searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

議論 de 中小企業診断士さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
議論 de 中小企業診断士
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/inoyoko1226
ブログ紹介文
中小企業診断士を勉強して初めて早10年。多年度生が診断士にどう受かるのかを綴ります。
更新頻度(1年)

356回 / 365日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2016/11/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、議論 de 中小企業診断士さんの読者になりませんか?

ハンドル名
議論 de 中小企業診断士さん
ブログタイトル
議論 de 中小企業診断士
更新頻度
356回 / 365日(平均6.8回/週)
読者になる
議論 de 中小企業診断士

議論 de 中小企業診断士さんの新着記事

1件〜30件

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月29日「アベノマスク、レトロ感で勝負?」

    ■要約(A)数百億円を投じて製造したアベノマスクは、まだ2割ほどしか配布できていない。そうこうしているうちに、世間ではオシャレなマスクが売り出される。大変残念なことである。(79文字、2分間)■構成事実:数百億円を投じて製造したアベノマスクは、まだ2割ほどしか配布できていない。そうこうしているうちに、世間ではオシャレなマスクが売り出される。主張:大変残念なことである。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月29日「アベノマスク、レトロ感で勝負?」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月28日「SNS時代の法整備を目指す」

    ■要約(B)SNSで誹謗中傷を受けていた若い女子プロレスラーが自殺した。今後、発信した人物を特定しやすくなるよう、法整備を目指す。SNS時代の新しい基準作りに知恵を絞りたい。(75文字、3分間)■構成事実:SNSで誹謗中傷を受けていた若い女子プロレスラーが自殺した。今後、発信した人物を特定しやすくなるよう、法整備を目指す。主張:SNS時代の新しい基準作りに知恵を絞りたい。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月28日「SNS時代の法整備を目指す」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月27日「賭け麻雀の釈明を求めたい」

    ■要約(B)森法相は、賭け麻雀で辞職した黒川検事長の訓告処分について、多大な貢献があったという説明を行った。言い訳もここまでくれば芸である。本人からの釈明を求めたい。(77文字、3分間)■構成事実:森法相は、賭け麻雀で辞職した黒川検事長の訓告処分について、多大な貢献があったという説明を行った。主張:言い訳もここまでくれば芸である。本人からの釈明を求めたい。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月27日「賭け麻雀の釈明を求めたい」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月26日「緊急事態宣言、全国解除」

    ■要約(A)ひと月半を超えた新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全面的に解除されることになった。ただし、戦いは始まったばかりである。気を緩めずに日々の生活を送りたい。(79文字、1分間)■構成事実:ひと月半を超えた新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全面的に解除されることになった。主張:ただし、戦いは始まったばかりである。気を緩めずに日々の生活を送りたい。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月26日「緊急事態宣言、全国解除」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月25日「コロナ禍後の飲み会スタイルとは?」

    ■要約(A)コロナ禍時代、政府が示す「新しい生活様式」では、人混みを避け、一人で飲むスタイルを追認した内容である。悲しいが、昔ながらの献杯、返杯の習わしも絶滅しそうである。(80文字、2分間)■構成事実:コロナ禍時代、政府が示す「新しい生活様式」では、人混みを避け、一人で飲むスタイルを追認した内容である。主張:悲しいが、昔ながらの献杯、返杯の習わしも絶滅しそうである。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月25日「コロナ禍後の飲み会スタイルとは?」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月24日「緊急事態宣言後の子供を守る」

    ■要約(A)多くの地域で緊急事態宣言が解除となり、学校再開の動きが始まる。小学生の死亡・重症事故がもっとも多いのは5月。自粛生活明け後、同じ過ちを繰り返さないようにしたい。(79文字、1分間)■構成事実:多くの地域で緊急事態宣言が解除となり、学校再開の動きが始まる。小学生の死亡・重症事故がもっとも多いのは5月。主張:自粛生活明け後、同じ過ちを繰り返さないようにしたい。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月24日「緊急事態宣言後の子供を守る」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月24日「緊急事態宣言後の子供を守る」

    ■要約(A)多くの地域で緊急事態宣言が解除となり、学校再開の動きが始まる。小学生の死亡・重症事故がもっとも多いのは5月。自粛生活明け後、同じ過ちを繰り返さないようにしたい。(79文字、1分間)■構成事実:多くの地域で緊急事態宣言が解除となり、学校再開の動きが始まる。小学生の死亡・重症事故がもっとも多いのは5月。主張:自粛生活明け後、同じ過ちを繰り返さないようにしたい。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月24日「緊急事態宣言後の子供を守る」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月23日「ウイルスとの共生社会とは?」

    ■要約(B)今後、私たちが待ち受けているウイルスとの共生社会は答えが出にくい。感染予防と経済の活性化、監視強化か自由化といった矛盾をはらんだ難題に向き合うことになる。(77文字、2分間)■構成仮説:今後、私たちが待ち受けているウイルスとの共生社会は答えが出にくい。感染予防と経済の活性化、監視強化か自由化といった矛盾をはらんだ難題に向き合うことになる。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月23日「ウイルスとの共生社会とは?」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月22日「東京高検検事長、賭け麻雀」

    ■要約(A)今話題の黒川弘務・東京高検検事長が産経新聞の記者、朝日新聞の元記者と賭け麻雀に興じていた。世間は権力とメディアとの癒着の図式に大いに憤慨している。無念が募る。(79文字、2分間)■構成事実:黒川弘務・東京高検検事長が産経新聞の記者、朝日新聞の元記者と賭け麻雀に興じていた。世間は権力とメディアとの癒着の図式に大いに憤慨している。主張:無念が募る。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月22日「東京高検検事長、賭け麻雀」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月21日「スローな時代にどれだけ豊かになったのか」

    ■要約(B)現代社会は飛行機のスピードも速くなり移動時間が短くなり、ネットでの情報収集もたやすくなった。ただ、私たちはスローな時代と比較してどれだけ豊かになったのだろうか。(80文字、3分間)■構成事実:現代社会は飛行機のスピードも速くなり移動時間が短くなり、ネットでの情報収集もたやすくなった。主張:ただ、私たちはスローな時代と比較してどれだけ豊かになったのだろうか。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月21日「スローな時代にどれだけ豊かになったのか」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月20日「アフガニスタン、政治対立沈着化」

    ■要約(B)アフガニスタンでは、昨年9月の大統領選挙から続いていた政治対立が落ち着いた。1978年以前は、とても美しく何度でも訪れたくなる国であった。再建に向けた一歩にと願う。(77文字、2分間)■構成事実:アフガニスタンでは、昨年9月の大統領選挙から続いていた政治対立が落ち着いた。1978年以前は、とても美しく何度でも訪れたくなる国であった。主張:再建に向けた一歩にと願う。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月20日「アフガニスタン、政治対立沈着化」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月19日「緊急事態宣言解除、緊張緩む」

    ■要約(A)新型コロナウイルス禍に伴う緊急事態宣言が39県で解除された。繁華街や行楽地でも人手が戻りつつある。今の緊張がどんな条件で緩和できるか、日常を取り戻す道筋を考えたい。(80文字、1分間)■構成事実:新型コロナウイルス禍に伴う緊急事態宣言が39県で解除された。繁華街や行楽地でも人手が戻りつつある。主張:今の緊張がどんな条件で緩和できるか、日常を取り戻す道筋を考えたい。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月19日「緊急事態宣言解除、緊張緩む」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月18日「緊急事態宣言解除」

    ■要約(A)新型コロナの緊急事態宣言が多くの地域で解除となった。ただし、8都道府県では、なお外出自粛の日々が続く。どうにも避けられない任務であれば我慢するしかたない。(77文字、2分間)■構成事実:新型コロナの緊急事態宣言が多くの地域で解除となった。ただし、8都道府県では、なお外出自粛の日々が続く。主張:どうにも避けられない任務であれば我慢するしかたない。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月18日「緊急事態宣言解除」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月17日「もう少し、頑張ろう!」

    ■要約(A)収束の見えないコロナ禍で心沈む日々が続く。今の時期、自然のパワーに励まされるが、落ち込んだ気持ちを立て直して、新生への一歩を踏み出したい。もう少し、がんばろう。(80文字、2分間)■構成事実:収束の見えないコロナ禍で心沈む日々が続く。主張:今の時期、自然のパワーに励まされるが、落ち込んだ気持ちを立て直して、新生への一歩を踏み出したい。もう少し、がんばろう。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月17日「もう少し、頑張ろう!」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月16日「テレワークが進み生活全般が様変わり」

    ■要約(A)コロナ禍をきっかけにテレワークが進み、将来も在宅勤務を基本にするという企業が出てきた。生活全般も様変わりし、無駄な時間が減り、私生活が充実するに違いない。(77文字、1分間)■構成事実:コロナ禍をきっかけにテレワークが進み、将来も在宅勤務を基本にするという企業が出てきた。主張:生活全般も様変わりし、無駄な時間が減り、私生活が充実するに違いない。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月16日「テレワークが進み生活全般が様変わり」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月15日「法務省、トラブル多発」

    ■要約(A)検察幹部の定年延長を可能とする検察庁法改正案の審議が紛糾している。捜査への政権の介入を許すのでは、との疑念からだ。他にも買収疑惑があり、緊迫度を増している。(78文字、2分間)■構成事実1:検察幹部の定年延長を可能とする検察庁法改正案の審議が紛糾している。理由:捜査への政権の介入を許すのでは、との疑念からだ。事実2:他にも買収疑惑があり、緊迫度を増している。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月15日「法務省、トラブル多発」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月14日「地元スーパーで高級魚?」

    ■要約(B)高級魚介類が地元スーパーで手に入るようになった。新型コロナの感染拡大で宴会の中止や飲食店の引き合いが減った影響であろう。しばらくは、このままでいたい気もする。(79文字、3分間)■構成事実:高級魚介類が地元スーパーで手に入るようになった。理由:新型コロナの感染拡大で宴会の中止や飲食店の引き合いが減った影響であろう。主張:しばらくは、このままでいたい気もする。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月14日「地元スーパーで高級魚?」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月13日「歌壇俳壇、コロナ詠全盛」

    ■要約(A)いま新聞などの歌壇俳壇では、歴史的な厄災にまつわる投稿が殺到している。とりわけ短歌ではコロナ詠が全盛だ。それでも明けない夜はない。希望の灯はすぐ目の前にある。(79文字、3分間)■構成事実:いま新聞などの歌壇俳壇では、歴史的な厄災にまつわる投稿が殺到している。とりわけ短歌ではコロナ詠が全盛だ。主張:それでも明けない夜はない。希望の灯はすぐ目の前にある。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月13日「歌壇俳壇、コロナ詠全盛」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月12日「申請手続きが煩雑!」

    ■要約(A)緊急経済対策の給付金や助成金の手続きが非常に煩雑である。従業員に休業手当を支払う企業への雇用調整助成金は猶更だ。無益な作業が組織全体で増えるのは愚かである。(78文字、2分間)■構成事実:緊急経済対策の給付金や助成金の手続きが非常に煩雑である。従業員に休業手当を支払う企業への雇用調整助成金は猶更だ。主張:無益な作業が組織全体で増えるのは愚かである。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月12日「申請手続きが煩雑!」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月11日「コロナ時代を象徴するデザインとは?」

    ■要約(A)いずれコロナの時代を証言するデザインも生まれるだろう。将来に発するメッセージは、協調の力、それとも利己主義ゆえの分断だろうか。私たちの行動にかかっている。(77文字、2分間)■構成推測:いずれコロナの時代を証言するデザインも生まれるだろう。主張:将来に発するメッセージは、協調の力、それとも利己主義ゆえの分断だろうか。私たちの行動にかかっている。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月11日「コロナ時代を象徴するデザインとは?」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月10日「一般人による自粛警察が横行」

    ■要約(A)最近、自粛警察という言葉を耳にする。一般人が営業店を監視する行為である。地域によって自粛要請の継続や緩和などルールが違ったこともあり、混乱が広がりそうである。(79文字、2分間)■構成事実:最近、自粛警察という言葉を耳にする。一般人が営業店を監視する行為である。推察:地域によって自粛要請の継続や緩和などルールが違ったこともあり、混乱が広がりそうである。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月10日「一般人による自粛警察が横行」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月9日「コロナ後の新生活様式の影響は?」

    ■要約(A)コロナ禍が環境にプラスに働いているとする報告は多い。ヒトの営みが自然に負荷をかけてきたことを改めて痛感する。新しい生活様式は、感染対策だけに留まらない。(78文字、1分間)■構成事実:コロナ禍が環境にプラスに働いているとする報告は多い。主張:ヒトの営みが自然に負荷をかけてきたことを改めて痛感する。「新しい生活様式」は、感染対策だけに留まらない。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月9日「コロナ後の新生活様式の影響は?」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月8日「マスク、出回ってきた?」

    ■要約(C)ひと月前まで不足していたマスクを見かけた。需要に供給が追いついてきたのではないか。消費者には朗報だが、生産者には見通しが立てにくく、流通ルートの乱れも気になる。(80文字、5分間)■構成事実:ひと月前まで不足していたマスクを見かけた。主張:需要に供給が追いついてきたのではないか。消費者には朗報だが、生産者には見通しが立てにくく、流通ルートの乱れも気になる。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月8日「マスク、出回ってきた?」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月6日「ネット配信の音楽や映像を楽しむ文化が定着化」

    ■要約(B)最近はネットで配信される音楽や映像を、スマホなどで気軽に楽しむ習慣が定着した。どうせならいい音で楽しみたいという人もいるだろう。これは正当な手段と目的である。(79文字、4分間)■構成事実:最近はネットで配信される音楽や映像を、スマホなどで気軽に楽しむ習慣が定着した。どうせならいい音で楽しみたいという人もいるだろう。主観:これは正当な手段と目的である。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月6日「ネット配信の音楽や映像を楽しむ文化が定着化」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月5日「鯉のぼりがない子供の日」

    ■要約(B)コロナ危機で「こどもの日」を迎えた。いつもは「鯉のぼり」の光景を目にするが、今年はない。子供たちを励まさないといけないのに、敵はささやかな営みまで邪魔するのだ。(80文字、4分間)■構成事実1:コロナ危機で「こどもの日」を迎えた。いつもは「鯉のぼり」の光景を目にするが、今年はない。事実2:子供たちを励まさないといけないのに、敵はささやかな営みまで邪魔するのだ。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月5日「鯉のぼりがない子供の日」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月4日「目標」

    ■要約(A)新型コロナ対策で「人との接触8割減」という目標到達には政府と国民の意思疎通が鍵となる。なぜ8割減が必要か、目標数字への納得感が大事になる。政府による密な対話を願う。(80文字、1分間)■構成主張1:新型コロナ対策で「人との接触8割減」という目標到達には政府と国民の意思疎通が鍵となる。主張2:なぜ8割減が必要か、目標数字への納得感が大事になる。政府による密な対話を願う。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月4日「目標」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月3日「緊急事態宣言を全国対象に延長」

    ■要約(B)緊急事態宣言が全国を対象に延長する。そんな中で国や自治体のリーダーの呼びかけに、市民はどれだけ共感を寄せるか。将来に希望が持てる迅速で十分な手当が求められる。(79文字、3分間)■構成事実:緊急事態宣言が全国を対象に延長する。主張:そんな中で国や自治体のリーダーの呼びかけに、市民はどれだけ共感を寄せるか。将来に希望が持てる迅速で十分な手当が求められる。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月3日「緊急事態宣言を全国対象に延長」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月2日「小学校から大学までの入学時期9月?」

    ■要約(A)小学校から大学までの入学時期を9月に移す案が急浮上してきた。改革のメリットは多々あるが、コロナ騒動中に対応ができるのか。政治家には、よほどの覚悟と責任がいる。(78文字、2分間)■構成事実:小学校から大学までの入学時期を9月に移す案が急浮上してきた。主張:改革のメリットは多々あるが、コロナ騒動中に対応ができるのか。政治家には、よほどの覚悟と責任がいる。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月2日「小学校から大学までの入学時期9月?」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月1日「去年の今頃は・・・」

    ■要約(B)去年の今頃は平成も終わり、令和に元号が改まることもあり、多くの人が帰省や国内外の旅行を楽しんでいた。わずか1年前のことだが、はるか昔のように感じられる。空しい。(79文字、2分間)■構成事実:去年の今頃は平成も終わり、令和に元号が改まることもあり、多くの人が帰省や国内外の旅行を楽しんでいた。主張:わずか1年前のことだが、はるか昔のように感じられる。空しい。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年5月1日「去年の今頃は・・・」

  • 【春秋要約】日経新聞朝刊2020年4月30日「日本探査機あかつきから学ぶこと」

    ■要約(B)日本探査機「あかつき」は、困難を乗り越えて、金星の周回軌道に入り貴重なデータを届けている。新型コロナで大変だが、めげず、くじけない「あかつき」の奮闘に学びたい。(80文字、2分間)■構成事実:日本探査機「あかつき」は、困難を乗り越えて、金星の周回軌道に入り貴重なデータを届けている。主張:新型コロナで大変だが、めげず、くじけない「あかつき」の奮闘に学びたい。【春秋要約】日経新聞朝刊2020年4月30日「日本探査機あかつきから学ぶこと」

カテゴリー一覧
商用