searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

SKY STARS 天星人語さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
SKY STARS 天星人語
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tenseijin101
ブログ紹介文
空と海は見飽きない。
更新頻度(1年)

437回 / 365日(平均8.4回/週)

ブログ村参加:2017/09/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、SKY STARS 天星人語さんをフォローしませんか?

ハンドル名
SKY STARS 天星人語さん
ブログタイトル
SKY STARS 天星人語
更新頻度
437回 / 365日(平均8.4回/週)
フォロー
SKY STARS 天星人語

SKY STARS 天星人語さんの新着記事

1件〜30件

  • 東京オリンピックについて考えた

    小学生高学年の時、周囲で流行った記念切手集め。筆者は、世界中の当代一流の選手が一同に集まり、競い合うことに反対ではない。生で見たい。チケットの予約もしていた。ブログを振り返れば、2013年に東京オリンピック反対を書いていた。復興五輪のキャッチフレーズに賛成できなかった。大震災の被害(天災と人災)を後世に残す記念館(例えば広島原爆ドーム、平和公園のようなもの)が先だろうと考えた。この時期での無観客・感染対策開催。選手たちは陽性判定になれば、参加できないかもしれない。つぎ込んだ税金。感染急拡大とオリンピック競技のニュースが同時並列に流れる。強行開催に突き進む自民公明党政権。オリンピックだけでない。独裁政権の臭いがする。東京オリンピックについて考えた

  • 【再掲載】ふたたび、失われた20年を体験させないでください菅首相

    「はくしょーん」くしゃみをしたような株式市場だ。ワクチンを接種すれば一安心だとしか言わない自民・公明政権。一本足打法、あるいはAプランしかない危機意識のない政権だ。短期では、オリンピック選手や関係者でクラスターが発生すればどうするのか。中期では2回のワクチン接種だけで、新型コロナと共生できるのか。長期では、来年はコロナ前の生活を送っているのでしょうか?今回は過去記事を再掲載します。1.はじめに「失われた20年」の二の舞になるのではと、心配になってきた。菅政権には、まずは新型コロナウイルス対策に打ち込んでもらいたい(中国、台湾、ニュージーランド、そしてオーストラリアなどの感染症対策が参考になる)。安倍政権は、問題の所在を理解していなかったので、戦略も実行計画もなかった(多くの人間が初期対応の失敗を認識する前に、政...【再掲載】ふたたび、失われた20年を体験させないでください菅首相

  • 新型コロナ、「集団免疫の獲得」を考察する

    今回は、「集団免疫の獲得」について書いてみます。まず、長期的で大規模に渡る対策はこちらをご参照ください。7月17日、東京1410人感染半年ぶり水準資料1出所日本経済新聞資料2本題に入る前に、東京都の新規感染者数を見ておきます。17日は1410人だった(資料1)。グラフで分かるように増加している。都のモニタリング会議の予測(資料2)よりも早い速度だ。資料3さて、本題に入る。まず、ここでおさらいをしたい。感染者数の予測には、「基本再生産数」と「実効再生産数」、そして「集団免疫率」が変数として使用される。デルタ株の素の感染力である「基本再生産指数」(一人の感染対策をしていない感染者が何人に感染させるか)はアルファ株よりも高い。また、社会(個人レベルと集団レベル両方)の感染対策が弱ければ、「実行再生産指数」(ワクチン接...新型コロナ、「集団免疫の獲得」を考察する

  • 腸活

    世の中には腸に悩むヒトが過半数以上いる出所日経グッディ今回は、健康にまつわる話題を書いてみます。筆者は、便秘に悩んでいた。最近は、3日ほどの間隔で排便できる(かかりつけの消化器系専門医に聞いたが、問題ないそうだ)。キッカケはカスピ海ヨーグルトとさつまいも。なんと、奥様の方に効果がてき面に表れた。いままで経験がなかった、就寝中にも排便がある。これは予想外だが筆者にも効果はある。もう、排便薬に頼ることがなくなった。普段服用している薬は、いわゆる血をサラサラにする薬。この薬には胃を刺激する成分があるので、胃酸の分泌を抑える薬を併用している。一時この薬を飲まなかったら、朝方に胃が重く感じることが多かった。ひどいと、逆流するので、誤嚥の危険もある。できるだけ薬には頼らない生活を送りたいのだが、この薬を飲めば確かに胃の調子...腸活

  • 政局よりも暮らしを楽にする政治活動を期待したい

    今回は、雑記帳のような内容を書いてみました。まずは、「コロナ政局」について。4日開票の都議会選挙で、自民党が50議席とるのではという当初の目論見が外れ、33議席しか獲得できなかったのがきっかけのようだ。筆者は政局(権力闘争)でなく、生活を少しでも楽にしてくれる政治活動を期待したい。図の出典日本経済新聞また、4月以降株価が軟調傾向である。株価は概ね6~9か月先社会の鏡なので、株価動向には注目している。まずは経済のことを反映する。次に自民公明政権は政権遂行能力が低いので、政治面でも与党が議席を減らすことが意識されそうだ。与党批判票の受け皿があれば良いと思う。それは嘘をつかない、ごまかさない。弱者を助ける、大衆(の弱さに)迎合しないものであって欲しい。ところで今日も天候は不安定だ。ここ千葉県でも19年の9月に大被害を...政局よりも暮らしを楽にする政治活動を期待したい

  • オリンピックは、1都3県無観客開催

    起床して外を見ればこういう様子だった。今回は、近況について短文を書いてみます。今週は、小さな旅をした。テーマは「海」見るだけ、聞くだけ、嗅ぐだけの海だった。レポートは別機会で公開したいと思う。土砂災害があり、コロナによる重症者、後遺症に苦しむヒトが多い。こういう時期には書きたくない。五輪、1都3県の無観客決定福島や宮城などは有観客に日本人にとり今回のオリンピック開催は違和感が強すぎである。「コロナに打ち勝った証」が、この形での開催であろうか?筆者には、打ち負けた無理筋の開催に見える。誰のための、何のためのオリンピックなんだろう。心底から試合を応援できない。選手にとっても同じ心境ではないだろうか?オリンピックは、1都3県無観客開催

  • 政府が進める感染防止とワクチン接種計画を検証する

    今回は、感染防止とワクチン接種作戦の進捗を検証してみます。「感染対策もワクチン接種計画にも安心できない。5月28日、菅首相はこれからの3週間は感染防止とワクチン接種、2正面作戦の成果を出すための極めて大事な期間だ(日本経済新聞)と述べたそうだ」。これは、5月30日投稿した記事の冒頭部分である(☜クリックすると読めます)。新規感染者数は増加に転ずる感染者数は増加したので、現時点で感染防止策は効いていない。また、7月28日には1000人の大台に乗るとの予測である。首都圏1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)を中心に全国的にもリバウンド傾向である。感染経路は(判明分だけだが)過半が家庭内である。年代別感染者の割合は高齢者が減少している。感染する高齢者が減っているので、重症者患者数が減少している。ウイルスは、抗体ができて...政府が進める感染防止とワクチン接種計画を検証する

  • 道の駅 栗源

    今日は、道の駅栗源(くりもと)のことを書きます。本格的な梅雨入り天気が続くが、つい先日までは快晴も多かった。そんな日に、遠出のドライブをした。香取市栗源だ。どういう訳か、月に一度程度、この道の駅を訪ねる。豚カツを食べるためだが、直売所も目的である。収穫期には「べにはるか」を買うのが目的になる。奥様はここで買える卵を気に入っている。先日、ここで食べた「カツカレー」カレー自体の味は並だが、豚カツが美味い。以前に、14時前に着いて、食べようとしたら豚カツが品切れになっていた。テラス席があり、こういう景色が見える。こちらは「豚しゃぶ」先月、すぐ近くにある「恋する豚研究所」で食べた。平日にも関わらず混んでいるように見えた。駐車場は奥にもある。木陰に駐車できる。2階に食堂と売店がある。ドリンクとスイーツも販売。道の駅栗源

  • 足の後遺症を治す

    今回は、足の筋肉とその作用について書いてみます。足の後遺症障害を治すのに、足の作用が事前に分かっていると、治療効果が高い。リハビリではまずは「動かして」と言われる。だが、どうしてこの訓練をするのかを患者としては無知なままだ。原因があり障害が生じている。「観察」(問題点)と「分析」(原因)、さらに「判断」(緊急対策と根本対策)を知っていればさらに治療効果がある。着眼大局、着手小局もこのブログではおなじみだ。今回は足編です。症状として多いのは、つま先が上がらない。つんのめる。また、少しでも坂道になれば、つま先をけりだせない。のぼれない。これが最大の困っている障害だと思う。さらに、仰向けに寝て、片足ずつ上げれないか、角度をつけて上げられないことが多いはずだ。これを何とかしたいと頑張っている人間は多いだろう。下図の部位...足の後遺症を治す

  • (再掲示)後遺症の痛みをとる方法

    先日投稿した記事(「後遺症の痛みをとる方法」)に、読者様から連絡をもらった。やはり指が痛いので試したところ、症状が改善したそうだ。文字通り世界の片隅に佇む「天星人語」。読んでもらえている。たとえ一人であっても、このブログが役に立つこともあるのだと心強く感じた。その文章を再掲示します。自力で試している方法は他にもある。今後書いてみるつもりです。要介護・要支援になった主な原因(厚生労働省「国民生活基礎調査2019年」より)出典日経Gooday今回は後遺症による痛みを軽くする方法を書いてみます。脳梗塞を起こしても、発生場所に恵まれれ、すぐに治療を受ければ後遺症は残らない。だが、厚生労働省の推計によれば、治療を受けている(脳卒中)患者数は110万人程度いる。障害に苦しんでいる人は多い。何らかの介助を受ける原因でもある。...(再掲示)後遺症の痛みをとる方法

  • 店も客を選びます

    今回は、「店も客を選びます」を書いてみます。まず、2回目のワクチン接種のその後を報告します。約96時間経過した。朝の体温は36.2度、血圧は126-78だった。ごく普通の数字。普段通りの自宅での運動も再開している。しかし、厚生労働省によれば、接種7日目以降でも副作用症状の報告がある。外を見ると日差しが見えた。写真は12時ごろの様子。2週間に1度程度訪ねるカフェのテーブルに置いてある。入店時にアルコール除菌をするように声が掛かる。またテーブルに着席すると、この注意書きを見せられる。不快な感じはしない。店のスタッフも客も感染させる・したくない。それは共有されている。来てやったなどという気持ちはない。筆者は顔を覚えてくれているので、何の注意もない。飲食店の酒提供を巡り話題がある。席数を減らし、換気に気を配り、小人数で...店も客を選びます

  • 2回目ワクチン接種3日目の朝

    今日は安定した天気模様だ。今回は、ワクチン接種2回目後のことを書いてみます。間もなく2回目接種から約48時間が経過する。起床時の4時34分、体温は35.8度、血圧は128-80である。接種した当日の変化はなかった。1回目よりも反作用は軽いかと期待したし調子抜け感があった。(6月17日午前10時)24時間経過時では、体温が36.2度だった。体感としては、接種した点を触れば痛みを感じた。ところが、それから体が重く感じるようになった。悪寒という範疇ではない。14時、体温は36.7度、16時に37.2度へ上昇した。ここで、用意してあった「ノーシン」を飲んだ。できるだけ薬に頼らない主義であるが、事前の情報収集により、早目の服用となった。木曜日はかかりつけ医が休診なので、38度を超えれば「119番通報」と、奥様と打ち合わせ...2回目ワクチン接種3日目の朝

  • 2回目ワクチンを受けてきました

    写真は14時ごろの様子。今朝から都内と神奈川地域は天気が不安定だとか。千葉県にある自宅周辺は曇り空だ。上空の様子はこんな感じ。時折、薄日がさす。昨日の天気も昼間は、晴れ時間が長かった。日本列島をメッシュにしてのぞけば、自宅地点はたまたま天気が安定していたにすぎないと思う。左上部に写る「軍手」は、普段からよく使う種類。ホームセンターで買った。安くて使いやすい。ほぼ毎日洗濯し、代わる代わる使う。直接手にふれないようにはめている。この日も、マスクなし会話に夢中である女性たちと一緒だった。酒席でのマスクなしばかりに焦点が向くが、お茶席のマスクなし会話も大迷惑だ。マスクしてひそひそと話をできない人間たちが多い。今日は2回目のワクチン接種を受けた。既に5時間経過した。腕に異状はない。体調の変化もない。接種してくれた看護師さ...2回目ワクチンを受けてきました

  • 数字で読む脳梗塞という病気

    悩まされている病気のことを知りたい。脳梗塞に関する現状をまとめてみました。脳梗塞で亡くなった小渕首相2000年4月1日、高齢者福祉施設にて気づいていても見過ごしてしまう。人の心の隙に乗じて、危機は忍び寄る。「つい軽く答えてしまった。『年を重ねれば誰でもそうなりますよ』と」。20年前の4月1日にかわした会話を思い出すたび、元厚相の丹羽雄哉氏は苦い後悔を感じる。「最近、言葉が出にくい」とこぼす当時の小渕恵三首相を励まそうと思っての言葉だった。その日、介護保険制度が始まり、首相、厚相の2人はそろって都内の高齢者福祉施設を視察した。「国全体で長生きした人を守りたい」。そう話していた小渕氏は翌日未明、脳梗塞に倒れ、帰らぬ人となった。(写真と記事、日本経済新聞)日本最大の権力者である、首相も勝てなかった病気だ。脳卒中による...数字で読む脳梗塞という病気

  • モノの値段についてあれこれと

    今回は「モノの値段あれこれと」と題した文章を書いてみます。物価が上昇しているという話を聞いた読者様は多いと思う。日本ではデフレ傾向が引き続いているが、上図のように、国際的には上昇角度(=速度)が強くなっている。日常生活に直結する商品でもそのことを感じることが増えた。出所日本経済新聞またこれは、NY原油先物価格の推移である。上昇中だ。昨年新型コロナにより急落し、リハビリ病院の看護師さんと、「こんどいつ給油したらいい」と会話したことを思い出す。一瞬だけ、値段がマイナスになったのだ。昨夜帰宅途中、ガソリンスタンドに立ち寄った。ハイオクは、151円だった。ところでこちらは毎度の青果店で買った。パイナップルは台湾産で、298円だった。リンゴの方は398円(傷あり表示があるが、傷なし)。多少値段が下がった?モノの値段についてあれこれと

  • 大規模接種センター問題を考える

    今回は、国運営の大規模接種センターの予約が埋まらない話題について書きます。過去にも書いたが、わかりきっていたことだ。「頭が悪い政府?」で指摘した。コロナ対策は、まず社会的に弱い立場の人間に焦点を当てて計画を立てる。大規模接種センターへのアクセスがしやすい人間に焦点を当てるから、こういう現実が起こる。どういう人間が弱いかを考える力もないし、そもそも考えようともしていないのだろう。「コロナ対策の切り札はワクチン接種」という発言を聞くたびに怒りがわく。国民の命を守るのが首相の責務とも言い続けている。下記の新聞報道(日本経済新聞)を読み、年齢の対象を広げても関東3県のままで良いと思った。全国から?冗談でしょ。常に、弱者を忘れている菅政権だ。意図して人流を増やすこともないし、都内近郊に住む、中小零細企業で働く労働者や、何...大規模接種センター問題を考える

  • 血液検査、問題ありません

    今回は「血液検査結果」と「宇宙旅行」について書きたい。お昼前に、そろそろ前回より1か月になるので、かかりつけ医に行ってきた。2か月間の間隔をあけるつもりであった。が、「在宅時間が長いので、お菓子を食べるので心配」と言ったもんだから、即、血液検査をしましょうとなった。だから、1か月間の間隔となったのだ。血液検査の結果は、何も問題なしであった。今回は「爪」、「つき指の関節」、それから「首筋の凝り」を相談した。「爪」が劣化し、爪先が割れた。コロナ対策の手洗いとアルコールが原因だとは思う。「突き指の関節」は、前に書いた「拘縮」の話。内側に曲がったままになり、まっすぐに伸びない問題。前者は加齢による症状にされた。美容整形外科範疇であるそうだ。対策は爪切りと保湿だそうだ。後者も同じく年相応問題にされた。どうしても気になるな...血液検査、問題ありません

  • 快便生活を取り戻せ

    元々、快便とは縁のない生活だった。しかし、入院を契機に暗転した。いよいよ便秘に悩まされる日々となった。緊急入院から3日目の午後、看護助手さんが「連れてってあげる」と言い、車いすに乗せて、トイレに連れてってくれた。おまるとは違う。時間がかかったが、排便できた。体が麻痺しているので、自分ではおしりをふけなかった。あぁすっきりとした。リハビリ病院入院期間中も下剤に助けられた。脳卒中は、排便力を奪うように感じた。写真の食事は朝食。数か月前のものだと思う。季節によりサラダの食材は変わるが、ヨーグルトは定番だ。我が家は、自家製のカスピ海ヨーグルトを食べる。リンゴ、サツマイモ、バナナなどを加える。腸内環境を整えることに主眼がある。世にも便秘で悩んでいる人が多いらしい。筆者の場合は、後遺症による腹筋力の低下(=便を押し出す力が...快便生活を取り戻せ

  • 後遺症の痛みを軽くする方法

    皆様は、日曜日の時間をどのようにお過ごしでしょうか?写真は今の様子。今回は後遺症による痛みを軽くする方法を書いてみたい。千葉の自宅は雨が降ったり止んだりである。気圧が低いと、何となく体が重く感じる。今朝の血圧は上が126だった。適正血圧値筆者は、上図の前期高齢者(脳梗塞で5か月間入院したが、現在は治療を受けていないので脳血管障害患者に含まれない)である。今のところ、降圧剤のお世話にならないで済んでいる。今朝も「レッツ!美バディ」をこなした。奥様はこの番組のおかげで血圧が下がったと感じている。筆者は腕の動きが軽くなったと感じている。入院中は指先が痛かった。関節痛とは違う症状だった。自分で試行して、治した。ゴムバンドを使う方法だ。指一本づつゴムバンドで外側にそるのである。これを毎夜寝る前にやった。女性患者さんから同...後遺症の痛みを軽くする方法

  • グリーンランドとブラックスワン

    上図は21年のNYダウの株価推移である。これまで、何度かの調整を繰り返している。2/1はゲームストック株での、3/1は長期金利上昇速度での、そして5/1以降の仮想通貨を巡る。さらに6/1映画配給会社AMGを巡る。それぞれの話題が市場をにぎわした。出所日本経済新聞上記4つの話題は現時点では市場を大きく揺るがす事態になっていない。市場だけに内在する問題でのテールリスクは、別のところにあると思う。さらに、ブラックスワンはいつ何で発生するのかを予言することできない(可能性は書ける)。さて、昨日「グリーンランド」を観てきた。地球に天体が降り注ぐ映画だ。文字通りブラックスワンである。ご承知の通り、約6600万年前に現実に起こり、恐竜はじめ生物の多くが全滅したと言われている(現在も議論が続いている)。映画ではシェルターに逃げ...グリーンランドとブラックスワン

  • アオラレを観てきました

    自宅は、飛行路の下にあるので、外に出れば飛行機が見える。今日は午前中、ヘリコプターの爆音が聞こえた。ドクターヘリだった。自宅からよく見える場所に大規模病院のヘリポートがあり、そこから飛び立ったようだ。さて、先程洋画を観てきた。「アオラレ」である。よくある、クラクションが物語りの発端。筆者も運転好きなので、身近な話題だ。先日の夜、JR総武線踏切前で、渡らずに停車している軽自動車に遭遇した。前が詰まっているので、停車かなと思ったが、動かない。10秒ほどして、助手席から体格の良いおばちゃんが降りてきた。まだ、動かないので、右横から前に出て、運転手を見たら、おっちゃんだった。だったのかな。もちろん、クラックションはなしだ。踏切前での逢瀬だったのだろうか?夜なので、後続車のライトに気がつくと思うが。映画と言えば、こちらも...アオラレを観てきました

  • 21年後半の日本

    昨年、「人間の行くえを考えてみた」を書いた。大局の構想ではあるが、2024年にトランプが再登場すれば、絵空事ではなくなる。その気配に恐れを感じる。さて、今日からだれしも21年の後半に入る。1月、「2021年の目標」と題する今年の抱負を書いたが、こうありたいと願う(目標とする)方向に歩んでいるのだろうか?そんなことを考える朝である。片や、日本国内は上記の日程が決まっている。菅政権は、ワクチン接種を進めようと躍起である。確かにそれは社会全体の利益になるので、間違いではない。ワクチンの接種が進めば新規感染者数は抑えられる。また、あるのかないのかは不明(専門家の意見は分かれる)の「集団免疫」を獲得できるのかもしれない。出所日本経済新聞上記は世論調査の結果だ。新規感染者数の傾向と相関している。オリンピックを開催し、ワクチ...21年後半の日本

  • 目的地は見えない

    今日も、朝の日課を消化した。また、レッツ!美バディもこなした。今朝の血圧は上が136だった。久しぶりの130台である。140にのってくると、ちょっと心配になる。数日前、朝方に腹が張って、痛みを感じた。それ以降は安定している。脳梗塞で亡くなった小渕首相2000年4月1日、高齢者福祉施設にて気づいていても見過ごしてしまう。人の心の隙に乗じて、危機は忍び寄る。「つい軽く答えてしまった。『年を重ねれば誰でもそうなりますよ』と」。20年前の4月1日にかわした会話を思い出すたび、元厚相の丹羽雄哉氏は苦い後悔を感じる。「最近、言葉が出にくい」とこぼす当時の小渕恵三首相を励まそうと思っての言葉だった。その日、介護保険制度が始まり、首相、厚相の2人はそろって都内の高齢者福祉施設を視察した。「国全体で長生きした人を守りたい」。そう...目的地は見えない

  • 右往左往させないで欲しい

    日本のワクチン接種人数出所日本経済新聞28日、菅首相は「これからの3週間は感染防止とワクチン接種、2正面作戦の成果を出すための極めて大事な期間だ」と述べたそうだ。(日本経済新聞)具体的には、飲食店への営業制限である。また人が集まる施設とイベントの制限だ。またワクチン接種対策は、打ち手を確保し、接種速度を上げることをさしている。確かに、おしゃべりと人の流れは感染リスクを高める。また、ワクチンの効果は、各国での治験や新規感染者数の推移からも効果が分かる。だが、新型コロナ対策は、これだけでは片手落ちだ。水際対策、検査と保護・隔離という感染源ををつぶす対策が有効であることが分かっている。これに失敗をしたからここまで、(死なずに済んだ)死者と経済損失を出している。緩めたり締めたりの繰り返し。首相は「何とか抑え込みたい」の...右往左往させないで欲しい

  • ワクチン接種狂騒曲

    日本のワクチン接種人数出所日本経済新聞予想通り、ワクチン狂騒曲が広まるんではないかと思っている。まず、隣の隣人が接種を終えれば、慌てだす。より感染力が強い、より若年層にも被害が及ぶインド型が広がる。次に、自民党政府は、成果を出す大規模な計画を立てるのが不得意である。後追いの後手後手、つぎはぎだらけ。国が一定の指針を示せるのは当初だけだろう。(東阪の)国の大規模接種センター設立で、簡単に指針は崩れた。対象が多い一般対象こそが秩序だった、大規模な接種計画を立てて、人民に周知する必要がある。だが、県自治体までのワクチン供給は国が担うが、接種方法は自治体任せに集約されそうだ。出所厚生労働省この「接種順位」が、現時点の方針である。この時点では、高齢者の年齢を分けた方法を勧めていた。ここにはない急遽決まった国の大規模接種セ...ワクチン接種狂騒曲

  • 接種後死亡例

    ワクチン接種601万人余85人死亡“重大な懸念認められず”2021年5月26日22時23分厚生労働省は26日に開いた専門家部会で、今月21日までにファイザーのワクチンの接種を受けた601万6200人余りのうち25歳から102歳の男女85人の死亡を確認したことを報告しました。また、今月16日までに報告された接種後の症状のうち国際的な評価指標でアナフィラキシーに該当したのは146件で、およそ4万1900回に1件の割合でした。78%が65歳以上の高齢者で、医療機関などからの報告では▽出血性の脳卒中や▽心不全などを起こしていたということです。(NHKニュースサイトより一部引用)脳梗塞を起こし、後遺症が残る筆者には気になるニュースである。「出血性の脳卒中」と書いてあるので、「脳出血」や「くも膜下出血」のことであろう。脳梗...接種後死亡例

  • 2重無駄

    ■自治体の負担も増加…「二重予約」問題そして、もう一つ、混乱をもたらしているのが「二重予約」の問題です。大規模接種センターで接種を受けたAさんは、地元の自治体でも接種の予約をしていました。しかし、大規模接種センターで打っているのは「モデルナ」製で、自治体で打っているのは「ファイザー」製です。異なるワクチンは打てないことから、このまま予約が取り消されなければ、ワクチンが無駄になる可能性があります。東京都世田谷区では、大規模接種センターで初日に接種を受けた819人のうち172人、およそ5人に1人が、こうした「二重予約」をしていたということです(*25日午前10時時点)。世田谷区では、「二重予約」をしていた場合は、予約の取り消しを強制的に進めることにしています。また、防衛省でも「大規模接種センターで受ける人は、自治体...2重無駄

  • 副反応は?接種後の様子

    昨夜は「スーパームーン」だった。我が家は雲に覆われて見えなかった。写真は画像フォルダにあったもの。これは今朝の様子。予報では雨が降っているのだが、これからだろうか。午後、出かける予定であったが延期にする。強い雨になりそうだから。血圧は上が118,体温36度。昨夜の体温は36.4度だった。ほんの少しだけ熱が出ている感覚があった。しかし、体温は正常範囲。ワクチンを打った右腕は少しだけ重く感じた。今朝、その感覚は消えた。1回目の副反応はこれで終わりそうだ。2回目の接種が終わり、抗体ができれば、時間の使い方を変えようかと思案していた。リハビリ目的で、スポーツクラブに通うかどうかということ。今の運動量では身体の運動機能が衰える。何とかしないと、歩けなくなる。そんなところに、4月に就労時間を伸ばせないか(現役に戻る)という...副反応は?接種後の様子

  • ワクチン接種1回目終了した

    出所日本経済新聞先着順で一斉、さらに集団接種会場となると、こういう状態は避けようがない。我が家は出来得る限り、感染リスクを小さくしたいので、かかりつけ医での接種を選択した。筆者の時間帯は、最終の1時間幅。前の人と会うことはなかった。前回の診察時、採血した(血糖値が気になり、A1を検査した)看護師さんが接種してくれた。その時に「日時が合えば、私かもしれない」と言っていた。接種前に、質疑応答。カルテルをパソコン画面で見ながら、答えてくれた。やり取りは、横にいる記録担当者が入力していた。(この診察所は、必ず記録係がつく)そしていよいよ注射。利き手の右腕に打ってもらった。普通は左腕だが、こちらは念のため温存した。右側に後遺症が残るためだ。反作用で、もしかしたら後遺症が軽くなるかもしれない期待もあった。注射針が刺した感覚...ワクチン接種1回目終了した

  • 快便

    入院中を含めて便秘には悩まされた。世にも悩んでいる人が多いらしい。筆者の場合は、後遺症による腹筋力の低下(=便を押し出す力が低下した)もあるが、腸内環境にも関係があったようだ。大便通知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌(幻冬舎新書)辨野義己幻冬舎昨年末、書棚を整理中にこの本を見つけた。最近、再読した。退院後も、便秘に悩まされていたので、非常に参考になった。科学的な理解が深まった。著者は、ウンチの専門家である。ウンチを通して、腸の専門家になった。腸内環境を整備することで、便秘だけでなく、健康体を取り戻す、あるいは維持できれば幸いだ。また、体の抵抗力を増やすことで、思わぬ恵みを得ることが出来るかもしれない。快便

カテゴリー一覧
商用