chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
心と体の健康のために http://whereabout.sblo.jp/

子育て・発達障害・その他、人間関係など色々な問題に向き合い、認知の変化を目指します。

食べ物も日用品も豊富にあふれ、 生きていくには幸せな時代。 現代だからこそ生きにくい理由や 辛さがある人も多くいるかもしれません。 小さなことに喜びを。 些細なことに感謝を。 誰にも気付かれないほどの ちょっとした行動にご褒美を。 そんな生き方を一緒に探してみませんか?

カウンセリングルームWhereabouts
フォロー
住所
板橋区
出身
未設定
ブログ村参加

2016/03/02

1件〜100件

  • 断り方の練習

    日本人は断るのが下手です。そして、断ることに対して必要以上に敏感な人が多いです。そう指摘している私自身も過去そういう敏感さを持っていました。今、鈍感なわけではないのですが少し考えかたを変えたことによってコミュニケーションがスムーズになりました。 ですが、私だけが一方的に表現できても…

  • 学校の勉強がつまらない=2=

    前回、長くなってしまって途中で終わったのでその続きを書いていきます。 学校の勉強がつまらないし嫌なことばかりだから学校に行きたがらないAくん、どうやって小学校生活を乗り切ったのでしょうか。 発達障害傾向を持つ児童の子育ては、親にとってもハードモードな日々で一般的な子育てと比較して

  • 学校の勉強がつまらない=1=

    急に最近、国の支援を含めて「ギフテッド」について取り上げることが増えているので、この記事を書きたいと思います。私個人的には、ギフテッドについて詳しいわけではないし勉強不足が故の?色々と思うところがあって考えを続けていくと疑問だらけ。 ただ一つ私が思うのは、

  • メンタルを整える<br />

    先日のバカでかい台風時は体調いかがでしたか?当ルームのお客様でも数名”心当たりのない体調不良”で具合が悪くなっていらっしゃる方が確認できました。 ・特段変わったことはない・いつも通りに過ごしている・状況的には良い方こんなときに…

  • 自己投資とは?

    最近、お客様から「お金」にまつわる話題が出てくることが多いです。コロナだからというよりは、もともとのその方の性質による内容ばかりで。 だから「ね、それ前から私が  ヤバいよって言ってたじゃーん(;^_^A」って私も言っちゃいます。するとお客様は「あの頃から頭では分かってて。だけ…

  • 自分の気持ちすら分からなくて

    アスペルガー傾向を持つ人たちは人の気持ちが分からないことが多く、それもまた日ごろ気づきにくくある時”誰かの一言などで”当事者がハッと気づくといったエピソードを耳にすることがあります。 ではそれまで、気が付かずに何を考えているの?そのあたり気になりますよね(;^_^A ここから私の勝…

  • 失敗をリカバリする親

    子育てをしてきた親は子どもが成人しても親という立場が変わりません。そして、必要なときには親として子どものフォローをしますし、リカバリもしているものです。ここでいうフォローは「励まし・心の支え」という意味を持ち、リカバリは「軌道修正」に当たります。 その方法は、各家庭によって違うし親…

  • 相手の気持ちを推し量ること

    アスペルガー傾向を持つ人たちは人の気持ちが分からないので「どうやって考えればいいのか?」悩んでいることが稀にあります。 「稀」と表現した理由はそう感じた瞬間があっても【すぐに忘れてしまうことが多く】忘れるとどうなるかというと

  • え、あなた分析しないの?

    保護者同士の付き合いなのでもう何年か前になるのですが(息子大学生なので)私の職業を知っている人と仲良く話していた時に「もう〜、分析しないでよ!」と注意されたことがありました。 私たちの仕事って人の心を見透かして、見られたくないところを突いて意地悪言うようなイメージを持たれ…

  • 「愛」は重さをはかるものなのか?

    このテーマでは色々と悩みました。なんていうか…世の中全体が”愛の重量感”を表現する中【重いって何!?】みたいな感覚がちょっとよく分からないというか。きっと正確に表現すると・面倒くさい相手だ・しつこい人間だ

  • 人に素直になってもらうには…

    特に子育ての場面で出てくる言葉なのですが、”うちの子って素直じゃないんだよね”などと思ったことはありませんか? 大人対応でも同じなのですが妙に拗らせている…というか何かを隠すような話し方をしたり答えをはぐらかされたりしてハッキリしない、ストレートじゃない会話しかしてくれないタ…

  • 食べられない現代人

    なんちゅうタイトルや…と思われているかもしれませんが(;^_^A私もあんまり考えていなかったけれど【今でも栄養失調の人がいる】ということについて改めて考えたいと思います。 さて、「食べられない」と言っても色んな事情があると思います。その中でも相談事例に上が…

  • 変化に弱い人たち

    環境の変化に弱い人たち、例えば分かりやすいのはアスペルガー傾向を持つ人たち。学生時代で言うと4月のクラス替えなどもあてはまり【毎年、春が来るのが怖い】などとボヤく人もいるものです。 対人不安が強いために・どういう人の集まりなのか?

  • 問題解決をしないという結論

    不安の強い人たちは”不安がないことが不安”と以前の記事で取り上げたことがあります。それと同様に、不安が強い人たちは【問題提起をするクセが強く】自分の抱える問題がないことがさらなる不安を招く……という考えを持っていることがあります。

  • 想像力の弱さの例

    想像力が弱いタイプの人について記事でよく取り上げるのですが「それはどういうことですか?」と疑問に思われる方もいるでしょう。 なぜなら、・どこから見るのが自分視点なのか?・別方向とはどこのことなのか?・相手視点はどう見えているのか?こういったことが

  • 大人のソーシャル・スキル・トレーニング

    今回は、私が現場で活用しているソーシャル・スキル・トレーニング(以下SST)これについてお話ししてみます。 一般的に子供のSSTはプログラム化されています。具体的には、その子の苦手な面を把握しその苦手を克服するためのメニューが組まれます。嫌がることを無理にさせるような強制的なものではなく…

  • 優しい人

    「あなたはどんな人がタイプ?」という質問に対して「優しい人」と回答されることが圧倒的に多いこの頃…。(私の経験上)そんなに世の中は【冷たい人だらけなのですか?】…と聞きたいくらいにみんな優しい人を求めています。 それで以前取り上げた「優し…

  • 対人魅力

    今回は「社会心理学」です(^^)対人魅力という言葉があるのですが人は人をどのように好きになるのか?一緒に考えてみてくださいね。 まず理由は複数あって”第一印象の良さ”とか「私たちって似てるよね」という”類友の法則”などですね。それで今回考えたいのは

  • しゃべりたい人と聞きたい人

    カウンセラーも自分の成長を目指してスーパービジョン(SV)を受けます。例えば、理論の理解不足があったとしたら自分よりも経験値の高い人により詳しい解説をしてもらうとか、事例検討も必須です。 その中で「あぁ、そうだよね」と改めて感じたことを今回は取り上げたいと思います。 私の担当するク…

  • 個性を活かすこと

    ”個性を活かしましょう”ってよく言われていますが「どのように?」「なにを?」と疑問に思っている人も結構います。自分に自信がなかったり自分のことが好きになれないと嫌いな部分ばかりが見えてしまうし【自身の個性自体が理解できず】困っている…

  • 最初に覚えたルール

    アスペルガー特性を持つ人たちでは”最初に覚えたことがすべて”みたいな感覚を聞かせてくれることがあります。つまり、インプットされてしまうと【それを修正でき辛い】ということ。何度、言い換えたりやり直して見せてもそこには注目してくれないこ…

  • 人の話を聴くということ

    「カウンセラーになりたい」そのように言われる相談者の方は相変わらず多いです。ご自身が辛い思いをしたから、誰かの役に立てるのではないか?など色んな動機があると思うのですが今回は”人の話を聴くということ”について取り上げたいと思います。 カウンセラーを目指す人たちの中には

  • 自己効力感

    自己効力感とは「私は〜できる」という考えなどのことを言います。自分を信じてコントロールし、実行していくようなイメージで、「私なら大丈夫」といったような”自己の認識”に当たる部分です。 自己効力感の高い人は自分をコントロールできるので「こういう時、   こうすればうまくいく…

  • 「~してあげる」の続き

    前回の内容の続きですが前回は、「〜してあげる」ではなく「〜させてください」という言い方に変えると印象が変わるよ、上から目線ではなくなるので人間関係がさらに良くなるかも、ということを書きました。 その記事を読んだ人の中には「相手にメリットがあるのだから、     してあげるのが正解で…

  • 「してあげる」という感覚

    「〜してあげる」を基準に人と接している人はそう思わない人と比べて【見返り(報酬)の  レベルが高くなりがちです】 なんていうか…【暗黙の交換条件】みた…

  • 手抜きってどこですればいい?

    前回の続きで、手抜きについて。今度は”どこで手を抜くのか?”ですね。 手抜きパターンも色々でまず思いついたのは、”繁忙期は全力で、   閑散期はゆっくりと”です。真面目な人たちは、閑散期でも全力の人がいますがそれでは心身を休められる時期があり…

  • 「手抜き」は悪なのか?

    発達障害関連の相談で出やすいのは過集中だったり頑張りすぎだったり”加減ができない”という話題が多いかと思います。 それで以前、お客様との会話の中で「仕事なのだから、  全力で取り組まないといけない」という言葉が出てきました。確かに、仰る通りです。 私もお客様と接していて&lt;…

  • 燃え尽き症候群

    燃え尽き症候群はバーンアウトとも呼ばれます。先日、これが家族間で話題になりまして。私自身もこの数年で経験したのですが一大イベントが終わった後に【セッション以外の  業務に手が付けられない】という事態が発生し…

  • 発達障害おさらい

    このブログの読者さんたちは長きにわたって情報収集にあたられているので発達障害関連の情報も豊富にあることと思います。 それでも日々、新規の相談で発達障害について問い合わせは多くその都度、私は発達障害がどういうものかという説明などもしますし関わり方のヒントも伝えています。 で…

  • 人を動かしたい

    前回、暴力で人は動かないよという内容を記事にしました。それでも自分の得のために周りを動かしたいと本気で思い、考えている人がいます。 その心理状態は「思い通りに人を動かして面白がる」というタイプもいるかもしれませんが【自分の保身を目的として】

  • 暴力は絶対にいけないのか?

    「いやいや…ダメでしょ(;^_^A」から始まるようなタイトル。それはそうなんですけどね(笑) だけど、それがなぜか?それをきちんと説明できる人は世の中に少ないのではないかなぁ…なんて思います。私も正確に教えてほしいくらいです。 以前のブログ記事でも「なんで校則って   破っちゃいけないの?…

  • 人生終わった

    いつもいつも、「失敗は結果と一緒だよ〜」と私は何度もお伝えしてきました。ですが、どんな方向から考えても納得いかない、腑に落ちないって人もたくさんいるわけです。 私の経験上で、思い浮かぶタイプは2つ、ひとまずこれで書いてみます。 【アスペルガー傾向の人】

  • ネガティブな人の選択ミス

    自信がない、不安が強い傷つくことを恐れているなど繊細かつネガティブ思考な人はほんの些細な刺激でさえ自分にとって”脅威になるので”揺らがない水面のような穏やかで一定の日常を望みます。 もちろん、幸せな日々が続けばネガティブ思考も徐々に緩和され怖いと思えることも減りますが、&lt;…

  • アンテナ発動時間

    今回は、基本的なお話です。 脳内はフル回転だけど集中力散漫、すぐにボーッとなって何も考えられないといった注意性のADHDタイプや、自分の好きなことだけに集中して他人のことになど興味を持たず常に我が道を行くASDタイプの人はあまり経験しないかもしれませんが、 衝動性がある人・人の顔色を伺う人人からの評…

  • 単位を落とした

    今回は、大学生ネタです。発達障害の特性を持っていてちょっとだけ困るけど…くらいに健常者として育った人たちは高校から大学に上がったときに大きな失敗をしてしまうことがあります。 高校と大学の何が違うのか?まず、高校生までは【先生というリーダーの元、…

  • 私は正しいことをした

    「正しさの主張」で思い出しました。もしかすると以前取り上げたかもしれませんが、【自分を客観的に見れない人は】自分の正しさや善行などに関して世間と少しズレているかもしれません。 なんていうか…世の中の全部が正しければそれで世界は成り立つのか?みたいな

  • 悪口=本音なのか?

    前回の続きを書きます。記事の最後の方で、誰かとより深い関係を築くとき、場合によっては”批判的な考えが”相手との信頼関係を深めます。…と書いたのですが、決して「悪口が喜ばれる」という意味ではありません(;^_^A こういう時に、こう振る舞う。こういう時は、こう発言しておく。…

  • 腹の中が見えない人

    今回は、発達障害傾向を持つ当事者談も含めて、人の振る舞いについて書きたいと思います。人間同士が信頼関係を築くために欠かせないことの一つが【本音を語り合うことです】 アスペルガー傾向を持つ人は一言余計なことを言ってしまう割に

  • 言いたいことを言えるようになるには

    前回も長くなってしまったのでその続きを今回は書くのですが、以前のおさらいでもあります。(いつ書いたか覚えてない…) さて、言いたいことが言えない状況は前回までで少し分かりましたね。その次は「言えるようになる」という課題が待っているわけです。 その前に考えないといけないのは”…

  • 言いたいことが言えない

    前回の続きになります。 自分の思っていることや考えなど、言いたいことが言えない人にとっては察してくれる人が身近にいるととても都合が良いことが多いです。なぜなら、【自分が努力をしなくても  フォローしてもらえるから】&lt;…

  • 察するって良いこと?

    ブログの中では、察することは時々話題にしています。アスペルガータイプの人は「人の気持ちを推し量るのが苦手で」日本人のよくやる「察する」が分からなくて困ることが多いです。 では、その察することというのは本当に良いことなのだろうか?と、私は長く考え続けています。 まず、察する必要のある…

  • 傷つけたいから言うのではない

    この頃、カサンドラに関係する内容でお送りしているので今回も引き続き書きたいと思います。 カサンドラ症候群の相談では相談者に女性が多いです。相談内容のメインになるのは【当事者の罵詈雑言・暴力】です。暴言や罵詈雑言に関してはパートナーに直接ぶつけますが

  • 中年~高齢者の相談事例

    6/15配信のメルマガでお送りした内容の一部を取り上げ今回の記事を書いています。なので、前提となる話が分からない人はごめんなさい。(*- -)(*_ _)ペコリ さて、本題に入りまして。発達障害傾向を持つ人たちの問題は、子供から現役の人だけとは限らずこの頃は【…

  • 思い出す「きっかけ」

    前回は想像力の話をしたのですがそのなかで「きっかけ」という言葉を使いました。想像力の弱い当事者の人には【それがきっかけと認識できず】つながるように思い出せない…ということがあるのだと思います。 誰でも同じことではありますが、私たちって”興味のあること…

  • 想像力をのばす

    経験したから想像できる 発達障害傾向を持つ人たちは”想像力が弱い”と言われています。その理由でパッと浮かぶのは、【その場に必要な情報として    思い出せる力が弱いから】もう一つ興味の…

  • 「一貫性」の勘違い

    ”一貫性がない”これも「あるある」の一つですが何も発達障害と関連しているわけでなく誰にでも当てはまる話です。ですが、当事者の感覚で考えるとある気づきが私に生まれました。 例えば、パニックという言い方をしますが実際には癇癪であることも多い当事者の特徴についてですがそう…

  • 過大評価・過小評価の具体例

    前回の冒頭部分の文章について詳しく説明したいと思います。 &gt;仮に当事者意識があっても&gt;(傾向があると自覚していても)&gt;自分を客観的に見れないので&gt;特に欠点に関しては&gt;【他人を過大評価し、&gt;    自分を過小評価する】&gt;という人が多いように私は思います。↑この部分のことについてです…

  • ASDタイプの話し方のクセ

    アスペルガー傾向を持つ人の人間関係に関する相談では・なんとなく人とうまくいかない・距離が縮められない・徐々に人が離れていくといった内容のことが多いです。 仮に当事者意識があっても(傾向があると自覚していても)自分を客観的に見れないので特に欠点…

  • 発達の最近接領域

    あ、昨日はブログ更新の日だった…と、気が付いてしまった。そしてその翌日になっています… 苦手な勉強続きで発狂気味な私でございます(;^_^A更新が遅れてすみません(T_T) 勉強を続けていると色んな新しい言葉が出てくるので今回はタイトルのお話をします。 これは「ヴィゴツキーさん」が提唱した考え…

  • 私が~したいんです

    ADHDの中の「注意性」に問題を抱える人、特に女性に多いのですがうっかりミスや忘れっぽい人はとにかく”周りに迷惑をすごくかけるので”いつも「申し訳ない」と思いがちです。 特性がないとしても、・自分でできるようにならなければ・一人で完璧にこなしたい・迷惑は絶対にかけた…

  • たった5分、わずか5分という考え方

    発達障害傾向を持つ人たちで行動の切り替えが苦手な場合、他の作業が遅れがちになったりやらなくてはいけないことに手が付けられなかったりして困ることが多いかと思います。 時間配分が苦手な場合には【予想と現実に  大き…

  • 人の気持ちが「重い」

    人間関係についての相談では、「重たい」という言葉が頻繁に使われています。自分が誰かに対して重たいと思われたくないとか人が好いてくれることや頼ってくれることに対して重たいと感じてしまうなどです。 さて、この”重さ”について今回は改めて考えてみたいと思います。重たさを感じるのは常に

  • 握ることと指先の不器用さ

    すみません、更新遅れました。(*- -)(*_ _)ペコリ 前回の感覚過敏の中で「てのひら」について書きましたが、今回は”指先”も含めて取り上げてみたいと思います。もしかすると人によっては全部が関連しているかもしれないのでそれも合わせて考えてみてください。以前のおさらいにもなります。

  • 触覚過敏

    発達障害傾向がある人たちに【感覚過敏】があるのはすでに知られていることですが、具体的には「音」「光」「臭い」などと”触れる、触れられる”ことに敏感なタイプも存在しています。 これらは当事者だから必ず何か過敏があるわけではなく

  • 独り言かどうか判断する

    発達障害相談の中では”独り言”についてもよく話題に上がります。当事者に自覚がある場合とそうでない場合があるのですが、関わっている側の人からすれば【独り言なのか、  話しかけてきているのかの&lt;…

  • 不器用な人が気を付けること

    好奇心が旺盛で積極的。だけど【計画性がなく   優先順位もわからない】といった苦手を持っている場合、”好きなことしかやらない”というふうに周りの目に映ります。 発達障害関連の相談でも&lt;…

  • 「特別」を感じてみよう

    一番になりたい、愛されたいということについて何度か取り上げてきましたが、色々と私なりに考えているうちにひとまず「特別感」を味わえるような考え方を提案してみてはどうか?ということを思いつきました。 …というのも、連休中に友人と飲んでいる中私の発した一言で友人がとても喜んでくれて&lt;…

  • 愛は徐々に欠乏していく

    3回連続して「愛」についてお伝えしております。これまでの投稿では、愛の受け止め方がどうなのか?愛を感じにくいのではないか?といったことを取り上げました。 そもそも愛情不足に陥ってしまう原因は【養育者との関わり方】が関係していると言われていま…

  • 愛を感じにくい人

    前回、独占欲について書きました。その中で愛の受け止め方に注目すると良いとお伝えしましたが、これについては【人との距離感が分からない】というタイプの人も含まれます。 ”相互理解と信頼関係”を見直してみることによって

  • あなたの一番になりたい

    恋愛相談になると、「好きな人に一番愛されたい」などの話題は出てくるものです。それ以外でも、学生時代の女子同士というのはべたべたするのが好きな子もいて、ある意味”相思相愛の親しさ”で楽しい毎日を過ごしています。 私もよく覚えています。「〇〇ちゃんの   一番の友達にな…

  • 書き換えられる記憶

    最初に私の体験を話します。これは最近始まったことではなくて私が物心ついたころから現在まで続いていることなのですが…。母は昔から記憶が書き換わりやすく先日もおかしなことを言っていました。 私が箸の持ち方を矯正したことと、父の持ち物だったカメラについて。 私が中学生の時、恥ずかしいと思ったので自ら…

  • 急に赤ちゃん言葉かよ!

    今回、ふざけたタイトルなのですが結構重要な内容になります。この話は、息子からの要望もあって実話を含めて投稿します。 息子には、先天的なハンデがいくつかあります。先日大学の授業の際、ネイティブの先生に自分のハンデを伝えました。日本語が分からない、それ以前に…

  • 無難な、人の立て方

    前回は「人を立てる」ことも覚えておくといいという内容の記事を書いたのですが、イメージができない人のために具体的な例を作ってみたいと思います。 登場人物を「私」と2人田中さん…幼なじみ佐藤さん…田中さんの職場の人こういう設定にしてみます。 まず、大前提となるのは職場関係の人がいるという…

  • 人を立てるのが下手

    この頃は、人間関係が苦手、ということの中で”取り上げられることすらない”テーマについて書きたいと思います。 なぜ取り上げられることがないか?それは、【そういった必要性を    感じていないから】…

  • 教えるのが苦手

    コミュニケーションの苦手な人は「話す」だけでなく「報告する」「説明する」など言葉にすること全般が不得意です。その中でも時々出てくるのが”人に教えるなんてとんでもない”という会話です。 確かに、教えるとなると細かいことを話したり説明したりが必要になってくるのですがそれ…

  • 自分を説得する力をつける

    前回の整理整頓について「そんなのもったいないじゃん!」なんて思った人もいることでしょう。だから言わせてください。本当にもったいないと思うのなら【最初から計画的に   購入できたでしょう?】それができないから…

  • 思い切って捨てる

    ブログ更新を1回サボってしまいました…。ネタが浮かんでも言葉の整理ができずそういった意味では私、ちょっと不調な時期におります。申し訳ございません。 さて、捨てられなくて困っている人たち「まだ使うかもしれない」「来年着るかもしれない」色々な思いがあって溜め込みます。以前、

  • トレーニングを通して分かること

    前回は発達障害の特性がある人に対する関わり方について取り上げました。周囲の人(支援者など)が関わり方を変化させることで”当事者の考えていることが    少し分かりやすくなり”関係が良くなることが期待できます。 関係が良くなる、ということは

  • 「かかわり方」が悪いのではない

    発達障害関連の相談に関して当事者ではない周辺の人に”関わり方を変えましょう”と提案することが多いのですが、時々相談者の人から「私の関わり方が悪いのですね」「私に責任があったのでしょうか」「私が間違ったせいです」などと言われることがあります。 ですから今回は、そういっ…

  • 相手の方が「知っている」前提で話す

    私たちは、何か新しいことを始めた時には家族や友達に「聞いてほしい」と思います。親しい間柄であれば、お互いのことを知っているので”どこまで話せば共有できるか”というのがなんとなくわかります。でも、それが知人とか職場の人などですと分からないものですよね。 中には、「自分だけが知っている」とい…

  • 偉そうにしゃべる子供

    小学生くらいの中で知識にたけていて大人びている子供って見かけたことがありませんか?その中にはアスペルガータイプの子供も含まれている可能性があります。アスペルガータイプの子供は【偉そうな話し方をする】という印象を受けやすいです。小学生にも関わらず、話し…

  • 「じゃない」と「かもしれない」

    自己防衛にすぐ走ってしまう人は「俺じゃない!」「私じゃない!」と状況などを何も考えないまま【自分の外側に原因を特定します】よくよく考えると実は自分が原因だったりするのですがそれでも【そうじゃないと思いたい】…

  • 承認欲求を満たしたい人

    前回は自慢話について書きましたがその中で書いた承認欲求を満たしたい人について今回は取り上げたいと思います。 「認めてもらいたい」「理解してほしい」こういった気持ちは”誰にでも存在しているもので”持っていておかしいわけではありません。ただ、その思いが強くなりすぎると一方的に相手…

  • 自慢話で終わる相談

    これは少数の事例になりますが忘れたころにやってきて、お互いに困惑するケースなので取り上げてみたいと思います。 一般的に相談される際には【具体的に困った何かがあって】初回からそういう話になるのですが「日常はうまくいっています」「特に困ったことはありませ…

  • 言葉足らずの事例

    今回は支援側の人に対する記事内容になりますが、当事者の方はこれを読んで”どうズレているのか?”を知ってほしいと思います。 アスペルガー傾向の人たちは【自分の思いを言語化しにくく】なかなか上手に話せません。思ったことと反対の意味になっ…

  • 「分かりません」が気に入らない

    アスペルガー傾向の人たちは”人の気持ちが分からない”と言われていますが、【自分の気持ちと   一致する場合は分かります】ですから、当事者の言い分に対して周囲が賛同していればお互いの考えが同…

  • 子供の時に習わせておけばよかった

    今回は、私がやっていた習い事がもしかすると発達特性を持つ人に良いのではないかな?と思ったので取り上げてみたいと思います。 発達障害傾向を持つ人たちは・行動の切り替えが遅い・こだわりが強い・時間配分が苦手といったことがあります。そのために&lt;…

  • カウンセラーとクライエントの関係

    私のこだわりは「人との関係性をハッキリさせること」と前回お伝えしましたが、コメントをいただき感じたのは「カウンセラーとしてはどうなの?」といったことについてもう少し深くお伝えする必要があると思いました。 前回は、あくまでも”私の個人的な視点・感覚であり”肩書を背負っている時に…

  • 私のこだわり

    以前は「私の苦手」を取り上げましたが「おっ、これはこだわりかも?」と自分の気付きがあったので今回はそれを書きたいと思います。 私のこだわりは【相手との関係性を   ハッキリさせること】です。よく有名人になっ…

  • リアクションまでシナリオに含まれる人

    アスペルガー傾向の人たちは先のことに対して【シナリオを作りたがる】傾向がありますよね。それは誰でも”ある程度の想定として”行っていることではあるのですが、当事者は、ついつい限度を超えて余計なことばかり考えてしまいます。 その中でも私…

  • 話すことをやめた人

    発達障害特性とは関係なく、これまでの過程の中で起きた何らかの事情によって【話せるのに、  話すことをやめた人】は一見、おとなしそうだし控えめでその人間性を良い方で評価されることもあるでしょう。 …

  • 気分転換の方法

    更新が遅れ気味ですみません。少し前の話ですが、建物内のメンテナンスのため断水すると言われていたのでちょっと困って悩んで…コ〇ダで作業して過ごしてみました。 これまでずっと、自営業の私は「仕事は家でするものだ」と自分に言い聞かせて働いてきました。ですが年々体力がなくなっていくし着るも…

  • 当事者の立場で例えてみる

    発達障害傾向を持つ人たちは”人の気持ちを   推し量るのが苦手なので”当事者自身の気持ちや考えは大切にできても当事者が周りの気持ちや考えを大切に思うことは難しいです。 もちろん、分かる部分もあるでしょうが【何度説明しても&lt;…

  • 前回の記事の追記

    すみません…前回の記事が読みにくかったようでちょっと反省しております(´;ω;`)それで再度書かせてください。また、分かりにくいかもしれませんがどうぞ、お付き合いくださいませ。(*- -)(*_ _)ペコリ 《ASDタイプ》自分の考えなどは分かるけれど人の考えや行動などについては想像することが苦手…

  • 発達と愛着と

    今回は、「どうして発達障害の人は    愛情不足に陥るか」について再度取り上げたいのですが、まず誤解しないでいただきたいのは、”愛着障害の人が全員     発達障害とは限らない”ということです。 愛着障害の人はADHD症状に似た行動言動があるために…

  • 集中力を奪う環境

    前回は私の苦手について書きました。年を取ったことも関係しているし、もともとの勉強嫌いについて誰かのせいにするのは不本意なのですが(笑)【学力と生育環境について】本などを読みながら関連性があるのかも?と思うのでそれについて書いてみますね。 物心ついたころ…

  • 私の苦手なこと

    いつも発達障害関連で当事者の苦手なことを挙げて支援側の対応法や当事者自身の対策などを記事として書いていますが、「じゃぁ、あなたにはないの?」と思われる方もいるかもしれないので今回はこれについて取り上げますね。 ちなみに、私のことを発達障害者と思っている人も読者の中にはいるようなので…

  • 同調圧力に負けない自分づくり

    学生時代、会社員時代、保護者時代…とたくさんの【女の圧力】を見てきてめんどくさいなぁって思う私です。 私は女の世界の中では・いじめの標的にされやすい・文句や愚痴を言われやすい・コントロールしたくなるというタイプ…

  • 優先順位の間違い

    発達障害関連の相談でよくあるのが”面倒くさくて動けない”という内容のものになります。だけど、たとえ特性を持っている人でも【環境次第で動けるようになるし】そういった育ちをしている人では(特に中年以上の年齢の)面倒くさいことも嫌がらずに…

  • 言葉の取捨選択について

    前回は、文章の組み立てが苦手な人は”言葉(情報)の取捨選択が苦手”という内容を書きましたが、「どうすればうまくなるの?」と思われる方もいることでしょう。そこで、自分で取り組めそうなことを私なりに考えてみました。 以前からお伝えしている通り、会話というのは…

  • 文章の組み立てが苦手

    アスペルガータイプの人では”文章の組み立てが苦手で”思ったような言葉が出にくく言いたいことと反対の意味で伝えてしまうこともあります。 ですが【おしゃべりできる人】もいて今回はそのタイプの人に関して取り上げてみたいと思います。

  • 分かっていても言ってはいけないこと

    発達障害の傾向を持っている人で”余計な一言を言ってしまい”人間関係が悪化してしまったという問題を抱えている人たちが、「どうしてそれを止められないか?」について考えてみたいと思います。 私の臨床経験から大きく3つのパターンに分けて説明してみますね。

  • 100%の理解

    「会話の楽しみ方」というテーマで2回ほどお送りしたのですが、そこで浮上してきそうな疑問は【それで100%   理解してもらえるの?】ということが多いかな、と思います。 実際のところ、コミュニケーションの苦手な人…

  • 会話の楽しみ方=続き=

    前回が長くなってしまったので今回はその続きを書きたいと思います。 発達障害関連の相談を受けたり世間話をしている中で、「あぁ、これが無いのか」と、当事者の方と自分たちの違いを大きく感じたことがありました。それが、【余韻を楽しむこと】です。 …

  • 会話の楽しみ方

    会話には流れがあってそれを”どのように楽しむのか?”これまでASDタイプの人と接して「この部分の解釈が私たちと違うかな?」というところを思い出しながら書き出してみたいと思います。 【失敗は許される】会話に慣れていない人の場合、

  • 少しの間、ご迷惑をおかけします

    すみません、今回は番外編ということで…私の言い訳をアップさせていただきます(-_-;) とある事情で(先方に迷惑がかかるので      具体的には話せません)眼球の黒目の部分に傷が入ってしまいました。現段階では、それが表面だけなのか黒目自体にめり込んでいるのか分かりません。 とにかく今こうしてPCを見つめるだ…

  • 会話の流れって何?

    これはアスペルガー特性を持つ当事者の方が教えてくださいました。「ふむ、なるほど」と思ったのでここで共有してくださいね。 その方は、「以前の自分は、会話に流れがある   ということを知りませんでした」と当時のことを解説してくださいました。 具体的には…(ここは作ります)数人の集まりで旅行の話をし…

  • どうすれば仲良くなれるの?

    前々回の記事で「私にだけ愛想が悪い」という記事をアップしました。その続きとしてですね、【表情が乏しいのは特性の一つだから】どうにもならないじゃないの、ということについて書きたいと思います。 まずは、もし当事者と私が会話したらどんなふうになるのかな?と…

  • カバンの中、整理できていますか?

    コロナ感染者数がまた増えてきてビックリするほど多くなって( ゚Д゚)それでも通勤しないといけないし学校にも通わないといけません。怖いですよね。 さて、今日のあなたの調子はどうでしたか?身体もですが、メンタルの調子はどうですか?毎日やることが多くて忙しくて時間が足りないと思っているかもしれませんが&lt;…

  • 私にだけ愛想が悪い

    =======================================事例)私はこれまで複数個所で働いたことがあるのですがいつも人間関係の悩みにぶつかっています。具体的には、仕事の内容で人と揉めるというよりも”人の態度が私にだけ違う”ということです。 例えば部長は、ほかの人には和気あいあいと話すのに

ブログリーダー」を活用して、カウンセリングルームWhereaboutsさんをフォローしませんか?

ハンドル名
カウンセリングルームWhereaboutsさん
ブログタイトル
心と体の健康のために
フォロー
心と体の健康のために

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用