸長目白店でチャーシューやさいつけそば大盛目白の丸長でランチ。開店時間の十一時まへから竝ぶ。開店十五分まへくらゐに、店員さんから店頭で註文を訊かれる。チャーシューやさいつけそば1150圓の大盛100圓を註文。都内に何店舗か存在する丸長の目白店は、つけそばの老舗。私は十年振りくらゐにたづねた。お客には、私以外にもスーツ姿の方々が多い。つけ汁はよく混ぜてと云はれるが、これだけ大量の野菜と細切れのチャーシューがはひつてゐれば、それも中々かなはない。それゆゑ、場所によつてはつけ汁が辛く感じたり、甘く感じたり、酸味を感じたりする。或る程度、チャーシューと野菜を食べ進めると、つけ汁を混ぜ易くなり、辛味、甘味、酸味が渾然一體となり、本來の味を味はへて美味。麺に關しては、標準的な中太麺で、小麦のかをりもする。大...令和元年十一月八日(金)つけそばの老舗、丸長目白店でチャーシューやさいつけそば大盛

  • 令和元年十一月六日(水)馳走麺狸穴で濃厚魚介つけ麺大盛

    馳走麺狸穴で濃厚魚介つけ麺大盛以下は先月十月の食べログの記事からの轉載である。池袋のビックカメラでプリンターを購入した後、遲い晝食を食べる爲にたづねました。濃厚魚介つけ麺大盛880圓を註文。大盛と云つても、然程多くはなく、成人男性であれば、輕く食べられます。麺は中太で、小麦のかをりが感じられる、關東のつけ麺としてはオーソドックスなもの。具は、レアチャーシューに關しては、最近の逸りでせうか。これはこれで旨い。つけ汁は、これも首都圏ではお馴染みの、魚介豚骨系でせうか。安心して食べられる、何時もの旨いつけ汁と云ふ感じです。總じてオーソドックスな一品で、オリジナリティは餘り感じませんが、關東のつけ麺好きにはお薦め出來るお店です。令和元年十一月六日(水)馳走麺狸穴で濃厚魚介つけ麺大盛

  • 令和元年十一月二日(土)丸山吉平でぼーひれ他

    丸山吉平でぼーひれ他以下は食べログからの轉載である。食べログを始めるまへに、既に二囘、當店をたづねてをり、最初はロースかつランチ、二囘目はリブロースとご飯を註文した。今囘は三度目であるが、ぼーひれ250(3,000圓)、ごはん200圓、わさび50圓を註文。熟成されたSPF豚のレアフィレは頗る美味。ただ、個人的な好みとしては、やはり丸山吉平さんの眞骨頂は、脂がクリーミーで濃厚な丸山リブかリブだと思ふ。機會があれば、丸山リブを食べたい。因みに、丸山リブが大トロ、リブが中トロと云ふ位置付けとの事である。とんかつは、卓上に置いてある二種の鹽、醤油、とんかつに添へてある芥子、それに別賣のわさびをつけて食べ、ソースはキャベツにかけて食べるのが定番である。令和元年十一月二日(土)丸山吉平でぼーひれ他

  • 令和元年十一月一日(金)嘗て信金裏と云はれた天麩羅いもやは庶民の味方

    嘗て信金裏と云はれた天麩羅いもやは庶民の味方以下はFacebookからの轉載である。嘗ては信金裏と云はれてゐた天麩羅いもやでランチ。天麩羅定食750圓に三陸産牡蠣二個250圓とまひたけ100圓を追加。ご飯は大盛。一粒も殘さずご飯を食べると、大盛料金は無料と云ふ事を、西早稻田のいもやに通つてゐた頃、學んだ。信金裏は他のいもやとは異なり、具澤山の豆腐とわかめの味噌汁が特徴。いもやの天麩羅は、高級店のやうな華やかさはないが、誰もが愛する庶民的な味で、頗る美味でボリューム滿點。最近の値上は仕方ないが、それでもまだ通ふ價値はあり、他のいもやが相次いで閉店した影響もあつてか、當店には行列が絶えない。このやうな庶民に嬉しいお店は、今後はあらはれないのかも知れない。令和元年十一月一日(金)嘗て信金裏と云はれた天麩羅いもやは庶民の味方

  • 令和元年十月二十日(日)夕方の池袋驛東口にて

    夕方の池袋驛東口にて偶々、夕方に立寄つた池袋驛東口にて、話題のあの人が演説をしてゐた。東京は、かう云ふ人を、生で見られるのが面白い處である。令和元年十月二十日(日)夕方の池袋驛東口にて

  • 令和元年十月十五日(火)ビヤホールライオン池袋東口店で夕食

    以下、食べログのレヴューを、新字は正字に改めて、轉載する。ビヤホールライオン池袋東口店で夕食銀座ライオンに行くやうになつたのは、廣島勤務時代に、お誘ひを受けたのがきつかけです。廣島では、廣島驛のASSE店を何囘か利用しました。私は不斷、自宅で飮む際も、ヱビスを愛飮してゐる爲、美味しいヱビスを生で飮む事が出來るライオンは、好みのお店です。過日、上京して來て、通ひ易い店である池袋東口店をたづねて見ました。註文したのは、ヱビスプレミアムブラック特製中ジョッキ810圓税拔、彩りグリーンサラダ880圓税拔、LIONビーフシチュー1580圓税拔、廣島縣産おつまみカキフライ700圓税拔の4品。價格はライオンと云ふ事で、可もなく不可もなくと云ふ價格帶。料理は3品とも旨いし、獨り者には、これだけ野菜を食べられるのは、嬉しいです。...令和元年十月十五日(火)ビヤホールライオン池袋東口店で夕食

  • 令和元年十月九日(水)武藏野うどんうちたて家で肉汁うどん特盛

    武藏野うどんうちたて家で肉汁うどん特盛以下に食べログのレヴューを新字を正字に改めて轉載する。うどんと云へば、私は故郷廣島のうどんや福岡のうどんを好んで來ました。いづれも西日本風のお出汁に、柔らかな麺が特徴です。東京の多摩や埼玉には、武藏野うどんなるものがあるとは、テレヴィ番組を見て知り、いつかは食べてみたいと思つてゐました。再上京するにあたり、池袋にうちたて家と云ふ食べログでも高評價のお店があると知り、過日、たづねて見ました。一番人氣の肉汁うどんを特盛1,030円で注文。先客が多く、また、極太の麺で茹でる時間がかかる爲か、暫し、待たされます。やうやくやつて來た肉汁うどんは、なかなかの太さ。一口すすると云ふよりも、噛む感じで食してみると、これはかなりの噛みごたへ。廣島福岡のそれとは正反對です。肉汁は、一口飮むと、...令和元年十月九日(水)武藏野うどんうちたて家で肉汁うどん特盛

  • 令和元年九月三十日(月)米中覇權戰爭と日米同盟

    米中覇權戰爭と日米同盟北野幸伯「日本は平和ボケで自滅!?日本人が知るべき米中戰爭『アメリカの本氣』」DIAMONDonline令和元年九月三十日(月)米中覇權戰爭と日米同盟

  • 令和元年九月二十九日(日)ラーメン二郎桜台駅前店で小ニンニクアブラ、つけ味変更

    以下にラーメン二郎桜台駅前店の食べログレヴューを転載する。なほ、スマホでの投稿の為、表記は新字正仮名に妥協する。小ニンニクアブラ、つけ味変更土曜日の朝、桜台のメルマガが届き、何やらつけ味変更可能との事。どう云ふ事だらうと思ひ、少しスマホで検索して見ると、どうやらラーメンのスープを、つけ麺のそれに変更出来ると云ふ事らしい。となると、かなり濃い目のスープへの変更となるのであらうが、何にせよチャレンジと云ふ事で、開店前を狙ひ、お店へ向かふ。土曜日は10時からの営業であるが、平日の夜とは異なり、開店前から中々の行列。暫し待つた後、私は3ロット目に着席出来た。当日は店主さんと助手さんの2人体制。小700円とつけ味50円を購入。コールはニンニクアブラ。結果を申し上げれば、つけ味変更も充分に美味しいが、私には、ラーメンのスー...令和元年九月二十九日(日)ラーメン二郎桜台駅前店で小ニンニクアブラ、つけ味変更

  • 令和元年九月二十八日(土)ラーメン二郎桜台駅前店で小ニンニク

    ラーメン二郎桜台駅前店についての食べログレヴューを以下に転載する。なほ、スマホでの投稿の為、表記は新字正仮名に妥協する。小ニンニク、このくらゐが私にはちやうどいいです前回に続き、桜台二郎を訪問。前回は小豚野菜ニンニクアブラで、量として苦しかつた為、前回のレヴューに記したやうに、今回は小ニンニクでお願ひしました。結果から申し上げると、これが正解。全体として腹八分目くらゐの量で、美味しく快適に二郎を頂けました。次回はアブラも足してもいいかも知れません。豚は巻き豚が二枚。程好い柔らかさで、スープに浸して食べると旨いです。これぞ二郎の豚といふ感じで、味にも大きさにも満足。野菜は、キャベツが多めに感じ、もやしと共に、クタッとした感じではなく、シャキシャキとしてゐて、これはこれで私の好みです。卓上のカラメ用の醤油をかけて食...令和元年九月二十八日(土)ラーメン二郎桜台駅前店で小ニンニク

  • 令和元年九月二十七日(金)麺処花田池袋店で味噌つけ麺

    麺処花田池袋店で味噌つけ麺以下に食べログのレヴューを転載する。スマホでの投稿の為、表記は新字正仮名に妥協する。味噌の名店食べログを始めるまへには、味噌を食べてゐて、とても美味しかつた為、再訪です。今回は三連休の夕食時とあつて、前回、平日の昼過ぎにたづねた時とは異なり、行列が出来てゐました。二郎のやうな客層とは異なり、カップルや女性、外国人なども多い為、回転は悪いです。それゆゑ、かなり待たされました。前回は味噌を頼んだので、今回は味噌つけ麺910円を注文。ラーメンに比べて、つけ麺は麺を茹でたり、〆たりするのに時間がかかる為、提供の順番が前後してしまひます。野菜増し、ニンニク増し共に無料の為、どちらもお願ひしました。ニンニクは、事前に別皿で出して頂けます。増しと言つても、そんなに多くはないです。その後、麺と、具入り...令和元年九月二十七日(金)麺処花田池袋店で味噌つけ麺

  • 令和元年九月二十六日(木)小川榮太郎氏――東西の近代文學と人間の生き方

    小川榮太郎氏――東西の近代文學と人間の生き方お奬めの動畫を以下に共有して置く。【無料版】小川榮太郎大放談プチ右も左も「變なこと」を言ふ人だらけ編令和元年九月二十六日(木)小川榮太郎氏――東西の近代文學と人間の生き方

  • 令和元年九月二十六日(木)桜台二郎で小豚850円、ネギ100円

    桜台二郎についての食べログレヴューを以下に転載。なほ、スマホでの投稿の為、表記は新字正仮名に妥協する。久し振りの桜台二郎長らく広島在住で、東京へ行つた際には、時間を確保して、三田本店へ通つてゐました。その数年以上まへには桜台へも行つてゐましたが、この度の再上京に伴ひ、何年か振りに桜台の夜の部にお店を訪問しました。三田訪問時には、小豚を無理なく食べてゐたので、今回も小豚にしました。量を聞かれる際、他の方々は、小の少な目や麺半分と伝へてゐる人が多かつたのですが、その理由は後に分かりました。私は、隣の方が小の野菜ニンニクアブラとコールしてゐるのを聞き、その量を確認して、これなら行けると思ひ、同様のコールをしたのですが、実際の私の丼の量を見て、驚きました。小の豚850円にネギ100円を追加してゐた事もありますが、それに...令和元年九月二十六日(木)桜台二郎で小豚850円、ネギ100円

  • 令和元年九月二十五日(水)汐見@早稲田で六千円のコースとジンジャエール

    以下に先日訪れた汐見@早稲田の食べログレヴューを転載する。当日は六千円の夜のお薦めコースに、ジンジャエールを追加した。初めてのディナーでの利用。非常に満足しました。最近食べログを始めたのだが、まだ食べログを始めるまへの昨年、お昼で利用した際には、天御膳と十四代を一合頼み、味、技術、サーヴィス、ドリンク等に満足し、それから久し振りに、今度はディナーで利用しました。予約で頼んだのは、一人六千円のお薦めのコース。少し早くお店に到着すると、お店の前には満席とのお知らせ。お昼にたづねた際にも、沢山のお客さんがいらつしやいましたが、やはり夜も人気のやうで期待が高まります。まづは、スープがはりとして、お出汁のやうなものが出ますが、これが美味。かういふ一品が旨いといふ事は、良いお店の証拠。前菜は、器の演出からして、非常に楽しい...令和元年九月二十五日(水)汐見@早稲田で六千円のコースとジンジャエール

  • 令和元年九月二十一日(土)八昌@広島市中区幟町で肉玉そば、イカ天トッピング

    以下に食べログのレヴューを転載する。スマホでの投稿の為、新字正仮名に妥協。レジェンドである大将が焼く広島風お好み焼昨今、インターネットでは、広島焼きと云はれる事を嫌ふ広島人が多いやうに思はれ、私も広島焼きと云ふ云ひ方を好ましく思はない一人であるが、中には広島風お好み焼と云ふ事をも嫌ふ人々がゐるやうである。が、筆者が子供であつた30年以上まへから、広島の中心部では、広島風と称する店が多々あつたどころか、嘗てはさう云ふ店のみであつたと記憶する。レジェンドと云ふ言葉は、マスコミなどにより、すつかり使ひ古された印象がある言葉であるが、広島幟町の八昌の大将は、広島風お好み焼のレジェンドの一人である。当日は、三連休の初日と云ふ事もあつてか、開店時間である10時過ぎにお店をたづねたところ、鉄板付きテーブル席は満席であつたので...令和元年九月二十一日(土)八昌@広島市中区幟町で肉玉そば、イカ天トッピング

  • 令和元年九月十九日(木)我馬@広島紙屋町で白うまのCランチ

    我馬@広島紙屋町についての食べログレヴューを以下に転載。広島の博多ラーメン私が博多ラーメンを始めて食べたのは、まだ学生だつた90年代の後半辺、東京高田馬場に始めて進出して来た一風堂に於てだつた。新しい店舗には、博多ラーメンの特徴である替へ玉システムの説明や高菜や紅生姜の使ひ方についての記載が見受けられた。また、その前後、いづれかの時期、福岡の友人をたづねた際、まだ有名になるまへの一蘭へも行つた。今回おとづれた広島紙屋町の我馬は、広島資本の博多ラーメン店で、そのビジネスモデルが一風堂である事は明らかである。と云ふのも、メニュー名は異なるものの、基本であるラーメンやサイドメニューの内容、セットの構成は、一風堂のそれから影響を受けてゐるのは、一目瞭然である。広島、東京、福岡と私は暮らして来たから、一風堂も我馬も、何度...令和元年九月十九日(木)我馬@広島紙屋町で白うまのCランチ

  • 令和元年九月十八日(水)ヴォーノ@広島市中区幟町でパスタランチ

    ヴォーノ@広島市中区幟町についての食べログのレヴューを、以下に転載。なほ、スマホでの記事投稿の為、新字正仮名に妥協する。地元民や近隣の勤め人に長らく愛用されてゐるパスタランチのお店元祖トマトラーメンの店と云ふ事で、その事を扱ふレヴューが多いやうだが、地元民や近隣の勤め人と云ふやうな多くの人々は、長らくお昼のパスタランチを愛用してゐる。トーストされたパン、イタリアンドレッシングによるサラダ、日替りパスタ、食後はホットコーヒーか紅茶に自家製のデザートがついて、850円と云ふ値段。日替りのパスタは、大盛はプラス200円、特盛はプラス300円だが、普通でも中々の量であり、若い女性には多めにさへ感ずるかも知れない。が、私のやうなラーメン二郎や大勝軒系のつけ麺が好みの男にとつては、量も味のうちである。何度も書いてゐるやうに...令和元年九月十八日(水)ヴォーノ@広島市中区幟町でパスタランチ

  • 令和元年九月十六日(月)NHKのニューズにキャスターは要らない

    NHKのニューズにキャスターは要らない小林秀雄も、太宰治も、永井荷風も、夫々、偉い文學者だつた事に間違ひない訣だが、夫々の人間らしい側面と云ふものが、私のやうな凡人にも傳へられてゐる。立派な人間にも、人間味と云ふものがあり、それがともすれば個性と受け取られるばあひもある。常に正しい人間とは、人間ではないと云へ、人間は絶對者ではない。NHKの夜九時のニューズキャスターである有馬嘉男氏と云ふのは、常にまるで小學校の學級委員長のやうな發言をする。彼の發言とは、毒にも藥にもならない代物で、一體、彼の發言によつて呆れる人々はゐても、彼の發言を價値あるものと看做す者はゐよう筈がない。成程、中立や公平を心掛けるならば、キャスターの發言もさうならざるを得ないのかも知れない。が、それならば、キャスターなんぞ、抑、必要ない。實際、...令和元年九月十六日(月)NHKのニューズにキャスターは要らない

  • 令和元年九月十五日(日)とある日のランチ――リゾート(廣島市中區立町)でスパパルルードのグラタンランチ

    とある日のランチ――リゾート(廣島市中區立町)でスパパルルード(あさり、マッシュルームのスパゲッティグラタン)のグラタンランチ(手仕込みカップスープ、ボウルサラダ附、880圓)以下、食べログのレヴューより轉載(※原文は新字正假名)◇◇◇廣島のグラタンの老舗嘗ては、今で云ふ裏袋にて營業してゐ、本通や紙屋町と移轉を繰返し、現在の立町は中の棚の店舗に至る、廣島のグラタンの老舗。廣島でグラタンの專門店と云へば、リゾートである。お店のシェフが、地元テレヴィの取材に答へてゐたやうに、お客の殆どが女性である。が、週末などは家族連れのお客も多く、いまや親となつてゐる世代が、嘗ての裏袋での店舗にて、グラタンやグラタンについて來る名物のオニオンサラダを食べてゐたものと思はれる。上述のシェフが答へてゐたやうに、広島で始めてオニオンサ...令和元年九月十五日(日)とある日のランチ――リゾート(廣島市中區立町)でスパパルルードのグラタンランチ

  • 令和元年九月十四日(土)食べログを始めました

    食べログを始めました不圖、思ひ立ち、スマホに食べログのアプリをインストールし、お店のブックマークのみならず、飮食店のレヴューも始めた。とは云へ、まだ一軒しかレヴューは書いてゐないものゝ。食べログでは、このブログ同樣、早稻田の文士と云ふハンドルネームで書いてゐる。https://tabelog.com/rvwr/010708677/記念すべき(?)一店目のレヴューは、廣島八丁堀の上海總本店である。以下に食べログのレヴューを轉載する(※原文は新字正假名)。◇◇◇地元民に愛される老舗中高年の常連客が多い店だが、恐らくはその多くの人が、昔から通つてゐるのだらう。と云ふのも、かく云ふ私がその一人だからである。幼き日は、土曜のお晝に、祖母と母とに連れられて、この店に來てゐた。ラーメンの丼やチャーハンの皿に描かれてゐる初代の...令和元年九月十四日(土)食べログを始めました

  • 令和元年九月十日(火)とある日のランチ――ヴォーノ(廣島市中區幟町)でパスタランチ(850圓、ツナと秋野菜のトマトソースパスタ、大葉オイル仕立て、普通盛)

    とある日のランチ――ヴォーノ(廣島市中區幟町)でパスタランチ(850圓、ツナと秋野菜のトマトソースパスタ、大葉オイル仕立て、普通盛)以前も書いたが、當店の日替はりのパスタ、私はトマトソースが好物である。ランチに附くパンの種類とサラダのドレッシングが變つてゐた。ネットの口コミなどでは、元祖トマトラーメンばかりが取上げられるが、私はヴォーノさんのパスタランチを長年食べてゐる。パンサラダツナと秋野菜のトマトソースパスタ、大葉オイル仕立て、普通盛ホット珈琲パンナ・コッタ令和元年九月十日(火)とある日のランチ――ヴォーノ(廣島市中區幟町)でパスタランチ(850圓、ツナと秋野菜のトマトソースパスタ、大葉オイル仕立て、普通盛)

  • 令和元年九月九日(月)自信をもたう

    自信をもたうタイトルとして記した「自信をもたう」とは、福田恆存が「平和論にたいする疑問」(文藝春秋新社)に於て、「序にかへて」と記して書いた一文のタイトルである(※一)。では、誰に對して、福田は「自信をもたう」と書いたのか。所謂エリートに對して、さう云ふ必要はなく、日本語で記された訣だから、日本の庶民に對して、「自信をもたう」と福田は書いたのである。先日、廣島の「縣知事は害惡である」と書いたが、彼やそのまはりは色々な言ひ訣を述べてゐるが、結局の處、現實として、彼等は廣島の庶民に對して、自信を無くすやうに、自分の仕事、詰りは自分の生き方に就いて自虐的に振舞ふやうに仕向けてゐたのであり、それゆゑ、縣知事は害惡なのだと私は書いた。いや/\そんな惡意は自分にはない、と縣知事やそのまはりの人物は云ふかも知れない。が、自分...令和元年九月九日(月)自信をもたう

カテゴリー一覧
商用