プロフィールPROFILE

バズーカおやじさんのプロフィール

住所
タイ
出身
未設定

タイの田舎町を旅してみたい、タイで暮らしたい、タイの女と仲良くなりたいという人のために、(なるべく)ガイドブックには書いていない情報をお届けする。

ブログタイトル
タイで七転び七起き
ブログURL
http://bazookaoyaji.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
タイ中心に東南アジア経済支援に奮闘する健気なおっちゃんの記録
更新頻度(1年)

204回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2017/02/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、バズーカおやじさんの読者になりませんか?

ハンドル名
バズーカおやじさん
ブログタイトル
タイで七転び七起き
更新頻度
204回 / 365日(平均3.9回/週)
読者になる
タイで七転び七起き

バズーカおやじさんの新着記事

1件〜30件

  • おもろい動画ないんかいな

    おっちゃんなかなかパタヤーに行けんもんで、YouTubeで慰めてくれる動画探してるけど、ろくなんおまへんなあ。どこそこ行った、ああ楽しかったあていうだけの、なんの参考にもならんクズブログみたいなんばっかりやないか。まずMMチャン●ル。単に通りを流し撮るだけで、全然おもろないで。店の前に出てる姉ちゃんどもに、話しかけるきっかけつかもうとどこぞ探してるふりして場所聞くんやめんかいな。せこいんじゃよ。めちゃくちゃ...

  • 年末年始のオナゴども

    12月24日アユタヤーFO嬢よりメリークリスマスのLINE届く。めったに行けへんのに、毎年クリスマスと正月にはLINE送ってきよる。かえらしもんやなあ。おっちゃんはな、お前が一番好きやで。但し、どうも男の影あるんが気になるけど、まあしゃあないか。お前の面倒見てやるほどおっちゃんには甲斐性おまへんので。翌25日いも子からもメリークリスマスのLINE来る。こいつのLINEの中覗いたったら、あん時バーで会うた幼馴染と写ってる写...

  • バービア3千バーツにこける その8(完結編) ~一発後編~

    いつまでたっても尺八やめへんさかい、腕つかんで引き寄せて、DKかます。舌荒っぽく動かして事務的やった前回より感情入ってまんがな。いも子、2人のガキともども面倒みたるよって、おっちゃんと一緒に暮らせへんか、どや。・‥と血迷うはずなど絶対なく、フアノムしばらくねぶる。お前、感度もう一つなんやな。あそこ撫でたっても濡れてけえへんし。前回じゃりじゃりしてたモイ伸びてきてまんな。へその下にやっぱ大きな帝王切開の...

  • バービア3千バーツにこける その7 ~一発前編~

    しばらく押し問答しながら、参った、次どこで勝負しよかいなと思案する。今さらまたおっちゃんの厳しい条件に合うバービア嬢見つけるん相当むずかしいうえに、とにかく面倒なんやわ。その考え込んでる顔がごっつい不機嫌に見えたんか、いも子「じゃあ、先にホテルに行ってて。後から行くから」連れ出し料500バーツ払てから、「ちゃんと行くからね。これ持っていっても構わない」とおのれのスマホ差し出すいも子。ほほう、おっちゃ...

  • バービア3千バーツにこける その6 ~ジャージーパブ後編~

    ビリヤードに熱中してた年金爺ファラン帰って、いも子のダチTこっちに寄ってきた。今日初日らしい。ちょい太めやけど、おっちゃん好みの童顔や。いも子とは田舎シーサケートで家近所やったとか。年もおんなじ。巨ノムでノースリーブのべべよろしおすな。いも子よりこいつとやりたいわい。もう一人、ハゲファランについてる細身Fは垢抜けてて、いも子のラインに入ってる写真に写ってたん覚えてる。ゴーゴーバーでも勝負できるレベル...

  • バービア3千バーツにこける その5 ~ジャージーパブ前編~

    一発代3千て聞いて、おっちゃんまた椅子から転げ落ちかける。「ママさんがあんた新人だから3千て言いなさいって」と言い訳すんのを虚ろに聞き流す。おっちゃん交渉意欲完全に失うて、チェックビン宣告。これ以上無駄金使えるか。あほか、何が3千や。スカイにやった1杯目の地元産ウイスキー水割り160バーツ、2杯目サンミゲールの小瓶200バーツとはゴーゴーバー並みやな。ふざけたバービアやで。まだ22時やもんの、おっちゃんよそ探...

  • バービア3千バーツにこける その4 ~バービアBK後編~

    スカイ、コンケン出身。こんなしけたバービアにはもったいないほどかえらしおます。年聞いたら、「いくつに見える?」20歳と答えたおっちゃんに対して、「ううん、25」それ聞いて椅子から転げ落ちかける。実際の見当より二つ、三つ下に言うようにしてるもんの、こんだけ外れるんも珍しいわい。えらい童顔やなあ。おまけにちっこいし。ここに来てまだ5日目やて。すれてないとこも気に入った。ラップラーオの母ちゃん借りてる部屋に...

  • バービア3千バーツにこける その3 ~バービアBK前編~

    ビルボード出たおっちゃん、今宵ゴーゴーバーは1軒で打ち止めじゃ。ソーイ4奥向かって歩いていく。ラジャホテルに入っていく遮断器のあるとこ角にあるバービアにちょっと気になるお姉さんいてたんやけど、見当たりまへん。ここは熟女ばっか、客はでぶファランのみでんな。熟女がサンタクロースの格好してもなあ。そこ通り過ぎてさらに奥へ。定宿オーキッドインの先に結構な数の姉ちゃん抱えてるバービアあんのやわ。店名はBK。その...

  • バービア3千バーツにこける その2 ~ビルボード編~

    中に入って左側ソファ席に腰下ろす。入口脇にピグモン座ってるようで、おっちゃんに向かっていきなり偉そうになんやほざいたけど無視。おのれみたいなカスと関わったら頭にくるだけ損じゃ。時間早いせいで踊り子少なおますなあ。おまけにおばはんばっかやないけ。下腹部に思いきり刺青入れてたり、無残な帝王切開痕あったりと、売れんもんは人気嬢来る前にひと稼ぎしょうと努力してはんのやなあ。おっちゃん涙ぐみそうになるで。20...

  • バービア3千バーツにこける その1 ~ビルボード突入前編~

    あれから3週間近くたって、またナーナー界隈に出張するおっちゃん。また元通り暑うなって、活動意欲出てきたで。なんせ氷河期に入ったかと錯覚するほどやったからなあ。布団に入ったら足ちべたあて、寝つけん夜もあったわ。今宵のおっちゃん、まずはどこぞのゴーゴーバー覗いたろ。やっぱり水着姉ちゃん眺めてあれやこれや妄想せんことには気分盛り上がれへんねん。その前にムウピンでも腹に入れとこうとソーイ6に出てる屋台まで行...

  • バービアいも子2号との血戦 その8(完結編) ~後日編~

    いも子2号のラインID聞いて、別れ際スタンプ送ってやったのに、なかなか既読にならんやんけ。こういうとこ商売っ気ないんやな。なんちゃって女子大生Fやったら、その日のうちに「ありがとね」て返してきよる。向こうからライン送ってきたんは4日後、「何してる?」やて。「いも子、一日中お前のことばかり考えてるよ。キットゥンやでえ」などと歯の浮くようなことかますおっちゃんではない。無難なスタンプでごまかす。ラインに生...

  • バービアいも子2号との血戦 その7 ~一発編~

    この界隈のバービアから連れ出すん19年ぶりやなあ。あん時ダイナスティイン並びのちっこいバービアで、なかなかの美人見つけたんやった。スタイルも良かったし。いも子2号、「生理だから、ちゃんとコンドームしなきゃダメよ」てほざきながら、カウンター姉ちゃんから何個もせしめてる。おいおい、生理やなかったらノーヘルでかめへんのかよ。定宿はそこから歩いて60秒以内。部屋に入っていきなりDKかましたったら、「急がないで」...

  • バービアいも子2号との血戦 その6 ~バービア後編~

    ここのオーナーはゴーゴーバーも持ってるんやて。ダイヤモンズバンコクらしい。いも子2号に、そんならお前も水着着て踊れよ、その方が儲かるぞてけしかけたら、「いや、恥ずかしい」ほんまに恥ずかしいんかもしれへんけど、肌さらせられへん理由あんのかもな。丸椅子の前に座らせて、後ろから抱きすくめる形に持っていく。いも子のくせに、髪ええ匂いさせてまんで。ついでにノム触ったったら生意気にも嫌がるやないか。ふん、体し...

  • バービアいも子2号との血戦 その5 ~バービア中編~

    前回の虹1イモ子に続いて飲み屋勤めにしては野暮ったい姉ちゃんなんで、お前をいも子2号と命名する。シーサケート出身、22歳。イサーンのクソ田舎もんの割には肌は白い方か。えらいおっとりしてまんな。あんまり喋れへんし。工場クビになって、ここで働き始めて2週間やて。不景気やからなあ。聞いてもないのにガキいてるて白状しよった。ま、そうやろな。バービアでくすぶってるんは年増か子持ちに違いない。ガキは年2つやそうで。...

  • バービアいも子2号との血戦 その4 ~バービア前編~

    横に呼んでもええ踊り子いてるけど、実は今宵のおっちゃんバービアで勝負かけるつもりなんやな。一発3千も出すんもうあほらしなったんやわ。連れ出し料とドリンク代合わせたら軽く5千いってまう。そんな価値のある姉ちゃんどんだけいてんねん。ゼニのことしか頭にない奴ばっかりやないか。ナーナーパーザー出てソーイ4の奥へ。早い時間に一遍通り過ぎたソーイ6方向に並んでるバービア眺める。ほほぅ、あん時商売熱心ではなかったけ...

  • バービアいも子2号との血戦 その3 ~トゥイスターバー編~

    おっちゃん2階トゥイスターバーへ。なんや、毎回行くとこ決まってて、つまらんこと。ステージの踊り子呼んだらドリンク2杯ちゅうふざけたルール気に入らんさかい、ビルボードとバタフライズ、ゲイシャに入るつもりなし。ゲイシャは韓国人経営やしな。虹2と4は姉ちゃんの感じどえらい悪いんで論外。オカマいてるロンドンコーリングとダイヤモンズバンコクも除外。コヨーティーの連れ出し料1500バーツ(今はいくら?)とふざけてる...

  • バービアいも子2号との血戦 その2 ~トゥイスターBKK編~

    さあ、ちょっと早いけど、ナーナーパーザーに転げ込みまひょか。まずは前回大幅にレベルアップしてたトゥイスターBKKや。ありゃりゃ、なんやしょぼい顔ぶれやなあ。前回目ぇつけた踊り子ことごとくいてないやんか。時間早いせいかいな。もうちいと粘るしかないな。21時頃からやっと1軍嬢揃うてきたけど、髪の短い子持ち、近い距離で見たらたいしたことおまへんなあ。おまけに帝王切開痕のひどいこと。医師免許持ってない素人に切り...

  • バービアいも子2号との血戦 その1 ~迷走編~

    おっちゃん、人と会う用あってまたナーナー界隈へ。ちょいと涼しなったおかげで快適でんなあ。夜ウロウロしても汗出えへんがな。ゴーゴーバー開店前、定宿近くのバービアからかったろうとしたのに、なんやあほファラン2匹姉ちゃんども侍らせて飯食うとるやないけ。残ってるバービア嬢カスばっかりや。しゃあない、おっちゃん無念の涙流しながら、ソーイ6につながる道の方へ転進する。相変わらずやる気おまへんなあ。醜女どもスマホ...

  • 金欠FのSOS

    かつて左Mダリンでかわいがってやり、その後外で時々会うて、女の喜びをとことん教えてやったFとは3月にまぐわったきり。パタヤーに移住したとかで、バンコクから離れておっちゃんこれ幸いとほっとしてたんやな。その後送りつけてくるライン激減して、おっちゃんの方もパタヤーに行っても連絡せなんだ。わざわざ向こうで体の隅々まで知り倒してるお前とやる必要ないし。何遍やっても愛情らしきもん見せんし、嘘でもええんでそうい...

  • ピンサロの思い出 その9(完結編)

    某所のピンサロ、都内のヘルスみたいに狭いとこでな。左右に4部屋ぐらいずつ並んでたんかな。物音筒抜けで、ボソボソ声抑えて喋んのがなんとも淫靡やったなあ。近所に病院あって、昼間医者がさくっと抜きに来るてヤンキー言うてた。携帯電話さほど普及してなかったんで、呼び出されることもないのどかな時代やったんやな。真面目にお●こ売りにくるヤンキーもたまに休んでる日ぃあって、そういう時指名なしで入るんやけど、えらいデ...

  • ピンサロの思い出 その8

    間もなく懇ろになったんは、がたいしっかりして目鼻立ち派手なヤンキー姉ちゃん。確かまだ20歳やったかいな。ヤンキーの割にはきっちり仕事できて、毎度全力投球。DK可、おっちゃんの攻撃によう応えてくれたなあ。あの頃まだ30代前半やったおっちゃん、そら元気やったで。よう仕事帰りに寄って一本抜いたもんや。ヤンキー結構真面目で、出勤率高かったし。半年以上通たかなあ。とうとう辞めてしもて、ある日客引きオヤジから近所の...

  • ピンサロの思い出 その7

    都営三田線沿線から引っ越したおっちゃんは、某所でまたピンサロ通い始めた。なんせまだ30代前半やったもんで、下半身抑えんのに苦労すること。人通り少ない繁華街のはずれにあってな、ウロウロしてたら目立つんや。曲がり角手前の電柱の陰に原付バイク停めて、何食わぬ顔して歩きながら客引きオヤジに向かって近づいていったもんや。某所のピンサロ、実は本番あり。と言うより、風呂のないソープランドやな。部屋は3畳ぐらい、せ...

  • ピンサロの思い出 その6

    巣鴨シリーズも最終回。ようこんなあほなこと毎回書いてきたわ。それにしても、どんだけあの店で金つこたことか。ケチなんで、料金安い時間帯にしか行けへんかったけど。最後に記憶に残ってんのは、ちょいぽっちゃり系ブス。その辺歩いてても視界に入れへん田舎くさいツラしてた。こういう仕事すんの初めてみたいで、慣れてないのモロ分かりやがな。ソファの上でパンツ一丁で四つん這いになって一所懸命しゃぶるけど、テクニックな...

  • ピンサロの思い出 その5

    その店で強烈に印象に残ってんのは香港の女。これがまたえらいかえらして、色白で美巨乳。おまけにサービス抜群。おっちゃんの膝の上に乗って向こうから積極的にDKかましてきたり、フアノム吸わせてくれたり、しゃぶりまくりと激しさではNO.1やった。あの頃日本円ごっつい強かったし、ハングリー精神日本人とは桁違いやったんやろなあ。その娘もあっちゅう間に姿消したわ。もう一人ロリータ系娘もしっかり仕事できたなあ。タイの風...

  • ピンサロの思い出 その4

    ピンサロ嬢はなんせあっという間に辞めていくもんで、せっかくええのん見つけてもまた次の上玉探しておっちゃん血眼になって店に通う羽目になる。あの頃ほぼ毎週土曜か日曜に行ってたなあ。一番長く続いたんでせいぜい2か月か3か月やったか。なんかくら~い娘で、若いのに年くってそうな不思議な雰囲気あった。小柄で貧乳、DKからあそこに指突っ込んでかき回すまで何やっても文句たれへん。本番以外はなんでもできた。ところが一つ...

  • ピンサロの思い出 その3

    シミ付きパンティくれたピンサロ嬢じきに辞めてしもて、その次何回か指名した垢抜けた20代前半のお姉ちゃんにも「くれ」て言うたら、「いやっ」てえらい強い調子で断られてしもた。ケチやなあ。それからおっちゃん通うたんは当時既に全盛期過ぎてた松田聖子に似た女の子。まだ20歳ぐらいやったんちゃうかな。なんでこんな仕事してんねんて不思議に思うほどかわいかった、多分。小柄でプリッとした形ええノムしてて、気立ても良かっ...

  • ピンサロの思い出 その2

    初めて入った姉ちゃん、若うて結構気立て良うて、見た目も多分まあまあやったんちゃうかな。なんせ店の中まっ暗でよう見えへん。外で会うても分からんやろな。しゃぶるテクニックもそこそこやったもんで、次は指名して入った。3回目やったか、通信販売で買うた白いパンティ持っていって、お前の穿いてるやつと交換してくれて言うたら、「生理前で汚れてるよ」「ええがな、ええがな。グヘヘ」と今やったらよだれ垂らしそうににたつ...

  • ピンサロの思い出 その1

    ネタ切れたんで、昔話でごまかすか。おっちゃん、相当前都営三田線沿線に住んでたんやわ。途中に巣鴨あってな。東か西か北口かもう覚えてないけど、駅出て右手すぐに一発街広がってて、1万円で釣りくるピンサロ何軒かあった。その年になるまで一遍もピンサロに入ったことなかったおっちゃん、ドキドキしながら階段上がったもんや。当時昼間やったら5千円。夜ふけるにつれて料金上がっていくけど、最高8千円やったかいな。部屋の広...

  • 田舎娘の騎乗位強制ノーヘル その11(完結編) ~実技後編~

    ふ~、どこまでも疲れるやっちゃな。バックから体ひっくり返したら、「まだ終わらないの?」あのなあ、1時間も続けてるわけではなし、文句言うなよ。3千も払うんやから、お前の腐れお●こボロボロになるまでやらな損じゃ。お●こに指突っ込んでかき回したら、あっはん あっはん あっはん、あっはん・・・しらけておっちゃん指ひっこ抜いて、代わりにち◆ちん入れる。さ、そろそろ仕上げにかかりましょか。イモ子もそれ察知したんか...

  • 田舎娘の騎乗位強制ノーヘル その10 ~実技中編~

    寝転がってるおっちゃんの上にいきなりのしかかってきたで。意外な展開やな。フアノムしゃぶらせてもろてるうちに、イモ子手ぇ使わんとお●こにちんぽの先ひっかけよった。なんや、お前風呂屋にでも勤めてたんかいな。そんなテクニック持ってるとはなあ。そのうち腰動かしながらノーヘルちんぽゆっくり呑み込みよったわ。この間のエビータのはずれ姉ちゃんといい、ゴムの使用量減らす環境保護運動はやってんのかよ。そういうことや...

カテゴリー一覧
商用