プロフィールPROFILE

Happyendingさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
With a Happy Ending
ブログURL
http://happyendingstory.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
花男の二次小説です。CPはつかつくです。
更新頻度(1年)

147回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2016/08/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Happyendingさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Happyendingさん
ブログタイトル
With a Happy Ending
更新頻度
147回 / 365日(平均2.8回/週)
読者になる
With a Happy Ending

Happyendingさんの新着記事

1件〜30件

  • バレンタイン・・・彼の場合

    すっかり遅くなってしまいました(;^_^A実は何度も書き直してまして...。初め考えていた妄想はほとんど残っていません(;´・ω・)原作の流れで書いたのですが、当時高校生だった二人はバレンタインどこじゃないんですよね。楓様の妨害や、滋ちゃんの登場や.....司ったら、引き際だなんて....(>_...

  • ちょっとお知らせ★

    こんにちは。Happyending です。いつもたくさんの応援をありがとうございます(*^^*)今日はですね、先日ブログ4周年を迎えたお友達のところにお祝い押しつけて来ましたよ〜、のお知らせです('◇')ゞアハ、どこだか分かります??なんと、私、お誕生日を勘違いしていたようで、ブログ見てから慌てて書くと言う…(^◇^;)相変わらずの計画性のなさですが、無事にお渡しして、本日アップして頂いています。お友達がゆるコメをモットーにさ...

  • たとえば、こんな・・・ 39

    今回は会見の様子を、類君目線でどうぞ( *´艸`)*****俺は最後方のドアを開け、開始直前に会見会場に滑り込んだ。ゆっくりと腕を組み、背後の壁に凭れ掛かると同時に主役が登場すると、会場内は水をうったように静まり返った。それは、司が一人ではなく、女性を連れていたからだ。事前告知なしのサプライズなんて、道明寺の演出らしくない。これはある意味、牧野効果・・かな?牧野はいつも真剣に突拍子もないことを思いつく...

  • たとえば、こんな・・・ 38

    司のBDにピークを持っていきたかったんですが間に合わず、急遽短編を捻り出したら、ほっとして気が抜けてました。すっかり、続きが遅くなってすみません(;^_^A短めですが、まずは続きを(*^^*)*****カシャッ!!カシャカシャッ!!カシャッ!!東京メープル扇の間に響く、途切れることないシャッター音。道明寺ホールディングス副社長の緊急会見となれば、それも当然だ。けれど、今日は、これまでのどの会見よりざわついている...

  • 永遠不滅のセオリー

    昨日の投稿で力尽き、今年こそもうダメかと思いましたが(笑)、やっぱり坊っちゃんLOVEなので、頑張っちゃいました(*^^*)司、お誕生日おめでとう。今年もお祝い出来て、私もHappyです。ありがとう♥☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆___これは、人生最大の謎じゃねぇのか?ふと、そう思う瞬間がある。例えば今夜。こうしてメープルのバーで、一人グラスを傾けているこの瞬間。背中にはビシバシと涎を垂ら...

  • たとえば、こんな・・・ 37

    類、どうしたんだろう?仕事は終わったって言うけど、ずっと携帯を気にしてたし。絶対何か隠しているような気がするんだけど、頑固な類は教えないって決めたら絶対に教えてくれないの。それは大学の時からずっと。司さんもだけど、そう言えば美作さんも西門さんも、なんだかいつも私のことを子供扱いしてる気がするんだよね。そりゃあ、私はそちらの世界のことなんて何も知らないけど.....。類が戻って来るまで......と携帯を取り...

  • たとえば、こんな・・・ 36

    「ククッ、で?司んところのロビーで弁当ぶちまけたの?」「ぶちまけてはないの。タマさんがしっかり風呂敷で包んでくれてたから。」「懐かしいな、タマさん。あの人まだ生きてたのか。」「類ったら、失礼だからね。あ、ねぇ、パンもう少しもらっていい?」「どうぞ、どうぞ。」牧野が目の前のバゲットに手を伸ばした。相変わらず、気持ちいいぐらいによく食べる.....リスみたいだ、クククッ。「......また笑ってる。」「だって、...

  • たとえば、こんな・・・ 35

    ガッシャーーンッ!!!「何なんだよっ、これはっ!!!」急遽集めた中東プロジェクトメンバーとの打ち合わせ中、突然飛び込んできた第二秘書が見せたオンライン記事。それに目を通した瞬間、俺は怒りのあまりそれを壁に投げつけた。俺と滋の不倫スクープ。つくしとの結婚は『道明寺家は大反対』であり、『出産後は即離婚予定』だと書かれていた。ありえねぇっ!!「この記事書いたのはどこだっ!」「A出版ですっ。ただ今、情報源...

  • たとえば、こんな・・・ 34

    久しぶりの東京だった。去年、引継ぎのつもりで飛んだフランスで、急遽俺が対応しなきゃならない事案に巻き込まれ、フランス支社長としてそのまま滞在を余儀なくされた。そして、今回、こちらの引継ぎ事項の確認のため、花沢物産東京本社に出張という形で戻ってきた俺は、昼を跨いだ会議を終え、以前とかわらない俺の執務室へ急いでいた。扉の前で一つ息を吐き出してから、ノックなしにカチャッとノブを回した。中にいる人物は、俺...

  • たとえば、こんな・・・ 33

    約束の時間を2時間も過ぎれば、流石に予定が狂ったんだろうなってことは予想してた。だから、やっと電話が掛かってきた時には、『やっぱり...』って思うと同時に、本当に安心したんだ。事故とかトラブルじゃなくて良かった。でもちょっとだけ、もう少しだけ待っていたら帰ってくるのかなって期待してたから、『クルージング』に出ると聞いてがっかりもした。でもさ、仕方ないよね。これまでだってずっと忙しかったんだから、都合が...

  • たとえば、こんな・・・ 32

    「めんどくせーな。」とか言いながらも、いつもはクルクルの髪をオールバックにして無造作に後ろに流し、黒のドレススーツに身を包んだ彼は、とんでもなくカッコ良かった。この人の妻が私だなんて知れたら、きっとみんな驚くだろうな。だから、パーティーなんて行かないに越したことはないんだよ。うん、そうだ。だいたい私にパーティーなんて似合うはずがないし、チグハグ具合がますます際立っちゃうのが目に見えるもの。別世界の...

  • たとえば、こんな・・・ 31

    1月に入って1週間が過ぎた。司さんの誕生日パーティーの準備はシェフやタマさんと相談しながら少しずつ進めてるところ。「あ...そうだ、司さん。今週末って大使館主催のパーティーがあるの?」今日も11時過ぎに帰宅した彼がシャワーから出てきたところで、そう言えば.....と思い出したことを聞いてみた。去年からお義母様に言われていたの。『年が明けたらパーティーが増えるから、頑張りなさい』って。特に年始の各大使館主催のパ...

  • たとえば、こんな・・・ 30

    「お帰りなさい」「バカッ、寒いから出てくんなって言ってるだろ!」「そんなに心配しなくても大丈夫だよ?」夜遅くに帰宅した俺を玄関ロビーまで出迎えに出てきたらしい。確かに、空調の聞いている邸が寒いってこともねぇんだけど。きょとんと俺を見上げる愛しい妻を、俺は無意識に抱きしめた。「はぁ...、やっとほっとした。」「ん?」「一日中、お前が無茶してないか気になって仕方ねぇ。」「信用ないなぁ.....」そう言いながら...

  • たとえば、こんな・・・ 29

    こんにちは。続きを更新できずにすみませんでした。お正月はずっと忙しく過ごし、そのまま仕事に突入。そうこうしているうちに何を書こうとしていたのかすっかり忘れていて、展開を一から考えていました(^^;)次の展開もまだ迷っていますが.....一波乱起こすかどうか...(;・∀・)ヘヘとりあえずは、ひっそりとリクエストを頂いた楓さん目線から再開しますね( *´艸`)こんなのでいいのかなぁ......ドキドキ.....(*_*;*********...

  • たとえば、こんな・・・ 28

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆年末ギリギリにアップできるかなぁ...と頑張っていましたが、お蕎麦の準備やらで間に合わず(;^_^Aそんなわけで.....もう、新年、明けましておめでとうございます!!マイペースな更新にもかかわらず、いつもたくさんの応援をありがとうございます(*^^*)新年の抱負は...今は全く思いつかないので(笑)、短めですが28話をお届けします。年始は来客が続き、次の更新が遅くなると思い...

  • たとえば、こんな・・・ 27

    あ「妊娠の可能性も考えられるかと思います。」ドクターがストレートにそう言った。つくしは呆然と俺の目を見つめている。戸惑っている.....?そんな風に見えた。俺は舞い上がりかけていた自分に、強烈に腹が立った。子供が出来る可能性は常に考えていた。ただ、こんなに早くそうなるとは予想していなくて、その前に二人の関係を変えればいいんだと安易に考えていたんだ。どこまでバカなんだよ、俺は。彼女の腹に俺の子がいるかも...

  • たとえば、こんな・・・ 26

    優しいコメントや拍手をありがとうございました。いわゆる胃腸風邪だったようで、元気にしています。では早速、続きを!(*^^*)***「18時には戻るから。」「うん、準備しておくね。」今日は約束のクリスマスイブ。司さんからの突然のリクエストで、クリスマスディナーは私が作ることになった。それを聞いた2日前から、私の頭の中はもうメニューのことでいっぱい。司さんがね、私の手料理を食べてみたいって言ったの。二人きりで...

  • ごめんなさい!!

    昨日の深夜から、子供の調子が悪くて、続きが書けていないんです。首を長くしてお待ち頂いた方々、申し訳ないです...。本当にすみません。(予告なんてするもんじゃないですね...。)インフルエンザではないようで、今少し落ち着いています。必ず完結させるつもりですので、もう少しお待ちください。本当にごめんなさい!!遅くなりましたが、メリークリスマス(*^^*)いつも温かい応援をありがとうございます。Happyendingにほんブ...

  • たとえば、こんな・・・ 25

    40階の執務室。俺の部屋に入った途端、予想通りの反応に嬉しくなる。「うっわぁ!東京が一望できちゃうね。もしかして富士山も見える?」「天気が良ければ見えるな。」「そうなんだぁ。夜も綺麗だろうなぁ。」ピッタリと窓に張り付くつくし。俺は風呂敷包みをテーブルに乗せ、彼女の一歩後ろに立った。「来て良かった?」「うん。」嬉しそうな彼女の表情が窓ガラスに映ってる。聞けば、こっそり弁当だけおいて帰ろうとしていたらし...

  • たとえば、こんな・・・ 24

    「わぁ、こっちには公園があったんだね。」4階分のエスカレーターを一気に上り切った先、全面ガラス張りの窓の向こうには小さな公園が見えた。たかだか4階から見える高層ビル街の一角を切り取った景色にさえ、こんなにも目を輝かせている彼女に、俺は内心かなり安堵していた。だってそうだろ?重箱を落としたのは彼女のせいじゃない。なのに、ガチガチに固まった彼女を見て、俺も焦った。契約結婚なんて選択をさせた上に、結婚して...

  • たとえば、こんな・・・ 23

    遅くなりました!続きは.....つくしちゃん専属SPの林さん目線です☆彡***ふふっ.....!私たちSPも驚愕した、司様の電撃結婚。そのお相手はどんな方かとSP一同戦々恐々としていたけど、道明寺家に嫁がれたつくし奥様はとても可愛らしい方で、全員ほっと肩を撫でおろし笑い合ったのはつい1か月程前のこと。そして今日も・・・道明寺HDの秘書室へ、司様の昼食を届けに行くことになった奥様は、リムジンを会社からだいぶ離れたところ...

  • すみません(;^_^A

    こんばんは。Happyendingです。沢山のコメントも頂いているのに、お返事も出来ずにすみませんm(__)mそして、続き、楽しみにして下さり、ありがとうございます。早く書かなきゃ...と思うのですが、年末で上手く隙間時間が作れず.....夜はすぐにバッテリー切れで、なかなかお話が書けずで.....クリスマスにも合わせたいし、頑張らねばっ!とは思っているので、続き、もう少しお待ちください!本当にお待たせしてしまってごめんなさい...

  • たとえば、こんな・・・ 22

    朝一から、来年度開始予定のプロジェクトメンバーによるディスカッションに参加し、昼前に会社に戻ってきた。この後の予定は、社内でのミーティングと山積みになっている報告書と新規事業計画のチェック。それが終われば今日の業務は終了......のはずだが、まだまだ先は長い。「.....あ?メシ?」「はい。もうじきお邸から昼食が届きますので、30分程休憩をお取りください。」「いらねーよ。」「しかし、本日は会食もありませんし....

  • たとえば、こんな・・・ 21

    「行ってらっしゃい」____チュッひゃっ!!道明寺邸の玄関ロビーで、メイドさんたちの視線が痛い。だけど、当の本人は何を気にすることもなく、私に向かって微笑むと、「行ってきます。」と私の頬を撫で、クルリと踵を返してリムジンへ乗り込んでいく。私は熱くなった頬をギュッと両手で包んで、なんとか冷静になろうと努力しながら、彼の後ろ姿を見つめるんだ。ここ数日、私たちの関係は少し変わった.....様な気がする。正確...

  • たとえば、こんな・・・ 20

    **注意**夜の投稿に間に合わず、朝からプチRです。ご注意を(;・∀・)******ユラユラユラ・・・・あれ?「起きたか?」「.........えっ?」気が付けば、そこは見慣れたお邸の廊下で、私は司さんの腕の中でお姫様抱っこをされていた。「うわぁっ!」「危ねっ、いきなり動くな。」「ご...ごめん.....」こ.....この状況は.......私ったら、すっかり寝ちゃってたんだ!チラッと盗み見た司さんの表情はいつもと同じでクールだ。...

  • たとえば、こんな・・・ 19

    あれから・・・私が乗せてもらっていた車で優紀を送ってもらい、私たちは司さんのリムジンに乗り込んだ。広い車内にピッタリと隣同士に座る私たち。彼から珍しく強いアルコールの香りがしていた。今日は会食だって言ってたけど......たくさん飲んだのかな?「ふぅ.....」って吐息と同時に司さんが目を閉じた。その姿は男の人なのにやっぱり綺麗で、溜息が出そう。疲れてるのかな?少し、酔ってるみたい。こんなにアルコールを飲ん...

  • たとえば、こんな・・・ 18

    「それで、今は道明寺さんと暮らしてるってことなのっ!?」「.........うん。」信じられない・・・私の大親友、牧野つくし。彼女から急に結構することになったと連絡があったのは約3週間前。28にもなって恋人どころか付き合った人もない奥手のつくしが、いきなり結婚なんて、絶対に何かある。それに詳しいことは電話じゃ説明できないって何よ。今度ゆっくり話すからって言われて、やっと会えた今日、つくしから聞いた話は私の想像...

  • たとえば、こんな・・・ 17

    「何だよっ!まだあと10分以上あったじゃねーかっ!!」「我々は近くで待機していただけですが。」「あんなとこに車あったら、あいつのプレッシャーになるだろうがっ!!」名残惜しく彼女と別れ、車に戻ってみれば、まだ約束の1時間まで10分以上残っていた。もう少し一緒にいられたのに.....。カジュアルな彼女は妙に可愛かった。邸にいる時の雰囲気とはまた違って、肩の力が抜けてて柔らかくて。ミトンの手袋も、ニットの帽子も、...

  • たとえば、こんな・・・ 16

    「つ、司さんっ!?」駆け寄って来たのは司さん。少しだけ息が上がってる。そんなに急いで、どうしたの?キョロキョロと回りを見渡しても、特別なものはなくて、むしろここにいる司さんが凄く目立ってる。すれ違う女性がみんな司さんをみて目を丸くしてる。そりゃあそうよ、こんなに素敵な人、滅多にいるもんじゃない。「.....どうしたの?」どうしてここにいるの?今、『つくし』って言った?思いがけず出会えた。お邸の外で会う...

  • たとえば、こんな・・・ 15

    久しぶりの外出だった。少し早めにお邸を出て、クリスマスの装飾が始まった街を歩く。夜は優紀に会う予定だから、司さんが用意してくれた服じゃなく、アパートから運ばれていた着慣れた服を選んだ。生地屋さんは休みの日にもよく立ち寄っていたお店だから、カジュアルでも大丈夫。司さんの好みは、あのクローゼットを見れば分かる。上品で、綺麗目で、だけどどこか甘さのある服。そんな彼の好みに合わせたくて、頑張って綺麗目を意...

カテゴリー一覧
商用