searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
ライダーハウス蜂の宿 https://hatinoyado.hatenablog.jp/

よんだら元気になるようなブログを書いてます。 ライダーハウスの日常とアウトドアと旅人たちの話。

自己紹介 http://hatinoyado.hatenablog.jp/entry/2016/01/29/215441

蜂の宿管理人
フォロー
住所
美瑛町
出身
深川市
ブログ村参加

2016/01/30

1件〜100件

  • いきおひ

    もんだーい!この世でユッキーナの謝罪動画ぐらい心に響かないものなーんだ>?って悪ふざけしている人はタピオカを喉につまらせて→おねがーい!ってか5次元少女の無修正なエロスをアートで表現するには絵の具がたりないのは重々承知の限界右乳首なんだけれど、先日知ったこの世の真理。それはいきおい。何かを始めるにはいきおいが大切で、それは日本一周だったり、youtuberデビューだったり、ポルノハバーだったり、なんでもいいけどいきおいが必要。それとネット回線。 2年ほどお世話になり申したUQWIMAX。それはそれはシンプルかつ、必要十分なインフラだったのだけれども、最近の動画ってもう4kなのね。危険汚い「今日…

  • 心が移動を求めている

    チャーッス!!アタシの脳細胞に直接語り掛けてくるそこの貴方!黒真珠入りのブツをしまってしまって!夜の祭りが臨界点に達した頃、ふれあう男女の嬌声がJUJUのヴァイブスを刺激してこの世のものとは思えない歌声に変換されるって話はしたよね?それはまるでミューズ。テルマ的にもジューズ・ア・クライスト。貴様!!さてはその八木アンテナで55khzを受信しているな!!んもー!払え払え受信料!祓え祓え怪電波!さもなければ糞団子をお供えしてやる!!ってことで今日も日記を書きます。 *** 仕事では利用者に「今日はどっか行かんの?」と言われている。ほぼ毎日だ。どこにも行けないといわなければいけないのが心苦しい。べつ…

  • コーチカーターを見た

    コーチカーターを見た。卒業率が50%、卒業生が刑務所に入る確率が80%というやさぐれ高校のバスケ部コーチに赴任するサミュエルエルジャクソン。そんな環境から抜け出すには社会のルールを守って努力するしかないということを教えるのだが、その葛藤が熱かった。どうせそんなもんだと諦める大人たちに向かって一喝。私は私のすべてを使って、どんなことをしても彼らに希望を与えるぞ!と怒鳴る。 そんなものさとあきらめていることがある。その根拠はいったいなんなのだ? *** 休日だったがもちろんやれることはない。コロナがおさまっていないからだ。 ブックオフで物理や数学の本とか買う。三角関数について再び勉強する。ワープす…

  • 人生で何が怖いかって

    加藤タイゾウ先生とウシジマくんの作者との対話を見た。アメリカの大学の客員教授になり、刑務所に通う先生の話。「もし、相手があなたを人質に取ったらあなたを射殺してもよい」というサインをして対話。「人生で何が恐ろしいのか?」というインタビューを行う。それは貧困ではなく「自分の人生が何も意味がなくなるのが怖い」という答えだった。たしかに、それは恐ろしい。先生はその答えに対し、意味をなくすのはお前の生き方が意味をなくしているんだよと答えたという。 どうすれば、自分の人生に意味を見つけることができるのか。 その答えは自分の中にある。とりあえず夏、ライダーハウスの頃のようにアウトドアガイドのようなことをする…

  • スイスアーミーマンを見た

    皮膚科に行ってイボの処置をしてもらう。朝からいって、昼に始まり、15分で終わった。その間ノートPCで小説を書く。なんとなくラストまでかけた。 いままで、あまり長い小説を書くことができなかった。それはきっとほかにやりたいことがいっぱいあって、手が付けられなかったからだろう。いまは違う。ほかにやりたいことなどエルデンリングぐらいしかないのだが、この大作ゲームはPS5でやりたい。肝心のハードが売ってないのでできないのだ。じゃあ、小説を書くぐらいしかない。 連休も3日目だか4日目になり、感覚がぼやけてくる。金のことばかり考えるようになる。仕事をしていないと、不安がやってくる。dayworkというアプリ…

  • 1週間の休みと結婚記念日

    職場よりリフレッシュ休暇をいただく。1週間も休みとなった。ちょうど結婚記念日だったので、層雲峡の温泉ホテルに1泊してきた。 連休前は夜勤だった。スマホを見過ぎて背中が痛くなる。あんま師によるとそこら辺の神経を圧迫するかららしい。朝になって家に帰り、昼間で寝る。寝たところですぐに良くなるわけではなく、むしろ悪化していた。ホテルに向かう頃には背中がズンと重くて、運転がつらい。久しぶりに動物園によったのだが、せっかく人がいない平日だというのに、あまり満足に回れなかった。 ホテルに到着する。とても大きいホテルだった。完全に嫁任せだったので、ホテルのことは全くわからない。というか泊まるところに執着が全く…

  • 引き返すことをやめたら前に飛ぶしかない

    ガタカという映画を見た。 主人公はとある不正(遺伝子情報の詐称)を行う。会社で殺人事件が起きてそれがバレそうになるというSF。夜勤明けにだらだらと見ていて、最後は胸が熱くなった。 優秀な弟と遠泳で競うシーンがあるんだけれど、途中で弟が「よせ、死ぬぞ」と引き返すことを提案する。「俺は最初から引き返すことなんて考えていない!」と主人公が言う。死にたくないなら前に進むしかない。そんな状況に自分を追い込める人間は無敵だ。 やっぱり自分を投影してしまうのだ。郵便局をやめて社会不適合者と認識した自分。なぜか商売を始めて前に進むしかない状況になった自分。「儲からないでしょ」と言われてもよくわからなかった。生…

  • 7days to end with youをやったり映画ハーフオブライフ~面白いのはこれからを見たり三体を読んだり

    youtubeを見ていたらゲーム実況で気になるゲームを発見した。 7days to end with you というゲームで、いわゆるノベルゲーム。自分は記憶を失っている。とある家にかくまってもらっているのだが、登場人物は女性1人。その女性の言っている言葉がわからない。書いてある言葉もわからない。文脈や絵で判断して、この言葉は・・と推理していくのが面白かった。「これって英語じゃね?」となったところで、英単語との格闘が始まるのだが、久しぶりに英語の勉強ができたのもよかった。語学の学習としてもよいゲームだった。 ハーフオブライフ~面白いのはこれからという映画を見る。 田舎の閉そく感というのは、スマ…

  • ヒカキンTVとクソ映画は使える

    休みの日。淡々と小説をかき、たまにピアノの練習をしている。ニュースではオミクロン株の数が毎日最高値を更新していて、外に出る気がまったくなくなった。妄想の中で、夏の北海道を時速300㎞で移動していた。嫁が帰ってきたので晩御飯を作る。パン粉をオリーブオイルでいため、薄くスライスした玉ねぎをバターでいため、牛乳を少しづつ加える。ホタテを切ったものを入れて、最後にパン粉をかける。フライパンだけでできるかにクリームコロッケをホタテで作った。うまかった。 晩御飯を終わり、映画を見た。アマプラでトップにあった「インフィニティ」という映画。日本刀を使ったチャンバラアクションがすごくお金がかかっている感じで面白…

  • 中古でノートPCを買いました(3年ぶり)

    ただ文字を打つだけの道具としてタブレットにキーボードを接続して使っていた。WEBライターをやるようになり、情報収集ツールとしてノートPCが欲しくなって中古を購入。それまでノートPCって、速攻でOSのバージョンアップについていけなくなる拡張性皆無の板、というイメージ。事実、ASUSのくそ安ノートは1年ぐらいで死んだ。だから今回も1,2年が寿命だろう。それって道具としてはどうなの?というくやしさがあるが、仕事上必要なのだ、しかたない。 ということで購入したのがPanasonicのレッツノート。中古で3万ぐらい。価格コムで適当に検索した大阪のどこかのショップで買った。SSDなのにwin8.1という謎…

  • さあやろう2月は暇だ

    リフレッシュ休暇というものをいただいたので、なんとなく2月にもらうようにした。理由は2月ぐらいで寒さに疲れてしまうこと。ほかの人が夏にもらっていたから。ごちそうは最後に食べる派だから。コロナがひょっとしたら収まっているかもしれないから。の4点。 結局コロナは収まるどころか感染拡大していて、ここ美瑛町にもちらほら陽性者がでてくるようになり、その濃厚接触者のやや接触者の家族とかで職員が出勤できなくなってきたりするかもしれないということだ。 休みがあってもどこにも行けないシチュエーションになってしまった。だから目標を2つ立てた。 ・小説を1本かく ・ピアノを1曲引けるようにする というもの。 特に小…

  • おれたちは腸にいる微生物である

    ニュートンを読んでいたらこんな記事があった。 「私達の心をあやつる微生物たち」 人間の体内には100兆の微生物が住み、その多くは腸にいる。そしてドーパミンやセロトニンをつくっている。これらは神経伝達物質であり、脳や心に強い影響を与えているのだ。 最初は「んなアホな」と思ったが、そういえば思い当たることがある。それは仕事で目の当たりにする認知症のお年寄りで、今日も朝から徘徊し、大声で騒いでいる人がいたのだ。週に2,3回はこうゆう日があって、なにをしても落ち着かない。そして、排便をすると落ち着く。排便は人間をコントロールしていると言ってもいいだろう。 自分は自分だ。1この人格だ。と思っていたが、ひ…

  • スノーシューを強引に

    もし、過去に戻れたとして、目の前に京アニ放火犯のアイツがいたらどうするだろう?どうすれば、あの強行を止めることができるだろう?説得する?どうやって?羽交い絞め?ずっと?殺す? アインシュタインの発見によって、時空はゆがむことが確認されている。が、過去に行けわけではない。だが高次元にはいける。 やり方はこうだ。人間を極限まで圧縮し、シュバルツシルト半径まで圧縮すればブラックホールになる。ブラックホール内部は9次元世界であり、そこにはきっと時間を超える世界があるのかもしれない。ちなみに地球のシュバルツシルト半径は1㎝。人間がどこまで圧縮されればブラックホールになるのか知らないが、インターステラーで…

  • ピアノを買ったり

    1週間のうち、夜勤が2回入り、それ以外が休みになった。 介護施設の夜勤とはそれなりに忙しいのだけれど、かれこれ1年ぐらいやればそれなりにオートで動ける。こんかいもやっぱり忙しかったけれど、終わってしまえば「さあ、休みだ!」と気持ちが切り替わる。 しかし、オミクロン株の大流行で外に出てなにかすることは難しくなった。そこで電子ピアノを購入する。 子供向けのオモチャであり、趣味として始めるにはこんなとこからだろう。多分飽きるから、高いものも買わないほうがいい。これぐらいが最適。キラキラ星を両手で引けるようになるまで2日かかった。 *** ニュートンを読む。「無とは何か?」究極の無。原子やニュートリノ…

  • 目的地を探してる

    こんな夢を見た 高速道路がうにょうにょしているインターチェンジのパーキング。そこに嫁と車で入っていく。パーキングにはいままで出会った人たちがいて、彼らは各自どこかに向かっていった。自分もどこかに行かなければいけない。でもどこに?行きたい場所や会いたい人がいない。目的地を・・・ ふ、と目が覚める。焦燥感が残っているが、嫌な感じはしない。きっとおれは現状いるパーキングに満足してしまっているんだろう。たぶん、仕事が面白いからだ。 *** ネトフリで「三島由紀夫VS東大左翼」みたいな作品を見た。全共闘が盛んだった時代。革命の気配があったという。東大の安田講堂を支配したり、激しい運動が行われていたという…

  • 初夢と初詣

    年末年始5連勤、年越しは寝ていた。元旦は16時まで仕事をしていて、それから初詣に行く。マイナス20度ぐらいのキンキンに冷えた夜、歩いて神社に行き、誰もいない境内で願い事をした。「いいことがありますように、そしていいことがあってもそれを受け入れます」と。その夜、夢を見た。 夢の中では車を3台所有していた。ホンダのVESELとトヨタのヤリスと今乗ってるコルトプラス。「ありすぎだな、処分しないとな」と考えていた。 ・・・なんかよくわからない初夢だったが、メッセージは伝わる。行き過ぎた富はいらないと自分は感じているようだ。外では大寒気団がびゅうびゅうとマイナス20度の風を家にたたきつけている。だが築半…

  • 願って良いのか悪いのか

    年末年始は無事仕事が入った。その代わり夜勤明けからの3連休。ちょっとはやいお正月を味わっている。 クリスマスっぽい飾りつけを片付けて、正月っぽい飾りつけを飾る。福が来るように、という願いが込められているらしい。 「いいことがありますように」と願うことが不安だ。どうせ来ないだろうし、来ても受け入れる準備がない。期待してしまうと裏切られた時に辛い。だからむしろ「わるいことがありますように」と願うようになってしまった。「きょうも最悪の1日でありますように」そう願うと心が楽だ。 先の夜勤もその心構えで挑んだ。するとドリームスカムトゥルー。なんとキツイ夜勤だったことか。これはあれだな、願ったから叶っちゃ…

  • 令和二年度版再犯防止推進白書を拾った

    令和二年度版再犯防止推進白書 図書館のみかぎりセールとでもいうのだろうか。「もう、だれも読まないから興味あるならもってっていいよ!」という棚がある。そこに自分が献本した本もあったりして、やっぱりか・・とビミョーな再会をしたりするんだけれど、掘り出し物もある。これがその一つ。 一体どこの誰が「令和二年度版再犯防止推進白書」なんて図書館に入れたのだろう?こんな本に興味があるのはあんたと俺だけだよ!ということでもらってきた。 イイ感じの紙を使ったフルカラー255ページ。定価2500円。編集は法務省。分かりやすく図解が各所に入れられており、とても理解しやすかった。 例えば、性犯罪者処遇プログラムについ…

  • 車に積んでいた鎌とノコが原因で銃刀法違反により起訴されてた人に無罪判決がでた

    鎌やのこぎりが車に…銃刀法違反事件 72歳の男性に無罪判決 「草刈りなどで使った」 旭川地裁(HBCニュース) - Yahoo!ニュース 以前傍聴していたこの裁判。よかった、無罪になったんだ・・・と。 草刈りや木材を切るために鎌やのこぎりを車に積んでおり、捕まったのは閉鎖中の施設の駐車場だったはず。そこに警ら中のパトカーがやってきて「目をそらせた」という理由から職質。車から刃を新聞紙でガードした鎌やノコが出てきて逮捕となったはず。 「注意とかでなんとかならんのか?」とごもっともな意見もでていたけど、なんで起訴までいったんだっけな?被告はべつに暴れることも逃げることもなく、署まで同行したはず。逮…

  • 一つ一つ

    ライター仕事で怒涛の修正がきた。 しばらくメンタルが復活するまで作業ができなくなり、日数が必要だった。 いいこともある。本業の介護の方もいろいろあったが、泥沼のメンタルのお陰でどうでもよかった。 そして泥沼に漬かりきってしまえば、あとはやるしかない。ブラック化した案件からどうやって逃げ出すか考えながら、とりあえずこれはやるしかないのだ。 とりあえず、1つの修正を片付けた。30分もかからなかった。やりながら次のやるべき修正箇所があったので、ついでに片付けた。 疲れたからゲームをした。ジャッジアイズクリア。ストーリーが良かった。そしてセール中だったブラッドボーンを購入。ダウンロードしているあいだに…

  • これが俺の最前線だ

    夜勤だった。 仕事には慣れてしまった。人間関係もすばらしい。何も不自由なく働かせてもらっている。そして働きながら思うのは、もう一つの仕事だ。 ウェブライターをしている。日本語が書ければ誰だって出来るし、ネットがつながればどこでもできる仕事。なのでたたき合いになる。安さのたたき合い。だから何年も前から専門性を身に着けるためにいろいろ模索してきた。専門性? 介護の仕事をしながら専門性について考える。普通に考えれば、俺はいま介護の専門家のはずなのだけれど、まったくそんな気がしない。なぜだろう。たぶん、介護職なんていっぱいいるからだろう。 それはウェブライターにも同じことが言えるのだし、むしろ吐いて捨…

  • 心が震えれ

    ネトフリでニルマル・プルジャを見た。 ニルマル・プルジャ:8,000m級 14峰 世界最速登頂記録更新!| 登山 | レッドブル (redbull.com) youtu.be 原題が14peaks、8000M峰14座を7か月で上るプロジェクトのドキュメンタリー。 K2の話がとても好き。死んだら「やっぱりな」ってなるんだろうけどね。 そして「The River Runner」 youtu.be これもドキュメンタリー。こんな大瀑布につっこむなんて、どうかしてるぜ! 冒険家とはすごいものだ。「心を強く持たねば」と思わせてくれるから。

  • 日記:テレビ台を買い新しいカレーを食う

    脳のシナプスが最大限にシェイプされた状態でこんにちは!妄想3流作家こと山本芙美子のアクセルペダル!性のゴールド免許を所有する唯一の日本人エレガント滝沢ですわよ! もりもり と野生の毒に当たるまで雑草をお食べになっている皆様!物理現実からさようならするまえに聞いてくださいね。先日わたくしったらスーパーカブのフロントタイヤを交換していたのですけど、5年振りぐらいにチューブを噛んでしまって、それから再トライ。きちんと手順を踏めばさすがのBONNSUNといえどペコっつ!とハマってきもちいい。さあ、これでバイクの冬シーズンへ突入する準備ができたぜ!って出勤して、退勤したらリアタイヤがパンクしているんじゃ…

  • ボーナスきぶん

    15万もするテレビを買っちまったことに自分自身驚いている。そんな金の使い方をしてたっけ?俺は。うーん、としばらく考えて・・・してたな。これまでだってそうだし、これからもそうだろう。サラリーマンになって、なんと来月ボーナスがもらえるってことに浮かれているんだなと分かった。 ボーナス 15年振りに味わうこの感覚。「なんで金もらってるんだろう?」と不思議になるこの言葉。12月に世間が慌てるのもよく分かる。アマゾンのブラックフライデーがこの時期にあるのもボーナスきぶんがそうさせるんだろう。 ボーナスをもらうかわりに、何かを削っている。削ることは惜しくないのだが、恐ろしい。生活水準がなんか今までと違うの…

  • 別冊マーガレット流大谷翔平恋物語

    大谷翔平がメジャーでMVPを獲った、すごいことだと思う。 嫁とそんな話をする、野球にまったく感情が動かない人なので「奥さんいるんだっけ?」という話題になった。いや、たしかいないよ、公表してないだけかもしれないし、ひょっとしてLGBTで通訳の人が相手かもしれないし・・とくだらない話をする。 あ、そういえば、日ハム時代に「大谷ババア」という有名なファンがいて、娘を連れてきて「この子と結婚して!」と言ってくるんだって、今はメジャーだからそんなのはいないだろうけどね、朝、トーストを齧りながら、ベランダでコーヒーを飲む時間がとても愛おしいってコメントを出しているよ・・・ という話をして妄想が湧いてきた。…

  • SONYのテレビブラビアXRJ-50X90Jを買った

    ソニーのテレビのおまけ、洗剤だった ソニー信者ではないが、15万するソニーのテレビ「BRAVIA XRJ-50X90J」を買った。 5年位前に買ったシャープの32型からの買い替えになる。かれに特に不満はなかったが、PCつけて、最大化すると画面が暗くなり、映像モードをPCに切り替える作業がめんどくさかったというのが最大の買い替え理由。 新しいテレビなら、そこらへんのサブスクチャンネルやyoutubeもボタン1つで飛べる。ハードウェア的にも、これから高いスペックは要求されないだろう。 アマゾンや価格コムでテレビを比較すること数日。最終候補はソニーかハイセンスとなった。あとは店頭で実機を確認してポチ…

  • 眞子さまご成婚からの小室夫妻エコノミークラスのニュースに不遜にも妄想が膨らんでしまった

    じつに平和だ コロナが東京で7人、ニュースは小室夫妻と新庄監督の話ばかり。 職場で流れているテレビからは 「小室夫妻がニューヨークに旅立たれ、お二人はエコノミークラスを予約されましたが、航空会社の配慮でビジネスクラスが用意されました」 というホントかどうかわからないニュースが流れてきた。 ホントだったらじつにいいニュースだと思う。小室夫妻がこれから向かっていく新生活へのスタンスがよくあらわれているとおもう。エコノミークラスなのだ。NYまで10時間はあると思われる空の旅。それを・・・と思う。 興味深いのは、それを発見した時の航空会社の社員だろう。誰が予約したのだろうか?宮内庁だったらそもそもエコ…

  • なにわ男子の初心ラブ(うぶらぶ)をご存じだろうか

    嫁と関ジャムを見ていた。 この番組、とてもおもしろい。今回はデビュー曲特集で、おっさんが分かったのは長渕の純恋歌ぐらい。あいみょんが野狐禅っぽい感じだったり、サカナクションがすでに完成されていたりととても興味深い内容だった。 しかし、本番はこれからだ 番組の後半になり、ずっとコメント席にすわっていたジャニーズにスポットが当たる。「何この子、同じ種族?」ってぐらいかわいい。大西流星くんだった。こんどデビューする「なにわ男子」というグループの人らしい。雨トークでも取り上げられていたな、さて、どんな曲なのか? ほほう、ポップな感じでいいじゃないか。MVではなにわ男子がいるガソリンスタンドに旧式のミニ…

  • 深みには潜らない

    以前やっていたライター案件が復活した。 ここ数ヶ月、ライター仕事は全くやってこなかったので、とても久し振りな感じ。相談があった時はアウトドアもできない季節、時間があるのでやらせていただくことになったのだ。 出来るかどうかも分からない。最初に話を頂いたときは、全く新ジャンルの内容だったので、深く深く勉強して、勉強し過ぎて、失敗したこともある案件だった。こんどはそんなミスは犯さない。 本業である介護の仕事の合間にやろうと思う。ただし介護の仕事だって甘くない。深い深い仕事だ。ただ、体はやるべきことを覚えているので、考えることは少ない。 そんなわけで頭の中はライター、体は介護という状況だった。すると不…

  • 根源的な欲求

    お金がキライだ 大学は経済学部だったし、日曜の朝はガッチリみてるし、「社長本」は何冊ももっている。だが、ライダーハウスを辞めて、じんわりと溜まり始めた預金残高を見るたびに「はぁ・・・」とため息がでてくる。 マクロな経済は好きだ。GAFAや楽天やアリエクも好き。買い物も好きだし、財布に万札が数枚入っていると心が落ち着く。それなのに、お金が積もってくるほど、体が重くなる。 もう40も半ばになるというのに、これはいったいどうゆうことだろう。きっともうすこししたら、体が崩れ始める。父親は55歳でガンになった。人の体は60まで動くようにデザインされているという。そうなったら預金通帳だけが頼りだ。なのに、…

  • いろんなつながり

    10日ぐらい、毎日職場に行っている。 それは夜勤だったり(17時~7時)会議だったりしてつながったキセキ。正直2日めあたりで「もう、勘弁してください」ってギブアップしたかったのだけれども、シフトは絶対だ、バイブルのように。神は6日間でこの世を作ったらしいが、自分は7日目にはプチ鬱で死にたくなっていた。ついでに夢でも職場がでてきて、こりゃまずい。アリナミンAや栄養ドリンクの力を借りて強引に突き進む。〆はなぜか20時間近く職場にいなければいけなくなってしまったのだ。 それは夜勤前に、自分でやりたかったイベントを打つためだった。車を借りてご家族のところに訪問する。たったそれだけのことなのだけれど、初…

  • 科捜研の女でありそうなエピソードを考えてみる

    科捜研の女を一度も見たことが無い。 マリコが科学で犯人を捕まえるってことでいいんだろうか。 長くやっているシリーズなのだから、きっとこんなエピソードもあるんだろう・・と妄想してみた。 1.マリコ、タイムスリップ これはあるだろう。タイムトラベル物は、長期化した作品には鉄板で出てくる。 きっとマリコが実験をしていたら偶然ラベンダーの香りが漂って来て、気が付くと戦国武将と謁見。「あなたは・・織田信長!?」と驚くマリコ。種子島を3段構えにするとイイと教えてあげるマリコ、現世に帰ってきて、今川の闘いの絵にマリコっぽいキャラクターが書かれていて「これってマリコさんに似てますよね?」という部下に「ウフフ」…

  • 母親と花の話を

    「ケイくん虐めたら許さないんだから」 とマコが錫杖をとりだし左右に振る。呪術だ。そう認識したときにはすでに術式は完了していたようで、俺はその場で立ち尽くしてしまう。足を動かそうとするが動かない。 「アハハ!動けないでしょ?良いザマ!」 マコが笑う。その笑い声は人が変わったようで怖い。いかにもお嬢様といった気品をかもしだしていた数分前とは大違いだ。 「虐めてあげようか?ねえ、アイスピックで目ぇついてあげる」 これがチンピラやヤクザならまだましだ。なぜなら、そんな男だったら暴力は交渉の材料なのだから、和解の可能性があるからだ。マコのような女は違う。ヤルと言っているならヤルんだろう。人は愛する人の為…

  • 読書の秋ですね

    夜勤明け、3時間寝てダクソをやるというダメ人間ムーブを決める。 秋雨だし、ゲームや読書にはちょうどいい条件なんだ。ゲームに飽きたころ、近くにある図書館から借りた本を読む。 ・デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場 マスコミの人が描いた登山家、栗城くんの一側面。ライダーハウスをやっていたとき、旅人が栗城くんのファンで、それについて行く感じで札幌の講演を聞きに行ったことがある。あの時はたしか、最初のエベレスト挑戦が終わったあたりで、デスゾーンについて話していた。とても面白かった。 それからエベレスト登山にかかる金の話になり、いくつもの企業に訪問して、協賛を得るビジネスマンとしての彼の話も興味深かっ…

  • ピップ岳登山

    メンタルが不調だ。 おそらく、ライターの仕事が終わってしまい、何もすることが無くなったからだろう。 本業の介護だけではアイデンティティがゆらぐ。なにか行動し、創作しなければならない。心が血を吐いている。 山でも・・・と思った。緊急事態宣言は続いているが、マイナーな山ならむしろコンビニよりも安全。ケガをしたりして病院に担ぎ込まれるリスクもあるっちゃあるけど、それは道を歩いていても同じこと。そんな言い訳を心に念じて出発した。 目的は近くの愛山渓、ここをマイナーといってしまうと怒られるかもしれない。事実、平日の朝だと言うのに車が一杯だった。「まずいかな?かえろかな?」と考えたが、思い直す。いま、下が…

  • ああお寿司

    「3000円使ってこい」 という職場の命令。 「っす」 と使ってきた。 この3000円は何の金かというと、外に出れない利用者さんの地域通貨なのだった。それを代わりにつかって、現金で補充する。それが今回のミッションだった。 つまり、自分の金だ。自分の金ぐらい自分で使わせてほしかったが、サラリーの根源である職場の命令には逆らえない。ホントのことを言うなら別の選択肢(出前を取る、お菓子をかってくるなど)があったが、どれもめんどくさかったので 自分で使って、その分を補充する にした。自分の責任だ。 さて、3000円、何に使おう? ゆっくりじっくり使うのは性に合わない。タスクが残っている状況が嫌いだ。と…

  • 針治療とカイロプラクティックしてきた

    仕事中に背中に激痛が走り、息が止まる。 これはまずい。まずいやつだ。 取り除ける苦痛ならば取り除こう、そうでなければあきらめよう。 ということで夜勤。幸いなことに何ともなかった。 夜勤あけはゲームや読書などをして過ごした。少し楽になる。 が、重い倦怠感は残った。 病院に行くか?いやまずは按摩でも受けてみよう。 そう思って以前に紹介されていたところに予約を入れる。 針、鍼灸がメインのようだった。めちゃ近所。鍼灸師は若い男。 状態を説明する。 「ひょっとして10年前の怪我が・・・」「いや、それはない」 なんだかほっとする。それじゃあつまり、介護の仕事が原因なのだろう。 座って話しているだけで「多分…

  • 背中に激痛

    背中が痛い。それは10年ぐらい前に、雪ですべって背中をコンクリの角で痛打したときから始まっている。ふだんはなんともないが、激しい運動をしたときなどに現れるのだ。 今回は仕事だった。4連勤して最後の山場。就寝介助で踊りまくっているときにやってきた。ぐあっ!という声を出してしまう。呼吸ができない。数秒、やすませてもらった。 その後は根性だ。脂汗をかきながら、なんとか動いていた。仕事が終わり、家に帰ると風呂を沸かした。つくづくありがたい。風呂のある家に住めて、これ以上のぜいたくは無いと思う。風呂のお陰で背中の痛みは和らいだ。 まあ、43にもなっているのだから、体はどこか崩れていくのだ。そう諦めている…

  • 長く続いていた仕事が終わった

    「いままでありがとうございました」とクライアントが言う。2年ほど続いていた仕事が終わったのだ。 その仕事はクラウドで見つけたライター仕事で、継続的に仕事をくれていた。毎月2万円ほど。ありがたかった。金額よりも、ライターでいさせてくれることが。この仕事をすることでメンタルのバランスもとれていたとおもう。 ぽっかりと空いた時間。なにをしよう?新しく仕事をさがすよりも、充電したい気持ちが強い。 充電とはつまり、読書だ。読書にほかならない。さあ、読みたい本を探しに行こう。なければ書けばいい。それだけの話だ。

  • 黄金沢の沢登り

    職場の後輩を沢に連れていくため、休みを取っていた。 が、前日は雨。 無理やり突入するか迷いどころだったが、初心者2人をつれてバリエーションルートは良くない。快晴だったらなんとかなるだろうが、増水していたら・・・ということでキャンセルした。 さて、なにしよう? 気分はどこか沈んでいた。2年やったライター案件が終わり、気持ちは新しいことを求めている。ん、新しい沢の下見をしようと浜益の黄金沢へ行ってみた。 ソロなので深入りするつもりはない。が、一応の装備と釣り竿もってドライブする。 ひさしぶりのロングドライブに楽しくなってきた。途中何度かスコールに当たる。やっぱり今日はやめてよかった。 林道を走り、…

  • 生きる楽しさをつたえられたら

    ネトフリでウルトラハードボイルドグルメリポートを見た。ケニアのシンナー少年、ボリビアの銀堀、日本との経済格差はものすごい。ゴミ山で暮らす青年は1日働いて90円の収入だった。 生まれてしまったことを憎むことだってあるだろう。いや、それは日本で生まれても同じか。 日本だって生き難い。どんな環境でも生き難い人は生き難い。 そしてその逆もあるだろう。 ケニアにだって発展した都市はあるし、うまい事生きていくことだってできるはずだ。ネットに繋がれれば、今の時代、何とか生きていくことが出来る。それが日本なら更に楽勝だろう。 人生は楽勝だ。会社に勤めて、バカのふりしてればいい。それが辛くなったらやめればいいし…

  • 金稼ぎにしては楽すぎる

    夜勤明けのハイテンション。眠気を超えた先。ネトフリでくだらない映画や、面白いドキュメンタリーを見る。昼を過ぎたあたりで抗えない睡魔に襲われて寝る。起きたら昼だった。昼から昼へ。3時間ほど寝ていたようだ。 嫁がかえってくる時間だったのでごはんを考えた。何を食べたいか、まったくイメージがわかない。料理本や料理漫画を手に取るが思いは実体化せず、空腹のセンサーは中空をむなしくさまよった。しかたない、あるものをつかってなんかしよう。もらったカブ、終わりかけのバジル、なにができる?「トマトがあればパスタになる」と帰ってきた家人が言うのでそうした。ん、んまい。 月末だったので、今月のことを振り返った。なんと…

  • 緊急事態宣言にこっそりと追い詰められる

    夜勤明け。ワンノブ飯のタネを探しに裁判所に行こうと思って電話する。 「8月は無いです」 ああーそうかそうですか。まあ、そりゃそうですよね。この調子じゃ勿論札幌まで行っても同じだろう。ネタのストックがなくなり、仕事は追い詰められてしまった。まあ、いいか。 さて、48時間ほどの時間が出来てしまった。なにしようかな?天気は悪い。ゲームをやってみる。すぐに飽きた。映画を見る。「リミットレス」ブラッドリー・クーパーかっこいい。脳を100%使える薬をゲットして、ノシ上がっていく話。「ルーシー」脳を100%使えるようになった女がどうかなっちゃう話。の2本。 沢登りの本も読んだ。 次のステップに進まなければい…

  • TENETを見た

    2時間30分の映画を見て、エンドロールの後に考察サイトを読んで、読んだ後にTENETを見た。 考察サイトは1周目が終わった後で見るといいと思う。そして、この映画は2周以上するのが前提の映画だ。 エンディングの解釈はいろいろあるかもしれないが、自分は考察サイトとは別の意見だった。逆行する世界にすべて入っているならば、それに気づく方法が無いはず。 これは現実でもありうる。自分を知覚するには、対象が必要なのだ。例えば最近、若い人をアウトドアに連れて行っているけど、体力的にはまだ自分が強い。若い人がいなければ「おれは まだまだ わかい」と認知してしまうだろう。もちろん間違っている。彼らがちょっとトレー…

  • 庭を整備しカヤック艇庫を作る

    カヤック艇庫を作りますよ pic.twitter.com/oWp2VYPiWg— 元蜂の宿管理人 (@hatinoyado) 2021年8月21日 夜勤明けの休みは爆睡と会議で終わった。夕食を食いながら明日の予定を考える。天気はいい。天気のいい8月の休みに何もしないという選択はしない。じゃ、なにする?沢や川や山に行く?と頭の中で再び会議が始まる。自分だけの自分の為の会議。筆頭に上がったのは安足間岳へ行くことだったが、すでに21時を過ぎていて、これから3時起きして気持ちを作り、準備して上るのはキッツい。そう、気持ちの問題なのだ。 立ち上がらない気持ちに見切りをつけて、明日は庭の掃除をしよう。 翌…

  • 熊の沢川の沢登に行ってきた

    1人じゃないって~すてきなこと~ね~ と歌いながら沢登りしてきた。場所は旭岳ロープウェー下にある沢「熊の沢」。数年前に山の師匠と上ってきて、今回は自分がリーダー。バディはこの前原始が原に連れてった職場のD君。 youtu.be 夜勤明け。朝8時に家に帰って1時間寝る。2台で旭岳ロープウェイに向かい、キャンプ場に車をデポる。で、スタート地点である発電所に行って、準備をして、なんだかんだで10時30分すぎにスタート。 「やばいかな?」とちょっと頭をよぎった。登りだけとはいえ、さすがに遅いんじゃないか?6㎞ほど沢を登り続ける。登山道なら楽勝だけど、何があるかわからない沢なのだ。 ただ、心強いのは過去…

  • 職場の女の子をカヤックに乗せてみた

    先日、職場の男を滝に誘って、そのことを職場の女の子にいうと「いいなー」とリアクションがあった。「じゃ、こんどカヤックでもいく?」と誘う。「やります!」という。 木製のキャリアも、今回で最後 あっさりとナンパが成功したことに驚いた。まあ、これでなんとなく平等性が保たれて嬉しい。職場の若い子をアウトドアに誘うおじさんとしての立場をゲットできた。 若い娘さんを傷つけないように、注意しながらの川下りを始めた。が、始めてしまうとなんてことなかった。そもそも、介護の職場で戦っている彼女は想像よりもタフで、野生児だった。中州で一休みしながらプライベートトークを聴く。ガハハ!と笑った。 「じゃ、こんどは滝でも…

  • 自然に叩き落せ

    先日、職場の若者を滝めぐりに付き合わせた。すると変化がおこった。 1人はもともとアウトドア志向のある人間で、ほっておいても勝手に山に登るタイプだ。「バッグ買わないとなあ・・」と言っていた「まずは靴でしょ」とアドバイス。きっとこれからやらかすアウトドアでのミスが、彼を落ち着きのある人間に削ってくれると思う。実に楽しみだ。 もう1人も変化が起きた。彼はまったく運動なんて自発的にしないタイプだったので、今回キリで勘弁です!っていうとおもってた。だが、心に響く何かがあったのか、またやりたいと言っているらしい。普段の仕事に疲れ切っていたようで、いいリフレッシュになったようだ。自然が、彼をリフレッシュして…

  • 両家顔合わせからの豪遊

    両家顔合わせをやってきた。半年前に結婚して、やっとだった。 コロナとかいろんな事情が絡まって、ワクチンがある程度ひろまり、かつオリンピックでの大波が来る前というタイミングだった。和風庭園がある店で予約をし、昼食会となる。メモリアルなイベントだった。まったく関係なかった2つの家族を引き合わせ、じゃあよろしくと終了する。実に円満な話だ。時間にして2時間もかかっていない。 だが、終わった後でぐったりと疲れてしまった。やらなければいけないことを、ずっと先延ばしにしてきて、それがやっと消えた。通るべきフラグをやっと回収した解放感もある。運転できる精神状態じゃない。近くのカフェにて休む。 幸いにして明日も…

  • 2021原始が原

    職場の若者たちと原始が原に行ってきた。 富良野の山奥にある滝巡りコースである。途中、橋が崩落しているので、沢装備が必要。だが、行ってみたら「それほどかー?」と思った。 渇水しているのだ。岩がゴロゴロ。ぬめりもほとんどない。ジャンプしてよじ登ってルートをイメージして時には川底を歩く。実に楽しい沢だった。 やはりここはいい。短いコースに、様々な形状の滝。原始が原の解放感と帰りの登山道のスムーズさ。 滝に打たれながら、叫んだ。こんなことが出来るところも、実は少ない。そんな場所が近くにあって良かったと思う。そんな場所をガイド出来て満足だった。

  • 美瑛川カヤック&ラン

    冬の間にためていた「この夏、やりたいこと」を1つ1つ潰している。知床やニペソツ、歴船川、忠別川、傍聴旅行、ソロテント登山、そして美瑛川カヤック&ラン。 美瑛川を普通にカヤックで下り、上陸地点から車まで走るというだけである。夜勤明け、11時ぐらいにスタートした。 スタート地点はいつもより上流部。ソロでやるならいつもと同じコースじゃつまらない。ライダーハウスをやっていた時のような頻度ではないが、なんといってもホームリバーなのだ。轟沈号に釣り竿を積んで流れだした。 殆ど雨が降っていないから、渇水だった。そこをこすりながら、ライニングダウンしながら、竿を出しながら下る。途中、車にスプレースカートを取り…

  • 選択を放棄した先

    自分は何も悪いことをしていない!と訴える人を見ている。裁判傍聴や介護施設にて。訴える人の理屈はもっともだと思う。悪いことをしていないんだから、自分が不利益を被るのはまちがっていると。法廷ならばそれはもっともなのだけれど、介護施設ではちょっとニュアンスが違うのだ。 認知症が進み、自分がどこにいるのかさえ認識できなくなってしまった場合。介護施設は意味不明の迷宮と映るようだ。知らない人々、知らない部屋、鏡に映るのはふけた老人、混乱するのも当たり前だと思う。ここはどこだ?自分の知っている家に帰らなければ!その気持ちは重々理解できる。 だが、もちろん外に出すわけにはいかない。軟禁、といってもいいだろう。…

  • 時間が過去から未来へ進むのはなぜか

    大栗先生の超原理論入門という本を読んだ。 読み始めた動機は”ブラックホールにちんちんをツッコむにはどうしたらよいのか?”というアイデアに骨子をつけるためだった。どうすればいいのだろう?ブラックホールを作るしかないのだろうか?ネットで「ブラックホール 作り方」を検索するが、あまりピンとこなかった。超大型ハドロン検出機だっけ、あのセルンのあれなら可能らしい。シュタインズゲートならば、スーパーハカーがセルンにハッキングを仕掛けて、電話レンジ(仮)とリンクさせていたが、物理的にちんちんを転送させるわけにはいかない。宇宙船を打ち上げて、銀河の中心にあるというブラックホールまで行ったとしても、ブラックホー…

  • ワクワク乞食

    7月の連休で、天気も悪くないというのに家にいる。今までだったらありえないことだ。だいたいアウトドアしていた。それをやらなくなったことに、自分自身驚いている。 原因は、今年ニペソツ、知床とやったことで、日帰り登山にワクワクしなくなってきたというところだ。これ以上、となると、どうしても3連休が必要だったり、バディが欲しかったりする。気軽に出来ることではない。沢に行きたい、と思えばすぐそばにライダーがいた環境が懐かしい。天気がいいからいなくなるね!と沈没者に言って飛び出していたのはいつだったか。そんなこともあった。 ワクワクしないことに時間を費やすことはしない。年を取ったのだ。未経験の場所はどんどん…

  • 同期がやめちゃった

    介護は人の移動が激しい。42歳のおっさんが入れたことがその証左であるのだが、それを実感したのは今日の朝。「Fさんが辞めるからその穴埋めだね」と今度移動になる人が言っていたのだ。 Fちゃんは20歳くらいの女の子で、俺の2か月先輩。ほぼ同期だ。「え、マジすか」と聞く、マジらしい。なんでやめたんだ。その理由まではしらない。なぜなら、話したことはほとんどなく、研修などで顔をしっているぐらいの間柄だからだ。 想像できるのは、人間関係。強烈なキャラがFちゃんの棟にいるのを知っている。激流のような人間だ。激しく、早く、イライラしていて、そして間違っている。だが、アホだから自分が間違っていることに気づけない。…

  • 美瑛富士登山

    美瑛富士、オプタテシケを登りたかった。 そこで夜勤明け、1時間ほど仮眠をとって突撃する。 スターとは12時になった。 それにしても重い。 今回は、水場がないので、2日分の水を担いで登る。 それにテント、ドローン、寝袋、コンパクトジャナイコンデジG1X、重い、重いのだ。 足が出ない。30分ごとに長休止を挟んで登った。 それでも4時間ちょっとでテン場につく。 ここからテントを張って、美瑛富士に登ろうと思ったけれど、体がゆうことを聞かない。 ご飯を食べて、すぐテントに入った。落ちるように2時間ほど寝る。 起きたら日没前、もう登れない。時折テントから顔を出し、星空などを撮影する。 何もすることがないの…

  • ジャムをつくってみよう

    おとなりさんが回覧板をもってくると「ねえ〇〇が実ってるわよ」といわれる。見に行くと境界線のあたりに、びっちりと赤い実がなっていた。これは迷惑だったろう。 さて、これはジャムになりそうだ。名前を聞いていたが、わすれてしまった。グーグルレンズでしらべる。赤フサスグリというらしい。 葡萄っぽい。作業は正直たのしかった。とんでもない量の砂糖をぶち込んで煮る。すると1時間ほどでジャムになった。冷蔵庫で冷やして、次の日に食べる。ああ、ジャムだ。ジャムって砂糖の味だったんだ。赤フサスグリの酸味は隠し味程度になっていた。 *** アマゾンで殺人犯はそこにいるを読む。 ルポが好きだ。魂と人生を投入したルポだった…

  • 久し振りにライダーハウスっぽいことをした

    仕事をしていたらメッセージが入っていた。何年か前にライダーハウスにきていた旅人が美瑛に来ており、会わないか?ということだった。早番だったので、そのあとならと落ち合う。 旅人の名前はアルマといった。初めて来たときは21だったという。それが今では27歳。お互い年を取ったものだと思う。 自分はライダーハウスを閉鎖し、介護の仕事をし、家を買って、結婚した。アルマは旅が終わった後、動画を作る仕事を始め、今ではそれで食べていけるという。お互い変わったなあ。 「ハチヤド的な場所が欲しいと思いました」とアルマは言う。それは私もそう思う。アルマは新しくできたライダーハウスに連泊しているが、何かが足りないという。…

  • 知床沢登りからのテン泊登山:イワウベツ川→硫黄山

    2年前に、斜里岳登って、次の日に羅臼岳を登ったことがある。その時、Oさんと一緒に羅臼→硫黄山の知床連山縦走ルートを歩く予定だったのだが、斜里岳で足がやられて羅臼岳ピストンにした。Oさんだけは硫黄山まで歩き、自分は車で迎えにいくというものだった。 「キツかった」とさんは言った。この人が言うのだから、そりゃキツいのだろう。現地で車デポのサポートにまわった自分の判断に安堵した。 が、心残りがある。あの知床の屋台骨を歩けるルートがあると知ってしまったからだ。いつか、行きたい。そう言い続けていたら、Oさんが1泊プランで提案してくれた。2年越しの願いが叶うのだ。 この日のために足をつくり、ギアを整えた。準…

  • 書かなければ

    何かを書きたい何かを書きたい いま、東大雪の山の中、ニペソツ山登山口でこれを書いている。 初めにまず、これを書き始めた理由について説明しなければいけない。書かなければ、と感じたのだ。それも、ネットのつながらない山の中だからできること。情報を一切入れず、自分の中にある物を文章にする。それがいま、なによりもやりたいことだからだ。 次にここにいる理由を説明する。もちろん登山の為にやってきた。ニペソツ山は何年も前から狙っていた山なのだけれど、そこに至るまでのアクセスや林道崩壊などが重なり来れなかった。 仕事を変えたことも大きい要因だ。ライダーハウスと居酒屋をやっていたときは、夏は猛烈に忙しく楽しかった…

  • ニペソツ山登ってきた

    今年狙っていたニペソツ山。東大雪にある奥深い山だ。日帰りは無理、と思っていた。ので、テント泊の準備をしていたのだけれども、ヤマレコでしらべると日帰りしている人がいる。 どうゆうことか。日帰りって、林道が壊れてしまった16の沢コースのことを言っている?と思ったが、幌加温泉コースから日帰りしている人がいる。 幌加温泉コースは長く、地図によると道も不明瞭。だが、早朝出発すれば今の自分なら何とかなるかもしれない。道はGPSたより。夜勤明けに移動してしまえばいける。 よし、行こう。石狩岳と迷ったが、石狩は音更山と1泊でやってみたい。 まず、ニペソツをやってしまおう。二ぺを足元に踏めば、次のレベルに行ける…

  • ニペソツ山登ってきた

    今年狙っていたニペソツ山。東大雪にある奥深い山だ。日帰りは無理、と思っていた。ので、テント泊の準備をしていたのだけれども、ヤマレコでしらべると日帰りしている人がいる。 どうゆうことか。日帰りって、林道が壊れてしまった16の沢コースのことを言っている?と思ったが、幌加温泉コースから日帰りしている人がいる。 幌加温泉コースは長く、地図によると道も不明瞭。だが、早朝出発すれば今の自分なら何とかなるかもしれない。道はGPSたより。夜勤明けに移動してしまえばいける。 よし、行こう。石狩岳と迷ったが、石狩は音更山と1泊でやってみたい。 まず、ニペソツをやってしまおう。二ぺを足元に踏めば、次のレベルに行ける…

  • ニペソツ山登ってきた

    今年狙っていたニペソツ山。東大雪にある奥深い山だ。日帰りは無理、と思っていた。ので、テント泊の準備をしていたのだけれども、ヤマレコでしらべると日帰りしている人がいる。 どうゆうことか。日帰りって、林道が壊れてしまった16の沢コースのことを言っている?と思ったが、幌加温泉コースから日帰りしている人がいる。 幌加温泉コースは長く、地図によると道も不明瞭。だが、早朝出発すれば今の自分なら何とかなるかもしれない。道はGPSたより。夜勤明けに移動してしまえばいける。 よし、行こう。石狩岳と迷ったが、石狩は音更山と1泊でやってみたい。 まず、ニペソツをやってしまおう。二ぺを足元に踏めば、次のレベルに行ける…

  • ザ・ファブルを観た

    邦キチの影響で観た。超おもしろかった。 エンタメガンアクション映画で、早い。原作の再限度も高かった。ジャッカルが完璧だった。ヒロインの山本美月に至っては画面に顔面が映るだけで時間が経過するレベルの美しさ。 映画作品としてのカタルシスもちゃんとあった。柳楽裕也の鬼のような演技力がそれを実現していると思う。 で、ま、好きだよね。正体を隠した殺し屋。悪いやつにつかまったヒロインを助けに行く。これは絶対面白いと感じてしまう、鉄板のストーリーだと思う。 そんなわけで、ザ・ファブルおススメです。邦キチのアカウントもフォローしておくといいんじゃないでしょうか。新作邦画のCMが詰まんなそうなとき「ああ、これは…

  • 歴舟川に行ってきた

    道東は帯広の南、いまではホリエモンロケットが飛ぶ街になった大樹町にある歴舟川に行ってきた。 北海道で1,2の清流であり、始めてカヤックをやった川だ。自分でカヤックを購入してからも2回行っている。だから今回が4回目。Oさんと言ってきた。お互い2回のワクチンを接種している。 夜勤明け、ギアの準備をして10時に出発。途中、芽室町のコーンチャーハンを食う。面白美味しい味だった。大樹町には15時ごろ到着した。 スタート地点であるキャンプ場にカヤックを置かせてもらい、ゴール地点を視察する。海岸線には下りられそうになかったので、最後の橋の下にした。車のデポは翌朝Oさんがサイクリングでやることになる。 キャン…

  • 水になれ

    パルプンテ!をかけられた人の話を聞く。介護施設の日常だ。このパルプンテは治らない。説明をしても5秒で忘れてしまう。自然と、説明することを諦めた。 それではいかんと思うのだけれど、俺は医者じゃない。ただの生活のサポートをする介護職であり、排泄や食事や入浴の手伝いが主な仕事だ。 その3大介護は意外とロジカルにできていて、割とやりやすい。ウンチが出ないなら下剤を使う、食事が食べられないなら、食べられそうな形にする。お風呂に入りたくないなら、シャワーにする。 これらは言葉にできるが、パルプンテは言葉にできない。なんというか、自らの安心を得るために、周りにちょっかいをかけまくるというか・・・例えば「いく…

ブログリーダー」を活用して、蜂の宿管理人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
蜂の宿管理人さん
ブログタイトル
ライダーハウス蜂の宿
フォロー
ライダーハウス蜂の宿

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用