searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
Campout!?
ブログURL
https://sgwu1.com/camp/
ブログ紹介文
キャンプブログ。関東甲信越や北海道のキャンプ場レポ、初心者向けまとめ、道具レビューなど。
更新頻度(1年)

68回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2017/02/22

参加カテゴリ

アウトドアブログ / ファミリーキャンプ

アウトドアブログ / キャンプ

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、Campout!?さんをフォローしませんか?

ハンドル名
Campout!?さん
ブログタイトル
Campout!?
更新頻度
68回 / 365日(平均1.3回/週)
フォロー
Campout!?

Campout!?さんの新着記事

1件〜30件

  • ブランク半年のリハビリキャンプ。車中泊ソロが自由で快適すぎた

    山梨の林間キャンプ場「camp 24 白州フィールド」で車中泊ソロキャンプ。年越しキャンプ以来、半年のブランクを経て再始動しました。焚き火を囲みながら、好きな時に食べ、好きな時に飲み、好きな時に寝る。思いのほか雨は少なく、のんびり過ごせました。

  • クラシックネガとブラックミストで撮る、キャンプの何気ない光景

    富士フイルムのミラーレス一眼に搭載されたフィルムシミュレーション「クラシックネガ」とケンコーのソフトフィルター「ブラックミストNo.05」でデイキャンプやソロキャンプの様子を撮ってみました。お洒落なシネマティック表現とはほど遠い、哀愁漂う中年キャンパーの悲哀を表現できた気がします。

  • AC電源サイトでも使える32Lサイズの車載冷蔵庫「EENOUR S32」

    【製品レビュー】車載可能な冷凍冷蔵庫「EENOUR S32」はAC電源も使え、ミリタリーデザインが良い意味で家電っぽくなく、コンプレッサー式なのでしっかり冷えてくれる優れもの。ポータブル電源と組み合わせると真夏のお出かけにもピッタリ。32Lサイズは少人数キャンプにおすすめです。

  • バギーズロングとバギーズナチュラルで夏キャンプを涼しく過ごす

    【製品レビュー】パタゴニアのバギーズロングとバギーズナチュラルを比較してみました。ナイロン製で水辺でのアクティビティに便利なバギーズロング、ヘンプとオーガニックコットンの天然素材で着心地の良いバギーズナチュラル。蒸し暑い夏キャンプを少しでも涼しく過ごせるおすすめの一着です。

  • ロワジャパンのタイマーレリーズを用いたインターバル撮影方法

    【機材レビュー】ロワジャパンのタイマーレリーズ(リモートシャッター)は星景タイムラプスやスタートレイル撮影時に開始時間・シャッタースピード・待機時間・撮影枚数を指定する「インターバルタイマー撮影」に役立つ便利アイテム。簡単な使い方や設定の実例をあわせて紹介します。

  • ミニ三脚PIXI EVOにアルカスイス互換クランプを付けたら超便利

    【機材レビュー】マンフロットのミニ三脚「PIXI EVO」は耐荷重2.5kgで一眼レフやミラーレス一眼にピッタリ。アルカスイス互換のNeewerクイックリリースクランプをつけるとカメラを付け外しやすく縦位置でも安定。クランプを90度回転させることでジンバルや三脚座にも対応できます。

  • 新旧標準マクロ「Z MC 50mm」と「AF-S Micro 60mm」を比較

    【機材レビュー】ニコンの標準マクロレンズ「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」と「AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED」を比較しました。マウントアダプターFTZが不要になり、大幅な軽量化とコンパクト化を実現。等倍撮影からテーブルフォト、スナップまで1本でこなす万能レンズです。

  • アルカスイス互換「SmallRig L字ブラケット」にピンチを救われた

    【機材レビュー】SmallRig NIKON Z用 L字ブラケット 2947は底面と側面がアルカスイス互換クランプに対応しており、縦構図と横構図を素早く切り替えることができる優れもの。三脚からカメラが外れて落下した際にたくさん傷は入りましたが、リグを付けておいたおかげで致命的なダメージを受けずに済みました。

  • これぞ求めていた神三脚。カーボン3段「Leofoto LS-323C」

    【機材レビュー】レオフォトのカーボン三脚「LS-323C」は少ない段数、センターポールなし、操作しやすいロックナット、十分な太さ、少ないたわみなど星空撮影に必要な要素を集めた「神三脚」。ポータブル赤道儀一式を載せても安定感があります。これまでメインで使用してきたトラベル三脚「SIRUI N-2204SK」とも比較してみました。

  • ニコンプラザ東京で点検がてら話題の新型レンズを試し撮り

    ニコンプラザ東京で清掃や点検をお願いし、話題の新型マクロレンズ「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」や「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」を発売前に試し撮りしてみました。超高性能な標準単焦点レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」は明るさも写りもボケも素晴らしく、いつか所有してみたくなりました。

  • マニュアルレンズに電子接点があると何が機能するか検証してみた

    フランジバックの短いミラーレス一眼に純正マウントアダプターをセットし、電子接点付きのマニュアルレンズと電子接点なしのマニュアルレンズを取り付けて動作を確認してみました。レンズ内CPUの出来次第では、オートフォーカスが効かないこと以外、ほとんどの機能が使えました。

  • 型落ち値崩れで魅力アップ!富士フイルムX-T3を半年使って感じたこと

    【機材レビュー】富士フイルムのAPS-Cミラーレス一眼「X-T3」を半年ほど使用した感想をまとめました。ダイヤル操作とレトロ風なデザインで所有感があり、キットレンズともども動画に強く、多彩なフィルムシミュレーションを楽しめます。型落ちで値下がりしお得感が増しました。

  • 完ソロならコロナ禍でも安心!津々ヶ浦の夫婦岩で星空撮影

    千葉県いすみ市の津々ヶ浦にある雀島(夫婦岩)で天の川を鑑賞。自宅を出てから帰宅するまで誰とも会わず、ひとりぼっちで気兼ねなく楽しめる完ソロ星空撮影。レンズのリア側にソフトフィルターを入れて撮影すると明るい星が適度に強調されて見栄えが良くなりました。

  • ニコン公認レンタル「airCloset Mall」でZ50を借りてみた

    ニコン公式レンタルサービス「エアクロモール」でAPS-Cミラーレス一眼「Z50 ダブルズームキット」を借りてみました。片手でも持ちやすいボディにパンケーキ並みに薄い標準レンズ、遠くまでしっかり写せる望遠レンズ。製品もサービスも満足度が高く、メーカー公認の安心感もあります。

  • 星をも撮れるお手頃魚眼レンズ「TTArtisan 11mm f2.8 Fisheye」

    【製品レビュー】フルサイズ対応の対角魚眼レンズ「TTArtisan 11mm f2.8 Fisheye」は実売2万円台にもかかわらず星すら撮れてしまうコスパの良さが魅力。APS-Cミラーレス一眼では光学性能の良い中央だけ使え、容易にパンフォーカスできて使い勝手よし。昨今の中華レンズ恐るべし。

  • ブログ読者のみなさまに買っていただいたキャンプ道具ランキング

    当ブログを読んでいただいている方々がどんなキャンプ道具を購入されているか数量ベースと金額ベースでランキングを作ってみました。トップ10にランクインしたアイテムはいずれも秀逸でおすすめできるものばかりです。

  • 3万円台のコンパクトデジカメ「Sony DSC-RX100」で星空撮影

    ソニーのコンパクトデジタルカメラ「DSC-RX100」で星空撮影してみました。初代RX100にはインターバルタイマーやバルブタイマーがないため高感度ノイズを抑えるのに苦労しますが、固定撮影の1枚撮りでも星を写すことができました。

  • ロープと一緒に使うと便利なキャンプ小物5選

    最強のロープワーク「もやい結び」にキャンプ小物を追加すると、より便利にロープを扱うことができます。いずれも1個あたり数百円で購入できる「カラビナ」「ちょこっとバンド」「引掛け坊主」「ロープLEDライト」「カムジャム」を紹介します。

  • 星空撮影に適したミラーレス一眼を選ぶときの目安

    星空と景色を1枚に収める星景写真を撮影するとき便利な機能を整理してみました。ミラーレス一眼で星景写真を撮影するなら、高感度ノイズだけでなくピント拡大やバルブタイマー、露出平滑化やUSB給電などの特性も考慮するのが良いと感じます。

  • ワーケーションっぽく在宅勤務してみたら現実はそう甘くなかった

    マンションのベランダに人工芝やアカシアを敷き詰め、キャンプ道具を並べて「べランピング風なワーケーション体験もどき」を試してみました。良いことずくめかと思いきや実際にやってみると課題山積。気兼ねなく遠出キャンプできる日が待ち遠しいです。

  • まん防適用地域に住んでいるのでGWキャンプは諦めました

    ゴールデンウィークはまん防適用が決まり2年連続で巣ごもり。長野キャンプの予定を直前にキャンセルし、ベランダのタイルを張り替えたり、ブツ撮りに便利なマクロレンズを買ったり、遠出することなく7連休が終了。来年こそはお出かけしたい!

  • ピント位置を無限遠に固定しておくミラーレス一眼の設定方法

    星空撮影時にピント位置を無限遠で固定したいとき、フォーカスバイワイヤ方式のレンズとミラーレス一眼カメラなら設定を少し変えるだけ。パーマセルテープやマスキングテープでフォーカスリングを固定する必要はなく、AF/MF切替スイッチだけで操作できます。

  • ニコンの神アップデート!星空撮影に便利な音声メモ機能の使い方

    ニコンのミラーレス一眼Z6にファームウェアver3.30を適用し、音声メモ機能を設定してみました。真っ暗闇でのマニュアルレンズの名称や絞り値、ソフトフィルターや光害カットフィルターの有無などを音声で記録でき、帰宅後に写真を整理するときとても役立つ新機能です。

  • ogawaヴィガス初張り!背面メッシュ追加で使いやすさアップ

    【製品レビュー】ogawaのソロキャンプ向けテント「ヴィガス」を開封&初張り。立って行動できるテント内は広く、2021年生産分から背面にメッシュが増えて使いやすくなりました。直営店で受けた設営講習のポイントやデイキャンプで試し張りした感想をまとめました。

  • 10万円以下で開放から使える星空撮影レンズ3選(APS-C用)

    絞り開放から使える星空撮影におすすめのAPS-Cセンサー用レンズ「Samyang 10mm f2.8」「Samyang 12mm f2.0」「Tokina 14-20mm f2」を使ってみた感想を交えて紹介します。いずれも実売10万円以下で各種マウントに対応しています。

  • ogawaソロキャンプ用テント「ステイシー」と「ヴィガス」を比較

    ogawaのソロキャンプ用テント「ステイシー ST-II」と「ヴィガス」を比較。コンパクトで設営や撤収の容易なステイシー、居住空間が広く通気性に優れたヴィガス、いずれも名品です。ヴィガスの2021年マイナーチェンジで背面にもメッシュが追加され、一気に魅力がアップしました。

  • 朝方の凍りゆく精進湖でオートホーリーグレイルを試してみた

    湖越しに見える子抱き富士と夜空に横たわる天の川を撮るべく、精進湖の他手合浜で星景タイムラプスを撮影。富士山の真上に天の川が昇り始め、徐々に湖面が凍って日の出を迎えるまでの変化をオートモードで撮る「オートホーリーグレイル撮影」を試しました。

  • PD 100W対応のポータブル電源「EENOUR P302」を使ってワーケーション体験

     利根川河川敷の野田市スポーツ公園にソロキャンプ用のテントを張り、キャンプ道具に囲まれながらスマホやパソコンで作業する「ワーケーション」もどきを体験。  USB PD 100Wの入出力に対応した小型ポータブル電源「EEN ...

  • 踏切以外の全てが星空になる「いすみ鉄道 第二五之町踏切」

    星空と踏切以外の余計なものが何も写らない人気撮影スポット「いすみ鉄道 第二五之町踏切」で冬の星空を観察。近隣に駐車場がなく少しわかりにくい場所ですが、方角に注意して撮影すれば光害は気にならず、欲しい前景だけの星景写真を撮れそうです。

  • 祝開業!GRAND lodge 流山おおたかの森SCに行ってきました

    ogawaコンセプトストア「GRAND lodge 流山おおたかの森SC」が開業しました。隣駅の柏の葉キャンパスから移転となり、売り場面積がアップ。修理サービス券や直営店限定品などメリット盛りだくさん。駅ほぼ直結で徒歩キャンパーや電車キャンパーにもおすすめ。

カテゴリー一覧
商用