住所
-
出身
-
ハンドル名
sayakaさん
ブログタイトル
まえをむいて。
ブログURL
https://www.maewomuite.net
ブログ紹介文
ロースクール卒業生。司法試験受験回数0回。 いまから、ここから、はじめます。まえをむいて。
自由文
更新頻度(1年)

117回 / 607日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2017/06/19

sayakaさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(IN) 22598 23160 29666 32472 29578 22935 32640 948936サイト
INポイント 0 20 10 0 0 40 0 70/週
OUTポイント 80 280 100 90 220 130 80 980/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 105 108 136 152 132 99 153 8393サイト
司法試験予備試験 4 4 5 6 5 5 6 93サイト
司法試験 10 10 10 11 10 8 12 386サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 10662 10944 12398 10765 9190 9268 8411 948936サイト
INポイント 0 20 10 0 0 40 0 70/週
OUTポイント 80 280 100 90 220 130 80 980/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 49 48 59 50 42 42 37 8393サイト
司法試験予備試験 5 5 6 3 3 3 3 93サイト
司法試験 11 9 10 8 8 8 7 386サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 948936サイト
INポイント 0 20 10 0 0 40 0 70/週
OUTポイント 80 280 100 90 220 130 80 980/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8393サイト
司法試験予備試験 0 0 0 0 0 0 0 93サイト
司法試験 0 0 0 0 0 0 0 386サイト

sayakaさんのブログ記事

?
  • 時間の蓄積率。

    ロースクールにいた頃は、 自分の時間をすべて勉強に使う事ができた。 いまは、 自分の時間の大半を勉強以外に使うことが責任として課せられている。 けれども不思議と、勉強後の達成感は 圧倒的に勉強時間の少ない いまの方が ロースクールにいた頃より 強くある。 到達目標が建築物を完成させることだとすると、 ロースクールにいた頃の自分の勉強は、 さらさらの砂でなんども形作っては崩れて…を 膨大な時間を費やして繰り返し なんとか目指す建築物を建てようと 闇雲に汗を流していたようであったけれど、 いまの自分の勉強は、 レンガをひとつ、限られた少ない時間のなかでぽつり ぽつり…と積み上げて いつか目指す建築…

  • 体調をくずした日。

    あぁ…まだまだ だなぁ。としみじみ思う。 自分という人間は、 一定 足場がある場所から 「ただ単に 向上していく」ことには わりと自信があるのだけれど、 あると思っていた足場があれまぁ無かったり 恐れた通りにくしゃりと壊れてしまったりした場所から、 「立て直す」ことには めっぽう弱い。 決して投げやりな気持ちを抱いているわけではないのに、 それを抱いたのと同じような心境がとたんに我が身を包むのである。 「ああ…もうだめかもしれない。 いやもう、だめだ。」 そういえば、自分にとって大きな意味を持つ これまでの数々の試験の最中にも これと同じ心境が両手を伸ばし 我が頭と手と心の身動きを封じてきた気…

  • 短答式の問題演習

    最初は集中していても、 時間の経過とともに疲れてきて 同じ箇所を何度も読んでいるときがある。 自分がそうなっていることに気づいたら すぐに気合いを入れ直すか、 それでもうまく切り替えられないときは 声に出して読んでみると 集中状態にうまく戻ることができる。 それでも どうにもならないほど疲れてきたら 解いた範囲の該当箇所の知識をテキストで 探して読んで頭の速度を少し遅くして休めるようにしている。 それにしても…あぁ。つかれた。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • きょうの勉強。

    次女の体調が万全になり幼稚園に登園後 久しぶりに ひとり集中して勉強をする時間を もつことができた。 きょうからしばらくは アガルートの重問刑法に取り組み、 並行して残りの憲法の短答式過去問を解きすすめることになると思う。

  • 環境を変える時。

    ロースクールには社会人の方もいらっしゃり 自分はどちらかというと 同世代の学生よりも 社会人の方とのほうが 居心地よくお話させていただけていた気がする。 大企業をお辞めになり ロースクールに入学された方も多くいらっしゃり、 その方々のお話には学ぶところがたくさんあった。 そのなかのひとつが、 《環境を変えるタイミングは、 「ああ…もうこんな場所にはいたくない。」と思っているときではなく、 「よし!ずっとこの場所で頑張っていけるぞ。」と思っているときがベスト。》 というアドバイスであった。 その方自身、大企業でのお仕事が順調に進み 絶好調のときに退職され、 ロースクール入試の準備を始められたとの…

  • 自分由来の。

    ロースクールを卒業して法律から離れて もういちど 司法試験の方向をむくまでの間、 何回か… 『もし いますぐ司法試験の合格通知が 自分の手元に届いたら どうする?』 と ふいに想像することがあった。 なぜだろう… 『やった!』とも『うれしい!』とも 思えない自分がそこにはいた。 あれ? ロースクールにいた頃の自分は 空から司法試験の合格が自分のところに まぐれでいいから コツンと落っこちて当たってくれないかしら…と 窓の外をぼんやりながめていた気がするのだけれど… 『そんなの要らない。』と心が言う。 結婚式の日。 自分のとなりには 当たり前に父がいて 父と腕を組み 神父さまに向かい一歩いっぽ …

  • 覚悟を決める。

    そろそろかなぁと思う。 これまでなんとか自分の容量めいいっぱいに 家族と勉強と仕事をつめこんで 日々を暮らして きたけれど、 2020年の予備試験に照準をあわせることに決めたことで 自分に与えられた時間の長さを強く意識するようになり これまでどおりの時間の配分で果たしてよいのか… いまここで考え直したいとおもうようになった。 昨年からずっと考え悩んできたことだけれど やはり仕事を減らし、 そこに 勉強をいれていく必要があると 再認識する。 できることなら… これまでどおり何も変えずに進めていきたかったけれど、 いちどきちんと整理をして 自分の容量をあけなければならないときがきたのかなぁ、とも思…

  • おもうように進まない日。

    学生のころは、何を置いても『勉強』をすることができたけれど、 『責任』や『守りたいもの』がだんだんと積みかさなるうちに、 そうはいかなくなっている自分にはたと気づくときがある。 『考えすぎる』ことも年々 積みかさなって前を塞ぐ。 思い立ったらすぐ行動。 とりあえず動いてから考えていた かつての自分を すこしずつ取り戻していけたらいいなと思う。 『責任』や『守りたいもの』は しっかり左手で にぎって離さないままで。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 健康を願う。

    次女が昨晩より発熱してしまい… 今朝もつらそうにしていて高熱だったため やむなく休日診療にタクシーで向かう。 診療所の建物の外まで順番待ちで 並んでいる方がたくさんいらっしゃり 思わず後ずさりする。 40人待ち…とのこと。 少々の発熱では 受診せず自宅で安静にして 回復を待つことが多い自分には、 あまり考えが及ばずにいて ほとんど認識していなかった現実を目の当たりにする。 《日々の暮らしのなかの 自分の知らないところで、 いつも どこかで 辛い想いをしている方が こうして必ず いるものなのだな…》 と、深く心に刻むように受け止めた。 父が闘病していたときにも、 自分自身が産前産後に長期間 日常…

  • ゆっくり 着実に 効率よく。

    アガルートの重問(論文式演習) 憲法をひととおり終えた。 あとは、憲法の短答式の問題演習ののこり (わりと多くのこっている…)を終えたら、 次の科目の問題演習に進みたいと考えている。 論文式の問題演習をした学習範囲と重なる部分を同日中に 短答式の問題演習でも取り組む方法を 最近 行うようになった。 この方法による進め方が、 今の自分にとっては とても効率が良く 理解と知識の定着がスムーズに行えているようで 気に入っている。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • まいにちの記録。

    いちにちの過ごし方を タイムスケジュールとして 記してみようと考えたのですが、 百聞は一見にしかず かしら… と思い 作成してみました。 とてもむずかしく 思うようにいかないところも 多々のこっておりますが、 さいしょの一歩ということで目をつぶり 載せさせていただきます。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 『勝つ』のではなく『負けない』。

    北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろといい あぁ…ほんとうに そのとおりだね、 と心の奥から ため息とともに 言葉がこぼれる。 長女の学校では 入学してからずっと 毎日欠かさず〔音読〕が宿題として出されている。 音読の内容は、学校の教科書掲載の文章、 有名な物語文、百人一首や漢文、 長く読み継がれてきた名文など、 親自身も聞いていて 学びとることのあるものも 多い。 宮沢賢治の名文も たびたび読み上げられる文章のひとつで、 昨日も 長女が音読するのを じっと聴きいっていた。 「雨にも負けず… 風にも負けず…」 気づけば意識は、 先日の自分がとった姿勢について 考える場所で 立ち止まって…

  • 「信頼」をいただくこと。

    夫は たまにサバを読む。 それも若い方向にではなく 年齢を重ねる方向に。 実年齢がわからない… と ときどき真剣に 自分の年齢を数えている夫の姿に お腹を抱え笑いながら、 同い年の自分には 夫の気持ちが すこしだけ わかる気がしていた。 自分が認識する『自分自身』とそれに見合う扱い、 というものを 他者から受けることができていないな… と感じることが度々ある。 自分のことをよく知る他者からは そのような扱いは 決して受けないため、 あまり自分を知らない または 知りたいとも思っていない他者から そのような自己認識から大きくズレた扱いを受けるたびに、 ちいさく驚き 深く傷ついてきた。 学校でも、…

  • 好みは 変わることもある。

    専門書籍は とても高額である。 分厚いから仕方ないのだろうけれど、それでも高い。 そんな高い問題集を よくよく考えて 慎重に選んで やっと購入した。 もうその一冊とどこまでも一緒に歩んでいく心持ちである。 一冊買うたびに 清水の舞台から飛び降りる気持ちで お財布の紐をほどいてきた。 こうして短答式試験の問題集はひととおりそろい、 ある程度 問題演習にも取り組んだ。 これはいまから一年くらい前のはなしである。 それから… 基礎講座を受講し、論文式試験の勉強を経て、 そろそろ短答式試験の勉強を再開しようと 一年前の自分が添い遂げる決意をした あの 短答式試験の問題集を手に取った。 当時は、たいそう…

  • 最後に 想い が勝つ。

    どうやら自分は 『受験生』というものと関わりの深い人生を 歩んでいるようである。 まさにいま自分自身もそれであるし、 仕事でも『受験生』とは 長い間関わりを持つことになった。 『受験生』が たくさんの時間と労力を費やして これまで積み重ねてきた努力と想いを ひとつに集約させて臨む 試験本場が近づくと、 決まって 自分のもとに 巡りかえってくる言葉がある。 それは 優しく強い音楽に乗って ふいに やってくる。 心配ないからね 。 君の想いが 誰かにとどく 明日がきっとある。 どんなに困難でくじけそうでも 信じることを決してやめないで。 そして。 繰り返し こう伝えてくれる。 どんなに困難でくじけ…

  • 委ねる。

    昨日は勉強をしていると ぐらっと視界がゆれて あれ?っと思ったら 頭をあげていられなくなった。 目眩である。ひさしぶりだなぁ。まいったなぁ。 「体調不良」と「気合いでなんとかなる」 の境界線のうえを目をつぶって歩いていたことを、 ここに至って ようやくはっきりと自覚し反省した。 ごめんね自分。 ベビーカーを杖代わりにして えっこらえっこら 次女を迎えにいき、少し横になり お友達と別れてひとりになる場所まで長女を迎えにいき、少し横になり。 夕食作り、掃除、お風呂…ひととおり一日の仕事を終えたころ、 ちょうど帰宅した夫に 「わたしゃもうだめた…」と事情を端的に伝えて 早々に寝た。 朝、目を覚ました…

  • 依頼人の利益。

    ロースクール時代、 エクスターンでお世話になった弁護士の先生は 人格的にとてもすばらしい方だった。 ロースクールに入ってから さまざまな弁護士の方の人間性にふれるたび なんだか思ってたんとちがうなぁ…と 期待を裏切られた気持ちになっていた自分に、 弁護士にもこのような素晴らしい方がいるのなら やはり法曹を目指してみようと思わせてくださった方であった。 その弁護士の先生は 依頼人の話を丁寧に聞いたうえで、 当事者間の話し合いで解決できるのならば できる限り そちらを優先させていらっしゃるように見えた。 とくに家族関係をはじめ、 依頼人の人間関係に密に関わる争い事については その姿勢が強かったよう…

  • いちにち寝太郎。

    二か月に一度くらいの頻度で 《どうしようもなく 眠たい日》 というのがやってくる。 ''夜は1時すぎにベットに入り 朝は5時55分に目覚ましが鳴る" というのがいつもの睡眠状況で、すこし 寝不足な感じはあるけれど 気合いでなんとか いちにちを乗り切り 暮らすことができている。 けれども ときどき思い出したように訪れる 《どうしようもなく 眠たい日》には なにをもっても太刀打ちできなくなる。 とくに冬はその具合がつよくなる。 冬…眠い…あ! 早速Googleで検索である。 『にんげん 冬眠』と打ち込んで クリック。 すると、 『ヒトはあたたかいアフリカで進化をしてきたため 冬眠をする習性を持たな…

  • 行動からはじまること。

    今朝もひとり早起きをした。 同じポーズをして眠る3つの寝顔に 「いってきます。」の挨拶をして、ドトールに向かった。 仕事までの時間、朝一番に家を出て勉強をする習慣が こうして 自分にとって毎週の楽しみになるとは ほんのすこしまえまで 考えもしなかったことである。 いや…もしかしたら何度も思いついてはいたけれど、 行動にうつすことができていなかっただけなのかもしれない。 『想いが行動を変える』と どこかで聞いたことがあるけれど… 『行動が想いを変える』ことだってあるものだ。 こんなふうに。 プロの専業主婦になろう、と決めて邁進して数年が経った頃、 家事を効率よくできるようになったり こどもたちが…

  • まだ見えていないもの。

    邦画がすきである。 なかでもすぐそこにある日常を ゆるやかな時間のながれをそのままに映しだす やさしい雰囲気をまとったものがすきである。 たいていは 映画監督さんや、ものがたりの内容で 観る邦画をえらぶのだけれど、 出演なさっている役者さんでえらぶこともある。 樹木希林さんは自分にとっては すきな映画の目印となる役者さんである。 何年か前に観た樹木希林さん出演の邦画で 深くこころに刻まれている作品がある。 《あん》である。 この作品を観た当時、自分は これから先 自分が思い描くような形では もう 社会や世の中の方々と関わり合いをもつことが 叶わないくらい遠い場所まで 離れてきてしまったような …

  • あたりまえを疑う。

    手が痛い…痛い、と思いつつも 論文式の問題演習をする上で『書く』ことは必須であり、 なんとか書いてきたのだけれど いよいよ 自分の書いた字が 自分でも読めないくらいに 手が思うように動かなくなってきた。 困った。 万年筆を試してみたのだけれど、 ペン先の細さとか 硬さをうまく選ぶことが できなかったからなのか、 紙にペン先が引っかかったり インクがかすれたりで 手への負担にも書きやすさにも改善があまりみられなかったため、 ひとつめの万年筆は1か月もたたないうちに 使わなくなってしまった。 そんなわけで一旦 ボールペンに戻ったのだけれど 今度は 手だけでなく手首までも痛むようになってしまい、 い…

  • 追い詰められた場所から…

    お店から商品をこっそりとってしまったひとの 話をテレビで放送していて、 そのひとは そうせざるを得ないくらい 心身ともに かなり追い詰められた状況であったことが 再現VTRで説明されているのを偶然観た長女が、 「なんでこのひとだけが悪いの? ここまで追い詰めたひとも同じくらい悪いよね?」 と問うてきた。 そのときはもう 夜もおそく 眠る時間をとうに過ぎていたため、 「そのとおりだね… でも、そこまでの状況に追い込まれてしまったとしても そのひとは お店から物をとらない選択もできたわけだから。 やっぱり、そっちの良くないほうを選択して 実行に移してしまった以上、 すべては そのひとの責任だ、 と…

  • だいじょうぶ。

    「学校に行きたくない。」 そう はじめて長女が言ったのは 小学一年生の夏休み明けだった。 長い間 のんびりと家族と過ごした夏休みから 規律を守り 友達にも気を使いながら 気を張って過ごさなければならない 学校生活へと 気持ちを切り替えることは、 幼くちいさな心にはたいそう負荷がかかるものなのだろうなぁ… 仕方のないことだなぁ…と 長女の言葉を受け止めた。 その言葉を聞いた翌日から、 毎朝 10キロ以上ある3歳の次女を抱っこ紐で抱きかかえながら、 学校の正門前まで 長女と一緒に登校を続けた。 はじめの頃は 一週間くらいかなぁ…と気楽に考えていたけれど、 それが 半月、一ヶ月、二カ月…となり とう…

  • 知らぬが仏。

    知らないほうがよかったな… と思うことが ときどきある。 しみじみそう思ったこととして いちばんに思い出されることは「仕事」について、である。 母は、幼い頃からの夢が叶って 晴れて憧れの仕事に就くことができたらしいのだけれど、 その内実は表側から見えているような 華やかて楽しいばかりではなく、 裏側では なかなか厳しく辛い状況を 多く経験せざるを得なかったようである。 その内実のほうを こどもの頃から かなり詳しく聞いて 知ってしまっていたため、 母が就いていた仕事に対しては 憧れを抱くどころか 避けるべき職種であるとの印象を 持つようになっていた。 大学三回生になり… いざ就職しますかどうし…

  • できるかどうか、みてみたい。

    「このままではだめだ!」 「もっと頑張らなくちゃ!」 「まだまだ 努力が足りない!」 を自分に対してずっと続けていると いつかどこかで ぷすっと… こころにちいさな穴が空く。 そうなってしまうと、もう いくらがむしゃらになって自分を奮い立たせ こころに空気を送り込んでも 一向に満たされず ついには本領発揮が叶わなくなる。 それでも望んだ結果を得ることは可能だけれど できることなら もうすこし自分に優しい方法を 探してみたいと思うのである。 とは言え… 「もう頑張るのはやめた。」とか 「自分は これから ゆるく生きていく。」とか 自己を律することすら投げ出すような心持ちとは、 疲れきった心がちゃ…

  • 伝わるように書く。

    お正月に親戚の子が ニンテンドースイッチを持ってきていて、 一緒に楽しく遊んだ長女が 「欲しい」と 言い出した。ついでに夫も。 ゲームがあると楽しい時間を過ごすことができるし 持っていても悪くないと思っている。 けれども一方で 持たなくてもいいものだとも思っている。 テレビゲームってなんのためにあるのだろう…と 家族で話し合ううちに、 誰かが作ったゲームで遊ぶことより 自分が作ったゲームで遊ぶことのほうが 楽しいかもしれない、という話になり、 「実はずっとゲームを作ってみたいと思っていたの!」 と長女が言うので、 プログラミングの教材やアプリを探したら すぐに良いものが見つかった。 子供向けプ…

  • 勉強できること。

    帰省先から自宅にもどり、荷ほどきをして 洗濯機を3回まわして 干して… 部屋を整えて きょうも朝いちばん ひとり早起きをして 近くのカフェに向かう支度をする。 夫に昨晩 うっかり伝え忘れていたことを 急いで置き手紙に書いて、 朝の透き通った空気に包まれたバスに乗る。 朝日がまっすぐ 車窓から眼の中にさしこむ。 眩しいはずなのに じっと見つめ返していた。 おなじ道のりを進んでいるのに 勉強に向かうときの心の様子は、 仕事に向かうときのそれとは ずいぶんと ちがうものだなぁ…と感じながら。 いつか このふたつの心の様子が ぴたっと 重なる日が来るといいな、と思う。 きょうは、ドトールもミスドも9時…

  • 自分の意思で選択を。

    みんな いいひとばかり。 重い腰と心をよいこらせと持ち上げ あちらこちらへと 移動して 日常にない方々と 日常にない時間を ご一緒するたびに思う。 それなのに。 お正月などの非日常を自分でもおかしいくらい 楽しめないのはなぜかしらと窓のそとを 眺めながら考えていた。 『自分の意思で動くことができないから。』 きっと答えはこうなのかなと思う。 なにをするにも、 その場の雰囲気、そこにいる方々の状況に 自分のちいさな選択が 逐一縛られてしまい 何一つ自分だけの意思で決定できないことに とてもおおきなストレスを感じるようである。 《どちらか迷ったら しんどそうな方を選びなさい。》 学生時代にどなたか…

  • 朝いちばんに勉強する。

    朝7時。 こっそり目覚ましをかけて身支度を整える。 駅前のドトールの営業時間のところには 「年中無休」と書いてあるのは確認済みだ。 昨晩、ちょいと夜更かしをした こどもたちは きっとお昼まえまで寝ているだろう。ついでに夫も。 大人になってから、毎年 お正月がすこし憂鬱で 早くすぎてほしいなぁと願ってきた。 いつもの『日常』が恋しくてしかたない。 けれども… 今年の自分はちょっとちがうぞ、と策を練る。 こどもの頃、陸上の選手をしていて、 1000m走では県大会で新記録保持者になったこともあった。(翌年すぐに記録はやぶられたけれども。) 勝つ秘訣は 凄まじいほどのスタートダッシュである。 1000…

  • 具体的に考える。

    憲法の問題演習で 選挙制度の話になると 途端に進まなくなる。 選挙制度そのものの知識や理解が不確かなため 憲法の論点以前のところで立ち止まってしまうのである。 『サル🐒でもわかる選挙制度のしくみ』 というような 初歩的な解説を見つけたので読んでみる。 そのなかで、カニ🦀がしてくれる説明が さっぱりわからない。何をいっているのカニ。 最終的に自治体が選挙の具体的な投票方法 (政党名を書いてください。とか、候補者の名前でも政党名でもどちらでもいいですよ。とか。) を説明している記載を見つけてようやく理解する。 結局のところ… 「実務」というか 「具体的なイメージ」 が頭のなかで描けるかどうかが、 …