searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ronaldreadさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す
ブログURL
https://ronaldread.blogspot.com/
ブログ紹介文
低所得の高卒非正規。 2030年までにアーリーリタイアして配当金生活するのが目標です。
更新頻度(1年)

180回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2017/01/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ronaldreadさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ronaldreadさん
ブログタイトル
高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す
更新頻度
180回 / 365日(平均3.5回/週)
フォロー
高卒非正規が株式投資でアーリーリタイアを目指す

ronaldreadさんの新着記事

1件〜30件

  • 資産推移(2021年7月末)

    2021年7月末の資産は前月(33,981,457円)比629,013円減の33,352,444円でした。 実質的なエクスポージャーは株式が90.98%、債券が1.76%、ビットコインが7.26%です。債券はグローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)によるものです。 今月は中国株...

  • MUとLRCXを全株売却、CXSE、XSOE、FMを購入

    MU(マイクロン・テクノロジー)とLRCX(ラムリサーチ)を全株売却し、CXSE(ウィズダムツリー 中国株ニューエコノミーファンド)を25株、XSOE(ウィズダムツリー 新興国株ニューエコノミーファンド)を14株、FM(iシェアーズ MSCI フロンティア & セレクトEM ...

  • 中国株のカントリーリスクプレミアム

    新興国に投資する際にはその国のカントリーリスクに十分留意する必要があります。 たとえば、アスワス・ダモダラン教授によるカントリーリスクプレミアム(2021年7月時点)は以下のようになっています。

  • MSCIケニアのパフォーマンスが素晴らしいがカントリーETFは存在しない

    MSCIケニアのパフォーマンスは非常に良く、2002年5月以降の米ドル建てグロスリターンは米国が年率9.93%、全世界が8.76%、フロンティアが8.32%に対して、ケニアはなんと20.80%です。 データ:MSCI 10年ローリングでは以下のようになります。2016年後半からは...

  • 世界恐慌前夜からのリタイアシミュレーション(配当課税有り)

    前回の記事では世界恐慌前夜(1929年9月)にS&P500のみでリタイアしていたらどうなっていたかというシミュレーションをしました。  過去記事: 世界恐慌前夜からのリタイアシミュレーション 前回は税金を全く無視していたので、今回は配当課税のみ考慮した場合で同様に作ってみました。...

  • 世界恐慌前夜からのリタイアシミュレーション

    Portfolio Visualizerを使えば簡単にモンテカルロ法によるリタイアシミュレーションを行うことができます。  過去記事: モンテカルロ法によるリタイアシミュレーション  過去記事: モンテカルロ法によるリタイアシミュレーション(現金・債券を保有する場合) しかし、モ...

  • GVAL(カンブリア・グローバル・バリューETF)の構成国(2021年6月末)

    GVAL(カンブリア・グローバル・バリューETF)は世界45カ国から割安な上位25%の国に投資するETFです。 (過去記事: GVAL(カンブリア・グローバル・バリューETF) ) 謎のアクティブ運用への切り替えがあってからは売却し、現在は低CAPE戦略としてはカントリーETF...

  • MUとERUSを一部売却、AMRS、TWST、TURを購入

    MU(マイクロン・テクノロジー)を48株、ERUS(iシェアーズ MSCI ロシア ETF)を30株売却し、AMRS(アミリス)を120株、TWST(ツイスト・バイオサイエンス)を15株、TUR(iシェアーズ MSCI トルコ ETF)購入しました。 低CAPE投資のうちロシアを...

  • バブル期の日本株をCAPE80近くで高値掴みしても実質ベースでプラスリターン

    下図は1982年1月〜2021年6月のMSCI Japan(円換算グロスリターン、1982年1月=100)とCAPEレシオです。 ※MSCI指数のデータはMSCI、CAPEレシオはShiller Barclays CAPE Indicesのデータを使用しています。 バブル期の日本...

  • 60/40ポートフォリオとS&P500の長期チャート

    長期にわたる債券の強気相場がまだ続くのかは不透明ですが、金利が歴史的な低水準にありこれ以上の低下余地がほとんどないので伝統的な60/40ポートフォリオみたいなものは上手く機能しないのでは、みたいな話は時々目にします。 たとえばシーゲル教授はリタイアシミュレーション上では60/40...

  • HDB、GD、LRCX、AMAT、UNH、ANTM、RTXを一部売却、0700.HK、9988.HK、TURを買い増し

    HDB(HDFC銀行)を30株、GD(ゼネラル・ダイナミクス)を10株、LRCX(ラムリサーチ)を6株、AMAT(アプライド・マテリアルズ)を8株、UNH(ユナイテッドヘルス・グループ)を3株、ANTM(アンセム)を3株、RTX(レイセオン・テクノロジーズ)を8株売却し、070...

  • 世界各国のCAPEレシオと中央値からの乖離率(2021年6月末)

    2021年6月末時点の世界各国のCAPEレシオと中央値からの乖離率を見ていきます。 前回は2021年3月末で、だいたい四半期ごとにチェックしていこうと思っています。  過去記事: 世界各国のCAPEレシオと中央値からの乖離率(2021年3月末) ※今回使ったデータはすべ...

  • 米国、ヨーロッパ、日本、新興国のネット総還元性向

    今回はニューヨーク大学アスワス・ダモダラン教授のサイト「 Damodaran Online 」で公開されている、米国、ヨーロッパ、日本、新興国のネット総還元性向を見ていきます。 総還元性向=(配当+自社株買い)÷純利益 ですが、Damodaran Onlineでは増資を加味した ...

  • 世界各国のカントリーリスクプレミアム(2021年7月)

    今回は2021年7月1日時点の世界各国のカントリーリスクプレミアム※を見ていきます。 ※ある国の株式や債券に投資するときに考慮しなければならないリスクをカントリーリスクといいます。 データはニューヨーク大学アスワス・ダモダラン教授のサイトで公開されているものを使用しています...

  • 【S&P500】今後10年間の実質期待リターン各種

    今回は今後10年間のS&P500の実質期待リターン各種を見ていきます。

  • 脳死ホールドか、適宜入れ替えるか

    ジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」には、S&P500は初期の銘柄のまま入れ替えをしなかったほうがリターンは高かった、みたいなことが書かれていたかと思います。 これは個人的にはかなり納得感があったので大型優良株を買ったら株価が下がろうが脳死ホールドしたほうが良さそうと長らく思...

  • 家計金融資産の株式比率が上昇すると将来のリターンは低下する

    家計金融資産の株式比率と将来のリターンは逆相関というグラフをTwitterで見かけたので、できる限り長期間のグラフを自分でも作ってみました。 家計金融資産の株式比率はFREDのHouseholds and Nonprofit Organizations; Directly and...

  • S&P500の配当利回り+名目潜在成長率

    株式のトータルリターンは以下のように表すことができます。   トータルリターン=EPS成長率+配当利回り+バリュエーション変化 このうち、前半の「EPS成長率+配当利回り」をファンダメンタルリターンと呼ぶそうです。超長期的にはバリュエーション変化の影響はなくなるのでトータルリター...

  • 資産推移(2021年6月末)

    2021年6月末の資産は前月(32,916,224円)比1,065,233 円増の33,981,457円でした。 実質的なエクスポージャーは株式が93.65%、債券が1.70%、ビットコインが4.65%です。債券はグローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)によるものです。

  • GDとLRCXを一部売却、2318.HKと9988.HKを買い増し

    GD(ゼネラル・ダイナミクス)とLRCX(ラムリサーチ)を売却し、2318.HK(中国平安保険)と9988.HK(アリババ・グループ・ホールディング)を買い増ししました。 2318.HKの買い増しはこれで打ち止めにしますが、9988.HKはさらに下落したらあと100株か200...

  • ダウ平均の採用・除外銘柄のパフォーマンス(過去20年間)

    今回はダウ平均の除外・採用銘柄のパフォーマンスを調べてみました。 全部調べるのは大変なので過去20年間の入れ替え~現在(2021年5月)までのパフォーマンスをPortfolio Visualizerで調べています。なお、入れ替えは Wikipedia を参照しました。 2004年...

  • 1566(上場インデックスファンド新興国債券)に魅力を感じる

    昨年、レイ・ダリオが米国債よりも中国国債を選好しているみたいな発言していました。 今年に入ってから米国債利回りもかなり上がったので金利差は縮んでいますが、実質金利マイナスが続く米国債と比べると中国国債はたしかに魅力があるのかもしれません。 個人的には中国国債単体はよく分からないの...

  • 【バラッサ・サミュエルソン効果】ドル円は長期的に上がりそうな気がする

    一般的に高所得国の物価水準は低所得国の物価水準よりも高くなります。 これをバラッサ・サミュエルソン効果といいます。経済学者二名(ベラ・バラッサさんとポール・サミュエルソンさん)の名前をくっつけただけらしいですが、数ある「○○効果」のなかでも特に名前がかっこいいです。  参考: バ...

  • 野村證券の『外貨パック』サービスが素晴らしい

    米国株の配当は受け取ったまま放置しておくと、為替差益が発生した場合には雑所得として申告する必要があり、非常に面倒です。 私は配当を受け取ったら即日米ドルMMFに替えるようにしていますが、これもやはり面倒ではあるので、受け取った米ドルは自動的に米ドルMMFに替えるようにしてくれたら...

  • NGE(グローバルX MSCIナイジェリアETF)のディスカウントが縮小傾向

    NGE(グローバルX MSCIナイジェリアETF)のNAVに対するプレミアム/ディスカウントは2020/11/18には過去最悪の-31.63%を記録しましたが、その後は縮小傾向にあり、足元では-12%前後で推移しています。 データ元:Global X NGEが異常なディスカウント...

  • 【野村Webローン】証券担保ローンを実際に借りてみた

    先日、証券担保ローンを借りるために野村證券口座を開設したという記事を書きましたが、無事に手続きが完了し借りることができました。  過去記事: 【野村Webローン】証券担保ローンを借りるために野村證券口座を開設 外国株式の担保設定申し込みには実店舗にある専用の書面が必要という記載が...

  • オカルト機能付高価格帯ドライヤーを買った

    美容グッズはオカルト感満載のものが多いですが、高価格帯ドライヤーも商品説明を見ると唐突に量子力学を持ち出してきたり、マイナスイオン、マイナス電子、電磁波カットなどさまざまなオカルト機能が謳われています。 高価格帯ドライヤーはオカルト機能が胡散臭く感じるものの、実際に使っている人の...

  • 0700.HK(テンセント・ホールディングス)を購入

    0700.HK(テンセント・ホールディングス)を100株購入しました。 アリババと比べると高く見えますが、とりあえず100株だけは持っておきたかったので買いました。 これでポートフォリオに占める中国株のポジションは11.0%(アリババ3.8%+中国平安保険3.7%+テンセント2...

カテゴリー一覧
商用