searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Yuko Frostさんのプロフィール

自然大国オーストラリアの美味しいワイン情報をお届け。美しい港町シドニーと近辺の見所も少し。

ブログタイトル
Now Where's My Wine?
ブログURL
http://auswines.blog.jp/
ブログ紹介文
シドニー在住WSET Diploma保持者です。オーストラリアから美味しいワイン情報をお届けします。
更新頻度(1年)

45回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2015/12/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Yuko Frostさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Yuko Frostさん
ブログタイトル
Now Where's My Wine?
更新頻度
45回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
Now Where's My Wine?

Yuko Frostさんの新着記事

1件〜30件

  • 【読書ノート】Jasper Jones by Craig Silvey

    Honeybeeと同じ作者のヒット作、Jasper Jonesです。映画化もされているミステリー小説で、舞台はベトナム戦争の頃の西オーストラリアの田舎町。14歳の本好きの少年チャーリーを真夜中に訪ねてきたのは、アボリジニの年上の少年ジャスパー・ジョーンズ。そんなに仲が良かった

  • ツール・ド・フランス中のお楽しみ Tarte aux Poireaux

    先月末から再びロックダウン中のシドニーです。楽しみといえば家で美味しいご飯を作ったり本を読んだりするぐらいなので最近はツール・ド・フランスの料理コーナーが楽しみな我が家です。最近作ったのがリーク(ねぎ)のタルトTart aux Poireaux(Leek Tart)。パイ生地から作

  • NONを飲んだ。話題のノン・アルコール・”ワイン”

    今話題のノン・アルコール・”ワイン”を飲んでみました。メルボルンのメーカーが作っているその名もNONというブランドです。基本6種類の味わいでソルテッド・ラズベリーとカモミールキャラメライズド・ペアーと昆布トーステッド・シナモンと柚子ロースト・ビーツと山椒レモ

  • 新しい会計年度!GOALに向けて

    オーストラリアでは会計年度が7月1日に始まります。今年は(も)しっかり頑張りたいと思います。こちらの会社では、上司と相談の上毎年年度末に「本年の勤務評価(Performance Review)」と「来年の達成目標(GOAL)」を設定しなくてはいけません。今年の目標は「目標を忘れず

  • 【読書ノート】The Dictionary of Lost Words by Pip Williams

    先週からロックダウンに入りましたシドニーです。仕事は再び完全在宅勤務になりました(←嫌い💦)。一気に去年まで巻き戻った気分です。さて、今日の読書ノートはThe Dictionary of Lost Wordsです。イギリスはオックスフォードが舞台となっていますが作者Pip Williamsはオ

  • ロックダウン前に食べたラーメン🍜

    シドニーで好きな街の中にNewtownがありまして。古着屋さんやジュエリーショップ、レコードショップ、本屋、劇場やインディーズ系のブティックなどなど楽しいお店がたくさんある街なのです。シドニーはずいぶん前からラーメンが大人気で美味しい店もたくさんできています。(

  • 国際シュナン・ブラン・デー

    先週の金曜日は国際シュナン・ブラン・デーだったので会社でシュナン・ブランのテイスティングをしましたよ〜。フランスのロワール地方、ヴーヴレ地域のもの(今回はスパークリング)、南アフリカ、そしてオーストラリアからは西オーストラリアのものを2点。↑で今回は、と

  • 【読書ノート】Midnight Library by Matt Haig

    The Midnight Library: The No.1 Sunday Times bestseller and worldwide phenomenon (English Edition)Haig, MattCanongate Books2020-08-13もしもあの時こうしていたら、違う人生だったかもしれない。誰しも一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか。主人公は30代

  • シドニーでフランス語のレッスン ②🇫🇷

    続きものです。英語圏のオーストラリアでなぜかフランス語を学んでいる私ですがシドニーには結構な数のフランス語が話せる人がいると思います。今の会社のシドニーオフィスには少なくともフランス人が4人はいますし(いちいちそれぞれの国籍とか聞かないから、もしかして正確

  • 【映画ノート】MINAMATA

    夫に誘われてあまり深く考えずに観た映画MINAMATA。映画で泣くことってあまりないのですが、図らずも、基本ずっと泣いてました。日本の「四大公害病」として教科書にも載って学校で習った「水俣病」がテーマ。一番衝撃だったのは、これは終わった「歴史」ではなくて今も後遺

  • BYOワイン、楽しく賢く活用したい

    シドニーでは昔に比べてBYO(ワインを持ち込むこと)ができるレストランが少なくなってきましたがアジア系のレストランは特に、まだまだ探せばできるところが結構あります。積極的に謳っていないところもあるので予約時や来店時に聞いてみると良いでしょう。BYOをチャージす

  • シドニーでフランス語のレッスン ①

    私、実は2019年初めからフランス語を習っていまして(こそっ)と言っても相当なポンコツなのですが(フランス語よりオーストラリアンアクセントの英語を褒められるという・・・)コロナで去年から今もずっとZoomになってますがなんとか週1でゆるゆると続けています。いまは

  • 【読書ノート】Where The Crawdads Sing (ザリガニの鳴くところ) by Delia Owens

    今週の読書ノートです。Where The Crawdads Singこれは去年読んだ本の中でも特に印象に残った作品の一つ場所は1960年代後半のノースカロライナまだ黒人差別が露骨に残る時代6才で母親に置き去りにされ、兄も姉も出ていき暴力を振るい働かない父と二人きり村の人には「湿地の

  • ピザの日

    先日家でピザを作りました。で、ただ「今日ピザだしな」というだけでお店にあったキアンティ・クラシッコを買ったんですがよく見たら、このワイン、ラベルがフクロウ🦉だ〜〜〜!可愛い。しかも目がきらきらのビーズのパーツ。ココアみたいなダスティっぽさが美味しい。ふく

  • ネッビオーロの達人といえばこの人

    オーストラリアで本当に美味しいネビを作る生産者って片手で足りるぐらいしかいないんじゃないかな。その中でトップはきっと間違いなくルーク・ランバートFine Tannin、ってこういうことですよ、みたいなお手本みたいなネッビオーロ。エレガントでしなやかで(語彙力)。また

  • 【読書ノート】Klara and The Sun by Kazuo Ishiguro クララとお日様

    ノーベル文学賞受賞者のカズオ・イシグロの最新作を読みました。ドライな文章の中に通常とは違う語彙の使い方がされていて読者はストーリーを読み進める中でだんだんとその真意を理解していくというNever Let Me Goとの共通点も見えたストーリーですが背景はまた全然違ってい

  • Small Island Winesの新作

    タスマニアのジェームズ・ブロワノスキのSmall Islands Wineの新作です!ピノ・グリとシャルドネ。初期の頃はペインティングにスタンプするスタイルでしたが最近は紙のラベルにシフトしたようですね。あ、でもシングルサイトのピノはまだペインティングなのかな?ペイントの

  • キャンベラといえば

    少し前の画像の整理を兼ねて、1月の旅行の記録を少しずつ。時系列がバラバラですみません。これはキャンベラに行った時のこと。キャンベラ・ディストリクトのワインメーカーといえばやはりここがまず出てくるのではないかというぐらい有名なワイナリーClonakilla。クロナキラ

  • 【読書ノート】Honeybee🍯🐝 by Craig Silvey

    少し前に読んだ本の感想を書きます。オーストラリアの作家Craig Silveyの最新作、Honeybee。西オーストラリアのパースが舞台になっています。トランスジェンダーの少年サムと、彼を取り巻くヤクザな大人たち絶望して死のうと思ったサムと出会った一人の孤独な老人との交流か

  • Monet & Friends

    少し前の話になりますが夫の母がブリスベンから1年ぶりに遊びに来ました。コロナで州境がクローズしてから1年以上会えなかった母。6月のお誕生日もクリスマスのファミリーランチもキャンセルになって今度こそはと思っていたところなんと今回も直前にシドニーで新規感染者が3

  • ワインと本をマッチングする

    みなさん、本はお好きですか?最近意識してよく本を読んでいるのでワインと本のマッチングについて時々考えています。どうやって?と思われるかもしれませんが、まあほぼこじつけですね。どちらもじっくり楽しむために、何か要素を加えられたらいいなと思うのでちょっと考え

  • 秋も美味しいロゼ

    ジャイアント・ステップスの可愛いロゼピノ・ノワールとシャルドネのマスターとして知られるスティーブ・フラムスティード、ヤラ・ヴァレーのジャイアント・ステップス。2020ヴィンテージです。これは結構新しいラインナップなのかラベルのデザインが今までとちょっと違って

  • むらさき色のピノ・ノワール

    去年から今年の年始にかけてギップスランドのピノ・ノワールのリサーチをしましてギップスランドのピノを集めて集中して飲んでいた時がありました。ギップスランドのピノってなんか味がとっても紫色なんですよね。濃厚で凝縮しているけどとっても香り高くてデリケート。プラ

  • ペンギン・ブルーム@オープンエア・シネマ

    こちらも何ヶ月も前の話で恐縮ですが毎年夏になるとオペラハウスの対岸のミセス・マコーリーズ・チェアの付近に屋外シネマが開かれるシドニー。今年はCOVIDで開催決定がギリギリまで分かりませんでしたがなんとか無事に開催されました。マスク着用は必須、NSWのQRコードでチ

  • デリンクエンテのカスク・ロゼ Large Format

    去年はどんなワイン飲んでたかなぁと思って少し前の写真を振り返ってみてみるとこちらが出てきました。わかりますかね。こちら、カスクワイン(バッグ・イン・ボックス)なのですが作り手がデリンクエンテと言うリヴァーランドのちょっとしたスターワインメーカーのものなの

  • 温泉に猿

    気まぐれに久しぶりに更新します。少し前に飲んだニュージーランドのUNKELのワインの画像が出てきたので載せてみます。Unkel After Party Rieslingみかん?柚子?の浮かんだ温泉に猿とは。なかなか面白いこちらのワインはスキンコンタクトのリースリングです。ニュージーラン

  • 11月のガメイ

    (予約投稿です)11月といえばボジョレ・ヌーボー?ですか?オーストラリアではほぼかすりもしない話題なのですがそれでもこの間フランス語の先生に「ボジョレ・ヌーヴォー好き?」って聞かれました。”カーボニック・マセラシオン”をそれっぽく発音してみましたよ🇫🇷😅私

  • 【読書ノート】The Binding by Bridget Collins

    (予約投稿です)ブッククラブの課題図書だったThere Bindingのご紹介です。ファンタジーもの。舞台は(おそらく)19世紀のイングランドの片田舎。「本」とは誰かの記憶を閉じ込めたもの。誰かの消したい記憶を本に綴り秘密を守る仕事「Binder」が存在する世界で恋に落ち、愛

  • Vale さようなら

    先日バスケット・プレスで素晴らしいワインを数多く作りたくさんの人に愛され尊敬されていたオコタ・バレルズのワインメーカーのタラス・オコタさんが長い闘病の末お亡くなりになられました。あの日は彼の写真がソーシャルメディアに急にたくさん流れて来てん?ん?もしかし

カテゴリー一覧
商用