searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

窓さんのプロフィール

住所
未設定
出身
大阪府

母から娘、娘から孫へと、 私たちの国を美しいままで残すために、 私にできることを探しながら綴っています。

ブログタイトル
母と娘のものがたり
ブログURL
https://yucradlesong.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
娘へまだ見ぬ孫へ、この国を美しいまま残したい。
更新頻度(1年)

377回 / 365日(平均7.2回/週)

ブログ村参加:2017/08/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、窓さんの読者になりませんか?

ハンドル名
窓さん
ブログタイトル
母と娘のものがたり
更新頻度
377回 / 365日(平均7.2回/週)
読者になる
母と娘のものがたり

窓さんの新着記事

1件〜30件

  • 信じられる人々がまだ居た!日本は素晴らしい国になる、ニッポンは大丈夫と確信する

    生涯、忘れられないほどの会となりました。安倍前総理の国士としての志、素晴らしかったです。にほんブログ村いつも読んでいる、参議院議員の青山繁晴氏のブログに、昨日27日には、このような表題が掲載されました。青山繁晴氏は、日本の尊厳と国益を護る会の代表をしています。自民党の中にあって、唯一、保守王道の政策を掲げ、国益に反することに厳しいスタンスを護る、真の保守グループの議員さん方、61名で構成されています。...

  • 5年前のあの日、今日がその日だと知っていたら、無理矢理に散歩に行こうとは言わなかった

    5年前のあの日、最後の散歩に行くまえに、私は愛犬プリンのおやつを取り上げた。その前に、フードを大量に食べていたから、お腹をこわしてはいけない、そう思ったのだ。にほんブログ村あれが、最期のおやつになると、分かっていたら。もっと欲しがるだけあげたらよかった。そんな後悔が、彼が死んで5年が過ぎた今も、何度となく私を責める。あの日プリンは、叱る私に、首をひっこめ、「お母さん、そんなに怒らんといて」、というふ...

  • 安倍前総理が立ち上がりました、「日本を取り戻す最終の闘い」が始まります!

    今、ブログを書きながらも、涙が止まりません。同窓会の決議を終えて、いろいろ飛び出した話を思いだしています。にほんブログ村なぜ、涙が出るのかというと、安倍前総理が、創生日本を立ち上げられるという嬉しいニュースが飛び込んできたからです。安倍さんがもともと会長を務めていた創生日本という会派を軌道に乗せるというニュースでした。よ日本を取り戻す闘いか総理大臣在任中は、会派はなかば休止状態でした。一議員になっ...

  • 中学生のころの先生へのひどい悪戯を、40年以上過ぎて先生に誤ったシゲル君

    同窓会には中学校のころの先生がおひとり、今回は参加してくださった。K先生は中2のときの担任をしていて、放課後のクラブにも熱心に指導してくれる。なのに、いつも一部の生徒に酷い扱いを受けていた。にほんブログ村今、あのころを思い出すと、哀しみで胸がつまる。自分の受け持ちの生徒に、ある意味馬鹿にされからかわれる。廊下を歩く先生の後ろから、歩き方を真似したり、見ているだけでも不愉快になることをする男子生徒たち...

  • 3年前の同窓会ので会って以来のY君が、あまりに老けていて具合が悪いのか心配

    小中学校合同の同窓会が来年のオリンピックに合わせて開くことになった。その前準備で、世話役になっている私も参加してきた。にほんブログ村小中の合同同窓会に参加して、一番に感じたことは、老けてみえる人と若くみえる人との違いだった。元クラスメイトの中には、50年ぶりという人が多いのもあるけれど、それにしてもどうしてこうも違うのだろう。しげしげとみるわけにはいかず、チラッと見た限りで思ったのは、老けてみると人...

  • 「何をしても中途半端」な私が、マスク作りから職業ミシンを買うまでになったこと

    私は自分のことを、何をしても中途半端ね、と言われることが一番つらく落ち込む。自分ではそれなりに理由があるのに、周囲はなかなか分かってくれない。何があっても、やり始めたことは最後まで貫き通すことを要求する。にほんブログ村自分の意思を言う私のようなタイプは、意志薄弱、何をしても中途半端な人、となってしまう。そんな私が武漢コロナウイルスの最中、マスク作りをすることでミシンに目覚めた。家庭用のミシンを数年...

  • 結婚一カ月目の娘たちは順調、夫の胃の検査も良性、小さな幸せの一日でした

    昨日は、夫の胃の検査が出ました。どうしても本人は休めず、私が代わりに聞くことで了承してもらいました。にほんブログ村スマートフォンを家に忘れていったので、検査結果をすぐに知らせることもできず。家の帰ってスマートフォンを持つよりも先に、職場まで行くことにしました。受付で夫を呼んでもらい小さな待合室のようなところで待ちました。夫はすぐに降りてきて、「おかえりやっぱり癌やったか」と、本当に心細そうな顔で訊...

  • また反対のコメントがあるかもしれませんが、どうしても聞いていただきたい

    今、このブログには、いやがらせコメントの投稿は鳴りを潜めました。ようやく静かな日常を過ごしているところに、このような記事を書くと・・・・・・。でも、どうしても聞いていただきたい。にほんブログ村文科省がようやく、教師が犯した刑事罰、特に児童への性犯罪を犯した教師を、名前を公表することにしました。つい最近、教師が生徒を隠し撮りするという、いわば猥褻行為をはたらいた。けれど、その教師の詳細は表に出てこな...

  • わが町でも問題になっている、中国人による大量の買い占め問題を話し合って決めたこと

    コロナ禍にあって、私の住む、ほぼ過疎のような田舎町で、中国人が、マスクや消毒スプレー、食糧を買い占めていたことが問題になっている。バナーをポチっとお願いします。日本人が性善説で生きているなら、彼らは性悪説で生きているような気がする。コロナ禍以降、初めて町会が開かれた。密になることを避ける余裕もなく、切羽詰まった緊急の町会議だった。昨日は重要な議題があるといいうことで、私も参加した。雨と気温が下がっ...

  • もう久しぶり、本当に久しぶりに都会に出かけた、そこでスッキリ!スカッとしたこと

    ちょっとした外出には、たとえ、ボトムがジーンズでも、私はパンプスを愛用していた。ところが、娘とのある出来事がきっかけで、スニーカーを履くようになった。それでも、今まで買ったパンプスを捨てるのは勿体ない。つい、あまり歩かない車を使う用事などではパンプスを履くようにしている。バナーをクリックしてくだるとうれしいです先月くらいからか、コロナの影響もきちんと感染症対策をしていれば、大丈夫。と考えるようにな...

  • コロナ太りの4キロをやっと減らせた、久しぶりにカフェで抹茶ケーキ解禁、美味しかった!

    外出できなかったからか、コロナ自粛中に、体重が4キロも増えてしまった。体重計が壊れていて、増えたことに気がつかず。ようやく気付いたのは、夏の薄着になってからだった。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。8月、車を買い替えるのに、ディーラーに行き全身鏡に映った自分を見てびっくり。ジーンズを穿いたお腹がボテッと出ていた。薄い半袖のTシャツがなんだかきつい、ウエストも窮屈。いつも夏にはワンサイズ小さめ...

  • あまりに嘘が多すぎて、実際には何が嘘でどれが真実なのか、分からない韓国

    私が今のようなブログ記事を書くようになったのは、韓国文政権のあまりに酷い、常軌を逸したかのような反日政策に、疑問をもったことが最初でした。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。疑問は韓国側の一方的な歴史捏造により、わが国に不当な補償を請求しているのが真実である。今、私のたちの殆どは、インターネットを利用しています。それは好むと好まざるにかかわらず、ありとあらゆる情報を手にすることができる。私は...

  • 写真は物語る、慰安婦の真実はこれです

    旧日本軍を貶めるために、朝日新聞が書いた捏造記事。吉田という一人の男が嘘を広めたことを、朝日が代々的に取り上げた。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。広く日本に周知のこととして認識されると同時に、現社民党・福島瑞穂氏ら北朝鮮の工作員たちが、朝鮮半島や中国の女性に声を掛け始める。「ねぇ、おばあさん、私は日本軍の性奴隷で無理やり日本に連れていかれました、と言うだけで、すごいお金になるんだけど、し...

  • 税金10億円以上も遣い、日本国の「ためになることは何ひとつせず威張る団体」って?

    最近でこそ、国の危機に自分がが憂うべき事柄を、憤りをもってブログに書くようになりましたが‥‥‥。 私は、政治と自分たちの暮らしを、大して考えたことはなかったのです。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。今日、明日ではないにしても、国を取り巻く安全面が緊張してきている今。えっ、今、ニッポンは平和じゃないですか、と、現実に目を背け、無関心を装う。その自分の無関心が、わが国と海外、特に韓国との関係性を異...

  • 日本の国益のために闘う政治家にターゲットを絞り、抗議する人々

    自民党衆議院議員、杉田水脈議員が今、朝日、毎日新聞に攻撃を受けています。杉田議員が「女は誰でも嘘をつく」と発言したと、言葉だけを切りとって、煽るようないつもの、捏造記事を書きました。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。またこれも最近のお決り。朝日や毎日の記事に、野党、特に社民党の福島みずほ氏が、食いつく。こんな暴言を許せない!杉田議員の議員辞職を求めます!と、またまた大勢の左派支持者たちが大...

  • 久しぶりにランチをしながらお喋りをする、おかげですっきりとした

    今朝はもう、通常どおり出勤した夫。いつものように、朝からテンション高め元気いっぱいで出て行きました。ご心配いただき、ありがとうございました。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。私ももう、落ち込んでいない。いつもの静かな時間が戻って来た。私は5年前に家の階段から滑り落ちて、膝半月板を損傷で手術をした。その間、仕事は休業していた。けれど、足に不安を抱えたままの復帰は、職場に迷惑をかけるかもしれな...

  • 医療は進歩し、胃潰瘍や胃癌だって、死の病ではなくなった

    夫の胃内視鏡検査、無事終了しひとまずホッとした。病院まで検査に付き添っていく途中、何度も引き返そうと思う気持ちに、負けそうだった。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。65歳を過ぎた夫が、義父にそっくりになってきた。顔だけではなく、ものの言いよう、身のこなし、老人っぽい仕草など。ハッとするくらい似ている。おまけに空腹時の癖というか。義父はよく生欠伸をしたいて、そのたびに胸やけがすると言い始めた。...

  • 考えても悩んでも、なるようにしかならならないと思うようにしたい

    夫が手術するか、入院になるのかと、少し落ち込んでしまいました。必要以上に、いろいろなことを気にしてまう。考えてもどうすることもできないことを、考え過ぎてしまうのです。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。最近は、少しだけ、私も悟ってきて、落ち込みそうになったら、頭を振ったり、歌を歌ったりして、違う方向に持っていくことができるようになりました。今頃ですよね。今回の夫のことは、本当に想定外で、こん...

  • 長年の夫の低血糖症状が、検査で胃からの出血が原因かもしれないと言われる

    今頃になって、夫の職場にもコロナ不況がやって来たのか。コロナ前は忙しくて、土日も出勤していた夫が毎週、金、土、日曜日が休みになる。その上に臨時休日が増えてきたと言う夫。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。土・日曜日ほど混まない平日が休みになると、絶好のウォーキングや山登り、ドライブ、買い物日。当初は嬉しくて、朝食の支度をしながら気が付けば鼻歌を歌っていた。嬉しさは伝染するのか、娘が家を出て寂...

  • 真摯に向き合えば、いつか必ず心を入れ替える、という妄想は捨てようと思った出来事

    ひょっとして、皆様はもうご存じかもしれませんが。韓国が朝日新聞が作り上げた捏造記事により、戦時中の合法売春婦を、「日本軍の性奴隷」というセンセーションな名前に改ざんし、日本に謝罪と賠償を求めてきました。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。今はわが国も、慰安婦と言っています。その慰安婦を象徴するという少女像を作り世界各国に設置することを、韓国は国策、即ち政府国民が一体となり商売にしています。私...

  • ご近所でボヤ騒ぎ、幸いにボヤ程度で済んだけど、今も消火活動がつづいている

    さきほど、最近、息子さんと同居されたお向かいで、ボヤ騒ぎがあった。今もまだ、消火活動をしている。火事は怖い、ほんとうに怖い。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。お向かいは、とても広い敷地に建っているから、隣り近所への飛び火は免れたかもしれないけど。まだ外は大勢の人々が見守っている。煙が完全に消えるまでだろうか、消防士さんが、お向かいのキッチンに向けて消化している。そうしている間にも、近隣の方...

  • 学術会議のような団体は、世界では通常は非政府組織、日本はなぜ政府管轄なのか

    日本学術会議という戦後レジームの存在が広く国民の知ることになりました。これを白日の元に晒してくれた、反政府メディアと反日活動家たちに感謝します。彼らが騒がなかったら、普通の国民は税金の使われ方云々までは、知り得なかったわけです。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。第二次世界大戦により、日本は初めて敗戦国になりました。実はもう、ここから共産主義が密かに、日本国に台頭してくるのですが。まだこの時...

  • 私たちの税金から10億円ももらいながら、中国のために日本を売り渡す活動をする団体

    今、中国の習近平氏国賓来日もふっとんでしまうような、とても大きな社会的な出来事が起きている。バナーをクリックしてくだるとうれしいです日本学術会議という、日本の国立アカデミーであり、内閣府の特別の機関の一つである。日本の科学者の内外に対する代表機関、とウィキペディアには記載されている。ところが、国のために活動をし提言しなければならないこのアカデミーが、中国のスパイではないかとする証拠が出てきた。それ...

  • 早朝に激しい動悸で目が覚めて、心臓の存在を実感する

    早朝4時前に、激しい動悸で目が覚めた。心臓が激しく打つような速い脈で、汚い表現だけど、苦しくてヨダレがでそうになった。左手首に、右手の指をあてて脈を数えようとしたけどあまりに速くて、自分では数えられない。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。布団に横になることもできず、ベッドの上で座ったまま、このまま心臓が止まってしまうかも知れない恐怖と闘っていた。枕元に置いている携帯電話に、何度も手がかかる...

  • 自分たちも嘘だと知っているから、真実に見せようと反日活動をする必死の中国と韓国の現状

    共産主義国家へとどんどん変わろうとしている韓国。文政権は、国内の反政府の若者を、コロナにかこつけて、ついには、中国の天安門事件の人間戦車を真似しようとしている、としか考えられない暴挙に出た。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。日本では報じられないけれど、今、韓国では若者を中心に、文政権への批判が反日活動を上回る勢いになっている。つい先日は、若者が反文への集会デモ参加を呼びかけたのを予め察知し...

  • 15回目の母の命日は、悲しい記憶は徐々に薄れ、懐かしい思い出に変わっていた

    今年も15回目の母の命日がやってきた。もしこの世に生きていてくれたら、92歳の母。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。母は、脳卒中患者だった。70歳のとき、脳にできた動脈瘤が破裂して、くも膜下出血を起こした。幸いに一命を取り留めたものの、母は右半身は麻痺し声を失い、自力で歩くことはできなくなってしまった。それでも、母は明るい脳卒中患者だった。朝起きて車椅子に乗ると、一日のほとんどを車椅子で家中を移...

  • 世界中で嫌われている中国、韓国、そして北朝鮮が大好きな人々

    テレビニュースを聴いたり見たりしなくなって、朝から不安になったり不快になったりしなくなった。今までは、なぜ、テレビを観ていると不安になったり、心が重くなるのか分からなかった。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。それが分かったのは、ツイッターやYouTube、保守系の新聞を主に読むようになってからだった。日本のテレビ、新聞に代表されるオールドメディは、一説によると中国、韓国政府から資金援助を受けてい...

  • 給食費が滞り払えなくなった,、小6の私を黒板の前に立たせ、笑った担任

    私にはダウン症の妹がいた。今も生きているとしたら、54歳になっていた。にほんブログ村バナーをクリックしてくだるとうれしいです。妹が生まれて数年間、わが家は貧乏でその日暮らしのような生活をしていて、私たちの給食費を滞ることもあった、ある日、夏休みに入る前だった。担任のT先生が、「おぉい!〇〇!クラスで給食費を持ってこんのはお前だけやぞ!」と言った。T先生は給食費を払えない私をクラスメイトの前で大声でそう...

  • 花の命は短いけど、シニア女性の人生は、これからが本番

    姉宅にインターネット接続工事をすることになりました。今頃!今更!ですね。工事はちょっと立て込んでいて日にちがかかるかもしれませんが、ようやく、一歩前進、足場固めができました。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。日曜日は、会の活動に使用する居間に、7人もの人が集まり、涼しいはずの部屋が熱い勢いで想いで満たされていた。密を避けるために、居間の長い掃き出し窓を全開。裏庭から木々の香りが入ってきて、...

  • 有料ホームではなく、老人病院に義母を入院させたいと言うと、なぜお嫁さんが責められるのだろう

    日本国の由々しき事態が起きているというのに、今日はもう少し昨日の続きを書こうと思います。バナーをクリックしてくだるとうれしいです。その前に、由々しき事態とは、またまた韓国が嘘の慰安婦像を設置しました。ところは、ドイツのベルリンです。ここにはもう二基、設置されているというのに、今度は在ドイツの日本大使館の近くです。私も含めて、皆で国益派の議員さんに申し入れしました。山田宏議員が外務省に即、掛け合って...

カテゴリー一覧
商用