chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
マッサン
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2016/07/29

1件〜100件

  • 岩手県沿岸北部でM4.1 千葉県北西部で2回 福岡県北西沖でM2.8 茨城県北部でM2.6

    昨日も太平洋プレート側での揺れが多めでした。岩手県沿岸北部でM4.1千葉県北西部でM3.5とM3.3茨城県北部でM2.6と、いつも地震が起きている福島県沖や宮城県沖ではなく、そこから南北にずれたところでの地震です。ただ、福島県と宮城県の県境の沖合では、かなり活発な動きになっていますから、今後、揺れてくる可能性があります。また、青森県東方沖から浦河沖にかけても動きが出ていますから、こちらでも注意していてください。福岡県北西沖のM2.8の地震は、島根・山口方面で、かなり規模は小さいですが、細かな揺れがつながっていますから、その動きの一環だと思われます。昨日書いた山陰方面への影響の関係ではないかと考えています。その他の動きでは、沖縄方面で、列島に沿ってやや大きめの動きが出始めています。揺れてくる可能性があるので...岩手県沿岸北部でM4.1千葉県北西部で2回福岡県北西沖でM2.8茨城県北部でM2.6

  • 岩手県沖で2回 福島県沖でM3.6 紀伊水道でM2.9 新潟県中越地方でM2.2

    昨日の太平洋側の動きでは岩手県沖でM4.2とM4.1福島県沖でM3.6の地震がありました。昨日のブログで書いた動きが出ていたところでの地震です。フィリピン海プレートがらみでは、紀伊水道でM2.9の地震が起きています。表記は紀伊水道ですが、震源は、徳島県と言ってもいいくらいのところ。日頃の紀伊水道の地震とは震源の位置も違いますし、震源の深さも中程度ですから、新たな動きが出てきたと思っていいと思います。ちなみに、高知の西方でも、有感地震にはなっていませんが、震源の深さ中程度のところで動きが出ていますから、今後、四国か、力の逃げ道になっている山陰方面で揺れてくるかも知れません。新潟県中越地方のM2.2の地震は、先日の長野県北部の地震の流れで起きた地震ではないかと思われます。昨日の動きとしては、上記の他に宮古島近...岩手県沖で2回福島県沖でM3.6紀伊水道でM2.9新潟県中越地方でM2.2

  • 北海道東方沖でM5.9 石垣島近海で3回 十勝沖で2回 和歌山県北部で3回 熊本県熊本地方でM2.5 長野県北部でM1.7

    昨日は、北海道東方沖でM5.9の地震がありました。最大震度は3。その後、十勝沖でM4.2とM3.3の2回の地震も起きています。どちらも太平洋プレートの動きによるものと思われます。今回、北海道で動きが出ましたが、今後は、東北方面でも、この地震の影響で動きが出てくる可能性がありますから、注意していてください。特に、岩手南部・宮城・福島の沖合では、いつもと違う場所で細かな地震が起きていますから、注意が必要です。フィリピン海プレートがらみの動きでは石垣島近海でM4.5とM4.0が2回。和歌山県北部では、M2.8、M2.6、M1.7と3回の地震が発生しています。昨日書いた琵琶湖南方の震源の深い地震の影響だと思われますが、伊豆諸島を挟んで、千葉の南方沖と静岡の沖合で、震源の深さ中程度の細かな地震が急に増えてきています...北海道東方沖でM5.9石垣島近海で3回十勝沖で2回和歌山県北部で3回熊本県熊本地方でM2.5長野県北部でM1.7

  • 茨城県沖でM4.9 硫黄島近海でM4.6 神奈川県西部でM2.4 熊本県熊本地方でM1.7

    昨日は、想定よりは少し規模が小さめでしたが、茨城県沖でM4.9の地震が起きました。最大震度は3。ただ、これが本当の揺れではないかも知れませんから、今後もしばらく注意を続けていてください。また、この茨城県沖の地震の影響だと思われますが、神奈川県西部でM2.4の地震も発生しています。さらに、昨日は注意をしておかなければならない地震が2つ発生しています。ひとつは、硫黄島近海のM4.6の地震です。震源の深さは110キロ。昨日書いたように、伊豆諸島の東方沖で群発地震が発生していますが、それがまだ続いている状況で、今回は、その群発地震帯の南方に当たるプレート境界で震源の深い地震が発生しています。今後は、今まで以上に太平洋プレートの動きが活発になってくる可能性があるので、伊豆諸島方面では注意をしていてください。もう一つ...茨城県沖でM4.9硫黄島近海でM4.6神奈川県西部でM2.4熊本県熊本地方でM1.7

  • 昨日の有感地震は0です

    日本では、昨日は有感地震は一つもありませんでした。ただ、昨日書いた伊豆諸島東方沖では、まだ、M5弱の地震が起きていますし、宗谷地方でも、細かな地震が続いています。下のページの千葉県の南方で同じ場所に黄色の〇が集中しているところが伊豆諸島東方沖、北海道の北部の稚内近くが宗谷方面の地震です。確認してみてください。https://www.data.jma.go.jp/eqev/data/daily_map/20220804.htmlまた、ニュージーランド北方沖では、再び、M5.8の地震が起きています。昨日書いた東北から関東の太平洋側では、引き続き、注意していてください。昨日の有感地震は0です

  • 福島県沖で2回 岩手県北部沿岸でM3.5 長野県南部でM2.4

    昨日は、福島県沖でM5.6とM3.7の2つの地震がありました。M5.6のときの最大震度は4です。岩手県北部沿岸でもM3.5の地震があり、東北の沿岸部は、やはり、震源の位置が西方にずれてきているようです。長野県南部のM2.4の地震の震源は、岐阜県との県境付近です。ただ、有感地震にはなっていませんが、伊豆諸島の東方沖で規模の大きめの群発地震が発生しています。最大のものはM5.7で、その他にもM5以上の地震が、現時点で7回。すべて同一震源です。ニュージーランド北方で大きめの地震が続き、それから、伊豆諸島方面で地震が続いた場合、日本でも大きな地震が発生する可能性が高いと思います。時期は少し遅れると思いますが、東北から関東方面で、1週間程度、警戒を続けていてください。福島県沖で2回岩手県北部沿岸でM3.5長野県南部でM2.4

  • 福島県沖でM4.8 千葉県東方沖と薩摩半島西方沖でM3.7 宗谷地方北部で3回 茨城県沖と愛媛県南予でM3.2

    昨日の有感地震は、全部で8回とやや多めでした。東北から関東の太平洋側では、福島県沖のM4.8震源の深さ30キロ千葉県東方沖のM3.7震源の深さ10キロ茨城県沖のM3.2震源の深さ30キロの3回の地震が起きています。福島県と茨城県の地震は、震源の深さ30キロですが、ひょっとすると、プレートの接触面が浅くなってきているのかも知れません。フィリピン海プレートがらみの地震では、薩摩半島西方沖のM3.7愛媛県南予のM3.2の2回の地震が起きています。このうち、愛媛県の地震も震源の深さ30キロです。また、宗谷地方北部では、M3.7、M3.4、M2.8の3回の地震が起きています。最初のM3.7では、震度4の揺れを観測しています。震源の深さはいずれも10キロ。7月30日に発生したオホーツク海南部の地震の影響が出てきたので...福島県沖でM4.8千葉県東方沖と薩摩半島西方沖でM3.7宗谷地方北部で3回茨城県沖と愛媛県南予でM3.2

  • 茨城県沖でM3.4

    昨日は、細かな地震は多かったものの、有感地震になったのは、茨城県沖のM3.4の一つだけです。ただ、相変わらず、宮城・福島沖~茨城~東京湾付近~千葉県南方沖にかけては、動きが続いていますから、揺れてくる可能性があると思っていてください。一昨日のデータでみると、若狭湾の沖合で、震源の深さ300キロ以上の深い地震が起きていますし、茨城・山梨でも震源の深い地震が起きていますし、沖縄方面でも、動きが活発になってきているようです。ですから、関東方面・沖縄方面で動きが出てくる可能性があります。世界的に見ると、ニュージーランド北方からフィリピンにかけて、規模のやや大きめの地震がずっと連なって起きています。プレートで言うと、インド・オーストラリアプレートの境界に沿って起きていますから、今後はスマトラ島の動きにつながってくる...茨城県沖でM3.4

  • 和歌山県北部で2回 石川県能登地方でM1.9

    昨日、一昨日と続けて、和歌山県北部で地震が続いています。震源の浅い地震で、M2.5の地震は昨日書いたものと同じ震源ですが、M2.9の地震は、それよりも南側、和歌山県の中部沿岸が震源です。石川県能登地方のM1.9の地震は、今までと同様、半島の先端が震源です。昨日の状況では、宮城・福島沖がさらに活発になっているようですし、えりも岬から岩手県の沖合にかけて、震源の深さ中程度の細かな地震が連なってきていますから、北海道から岩手県の沖合でも、揺れてくるかも知れません。また、和歌山県の動きと連動するように、京都・大阪・兵庫付近でも細かな地震が増えてきていますから、こちらでも揺れてくる可能性があります。注意していてください。さらに、一昨日のデータでは、北海道の東部で震源の深い、もう少しで有感地震になりそうなレベルの地震...和歌山県北部で2回石川県能登地方でM1.9

  • 茨城県南部でM3.4 和歌山県北部で2回 鹿児島県大隅地方でM2.7 新潟県上越地方でM2.2

    今回は、フィリピン海プレートがらみの話からですが、先日のフィリピンの地震の余震が続いていて、ほぼ同一の震源でM5クラスの地震も数回起きています。そして、有感地震としては扱われていませんが、それと同様の現象が起きているのが伊豆諸島近海です。こちらでも、ほぼ同一震源で、M5クラスの地震が複数起きています。フィリピン海プレートの両端でこのような動きが出ているのは、おそらく、フィリピン海プレートに回転の力がかかっているせいだと思われます。ですから、今後、フィリピン海プレート周辺域で、少し大きめの地震が発生するかも知れません。注意していてください。そして、この動きの関係だと思われますが、茨城県南部でM3.4和歌山県北部でM3.2とM2.6の2回、地震が起きています。鹿児島県大隅地方のM2.7も、この動きの影響ではな...茨城県南部でM3.4和歌山県北部で2回鹿児島県大隅地方でM2.7新潟県上越地方でM2.2

  • 福島県沖でM4.1 山形県庄内地方でM3.1 石川県能登地方でM2.9

    まず、海外の情報からですが、カムチャッカ半島の南東沖でM5.6の地震が発生しました。昨日のオホーツク海南部の地震の影響ではないかと思います。今後、千島列島から北海道東方沖でも動きが出やすい状況になっていると思われますから、注意していてください。昨日の日本の地震は、福島県沖のM4.1山形県庄内地方のM3.1石川県能登地方のM2.9の3回。このうち、福島県沖と石川県能登地方の地震は、日頃動きが出ている地震の一環です。日頃、動きがないところでの地震は、山形県の地震。震源は、新潟と山形の県境の日本海沿岸部です。日本海側では、北海道の西方沖から秋田県沖にかけて、たびたび動きが出ているのですが、内陸から少し離れているのと、規模が小さめなため、なかなか有感地震にはなりません。今回は、そういった動きの中で、沿岸付近の日頃...福島県沖でM4.1山形県庄内地方でM3.1石川県能登地方でM2.9

  • オホーツク海南部でM4.9 駿河湾でM4.4 茨城県北部でM4.2 千葉県北西部でM3.7 大分県中部でM2.1

    昨日の地震の特徴は、震源の深い地震が有感地震となって表れていることです。まず、オホーツク海南部のM4.9の地震ですが、これは、サハリン南端沿岸が震源です。深さは350キロとかなり深い地震で、この地震で揺れたところは、北海道ではなく、青森県三八上北地方です。ですから、崩壊したのは太平洋プレート側で、今後、北海道の深いところで地震が起きた場合、この青森県方面に影響が出てくる可能性が高いということになります。次は、駿河湾のM4.4の地震で、こちらは、震源の深さが230キロ。震源の位置は、静岡県御前崎のすぐ近くの東方沖です。駿河湾から愛知県の沖合にかけては、日頃から震源の深い地震が断続的に起きているのですが、その中の一つが有感地震になったととらえていてください。昨日ブログに書いたところでは、茨城県北部でM4.2の...オホーツク海南部でM4.9駿河湾でM4.4茨城県北部でM4.2千葉県北西部でM3.7大分県中部でM2.1

  • 八丈島東方沖でM6.1 宮城県沖でM4.1 石川県能登地方でM3.5 長野県北部でM1.7

    今回も、まず、海外の情報からですが、今度はチリ沖でM6.1の地震が発生しました。震源の深さは44キロ(USGS発表・他では80キロというものもあります)で、被害などの情報は入ってきていません。日本では、やはり、八丈島東方沖でM6.1の地震が起きました。昨日書いた、伊豆諸島方面の地震が、思った以上に早く反応してきたという感じです。また、長野県北部のM1.7の地震は、一昨日書いた千葉方面の動きの影響によるものだと思われます。宮城県沖のM4.1の地震は、やや岩手寄りの沖合が震源です。東北・関東方面では、福島沖から茨城県北部にかけての動きが活発になってきています。茨城県で揺れてくる可能性があります。石川県能登地方のM3.5は、能登地方から和歌山にかけてのライン上の動きだと思われます。昨日の状況では、やはり、フィリ...八丈島東方沖でM6.1宮城県沖でM4.1石川県能登地方でM3.5長野県北部でM1.7

  • 千葉県東方沖でM3.1 紀伊水道でM2.6

    今回は、まず、海外の情報からですが、フィリピンのルソン島でM7.0の地震が発生しました。震源が浅く、揺れが非常に大きかったようです。また、規模の大きな余震も周辺で数回起きています。現在の情報では、死者5名、負傷者は100名を超えるということです。亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。さらに、チリではM6.2の地震が起きています。震源の深さは100キロ前後で、その分、揺れは小さく感じたかも知れません。現在のところ、被害の状況などは入ってきていません。ニュージーランドの北方沖に当たるエリアでもM5.6を筆頭とする、規模の大きめの地震が集中して起きています。日本では、有感地震は、タイトルの2つだけでした。千葉県東方沖のM3.1と紀伊水道のM2.6です。紀伊水道の方は、昨日書いた能登~和歌山ライン上の地震だと...千葉県東方沖でM3.1紀伊水道でM2.6

  • 岩手県沖でM4.0 宮城県沖で2回 奄美大島近海でM3.0 熊本県天草・芦北地方でM2.4 静岡県東部でM2.1

    昨日は、東北の太平洋沿岸で、中程度よりやや大きめの規模の地震が起きました。岩手県沖でM4.0宮城県沖でM3.9とM2.7の2つの地震です。ただ、岩手県沖の地震は、震源の浅い地震ですから、今までのパターンとは全く違います。通常は、震源の深さ中程度の50キロ前後の深さで起きる、プレート境界型の地震です。地震の質が違うということは、今までとは違う動きになっていると考えた方がいいでしょう。太平洋プレートが内陸部に入り込み、下から押し上げるような力が働いたと考えています。この力が働いたことで、プレートの接触面が動きやすくなっていることが考えられますので、今後も続けて規模の大きめの地震に注意していてください。宮城県沖の地震は、M3.9が宮城県中部の沖合、M2.7は岩手県との県境の沖合が震源ですから、同じ宮城県沖の表記...岩手県沖でM4.0宮城県沖で2回奄美大島近海でM3.0熊本県天草・芦北地方でM2.4静岡県東部でM2.1

  • 沖縄本島北西沖で2回 択捉島南東沖でM4.2 静岡県東部で5回 苫小牧沖でM3.2 日向灘でM3.1 岩手県内陸北部でM3.0 千葉県東方沖でM2.9

    昨日、一昨日とうって変わって、有感地震が12回も発生しました。まず、昨日書いた静岡・愛知・岐阜方面ですが、静岡県東部で有感地震が5回発生しています。内訳は、M3.4M2.52回M2.0M1.7です。昨日書いた細かな動きの中で大きめの規模のものが発せいしたと考えてください。沖縄本島北西沖では、M5.0とM4.6の2回の地震が発生しています。小康状態のあとのやや大きめの揺れという、沖縄方面の特徴的な地震だと思われます。北海道から東北、関東の太平洋側については、択捉島南東沖でM4.2苫小牧沖でM3.2岩手県内陸北部でM3.0千葉県東方沖でM2.9の地震が発生しています。このうち、苫小牧沖の地震の震源は、下北半島の北西沖ですから、青森県東方沖のエリアで起きた地震と考えてください。まだ、規模の小さめの地震なので、こ...沖縄本島北西沖で2回択捉島南東沖でM4.2静岡県東部で5回苫小牧沖でM3.2日向灘でM3.1岩手県内陸北部でM3.0千葉県東方沖でM2.9

  • 茨城県南部でM4.2

    昨日の有感地震は、茨城県南部のM4.2の地震の1回だけです。昨日書いた関東方面から東海にかけての動きによるものと思われます。昨日の状況では、やはり、東海方面で細かな動きが出ています。静岡、愛知、岐阜方面で注意をしていてください。また、九州の中南部沿岸でも、細かな動きが出ています。こちらも注意していてください。東北方面の太平洋側は、一旦、小康状態になっています。ただし、こちらは、以前から書いているように、大きめの揺れに警戒していてください。茨城県南部でM4.2

  • 宮城県沖でM3.9 岩手県沿岸北部でM3.7 有明海でM2.8

    昨日の有感地震は、タイトルの3つです。そのうち、東北の太平洋沿岸部のものが2つでした。東北の太平洋沿岸部の地震は宮城県沖のM3.9と岩手県沿岸北部のM3.7の地震です。想定よりは規模は小さめでしたが、やはり、岩手県沿岸部で動きがありました。ただし、宮城県と岩手県の県境の沖合では、有感地震にはなっていませんが、これと同規模の地震が数回起きていて、かなり動きが活発になっています。ですから、今後は、宮城県から岩手県、そして、青森県東方沖などでも動きが出てくる可能性がありますから、注意をしていてください。もう一つは、有明海のM2.8の地震です。昨日書いた九州の中南部の動きによって起きた地震だと思われます。昨日の状況では、茨城県の南部から、埼玉・東京・神奈川~そして、愛知と、東海方面まで細かな地震が増えてきています...宮城県沖でM3.9岩手県沿岸北部でM3.7有明海でM2.8

  • 青森県三八上北地方でM5.1 最大震度4

    昨日の有感地震は青森県三八上北地方のM5.1だけでしたが、規模の大きめの地震です。震源の深さが90キロと深めだったので、最大震度4で済みましたが、通常の太平洋沿岸部の深さに当たる、震源の深さ50キロであったならば、震度5弱から5強になっていたと思われます。そして、まだ、岩手県方面と北海道の浦河沖方面では、動きが出ていません。今回の地震が引き金になって、規模の大きめの地震が起きる可能性がありますから、注意をしていてください。昨日の状況では、宮城県沖から茨城県沖まで、細かな地震が増えてきています。また、九州の中南部でも、細かな地震が増えてきていますから、こちらでも注意していてください。青森県三八上北地方でM5.1最大震度4

  • 福島県沖で2回 沖縄本島北西沖でM4.4 宮城県沖でM4.0 奄美大島近海でM2.8 石川県能登地方でM2.7 熊本県熊本地方でM2.5

    今回は、海外の情報からですが、ミャンマーのラオスとの国境付近でM5.9の地震が起きました。震源が浅いので、揺れは大きかったのではないかと思われます。詳しい情報は、まだ、入ってきていません。日本での有感地震は、タイトルの7つです。東北の太平洋側の地震では、福島県沖のM4.7とM4.5宮城県沖のM4.0の3回の地震が起きています。福島と宮城の沖合では、このように割と頻繁に地震が起きているのですが、岩手の方は、相変わらず小康状態のままです。また、茨城・栃木の内陸で、少し動きが出てきています。沖縄方面では、沖縄本島北西沖のM4.4奄美大島近海のM2.8お2つの地震がありました。九州まで含めると熊本地方のM2.5の地震も発生しています。沖縄方面では、細かな動きが出ているくらいです。九州方面では、宮崎県沖で少し動きが...福島県沖で2回沖縄本島北西沖でM4.4宮城県沖でM4.0奄美大島近海でM2.8石川県能登地方でM2.7熊本県熊本地方でM2.5

  • 茨城県北部と茨城県沖と鳥取県沖でM3.6 福島県中通りでM2.6

    まず、昨日の動きからですが、今まで内陸で動きが活発だった茨城県で、沖合でも震源の深さ中程度のエリアで動きが出始めています。茨城県北部でM3.6茨城県沖でM3.6福島県中通りでM2.6の地震が起きていて、どれも震源の浅い地震なのですが、この茨城県沖の動きによって揺れてきた地震だと思われます。福島県中通りについては、震源の位置が茨城県北部と近いので、同じ理由による動きだと考えています。鳥取県沖のM3.6の地震は、今まで書いてきたように、南海トラフ方面の力の逃げ道として起きた地震だと思われます。そして、昨日は、ちょっと不思議な動きも起きています。岩手県の沖合から岩手県を通って秋田県まで、震源の浅い地震が、ほぼ同じ時間で一気に動いています。プレートに沿って南北のラインで同時期に起きる地震は多いのですが、この位置で...茨城県北部と茨城県沖と鳥取県沖でM3.6福島県中通りでM2.6

  • 宮城県沖でM4.4 宮古島近海と十勝地方南部でM3.2 胆振地方中東部でM2.7

    昨日は日本での有感地震は、タイトルの4つです。宮城県沖のM4.4の地震は、福島~宮城の沖合エリアの地震。宮古島近海のM3.2の地震は、宮古島のすぐ近くが震源で、震源の浅い地震です。島の近くが震源だったので、揺れを感じたということですね。北海道では、十勝地方南部でM3.2、胆振地方中東部でM2.7の地震がありました。どちらも震源の深さ中程度で、昨日も書きましたが、北海道から東北、関東内陸部にかけて連なって起きている震源の深い地震の影響で起きたものと思われます。北海道の太平洋側に当たる十勝沖、浦河沖から青森県東方沖、岩手県沿岸部でも、震源の深さ中程度のエリアで動きが活発になってきていますから、今後の動きに注意が必要だと思います。一昨日のデータでも、北海道の内陸を横断する形で、震源の深い地震が起きていますし、山...宮城県沖でM4.4宮古島近海と十勝地方南部でM3.2胆振地方中東部でM2.7

  • 秋田県内陸南部でM3.7 熊本県熊本地方でM2.2 兵庫県南東部でM2.0

    昨日も日本では有感地震が3回でした。秋田県内陸南部でM3.7の地震がありましたが、こちらは、震源の深さが140キロと深い地震です。ここ数日、北海道の下部から、この秋田県内陸南部を通って、関東方面に抜ける震源の深い地震のラインでの動きが目立つようになってきています。今回の地震は、その一環だと思われます。熊本県熊本地方のM2.2は、普段地震が起きているところが震源。兵庫県南東部のM2.0の地震は、昨日の大阪府南部との関連があるのではないかと思われます。昨日の動きでは、北海道の内浦湾の北部沿岸でも震源の深い地震が発生していて、北海道から東北関東方面の深い部分の動きが加速しているように感じます。秋田県内陸南部でM3.7熊本県熊本地方でM2.2兵庫県南東部でM2.0

  • 石川県能登地方でM3.4 大阪府南部でM3.2 日向灘でM2.8

    昨日の有感地震は、タイトルの3つだけです。石川県能登地方のM3.4は、普段から動いている能登半島の先端が震源。大阪府南部のM3.2の震源は和歌山寄りで、能登~和歌山のライン上の位置になります。日向灘のM2.8の地震も、安芸灘~日向灘と結んだライン上が震源になります。昨日の動きで顕著なのは、釧路沖~十勝沖~青森県東方沖~岩手県沿岸で連なった動きになっていること。いよいよ、岩手県方面も動き出してきた、ということになります。しばらくの間、顕著な地震が起きていないところですから、今後に警戒していてください。海外でも、昨日は、小休止といった状況です。石川県能登地方でM3.4大阪府南部でM3.2日向灘でM2.8

  • 茨城県沖でM3.9 岩手県沖でM3.8 岩手県沖でM3.7 和歌山県北部で2回

    今回は、まず、世界的な動きからですが、ニュージーランド北方からマリアナ諸島にかけて、ちょうど太平洋プレートの接触部分で、やや大きめの地震がずっと連なっています。太平洋プレートが動き出していると考えていいと思います。日本では、茨城県沖でM3.9、岩手県沖でM3.8、岩手県沖でM3.7と太平洋プレート側で、ほぼ同じ規模の地震が続きました。和歌山県北部のM2.7とM1.8の地震は、昨日書いた和歌山方面の細かな動きの一端だと思われます。昨日の状況では、今回の茨城県沖の地震が起きたエリアで、震源の深さ中程度の地震が頻発していて、今までの福島・宮城方面にあった地震の巣と同様の様相を呈しています。今後、さらに揺れる回数が増えてくると思われます。また、沖縄方面では、宮古島近海で震源の深さ中程度の地震が多くなってきています...茨城県沖でM3.9岩手県沖でM3.8岩手県沖でM3.7和歌山県北部で2回

  • 茨城県北部でM3.7 宮城県沖でM3.3

    今回も海外の情報からですが、南米チリの南部沖でM6.4の地震が起きました。詳しい情報などはまだ入ってきていません。ここ数日、南半球では、大きめの地震が相次いで起きています。日本では、有感地震はタイトルの2つだけでした。茨城県北部のM3.7の地震は、日頃、表記される茨城県北部の地震とは震源の場所が違い、今回は、茨城県の中央部の沿岸が震源です。震源の深さも60キロですから、過去に茨城県沖として起きていたプレート境界型の地震が、沿岸部で発生するようになっているということです。こちらでも震源の位置が西にシフトしてきていることが分かります。宮城県沖のM3.3の地震も、宮城県の北部沖が震源で、今までの宮城県沖の地震が起きていた震源より、北部に寄った場所が震源になっています。昨日の状況では、少し珍しいところで動きが出て...茨城県北部でM3.7宮城県沖でM3.3

  • 石狩地方中部でM4.0 鳥取県中部でM2.5 秋田県内陸南部でM2.4

    今回も海外の情報からですが、バヌアツ近海でM5.8の地震が起きています。南米のベネズエラ沿岸部でもM5.4。南半球側では、大きめの動きが続いています。日本では、石狩地方中部でM4.0の地震がありました。一昨日のデータを見てみると、千島列島から北海道の内陸、そして、北海道の日本海側で、震源の深いやや大きめの地震が多発しています。今回の石狩地方の地震も、震源の深さ140キロですから、この動きの中の一端と考えていいと思います。今後、太平洋沿岸部の震源の深さ中程度のところで動きが出てくる可能性がありますから、注意していてください。秋田県内陸南部のM2.4の地震は、一昨日書いた内容の影響だと思われます。鳥取県中部のM2.5の地震ですが、このエリアの地震は、南海トラフの力の逃げ道になって動きが出てくると思われます。昨...石狩地方中部でM4.0鳥取県中部でM2.5秋田県内陸南部でM2.4

  • 硫黄島近海でM4.8 福島県沖でM3.7 兵庫県南部でM2.9 石川県能登地方でM2.5

    今回も、まず海外の情報からですが、昨日書いたイースター島近海は規模の大きめの余震が続いています。そして、ペルーでも、M5.5の地震を筆頭に、数回、M5レベルの地震が同一震源で起きています。ナスカプレートの動きによる地震ですから、イースター島近海の影響だと思われます。日本では、硫黄島近海でM4.8の地震がありました。昨日のニュージーランド北方の影響か、もしくは、先日の北マリアナ諸島での地震の影響ではないかと思われます。福島県沖のM3.7の地震は、いつもの宮城県と福島県の県境の沖合が震源です。兵庫県南部のM2.9の地震は、瀬戸内海に面した、岡山県との県境が震源です。石川県能登地方のM2.5の地震は、半島の先端部分が震源です。昨日の動きでは、茨城県南部・栃木・埼玉の県境付近で震源の深さ中程度の地震の動きが活発に...硫黄島近海でM4.8福島県沖でM3.7兵庫県南部でM2.9石川県能登地方でM2.5

  • 岐阜県飛騨地方でM3.0 長野県南部で2回

    今回は、まず、海外の情報からですが、南太平洋のイースター島近海でM6.8の地震が発生しました。今のところ津波の影響などはないということです。また、ニュージーランド北方に当たるバヌアツ近海では、最大M5.8の地震の他、同レベルの地震が数回、さらに、トンガでも同様に最大M6.0の地震の他、数回、M5レベルの地震が続いて起きています。ニュージーランド北方の地震に関しては、後に日本に影響が出てくると思われますので、今後の情報に注意していてください。日本では、昨日は、やや小康状態で、岐阜県飛騨地方のM3.0長野県南部のM2.6とM2.3の、規模の小さめの地震が起きています。昨日の動きで特徴的なのは、まず、岩手県と秋田県の県境で、震源の浅い細かな地震が集中して起きていることです。沿岸部の動きが出ていないまま、内陸で地...岐阜県飛騨地方でM3.0長野県南部で2回

  • 福島県沖でM4.1 奄美大島近海でM3.3 有明海でM3.2

    今回は、まず、海外の情報からですが、北マリアナ諸島近海でM5.6の地震が起きています。その関係で、フィリピン海プレートが動いたようで、奄美大島近海でM3.3、有明海でM3.2の有感地震が発生しています。その他、沖縄方面では、列島に沿ったところで、細かな地震が多発しています。福島県沖のM4.1の地震は、動きがずっと続いている宮城県と福島県の県境の沖合エリアで起きた地震です。昨日の状況では、やはり、フィリピン海プレート側の動きが活発になってきたようで、愛媛県の中央部で、もう少しで有感地震になったのではないかと思われる規模の地震が起きています。また、和歌山県周辺でも、細かな地震が急に増えてきていますから、こちらの方でも注意していてください。北海道から岩手県にかけての太平洋側でも、細かな地震が増えてきています。こ...福島県沖でM4.1奄美大島近海でM3.3有明海でM3.2

  • 宮城県沖でM3.3 石川県能登地方で2回 釧路地方中南部でM2.8 鹿児島県大隅地方でM2.0

    昨日の有感地震は5回。小規模のものが多くなりました。その中で一番規模が大きかったものは、宮城県沖のM3.3の地震です。震源の深さは50キロで、宮城県の北部の沖合です。宮城県沖から福島県沖にかけては、ずっと動きが出ているのですが、昨日は、有感地震にはなっていません。石川県能登地方ではM3.1とM2.9の2回の有感地震がありました。M2.9の地震は震源が能登半島の先端。M3.1は、それよりも西側が震源になっています。釧路地方中南部のM2.8の地震は、震源の深さが100キロと深い地震で、一昨日のデータでは、胆振・日高地方で同様の震源の深いところで動きが活発になっています。今後は、浦河沖や青森県東方沖にかけて、揺れてくる可能性があるので、注意していてください。鹿児島県大隅地方のM2.0の地震は、昨日書いた日向灘方...宮城県沖でM3.3石川県能登地方で2回釧路地方中南部でM2.8鹿児島県大隅地方でM2.0

  • 福島県沖と北海道東方沖でM4.4 国後島付近でM4.1 神奈川県東部でM3.9 宮城県沖でM3.5 奄美大島近海でM3.2 沖縄本島近海でM2.9

    まず、海外の情報からですが、北マリアナ諸島近海でM5.8の地震がありました。フィリピン海プレートの接触面での地震だと思われます。また、インド・オーストラリアプレートの境界で規模の大きめの地震が連なって起きています。ニュージーランド北方やインドネシア方面でも動きが活発ですから、今後、日本にも影響が出てくると思われます。日本では、福島県沖でM4.4、宮城県沖でM3.9の地震が起きていて、宮城から福島の沖合で、再び、数多くの地震が起きてきています。また、北海道方面では、北海道東方沖でM4.4、国後島付近でM4.1と、東方で動きが活発になっています。ただ、依然として、北海道の浦河方面から岩手方面にかけては、細かな動きはあるものの、目立った動きはありません。このエリアが危険地帯だと思います。関東では、やはり、東京湾...福島県沖と北海道東方沖でM4.4国後島付近でM4.1神奈川県東部でM3.9宮城県沖でM3.5奄美大島近海でM3.2沖縄本島近海でM2.9

  • 沖縄本島北西沖でM5.0 宮城県沖で2回 石川県能登地方でM3.4 大阪府南部でM3.2

    まず、最初に、地震のことではありませんが、安部元首相のご冥福をお祈り申し上げます。このように命を落とすことは、災害で命を落とすことと同様、非常に悲しく思います。そして、地震の話ですが、昨日は、沖縄方面で再び規模の大きめの地震が起きました。沖縄本島北西沖でM5.0です。一昨日M5.1の地震が起きたところの近くが震源です。宮城県沖では、M4.2とM3.6の2回の有感地震がありました。M4.2の地震は宮城県の中部沖、それに対して、M3.6の地震は、宮城県の北部沖の地震で岩手県に近いところが震源です。プレート内部型の地震は、石川県能登地方のM3.4と大阪府南部のM3.2の地震です。石川県能登地方の震源は、能登半島の先端よりもやや西側が震源の地震です。また、大阪府の地震は、基本的に和歌山県との県境で起きることが多い...沖縄本島北西沖でM5.0宮城県沖で2回石川県能登地方でM3.4大阪府南部でM3.2

  • 福島県沖でM4.4 茨城県北部でM4.0 長野県南部でM2.6

    昨日の有感地震は、タイトルの3つだけです。一昨日の動きの割には、有感地震が少な目でした。ただ、少な目だったということは、今の段階でエネルギーがためられているという考えにもなります。大きめの動きに気をつけてください。福島県沖のM4.4の地震は、今までも何度も起きている宮城県との県境の沖合が震源です。さらに岩手県の沿岸部でも少し動きが出てきています。注意していてください。茨城県北部のM4.0は震源の浅い地震です。最近の動きの傾向とはちょっと違っている地震です。長野県南部のM2.6の地震は、震源が岐阜県との県境付近です。群発地震が起きていたエリアよりも南側と思っていてください。昨日は、沖縄方面で活発な動きになっています。青森県東方沖では、余震とみられる地震が数回起きています。東京湾周辺では、埼玉の下部でやや大き...福島県沖でM4.4茨城県北部でM4.0長野県南部でM2.6

  • 沖縄本島北西沖でM5.1 青森県東方沖でM4.4 父島近海でM4.1 種子島近海でM3.7 北海道南西沖でM3.0 北海道西方沖と富山県西部でM2.3

    昨日一番規模の大きかった地震は、沖縄本島北西沖のM5.1です。沖縄方面の、小康状態のあと規模の大きめの地震が起きるというパターンに当てはまるものだと思います。この後、最近では、台湾付近で大きな動きが出るというパターンになっているようですから、宮古島近海などで注意をしていて下さい。懸念していた青森県東方沖ではM4.4の地震が起きました。思ったよりも規模が小さいものです。震源の位置は下北半島先端の東方沖。ですから岩手県の周辺では、今のところ、全く動きが出ていない状況です。今後、大きめの地震が起きる可能性があるので、岩手県沿岸部では、注意をしていてください。父島近海のM4.1は、太平洋プレートとフィリピン海プレートの接触面の地震です。太平洋プレートの動きによるものと思われます。関東方面では、再び、茨城・千葉と千...沖縄本島北西沖でM5.1青森県東方沖でM4.4父島近海でM4.1種子島近海でM3.7北海道南西沖でM3.0北海道西方沖と富山県西部でM2.3

  • 宮城県沖でM5.4 日高地方東部でM4.8 房総半島南方沖でM4.6 三重県北部でM3.3 滋賀県北部でM3.0 長野県中部で3回

    昨日は、太平洋プレート側でやや大きめの動きがありました。一番規模の大きかったのは、宮城県沖のM5.4で、広い範囲で震度4を観測しています。次は、房総半島南方沖のM4.6と日高地方東部のM4.8の地震です。日高地方の地震は、北海道の下部で起きた震源の深い地震の影響だと思われます。この近くで、もう一つM5に近い規模の地震が起きているのですが、震源が浅かったためか、有感地震にはなっていません。近畿方面では、三重県北部のM3.3と滋賀県北部のM3.0の地震がありました。この2つの地震は、県名が違うのですが、震源の位置はかなり近くなっています。フィリピン海プレートの同じ動きによって起きた地震だと思われます。長野県中部ではM2.8が2回、M2.7が1回と全部で3回の有感地震がありました。震源は、以前、群発地震が起きて...宮城県沖でM5.4日高地方東部でM4.8房総半島南方沖でM4.6三重県北部でM3.3滋賀県北部でM3.0長野県中部で3回

  • 昨日の有感地震は0です

    昨日は、日本での有感地震が0でした。ただ、一昨日のデータでは、千島列島から北海道の内陸部を通って、岩手・宮城まで震源の深い地震が一気に起きています。太平洋プレートが大きく動く可能性があるので、北海道から東北の太平洋沿岸では、しばらく大きめの地震に注意をしていてください。また、昨日の状況では、日本全体で、細かな地震が増えています。特に、四国周辺で今まであまり動きのなかったところでも動きが出ていますから、こちらでも注意をしていてください。海外では、タイの西方沖で、同一震源の集中的な地震が起きています。昨日の有感地震は0です

  • 岩手県内陸南部でM3.7 岩手県沖でM3.4

    昨日は岩手県の内陸と沖合で1回ずつの計2回の有感地震でした。岩手県内陸南部のM3.7は震源の深さが120キロと深い地震でした。岩手県沖のM3.4は、内陸南部の地震の南東方向が震源です。震源の深い地震と震源の深さ中程度の地震は、このような位置関係で起きることが多いと思っていてください。実際には、沖合の地震の方が先に起きていますが、このような連動をしてくるちょうどいい見本だと思います。また、有感地震にはなっていませんが、やはり、紀伊半島の下部や日向灘方面では、動きが出ています。その他では、関東の茨城南部・埼玉・東京周辺で、ギリギリ有感地震にならないくらいの動きが出ていますから、今後、揺れてくる可能性があると思っていてください。岩手県については、内陸で震源の深い地震が起きたにも関わらず、岩手県の北部方面では、目...岩手県内陸南部でM3.7岩手県沖でM3.4

  • 宗谷海峡でM5.9 択捉島付近でM4.7 父島近海でM4.2 岩手県沖でM3.7 栃木県北部でM3.4

    まず、海外の情報からですが、先日書いたイランのペルシャ湾沿岸で再びM6.0の地震が起きました。現在の情報では死者5名、負傷者44名とのことです。亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。日本では、まず、北海道で震源の深い地震が2回発生しています。ひとつは、宗谷海峡のM5.9の地震で、震源の深さは320キロ。もう一つは、択捉島付近のM4.7の地震で、震源の深さは140キロです。宗谷からオホーツク海に関しては、今まであまり目立ってはいませんが、震源の深さ300キロ以上の地震が断続的に起きているところで、今回は、宗谷方面の地震が有感地震になったと思ってください。択捉島付近の地震も、震源の深さ100キロ以上の地震が多く起きているところで、ここから、北海道の内陸部にかけて、ライン状に震源の深い地震が頻発しています。...宗谷海峡でM5.9択捉島付近でM4.7父島近海でM4.2岩手県沖でM3.7栃木県北部でM3.4

  • 宮城県沖でM3.8 伊勢湾でM2.8 石川県能登地方でM2.6 熊本県熊本地方でM2.5

    昨日の有感地震の中で、宮城県沖のM3.8の地震は、昨日書いた岩手県沖と震源が近く、同じエリアの地震だと考えてください。今後、岩手県中部から北部の沖合の地震が起きた場合、規模が大きくなる可能性があります。今は、小康状態ですが、注意をしていてください。また、昨日は、珍しく、伊勢湾でM2.8の地震が起きました。先日書いた「高温現象」の影響で揺れてくるエリアに含まれている地震です。現時点で影響が出ているということは、今後、気を付けておかなければならないエリアということになります。また、石川県能登地方でM2.6熊本県熊本地方でもM2.5の地震が起きています。昨日の状況では、能登半島から和歌山のラインで、同時間帯に一斉に動きが出ています。また、一昨日のデータでは、愛知から伊豆諸島にかけて、震源の深さ300キロ以上の地...宮城県沖でM3.8伊勢湾でM2.8石川県能登地方でM2.6熊本県熊本地方でM2.5

  • 薩摩半島西方沖でM4.4 大隅半島東方沖でM4.3 岩手県沖でM3.9 福島県沖でM3.6 日向灘でM3.4 茨城県南部でM3.0 熊本県天草・芦北地方でM2.9

    今回は、まず、海外の情報からですが、フィリピンの北部沖合でM6.0の地震が発生しています。震源の深さが30キロですから、フィリピン海プレートの接触面での崩壊によるものと思われます。フィリピン海プレートが、少し大きく動いてきているようですから、今後、日本近海のフィリピン海プレート側で、少し大きめの動きが出てくる可能性があると思っていてください。今のところ、被害の情報などは入ってきていません。日本でのフィリピン海プレート側の動きとしては、まず、薩摩半島西方沖でM4.4の地震がありました。今まで、群発地震が起きていたトカラ列島近海の震源よりも北側で崩壊が起きたと思って下さい。また、大隅半島東方沖でもM4.3の地震がありました。表記は大隅半島東方沖ですが、種子島近海と考えた方がいいと思います。フィリピン海プレート...薩摩半島西方沖でM4.4大隅半島東方沖でM4.3岩手県沖でM3.9福島県沖でM3.6日向灘でM3.4茨城県南部でM3.0熊本県天草・芦北地方でM2.9

  • 有明海でM3.7 石川県能登地方で2回 日向灘でM3.1 鹿児島県大隅地方でM3.0

    昨日は九州方面に有感地震が集中しました。有明海のM3.7の地震は、熊本方面の地震と同一だと思ってください。日向灘のM3.1鹿児島県大隅地方のM3.1の地震は、昨日書いた内容で確認してください。九州方面ではない有感地震は、石川県能登地方の地震だけで、M3.7とM3.5の2回の地震が起きています。昨日・一昨日の動きでは、関東方面の動きに注意です。茨城・栃木・埼玉の県境あたりから千葉県の南方沖にかけて、動きが急に活発になってきています。しばらく直接的な動きがないので、少し、大きめの地震も想定に入れていてください。また、昨日書いた「高温現象」についてですが、昨日書いた地域以外にも、愛知・岐阜・三重方面をプラスしておいてください。こちでも、怪しい動きが続いていますから、ひょっとすると、この高温現象と関係があるかも知...有明海でM3.7石川県能登地方で2回日向灘でM3.1鹿児島県大隅地方でM3.0

  • 和歌山県南方沖でM3.3 トカラ列島近海でM3.2 熊本県熊本地方でM2.8

    昨日の有感地震は、タイトルの3つで、すべてフィリピン海プレートの動きによるものです。和歌山県南方沖のM3.3の地震は、昨日の愛知県の地震と連動していると思われます。震源の深さ中程度の地震。また、昨日の愛知県の地震の影響は、震源の北西部に出ていて、岐阜・福井・滋賀・京都方面で細かな地震が多発しています。九州・沖縄方面では、トカラ列島近海のM3.2と熊本県熊本地方のM2.8の地震が起きています。ただ、気を付けておきたいのは、昨日は、台湾付近でM5.0が2回の他、同一震源の地震が多発していて、フィリピン海プレートが大きく動いてくる可能性があります。また、最近になって、愛知や和歌山方面など、南海トラフに関係する地域で、震源の深さ中程度の、プレート接触面で起きる地震が続いていますから、高知や和歌山方面、日向灘から種...和歌山県南方沖でM3.3トカラ列島近海でM3.2熊本県熊本地方でM2.8

  • 薩摩半島西方沖でM4.3 国後島付近でM3.8 宮城県沖で2回 京都府南部でM3.2 愛知県西部でM3.0 トカラ列島近海でM2.5

    昨日は、日本での有感地震が7回ありました。最も規模の大きかったものは、薩摩半島西方沖のM4.3の地震で、震源の深さは160キロと深い地震です。今後、日向灘や種子島近海、場合によっては、高知県の沖合に影響がでてくるかも知れませんから、注意をしていてください。沖縄方面では、トカラ列島近海のM2.5の地震が起きています。北海道から東北の太平洋側では、国後島付近でM3.8宮城県沖でM4.7とM3.7の2回の地震が起きています。いずれも、震源の深さ中程度の地震です。このエリアでは、岩手県の内陸で若干、動きが出ていますから、こちらの方でも注意していてください。近畿方面では、京都府南部でM3.2の地震が起きています。滋賀方面で、少し地震が続きましたが、それと連動する形で起きた地震だと思われます。また、東海では、愛知県西...薩摩半島西方沖でM4.3国後島付近でM3.8宮城県沖で2回京都府南部でM3.2愛知県西部でM3.0トカラ列島近海でM2.5

  • 熊本県熊本地方でM4.7 宮城県沖でM4.0 奈良県でM3.4 トカラ列島近海でM3.1 能登半島沖でM4.0 富山湾でM2.8 石川県能登地方でM2.6

    昨日は、熊本県熊本地方で震度5弱の地震がありました。規模はM4.7ですが、震源が浅かったため、揺れが大きくなったようです。また、能登半島周辺では、地震の震源に広がりが見えます。石川県能登地方の地震はM2.6ですが、能登半島沖の地震がM4.0。富山湾のM2.8の地震も、能登半島のすぐ南側が震源ですから、能登半島地震の一環と考えていいと思います。崩壊する場所が広がっていると考えていていいと思います。2日前にも書きましたが、日本海側の他地域でも、注意をしていてほしいと思います。東北の太平洋側では、宮城県沖のM4.0の地震。奈良県のM3.4の地震は、震源の深さ中程度ですから、フィリピン海プレートが動いてきていると考えてください。沖縄方面ではトカラ列島近海のM3.1の地震が起きています。昨日の熊本地方の地震もそうで...熊本県熊本地方でM4.7宮城県沖でM4.0奈良県でM3.4トカラ列島近海でM3.1能登半島沖でM4.0富山湾でM2.8石川県能登地方でM2.6

  • 沖縄本島近海でM3.6 伊豆大島近海でM3.3 福島県会津でM2.0

    まず、海外の情報からですが、イランのペルシャ湾沿岸で再びM5.6の地震がありました。震源が浅かったので、揺れが大きかったと推測されていますが、詳しい情報はまだ入ってきていません。日本では、沖縄本島近海Mで3.6、伊豆大島近海でM3.3の地震がありました。いずれも、フィリピン海プレートがらみの地震です。福島県会津ではM2.0の地震がありました。一昨日のデータでは、震源の深い地震が北海道から東北の日本海側寄りで起きています。その関係だと思われますが、岩手県の沿岸部の震源の深さ中程度のエリアで、少し変わった動きが出ていますから、注意していてください。同様に、ちょうどフォッサマグナに沿うように震源の深い地震が連なって起きています。茨城・栃木・埼玉方面に影響が出てくるかも知れません。震源の深い地震は、台湾の北東部で...沖縄本島近海でM3.6伊豆大島近海でM3.3福島県会津でM2.0

  • 与那国島近海でM5.6 奄美大島近海でM2.8 能登半島沖でM2.3

    まず、海外の情報からですが、南太平洋で、M5.8、M5.7、M5.6と、規模の大きめの地震が発生しています。与那国島近海でも、M5.6の地震が発せしていて、こちらは、台湾の東方沖と考えていいと思います。フィリピン海プレートの台湾付近では、まだ、動きが続いているようで、一昨日のデータでも、震源の浅い地震から深い地震まで、台湾の東部沿岸に集中しています。奄美大島近海のM2.8の地震は、規模はやや小さめでしたが、島の近くが震源なので有感地震になったと思ってください。このレベルの地震は近海で多数起きているのですが、島から少し離れると揺れを感じないので有感地震にならないと思っていてください。また、能登半島沖のM2.3の地震は、地図で見る限りは内陸が震源になっているように見えます。石川県能登地方の地震と同じと考えてく...与那国島近海でM5.6奄美大島近海でM2.8能登半島沖でM2.3

  • 岩手県沖でM3.7 福島県沖でM3.6 高知県中部でM3.5 奄美大島近海でM3.2 石川県能登地方でM3.1 茨城県南部でM2.9 宮崎県北部山沿いでM2.8 群馬県北部でM2.5

    昨日は、中規模以下の有感地震が8回ありました。北海道から関東の太平洋側では、岩手県沖でM3.7、福島県沖でM3.6、茨城県南部でM2.6です。このエリアに関しては、再び、震源の深い地震が内陸の中央部を縦断する形で起きていますから、今後も同様に揺れてくる可能性があると思っていてください。日本の中央内陸部では、石川県能登地方でM3.1、群馬県北部でM2.5の地震が起きています。群馬県の地震は、栃木県との県境付近が震源です。一昨日のデータで震源が深い地震が起きているエリアで揺れています。そして、気になる地震は、高知県中部のM3.5。日向灘の震源の深さ中程度の深さの地震の影響で動いてきたと思われます。個人的には、瀬戸内海から中国地方にかけて、震源の深い地震が起きたときに、南海トラフに影響が出てくるのではないかと想...岩手県沖でM3.7福島県沖でM3.6高知県中部でM3.5奄美大島近海でM3.2石川県能登地方でM3.1茨城県南部でM2.9宮崎県北部山沿いでM2.8群馬県北部でM2.5

  • 西表島付近でM4.4 福島県沖で2回 福島県中通りでM3.4 石川県能登地方で2回

    今回は、まず、海外の情報からですが、アフガニスタンのパキスタン国境付近でM5.9の地震が発生しました。震源の深さは10キロと浅く、揺れが大きかった模様です。ニュースでは、死者1000人を超えるということでした。亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。日本では、有感地震は全部で6回。一番規模の大きかったものは、西表島付近のM4.4で、台湾の東方沖と考えてもいいと思います。先日の台湾の地震からの流れで起きた地震だと思われます。福島県沖ではM4.0とM3.5。石川県能登地方では、M3.0とM2,9の地震が地震がそれぞれ起きています。ただ、昨日の地震で注意しておきたいのは、福島県中通りのM3.4の地震。震源の深さが110キロと深い地震です。さらに、有感地震にはなっていませんが、栃木と東京西部でも、福島県の地震と...西表島付近でM4.4福島県沖で2回福島県中通りでM3.4石川県能登地方で2回

  • 父島近海でM6.2 沖縄本島北西沖で3回 石川県能登地方でM4.2 福島県沖でM3.9 滋賀県北部でM3.5 紀伊水道でM3.2 大阪湾でM3.1 長崎県南西部と奄美大島近海でM2.9

    気になる能登方面の地震ですが、昨日の有感地震は、石川県能登地方のM4.2の地震が1度だけです。ただ、昨日書いた能登地方から和歌山県周辺のライン上では、動きが出ていて、滋賀県北部でM3.5紀伊水道でM3.2大阪湾でM3.1の地震が起きていますが、これは、すべてライン上の地震です。昨日の動きでも、かなり活発に動いているようですから、今後も、揺れてくる可能性があると思っていてください。また、昨日書いた台湾東部沿岸の地震の影響だと思われる地震も起きています。沖縄本島北西沖でM4.5、M4.4、M4.3の地震が比較的、短い時間内に連続で発生しました。もしかすると、奄美大島近海のM2.9の地震も、その影響なのかも知れません。また、父島近海でM6.2という規模の大きな地震が発生しています。太平洋プレートとフィリピン海プ...父島近海でM6.2沖縄本島北西沖で3回石川県能登地方でM4.2福島県沖でM3.9滋賀県北部でM3.5紀伊水道でM3.2大阪湾でM3.1長崎県南西部と奄美大島近海でM2.9

  • 石川県能登地方で7回 震度5強 宗谷地方北部で5回 滋賀県北部でM3.7 奄美大島近海と広島県北部でM3.0 福島県会津でM2.0

    一昨日に引き続き、昨日も石川県能登地方で震度5強の地震がありました。その他、余震も続いています。地震の内訳は、M5.0(震度5強)M4.2M3.5M2.92回M2.4M2.2となっています。震源は、能登半島の先端部分です。また、宗谷地方北部でも群発地震のような状況になっています。地震の内訳は、M4.4M2.7M2.5M2.3M2.1です。石川県能登地方の地震と宗谷地方の地震を合わせて考えると、震源の深い地震によって下に入り込んだ太平洋プレートの浮力がかかり、石川方面や宗谷方面の近くを押し上げてきているのではないかと思われます。もしも、この動きになっているなら、今後、石川県の南部や福井・京都・大阪方面でも、大きめの動きが出てくる可能性があります。特に、能登半島に近い加賀地方は注意が必要です。そして、この能登...石川県能登地方で7回震度5強宗谷地方北部で5回滋賀県北部でM3.7奄美大島近海と広島県北部でM3.0福島県会津でM2.0

  • 沖縄本島近海で2回 石川県能登地方で9回 最大震度6弱 択捉島南東沖でM4.7 茨城県北部で2回 沖縄本島北西沖でM4.1 岩手県沖で2回 その他有感地震4回

    昨日の予想では北海道・関東方面で大きめの地震があるとしていましたが、実際には、震源の深い地震が起きていた北陸地方で直接大きな地震がありました。石川県能登地方で、最大震度6弱の地震が発生しました。幸い死者は確認されていませんが負傷者5名と報道されています。余震も数多く起きていて、起きた地震の内訳はM5.2(震度6弱の地震)M3.32回M3.02回M2.9M2.82回M2.5となっています。ところが、この地震より規模の大きな地震が発生しています。それが沖縄本島付近です。沖縄本島近海でM5.7、M5.3、M3.1沖縄本島北西沖でM4.1となっています。震源が浅く、島から少し離れたところが震源ですから、揺れ自体はそれほど大きくなかったのですが、もしも、この規模の地震が陸地で起きていたら、今回の能登半島の地震よりも...沖縄本島近海で2回石川県能登地方で9回最大震度6弱択捉島南東沖でM4.7茨城県北部で2回沖縄本島北西沖でM4.1岩手県沖で2回その他有感地震4回

  • 有感地震は0

    昨日は珍しく、日本での有感地震はありませんでした。ただ、海外の状況では、太平洋をグルっと取り囲む地域で、M5レベルの地震が、日頃よりも多く起きています。また、3日前に書いたイランのペルシャ湾沿岸部でもM4.9の地震が起きています。そして、一昨日のデータですが、北海道の中央部から北部にかけてと、関東・北陸・東北南部にかけて、震源の深い地震が一気に発生しています。ですから、北海道の太平洋沿岸部と福島・茨城・千葉方面では、再び、規模の大きな地震が起きる可能性があります。注意していてください。有感地震は0

  • 福島県沖でM4.8 青森県東方沖でM4.2 沖縄本島近海でM3.6 奄美大島近海でM3.3

    昨日の有感地震は、東北の太平洋側と沖縄方面だけした。東北の太平洋側では、福島県沖でM4.8青森県東方沖でM4.2の2つの地震がありました。青森県東方沖の地震は、震源が浅い地震。それに対し、福島県沖の地震は震源の深さ中程度の地震で、震源は、宮城県と福島県の県境の沖合での、動きが活発なところの南側。沖縄方面では、沖縄本島近海のM3.6奄美大島近海のM3.3の2つの有感地震です。一昨日のデータでは、若狭湾の沖合と伊豆諸島近海で、震源の深さ300キロ以上の地震が起きていますから、今後も太平洋プレートが動いてくる可能性が高いと思われます。その一昨日の状況でみると、長野県と岐阜県の県境で震源の深い地震が起きています。ですから、東京湾付近で少し動きが出てくる可能性があると思っていてください。また、愛知県で、震源の深さ中...福島県沖でM4.8青森県東方沖でM4.2沖縄本島近海でM3.6奄美大島近海でM3.3

  • 徳島県南部でM4.8 宮城県沖でM4.1 福島県沖でM3.8 石川県能登地方でM2.5

    昨日は、徳島県南部でM4.8の地震がありました。震源の深さ50キロですから、プレート境界型の地震だと思われます。最大震度は4でした。東北から関東の太平洋側では、宮城県沖でM4.8、福島県沖でM3.8の地震がありました。今まで動きが止まっていた福島県の中央部の沖合でも動きが出てきています。石川県能登地方では、M2.5の地震が起きています。今回の徳島県南部の地震ですが、紀伊水道で起きていた地震が、西にシフトして起きたように思います。同様に、四国と九州の間、日向灘方面でも、宮崎県の沿岸に寄ったところで、細かな動きが発生しています。沖縄方面を含め、紀伊半島・四国・九州方面では、これから、同じ地震の規模でも、震度が大きくなってくるのではないかと思います。注意していてください。徳島県南部でM4.8宮城県沖でM4.1福島県沖でM3.8石川県能登地方でM2.5

  • 石川県能登地方でM4.0 紀伊水道と大阪府北部でM3.0

    昨日の海外の情報ですが、イランのペルシャ湾沿岸でM5.5以下、数回に渡って地震が続いています。また、アメリカの西海岸、オレゴン州沖でもM5.6の地震が発生しています。日本では、石川県能登地方でM4.0の地震がありました。今回は、半島の先端付近が震源です。紀伊水道のM3.0の地震は、震源の深さが中程度のエリアで起きた地震です。この影響だと思いますが、大阪府北部でM3.0の地震も起きています。有感地震になったのは、この大阪府北部だけですが、それ以外のやや規模の小さめの震源の浅い地震は、兵庫県にかけて集中して起きています。一昨日のデータでは、伊豆諸島近海で、同一震源による地震が起きている場所があります。また、沖縄方面では、宮古島近海で2回、奄美大島の北西沖で1回、震源の深い地震が起きていますから、今後、沖縄方面...石川県能登地方でM4.0紀伊水道と大阪府北部でM3.0

  • 豊後水道でM4.1 青森県東方沖と宮城県沖で2回ずつ 和歌山県北部でM3.0 紀伊水道でM2.4

    今回も、まず海外の情報からですが、パプアニューギニアでM5.6の地震が起きています。ただ、この地震、震源の深さが180キロと深い地震です。また、昨日は、中国内陸部からアラビア半島にかけて、やや大きめの動きが集中しました。今までの動きとは、傾向が異なっています。ですから、一つは、太平洋プレートのどこかでエネルギーが蓄積されているところがあるかも知れないということ。もう一つは、今までに動きのなかったところで、急に動き出す可能性があること。もちろん、日本近海で起きることも考えられますから、注意していてください。昨日の日本の状況ですが、太平洋側では、青森県東方沖でM3.6とM3.3宮城県沖ではM4.2とM3,6の有感地震が起きています。宮城県沖の地震は、いずれも、岩手県寄りの北部海上が震源です。青森県東方沖、宮城...豊後水道でM4.1青森県東方沖と宮城県沖で2回ずつ和歌山県北部でM3.0紀伊水道でM2.4

  • 西表島付近でM4.5 豊後水道でM3.8

    昨日の有感地震は、タイトルの2つだけです。西表島付近でM4.5の地震がありました。一昨日のデータを見ると、台湾の南方でやや大きめの動きが起きていますから、その関係で揺れてきたのではないかと思います。豊後水道のM3.8は昨日書いた高知沖の動きの影響ではないかと思います。昨日の動きですが、太平洋側で、ちょっと変わった動きになっています。日本の下部に入り込んでいる太平洋プレートが、ぐっと浮き上がるような動きをしているのではないかと思うのですが、北海道の太平洋側の沖合から東北・関東の太平洋側の沖合で、震源の浅い、細かな地震がグルっとプレート境界を取り囲むように起きています。ちょっと不思議な動きです。また、東北の沖合の震源の深さ中程度のラインでは、今まで宮城県寄りで活発に動いていましたが、再び、福島県沖に細かな地震...西表島付近でM4.5豊後水道でM3.8

  • 福島県沖で3回 宮城県沖でM4.4 日高地方東部でM3.8 石川県能登地方で2回 長野県北部でM2.7

    昨日は福島県沖で比較的規模の大きめの地震が起きました。福島県沖の地震は3回起きていて、それぞれM5.1M4.3M4.1です。このうち、M5.1とM4.1は、宮城県との県境付近の沖合が震源。M4.3は、やや南側の茨城県寄りの沖合が震源です。さらに、宮城県沖のM4.4の地震は、岩手県寄りの沖合が震源ですから、東北の太平洋側では、岩手県と宮城県の県境の沖合、宮城県と福島県の県境の沖合、福島県中南部の沖合の3か所で、やや大きめの崩壊が起きたと考えてください。このうち、一番動きが活発なのは、宮城県と福島県の県境の沖合です。また、日高地方東部でM3.8の地震がありました。一昨日の浦河沖の動きの影響だと思われます。石川県能登地方ではM3.5とM3.2の2回、長野県北部ではM2.7の地震が起きています。一昨日のデータでは...福島県沖で3回宮城県沖でM4.4日高地方東部でM3.8石川県能登地方で2回長野県北部でM2.7

  • 福島県沖でM4.1 宮城県沖でM3.8 石川県能登地方でM3.0 福島県会津と栃木県北部でM2.2

    今回も、海外の情報からですが、昨日は、南半球に比較的大きな動きが集中しました。ニュージーランド近海でM5.6ニュージーランドの南方、南極付近でM5.7大西洋のブラジルの東方、中央海嶺付近でM5.6が2回、M5.1が1回、その他、数回の余震が発生しているようです。日本では、太平洋側で、福島県沖のM4.1宮城県沖のM3.8の2回の有感地震。北陸では石川県能登地方のM3.0東北・関東の内陸部では福島県会津でM2.2栃木県北部でM2.2の有感地震が発生しています。茨城県北部で、震源の深さ中程度の地震が発生していることから、今まで、茨城県北部で起きていた震源の浅い地震が、福島県会津や栃木県北部にシフトして揺れだした可能性があると思っていてください。もし、この状況であれば、今後、福島・栃木の県境付近で、今までよりも地...福島県沖でM4.1宮城県沖でM3.8石川県能登地方でM3.0福島県会津と栃木県北部でM2.2

  • 浦河沖でM4.8

    昨日の有感地震は、タイトルの一つだけです。世界的にも、それほど大きな動きはありませんでした。浦河沖のM4.8の地震は、北海道から岩手県沿岸部の範囲で起きた地震です。ただ、この位置では珍しく、震源の深さが80キロと普段の地震よりも震源が深くなっています。昨日の日本の状況は、今までよりも規模の小さい地震が、日本全国に広がっていると考えてください。どこでも地震が起きやすい状況ですが、規模はやや小さめで推移するものと思われます。その中で、やはり、今回のM4.8の地震が起きている北海道の太平洋側から東北北部の沿岸部にかけては、規模の大きめの地震が起きやすいと思っていてください。また、沖縄方面でも、動きが活発になってきていますから、注意が必要です。浦河沖でM4.8

  • 宮城県沖でM4.2 福島県沖でM4.0 紀伊水道でM3.7 石川県能登地方でM3.5 千葉県北西部でM3.1 福岡県北西沖でM2.7

    まず、海外の情報からですが、昨日はチベットの東方でM5.9とM5.6の地震が、ほぼ同一震源で起きています。いずれも震源の浅い地震で、震源の近くではかなり揺れたのではないかと思われますが、被害の情報などは入ってきていません。日本では、宮城県沖でM4.2の地震がありました。昨日のM4.4の地震よりも南側が震源です。福島県沖のM4.0は昨日と同様、宮城県との県境の沖合が震源です。紀伊水道のM3.7の地震は、震源の深さが中程度ですから、フィリピン海プレートとの接触面で起きた地震だと思われます。石川県能登地方のM3.5、福岡県北西沖のM2.7の地震は、いずれも震源の浅い地震で、日本海側の動きによるもの。昨日書いた若狭湾沖の震源の深い地震の影響ではないかと思われます。千葉県北西部のM3.1の地震は、震源の深さ中程度。...宮城県沖でM4.2福島県沖でM4.0紀伊水道でM3.7石川県能登地方でM3.5千葉県北西部でM3.1福岡県北西沖でM2.7

  • 宮城県沖でM4.4 福島県沖でM4.2 与那国島近海でM3.8

    まず、海外の情報からですが、ブラジルのペルーとの国境付近でM6.5の地震が発生しました。ただ、震源の深さが600キロ以上とかなり深い震源だったため、被害はないという事でした。また、インドネシアのスラウェシ島近海でM5.8の地震も発生しました。こちらは、震源の深さが20キロと浅かったのですが、現在のところ、被害などの情報はありません。日本では、宮城県沖でM4.4、福島県沖でM4.2の地震がありました。福島県沖の地震は、宮城県寄りの地震で、ギリギリ福島県沖の表記になっていると思ってください。宮城県沖の活発に動きが出ているところが震源です。宮城県沖の地震は、それとは震源が離れていて、こちらは岩手県寄りになります。太平洋側の動きで考えると、少し震源が北上してきているように思います。与那国島近海のM3.8の地震は、...宮城県沖でM4.4福島県沖でM4.2与那国島近海でM3.8

  • 石垣島北西沖でM5.2 千葉県南東沖でM4.1 山口県東部でM4.0 石川県能登地方でM2.6 京都府南部でM2.4

    昨日の有感地震ですが、まず、石垣島北西沖でM5.2の地震がありました。震源の深さは190キロと深い地震です。フィリピン海プレートとの接触面で起きた地震だと思われます。今後、沖縄本島近海で動きが出てくる可能性があるので、注意していてください。千葉県南東沖ではM4.1の地震がありましたが、ほぼ同時期に東京や埼玉方面でも、有感地震になっていない動きが震源の深さ中程度のエリアで起きています。細かい地震の中でも、やや規模が大きめですから、今後、有感地震になる可能性があります。昨日書いた震源の深い地震によって、さらに、接触面が西にシフトしたと考えていてください。山口県東部のM4.0は広島との県境に近い瀬戸内海沿岸が震源です。石川県能登地方のM2.6はいつもの半島の先端付近での地震です。京都府南部のM2.4の地震は、今...石垣島北西沖でM5.2千葉県南東沖でM4.1山口県東部でM4.0石川県能登地方でM2.6京都府南部でM2.4

  • 沖縄県北西沖でM3.9 福島県沖でM3.6 熊本県天草・芦北地方でM2.7

    昨日の有感地震は、タイトルの3つだけでした。沖縄県北西沖のM3.9は、今まで地震が断続的に起きていたところが震源です。福島県沖のM3.6の地震は、震源が宮城県寄り。熊本県天草・芦北地方のM2.7も、今まで有感地震が発生していたところが震源です。世界的には、やはりニュージーランドの北方海域で、比較的大きめの規模の地震が続いていますし、インドネシア方面でも同様にM5クラスの地震が数回起きています。一昨日のデータでは、愛知・三重の沖合で、震源の深さ300キロ以上の地震が2回起きています。この深さであれば、フィリピン海プレートとその下に沈み込んでいる太平洋プレートとの接触面で起きた地震だと思われます。したがって、太平洋プレートかフィリピン海プレートか、どちらかに影響が出てくる可能性が高いと思ってください。太平洋プ...沖縄県北西沖でM3.9福島県沖でM3.6熊本県天草・芦北地方でM2.7

  • 福島県沖でM3.9 日向灘でM3.4

    今回も海外の情報からですが、アリューシャン列島の中央付近でM6.3の地震が発生しました。震源の深さは100キロ。ここで地震が起きると、カムチャッカ半島や千島列島、北海道東方沖などに影響が出やすくなります。北海道の東方では注意が必要です。また、一昨日の状況では、北海道から北陸にかけての日本海側、サハリン西方沿岸~留萌沿岸~積丹半島近海~奥尻島近海~青森県西方沖~秋田県沖~石川県能登地方のラインで、細かな地震が連なって起きています。場合によっては、こちらの方に影響が出てくるかも知れません。昨日の有感地震は、福島県沖のM3.9と日向灘のM3.4の2つの地震が起きています。日頃、動きのある場所が震源になっています。東北方面では、やはり宮城県沖に動きがシフトしているようです。今後の岩手県沿岸や青森県東方沖で大きめの...福島県沖でM3.9日向灘でM3.4

  • 八丈島東方沖でM4.7 釧路地方中南部でM3.4 日向灘でM3.0

    今回も海外の情報からですが、ちょうどニュージーランドを挟むような形で、ニュージーランドの北方沖でM6.2、ニュージーランドの南方沖でM6.4の地震が起きています。この中間に当たるニュージーランドで、今後、大きな地震が発生する可能性があります。日本でも八丈島東方沖でM4.7の地震が起きていますから、太平洋プレートが動いてくる可能性があります。その動きの中で気になっているのは福島県沖です。昨日の動きは宮城県沖に集中していて、福島県沖では、目立った動きはありません。5月23日に震度5弱の地震が起きたときも、これと似た状況になっていますから、今後、福島・茨城方面や岩手方面で警戒していてください。北海道の動きでは、釧路地方中南部でM3.4の地震がありました。有感地震になったのは、この1つだけですが、有感地震になって...八丈島東方沖でM4.7釧路地方中南部でM3.4日向灘でM3.0

  • 沖縄本島北西沖で4回 石川県能登地方で2回 岩手県沖でM3.3 日向灘でM2.6

    今回は、まず、海外の情報からですが、太平洋を取り巻く地域で一気に大きめの地震が起きました。日本も含め、アリューシャン列島、アラスカ、中南米、ニュージーランドの北方沖、インドネシアでM4.5~M5.9の地震が発生ししています。その中でも、最も規模が大きかったのが沖縄本島北西沖のM5.9で、それ以外にもM4.1、M4.0、M3.7と4回の有感地震が起きています。石川県能登地方でも、M4.0とM2.9の2回。ただ、能登地方では、昨日も有感地震が起きていますから、まだ、断続的に地震が続いていると思っていてください。こちらの地震は、昨日書いた日本海側の動きが集約されたような状況になっています。また、やはり岩手県沖でも動いていました。規模はM3.3です。日向灘でもM2.6の地震が起きていますが、この影響で九州の西方で...沖縄本島北西沖で4回石川県能登地方で2回岩手県沖でM3.3日向灘でM2.6

  • 福島県沖と石川県能登地方で2回 京都府南部でM3.4 富山県東部でM2.7

    昨日は、福島県沖でM4.3とM3.9石川県能登地方でM3.4とM3.0と、どちらも2回ずつ有感地震が発生しています。福島県沖は、太平洋プレートの動き、能登地方は、茨城・千葉方面の動きの影響によるものと思われます。京都府南部のM3.4の地震は、昨日書いたライン上の地震。富山県東部のM2.7の地震も、震源は岐阜・長野との県境で、群発地震帯のすぐ近くの地震ですから、昨日書いたライン上の地震だと思ってください。海外では、フィリピンの東海上で、比較的、規模の大きめの地震が続いています。フィリピン海プレートの南西部での動きです。ですから、今後、フィリピン海プレートでの動きが強くなってくる可能性が高いです。基本的には、プレートの対岸側が動きやすくなりますから、関東方面から、千葉県の南方沖で動きやすくなっていると思ってい...福島県沖と石川県能登地方で2回京都府南部でM3.4富山県東部でM2.7

  • 日高地方西部でM4.3 茨城県南部でM4.2 宮城県沖でM4.1 沖縄本島北西沖でM3.7 茨城県沖でM3.6 岐阜県飛騨地方でM2.7 茨城県北部でM2.5

    今回は、まず、海外の情報からですが、中国四川省でM5.9の地震がありました。震源が浅く、震源付近では揺れが強かったようです。4人が死亡、14人がケガという情報が入ってきています。亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。日本では、太平洋側で動きが活発でした。日高地方西部のM4.3の地震は、震源の深さが100キロの深い地震でした。釧路でも揺れを感じました。昨日の段階では、もう少し震源の浅い海上での地震と予測していたのですが、内陸に寄った分、震源が深くなったようです。東北から関東にかけては、茨城県南部でM4.2宮城県沖でM4.1茨城県沖でM3.6茨城県北部でM2.5の地震が起きました。茨城県北部の地震は、震源が浅かったのですが、それ以外は、震源の深さ中程度の、プレート接触面での地震です。昨日の動きでは、やはり、岩手...日高地方西部でM4.3茨城県南部でM4.2宮城県沖でM4.1沖縄本島北西沖でM3.7茨城県沖でM3.6岐阜県飛騨地方でM2.7茨城県北部でM2.5

  • 茨城県南部と福島県沖でM3.6 石川県能登地方でM3.2 熊本県熊本地方でM2.9 兵庫県南部でM2.6

    まず、一昨日のデータからですが、千島列島から日高方面を通り、さらに青森県から秋田県を通って埼玉・群馬に達するラインで、震源の深い地震が発生しています。この関係だと思われますが、北海道では、有感地震にはなっていませんが、十勝沖でかなり規模の大きな地震が起きています。昨日、茨城県南部と福島県沖でM3.6の地震がありましたから、太平洋プレートが動きやすくなっていると思われます。今後、十勝から浦河~青森県東方沖~岩手県沿岸部で揺れてくる可能性があるので、注意していてください。また、同様の動きが、昨日・一昨日にかけて九州南部から沖縄本島にかけても起きています。昨日ブログに書いた熊本県の動きは、その関係で発生したのではないかと思われます。昨日も熊本地方でM2.9の地震が起きていますから、今後、日向灘方面から沖縄本島方面にか...茨城県南部と福島県沖でM3.6石川県能登地方でM3.2熊本県熊本地方でM2.9兵庫県南部でM2.6

  • 福島県沖でM4.0 熊本県熊本地方でM3.8

    昨日の有感地震は、タイトルの2つだけでした。福島県沖のM4.0は、依然として動きが活発な宮城県との県境の沖合が震源です。熊本県熊本地方のM3.8は、この周辺地域の地震としては、震源が内陸側です。昨日の動きでは、岐阜から愛知~三重~奈良~和歌山とフィリピン海プレートに沿った形で、震源の深さ中程度の地震が起きています。それと同時に、このラインの北西側で震源の浅い細かな地震が起きていますから、2,3日の間は、このラインに沿った地域で注意が必要です。また、千葉県の南方沖でも動きが活発です。太平洋プレートが下部に入り込んだことで、日本海側の地域を上に押し上げるような動きが出ているようで、青森県の西方・秋田県沖などでも、細かな地震が見られます。ひょっとすると、揺れてくるかも知れません。注意していてください。福島県沖でM4.0熊本県熊本地方でM3.8

  • 茨城県沖でM5.4 父島近海でM4.9 福島県沖でM4.2

    昨日は、いずれも太平洋プレート側の動きによる地震でした。茨城県沖のM5.4は一昨日書いた内容で確認してください。内陸ではなく沖合だったため、震度は4で済みましたが、内陸が震源であれば、震度5に達していた地震だと思います。父島近海のM4.9も一昨日書いた千葉県南方沖の延長上で起きた地震です。福島県沖のM4.2の地震は、今までずっと動いてきている宮城県との県境の延長上の沖合で起きた地震です。昨日の動きでは、まだ、太平洋プレート側で全体的に動きが出ていますから、注意していてください。徳島・和歌山まで含む紀伊水道周辺でも、震源の深さ中程度の地震が起きています。昨日も書きましたが、フィリピン海プレートに沿った地域でも、注意が必要です。茨城県沖でM5.4父島近海でM4.9福島県沖でM4.2

  • 日本での有感地震はありません

    昨日は、日本の有感地震はゼロ。ただ、ニュースで話題になっていて知っている方もいらっしゃると思いますが、カムチャッカ半島のベズィミアニイ火山で大規模な噴火がありました。昨日の状況では、三重~和歌山~日向灘~種子島近海と、ほぼ同時期に、フィリピン海プレートに沿って震源の深さ中程度の地震が起きています。ですから、フィリピン海プレートに沿って揺れてくる可能性があります。また、それと合わせて、このラインの北西部で震源の浅い地震が発生する可能性がありますので、注意していてください。日本での有感地震はありません

  • 福島県沖でM4.8 長野県中部で2回 熊本県熊本地方でM2.2

    まず、海外の情報からですが、昨日書いたニューカレドニアの地震の震源よりさらに西の東チモール近海でM6.2の地震が起きました。家屋の揺れはあったようですが、被害の状況などは、まだ分かっていません。日本では、福島県沖でM4.8の地震がありました。震源は、宮城県寄りの今までの地震の震源と近いところです。長野県中部ではM3.5とM2.4の2回の地震がありました。震源は、昨日書いた地震とほぼ同一です。熊本県熊本地方でもM2.2の地震がありました。有感地震になったのはしばらくぶりですが、日頃から細かな地震の起きていたところです。昨日の状況ですが、震源の深い地震が東京・山梨と2か所で起きていて、茨城県・埼玉県・千葉県の南方沖にかけて、ライン状に細かな地震が連なっています。場合によっては、少し大きめの規模の地震が起きるかもしれ...福島県沖でM4.8長野県中部で2回熊本県熊本地方でM2.2

  • 岩手県沖でM3.4 茨城県北部でM3.1 岐阜県美濃東部でM2.9 長野県中部でM2.5

    まず、海外の情報からですが、南米ペルーでM7.2の地震がありました。震源の深さが210キロと深く、気象庁の情報では津波の心配はないとのことでした。被害の状況などは、まだ、分かりません。ニューカレドニアの東方沖でもM6.4の地震がありました。こちらは、震源の浅い地震です。さらに、南太平洋上でもM6.2の地震が起きました。こちらも震源の浅い地震です。今まで、太平洋プレートの西方で地震が相次いでいましたが、昨日は、東・南で地震が発生したと考えていいのではないかと思います。当然、今後は、逆のパターンも考えられますから、南米方面の動きも視野に入れておいてください。日本では、タイトルの有感地震が4回起きています。まず、動きがあった岩手県沖でM3.4の地震が起きました。震源の深さは中程度。有感地震にはなっていませんが、同様の...岩手県沖でM3.4茨城県北部でM3.1岐阜県美濃東部でM2.9長野県中部でM2.5

  • 石川県能登地方でM3.5 滋賀県北部でM2.9

    昨日の有感地震は、タイトルの2つだけでした。石川県能登地方のM3.5は、今まで続いている群発地震の流れ。ただ、滋賀県北部のM2.9の地震は、少し気になる地震で、通常、この地域では震源の浅い地震になりますから、この位置で、震源の深さ40キロというのは、かなり珍しい地震だと思ってください。太平洋プレートの動きで、震源の深い地震が続いているため、その影響で、フィリピン海プレートもずれ始めたという地震です。有感地震にはなっていませんが、同様の、震源の深さ中程度の地震は、三重県でも起きています。ここが同一ラインではないかと思われます。その他の動きでは、福島県沖で活発に動いていた太平洋側ですが、この動きが北部にシフトしてきています。北海道の沖合から、岩手方面にかけて新たな動きが出始めていますし、今までの福島県沖の動きが、そ...石川県能登地方でM3.5滋賀県北部でM2.9

  • 根室半島南東沖と福島県沖でM4.0 千葉県北西部でM3.5 和歌山県北部でM3.0 石川県能登地方で4回 伊豆大島近海でM2.5 トカラ列島近海でM2.4

    昨日は、石川県能登地方で、地震が数回続きました。内訳はM3.3M2.7M2.6が2回です。このうち、3回は半島の先端部分が震源で、M3.3だけが、先端よりやや西方が震源になっています。また、比較的規模の大きめのものは、根室半島南東沖のM4.0福島県沖のM4.0の地震です。このうち、福島県沖の地震は、震源が深めの90キロで、23日に書きましたが、こちらも陸地に近いところが震源になっています。千葉県北西部のM3.5は、今までの千葉県北西部の地震よりやや北西寄りが震源ですが、震源の深さが50キロと、今までのものより浅くなっています。和歌山県北部ではM3.0の地震が起きています。周辺地域では細かな地震が多いので、同様の動きが断続的に起きてくると思われます。伊豆大島近海のM2.5は、以前、連続して起きた地震の震源とほぼ変...根室半島南東沖と福島県沖でM4.0千葉県北西部でM3.5和歌山県北部でM3.0石川県能登地方で4回伊豆大島近海でM2.5トカラ列島近海でM2.4

  • 青森県東方沖でM5.4 徳島県北部と父島近海でM4.3 福島県沖でM3.7 長野県南部でM2.5

    今回も海外の情報からですが、太平洋プレートの西側でM5クラスの地震が、青森県東方沖からマリアナ諸島~インドネシア~ニュージーランド北部と連なって起きています。すべて太平洋プレートの西側であることから、太平洋プレート全体が大きく動いているのではないかと思われます。その影響で、青森県東方沖でM5.4、父島近海でM4.3、福島県沖でM4.3の地震が発生しています。青森県東方沖の地震は、震源が浅いのですが、胆振方面で震源が深くやや規模の大きめの地震が発生していますから、そちらの影響もあるのではないかと思います。徳島県北部のM4.3の地震は、震源の深さ中程度の地震です。このエリアでは、通常震源の浅い地震になることが多いので、震源の深さ中程度の地震は、珍しいと思ってください。長野県南部のM2.5の地震は、関東方面の下部の動...青森県東方沖でM5.4徳島県北部と父島近海でM4.3福島県沖でM3.7長野県南部でM2.5

  • 八丈島東方沖でM6.1 茨城県沖で2回 いわき市で震度5弱 日高地方東部でM4.6 千葉県東方沖でM4.2 福島県沖でM3.8 茨城県北部でM3.1

    まず、海外を含めた全体の状況ですが、ニュージーランド北方でM6.3の地震が起きています。震源は、フィジー諸島とニュージーランドのちょうど中間点になります。さらに、フィリピンでは、マニラ近くの海上でM6.1の地震が起きています。そして、日本では、八丈島東方沖でM6.1の地震。ですから、世界的に見ると、ユーラシアプレートの東側境界と太平洋プレート・フィリピン海プレートの境界、そして、インド・オーストラリアプレートと太平洋プレートの境界で大きな地震がほぼ同時に起きました。被害の状況などは、今のところ入ってきていません。そして、その動きの影響で、昨日のブログで書いた茨城県沖と千葉県沖で地震が起きました。ただ、その動きが加わったせいではないかと思いますが、想定よりも、大きな揺れになりました。茨城県沖のM5.8の地震では、...八丈島東方沖でM6.1茨城県沖で2回いわき市で震度5弱日高地方東部でM4.6千葉県東方沖でM4.2福島県沖でM3.8茨城県北部でM3.1

  • 京都府南部でM3.7 山梨県東部・富士五湖でM3.3

    昨日の有感地震は、タイトルの2つだけでした。また、世界的に見ても、大きめの地震はなく、全体的に小康状態だったようです。京都府南部のM3.7の地震は、昨日書いた京都・大阪方面の動きの影響で起きた地震だと思われます。山梨県東部・富士五湖のM3.3の地震は、昨日書いた東京湾付近の動きの影響だと思われます。一昨日のデータでは、新潟から東京・埼玉を通って、千葉県の南方沖まで、震源の深い地震が連なって起きていますから、太平洋プレートが再び動いてきそうです。影響が出やすいのは、茨城から千葉にかけての海上もしくは沿岸部になると思われます。京都・大阪方面では、まだ、動きが続いていますから、今後も揺れてくる可能性があります。また、岐阜と長野の県境でも、細かな動きが出始めています。京都府南部でM3.7山梨県東部・富士五湖でM3.3

  • 福島県沖でM4.1 石川県能登地方で4回 トカラ列島近海でM2.4

    昨日は、石川県能登地方で4回の有感地震がありました。地震の内訳はM4.1M3.0M2.9が2回です。今回の震源は、すべて能登半島の先端部分で、石川県能登地方では、この震源と、今回の震源よりやや西方の震源と、2か所で交互に地震が発生しています。その他では、太平洋プレートがらみの福島県沖のM4.1の地震と、フィリピン海プレートがらみの、トカラ列島近海のM2.4の地震が起きています。昨日の状況では、福島と茨城の県境と東京湾一帯でかなり活発な動きになっています。昨日書いた京都・大阪方面でも、有感地震にはなりませんでしたが、動きが出ています。和歌山方面でも、細かな動きが増えてきていますから、以上のエリアで注意が必要です。福島県沖でM4.1石川県能登地方で4回トカラ列島近海でM2.4

  • 石垣島近海でM5.0 茨城県沖でM3.5 岐阜県美濃東部でM2.6 沖縄本島近海と石川県能登地方でM2.5

    まず、海外の情報からですが、今回は、ニュージーランドの南方、南極との間の海域でM6.9の地震がありました。詳しい情報は、まだ、入ってきていません。また、トンガでM5.8の地震がおきています。日本では、やはり、沖縄方面で動きが出てきています。石垣島近海のM5.0の地震は、台湾付近の地震と考えてください。沖縄本島近海でもM2.5の地震が起きています。また、昨日書いた群馬と長野の県境で起きた震源の深い地震の影響だと思われる地震が起きています。茨城県沖でM3.5。岐阜県美濃東部でM2.6です。石川県能登地方でも、動きがありました。M2.5の地震です。昨日の状況では、北海道の西部から西方沖で細かな地震が目立つようになっています。伊豆諸島や千葉県の南方沖で、やはり有感地震にはなっていませんが、やや大きめの動きが続いています...石垣島近海でM5.0茨城県沖でM3.5岐阜県美濃東部でM2.6沖縄本島近海と石川県能登地方でM2.5

  • 青森県東方で沖M5.2 福島県沖で2回 奄美大島近海でM3.2 日向灘でM2.9 石川県能登地方でM2.7

    昨日は、気にしていた青森県東方沖でM5.2の地震がありました。震源の浅い地震です。福島県沖ではM4.0とM3.8の地震がありました。震源は、2つとも宮城県との県境沖です。また、昨日書いた伊豆諸島の東方沖で、再びM5.6の地震が起きています。有感地震にはなっていませんが、今後、まだフィリピン海プレートの動きが出てきそうです。この伊豆大島東方沖の影響なのかも知れませんが、奄美大島近海でM3.2、日向灘でM2.9の地震が起きています。北陸では、石川県能登地方のM2.7の地震が起きています。今までと同様、震源の浅い地震です。また、海外の情報ですが、アリューシャン列島の中央付近でM5.8の地震が起きています。北海道では、日高・十勝方面の震源の深さ中程度のエリアで動きが活発化していますから、北海道の太平洋側から青森県東方沖...青森県東方で沖M5.2福島県沖で2回奄美大島近海でM3.2日向灘でM2.9石川県能登地方でM2.7

  • 奄美大島北東沖でM4.7 伊豆大島近海と宮城県沖でM4.1 福島県沖で2回 熊本県天草・芦北地方でM2.4 福島県会津でM1.4

    昨日は、今まで小康状態だったところが一気に動き出したようです。奄美大島北東沖のM4.7の地震ですが、位置的に言うと種子島近海と言った方がピンとくるかも知れません。震源の深さ中程度で、フィリピン海プレートのプレート境界型の地震です。伊豆大島近海のM4.1は震源の深さ140キロと深い地震で、実際に揺れが大きかったのは東京都。また、千葉県の方でも揺れが観測されているので、おそらく、太平洋プレート側の崩壊ではないかと思われます。有感地震にはなっていませんが、伊豆諸島の東方沖でM5.5の地震も起きていますから、フィリピン海プレートがさらに動き出す可能性があると思っていてください。東北方面では、宮城県沖でM4.1、福島県沖でM4.0とM3.9、福島県会津でM1.4の地震がありました。福島県沖の地震では、M4.0の地震は宮城...奄美大島北東沖でM4.7伊豆大島近海と宮城県沖でM4.1福島県沖で2回熊本県天草・芦北地方でM2.4福島県会津でM1.4

  • 和歌山県北部でM4.0 石垣島近海でM3.8 山梨県東部・富士五湖でM2.4

    今回は、まず、海外の情報からですが、スマトラ島の南方沖でM5.8の地震がありました。また、カムチャッカ半島の沖合でも、M5.4の地震がありました。こちらの地震は、これから千島列島方面に影響が出てくる可能性があるので、注意していていください。日本での有感地震は、タイトルの3つです。まず、山梨県東部・富士五湖のM2.4の地震ですが、神奈川・静岡との県境が震源です。昨日書いた神奈川・静岡の状況で確認しておいてください。和歌山県北部のM4.0の地震ですが、震源が浅かったため、震央付近ではやや揺れが強く感じたのではないかと思います。石垣島近海のM3.8は、台湾付近の地震だと考えていいと思います。有感地震は3回でしたが、昨日は、全体的な動きは活発で、福島県沖・宮城県沖では、かなり動きが活発になっています。昨日書いたように、...和歌山県北部でM4.0石垣島近海でM3.8山梨県東部・富士五湖でM2.4

  • 和歌山県北部でM2.8

    昨日までの地震は、和歌山県北部のM2.8の一つだけです。海外でも、目だった動きはありませんでした。ただ、細かな地震の動きは、特徴的なものが多めです。まず、北海道の西方沖から秋田沖にかけて、震源の浅い地震が連なって起きていること。岩手県沿岸部でやや固まった動きがあること。今まで福島県沖で起きていた活発な動きが、宮城県沖にシフトしているということ。千葉県南方沖の震源の深さ中程度の領域で、集中して動きが出ている箇所があること。ですから、まず、岩手県沿岸付近から宮城県沖まで注意していてください。やや大きめの動きになる可能性があります。また、神奈川・静岡方面で揺れてくる可能性があります。こちらも注意していてください。和歌山県北部でM2.8

  • 千葉県南東沖でM4.8 宮城県沖でM4.0 石川県能登地方で2回

    昨日の有感地震はタイトルの3か所で起きました。まず、千葉県南東沖のM4.8の地震は、昨日書いた千葉県の南方沖に当たる部分の地震です。宮城県沖のM4.0の地震は、福島県沖とのつながりで起きた地震。石川県能登地方では、M3.6とM2.7の2回の地震がありましたが、震源の場所は、ほぼ一緒です。能登半島の先端よりもやや西の日本海に近いところが震源です。昨日の動きで気になるのは、神奈川県の沖合、伊豆大島近海で、震源の浅い細かな地震が連なって起きていること。千葉県の南方沖で動きが出ていますから、こちらでも揺れてくる可能性が高いと思っていてください。一昨日のデータでは、北海道の下部の震源の深いエリアで動きが活発で、内浦湾で大きめの動きになっていますから、浦河沖や青森県東方沖で動きが出てくる可能性があります。四国と九州の間の海...千葉県南東沖でM4.8宮城県沖でM4.0石川県能登地方で2回

  • 岩手県沖でM4.5 福島県沖でM3.8 茨城県沖でM3.4 長野県中部でM2.4

    昨日は、やはり岩手県沖でやや大きめの動きがありました。地震の規模はM4.5です。福島県沖のM3.8、茨城県沖のM3.4の後に岩手県沖で動きが出ましたから、一連の太平洋プレートの動きの中で起きた地震だと思われます。長野県中部のM2.4の地震は、岐阜県との県境が震源です。長野県方面で震源の浅い地震が起きたときは、関東方面の震源の深さ中程度のエリアで動きが出ていると考えていてください。特に、茨城・千葉の下部で動きが起きているときに長野方面で地震が起きやすいと考えていていいと思います。実際に、茨城・千葉・神奈川・千葉県南方沖にかけて、有感地震にはなっていませんが、かなり活発な動きになっています。また、沖縄方面でも、ちょうど列島に沿うように震源の深さ中程度の地震が起きています。トカラ列島近海・奄美大島近海・沖縄本島北西沖...岩手県沖でM4.5福島県沖でM3.8茨城県沖でM3.4長野県中部でM2.4

  • 与那国島近海でM4.5 福島県沖でM4.4 西表島付近で3回

    昨日は沖縄方面に有感地震が集中しました。与那国島近海のM4.5、西表島付近のM4.0、M3.6、M3.4で、すべて台湾付近の地震です。また、太平洋側では、福島県沖のM4.4の地震が起きています。震源は、今までも書いている通り、動きが活発なエリア内です。昨日の状況ですが、北海道から関東にかけての太平洋側では、若干、岩手方面でも動きが出始めています。北海道では、胆振地方東部の沿岸付近で、やや規模の大きめの震源の深い地震が起きていますから、浦河沖・青森県東方沖動きが出てくるかも知れません。また、福島・栃木・群馬・新潟の4県の県境付近で、細かな地震が増えてきています。プレート境界が内陸に入り込んできたことと合わせて、今後、このエリアが新たな震源となってくる可能性があるので、これからの動きに注意していてください。高知沖の...与那国島近海でM4.5福島県沖でM4.4西表島付近で3回

  • 宮城県沖でM4.4 福島県沖でM4.2

    今回も、まず、海外の情報からですが、アルゼンチンでM6.8の地震がありました。昨日書いた南アメリカで起きた地震から派生したと思われます。ただし、震源の深さが200キロ近いので、被害などの情報は入っていません。日本では、昨日の有感地震は、タイトルの2つだけです。宮城県沖のM4.4と福島県沖のM4.2の地震で、どちらも活発に動いているエリアで起きた地震です。ただ、有感地震が少なかったものの、細かな地震は増えてきていて、注意が必要なのは、北海道から関東にかけての太平洋側と九州の南部です。どちらも、震源の深い地震が一昨日連なって発生していて、特に北海道から関東にかけては、太平洋プレート周辺で大きめの動きもありましたから、今後、規模の大きめの地震が起きてくる可能性があります。九州の方では、九州全体から沖縄方面にかけてで細...宮城県沖でM4.4福島県沖でM4.2

  • 福島県沖でM4.2 西表島付近でM3.9 橘湾でM3.0 トカラ列島近海でM2.8 釧路地方北部でM2.0

    まず、海外の情報からですが、パプアニューギニアでM6.3の地震が起きました。この地震と合わせて、インドネシア方面からニュージーランド北方にかけて、M5.6とM5.2が2回、連なって起きています。一気に太平洋プレートが動いたようになっています。また、南アメリカでも1列に並んだ形で、やや規模の大きめの地震が連なっています。この動きの影響が日本に出てくるとすると、1~2週間かかるのではないかと思います。今から1週間後というと、ちょうど満月期に差し掛かるので、万が一に備えて心づもりしていてください。日本では、まず、福島県沖でM4.2の地震がありました。震源は、日頃活発に動きが出ているところです。西表島付近のM3.9は昨日書いた与那国島近海の地震の影響ではないかと思われます。残りの3つは、いずれも震源の浅い地震で、長崎県...福島県沖でM4.2西表島付近でM3.9橘湾でM3.0トカラ列島近海でM2.8釧路地方北部でM2.0

  • 与那国島近海で2回 伊勢湾でM5.1 福島県沖で2回 日向灘でM3.8 岐阜県美濃東部でM3.0 和歌山県北部でM2.3

    昨日は、与那国島近海でM6.6の地震がありました。気象庁の発表では与那国島近海となっていますが、世界的には台湾の東方沖となっていて、推定のマグニチュードが6.1~6.3で発表されています。ニュースでは、大きな被害はなかったという事でした。また、このM6.6の震源の南東でM5.4の地震も起きています。こちらは余震だと思われます。4月22日に書いたフィリピンのダバオ東方沖の地震からの影響で起きた地震ではないかと思っています。今後、沖縄方面に影響が出てくる可能性があると思っていてください。伊勢湾ではM5.1の地震がありましたが、こちらは、震源の深さが340キロと、かなり深い地震です。日頃から震源の深い地震が起きているところで、普段は有感地震にならないのですが、今回は、規模が大きく地表が揺れてきたと思ってください。この...与那国島近海で2回伊勢湾でM5.1福島県沖で2回日向灘でM3.8岐阜県美濃東部でM3.0和歌山県北部でM2.3

  • 茨城県北部でM4.0 宮城県沖でM3.9 岩手県沖でM3.4 京都府南部でM3.2 和歌山県北部でM2.5 新潟県上中越沖でM2.3

    昨日は、比較的規模が小さめの有感地震でしたが、その分数が多めにありました。茨城県北部のM4.0は震源の深さ60キロです。この周辺は、今まで海上だったプレートの接触面が完全に西にシフトして、内陸に入り込んできたと考えていいと思います。宮城県沖のM3.9は、北部の海上で岩手県寄りです。そして、岩手県沖のM3.4は、岩手県の中央部の海上です。こちらの動きも、少しずつ北に向かって伸びてきているようですから、今後は、岩手県北部沖や青森県東方沖で注意していてください。昨日書いた和歌山から兵庫のラインの地震では、和歌山県北部でM2.5の地震がありました。また、京都府南部のM3.2は、この兵庫県側の流れが京都で出てきたものではないかと思っています。日本海側では、新潟県上中越沖でM2.3の地震がありました。昨日の動きとしては、釧...茨城県北部でM4.0宮城県沖でM3.9岩手県沖でM3.4京都府南部でM3.2和歌山県北部でM2.5新潟県上中越沖でM2.3

  • 沖縄本島北西沖でM5.7 宮城県沖でM3.3 福島県会津でM1.8

    昨日は、沖縄本島北西沖のM5.7の地震がありました。群発地震帯での地震です。フィリピン海プレートでは、東端に当たる北マリアナ諸島でもM5.4の震源の深い地震が起きていますから、プレート自体が回転するような動きになっていると思われます。また、宮城県沖ではM3.3、福島県会津ではM1.8の地震が起きています。福島県会津の震源は、栃木・群馬との県境が震源で、茨城県南部・栃木県東部・東京都・千葉県で震源の深さ中程度のエリアで動きが活発ですから、その影響で起きた地震ではないかと思われます。東京湾周辺域では、震源の深さ中程度の地震が起きる可能性があるので、注意していてください。その他で注意しておきたいのは、和歌山県から兵庫県にかけてです。細かな地震がライン状に動いていますから、注意していてください。沖縄本島北西沖でM5.7宮城県沖でM3.3福島県会津でM1.8

  • 沖縄本島北西沖でM5.4 薩摩半島西方沖でM3.9 山形県村山地方でM2.8 宮崎県南部山沿いでM2.4

    昨日は、日本では有感地震は4回だけでしたが、世界的に見るとM5レベルの地震が日頃より多く起きています。太平洋プレート周辺では、昨日書いたフィリピン・ダバオの沖合で、余震と思われる地震が続いていますし、ニュージーランド北方でも、再び、大きめの地震が集中して起き始めています。パキスタンでもM5レベルの地震が2回ありました。日本では、一番規模が大きかったのは、沖縄本島北西沖のM5.4の地震です。フィリピンの地震を受けて、一度、台湾方面で動きが出ると思っていましたが、直接沖縄本島近海に影響が出たようです。日頃、群発地震が起きているところですから、動きやすかったのかも知れません。九州南部から沖縄方面にかけての地震では、薩摩半島西方沖のM3.9と宮崎県南部山沿いのM2.4の地震も起きています。山形県村山地方のM2.8の地震...沖縄本島北西沖でM5.4薩摩半島西方沖でM3.9山形県村山地方でM2.8宮崎県南部山沿いでM2.4

  • 茨城県南部でM4.8 奄美大島近海と福島県沖でM4.1 釧路沖でM3.5 宮城県沖でM3.1 石川県加賀地方でM2.5

    まず、海外の情報からですが、フィリピン。ダバオの東方沖でM6.0の地震がありました。同一震源で、M5クラスの余震も複数起きているようです。今後、台湾付近や沖縄方面で揺れてくる可能性があるので、注意していてください。日本では、茨城県南部でM4.8の地震がありました。最大震度は4です。一昨日書いた「茨城県と栃木県の県境で注意」の地震です。また、奄美大島近海でM4.1の地震がありました。これは、昨日書いた内容です。福島県沖のM4.1、釧路沖のM3.5、宮城県沖のM3.1の地震は、太平洋側の地震です。北海道では、一昨日のデータで、一度に内陸部で震源の深い地震が複数起きていますから、その影響ではないかと思われます。石川県加賀地方のM2.5の地震は、能登~和歌山のライン上の地震だと思っていてください。昨日の状況では、北海道...茨城県南部でM4.8奄美大島近海と福島県沖でM4.1釧路沖でM3.5宮城県沖でM3.1石川県加賀地方でM2.5

  • 宮古島近海でM4.4 浦河沖でM3.6 京都府南部でM2.9 三重県北部でM2.7 新島・神津島付近でM2.3

    昨日は、5回の有感地震がありました。まず、北海道方面ですが、浦河沖でM3.6の地震がありました。周辺地域では、胆振の沖合でも動きがあり、十勝沖でも震源の浅い地震が集中しています。今後、動いてくるかも知れません。東北方面の動きは、今までと同様、太平洋側で動きが活発です。関東方面では新島・神津島付近でM2.3の地震がありました。千葉県の南方沖の動きを受けて揺れてきたものと思われます。近畿方面では、京都府南部のM2.9の地震がありました。先日のM4.4の余震に近いのではないかと思っています。三重県でもM2.7の地震がありました。こちらは震源の深さが40キロ。愛知県の下部で動きが出ていましたから、そちらの流れで揺れてきた地震ではないかと思われます。三重県の沖合では、フィリピン海プレートとの接触部分でも震源の深さ中程度の...宮古島近海でM4.4浦河沖でM3.6京都府南部でM2.9三重県北部でM2.7新島・神津島付近でM2.3

  • 東京都多摩東部でM4.6 鳥取県東部でM4.3 福島県沖でM4.0

    昨日の有感地震は、タイトルの3つだけでした。まず、東京都多摩東部のM4.6の地震ですが、震源の深さは130キロと深い地震です。昨日書いた群馬・埼玉西部・東京湾で連なって起きた震源の深い地震が有感地震になってきたものと思われます。福島県沖のM4.0の地震も、昨日書いた動きが有感地震になって表れたもの。鳥取県東部のM4.3の地震は、フィリピン海プレートの動きの力の逃げ道で起きた地震だと思われます。周辺では、それほど動きが大きくなく、急に起きた地震だと思ってください。昨日の状況では、やはり、震源の深い地震が起きたラインの南東方向で動きが活発になってきています。茨城県・千葉県から千葉県の南方沖で動きが活発になってきていますし、震源の深い地震が起きたことで、震源域が、さらに西にシフトしているようで、栃木県の東部でも震源の...東京都多摩東部でM4.6鳥取県東部でM4.3福島県沖でM4.0

  • 硫黄島近海でM5.9 鳥島近海でM5.5 日向灘で2回 京都府南部で3回 石川県能登地方でM4.2 宮城県沖でM3.3 福島県会津でM2.2

    昨日は、比較的大きめの地震が数回ありました。震度も3~4レベルになっています。また、海外では、ニュージーランド北方で動きが活発になっていて、ケルマディック諸島ではM5.5の地震が起きています。日本近海で一番規模が大きかったのは、硫黄島近海のM5.9の地震で、震源の深さは150キロ。昨日起きた硫黄島近海の地震と同じメカニズムで起きた地震です。鳥島近海でもM5.5の地震が起きました。こちらはフィリピン海プレートの北部中央付近の地震で、震源の浅い地震です。4月30日に書いた伊豆大島近海の地震と似た地震です。日向灘では、M5.0とM3.5の2回の地震が起きました。どちらも、震源の深さが20キロで、比較的浅い部分で起きた地震です。京都府南部では、M4.4、M3.1、M2.5の3回の地震が起きました。震源が浅く、震源付近で...硫黄島近海でM5.9鳥島近海でM5.5日向灘で2回京都府南部で3回石川県能登地方でM4.2宮城県沖でM3.3福島県会津でM2.2

ブログリーダー」を活用して、マッサンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
マッサンさん
ブログタイトル
こんなこと、考えてみたんだけど、どうかな?
フォロー
こんなこと、考えてみたんだけど、どうかな?

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用