chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
野の花・山の花 見た撮った https://hanamitatotta.blog.fc2.com/

山歩き・ウォーキングで見た、野の花・山の花を紹介していきます。

北海道オホーツク圏で、週に1-2回の近郊山歩きとウォーキングで毎日7-8km歩きながら、季節の花々を切り撮って紹介するブログです。

hanajiji
フォロー
住所
北見市
出身
北見市
ブログ村参加

2016/03/25

1件〜100件

arrow_drop_down
  • ヤナギラン(柳蘭) 2022

     「ヤナギラン」という名前じゃが、ヤナギの仲間でもランの仲間でもない花じゃ。 アカバナ科の植物で、細長い葉が柳に似て、花が蘭を思わせることで名づいたものじゃ。  緑色または薄紅紫色を帯びた茎は高さ0.5-2.0mほどで、ほとんど枝分れせずまっすぐ上に伸びる。 北海道・本州以北の亜高山帯から山地帯の草地や礫地に分布しておる。  茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3~4センチの紅紫色の花...

  • メアカンキンバイ(雌阿寒金梅) 2022

     北海道の高山の礫地に生育する多年草で、大雪山系ではほぼ全域に見られる花じゃ。 名前のとおり雌阿寒は当然じゃが、他に硫黄山・羅臼岳・斜里岳・羊蹄山にも分布しておる。  花期は7-8月で茎先に集散花序をつけ、黄色の径12-15mmの花を1-5個つける。 萼は5個(副萼片も5個)あり、萼片は披針形で先は鋭くとがり、長さ5-7mmになり、外側と縁に剛毛が生える。 花弁も5個あり、広倒卵形から倒卵状円形で、先端は円頭から凹頭...

  • コマクサ(駒草) 2022

     多くの人がすぐわかる花と言えるが、「高山植物の女王」とも呼ばれておる。 他の植物が生育できないような、厳しい環境に生育する美しい花ということじゃな。  近年では園芸店でも購入できるため、自宅で育てる人までいるようじゃな。  じゃが、高山植物の女王と呼ばれる花は、やはり山で自生するものを見るべきじゃろう。 変わった花にも見えるため、ラン科の花?と一瞬思いそうじゃが「ケシ科」の花じゃ。  花茎の先に...

  • エゾノキリンソウ(蝦夷麒麟草) 2022

     ベンケイソウ科の多年草「多肉植物」の一つじゃ。 北海道と、本州・四国の一部の、海岸崖地から山地の草地や岩場などに生育する多年草。  花は茎頂に集散状で、多数がやや密につく。 花弁5~6個で離生し、濃黄色、披針形で鋭頭、萼片は基部で合着し、萼筒は長さ1~2mm。 萼裂片は線形~広線形で花時には直立する。 雄しべは2輪につき、直立し、長さ約5mmほどで、裂開前の葯は赤~赤紫となる。  草丈5-20cmの...

  • エゾウコギ(蝦夷五加木) 2022

     ウコギ科の落葉低木で、別名は「ハリウコギ」。 薬用植物で根皮を薬用として用いる。 Webで検索すると花などの記載は稀で、多くが薬用としての記事だらけじゃな。  夏に長い花柄の散形花序をつけ、小花は球状に広がる。 花弁は黄緑色で3~6個あり、雄しべは花弁に対生する。 果実は楕円状で秋に黒紫色に熟す。  花だけを見ると、イケマ(キョウチクトウ科)にも似て、小さな花が付き全体が球状に見えるのぅ。  エゾ...

  • オオウバユリ(大姥百合) 2022

     本州中北部から北海道に多く見られるユリ科の植物じゃ。 本州で見られる「ウバユリ」よりも大きく、2mほどになるものもあり、花を付ける数も多いんじゃ。  低地~山地のやや湿った落葉樹林内などに生え、茎の高さは100cm~150cm(稀に2m)。 北海道ではちょっとした草地などでも普通に見られる植物じゃな。 茎の上部に長さ10~15センチの緑白色の花を10~20個つける。  花のつき方は総状花序(柄のある花が花茎に均等...

  • ヤエムグラ(八重葎) 2022

     アカネ科の越年草で、全国で道端の雑草としてごく普通にみられる。 鋭いトゲだらけで、種子はひっつき虫の性質も持っておる植物じゃ。  茎の節ごとに狭い倒卵形の葉を8枚ほど輪生する。 茎には下向きの棘があり、他の植物に寄りかかり、棘を引っ掛けながら立ち上がり50cm~1mほどに成長する。 花以外は鋭いトゲだらけなので、素手でこすったりすると怪我の危険性もあり注意必要じゃな。  茎の先や葉腋から花序をだし、直...

  • コバンコナスビ(小判小茄子) 2022

     欧州の沼沢地に分布していたが、帰化植物となり、道端や空き地に群生する無毛の多年草。 ヨウシュコナスビ、コバンバコナスビ、コインウォーターチェーンという別名も持っておる。  地面を這って広がるのでグランドカバーとして利用されるが、自然界は逸脱している植物じゃ。 成長速度が速く、他の植物に覆い被さることがあるため、育成には入念な注意が必要じゃな。 「コナスビ」との違いは葉が丸みを帯び、茎に毛が無いこ...

  • ノゲシ(野芥子) 2022

     キク科「ノゲシ属」の植物の一種で、別名ハルノノゲシ、ケシアザミとも呼ばれる。 日本各地の道端や畑に自生するが、ヨーロッパ原産で日本には史前帰化植物として入ったようじゃな。  花期は春から秋で黄色のタンポポのような花が咲く(花爺の地域では6-7月に多く見かける)。 葉には刺状の鋸歯があるが柔らかく触っても痛くないのが特徴じゃな。 頭花は黄色~白黄色で、多数の舌状花だけからなり、筒状花は無い。  葉色...

  • イソツツジ(磯躑躅) 2022

     ツツジ科イソツツジ属の常緑小低木で高山植物じゃな。 磯が付くから海沿いにあるかと思いきや、亜高山・高山に自生するんじゃよ。  北海道、本州の東北地方に分布し本来は「エゾツツジ」と呼ばれるはずであった。 それが間違って「イソツツジ」と伝わったと言われておる。 花期は6-7月で、枝の先端の散房花序に多数の花をつける。 花冠は離生し、花弁は白色で5枚、長さ5mmになり、雄蕊は10本ある。  花だけ見ればバラ科...

  • ノイバラ(野茨) 2022

     バラ科の落葉性のつる性(半つる性)低木で、ノバラ(野薔薇)ともいわれておる。 日本のノバラの代表的な種で、沖縄以外の日本各地の山野に多く自生する。 解説によっては「野生のものをノバラ」 「栽培のものをノイバラ」と分けたものもあるようじゃな。  円錐花序に花が多数つき、花数が少ないと散房花序になる。 苞は早落性で花は直径1.5~2㎝の白色(まれに淡紅色を帯びる)の五弁花で、花弁の先が凹む。 花柄は長さ1....

  • チシマアザミ(千島薊) 2022

     別名は「エゾアザミ」と呼ばれ、北海道の山間部などでよく目につく種類じゃ。 アザミは変異が大きい植物で、見分けが厄介でもあるんじゃよ。  北海道の高山帯に多いが平地でもよく見られるアザミじゃな。 草丈1~2mの多年草で、茎は太く直立し無毛(一部では有毛)。 変異が多いことで地域名を冠した和名のアザミも多いんじゃ。  花期は6-9月で頭状花序は径4~5cm、下向き。総苞に蜘蛛毛がある。 筒状花のみで舌状花...

  • エゾタツナミソウ(蝦夷立浪草) 2022

     近畿地方以北~北海道で見られるシソ科「タツナミソウ属」の花じゃ。 「タツナミソウ」に似るが、北海道には自生しないので、見間違いは少ないじゃろう。  草丈は15-40cmほどじゃが、実際はもっと小さいものも多く見かける。 シソ科によくある四角い茎をしており、葉は長さ2~4センチの卵状3角形で、鈍鋸歯があり、対生する。 花爺の地域では6月後半~7月に見られる花じゃな。  花は茎の上部に短い穂状に2cm程度の唇形...

  • オオハナウド(大花独活) 2022

     北海道、本州近畿地方以北に分布する大型のセリ科の植物じゃ。 花の造りと、剛毛だらけの茎や葉で見分けることは簡単になるんじゃよ。 花期は地域によって開きがあり5-9月(花爺の地域では6-7月)。 茎頂か、分枝した先端に、いかにもセリ科らしい大型の複散形花序をつける。  花は白色の5弁花で、中央部と周辺部の花弁形は異なり、周辺外側の1花弁が大きく2深裂し、左右相称花となる。 この特徴を押さえておけば、似た花...

  • ギンリョウソウ(銀竜草) 2022

     ツツジ科ギンリョウソウ属(シャクジョウソウ亜科)の多年草。 腐生植物としてはもっとも有名なものの一つで、別名「ユウレイタケ」とも呼ばれておる。  かつては「イチヤクソウ科」の仲間じゃったが、現在の分類ではツツジ科じゃな。 花の仲間というよりキノコか?と思う人もいるようじゃ。 地下から花茎を伸ばし、最大約15cmほどまで伸びるが、色素はなく全体が透けた白色。 花が咲くと柱頭は紺色となり、茎には鱗片状の...

  • サイハイラン(采配蘭) 2022

     北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の林床に自生するラン科の植物じゃ。 和名の由来は、花序の様子を戦場で指揮官が兵を指揮する「采配」に見立てたもの。  花茎は直立し、高さは30-50cmになる。 花期は5-6月(花爺の地域では6月)で、淡紫褐色の花を総状花序に10-20花を下向きにつける。 特に珍しい花ではなく、多くの地域で見られる花じゃな。  外側に萼片3個、内側に花弁3個がある。 下側は唇弁で、先端で3裂...

  • エゾスカシユリ(蝦夷透百合) 2022

     北海道を代表する原生のユリじゃろう。 原生花園などに群生が見られるが、特に道東地域では草地などで見られる。  北海道の道東北を車で走っていると、普通に路肩や切り崩した斜面などで見かけるユリじゃ。 花期は6月中旬〜7月頃。草丈は20〜90cm程度で花色は主に橙色。(色は濃淡がある)  直径10cmほどの花を1~5個ほど、上向きに花を咲かせる。 花被片は6枚が基本で、上部が外側に反り返っており、花被片の内側には濃...

  • エゾキヌタソウ(蝦夷砧草) 2022

     アカネ科ヤエムグラ属の多年草で北海道に自生する植物じゃ。 原野や山地の日当たりのよい草地に生育するが、市街地の草地で見ることもある。  茎は直立して高さ 30 - 70 cm,やや硬く,4稜があり,まばらに短い毛が生えている。 茎の上部の葉腋から円錐状の集散花序を出し,多数の花を付ける。  花冠は杯形で白く、径3mm前後、先は4裂ときに5裂する。 雄蕊は4個あり、子房は2室に分かれ、各室に1個の胚珠がある。  葉...

  • ハクウンボク(白雲木) 2022

     エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木で、別名「オオバジシャ」とも呼ばれる。 樹高は15mにも達するため、綺麗な花を見過ごすことも多いんじゃ。  花爺も好きな花じゃが、高い場所に咲くと見落とすことが多いんじゃ。 葉は、互生し葉身は長さ10-20cm、幅6-20cmと大型であり、花はその下の陰に咲くんじゃよ。 花期は5-6月で枝先に長さ8-17cmになる総状花序をだし、白色の花を20個ほど下向きにつける。 小花柄は長さ7-10mmあり...

  • オニシモツケ(鬼下野) 2022

     バラ科シモツケソウ属の多年草で、別名、ケナシオニシモツケ、ウスゲオニシモツケ。 本州の中部以北・北海道の山地から深山の沢沿いや、やや湿った場所に自生(群生)しておる。  花期は6-8月で、白色かときに淡赤紫色の小さな5弁花を散房状につけ、花序には短毛が密生するのが特徴。 雄しべが花弁よりも長いため線香花火の様で可愛らしいじゃろう?  花は直径6-8mmで散房状に多数つき、白色またはやや紅色を帯びる。(蕾...

  • ジンヨウイチヤクソウ(腎葉一薬草) 2022

     北海道、本州中部地方以北に分布し、低山から亜高山の針葉樹林の林床や林縁などに生育する。 ツツジ科の小さな花で、名前の腎葉のように腎臓の形に似た葉をしておるんじゃ。  花期は6-8月で、葉の間から高さ6-15cmになる花茎を伸ばし、総状花序に2-6個の花が下向きにつく。 花茎に1個の小さな線形の鱗片葉をつけるが、無いこともある。 萼片は緑色で5個あり、卵状円形で先は円く、長さ幅ともに約1mmになる。  花は緑白色...

  • ハタザオガラシ(旗竿芥子) 2022

     ※次週の最初の掲載は、PC入れ替えの関係もあり、1-2日遅れる可能性ありそうじゃ。   PC本体や液晶モニタなど、全て入れ替えてソフトも一から入れ直すつもりで、時間が掛かるかもな。 さて、花を見れば「いかにもアブラナ科」という感じの花じゃな。 ヨーロッパと北アフリカの地中海沿岸地方西部が原産じゃが、今ではほとんど全世界に帰化しておる。  草丈20~120cmの1年草で、茎は直立し上部でよく分枝する。 茎...

  • ムラサキウマゴヤシ(紫馬肥し) 2022

     アルファルファ、ルーサンとも呼ばれ中央アジア原産、主に牛の牧草として扱われておる。 他にはウサギの餌としてペットショップでも売られておるようじゃな。  牧草として導入された高栄養のマメ科飼料じゃ。 牧草としての栽培は、明治以降北海道で広まったもので、草丈は0.6~1m程になり、茎は直立し葉は3出葉。 花は同類のクローバーや他のマメ科の花と同じ構造じゃな。  総状花序は球形~やや細長い形になり、1つの花...

  • ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草) 2022

     ツツジ科イチヤクソウ属の常緑の多年草。(以前はイチヤクソウ科だった) この可愛らしい草本の花がツツジ科?と思ってしまうんじゃ。   花期は6-7月頃で、葉の間から長さ15-25cmになる花茎を伸ばし、総状花序をつけ、8-15個の花がつく。 花茎は赤みを帯び、1-3枚の広披針形の鱗片葉がある。 苞は狭長楕円形で先は急に短くとがる。萼片は5個で離生し狭卵形で、長さ2-3mm、幅1-1.5mmになる。   花は桃色から濃桃色、花弁...

  • バイケイソウ(梅蕙草) 2022

     この植物はユリ科が本来の基本じゃが、シュロソウ科とかメランチウム科とも分類される。 APG植物分類体系ではイマイチ統一感がない部分もあるようじゃな。  日本では北海道~九州の山地から亜高山帯にかけての林内や湿った草地に分布しておる。 多年草で全体に粗剛で、高さ0.6~1.5(2)m。根茎は短く太く、太い根を多数出す。 花が咲く頃には立派な葉が枯れ始める変わった性質じゃな。  茎頂に円錐花序様の複総状花序を出...

  • コケイラン(小蕙蘭) 2022

     ラン科「コケイラン属」の多年草で、別名、ササエビネ、ヒメケイランとも呼ばれておる。 黄色のラン科の花ではよく目にする花じゃろうな。  北海道~九州に分布し、ブナ帯林などの山地の湿り気のある林内に生育する植物じゃ。(北海道はブナは無い) 地下の偽球茎から1-2個の葉と1個の花茎を出す。 葉は長さ20-30cm、幅1-3cmの倒狭披針形から線状倒披針形。  花期は5-7月(花爺の地域では6月) 高さ30-40cmになる花茎が...

  • ヤマブキショウマ(山吹升麻) 2022

     バラ科ヤマブキショウマ属の多年草で、雌雄異株の植物じゃ。 北海道から九州と広い範囲で見られる花で、若いうちは山菜として利用されておる。   花期は6-8月で茎先に枝分かれした円錐状の総状花序をつける。 花序の長さは10-30cmになり、黄白色の小さな花を多数つける。   花は径約2.5mm、萼は歯状に5裂、花弁はへら形で5個、雄蕊は花弁より長く、多数ある。 雌花に子房が3個あり直立するが、果時には逆を向く。 雌雄...

  • エゾノハクサンイチゲ(蝦夷白山一華) 2022

     ハクサンイチゲの大型種で、北海道から東北地方北部の高山帯に分布する高山植物じゃ。 ハクサンイチゲとの違いは、葉の幅が広く先端がとがらないこと、花の柄が短いこと。  北海道の高山で見られる「高山植物の定番」と言えるほどポピュラーな花じゃ。 高さは15cm-40cmほどで、群生しているのもよく見かける。 花爺が好きな花の一つじゃ。  花は散形状に2~6個つくが、白色の花弁のように見えるのは萼片で5~6枚ある...

  • エゾノクサイチゴ(蝦夷の草苺) 2022

     北海道の東部や北部で見られるバラ科「オランダイチゴ属」の花じゃな。   草たけ10cm~15cm、花茎に3~6個の白い花を咲かせ、径1.5cm~2cm、花弁は白色で5個。   雄しべは雌しべよりはるかに長いのが特徴。 シロバナノヘビイチゴに似るが、より多毛で、花柄の毛も開出している。   エゾノクサイチゴの根出葉は3出複葉、小葉の側脈はきれいな平行線となる。  普通のイチゴと同じく赤い実を付け、もちろん普通に食べ...

  • ニセアカシア(ハリエンジュ「針槐」) 2022

     植物学上の標準和名はハリエンジュ(針槐)で、日本には1873年に渡来したものじゃ。 最初は北海道に多く植えられたようで、あっという間に広がったんじゃ。  「アカシア」と呼ばれていたが、本来のアカシア(ミモザ)が入り、区別するために「ニセ」が付いたようじゃな。 花期は初夏(5 - 6月)で、白色の総状花序で蝶形花を下垂する。 強い芳香のある白い蝶形の花は、10-15cmほどの房状に大量に咲かせる。  いかにもマメ...

  • オオカサモチ(大傘持) 2022

     セリ科の大型植物で、別名で「オニカサモチ」とも言われておる。 茎は直立し、高さは0.5m~1.5mに及ぶが、2mに達するものもあるんじゃ。  茎頂と分枝した先端に大型の複散形花序をつけ、数十個の小散形花序をつけるのでよく目立つのぅ。   小花柄は40-50個あり、1つの花は直径約3mmの白い5弁花。 花序の基部にある総苞片は長さ3-6cmの広線形で、しばしば羽状に切れ込む。 小散形花序の基部の小総苞片は長さ0.4-1.4cmの線...

  • シウリザクラ(しうり桜)  2022

     バラ科のサクラ属の樹木で、ミヤマイヌザクラ、シオリザクラとも呼ばれておる。 高さは20mにも達する高木じゃな。花爺が好きな真っ白の花を咲かせる。  似た花では「エゾノウワミズザクラ」があるが、花爺は遠くからでも区別できるようになった。 シウリザクラの花弁と雄しべは同じ長さ、花弁のほうが雄しべより長いのがエゾノウワミズザクラじゃ。  本州の中部地方以北、隠岐の島に分布するが、北海道に多く、ウワミズザ...

  • ゴゼンタチバナ(御前橘) 2022

     北海道、本州、四国に分布し、亜高山帯-高山帯の針葉樹林下や林縁に生育する植物じゃ。 和名の御前橘を見れば、高貴な花なのか?と思ってしまうじゃろう。 白山の最高峰『御前峰』で発見されたことが名前の由来なんじゃ。  茎頂に1個の花柄を出し、1個の花に見える花序をつける。 花序は直径2-4cmで、4個ある白色の卵形で花弁状のものは総苞片で、長さ0.7-1cmほど。 本物の花は小さく、黄緑色で真ん中に10-35個が集まって...

  • エゾレイジンソウ(蝦夷伶人草) 2022

     本州中部以北~北海道で見られるキンポウゲ科「トリカブト属」の植物じゃ。(北海道のみ自生という説もあるが) エゾトリカブトは猛毒じゃが、こちらの「エゾレイジンソウ」も有毒なんじゃ。(毒成分は異なる)  葉を見てもトリカブトとソックリじゃな。 「オオレイジンソウ」という仲間もあり、判別は難しいようじゃが北海道では、殆どがエゾレイジンソウだとか。  山地~亜高山帯の林縁や沢沿いに生え、茎の高さは50~...

  • ワスレナグサ(勿忘草) 2022

     日本では野生化もしておるが、本来は外来種じゃな。 ムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称であり、シンワスレナグサが和名なんじゃ。  春から夏にかけて薄青(紫)色・鮮青(紫)色・白色・ピンク色などの6–9ミリ径の小さい5弁の花を咲かせ、  花冠の喉に黄色・白色の目(小斑点)を持つ。   萼は倒円錐形でほぼ同形に5浅裂し、裂片は正3角形で細く先がとがり、筒部より短く、外面には筒部とともに伏毛がある。 花柄は果...

  • ウスベニツメクサ(薄紅爪草) 2022

     海岸や道端の荒地に生える帰化植物じゃ。 北半球の温帯全域に自生するが,日本では北海道や本州に帰化したものじゃ。  1~2年草で、高さは5~30センチ、よく分枝し、地表をのびる。 葉は対生で長さ1~1.5cmで幅0.5~1mm、ツメクサの名のとおり多肉的じゃ。  花は全体に淡紅色(中心部がやや白くなることもある。)、直径約5㎜。 雄しべは6~10(普通10又は8)個、花柱は3個、萼片は長さ2~3.2㎜で腺毛が多い。  茎...

  • ハルジオン(春紫菀) 2022

     ハルジオンとヒメジョオンは、よく比較されながらも判別が難しい花じゃな。 北米原産じゃが世界に広がり帰化しておるようじゃ。  舌状花の色は白、ピンク、薄紫などである。 黄色い大きな筒状花の回りに車状にきれいに並ぶ。 蕾はうな垂れる。  多年草で、背の高さが30 - 80センチくらい、蕾がうな垂れるのも特徴の一つじゃ。 花びらの様なところを舌状花冠と言うが、ハルジオンの方は、細くて数が多く、  一方のヒメジ...

  • ツマトリソウ(褄取草) 2022

     サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草で、ツマトリのツマは妻ではくて「褄」なんじゃ。 花弁の先端にしばしば淡い紅色の縁があり、その色の入り方が鎧の威色目の一つである褄取りに似ているため。  先端の葉腋から花柄を伸ばし、白色の径1.5-2cmの花を上向きにつける。(縁がピンクのこともある) 花冠は7弁(or6~8)に分かれて咲き、雄しべは7個、雌しべは1個ある。  北海道、本州、四国に分布し、亜高山の草地、半陰地、...

  • クロユリ(黒百合) 2022

     ユリ科の植物じゃが、通常のユリとは属が異なり「バイモ属」に属する特殊な花じゃな。 北海道以北に自生するものは「エゾクロユリ」と呼ばれたりもする。  花は鐘状で、茎先に1-数個を斜め下向きにつける。 花被片は6個で楕円形、暗紫褐色または黒紫色になり、網目模様があり、内面の基部に腺体がある。  中部以北~北海道に自生する植物じゃが、染色体の違いから分けられておるんじゃ。 北海道のものは染色体数が3倍体で...

  • ユキザサ(雪笹) 2022

     かつては「ユリ科」の植物じゃったが、分類法の変更で「クサスギカズラ科」となった。 和名は花が白いので「雪」にたとえ、葉がササ(笹)に似た形状によることからじゃ。   薄暗い場所でよく見かけるため、白さが一層際立つ花じゃな。 花期は5-7月。茎先に円錐花序をつけ、小さい両性花を多数つける。  花序と花柄にも粗い毛が多いく花被片は白色で6個、長楕円形で幅は狭く、平開する。 雄蕊は6個あり、花被片より短い...

  • ホウチャクソウ(宝鐸草) 2022

     「イヌサフラン科」の植物で日本全国に分布しておる。 雑木林などの樹間のひらけた場所に群生し、初夏に地味だが白から緑へのグラデーション花をつける。  先端の葉の付け根から長さ2cmほどの花が1-3個垂れ下がって咲く。 花被片は6枚(3枚の花びらと3枚のガク)で合着しないが、開かないので筒状に見える。  雄しべは6個、花糸は長さ約2㎝、基部に微細なパピラ(乳頭状突起)があり、花被片よりやや短い。 葯は長さ5~6...

  • イブキトラノオ(伊吹虎の尾) 2022

     北海道から九州の山地帯から高山帯に分布し、日当たりのよい草地に群生する植物じゃ。 北海道~北陸に見られるものを「エゾイブキトラノオ(アミメイブキトラノオ)」と分ける場合もあるのぅ。   30cmから高いものは100cmを越え、先端に長さ6cm前後の白色か淡紅色の花穂をつける。 (今回の画像では白花のみとなっておる) 滋賀県伊吹山に多く、花穂が虎の尾に似ていることから、「伊吹虎の尾」と名づいたものじゃ。  明...

  • マイヅルソウ(舞鶴草) 2022

     北海道から九州の山地帯上部から亜高山帯の針葉樹林に多く群生する植物じゃ。 日本では北のものほど大きく、南のものほど小さく、南限の屋久島のものは葉が1cm程だとか。  茎は高さ10-20cmほど立ち上がり、途中に2枚のハート形の葉をつけておる。 花が咲かない芽は大きめの葉を1枚つけ、葉は幅が広くはっきりとした柄がある。 (葉裏に毛はなく、この点で近縁種のヒメマイヅルソウと区別できる)  花は茎頂の長さ2~8㎝の...

  • オドリコソウ(踊子草) 2022

     北海道~九州に分布し、野山や野原、半日陰になるような道路法面などに群生しておる。 シソ科オドリコソウ属の多年草じゃ。  花は白やピンク、クリーム色もあるようじゃが、花爺は白と淡いピンクしか見ておらん。 普段通う山では白い花ばかりで、ピンク系はなぜか見られないんじゃ。 上部の葉腋に白色〜淡紅紫色の唇形花を密に輪生する。  葉も茎もいかにもシソ科らしい雰囲気を持っておるのぅ。 高さは30-50Cmほどにな...

  • オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) 2022

     野山の花が好きな人で、これを知らぬ人はおらんじゃろう。 オオバコ科クワガタソウ属の越年草で、路傍や畑の畦道などに見られる雑草じゃ。  早春の花として、花の撮影好きな人は必ず撮影するじゃろう。 花爺の地域ではアチコチで群生するほと、多くは見かけないが何とか探せるかのぅ。 ヨーロッパからの外来種で、本来は駆除対象になる植物じゃ。  花弁は4枚じゃが、それぞれ大きさが少し異なるので、花は左右非対称じゃ...

  • ヤブニンジン(藪人参) 2022

     セリ科ヤブニンジン属の多年草で、地域によって「ウマゼリ」ともよばれておる(新潟県など) とにかく花が小さくて見逃してしまうこともあり得るじゃろう。  この花は「線香花火のような」と表現されることが多いんじゃ。 外側に突き出るように両性花があり、中央に雄花があつまるという変わった形じゃな。  中程に集まる雄花は花柱が退化して雄しべ5個。 両性花はやや大きく、雄しべ5個と長い子房と発達した花柱2個があ...

  • ムラサキケマン(紫華鬘) 2022

     ケシ科の「キケマン属」の花で、キケマン属ながら紫色の花を付けておる。 ほぼ日本全土で普通に見られる草花じゃな。  花は茎の上部にびっしりと総状につき、紅紫色で長さ1.2〜1.8cm。まれに花が白いものもある。 花弁は4個で、外側の2個と内側の2個は形が異なる。 外側の花弁のうち上の花弁は後ろが袋状になって突き出て、内側の花弁2個は先端が合着している。  全草が有毒で間違って食すことがないよう注意が必要じゃな...

  • ムラサキハシドイ(紫丁香花) 2022

     「ムラサキハシドイ」が正規な和名じゃが、「ライラック」で知られる落葉低木または小高木じゃ。 他に「ライラック(英名)」、「リラ(仏名)」などとも呼ばれておる。 今回は野生種ではなく、外来の園芸種の樹木の花じゃ。  ヨーロッパ原産で札幌市の樹木として知られておるのぅ(ライラックとして)。 日本に入ってきたのは1879年と言われておる。 円錐花序に紅紫色の花をつけ(色は濃淡がある)、花期:4~5月とされるが、か...

  • オオヤマオダマキ(大山苧環) 2022

     キンポウゲ科の植物で「ヤマオダマキ」の変種として扱われるようじゃな。※有毒植物じゃ ヤマオダマキと見た目で違うのは、花の後方の距と言われる部分が内側に巻いておることじゃな。  花期は6-8月と言われるが、花爺の地域では5月後半~7月じゃな。 花茎が高さ30-50cm程度に育つとの説明が多いが、現実は80cm~1mに達するものも多いんじゃ。  花は下向きに咲き、花の径は3-3.5cm、萼片は5個で狭卵形、花弁も5個で長さ1...

  • クリンソウ(九輪草) 2022

     日本原産の花で、比較的湿潤な場所に生育し、せせらぎや渓谷の湿地などに時に群生しておる。 名前の由来は段になって輪生する花の様子を、仏塔の先にたつ「九輪」に見立てたものじゃ。  花季となる4-6月にロゼット状の葉の中心から花茎が伸びる。 花は花茎を中心に円状につき、花の色は濃い紅紫色(径2-2.5cm)が普通だが、ときにピンクや白も見られるんじゃ。 ※基本はピンク・紅色が中心で白や黄色は園芸種の場合が多い(...

  • クルマバソウ(車葉草) 2022

     アカネ科ヤエムグラ属の多年草じゃ。 葉の形や大きさに違いがなく、放射状、車輪状に見え、そのつき方から「車葉」の名が付いたものじゃな。 北海道、本州に分布し、林中の木陰などに生育し群生が多い花じゃ。  花期は5-7月で、茎先に2-3出状の集散花序を出し、4-12個の花をつける。 萼筒は半球形または鐘形になり、黄緑色で、短毛が生える。 花冠は白色漏斗形で、先は4裂し、花冠裂片は卵形となり、雄蕊は4個あり、花柱湯...

  • ハルザキヤマガラシ(春咲山芥子) 2022

     日本の侵略的外来種ワースト100に入り、「要注意外来生物」に指定されておる。 本来はあまり取り上げたくない植物ではあるんじゃが・・・ 「フユガラシ」とも呼ばれ、ヨーロッパ全体を原産地をする植物じゃ。   花は鮮黄色の十字形花で、直径6〜8mm、花柱は子房とほぼ同長で、果実の嘴は長さ1.8〜3mmで幅より大。 種子と根茎の双方により繁殖する=繁殖力の強い外来種らしいのぅ。  種子と地下茎で繁殖し、ロゼットで越...

  • シャク(杓) 2022

     セリ科シャク属の多年草で別名も多く、ヤマニンジン、ニンジンパ、コジャク、ワイルドチャービルなどと呼ばれる。 花としての興味もあるじゃろうが、もっぱら春の山菜としての記事も多いようじゃな。  花は5弁花で、花弁は白色、花序の周辺花の外側の2花弁が大きいのは「オオハナウド」のイメージもあるのぅ。 5本の雄しべは、5枚の花びらと互い違いにつく。中央の花盤は2つにくびれ、それぞれに細長い柱頭がついている。 ...

  • オオカメノキ(大亀の木) 2022

     レンプクソウ科ガマズミ属の落葉低木‐小高木で、別名「ムシカリ」ともよばれる樹木じゃ。 北海道~九州で普通に見られる樹木で、4-6月に白い花を付ける。  山地に生え、高さ2-6mになる落葉小高木で、枝がよく分枝して横に広がる性質があるようじゃな。 春先に山で低木の白い花...となれば、ほとんどがオオカメノキじゃろう。  花序の中心には、実のできる両性花がつき、その周りに直径2~3cmのアジサイに似た白い装飾花を...

  • クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草) 2022

     北海道、本州、四国、九州に分布し、山地帯から亜高山帯の林下に生育する植物じゃ。 かつてはユリ科に分類されておったが「シュロソウ科」となり、ツクバネソウ属の多年草じゃな。  茎の高さは20-60cmになり、葉は6-8枚が輪生し、葉身は倒披針形で長さ5-15cm、  幅1.5-4cmになり先端は鋭くとがり、葉柄はなく葉の縁は全縁になっておる。  茎の先端に花柄を長く伸ばし、1個の淡黄緑色の花を上向きにつける。 花は直径4-6c...

  • レンプクソウ(連福草) 2022

     別名、ゴリンバナ(五輪花)と呼ばれる面白い花なんじゃ。 横向きの花4個と、その上に乗った花が1個で、合わせて5輪の花がつく。  花期は3月-5月で、花は小さく黄緑色、茎先に5花がほぼ無柄で頭状に集まり、径4-6mmになる。 一つの集まりで4-6mmじゃから、一つの花の小さいことがわかるじゃろう。  頂部の花は萼が2裂、花冠が4裂、雄蕊が8個となり、側面の4花は萼が3裂、花冠が5-6裂、雄蕊が10、12個となる。 上の花と横...

  • オオアマドコロ(大甘野老) 2022

     「アマドコロ」の大型種として名づいたものじゃな。 花弁が開かないため、花と言うより最初から実がなっているように見えたりするのぅ。  アマドコロ にくらべ2倍近く高くのび、花も大きく、液果が2~4個ずつつくんじゃ。 葉腋に白い筒状で先の6裂した花が2~4個ずつ垂れ下がっておる。    花は長さ2~2.5センチで、先の方は緑色が濃くなっておるのぅ。 茎の上部のは雄花で、下部のは両性花という変わった構成じゃな。 ...

  • エゾニワトコ(蝦夷接骨木) 2022

     北海道、本州(関東以北)の低地~山地の林内や林縁などに生え、高さが2~5メートルになる落葉低木じゃ。 花はクリーム色で特に目立たないが、花後の真っ赤な実は非常に目につくじゃろう。  枝先の円錐状花序に直径5mm-7mmのクリーム色の花を多数つける。 花弁は5深裂し、外側に反り返っておる。雄しべは5個じゃな。  日当りの良い場所に生えるスイカズラ科の低木で、独特の香りがするんじゃ。 アイヌ文化では、この木の...

  • ミヤマオダマキ(深山苧環) 2022

     キンポウゲ科オダマキ属の多年草で、北海道~中部地方以北に分布する高山植物じゃな。 園芸品種として改良されたものが多く出回っておるようじゃな。(北海道では平地でも見られるのぅ)  オダマキの仲間は野生種でも園芸種でも種類は豊富なようじゃな。 野生種は高さ10-25 cmほど、花期は6-8月で先端に数輪の花をうつむき加減につけるんじゃ。  花の直径は3-4cm、青紫色の部分は萼片で白い部分が花弁でどちらも5個ずつあ...

  • ツバメオモト(燕万年青) 2022

     北海道から奈良県以北の本州の山地帯上部から亜高山帯の林内に分布する植物じゃ。 それ以外の地域でも僅かに残り、絶滅危惧種として県単位での指定があるが、環境省としての指定はない。  山岳地帯などでは「ひっそりと咲くツバメオモト」などと言われておる花じゃな。 特徴は、なんといってもとても大きな葉で、20cmほどの大きさになるんじゃよ。 花の咲く期間は短めで、すぐにしぼんでしまうため、見逃してしまうことも多...

  • ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓) 2022

     北海道~関東・中部地方の亜高山帯~高山帯に生える、ツル性の高山植物じゃ。 長さ30~100cmになり、枝は低木などにからんで長く伸びておる。  茎は木質化をする。葉は2回3出複葉で、向かい合って生える(対生)。 葉の脇から柄を伸ばし、径3センチ程の濃い紫色の花を下向きに1輪ずつつけておるのぅ。  小葉の形は卵形で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)が見られる。 葉の質は薄い。  6月から8月上旬にかけて、枝先に...

  • フデリンドウ(筆竜胆) 2022

     日本では北海道~九州で、山地の林内や日当たりの良いやや乾いた草原に自生する花じゃ。 高さが5-10cmほどしかない、小さなリンドウじゃが好きになる人が多いようじゃのぅ。  春~初夏の登山時に道の脇などでよく見かける小さな花じゃ。 気づかずに踏まれていたりすることも少なくない・・・目に入らない人も多いんじゃろうな。  花冠の先は5つの長い裂片と5つの短い裂片(副片という)に分かれている。 長い裂片の裏側は...

  • センダイハギ(千代萩) 2022

     歌舞伎の「伽羅先代萩」にちなんでつけられ,「先代萩」と書いたり,「仙台萩」と書いたりする。 本州中北部~北海道の海岸などに自生し、園芸用にも栽培されておる花じゃ。  名前だけ聞けば「萩の花」を思い浮かべてしまうじゃろうな。 花は萩よりも「ルピナス」に似ておると言えるのぅ。 茎先に総状花序を出し、マメ科らしく蝶形の黄色い大きな花をつけるんじゃ。  葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形...

  • アケボノセンノウ(曙仙翁) 2022

     別名は「レッドキャンピオン」でヨーロッパ原産じゃな。 観賞用に導入されたが、逸出して空地や河川敷などに帰化している多年草じゃ。  開花時期は5~6月で雌雄異株じゃ。 茎先に集散花序を出し、ピンクの5弁花を咲かせるが、花の色には濃淡があるんじゃ。 花弁の先は2つに深く裂け、花柱は5本じゃ。 萼筒は、雄花が円筒形、雌花が長い卵形で、毛がたくさん生えておる。  これと同様な花で白いものがあり「マツヨイ...

  • ズダヤクシュ(喘息薬種) 2022

     北海道~九州に分布し、亜高山帯、深山の森林内、林縁に自生する植物じゃ。 和名漢字を見ると「なるほど薬草か」とわかるじゃろう。  画像ではわかりにくいが、花の大きさは長さで5mm、幅で3mmほどで小さく、見逃されがちじゃろう。 花期は6月~8月で、花茎の上部に白色の5裂した花びらのような、萼を斜め下向きに多数つけるんじゃ。  総状花序は長さ8~25㎝で、密に腺毛があり、花は下から咲き上がる。 花の造りは卵形で...

  • ヒトリシズカ(一人静) 2022

     源義経が好んだ「静御前(しずかごぜん)」という女性が一人で舞っている姿に見立てたと言われる。 近縁種のフタリシズカがふつう花序を2本もつことと対比させているようじゃな。  葉がのびきる前に葉の中心から白い花穂を1個(まれに2個)伸ばす。(花爺は花穂4個まで見たことがあるぞ) 花には花弁も萼もなく、雌しべ1個と子房の横腹に雄しべ3個がつく。 雄しべの花糸は白色でよく目立つ。外側の2個の雄しべは基部の外側...

  • エゾノウワミズザクラ(蝦夷上溝桜) 2022

     ヨーロッパ北部とアジア北部に自生するサクラの一種で、北海道と青森県にのみ分布しておる。 アイヌ社会では、強い芳香が病魔を追い払うと考えられており、樹皮を煎じて薬用としたり、  枝をお粥に入れて炊き療養食として用いたり、疫病の流行時に枝を戸口に立てかけるなどしておったようじゃな。  花は直径14mmほどで、萼筒は杯型となる。花弁は円形または倒卵形で、白い。(5-6月開花) 一般のサクラのように先が割れる...

  • クサノオウ「草の黄(瘡の王)」 2022

     ケシ科「クサノオウ属」の花じゃが、日本全国で見られる植物じゃ。 薬草としても有名じゃが、毒草としても有名な花なんじゃな。  花は鮮黄色で直径約2cm、多数の雄しべの間に体をくねらせた青虫のような雌しべがある。 毛の多い2個の萼片は開花と同時に落ちる。さく果は長さ3〜4cmの細長い円柱形。 花期は4〜8月頃と言われるが、春から秋まで見かける花期の長い植物じゃな。  葉や茎を傷つけると、多種にわたる有毒アルカ...

  • オオバナノエンレイソウ(大花延齢草) 2022

     アレコレ出かけることが続き、少し更新できなかったが、今日から再開じゃ。 週末の土日は花の存在を確認する「北海道フラワーソン2022」にも参加しておった。 北海道全体(不参加地域もあり)で、同じ日にどんな花が咲いているかを調査するイベントじゃ。 5年に一度開催されるもので、花爺は初の参加じゃが、早朝から2日間動き回りヨレヨレになったぞ。 今回からまた更新じゃが、現状はまだ5月頃開花の花を掲載しておる。 ...

  • ノハラムラサキ(野原紫) 2022

     すまんが、ちょいと不在となるため次回の更新は20日過ぎの見込みじゃ。 週明けになるが、よろしく頼みますぞ。 ワスレナグサと見た目がソックリで区別が難しい花じゃな。 似たものでは「キュウリグサ」「エゾムラサキ」もあるが、細かな違いを図鑑で見てもわかりにくいじゃろう。  ヨーロッパ原産で1936年に千葉県で採集され、その後東北地方などへ広がったようじゃな。 葉と同形の苞葉の間に直径3mmほどの淡青紫色の花を...

  • スミレ(菫) 2022

     スミレ(菫)は、スミレ科スミレ属の植物の総称じゃが、今回は種としてのスミレを掲載した。 類似種や近縁種も多く、一般にはそれらを区別せずに「スミレ」と総称していることが多いのぅ。  花は、ラッパのような形の花を横向きかやや斜め下向きにつけておる。 5枚の花びらは大きさが同じでなく、下側の1枚が大きいので、花の形は左右対称じゃな。  多くの種類があって判別は難しいものじゃが、このスミレの特徴の一つは「...

  • センボンヤリ(千本槍) 2022

     キク科の多年草じゃが、頭花は春型と秋型の2型ある変わり者じゃ。 別名「ムラサキタンポポ」とも呼ばれるが、花の裏側が紫色なのが名前の元じゃろう。  春に径1.5cmの頭花をつける(春型)が、頭花には縁1列に舌状花がつき、中央には筒状花がついておる。 筒状花はめしべとおしべを備える両性花で、舌状花はめしべだけが機能する雌花じゃが、ややこしい造りじゃな。 花の色は白から赤紫で一般には白っぽいものが多いじゃろう。...

  • トガスグリ(栂酸塊) 2022

     ユキノシタ科の低木じゃが、北海道, 東北, 関東, 中部, 四国の一部に自生しておる。 地帯~亜高山帯の陰地のやや湿った場所を好んで生育するが、今は「絶滅危惧種」じゃな。  パッと見では「衣服のボタン」みたいな花じゃろ? 幹の下部は地面を這い、若枝は短い軟毛が生えておる。 群生の箇所も稀と言われるが、花爺が通う山では群生しておるんじゃ。  花は総状花序にまばらにつき、赤みを帯びた黄緑色の花じゃな。 花序...

  • コキンバイ(小金梅) 2022

     バラ科の「ダイコンソウ属」であるが、バラ科の黄色い花はみんな似ておるのぅ。  キンポウゲ科のキンバイソウ(金梅草)に似て、小型であることから名づいたそうじゃ。  北海道、本州中部地方以北に分布し、山地の高い森林の開いた土地に生育するんじゃ。 花期は5-6月で、根茎の先端から花茎が伸び、高さは10-20cmになり、先端に黄色の花をつける。  花弁は5個で平開し、花の径は2cmほどじゃな。 萼裂片は5個で披針形、...

  • 花のある風景 2022-2

     今回は花のある風景、その2として掲載じゃ。 たまたまアレコレ用事も重なってのぅ、説明無しの画像で済ませるものにしたんじゃ。 今回は3つの風景を乗せることにした。   近づくと芝桜の甘い香りに包まれる場所じゃな。   たかがタンポポ、されどタンポポじゃ。群生すると絵になることもあるじゃろう。   チューリップで有名なところで、ほぼ毎年訪れるが、飽きないところじゃな。 ※掲載写真はコンデジで撮影したも...

  • エゾキケマン(蝦夷黄華鬘) 2022

     ケシ科の花で、同属の「エゾエンゴサク」などと花の形は似ておるじゃろ? 解説により「越年草」「多年草」「二年草」などと、説明が異なっておるんじゃが・・・  エゾキケマンは「ミヤマキケマン」とそっくりで、種ができるまで判別が難しいと言われる。 しかし北海道で見られるものは、ほとんどがエゾキケマンと言う学者もおるようじゃな。  多年草なら同じ場所に毎年出てくると思うんじゃが、出るものもあれば、出ないも...

  • ツルシキミ(蔓樒) 2022

     花としてはあまり多く取り上げられない「ミカン科」の花じゃ。 基本種であるミヤマシキミの、北海道・本州の日本海側の多雪地帯に適応した変種と言われておる。  花期は5-6月、花は白色で、枝先に散房状の円錐花序を出す。花弁は4枚で、雄花と雌花が異なる。 これは雄花で直径8mmほどの花が密集して丸くついておる。 雄蕊と退化した雌しべが中央にある。  これも雄花じゃが、花は少ない方じゃろう。 積雪に適応して茎の...

  • ミドリニリンソウ 特集2022

     今年も多くのミドリニリンソウが見つかったんじゃが、探す回数は減っておるんじゃ。 今年の5月は異常に気温高めの日が多く、様々な草花の開花が早まった。 つまり花の終わりも早まってしまったんじゃな。 花が長持ちしないことで、探す期間・回数が減ってしまったわけじゃ。   ①ニリンソウは通常は白い花じゃが、時にはピンクがかった花も見つかる。 ②ピンクも可愛いもんじゃな。 そして今回のテーマのように、緑色への...

  • ニリンソウ(二輪草) 2022

     多くは1本の茎から2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっておるが、まれに1輪や3輪(4輪)のものもあるのぅ。 根茎で増えるため、群落を作ることが多いんじゃ。   常に2個の花をつけるとは限らず、1〜4個の花をつけることがあんじゃ。 図鑑によっては「2〜3個の花をつける」とあるが、確かに多くは2個か3個じゃろう。  白く見えるのは花弁ではなく、萼片なんじゃな。 2個または3個の花をつけるが、それらは同時に咲くのでは...

  • ザゼンソウ(座禅草) 2022

     独特の色合いと形であり、一度見れば頭の中に残る花じゃろう。 サトイモ科の花で、北海道~近畿などの冷涼地でみられ、全国で群生地もあるんじゃ。  仏像の光背に似た形の花弁の重なりが僧侶が座禅を組む姿に見えることで名づいたようじゃな。 花を達磨大師の座禅する姿に見立てて、ダルマソウ(達磨草)とも呼ぶそうじゃ。  中心部のクリーム色をした楕円形のものに、ブツブツついておるが、このブツブツの一つひとつが花...

  • フッキソウ(富貴草) 2022

     北海道から九州で見られるツゲ科の常緑小低木なんじゃが、見た目は草に見えるのぅ。 山地の林内で多く見られるが、近年ではグランドカバーとしても利用されるようじゃな。  春に白い花が穂になって咲き、穂の下の部分に雌花、上の部分に雄花がついておる。 雄花の4本の白い雄しべが大きく目立つが、根元に小さな萼片があり花弁はないんじゃ。  春に花を付けるが、秋には既に花の蕾状態になり、そのままで雪の下で春を待つ...

  • キジムシロ(雉莚) 2022

     北海道~九州、南西諸島などに自生するバラ科の黄色い花じゃ。 花爺の地域では、雪解け後の日当たりの良い場所に咲く春を代表するような花じゃ。  花は1茎の先に散形状に多数つき、直径は15mm~20㎜、黄色の5弁花。 萼片5(内萼片)5個は先が尖った卵状披針形、副萼片(外萼片)5個は披針形、副萼片の方が幅が狭く小さい。 雄しべ20個で雌しべは多数・・・  春には黄色い花が多いが、やや小さめで花弁と花弁の間が透いて...

  • オクエゾサイシン(奥蝦夷細辛) 2022

     本州の東北地方北部、北海道に分布し、山地の落葉広葉樹林の林下に生育する植物じゃ。 形が面白いことと、ヒメギフチョウ(北海道ではエゾヒメギフチョウ)の食草とされることが知られておる。  5月頃に茎先に1個の花をつける。花に花弁は無く、萼裂片が花弁状になる。 萼筒は濃紫褐色をおびた扁球形になり、萼筒の入口は狭く、萼筒径の半分以下の径になる。 萼裂片はやや三角状広卵形で先はとがり、平坦で外側に強く反り返...

  • エゾノリュウキンカ(蝦夷立金花) 2022

     リュウキンカの変種であるが、リュウキンカより大型であり、本州北部~北海道に自生しておる。 花というより「山菜」として思い浮かべる人も多いじゃろう。 別名;ヤチブキ   花に弁はなく、鮮黄色の花弁状の萼片がふつう5個あり、中心に雌しべが10個以上ふつう15個ほど、  雄しべはそれを取り囲むように多数つく。  雪解け直後の小川沿いなどの水辺や湿地に咲く。 黄色い花がよく目立ち、葉、茎、花も食用となること...

  • 花のある風景 2022-1

     時に個別の花の紹介以外に、花が一面に広がるような光景を載せておるんじゃが、 今回は2022年初の風景となるものじゃ。 特段の説明は無しにて掲載するので、景色の一部として見てもらえれば有り難いことじゃ。    このシリーズは不定期で、何となく思いつきで掲載となるじゃろう。  ※掲載写真はコンデジで撮影したものも多いんじゃ。(ピントが甘い)  素人じゃから花の名前同定でミスがあるかもしれんが、違ったら勘弁...

  • アズマイチゲ(東一華) 2022

     春先を象徴する「スプリング・エフェメラル」の花の一つじゃな。 見た目は清楚な感じの花で、陽射しが無いと開花しないのも特徴の一つじゃ。 ここ数年の動きとしては、かつての開花時期より前倒しで咲き出すことが多いんじゃよ。   白い花を茎先に1つつけ、花径は3、4センチくらいじゃな。 白い花びらのように見えるのは萼片で、8枚から13枚ある。  花の真ん中に雄しべがたくさんあり、その真ん中に雌しべがやはりたく...

  • キバナノアマナ(黄花の甘菜) 2022

     ユリ科の植物で本州中部以北~北海道に分布しておる。 中部以西と四国でもわずかながら見られるようじゃな。 地域によっては絶滅寸前らしいが、北海道ではそこらじゅうでドッサリ見られるんじゃよ。  花期は4-5月で、花茎の先に4-10個の黄色の花を散形状につける。(開花直後は黄緑色) 花被片は6枚、線状長楕円形で長さ12-15mmで、雄蕊は6個あり、花被片より短い。  画像には「エゾエンゴサク」との共演が多いが、花爺の...

  • エゾエンゴサク(蝦夷延胡索) 2022

     本州の中部以北の日本海側と東北~北海道に分布とされておったが、近年変わったそうじゃな。 北陸周辺~東北のものは別種の「オトメエンゴサク」であると、区別されることになったとか。 花爺もよくわからんが、エゾエンゴサクは国内では北海道に分布すると言う事じゃな。   北海道では平地から高山まで見られる植物の一つじゃ。 初夏の頃に地上部は枯れてなくなり、翌春まで地中の地下茎で過ごす「スプリング・エフェメラ...

  • ナニワズ(難波津) 2022

     夏になると葉が全部落ちることから、付けられた別名が夏坊主(蝦夷夏坊主)じゃな。 秋には葉を付け春の花の準備をした状態で、雪の下で春を待つんじゃ。  地を這うように広がっているが、見た感じでは「ツルシキミ」とか「フッキソウ」と間違ったりするかもしれんのぅ。 雪が解ける前から黄色の蕾を見せておるが、実際に開花するまで暫く待つことになるんじゃ。  本州の北陸、東北~北海道の山地に分布し、山林中に点々と...

  • フクジュソウ(福寿草) 2022

     ようやく春の花も増え始めたようじゃのぅ。 2022年撮影の花を掲載できそうなので、スタートすることにしたぞ。 不定期更新じゃが、夏場はそれなりに花もあるので頻度多めじゃな。 (冬場は花も無いので未掲載の花を週3ほどで更新予定) ※図鑑としてのブログでは無いので、詳細な説明は省略しておる) 雪解け後の最初の花としてのイメージは、やはり「フクジュソウ」じゃろう。 別名には、元日草、福神草、福徳草、長寿草、...

  • タカネトウウチソウ(高嶺唐打草) 2021

     さて、ようやく北海道にも春がやってきたようじゃな。 晩秋から花が絶え、春までは気に入った花などを掲載してきたが、そろそろ新年の花に移行しようかのぅ。 2021年の花は、中途半端になるが、今回で区切りをつけようと思う。 次回は5月に入ってからGWの最中くらいにスタートの予定じゃ。 不定期ながら、花の多い時期には複数掲載も考慮しようと思っておる。 まぁあまり期待せんでも、時にのぞいてもらえると嬉しいんじゃ...

  • リシリリンドウ(利尻竜胆) 2021

     北海道の高山帯(利尻、夕張、大雪山系)の湿った草地などに生える花じゃ。 名前に「リシリ」が付くが、利尻島で発見されたことによるもので、道内の山でも見られるんじゃ。  花爺は利尻島は行けないので、大雪山で見ておるんじゃ。 ミヤマリンドウなどに似るが、花の色が特に濃い紫色で、副片が花冠の内側を塞ぐところが異なる。  別名があり「クモマリンドウ」と呼ばれるが、まさに雲間に咲くような花じゃな。  高さは...

  • チシマノキンバイソウ(千島金梅草) 2021

     高山植物でおなじみの「シナノキンバイ」の北海道版で、シナノキンバイの母種とも言われておる。 シナノキンバイよりも、草も花も大きく、派手で豪快な感じもあり、大雪山などで群生しておるのぅ。  花は単生または集散状に2~3個つき、橙黄色でパラボナアンテナ形で、径3~6cmと大きい。 花弁状の萼片は5~14個あり、平開する。 花弁は一重のものや八重っぽいもの、縁が滑らかなものやぎざぎざしたものなど、個体...

  • イワブクロ(岩袋) 2021

     ゴマノハグサ科の多年草で、別名「タルマイソウ(樽前草)」で樽前山で多く見られる花じゃ。 北海道から東北地方の高山帯に分布する高山植物で、火山系の山の岩場や砂礫地に多い。  花柄は太く萼とともに腺毛と長毛がある。萼は鐘形で、5深~全裂する。 花冠は淡紫色で、上唇は2裂、下唇は3裂し、裂片は鈍頭、外側に長い軟毛がある。(蕾のときは上唇が下唇を包む) 雄しべは4個で花筒内にあり、下側の2個が長い。上側に長...

  • エゾタカネツメクサ(蝦夷高嶺爪草) 2021

     北海道の高山の砂礫地や岩場に生える多年草じゃ。 本州の中部地方の高山に分布する「タカネツメクサ」の母種で、葉や花がやや大きいのが特徴。  「ツメクサ」と名づいておるのは典型的なナデシコ科の植物じゃな。 花弁は5枚で倒長卵形、先は裂けない。 草丈は5-6cmで、花期は7-8月じゃな。  やや肉質の葉は針形で1脈、縁はほとんど無毛。 ハコベ属の場合は花弁が深く2裂するが、タカネツメクサ属の場合は裂けずに全縁な...

  • クモマユキノシタ(雲間雪の下) 2021

     国内では北海道の高山でしか見られない「ユキノシタ科」の植物で、別名は「ヒメヤマハナソウ」じゃ。 ヤマハナソウに似た小型の花ということで「ヒメ」が付いたものじゃな。  主に大雪、夕張、日高山系の湿った礫地に生える多年草じゃ。 花爺が毎年訪れる大雪山の小泉岳~緑岳周辺で多く見られるんじゃ。  草丈4~10cmの多年草で、根元には多数の葉がつきロゼット状になり、葉は披針形。 花茎には腺毛が多く、集散状...

  • キバナシオガマ(黄花塩竃) 2021

     大雪山の固有種で、7月上旬~中旬頃に咲く黄色のシオガマじゃ。 花爺が毎年のように訪れる赤岳・小泉岳の周辺や、白雲岳避難小屋の辺りで見ることができる。  茎の高さは5~20センチ、茎頂の総状花序に長さ約2.5cmほどの黄色の花を10数個密につける。 花冠は上唇と下唇からなる唇形で、上唇はかぶと状で先は褐色を帯び、くちばし状に曲がる。 下唇は3裂し、がくは筒状で、5裂し、先は葉状に広がる。  葉は根元に集...

  • リンネソウ() 2021

     スイカズラ科リンネソウ属に分類される常緑小低木なんじゃが、草のように見えるじゃろ? スウェーデンの植物学者で、分類学の基礎を築いた「カール・フォン・リンネ」の名前からとった和名なんじゃ。  かつては、茎が二股に分かれて花を付けることから「メオトバナ(夫婦花)」とも呼ばれておった。 花茎は直立し高さ5〜8cm、先で2つに分かれ、それぞれに1個づつ釣鐘形の花をつけるんじゃ。 花の色は薄いピンクから濃いイン...

  • エゾノツガザクラ(蝦夷栂桜) 2021

     ツツジ科の常緑小低木。東北地方以北の高山帯の適度に湿り気のある岩場や草地に群生する高山植物。 高さは10cm~30cmほどじゃが、ツツジ科の低木なんじゃ。  花は紅紫色で6~8 mmほどの壷状の花冠をしているが、色にも変化があり白っぽいものもある。 「アオノツガザクラ」と同じ場所に群生したりするため、両方の雑種なども増えてくるようじゃな。  花期は7-8月で、大雪山などでは雪が消えた後に広く群生する姿が見られる...

  • チシマツガザクラ(千島栂桜) 2021

     東北地方~北海道の高山帯に分布する高山植物じゃ。 礫地や岩場に生え、高さ5cmほどで、枝は地を這いマット状に広がり群生をなすことが多い。 花爺がとても好きな花の1つじゃな。   蕾が綺麗な赤色で、花序の下の方から開花していく。 4弁に割れた花冠は紅で部分染めした白で、黄緑の子房と雌しべの周りに8本の雄しべを配置しておる。 小さなはなじゃが、大雪山では群生となり見事な光景を作り出しておるぞ。  一見、草...

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、hanajijiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hanajijiさん
ブログタイトル
野の花・山の花 見た撮った
フォロー
野の花・山の花 見た撮った

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用