searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

マッサンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こんなこと、考えてみたんだけど、どうかな?
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/carpenter2
ブログ紹介文
自分が、日ごろ思ったことをメモとして記録しておくブログです
更新頻度(1年)

363回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2016/07/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マッサンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
マッサンさん
ブログタイトル
こんなこと、考えてみたんだけど、どうかな?
更新頻度
363回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
こんなこと、考えてみたんだけど、どうかな?

マッサンさんの新着記事

1件〜30件

  • 胆振地方中東部でM3.3 和歌山県南部でM2.8 秋田県内陸南部でM2.3

    昨日のブログからの有感地震はタイトルの3つだけです。まず、胆振地方中東部のM3.3地震ですが、今回は、苫小牧沿岸から空知方面に向かって亀裂が入っているところの空知寄り。胆振中部地震の余震のころから比べると、最近では、今回のような震源の深さが40キロという地震が増えてきています。ひょっとすると、この苫小牧沿岸から空知方面に向けてのラインに沿って、震源の深さが40キロの、地殻の厚さが薄くなっている~ラインに沿ってえぐれている~という状況になっているのかも知れません。アリューシャンの西方でM5.1、カムチャッカ方面でM4.9の地震が起きていますから、その影響ではないかと思います。ただ、アリューシャン方面の地震の規模から考えると、まだまだ動きがありそうです。昨日書いた紀伊水道近辺では、和歌山県南部でM2.8の地震が起き...胆振地方中東部でM3.3和歌山県南部でM2.8秋田県内陸南部でM2.3

  • 三重県南東沖でM5.2 新潟県中越地方でM5.1 沖縄本島近海でM3.1

    今回は、ちょっと不思議な地震が2発。まず、最初は、新潟県中越地方のM5.1の地震ですが、通常、新潟方面の地震は震源が浅いはず。でも、これ、震源の深さが190キロです。さらに、主に揺れた地域は、関東方面と太平洋沿岸で、日本海側は、それほど揺れた範囲に広がりはありませんでした。ここから推測できることは、太平洋沿岸は当然、太平洋プレートの範囲。関東方面は東京・埼玉・山梨・静岡方面で揺れが確認されていて、ここは、フィリピン海プレートが日本の内陸に入り込んできているところ。つまり、太平洋プレートとフィリピン海プレートに同時に揺れが伝わり、ユーラシアプレート自体には、それほど揺れが伝わらなかったということになります。となると、震源の付近は、フィリピン海プレートと太平洋プレートの接触面で、フィリピン海プレートは、このあたりま...三重県南東沖でM5.2新潟県中越地方でM5.1沖縄本島近海でM3.1

  • バヌアツでM6.4が2回 茨城県沖でM5.6 奄美大島近海でM3.2

    バヌアツでM6.4が2回、その他、前震、余震と思われるものを含めて数回地震が起きています。また、近くのニュージーランド北方やインドネシア方面でも、動きが活発で、M5クラスの地震が数回起きています。アリューシャンの対岸が動き出したと考えていいと思います。沖縄は、やはり、一旦静まった後に大きめの規模の地震が起きやすいようで、有感地震では、奄美大島近海でM3.2の地震が起きましたが、実は、宮古島の南東では、M5レベルの地震が起きてます。ただ、島から少し離れているところで起きたため、有感地震にはなっていません。茨城県沖のM5.6の地震は、ついさっき起きた地震です。福島・茨城の滑りが起きているところで起きた地震なのですが、これで気を付けたいのが、震源の深さ30キロというところ。通常、この近辺の地震は、東日本大震災のころは...バヌアツでM6.4が2回茨城県沖でM5.6奄美大島近海でM3.2

  • 房総半島南東沖でM4.7 福島県沖でM3.8 浦河沖でM3.0

    房総半島南東沖でM4.7の地震が起きました。震源の深さ80キロですから、下部に入り込んだ太平洋プレートの動きによって起きた地震と考えています。ここで地震が起きた場合、東海地方に影響が出やすい。静岡・愛知・神奈川・山梨の南部・長野の南部で細かな動きが出始めていますから、今後、動いてくるかも知れません。浦河沖のM3.8の地震ですが、本来であれば、根室半島方面で動きが出てから、動いてくるところなのですが、今回は、そのケースではありません。北海道の西方沖で震源の深い中程度の地震が起きていますから、今回は北マリアナ諸島の地震の影響で、太平洋プレートの滑りによって起きた地震ではないかと考えています。また、珍しくオホーツク方面でも細かな動きが出ています。福島県沖のM3.8は、房総半島の地震と同様、茨城・福島の太平洋プレートの...房総半島南東沖でM4.7福島県沖でM3.8浦河沖でM3.0

  • 北マリアナ諸島でM5.6とM4.9 長野県中部でM2.7 長野県南部でM2.6

    北マリアナ諸島でM5.6の地震がありました。余震としてM4.9の地震も同一震源で起きています。震源の位置はサイパンの北東海上でフィリピン海プレートの東端に当たります。ということは、今後、フィリピン海プレートが動いてくる可能性があるということ。また、太平洋プレートにも影響が出てくる可能性もあります。沖縄方面では、そのせいか、若干動きが出始めています。沖縄本島と奄美大島近海のフィリピン海プレートの西端でM3レベルの地震が起きていますから、このエリアで揺れてくる可能性があります。また、台湾方面にも影響が出やすくなっていると思います。沖縄方面は全体的に注意が必要です。その他、影響が出てくる可能性があるのが、和歌山県から宮崎沖にかけての南海トラフの関連エリアです。宮崎沖で動きが出やすい時には、熊本にエネルギーが抜けていく...北マリアナ諸島でM5.6とM4.9長野県中部でM2.7長野県南部でM2.6

  • パプア・ニューギニア近海で群発 岩手県沖でM3.5 岐阜県飛騨地方でM2.8

    アリューシャンの太平洋プレートの対岸に当たるパプア・ニューギニアの北東沖で規模の大きい地震が群発的に起きています。最大はM6.0。その他、M5.7、M5.6、M5.4とM5以上の地震が連発で起きています。被害状況など詳しいことは分かっていませんが、震源が浅いこともあり、ひょっとしたら、津波が発生しているかも知れません。アリューシャンの方でも、まだ、動きが続いていて、余震が起きています。日本では、有感地震はタイトルの2つ。北海道方面の影響は、岩手県沖の方に出たようですが、実は、昨日書いた日本海側では、有感地震の扱いにはなっていませんが、青森県の西方沖で、この岩手県の地震より規模が大きめの地震が発生しています。同様に新潟県の沿岸部でも細かな地震が連なっていて、ここから、東北・北海道の日本海側で注意が必要だと思ってい...パプア・ニューギニア近海で群発岩手県沖でM3.5岐阜県飛騨地方でM2.8

  • フィリピン ダバオの西方でM6.8 和歌山県南部でM4.2 父島近海でM3.8 その他有感地震3回

    フィリピンのダバオの西方でM6.8の地震がありました。フィリピンは昨年もM6クラスの地震が相次いで、死者も10名以上出ていますから、今後、何らかの情報が入ってくるかも知れません。注意していてください。また、フィリピンで地震が起きた場合、一旦、台湾方面で大きめの動きがあった後、徐々に沖縄・九州と動きが連鎖してくる可能性が高くなっています。数日後には、日本で動きが出てくると思い割れますので、ここしばらく注意していてください。また、沖縄方面ではやはり宮古島近海で動きが出ています。父島近海でM3.8の地震も起きていますから、この影響で、沖縄方面でさらに動きが活発化していくのではないかと思っています。警戒していてください。日本では、昨日書いた津軽半島下部の震源の深い地震の影響と思われる地震が内浦湾で起きています。M2,4...フィリピンダバオの西方でM6.8和歌山県南部でM4.2父島近海でM3.8その他有感地震3回

  • 沖縄本島近海でM4.5 福島県沖でM3.3 徳島県北部でM3.0 その他、有感地震3回

    世界的にみると、アリューシャンからみて太平洋プレートの対岸にあたるフィリピン方面からニュージーランド北方にかけてM5クラスの地震が頻発しています。今後、太平洋プレートが変わった動きをしてくるかも知れません。実際に、日本でみると、北海道から東北・関東の太平洋側では、細かな地震が多数。昨日よりも一気に数が増えてきています。その中で、太平洋岸に当たる地震は、福島県沖のM3.3。福島県沖の滑りの集中エリアの南側で起きた地震です。宮城県の北部沖合も集中エリアになっています。ここでも、動きが出やすくなっていると思っていてください。また、日本での地震は、昨日の場合、フィリピン海プレートの影響を受けたものが多くなっています。沖縄方面は、再び、動きが活発になり、規模の大きめの動きも増えています。沖縄本島近海の地震は、珍しく、フィ...沖縄本島近海でM4.5福島県沖でM3.3徳島県北部でM3.0その他、有感地震3回

  • 鳥島近海でM5.8 奄美大島近海でM3.1 北海道南西沖でM3.0 新潟県中越地方でM2.3

    まず、鳥島近海のM5.8の地震ですが、揺れを観測したところがないのか、気象庁では震度は不明としています。また、同一震源で、M4.7の地震も起きています。おそらく、アリューシャンの地震の影響で太平洋プレートに傾きが生じて、動きが出てきたものと考えています。フィリピン海プレート沿いからパプア・ニューギニア方面でも動きが出ていて、ちょうど、アリューシャンからみて、太平洋プレートの重心を挟んで対岸に当たる方面で動きが出ている状況です。さらに、日本海側で動きが出てきました。北海道南西沖でM3.0。昨日の秋田県沖の地震と同様、日本海での同一ライン上の地震です。今回は、内陸に近かったため震度が確認されたという状況です。同様に、日本海側に近いところでは、新潟県中越地方でM2.8の地震も起きています。沖縄方面でも奄美大島近海でM...鳥島近海でM5.8奄美大島近海でM3.1北海道南西沖でM3.0新潟県中越地方でM2.3

  • 奄美大島近海で3回 茨城県沖でM4.6 福島県沖と秋田県沖でM4.0 その他有感地震3回

    九州・沖縄方面では、奄美大島近海でM3.4、M3.0、M2.7の3回、さらに宮古島近海でM3.5、宮崎県北部山沿いでM3.8の地震がありました。フィリピン海プレートの西側に動きが集中した形になっています。奄美大島近海では、プレート境界で震源の深さ中程度の地震が起きていますから、今回の地震はその影響ではないかと考えています。宮古島近海については、島の近くで起きたのがこの地震だっただけで、島から少し離れた周辺海域ではさらに規模の大きな動きがありますから、今回は、ある意味、ラッキーだったかも知れません。まだ、動きは続いていますから、今回よりも大きめの揺れがあってもおかしくないと思って警戒していてください。九州では、宮崎県北部山沿いでの動きですが、この地震、震源の深さが100キロで、今まで以上に震源が内陸に入り込んでき...奄美大島近海で3回茨城県沖でM4.6福島県沖と秋田県沖でM4.0その他有感地震3回

  • 岩手県内陸南部でM4.2 宮城県沖でM3.8 その他、有感地震4回

    まず、海外の情報ですが、アリューシャン列島東部で、再びM6.1の地震が発生しています。また、余震もまだ続いているようです。北緯55度、東経161度のあたりで、ウラナスカ島の近くです。震源の深さはだいたい40キロ前後。プレート境界の地震だと思われます。また、チベット方面でも、動きが続いています。日本でも岩手県内陸南部でM4.2の地震が起きていますが、これは震源の深い地震。深さが140キロですから、これをきっかけに、太平洋プレートの動きが加速されると思われます。宮城県沖のM3.8は、今回は、この震源の深い地震の影響ではないかと考えています。北海道から東北・関東までの太平洋岸では、アリューシャンの地震と岩手県の震源の深い地震のダブルパンチで、規模の大きめの地震が起きるかも知れません。ちょっと警戒していてください。その...岩手県内陸南部でM4.2宮城県沖でM3.8その他、有感地震4回

  • 宮城県沖でM4.0 日向灘でM3.5 浦河沖でM3.4

    浦河沖のM3.4の地震は、千島列島からの流れで、このブログを続けてみている人は「あ、来たな」と思ったのではないでしょうか。また、日向灘でM3.5の地震が起きていますが、これは、昨日書いた宮崎県沖の地震です。宮城県沖のM4.0は、太平洋プレートの滑りで起きた地震です。海外の動きでみると、最近、チベットの方で、M4~5規模の地震が続いています。また、フィリピン海プレートの南方でM6弱の地震が起きています。ですから、フィリピン海プレートの周辺域で注意が必要だと思っているのですが、ここ数日、九州の中南部の動きが変です。熊本から西方海上にかけて、細かな地震が集中しているんですね。それでいて、北部方面の長崎・福岡・佐賀方面では、全く動きが無いんです。大分でも動きが止まっています。また、宮古島近海でも動きが激しいのですが、そ...宮城県沖でM4.0日向灘でM3.5浦河沖でM3.4

  • 与那国島近海でM5.4 岩手県沖でM3.8 熊本地方でM3.0 その他有感地震2回

    与那国島近海のM5.4は、震源が与那国島と台湾の中間点。沖縄方面の動きがそのまま有感地震になって出てきたようです。九州でも熊本県熊本地方でM3.0の地震が発生しています。九州では、まだ、熊本周辺から西方沖にかけて、そして、大分・宮崎の沿岸でも細かな動きが出ていますから、今後、注意が必要です。北海道方面では、千島列島でM4.5の地震が起きています。釧路・根室・十勝沖や青森県東方沖でも、有感地震にはなっていませんが、動きが出ていますから注意していてください。岩手県沖のM3.8は、その流れで起きた地震だと思われます。この一帯で動きがあると、最近では、渡島半島方面や北海道西方沖に動きが出るようになってきています。その他では長野県中部でM2.6の地震が起きていて、岐阜・長野の群発地震帯の中の南側が震源。徐々に南側に崩壊地...与那国島近海でM5.4岩手県沖でM3.8熊本地方でM3.0その他有感地震2回

  • 宮城県沖でM4.1 山梨県中西部でM4.0 福島県会津でM4.0 熊本地方でM2.9

    宮城県沖のM4.1の地震は、太平洋プレートの滑りによるもの、熊本県熊本地方の地震は、昨日書いた細かな動きの延長、と考えています。熊本方面や宮崎沖では、細かな地震が多数起きていますし、沖縄は宮古島周辺域で動きが活発です。今後、揺れてくる可能性が高いと思っていてください。山梨県中・西部のM4.0の地震は、震源の深さが160キロと深い地震。茨城・千葉の動きが東京方面を通り越して、山梨の方に影響が出てきたと考えています。深さとしては、太平洋プレートが滑って起きた地震。東京・神奈川の下部を通り越して、動きが出ているということですから、やはり、関東大震災のエリアは要注意ですね。東京の下部でプレートの滑りによる地震が起きた場合、震源の深さ80~90キロくらい。それとは別に、今回太平洋プレートが東京・神奈川方面の下部に侵入して...宮城県沖でM4.1山梨県中西部でM4.0福島県会津でM4.0熊本地方でM2.9

  • 岩手県沖でM3.5 新潟県中越地方でM3.4 兵庫県南東部でM3.4

    昨日書いた内容では、やはり、岩手県沖で動いてきました。M3.5です。アリューシャンのM7.8の地震が起きたところでは、まだ、M5クラスの余震が数回起きていますので、今後、千島列島や北海道東方に影響が出てくるものと思われます。3日~1週間くらいで、動きが出てくると思っていてください。実際に、釧路沖では、少し動きが出てきています。また、一昨日書いた内容からは、新潟県中越地方でM3.4の地震が起きました。兵庫県南東部のM3.4の地震は、和歌山方面からの歪か、京都方面の歪がかかって起きたのではないかと思っています。そして、昨日の動きで最も活発だったのは、九州の西方海上から沖縄方面。有感地震になってもおかしくないくらいの規模の地震が頻発しています。また、熊本では、断層に沿ってきれいに細かな地震が連なっています。数日の間に...岩手県沖でM3.5新潟県中越地方でM3.4兵庫県南東部でM3.4

  • 熊本県天草・芦北地方でM2.7

    昨日のブログからの有感地震はタイトルの一つだけ。全国的にも、動きがかなり減少しています。その理由として考えられるのがチベットの地震。M6.3に次いでM5.1の地震が起きています。過去には、中国の内陸部で地震が起きたときなども、日本国内の動きが減少したことがありますから、ユーラシアの内陸部で地震が起きると、ユーラシアプレートの歪が緩和されるため、地震が減少する、と考えています。ただ、昨日書いたアリューシャンのM7.8の地震の方は、まだ動きがあって、昨日もM5.1の余震が起きている他、アリューシャン列島の中央付近でもM4.9、カムチャッカ半島付近でもM4.9の地震が起きています。それに呼応するように、北海道の方では、釧路から十勝にかけて、震源の深い地震がバラついて起きています。ですから再び、北海道の太平洋岸~岩手県...熊本県天草・芦北地方でM2.7

  • アリューシャン列島東部でM7.8 宮城県沖でM3.5 千葉県北東部でM3.0 大分県中部でM2.8

    今回は、まず、海外から。アリューシャン列島の東方で、かなりアラスカ寄りのところですが、M7.8の地震が起きました。アラスカでは津波警報が出されましたが、海面変動は15センチ程度で収まったということです。大きな津波にならなくて良かったと思います。ただ、プレート境界の滑りが一気に重なってきたようで、M6.1、M5.8、M5.7、M5.1と周辺で、かなり規模の大きい余震が続いています。このアリューシャンの震源と、太平洋プレートの重心を挟んで対岸ということになると、インドネシア東部からニュージーランドの北方にかけてで、ニューギニア付近では17日にM7.3、その他、ニュージーランドの北方でもM5クラスの地震が続いていましたから、その影響ではないかと考えています。大分県中部の地震は3日前に書いた大分方面の動きが、有感地震に...アリューシャン列島東部でM7.8宮城県沖でM3.5千葉県北東部でM3.0大分県中部でM2.8

  • 種子島南東沖でM4.6 豊後水道でM3.6 熊本地方でM2.4 岐阜・長野の群発地震帯で2回

    昨日のブログから今までに起きた有感地震はタイトルの5つ。種子島南東沖の地震は、昨日書いたフィリピン海プレートの動きによるものと考えています。このあたりもしばらく揺れがなかったので、やや規模が大きめになったと思われます。さらに、有感地震にはなっていませんが、沖縄方面、特に日頃地震が発生しやすい沖縄本島から奄美大島にかけての一帯と、宮古島周辺域の一帯で動きが活発になっています。まだ、フィリピン海プレートの影響で揺れる地域が出てくる可能性があります。また、豊後水道のM3.6の動きについては、一昨日書いた内容からの地震だと考えています。熊本地方のM2.4の地震については、実は、九州の方で、今までとちょっと違い、宮崎県と熊本県の県境あたりで、震源の深さ中程度の地震が発生しています。フィリピン海プレートの接触面が、少し内陸...種子島南東沖でM4.6豊後水道でM3.6熊本地方でM2.4岐阜・長野の群発地震帯で2回

  • 宮古島近海でM5.0 茨城県南部でM3.5 網走地方でM2.3 熊本県天草・芦北地方で2回

    まず、宮古島近海のM5.0の地震ですが、沖縄本島の南東と北西の2か所で震源の深い地震が起きています。ですから、フィリピン海プレートが動きやすくなって起きた地震ではないかと思われます。その他、沖縄周辺でバラけて細かな地震が発生しています。ここ1週間ほど、沖縄方面で直接揺れるような大きめの地震がなかったので、今回一気にM5.0で動いてきたという状況です。熊本県天草・芦北地方でM1.7、M1.5の2回の地震が起きています。規模は小さめですが、やはり土砂災害の関係がありますから、警戒していてください。動きとしては、フィリピン海プレートとの連動だと思ってください。北海道の網走地方のM2.3の地震ですが、実は、釧路・根室沖で滑りに近い動きが出ています。ただ、ここで歪が抜けきらなかった場合、オホーツク方面の震源の浅い地震にな...宮古島近海でM5.0茨城県南部でM3.5網走地方でM2.3熊本県天草・芦北地方で2回

  • 茨城県沖でM4.2 日向灘でM3.9 岐阜県飛騨地方でM3.1

    昨日のブログから今までの間で起きた有感地震は、タイトルの3つ。そのうち、岐阜県飛騨地方の地震は、群発地震帯の地震ではありません。ただ、福島県沖~茨城北部・福島南部~栃木・群馬の県境~岐阜・長野の群発地震帯~京都付近~播磨灘のライン上に入っていて、このラインの周辺地域では、細かな地震が起きています。徐々に亀裂が広がっている感じがしています。茨城県沖のM4.2の地震は、北緯36.3度、東経141.2度。昨日起きた茨城県沖のM3クラス2連発では、10時37分が、北緯36.5度、東経141.2度13時30分が、北緯36.3度、東経141.1度で、この茨城沖の3つの地震は、すべて震源の深さは40キロ。それぞれ、微妙に震源がずれていて、こちらも、海上の群発地震のようになっています。この後も、続いてくる可能性があります。また...茨城県沖でM4.2日向灘でM3.9岐阜県飛騨地方でM3.1

  • 茨城県沖で2回 宮城県沖でM3.5 和歌山県南方沖でM3.3 長野県中部でM3.0

    昨日書いた太平洋プレートの動きに関連するのは、まず茨城県沖。2回ともM3.7です。また宮城県沖でもM3.5の有感地震が起きています。全体的には、一昨日よりも動きが少なくなっていますが、関東では、神奈川県で震源の深い地震が起きており、岐阜・長野の群発地震帯や長野北部、岐阜の北部から北陸方面で細かな動きが活発になっています。北陸方面は、しばらく揺れから遠ざかっているので、急に有感地震が発生する可能性があります。また、長野県中部のM3.0の地震は、群発地震帯の地震です。北海道では動きが小康状態に入っていますが、昨日の択捉島近海の地震がありますから、油断しないでいてください。北海道の太平洋沿岸から岩手県の沖合までのラインで注意が必要です。和歌山県南方沖の地震は、日頃、地震が多く発生している紀伊水道のやや南方です。少し珍...茨城県沖で2回宮城県沖でM3.5和歌山県南方沖でM3.3長野県中部でM3.0

  • 択捉島付近でM4.9 福島県沖でM4.6 熊本地方で2回 相模湾でM3.5 播磨灘でM3.1

    昨日のブログから今までに起きた有感地震は、タイトルの6回。そのうち、択捉島付近と相模湾の地震は、震源の深い地震です。択捉島付近のM4.9の地震は、震源の深さ140キロ。先日の北海道東方沖や、その前のアリューシャン列島近海の地震の影響で動いてきたのではないかと思われます。この付近で地震が発生した場合、北海道の太平洋岸から岩手県沿岸までは注意ですね。相模湾のM3.5の地震は、震源の深さ120キロ。状況としては、フィリピン海プレートと太平洋プレートの接触面で、太平洋プレートがフィリピン海プレートに負けたという感じでしょうか。この深さだと、太平洋プレートの方が崩壊したのではないかと思います。となると、関東方面では、太平洋プレートの動きによる地震が起きてくる可能性が高くなったと考えた方がいいと思います。今までの茨城・千葉...択捉島付近でM4.9福島県沖でM4.6熊本地方で2回相模湾でM3.5播磨灘でM3.1

  • 福島県沖でM4.3 宮城県沖でM3.7 秋田県内陸北部でM2.8

    昨日は、日本では内陸全体に細かな地震が起きていて、それも、一部ではエリア内で集中しているところが多くなっています。まず、福島県沖のM4.3の地震の関連ですが、この福島県沖から茨城県北部・福島県南部の太平洋沿岸の県境~栃木・群馬の県境~岐阜・・長野の群発地震帯のほぼ直線ライン上で、ここに挙げたエリアが細かな地震の集中しているスポット。同様に、熊本県の天草・島原地方、西表島近海、茨城県南部、今回M3.7の地震があった宮城県沖、岩手県沖合北部、釧路沖がスポットに当たります。有感地震が発生する可能性が高いと思っていてください。秋田県内陸北部のM2.8の地震は、震源が十和田湖の南でギリギリ秋田に入っているという状況。9日に書いた青森県東方沖の震源の深い地震の影響が今になって出てきているのではないかと思っています。もう一つ...福島県沖でM4.3宮城県沖でM3.7秋田県内陸北部でM2.8

  • 岐阜・長野群発地震帯で5回 茨城県沖でM3.8 千葉県北西部でM3.4 岡山県南部でM2.9

    まず、岐阜・長野の群発地震帯についてですが、今までの震源より、やや南側にずれてきています。新たな亀裂が入ったため、そこで地震が連発したようです。規模についてはM3.2~M2.6。そして、昨日の様子を見るが義理では、今まで、細かな地震が起きる範囲がある程度限られていたのですが、それが、さらに南北方向に広がりを見せています。今後も、新たな亀裂ができたときに、M3クラスの地震が起きて、その繰り返しで、崩壊の個所が広がっていくのではないかと思います。土砂災害の関係もありますから、今後も要注意。特に、今の震源より南側で注意が必要です。そして、日本全体でみると、少し動きが変わってきているようにも思います。まず、北海道全域で細かな地震が発生しています。こういうことは、ちょっと珍しいですね。さらに、北海道南西沖では、今までより...岐阜・長野群発地震帯で5回茨城県沖でM3.8千葉県北西部でM3.4岡山県南部でM2.9

  • 長野県中部で3回 北海道東方沖でM4.9 岩手県内陸南部でM3.6 その他有感地震3回

    長野県中部の地震は、いずれも群発地震帯の地震。M3.0、M2.7、M2.6の3回で、比較的、規模は小さめですが、土砂災害の関係もあるので、ちょっと気がかりです。大隅半島東方沖の地震は、どちらかというと、宮崎県の沖合で起きている地震だと考えていいと思います。それが少し南にずれただけ。四国と九州の間で宮崎県の沖に当たるエリアでは、急に動きが活発になっていて、細かな地震が集中しています。揺れてくる可能性もあるので、注意していてください。北海道東方沖のM4.9の地震は、色丹島のすぐ東が震源。昨日の段階で、カムチャッカ半島やアリューシャン列島で動きがありましたから、その影響ではないかと思います。釧路沖でも有感地震にならなかっただけで、動きが出ています。今後、北海道の太平洋岸、青森県東方沖や胆振地方中東部あたりで注意をして...長野県中部で3回北海道東方沖でM4.9岩手県内陸南部でM3.6その他有感地震3回

  • 青森県東方沖でM4.7 岩手県沿岸部でM3.3

    昨日のブログから今までに起きた有感地震は、タイトルの2つだけ。どちらも北海道~東北北部の地震です。2つとも起きるべくして起きたという感じですね青森県東方沖のM4.7の地震は、昨日書いた地震と同一震源。一気に動いてきたという感じでしょうか。それに伴って、同一ライン上の岩手県沿岸部でM3.3の地震が起きたという流れです。そして、ここでエネルギーが抜けたせいでしょうか。北海道西方沖の動きが少し緩やかになったように感じます。ただ、これから危なくなるのは関東方面。太平洋プレートの滑り込んでいる接触面が西方にずれてきていて、今まで茨城・千葉で止まっていた部分が、東京・神奈川まで入りこんでいるようです。さらに神奈川の西方では、震源の浅い地震がポツポツ起き始めていて、今後、動いてくる前兆のようになっています。今まで同様、茨城・...青森県東方沖でM4.7岩手県沿岸部でM3.3

  • 青森県東方沖でM4.6 豊後水道・福島県沖でM3.3 茨城県南部でM3.2 その他有感地震2回

    青森県東方沖でM4.6の地震がありました。一昨日のブログで書いた青森県東方沖の動きだと思ってください。やはり、北海道方面の動きが止まっていた分、やや大きめのM4.6になっています。それ以外に、北海道方面の昨日の動きで特徴的なのは、北海道南西沖。実は、胆振東部地震の際と同様に、帯広方面の気温が高くなっていて、高温現象が起きているように思います。以前、このブログでは、胆振東部地震の前に、北海道の南西方面で大きな地震が起きると予測していて、その時は、奥尻島方面の「北海道南西沖」だと思っていたのですが、実際に起きたのは胆振東部でした。ただ、今回は、胆振東部の時以上に、北海道南西沖の動きが活発ですから、次こそ危ないのではないかと予測しています。津軽海峡の東部や室蘭近海でも震源の深い地震が起きていますから、今年の夏は、しっ...青森県東方沖でM4.6豊後水道・福島県沖でM3.3茨城県南部でM3.2その他有感地震2回

  • 岐阜県飛騨地方でM2.7 長野県北部でM2.8 宮城県沖でM3.9

    岐阜県と長野県で地震が起きていますが、これは、群発地震帯とは違う震源の地震です。岐阜県飛騨地方のM2.7の地震は、群発地震帯より南西方向。それに対して、長野県北部のM2.8は群発地震帯よりも北東方向で群馬県との県境。そして、この長野県北部~岐阜・長野の群発地震帯~今回の岐阜県飛騨地方は、ほぼ一直線に並んでいる形になっています。ということは、現在、このラインに力が加わってきているということ。このラインの延長上に当たる福島県の南部や福井・京都北部でも細かな地震が増えてきていますから、今後、このラインで有感地震が発生する可能性が高くなっていると思ってください。宮城県沖のM3.9の地震は、太平洋プレートの滑りによる地震だと思われます。昨日書いた福井県の震源の深い地震で、太平洋岸の震源の深さ中程度の地震は、さらに、西方に...岐阜県飛騨地方でM2.7長野県北部でM2.8宮城県沖でM3.9

  • 静岡県西部で2回 奈良県と熊本県でM3.0 栃木県南部でM3.1 島根県西部でM2.7

    静岡県西部でM3.7とM3.0の2回の地震が発生しました。こちらでは沖縄の方から、徐々に、四国沖、紀伊半島沖、東海沖と順に流れてくると考えていたのですが、思った以上に早く東海地方で影響が出たようです。震源の深さがどちらも30キロ程度ですから、群発地震にはならないだろうと考えています。ただ、この北西方向に当たる三重・滋賀・京都やその周辺で、震源の浅い地震が発生する可能性あります。奈良県のM3.0は震源が和歌山県との県境で、昨日書いた和歌山方面の動きによるものと捉えてください。熊本県熊本地方の地震も、沖縄から九州に震源が移動した、その地震の範囲で捉えてもらうといいと思います。栃木県南部のM3.1は、8日に起きたM3.3の地震と同様、太平洋プレートが内陸に滑り込んできて起きた地震と考えてください。太平洋プレートとの接...静岡県西部で2回奈良県と熊本県でM3.0栃木県南部でM3.1島根県西部でM2.7

  • 択捉島南東沖でM5.0 三陸沖でM4.4 茨城県南部でM4.7 その他、有感地震3回

    北海道の地震や茨城方面の地震などを見ていると、このブログで書いている内容が、若干遅れて起きているようです。2,3日前のブログ内容を確認してもらった方がいいかも知れません。まず、茨城県の地震ですが、茨城県南部でM4.7、そして、茨城県沖でM3.5の地震が起きています。昨日書いた栃木県南部もM3.3の滑りと一緒に起きる地震だったのが、少し遅れてきたと考えるといいと思います。関東方面では、埼玉県で震源の深い地震が起きていますから、1~2日後に、茨城・千葉方面で動きが出てくる可能性が高いと思っていてください。北海道から東北北部にかけての地震では、三陸沖でM4.4の地震が発生しました。沿岸部からやや離れましたが、北海道の震源の深い地震の影響だと思われます。択捉島南東沖でもM5.0の地震が起きていて、震源の深さが140キロ...択捉島南東沖でM5.0三陸沖でM4.4茨城県南部でM4.7その他、有感地震3回

カテゴリー一覧
商用