searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

野に還るさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
野に還る
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fumi2359
ブログ紹介文
ペンタックスをザックにいれ野山に花や鳥、虫たちを追う。身を土に返すまでのほんのひと時、さあ野遊びの時
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2015/07/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、野に還るさんの読者になりませんか?

ハンドル名
野に還るさん
ブログタイトル
野に還る
更新頻度
集計中
読者になる
野に還る

野に還るさんの新着記事

1件〜30件

  • 北海道の離島を歩く2

    その日泊まる民宿に荷物を預け、さっそく島の中央部を探検。民宿わきの坂道を登っていく結構近づいても物おじしないスズメたち真っ赤な花が出迎えてくれた、ベニウツギだろうか島の診療所この建物は役場の支所のようだ直ぐ傍が目的地オンコ自然林。オンコとはイチイの木のことらしい。焼尻島の中央部分はオンコの自然林で覆われていて、国の天然記念物となっている。入り口で出迎えてくれたやかましい鳥はコムクドリ会津藩士の墓林床一面がウバユリで覆われている。マイヅルソウの葉も内地に比べかなり大きいオンコの奇木にはいくつか名前が付けられていた。うぐいす谷これがアカエゾマツ薄暗い森を抜けたところがオンコの庄。いっぺんに視界が開ける。離れたところで鳥がさえずっているじっとしていたらだんだん近づいてきてくれた。人が珍しいのか?喉が赤いこの鳥はノゴマ...北海道の離島を歩く2

  • 北海道の離島を歩く

    北海道には人の住む島が5つある。奥尻島、利尻島、礼文島。そして残る二つが今回訪ねた焼尻(やぎしり)島と天売(てうり)島だ。jr東日本の大人の休日俱楽部パスを利用して4泊5日の旅に出かけた。朝6時前に家を出て新幹線で新函館北斗駅に着いたのが10:53であっという間だったのだが、そこからが長かった。新函館北斗から札幌までが特急で4時間近く、そこから深川、留萌との乗り継いでその日は留萌泊まり。半日近く電車を乗り継いで留萌駅に着いたのは午後5時を超えていた。駅近くの木賃宿めいた旅館。素泊まりで4000円と安かったが、部屋のタバコ臭がきつかった。翌朝は羽幌港にむけて朝6時のバスに乗った。バス停近くの古びた家。港までは1時間半ほどかかる。途中の海岸からアオバトの群れが飛び立った。アオバトは普段森の奥に住んでいるのだが、時折...北海道の離島を歩く

  • 多摩川源流の地を歩く

    笠取山山頂付近に咲くアズマシャクナゲ。多摩川源流の地にある笠取山を歩いてきた。ここは公共の交通アクセスが全くない地。その分人の入りが少なく静かな山歩きを楽しむことができる。作場平に着いたのは午前9時少し前。ウツギの花だろうか。入り口の看板。熊注意にはいつもハッとさせられる。暫くはカラマツの多い平坦な道を行く。この針葉樹林は100年ほど前に東京の水源林保護を目的として植えられたもの。登山道にはシロバナヘビイチゴの花。綻び始めたばかりのクワガタソウ。標高が高く、初夏のこの季節でもタチツボスミレが見られるだんだんと傾斜がきつくなるおや珍しいキノコを見つけた、食用ともなるアミガサタケだ。沢沿いに進む道。沢は水を細くし小一時間で小沢となる。何度か橋を渡る。ワチガイソウニリンソウもまだ咲き残っている見上げた先にはオオカメノ...多摩川源流の地を歩く

  • 森林公園の一日

    4月の中旬、森林公園に遊んできた。広々とした中央口の広場は。噴水が涼しげで春というよりもう初夏の雰囲気だ。。ソメイヨシノは散ってしまったが、まだたくさんの桜が見られる。色とりどりの桜を愛でながら歩く。この日は日曜日、トレイルランの大会でも近いのだろうか若いランナーがせわし気に走り去っていく。少し歩いたところで,アイスランドポピーの花畑が見えてきた。開園したてのせいか、人出が少なくのんびりと寛げる。ポピー畑からは野草園に向かった。野草園の入り口ではイカリソウが咲いている。シュンランも随分と花茎をのばしていた。道路わきに咲いていたジュウニヒトエこちらは芝生の上でよく見かける帰化種のマツバウンラン。春のそよ風に揺られ、撮るのが難しかった。ヤマブキソウの間にはムラサキケマン日当たりの枯草の上に保護色をしたツチイナゴを発...森林公園の一日

  • 石砂山のギフチョウ

    今年も4月の上旬に出かけてきました。関東に残された数少ないギフチョウの見られる所ということで、たくさんのハイカーが訪れていました。例年より寒かったせいか発生が遅く、中旬の今頃が一番良かったかもしれません。石砂山のギフチョウ石砂山のギフチョウ

  • 雪国植物園の続き

    今回はユキワリソウ以外の花を紹介しよう。まずは入り口。縄文風のこの佇まいはちょっとイカしている。カタクリがちょうど見ごろだった。何とも優し気な色だ畦道に咲く5姉妹オウレンに祝福されている女王カタクリキクザキイチゲもたくさん見られた。高地でよくみられるオオバキスミレコミヤカタバミも咲きだした日本海側に多いナガハシスミレ距が異常に長いので識別は容易だ。ニリンソウの見事な群生。コシノコバイモ野の花はほとんど嫌いなものはないのだが、このイワナシの花は中でもお気に入りの花だ。シャクジョウソウチャルメルソウ公園中央の広場には小川が流れていてミズバショウが咲いていた。水辺に多いホクリクネコノメソウアズマシロカネソウチョウジザクラも咲きだしたおしまいは珍しいアラゲヒョウタンボクこの辺で。雪国植物園の続き

  • 雪国植物園のユキワリソウ

    少し日にちが立ってしまいましたが、角田山登山の次に日に寄った雪国植物園のユキワリソウをフォトチャンネルにしました。雪国植物園のユキワリソウ雪国植物園のユキワリソウ

  • 桜行脚―千鳥ヶ淵、靖国神社、新宿御苑

    見ごろを迎えた都心の桜の名所を足早に巡ってきた。まずは千鳥ヶ淵から。午前8時前なので比較的人はまばらで歩きやすい。田安門に向かって左側は牛が淵依然見たときは桜の木の下の菜の花が奇麗だったのだが…向かって右側が千鳥ヶ淵淵に向かって垂れ下がるように咲く桜が圧巻だ。楓の若葉との競演桜、菜の花、諸葛菜の三段染め今は閑散としたこのボート場は昼前には長蛇の列を作るすぐ近くの靖国神社に移動。花見客目当ての茶屋はこの時間ではまだやってない。能楽の舞台。右の桜は東京の桜開花の標準木となっている。参集殿靖国会館と偕行文庫桜に尻を向けた神馬がっぷりと四つに組んだ相撲の像。奥に相撲場がある。靖国神社奥にある神池庭園靖国神社からは外堀公園を歩いて市ヶ谷まで歩いた。市ヶ谷からJRに乗って新宿の二つ手前千駄ヶ谷で降り、新宿御苑へ。千駄ヶ谷門...桜行脚―千鳥ヶ淵、靖国神社、新宿御苑

  • ユキワリソウとカタクリの競艶―角田山

    角田山は新潟県にある弥彦山系の北端にある山で、標高は481.7Ⅿ。高くはなく、しかも日本海の傍にあるせいか3月中旬から花が咲き始める。登山コースはいくつかあるが、一番花が多いといわれる桜尾根コースから登ることにした。午前10時、駐車場にはすでに車が十数台止められている。天気は申し分ない。急な斜面を登り始めたらすぐにユキワリソウの群生が現れた。一時間ほどの登りの間、これでもかこれでもかと花の絶えることはない。眼下に見える角田浜ユキワリソウの群落はまだまだ続く。野生の花にもかかわらず、色形の変異の派手なことは他には見当たらない。急坂を登り切った辺りから、主役はユキワリソウからカタクリへと変わる。斜面を埋め尽くすように咲くカタクリキクザキイチゲとのコラボその他にはミチノクエンゴサクやキクザキイチゲの花も多くみられた。...ユキワリソウとカタクリの競艶―角田山

  • 小下沢に咲く早春の花たち

    今年もまた、裏高尾にある小下沢を訪ねた。中央高速のガードをくぐると小下沢の梅園が見えてくる。毎度の事ながらこの風景に出会うとどういうわけか素晴らしさに圧倒されて思わず声を失ってしまう。今年になってやっとその訳に気が付いた。此処の梅園の素晴らしさはちょうどよい狭さと傾斜にあるのだと。この傾斜が梅園を重層的にかつ奥行きのあるものに見せ、コンパクトな狭さが一幅の掛け軸を見ているような気分にさせるのだと。それはさておいて今日の目的は渓谷に咲くハナネコノメ。思ったより季節は進んでいてタチツボスミレやアオイスミレはもう咲き始めていた。一輪だけエイザンスミレも見つけた。頭上では花びらを持たないフサザクラ、アブラチャンなどが地味な花を咲かせている。30分ほど歩いたところで小沢に下りた。嬉しいことにハナネコノメはもう旬を迎えてい...小下沢に咲く早春の花たち

  • 今年も城山カタクリの里へ

    例年のように今年も3月の上旬、神奈川県にある城山カタクリの里を訪ねてきた。訪ねたのは開園したばかりの3月9日、今年から入園料が500円となったようだが、この日はカタクリの開花数が少ないということで100円だった。入り口すぐ近くで咲いていた八重咲のクリスマスローズカタクリは数株程度咲いていて、それを見つける楽しみがあった。まだ早いとはわかっているのにこの時期に来るわけは二つ。人が少ないことと花期が少し早いユキワリソウが旬でみられること。これだけ花の色形が違っているのに同じ種の花とは不思議なものだ。しかもこの花は野にある状態でも様々な色合いの花を咲かすのだ。この日はまだ直通バスが運行されていないので、とても空いていた。人のいない園内をゆっくりと散策するのは何というぜいたくな時間なんだろう。ユキワリソウ以外にもぽつぽ...今年も城山カタクリの里へ

  • 野川自然観察園―早春の花たち

    うららかな春の日差しを浴びて、早春の野川沿いをポタリングしてきた。右端に見えるのは咲き始めたコブシの木。この春初めてのコブシの花だ。自然観察園までやってきた。ここは大勢の熱心なボランティアに支えられている公園だ。地表から茎をのばしたばかりのカントウタンポポ。茎はまだ土まみれだ。ブルーサファイアのような花を咲かすオオイヌノフグリ。手前の小さな花は在来種のイヌノフグリ少し赤紫色が強く、花の大きさはオオイヌノフグリの3分の一ほどしかない。このロゼットはキランソウのようだ。うれしいことにシュンランを見ることができた。観察園の木道、まだ入園者はまばらだ。これは非常に小さいヒメウズの花至るところに咲いているヒメオドリコソウ足元の木道の下に赤い花が咲いていた。ゲンゲ通称レンゲソウだ。一輪だけだが気早く咲いていたニリンソウハコ...野川自然観察園―早春の花たち

  • 府中郷土の森博物館梅まつり

    ぽかぽか陽気に誘われて、府中郷土の森博物館に梅を見に行ってきた。梅まつりは2月2日から3月10日まで。いつもは少し早く出かけてしまうのだが、今年は終わり間近だが梅見にはちょうど良かったようだ。園内でみられる梅は60種、1100本。そのうち、早咲きの品種は終わりかけていたが、中咲きの白加賀、月影、新茶青などがちょうど見ごろだった。緑味のつよい月影月影枝垂れ名前のきれいな梅の花をいくつか「蝶の羽重ね」は遅咲きの豊後系の梅雪月花古城幾夜寝覚め雛曇(ひなぐもり)あちこちの梅園でよく見かける紅千鳥は遅咲きの梅花蕊の美しい梅だ。地名のついた梅を三つ「大和牡丹」は太宰府天満宮に咲いていた梅を移植したもの筑紫紅甲州最小紅白咲き分ける「思いのまま」には「輪違い」の名もあるとても同じ品種の梅とは思えないできれば紅白揃って咲いている...府中郷土の森博物館梅まつり

  • 飯能雛飾り

    天気が良いので飯能近辺のハイキングに出かけてその帰り、飯能市の第14回雛飾りを見てきた。ハイキングコース天覧山の入り口にある名刹能仁寺この由緒あるお寺にも雛飾りが飾られているここ飯能の雛祭りは様々な業種の店先で営業の傍らそのままに飾られているのが他にはない一番の特色この酒屋さんでは酒瓶とともに雛飾りが飾られている店だ扱っている品物と雛飾りのミスマッチが何とも良い下駄屋さん。下駄も雛飾りの一部のように思えてくる。ウナギ屋さん。お雛様はちょっとだけ表具屋さん。ひな壇の下には雛のふすま。お菓子屋さん。雛飾りもお菓子でできていて、まるで食べられるかのようだった。この店は電具屋さんのようだ写真館。雛たちもしっかりと枠に収まっています。風格のある古い建物は創業明治7年の呉服店「吉田屋」振袖展と古い郵便ポスト、タイムスリップ...飯能雛飾り

  • 冬鳥たち4

    節季は大寒から雨水へ。朝晩の冷え込みも随分と穏やかになった。野川公園ではセツブンソウが咲き始めた。ウグイスカグラも一段と艶やかな色に変わった。氷の解けた池ではアオサギやダイサギが獲物を探している。冬鳥たちの動きもやがて来る春を予感しているようだコゲラアオジアカハラカシラダカ珍しくアオゲラも姿を現した。やっと群れを見ることができたツグミいつもは警戒心の高いシメが今日に限って接近を許してくれた。こちらを窺っている首を左右に傾げて枯葉を咥えて遠くに向かって鳴いて結構きつめの顔立ちなのだが、よく見ると愛嬌がある。この辺で。冬鳥たち4

  • 春の揺らぎ

    カメラの設定を間違えたら、こんな写真が取れました。仲良さげにこんな梅の花があったらイイギリの赤い実フクジュソウマンサクこの辺で春の揺らぎ

  • 北本自然観察公園

    節季も巡り巡って、2月4日は立春。とはいうものの寒さは相変わらず。同じように相も変わらず、私は鳥見の日々を送っているのだが、今年はどこへ行っても鳥の入りが少なく、鳥影が薄い。近所の公園で見かけるのはシジュウカラとヒヨドリ、ムクドリたちお馴染みの面々。ならばと今回は早起きをして埼玉県北本市にある北本自然観察公園まで足を延ばしてきた。先々月以来の北本はどうだろう、少しは冬鳥たちも増えてほしいものだが……。なお前回の記事はここに。入り口で迎えてくれたジョウビタキ♀早朝、寒々とした風景が広がる。前回工事中だった八つ橋も出来上がっていた。今年は極端に少ないツグミもぽつぽつとではあるが見られるようになってきた。地上ではアオジが夢中になって餌探しをしている人から餌をもらったのか一羽だけ、随分と人なれした個体もいた。望遠レンズ...北本自然観察公園

  • 伊豆沼再訪

    テレビで優勝した選手が「やればできる」とか「夢はかなうものだ」とかインタビューに答えていた。そんな場面はよく目にする。が、そんな甘い言葉には努々惑わされてはいけない。その陰には大勢の「やったけどできなかった」人や「夢を追いかけたが叶わなかった」人が死屍累々としているのだろうから。前夜は古川に泊まったのだが、期待した天気は予報によると曇りがちとのことでがっかり。雨や吹雪でないだけでもましかと思い直したが、それもあってかホテルを出るのが6時半過ぎと遅くなってしまった。伊豆沼に着いたのは日の出をとうに過ぎた時刻。どうやら大半のマガンたちが飛び立った後だった。この日のガン類の数は9万7千羽に上り、ほとんどがマガン。一時間前だったら、沼はマガンたちでびっしり覆われていたのだろう。朝寝坊のガンたちも少しは残っている。沼には...伊豆沼再訪

  • 蕪栗沼の夕景

    青森から宮城県の北部にある蕪栗沼にやってきたのは午後4時過ぎ。晴れてはいたが、この日は風が強かった。大きい雲だ。マガンの越冬地として知られる蕪栗沼。こんなサイトがここに。遮るもののない風景が目の前に広がる。心が自然と伸びやかになる。陽が落ちてしまう前に沼を回ることにする。吹き過ぐ風はかなり冷たい。また例年に比べると雪はかなり少ないようだ。氷の張っていないところで、白鳥たちは寛いでいる。オナガガモ、マガモ、カルガモ、ヒドリガモなどの群れが見える。少し大きいのはヒシクイのようだ。番の白鳥が帰ってきた。羽繕いをしながら夜を迎える薄暮の中で既に眠りに入っている鳥もいる。夢など見るのだろうか。ハシビロガモが葦の中に現れた。ハクチョウたちも次第に帰ってきた。帰ってきたハクチョウたちに挨拶するかのように伸びをした。泥の中に顔...蕪栗沼の夕景

  • 駆け足で弘前公園へ

    3日目の青森市内。昨日はちとせホテルという安宿に泊まった。備品は必要最小限だが、一泊2800円(税込み)の宿代は素晴らしい。ただし、wifiは使えず、テレビはアナログテレビなので顔が歪んで映る。それでも部屋は清潔で広いし、何より市街地のど真ん中で駅まで5分とかからない。翌朝6時すぐ近くが青森港なので、朝の散歩に出かけた。この日は昼頃から日差しが期待できるということだったが、今のところは曇り空だ。前方に見えてきたのは青函連絡船に使われていた八甲田丸。現在は博物館として再生されている。あわよくば珍しい鳥に会えないかと期待したのだが、やっとウミアイサの番に会えただけだった。左側は青森駅のホーム、右は八甲田丸とドック少し引くとこんな感じ、昔は駅のホームからそのまま青函連絡船に乗れた。さて今日は昼には新青森→古川の指定を...駆け足で弘前公園へ

  • 種差海岸を歩く

    普段は時間をかけて新聞を読むことは少なくなった私だが、今朝の「世界上位26人と下位38億人の資産が同じ」という記事には思わず見入ってしまった。国際慈善団体オックスファムの報告によると世界上位26人の富裕層が持つ資産は世界の下位半数38億人の資産に匹敵するのだという。この報告ではさらに、その資産格差は前年度に比べて富裕層は12%増え、貧困層は11%減少したのだという。さらに富裕層の上位1%に0.5%課税を増やせば、「学校に行けない2億6200万人の子どもの教育ができ、そのうえ医療サービスの提供で330万人の命を救うことができる」としている。等比級数的に拡大する格差社会に行き着く先はどんな社会なのだろうか。4月から消費税が値上げされる。日本でも同様に所得の格差は益々広がっていくのだろう。恐ろしい。さて青森浅虫温泉の...種差海岸を歩く

  • 吹雪の三内丸山遺跡

    正月以来、のんべんだらりと生きてきて、これじゃいけないと一念発起した。これではいけないと大人の休日俱楽部パスを使い青森まで吹雪を体験しに出かけてきた。昼前に出て、4時間足らずで新青森駅に到着。早い!電車を降りるとねぶたのミニチュアが出迎えてくれた。駅を一歩出ると本物の銀世界、吹きすさぶ風に情け容赦は全くない。バス停にはバス一台もなく、人の姿もまったく見えない。10分遅れでやってきた市内観光バスねぶたん号に乗って、念願の三内丸山遺跡へ。(私は三内丸の山だと思っていたのだが、本当は三内地区にある丸山遺跡ということらしい。つまり三内丸山遺跡となる。)10分少々でバスは到着。周囲はすべて雪建物の中に入るとやっと人心地がついた。人の背丈より大きい土器がお出迎え。建物は時游館と呼ばれぐるりと一周するつくりになっている。遺跡...吹雪の三内丸山遺跡

  • 冬鳥たち③

    節季はまもなく小寒から大寒へと(今年は1月20日から)変わる。寒さは変わらず厳しいのだが、天気は来る日も来る日も晴れが続いている。先だって久しぶりに雪が降ったのだが、降水量は1mmにもならなかったらしい。私は休みの日ごとに鳥見に走り回っているのだが、収穫の少ない日がほとんどだ。そんな中、今回は思い切って遠出をして神奈川県の丹沢山麓の辺りをうろついてきた。何度か訪ねているこの地だが、やはり今年は全く雪が見られないようだ。休日にもかかわらず、駐車場には車はまったく見られない。ツルウメモドキの実にツグミが来ていた。ホオジロの♂と♀を薄のなかに見つけた。少し遠かったが、ルリビタキもいた。近くの藪でガサガサと大きな音がしたと思ったら、ニホンザルが現れた。6,7頭ぐらいの小さな群れだ。中に一頭、風格から言ってこれがボスかも...冬鳥たち③

  • 冬鳥たち②

    以前花のない冬の時期は、イルミネーションを撮りに都心に出かけたこともあった。が最近はもっぱら人込みを避け公園や低山に出かけ鳥撮りの日々を送っている。今年は鳥が少ないと去年から嘆いていたが、まぁ年を越せば少しは増えてくるだろうと思っていた。が、どいうわけか一向に増えない。フィールドで会う、好きの人たちに聞いても一様に同じことを嘆く。一体どうしたことだろう。原発事故の影響が8年目にして冬鳥たちに、出始めたとでもいうのだろうか。荒川の畔。首の長い鳥はカンムリカイツブリ。ずいぶんと近いところに浮上してくれた。カイツブリ類は日本で5種みられるが、この辺ではカイツブリ、ハジロカイツブリ、そしてカンムリカイツブリの3種が普通に見られる。なおカイツブリ類は雌雄同色なので区別できない。この個体はすっかり冬羽にかわっている。荒川本...冬鳥たち②

  • 南高尾ー関東ふれあいの道を歩く

    前回も書いたのだが、今年の年越し正月は7連休だった。一日おきに探鳥に出かけ、間の三日はもっぱらテレビと読書で過ごした。収穫は原田マハの「キネマの神様」と帚木蓬生の「水神」の2冊だった。どちらも涙腺が緩みっぱなしの一気読みの本だった。それにしても老いたのだろうか、ちょっとしたエピソードでウルっと来てしまう。電車やバスの中で読んでいると恥ずかしくなる位で、窓外を流れる景色で紛らわす始末だ。さて高尾山周辺は正月は込み合うので、バスで大垂水峠まで行きそこから歩くことにした。今回の狙いはシモバシラと富士山、運が良ければ冬鳥にも会えるかもしれない。途中の休憩場所からの相模川と富士山の風景がこのコースの白眉。標準レンズだとこんなに小さい富士だが、望遠だと眼下に見える相模川の流れも大河然として素晴らしい。花は見られないが冬枯れ...南高尾ー関東ふれあいの道を歩く

  • 冬鳥たち①

    年越しから正月にかけては7連休。鳥を見に出かけては一日休み再び鳥を見に出かけるという一週間を過ごした。鳥見に出ない日は最低限のお勤めを済ました後は一日中テレビと読書でごろごろしていた。そして一日おきに近場に出かけて鳥を探すという、実に単調なつまりは探鳥な日々を幸せにも過ごすことができた。そんな日々も今日で終わり明日からはいよいよ仕事だ、こんな毎日にも飽きてしまったのだし、しょうがないそろそろ気分転換に仕事でもしてやるか!12月から撮りため冬鳥たちを見てもらうとしよう。まずは多摩川の河原で見たルリビタキ、多分♀。薄暗いところでひっそりと餌を探していた。うん?あれっ!消えたと思ったら見事に餌を銜えて再び登場。ムクロジの樹の上にとまっているのはカワラヒワ遠くの流れの中にいるのはホオジロガモ今年はまだ3羽しか来ていない...冬鳥たち①

  • 赤城自然園 早朝開園

    去年はトラツグミが当たり年だった。普通なら年に一回お目にかかれれば運のいい鳥なのだが、秋ヶ瀬、小宮、羊山等の公園で出会うことができた。その前の年はアトリが大当たりだった。市街地の公園でアトリの大群に出会えたのは嬉しかった。今年は一体どんな鳥を出会えるか楽しみだ。そんなことを思っていたら、地上を徘徊する鳥ーツグミ、シロハラ、アカハラ等を今年は見かけないことに気づいた。年もくれるというのに、枯葉をひっくり返しては餌をあさるガサッ、ゴソッというあの音がまだ聞けてないのは何とも寂しい。さて、普段は冬季閉園中の赤城自然園が今年は土日に限定して開園している、しかも土曜日には普段より開園を2時間半も早めて7時に開園しているというので早速出かけてきた。(12・29、1・5を除き3月まで開園している)朝5時半に出たのだが、着いた...赤城自然園早朝開園

  • 年の瀬に北本自然観察公園を訪ねる

    年の瀬も押し詰まって、待望の探鳥のシーズンがやってきた。一般に鳥は渡り鳥と留鳥の二つに分けられる。日本でみられる525種の36%が留鳥であとは渡り鳥となる。さらに渡り鳥は夏鳥と冬鳥、迷鳥旅鳥に細分され、そのうち冬鳥は22%になるという。夏鳥は南の国から日本にやってきて、繁殖する渡り鳥なので綺麗な囀りを聴くことができる。それに対して,冬鳥は繁殖地の北の国から日本に子連れでやってくる。当然繁殖行動はしないので普通には囀りを聴くことはできない。が、その分色彩の豊かさでは夏鳥に勝っているように私的には思える。特に信号色3兄弟と私が勝手に呼んでいるルリビタキ、ベニマシコ、マヒワは探鳥地で出会うととてもうれしい鳥たちだ。さて今シーズン初めての北本はどうだろう。なおhpはここにある。ふれあい橋を渡った先に看板がある。詳しいマ...年の瀬に北本自然観察公園を訪ねる

  • 久しぶりの瓢湖

    今回の東北大人の休日パス旅行の締めは新潟。福島潟か佐潟に行く予定だったのだが、あいにく風邪気味でアクセスの便利な瓢湖に変更した。瓢湖へは新潟から信越本線で新津経由で羽越本線に乗り換えて水原駅で降りる。乗り換えがよければ30分ほどで行け駅からも比較的近い。。瓢湖では1954年に野生の白鳥を日本で初めて餌付けに成功した吉川重三郎(通称初代白鳥おじさん)が有名。私は平成6年まで2代目白鳥おじさんを務めた吉川繁男さんに優しくお茶を振舞って頂いたことがあった。現在は三代目の白鳥おじさんが餌付けを行っているそうだ。3年ぶりの瓢湖はあいにくの曇り空だった。昔に比べ観光客も随分と少なくなった。瓢湖は新潟県阿賀野市水原にある人造湖。ハクチョウの渡来地と知られラムサール条約にも登録されている。毎年10月から3月にかけて6000羽ほ...久しぶりの瓢湖

  • 鶴岡市大山の下池

    長期天気予報を見ながら旅行計画を立てるのは、今では世間一般の常識となっているようだ。天気予報の正確さがスーパーコンピューターの導入により飛躍的に精度を増した現代では、殆どの人がそうしていると思われる。でもよく考えてほしい、気象協会の発表する10日間予報の的中率は思ったより低く50%を下回っているのだそうだ。例えばだが、明日の天気予報が90%の確率で当たるとすると、10日後の的中率は0.9を9回かけ合わせることになるから、一週間後には50%を切り10日後には38%にまで下がってしまう。信頼度が低いと知りながらも予報を出すのは世間の要望があるからだろうが、10日先の予報をもとに予約した宿泊客が、2,3日前の天気予報を見てキャンセルしてしまうのだから、ホテルや旅館の関係者にとってはたまらない。せっかくの旅行なのだから...鶴岡市大山の下池

カテゴリー一覧
商用