プロフィールPROFILE

myr88さんのプロフィール

住所
中川区
出身
未設定

R88 − 古いものいろいろ 『古道具 古家具 昭和レトロのお店』のブログの別館です。古い紙ものも増えてきたので、少しでもご紹介できないかと思いました。古い時代のデザインは素敵です。

ブログタイトル
レトロなきろく
ブログURL
http://myr88.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
昭和レトロ集めから、古い当時の風景印をご紹介。郵趣、コレクション、デザインのご参考にも。
更新頻度(1年)

107回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2017/04/21

myr88さんのプロフィール
読者になる

myr88さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 34,523位 34,611位 38,634位 38,734位 38,685位 38,717位 39,389位 980,048サイト
INポイント 0 10 0 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 694位 707位 889位 842位 854位 855位 853位 17,006サイト
昭和レトロ 14位 15位 15位 15位 16位 16位 18位 199サイト
コレクションブログ 299位 301位 325位 322位 322位 318位 312位 7,352サイト
スタンプ・風景印 5位 5位 5位 4位 5位 5位 5位 72サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 80,814位 80,765位 80,752位 80,655位 80,851位 74,518位 圏外 980,048サイト
INポイント 0 10 0 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 1,630位 1,651位 1,641位 1,644位 1,646位 1,589位 圏外 17,006サイト
昭和レトロ 27位 26位 28位 28位 29位 26位 圏外 199サイト
コレクションブログ 669位 663位 656位 655位 666位 645位 圏外 7,352サイト
スタンプ・風景印 8位 8位 8位 8位 8位 7位 圏外 72サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,048サイト
INポイント 0 10 0 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,006サイト
昭和レトロ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 199サイト
コレクションブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,352サイト
スタンプ・風景印 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 72サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、myr88さんの読者になりませんか?

ハンドル名
myr88さん
ブログタイトル
レトロなきろく
更新頻度
107回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
レトロなきろく

myr88さんの新着記事

1件〜30件

  • FDC 通常切手 40円日光東照宮陽明門 初日カバー その3 日光風景印

    40円通常郵便切手 昭和37年(1962年)5月10日発行 日光風景印 全日本郵便切手普及協会版 また以前2つご紹介していたもののお仲間が出てきました。 普通切手の第3次動植物国宝図案切手、日光東照宮陽明門の40円切手のカバーです。 以前の記事はこちら。 myr88.hatenablog.jp 今回のカシェは陽明門の唐破風の下に掲げられた 後陽成天皇より賜った「東照大権現」の額のデザイン。 切手の原画は木村勝氏ですが、説明文によるとこのカシェも同じだそうです。 お久しぶりなのでこちらにも切手と消印のアップを載せておきます。 40円切手の図案は日光東照宮陽明門。 原画は木村勝氏。 消印は日光の風…

  • 新潟県 小千谷郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月31日押印(最終日) 『小千谷』 今回はまた切替時の両方があったものです。 先ずは上のより古い方、使用開始日は昭和26年(1951年)1月1日でした。 図案の詳細は分かりませんでしたが、スキーヤーだけはっきり分かりますね。 手前は船岡公園(の桜)なのでしょうか。 奥は越後三山なのかな。 そしてこの橋はちらっと調べたくらいでは分りませんでした。 この次の風景印はこちらです。 昭和37年(1962年)6月1日押印(使用開始日) 『小千谷』 こちらは現在も続く風景印のようです。 図案は船岡公園の遠望、スキーヤー、特産の小千谷ちぢみ、ニシキゴイ。 小千谷市のホームページによ…

  • FDC 通常切手 15円五重塔航空切手 初日カバー その5 奈良風景印・櫛型印

    15円通常切手 昭和37年(1962年)4月2日発行 奈良風景印・奈良櫛型印 FKK版 外国郵便料金の改正に伴い、昭和26年に発行されていた 銭単位の航空切手を円の単位に変更した切手のカバー、5つめ。 今回は初登場のFKK版です。 五重塔もダグラス機もシャープでカッコいいカシェ。 分りやすいので裏側です。 成瀬敏男自彫自刷、手摺木版の初日カバー。 個人でカシェを製作し切手に初日の消印を押印した初日カバーを作り 300部ほどの会員領布を行っていたそうで人気も高かったそうです。 とても大変なことですよね・・・ もう現在は作られていないものです。 説明文などはありませんでした。 奈良中央郵便局(なら…

  • 埼玉 荒川郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月25日押印 『埼玉 荒川』 今回は埼玉の荒川郵便局。 一部消印の枠が切れていますが、押し方の問題で 変形印などではなく、普通の丸い枠の風景印です。 使用開始日は昭和29年(1954年)8月1日です。 図案の詳細記載は見つけられませんでしたが 三峰ロープウェイだと思われます。 この風景印は昭和42年(1967年)11月26日まで使われていました。 三峰ロープウェイはウィキペディアによると昭和14年(1939年)5月1日に開業。 秩父鉄道の経営で、最初は大輪~三峰山頂(初代)を結ぶものでした。 昭和39年(1964年)4月29日から搬器を大型化し、三峰山頂の位置も変わり…

  • FDC 通常切手 15円五重塔航空切手 初日カバー その4 奈良風景印

    外国向印刷物料金用切手(15円通常切手) 昭和37年(1962年)4月2日発行 奈良風景印 JPS版 外国郵便料金の改正に伴い、 昭和26年に発行されていた銭単位の航空切手を円の単位に変更したものなので 航空切手と書いていますが、通常切手です。 今回のJPS版は、カシェに入れられているタイトルが 「外国向印刷物料金用切手」となっていて 「通常切手」とか「普通郵便切手」となっている他のものよりも タイトルでしっかり説明されてる感じもありますね。 切手に描かれている法隆寺の五重塔がカシェになっています。 このカバーには説明文がありませんでした。 この切手や航空切手についてはこちらをどうぞ。 myr…

  • 静岡県 伊豆長岡郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月21日押印 『伊豆長岡』 使用開始日は昭和27年(1952年)5月21日。 図案は長岡温泉(伊豆長岡温泉)、マツ、富士山です。 現在も続く継続印です。 伊豆長岡温泉はウィキペディアによると「長岡温泉と古奈温泉が合併してできた」 となっています。 源氏山の東側が古奈温泉で西側が長岡温泉。 古奈温泉は歴史が古く開湯1300年といわれるそうですが、史料が無いそう。 ただ、伊豆配流の身であった源頼朝の正室政子の生家北条氏の領地内にある温泉地で 「吾妻鏡」(鎌倉時代末期正安2年(1300)頃に成立した日本の歴史書)にも出てきて、 当時から将軍家や公卿に用いられた湯治場だったそ…

  • FDC 通常切手 15円五重塔航空切手 初日カバー その3 奈良風景印

    15円通常切手 昭和37年(1962年)4月2日発行 奈良風景印 印刷局凸版 以前2つご紹介していたもののお仲間が出てきました。 こちらは外国郵便の料金改正に伴い、 元は航空郵便用に昭和26年(1951年)に発行されていた 銭単位の15円通常切手(五重塔とダグラス機)を円単位にして発行したもの。 細かい説明は以前の記事にあります。 myr88.hatenablog.jp 今回のカシェは手前の大仏が目立ちますが、五重塔もちゃんとありますね。 お久しぶりなので切手と風景印のアップもまた載せておきます。 切手の図案は五重塔とダグラス機(DC-4型機)。 消印は奈良風景印。 図案は猿沢池からの興福寺の…

  • 滋賀県 日野郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月15日押印 『滋賀 日野』 今回は滋賀の日野郵便局です。 この郵便局、元は明治5年(1872年)に西大路郵便取扱所として開設され、 明治36年(1903年)4月1日に日野郵便局に改称した郵便局でした。 そして、昭和37年(1962年)4月16日に現在の近江日野郵便局に改称です。 今回の風景印の使用開始日は昭和27年(1952年)5月15日でした。 図案の詳細はみつけられませんでしたが 日野祭(の曳山)、シャクナゲ、綿向山と神社(馬見岡綿向神社)でしょうか。 で、今回の風景印、昭和37年5月15日の日付ですが 局名表示が「滋賀 日野」なんですよね。 1か月前に近江日野…

  • FDC 金剛生駒国定公園 初日カバー その5 千早風景印

    金剛生駒国定公園 昭和37年(1962年)5月15日発行 千早風景印 印刷局凸版 金剛生駒国定公園の初日カバーの5つめ、 印刷局凸版の単色カシェです。 山伏、修験者が描かれ、色合いも渋めのカシェですね。 ウィキペディアによると、 金剛山は修験者の開祖役小角(役行者)が修行した山として知られているそうです。 説明文はこちら。 ↓こちらもよかったらまたクリックで応援してください! R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は こちら古道具 古家具 昭和レトロのお店 ネットショップのおすすめカテゴリーは 昭和レトロ,昭和レトロ生活 ついでに この別館のインスタグラム 本館のインスタ…

  • 愛知県 岡崎郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)4月19日(最終日) 『岡崎』 今回も新旧切替時の両方の風景印がありました。 古い方は昭和23年(1948年)7月1日からのものでした。 図案の詳細が見つけられず、不明です。 石燈籠と岡崎城の石垣でしょうか。 岡崎は良質な花崗岩(御影石)の産地で、石の産業が古くから盛んなところです。 岡崎市のホームページにも、岡崎の特産品「岡崎石工品」として説明があります。 始まりが室町時代後期だそうで、安土桃山時代には城下町の整備に河内・和泉の 石工を招き、石垣や堀を造らせたそうです。 その石工達が岡崎に移り住み、技術を磨いて春日型灯籠、六角雪見型灯籠など 岡崎石工品の原型を作ったと…

  • FDC 金剛生駒国定公園 初日カバー その4 千早風景印

    金剛生駒国定公園 昭和37年(1962年)5月15日発行 千早風景印 版画:中村浪静堂 カバー画:渡辺三郎氏 金剛生駒国定公園の初日カバーの4つめ、 木版の中村浪静堂のカシェでタイトルは仏像です。 今までのカシェが山の感じだったので なんだかすごく雰囲気が変わりますよね。 説明文はこちら。 今回、この時の風景印のはがき(官白)が出てきました。 ある意味同じなので、一緒にご紹介しておきますね。 昭和37年(1962年)5月15日押印(使用開始日) 『大阪 千早』 その1の時に風景印もご紹介していますが、一応再度しておきます。 図案は詳細記載をまだ見つけてないので多分ですが、 金剛山、楠木正成の菊…

  • 神奈川県 神奈川郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月14日押印(最終日) 『神奈川』 今回は風景印切替時の両方がありました。 神奈川郵便局なんですが、 こちらは現在の神奈川郵便局ではありません。 この風景印当時の神奈川郵便局は現在の横浜中央郵便局です。 後からまた同じ名前の郵便局が出来ちゃったので、ちょっと紛らわしいですね。 先ずは上の終日の風景印ですが、 使用開始日は昭和30年(1955年)8月1日でした。 この図案の詳細が分かりませんでしたが、 高島桟橋と船なのでしょうか。 上にある建物は何か分りませんでした。 この印影でも潰れ気味ですね。 この次の風景印はこちら。 昭和37年(1962年)5月15日押印(使用開…

  • FDC 金剛生駒国定公園 初日カバー その3 千早風景印

    金剛生駒国定公園 昭和37年(1962年)5月15日発行 千早風景印 版画:中村浪静堂 カバー画:渡辺三郎氏 金剛生駒国定公園の初日カバーの3つめは 中村浪静堂の木版画カシェで、こちらはハイキング。 夏の山がいい雰囲気ですね。 付いていた説明文にはこの切手が国定公園シリーズの第13集ということと 大和文化の遺跡や楠木正成の千早城址をはじめ南北朝の史蹟が多く 史跡名勝の国定公園として知られている、という記載があります。 説明文はこちらです。 ↓こちらもよかったらまたクリックで応援してください! R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は こちら古道具 古家具 昭和レトロのお店…

  • 滋賀県 坂本郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月15日押印 『滋賀 坂本』 今回のこの坂本郵便局は今はもうありません。 平成17年(2005年)10月23日で廃止され、 翌日の24日から同じ所で大津中央郵便局の坂本分室になりました。 そして、その坂本分室も平成19年(2007年)7月29日までで廃止され 翌日の30日に同じ所で現在の比叡辻郵便局が新設されました。 こちらは昭和27年(1952年)6月25日が使用開始日。 図案の記載は見つけていませんが、 これ、比叡山延暦寺相輪塔ですね。 相輪塔は延暦寺の西塔地区にあります。 ウィキペディアによると、最澄存命中弘仁11年(820年)9月に自筆の法華経など経典を 納め…

  • FDC 金剛生駒国定公園 初日カバー その2 千早風景印

    金剛生駒国定公園 昭和37年(1962年)5月15日発行 千早風景印 JPS版(日本郵趣協会) 金剛生駒国定公園の初日カバーの2つめ、JPS版の単色カシェ。 金剛生駒国定公園は昭和33年(1958年)4月10日に指定され、 当時は15,624haの面積でした。 平成8年(1996年)10月2日に和泉葛城山一帯を編入し、 名称も金剛生駒紀泉国定公園に変更されました。 面積は23,119haになりました。 古くから文化の発達した所で、有名な社寺や史跡が多く、史跡公園ともいえます。 説明文はこちらです。 ↓こちらもよかったらまたクリックで応援してください! R88のネットショップの商品紹介と古い物の…

  • 滋賀県 彦根郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月15日押印 『彦根』 今回も滋賀県の古い風景印。 使用開始日は昭和25年(1950年)6月20日。 図案は彦根城と琵琶湖の多景島。 こちらは継続印で現在も同じ図案です。 でも、この古い印影の方がいい味があって好きです。 版画みたいな感じだし、彦根の文字の感じもいい雰囲気。 どこの風景印も製造方法の違いというか発達もあるかと思いますが 現在の風景印は線が単調になってしまって雰囲気や奥行が無くなり 味や面白みに欠ける感じがします。 違う意味ではきれいになってるとも言えるんですけどね・・・ 彦根城は国宝に指定されています。 彦根城のホームページによると 天守をはじめ、重要…

  • FDC 金剛生駒国定公園 初日カバー その1 千早風景印

    金剛生駒特定公園 昭和37年(1962年)5月15日発行 千早風景印 NCC版(日本郵趣協会) 今回は金剛生駒国定園の初日カバー。 カラーカシェのNCC版です。 この初日カバー発行当時の説明文では 大阪府・和歌山県・奈良県の境界をつくる山脈地帯にあり、 北の生駒、南の金剛をそれぞれ中心にした地域で、 昭和33年(1958年)4月10日に国定公園に指定されたそうです。 切手と消印はこちら。 金剛生駒国定公園の10円切手は 図案が金剛山から見た風景。 原画は渡辺三郎氏。 消印は大阪千早風景印。 図案の詳細は見つけられませんでしたが、 金剛山、楠木正成の菊水の家紋、あと家紋の左側は正成の首塚なのでし…

  • 滋賀県 大津郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月15日押印 『大津』 今回も滋賀県です。 使用開始日は昭和23年(1948年)3月10日です。 図案は竹生島、瀬田の唐橋、大津絵、鮒、鮎。 もう色々内容がいっぱいの風景印ですね。 最終日は昭和62年(1987年)6月30日でした。 翌日7月1日から大津中央郵便局に改称したのですが、 その後も局名表示だけ変わって、図案自体は今も同じものです。 厳密にいうと、平成17年(2005年)に再作成されたそうで、 今現在使われている図案は今回ご紹介のこの印影とはちょっぴり違っています。 藤の花の数が2本から1本に減り、船から出る煙が無くなり、 変形印ともいえるのかな、という感じ…

  • FDC 北陸トンネル開通記念 初日カバー その2 名古屋特印

    北陸トンネル開通記念 昭和37年(1962年)6月10日発行 名古屋特印 版画:中村浪静堂 カバー画:長谷部日出男氏 北陸トンネルが開通した記念に10円切手が発行された初日カバー、 木版の2つめのカシェはED709型。 こちらは特印の図案がそのままという感じですね。 説明文はこちらです。 ↓こちらもよかったらまたクリックで応援してください! R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は こちら古道具 古家具 昭和レトロのお店 ネットショップのおすすめカテゴリーは 昭和レトロ,昭和レトロ生活 ついでに この別館のインスタグラム 本館のインスタグラム

  • 滋賀県 大郷郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月15日押印 『滋賀 大郷』 またなかなかいい感じのレトロな風景印、滋賀の大郷郵便局ですが 今回ももうこの名前の郵便局はありません。 昭和52年(1977年)7月10日まででして、 翌日の7月11日から現在の「びわ郵便局」に改称しました。 この風景印の使用開始日は昭和27年8月11日。 図案は竹生島、琵琶湖遊覧船、カモメ。 最終日は郵便局の名称変更と同じで昭和52年(1977年)7月10日まででした。 翌日からのびわ郵便局になってからも局名表示だけ「びわ」に変わって 図案自体は現在も同じものが続いています。 竹生島は琵琶湖の北部に浮かぶ島。 古来から信仰の対象となって…

  • FDC 北陸トンネル開通記念 初日カバー その1 名古屋特印

    北陸トンネル開通記念 昭和37年(1962年)6月10日発行 名古屋特印 版画:中村浪静堂 カバー画:長谷部日出男氏 北陸本線の敦賀・今庄間に出来た複線電化の北陸トンネルが開通した記念に 10円切手が発行された時の初日カバーです。 全長13,872mでその当時は日本で一番長く、世界で5番目の長さだったそうです。 こちらは中村浪静堂の木版画で、カシェは白鳥号。 切手はトンネル内ですが、カシェではトンネルを出た白鳥号になっています。 ところで、カシェの日付の APRIL が消されて JUNE になっています。 北陸トンネルのウィキペディアによると、当初は4月10日発行予定だったそうですが 開通が伸…

  • 滋賀県 木ノ本郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月15日押印 『滋賀 木ノ本』 今回の風景印も滋賀県です。 こちらは木之本郵便局で使用開始日は昭和27年(1952年)4月16日。 廃止印で平成13年(2001年)2月28日までのものでした。 図案の詳細が分かりませんでしたが、琵琶湖と木之本地蔵は分かりました。 木之本地蔵の上に見える島は竹生島なのかな。 左側が私には分かりませんでした。 木之本地蔵はウィキペディアによると木之本地蔵院にある 日本一大きいという地蔵大銅像。 本尊の写しとして約3倍の大きさで明治27年(1894年)に建立されたそうです。 観光情報サイトには6メートルとありました。大きいですね。 この風景…

  • FDC 東海道電化完成記念 初日カバー 名古屋特印

    東海道電化完成記念 昭和31年(1956年)11月19日発行 名古屋特印 JPS版(日本郵趣協会) ここのところご紹介していた物よりもちょっと古めのものが出てきました。 昭和31年(1956年)11月19日に東海道全線の電化が完成するため、 それを記念して10円切手が発行されました。 東京ー神戸間の電化が完成だったそうです。 切手と消印のアップはこちら。 切手は10円の東海道電化完成記念の切手。 図案は電気機関車に広重筆版画「油井」の風景を配す。 この図案者は渡辺三郎氏です。 消印は東海道電化完成記念の名古屋特印。 図案の詳細は見つけられませんでしたが この特印の電車の感じもいいですね。 この…

  • 滋賀県 東黒田郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月15日押印 『滋賀 東黒田』 今回は可愛らしさもある風景印。 滋賀の東黒田郵便局ですが、 こちらは改称していて現在はこの名前の郵便局はありません。 昭和48年(1973年)11月11日までの郵便局名でした。 翌日の11月12日から、山東郵便局に改称されています。 この風景印は昭和27年(1952年)6月25日が使用開始日でした。 図案の詳細記載は分かりませんでしたが、 ほたる、スキーヤーとこの山は伊吹山でしょうか。 改称と同時に終了でした。 ほたるは天の川のほたるですね。 米原市の公式ウェブサイトによると、 昭和27年3月29日に米原市長岡(当時は坂田郡山東町長岡)…

  • FDC 国際放送25年記念 初日カバー その3 東京特印

    国際放送25年記念 昭和35年(1960年)6月1日発行 東京特印 印刷局凸版 久しぶりに以前投稿分のお仲間がありました。 myr88.hatenablog.jp 昭和35年(1960年)はNHKがラジオの国際放送を始めて25年ということで 記念に発行された切手の初日カバーです。 このカシェにもしっかりNHKと入ったマイクが描かれています。 今回のカバーは消印部分に汚れが重なっているので 以前の写真を再度載せておきます。 切手は10円の国際放送25年記念の切手。 図案は地球を囲む電波。 消印は国際放送25年記念の東京特印。 図案はNHKのマイクと電波になっています。 残念ながらこのカバーの説明…

  • 滋賀県 安土郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月15日押印 『滋賀 安土』 今回も現在も続く風景印でした。 使用開始日は昭和27年(1952年)6月25日。 図案は浄厳院本堂、摠見寺の三重塔、安土城址、琵琶湖。 滋賀県観光情報公式サイトによると、 浄厳院(じょうごんいん)は織田信長が安土城築城とともに創建したそう。 本堂は近江八幡から移されたもので、国の重要文化財です。 摠見寺(そうけんじ)は公式ホームページによると、 安土城築城の際(天正4年・1576年)に、 織田信長が他所から移築し自らの菩提寺としたそうです。 信長の死後、安政元年(1854年)に火災で本堂などを焼失、 今は礎石のみが三重の塔の北側に遺るそう…

  • FDC 水郷国定公園 初日カバー その5 名古屋中央 栄町分室櫛型印

    水郷国定公園 昭和37年(1962年)6月1日発行 名古屋中央郵便局栄町分室櫛型印 版画:中村浪静堂 カバー画:木村勝氏 水郷国定公園のカバー、5回目は中村浪静堂の木版画のカシェの2つめ。 こちらのタイトルはあやめ。 切手の端にもあやめが描かれていますが、 潮来市のホームページによると潮来市の市の花はあやめ。 昔からいたこはあやめで知られていたそうです。 6月には昭和27年から続くあやめ祭りもあるそうです。 消印が違うので一応アップ。 切手は水郷国定公園の10円切手。 消印は名古屋中央郵便局栄町分室の櫛型印。 説明文はこちらです。 ↓こちらもよかったらまたクリックで応援してください! R88の…

  • 滋賀県 石山郵便局 古い風景印 古い記念スタンプ

    昭和37年(1962年)5月10日押印 『石山』 変形印の素敵な風景印がでてきました。 今回のものは昭和23年(1948年)1月1日が使用開始日。 でもこの図案自体は昭和6年(1931年)8月1日が使用開始日です。 その時は戦前で局名表示の「石山」が右からの「山石」の表記でした。 図案は石山寺の月見亭。 枠が火灯窓の変形印です。 最終日は平成9年(1997年)8月29日。 翌日から石山寺郵便局へ改称です。 現在の風景印も局名表記だけ変えて図案自体は同じです。 あと、大きさが風景印の標準に合わせて少し小さくなったそうです。 図案が戦前からずっと変わらないの、いいですね。 石山寺のホームページによ…

  • FDC 水郷国定公園 初日カバー その4 潮来風景印

    水郷国定公園 昭和37年(1962年)6月1日発行 茨城 潮来風景印 版画:中村浪静堂 カバー画:木村勝氏 水郷国定公園の初日カバー4つめは中村浪静堂の木版画のカシェ。 こちらは水郷風景のタイトルです。 雰囲気は切手よりも潮来の風景印ですね。 そのまま色が付いたような感じでいいですね。 そういえば、なぜ手漕ぎの船、櫓舟を潮来ではさっぱ舟というのか。 「サッパ舟」の表記でしたが、潮来市公式ホームページにありました。 由来の定説はないそうですが、 言い伝えでは以下3説のいずれかから変化したのではないかとされているそうです。 ・笹の舟説 舟の形が笹の葉に似ているから「サッパ舟」となったとする説 ・田…

  • 熊本県 人吉郵便局 古い風景印

    昭和37年(1962年)5月7日押印 『人吉』 今回は結構あっさりしたデザインの風景印。 熊本の人吉郵便局です。 使用開始日は昭和27年(1952年)7月21日でした。 図案は球磨川下り風景、人吉温泉。 廃止印で昭和52年(1977年)1月31日まで使われていました。 球磨川は最上川・富士川と並ぶ日本三大急流のひとつ。 球磨川くだりのホームページによると 球磨川での川下りは100年以上の歴史があるそうで、西郷隆盛も西南の役で密かに熊本に入るために球磨川を下ったそうです。 また、昭和7年には与謝野鉄幹・晶子夫妻も人吉を訪れ、球磨川下りを楽しんだそう。 滞在中に17首詠んだそうですが、いくつかには…

カテゴリー一覧
商用