searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

カウンセリングルームWhereaboutsさんのプロフィール

住所
板橋区
出身
未設定

食べ物も日用品も豊富にあふれ、 生きていくには幸せな時代。 現代だからこそ生きにくい理由や 辛さがある人も多くいるかもしれません。 小さなことに喜びを。 些細なことに感謝を。 誰にも気付かれないほどの ちょっとした行動にご褒美を。 そんな生き方を一緒に探してみませんか?

ブログタイトル
心と体の健康のために
ブログURL
http://whereabout.sblo.jp/
ブログ紹介文
子育て・発達障害・その他、人間関係など色々な問題に向き合い、認知の変化を目指します。
更新頻度(1年)

155回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2016/03/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カウンセリングルームWhereaboutsさんの読者になりませんか?

ハンドル名
カウンセリングルームWhereaboutsさん
ブログタイトル
心と体の健康のために
更新頻度
155回 / 365日(平均3.0回/週)
読者になる
心と体の健康のために

カウンセリングルームWhereaboutsさんの新着記事

1件〜30件

  • 友達と呼ばないで

    発達障害傾向を持つ人たち、また、愛着形成が失敗した人たちそれ以外でも【人との距離感が分からない】という人は多くいますよね。 距離感が分からないから、人間関係で失敗したくないためにわざと相手との距離を取ってしまう人、その逆に、誰とでも仲良く…

  • 人の怒りを感じられる人

    前回に続き、人からの攻撃を恐れる人は相手の顔色を伺うことができ、相手の怒りを察することができるという話の延長になります。 確かに、人の顔色を伺うことが上手で相手の機嫌を損ねないように、と先回りして動ける人はいます。 これも、別に発達特性と直接関係しているものではなく散々失…

  • 人の気持ちは分かります

    前回の記事では「人の気持ちを見抜きにくいから いじめられていることに気づかなかったり 騙されやすかったりする」という内容で お伝えしました。 それで、「人の気持ちは分かりますよ」と思う発達障害傾向の人もいます。確かに、特性の程度の差があるので本当に人の気持ちが分かることもあるし逆に…

  • 人の悪意に気づけない

    発達障害傾向を持つ人たちで特にアスペルガー傾向の人は【人の気持ちに気づきにくく】自身で予測した相手の気持ちを間違えてしまうことがよくあります。 例えば、発達特性を持つ人たちの中には【いじめられていることに気づかず】<…

  • 当事者にとっての「不都合」

    前回、相手を好きだと考える基準として相手の存在が欠けてしまうと悲しいかどうか、寂しいかどうかということを基準に考えてみる方法も一つあると伝えました。 それで、受け止め方によっては当事者の誤解を招きそうな気がしたので今回はその続きを書きたいと思います。 というのも、相手の存在がなくなったとき

  • 「好き」という感情が分からない

    すでに結婚して年輩の方でもまだ恋愛を楽しむ時期の若者でも「人を好きになること」について分からないと思っている人が意外と多いことが分かってきました。 ”好き”と”愛してる”の違いが分からないという相談もありましたが「好き」そのものが分からないというのはなんとも説明しがたいものです。 その感情は、…

  • ASDとADHD怒りのスイッチ

    「怒りのスイッチが分からない」と発達障害傾向を持つ人たちは周りの人に思われていることがあります。 その理由にも色々あるのですが突然怒り出す一番の理由が【フラッシュバック】です。 例えば、数年も前に起きた嫌なことを突然思い出しあたかも

  • なぜ「一言多い」になってしまうのか

    アスペルガー特性を持つ人たちは【言葉での表現が苦手なので】人との関わりの中で思うように伝えることができず・人を怒らせてしまう・その場の空気を凍らせる・宇宙人のような扱いになるということがよくあります。

  • 自己管理について

    誰でも分かっていることですが【自己管理も    社会人スキルの一つ】です。 ただ、頭では分かっているけれど…【実際に伴ってないため、

  • 怒っている人を見るのが怖い

    前日のカウンセリング中に今回の内容と同じことをお客様が話していて笑ってしまいました(;^_^Aなんとも気が合う、といいますかちょうど原稿書いてたんですけど〜w さて、タイトルの件に戻りまして。 ・人のケンカを見るのが怖い・自分が…

  • こだわってはいけないのか?

    記事内でよく取り上げる発達障害特性の一つである「こだわり」について書きます。 対人関係において、「強い思い込みやこだわり」があると良好な関係を築けないことは私のブログを読んでくださっているみなさんなら分かっていることですよね。 そこだけ考えると【こだわる…

  • 意見の言い方も考えてみてほしい

    発達障害傾向を持つ人たちは【対人面で緊張しやすく】ぎこちなくなってしまったり挙動不審になってしまったりして悩んでいることがあります。 その中の一つに【特別な時だけ  …

  • 求められたら答える必要がある

    前回、”思ってても言わない”ということについて書きましたが、その中にあった【不必要なことは言わない】をもう少し掘り下げてから本題に入りたいと思います。 おそらく「必要か不必要かの判断ができない」などと思われた人もいるでしょう。 その判断基…

  • 思っても言わないだけです

    発達障害の特性に悩む人たちは【余計な一言で誰かを怒らせる】ということが結構あります。当事者にしてみれば「ただ、思ったことを言っただけなのに…」という気持ちなのでしょうし、その時選んだ言葉が相手に届いた時【相手がどう感じるか…

  • 自分のために頑張れない

    発達障害の傾向を持つ人たちでカウンセリングを受けよう、トレーニングを受けようと私に相談される場合は【自信のないタイプが多いです】 自信のある人は誰かに相談しようなんて思いもしないでしょうからね(;^_^A そして、相談内で出てくることの多くが

  • 一つ嫌だと全部が嫌

    「ガマンができない」「不満しかない」に続きその延長で書いております。 発達障害の傾向を持つ人たちは【白黒ハッキリさせたい】というタイプの人が多いので一つ不満を見つけたらそれだけで【全部がイヤだ】と

  • 不満しかない

    前回、「頑張るのがイヤだ」という内容の記事を書きましたが発達特性を持つ人たちはこだわりが強く思い込みが激しく興味の幅が狭いことが多いので色々な物事に対して【不満しかない】という人も少なくありません。 私たちには見えるのに当事者には見えない…

  • 頑張ることがイヤだ

    発達障害特性を持つ人たちの悩み相談を受けている中で「頑張るのがイヤだ」という言葉を聞くことが多いです。 彼らにとっての”頑張る”はきっと私たちとは感覚が異なります。 多分【押し付けられている】【無理やりさせられ…

  • 夏バテでしょうか…

    この頃、また原稿を書くのに遅れが出てしまっています。せっかく楽しみに待ってくださっている方々がいるのに申し訳なく思います。すみませんです。 なんというか…長〜い梅雨が明けて急激な暑さに見舞われて私の仕事場は3面ガラス張りなので気温上昇がハンパないです。エアコンの効きも悪く…

  • 一貫しても理解が得られない場合

    発達障害の傾向を持つ人たちと上手に接していくためには・シンプルな言葉選び・発言に一貫性を持たせる・短文にまとめるといったことが大切です。 「、」をたくさん使って

  • 基本的人権を身近で考える

    ”敬意を払う”とはその人を尊敬することであり感謝することでもあります。そしてそれを”言葉にする”と関係が良好になることが多いです。 そういったことも踏まえて小学校で習いましたが私たちには【基本的人権】というものがあり…

  • 目下には偉そうにしても良い

    前回の続きになります。敬意を払うということでは「機能ではなく情緒で考える」ということが大切です。具体的には、”役に立てたかどうか”が機能、”役に立ちたいという気持ち”が情緒です。 発達特性を持つ人たちは【目に見える結果や肩書、年収な…

  • 敬意を払うことの大切さ

    発達障害傾向を持つ人たちは自分の思ったことを【うまく表現することが苦手】で言いたいことが出てこない反面、思ったことを何でも口にするというとても困ったことが起きやすいです。 それによって人間関係が壊れ自信を無くしてしまう人もたくさんいることと思います。…

  • 記憶が都合よく変わる

    またまた、前回の続きになるのですが発達障害傾向を持つ人たちは”定型発達の人に比べて”ついさっきのことを忘れてしまったかと思うと20年前のことを【あたかも最近体験したかのように】話し始めるなど【記憶に関する矛盾】

  • 間違ったプログラミングとは

    前回の続きになります。発達障害傾向を持つ人たちはパニックになりやすく、その時にはとても感情的で酷ければ暴力などに繋がります。 それに対して感情で寄り添うのは危険ですよ、と前回は書きました。その理由が間違ったプログラミングを      してしまうからです。 今回は

  • 感情で考えて何が悪いの?

    男性は理論的、女性は感情的。これは昔から言われていることですが、この頃、「そうでもなくない?」って思っています。もちろん、脳を研究する中で分かってきていることでしょうがまだまだ未開のエリアなので年々発表されることが違うし色んな考え方がある中での一つかとは思っています。 そ…

  • どう考えればポジティブになれるか?

    つい最近、アスペルガータイプの女性から立て続けに聞いた言葉が【いつも最悪の事を   考えながら生きている】ということでした。 男性と比べると、割と女性の方が思いを言葉にしやすい面があって、出てき…

  • 全部試したけどうまくいかない

    なんとなく毎日過ごせているけど少しだけ自分に違和感を覚えていて小さい頃から「人との違い」に薄々感づいている発達障害傾向を持つ人たち、 友達はいるし、仕事もそれなり。日々の生活も辛くないし…だけど何だろう???何か違和感があるなぁ…なんて感覚を持っている人が世の中にはたくさんいます。<…

  • ストレス排除にこだわる

    発達障害の傾向を持つ人たちは私たち以上に【ストレスを感じやすく】体調不良になる人がいます。【敏感さと鈍感さを持ち合わせ】体調に関して取り上げると・すぐにオナカを壊す・吐いてしまう

  • 大人になった自覚を持とう

    発達障害の傾向を持つ人たちの【トラウマ的体験】について。 相談を受ける中で思うことは「こうしたら、こうなるから…」といった当事者の体験談を聞いて「それはいつの話?」と確認すると【幼少〜学生時代を

カテゴリー一覧
商用