OLDBOY浮雲の旅日記
読者になる
住所
八王子市
出身
佐久市
ハンドル名
OLDBOY浮雲さん
ブログタイトル
OLDBOY浮雲の旅日記
ブログURL
http://89338823yo.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
国内外の旅、山歩き街歩き、ちょっと一杯、スポーツ観戦などなど、思いついたことを徒然に綴っています。
自由文
-
更新頻度(1年)

332回 / 313日(平均7.4回/週)

ブログ村参加:2015/12/15

OLDBOY浮雲さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 9,968位 9,901位 10,376位 10,346位 10,851位 10,058位 9,020位 975,092サイト
INポイント 0 40 30 20 30 10 50 180/週
OUTポイント 0 10 0 30 40 20 20 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 518位 508位 540位 547位 567位 541位 487位 43,063サイト
世界半周 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 65サイト
シニア日記ブログ 221位 217位 221位 221位 229位 221位 208位 3,434サイト
団塊の世代 24位 24位 24位 25位 25位 25位 22位 236サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 33,450位 33,480位 34,703位 30,488位 32,529位 36,228位 36,386位 975,092サイト
INポイント 0 40 30 20 30 10 50 180/週
OUTポイント 0 10 0 30 40 20 20 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,564位 1,556位 1,629位 1,407位 1,512位 1,683位 1,713位 43,063サイト
世界半周 1位 1位 圏外 1位 1位 1位 1位 65サイト
シニア日記ブログ 477位 486位 498位 456位 480位 514位 517位 3,434サイト
団塊の世代 45位 44位 45位 42位 44位 46位 44位 236サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,092サイト
INポイント 0 40 30 20 30 10 50 180/週
OUTポイント 0 10 0 30 40 20 20 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,063サイト
世界半周 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,434サイト
団塊の世代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 236サイト

OLDBOY浮雲さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、OLDBOY浮雲さんの読者になりませんか?

ハンドル名
OLDBOY浮雲さん
ブログタイトル
OLDBOY浮雲の旅日記
更新頻度
332回 / 313日(平均7.4回/週)
読者になる
OLDBOY浮雲の旅日記
  • フェラーリとオフロード・・・Vol.2028

    W杯ラグビー、プールA最終戦、日本はまたも真骨頂を発揮した。開始前の会見で主将のマイケルは「優しい気持ちは必要ない。鬼にならないといけない」と語った。しかし前半6分、早々にスコットランドにトライを決められ7点を献上してしまう。「これは・・・」と暗い気持ちが見る者を襲った。しかし日本は、ここから怒涛の攻めを見せる。福岡から松島へとボールが渡り、17分にトライ! 7:7。福岡は倒れつつナイスパス!オフ...

  • 川、12日と13日・・・Vol.2027

    12日、午後3時ころ、まだ小雨だったが、湯殿川の水量を見に雨合羽を着て出かけた。「こういうふうに出歩くからアブナイ」と思いつつ。「こういう年寄りがマズイ」と家族に言われつつ。往復10分以内で川辺まで行って無事に帰って来た。翌朝13日、玄関先で近所の方が「周りを歩いてきたが、ほとんど何も被害はなさそうですよ」と言った。朝7時過ぎ、湯殿川を見てこようと家を出たら、角の家の御主人が「甲州街道は水で溢れて大変なよ...

  • 明日は無理だろう・・・Vol.2026

    陽が落ちる前に庭木の伐採も終わり、片づけをして、一杯飲った。楽しい止まり木の時間だ。いつもの止まり木のテーブルと椅子は、台風に備えて片付けてしまったから、雨に濡れない軒下に陣取った。雨が降り出したが、雨でもやはり外で飲む酒は気持ちが解放されて格別だ。肉体労働後の疲れも取れていく。「雨も風情があるなあ」などと思いながら飲っていたら、急に雨が強くなった。足元にも雨がかかるようになってきたので、そろそろ...

  • 泣きっ面・・・Vol.2025

    台風19号、いよいよ上陸という段階になって来た。暴風雨圏域直径600kmというから、出来れば避けてほしいというのが希望で本音だが、現実は千葉にもまたのようだ、同情しても何もできない。“泣きっ面にハチ”で悔しいことだろう。狩野川台風と同レベルとTvなどで言っている。小学生だったが覚えている。その時は狩野川台風などという名は知らなかったが、すごく印象に残っている。家の前の小川とさえ言えない“センゲ”が水で溢...

  • 吉野彰さん、祝!・・・Vol.2024

    ノーベル賞受賞おめでとうございます。台風19号で暗いニュースになる前の明るいニュースで何よりでした。リチウムでは、何かが引っかかっていた。思い出したのは、やっと昨日のこと。ウユニ塩湖のことだった。湖底に膨大なリチウムが眠っていて、世界各国がそれを狙っている。日本も当然、然り。ボリビア自身も生産量を上げている。私の後輩の夫も、その関係で夫婦で3年ばかり、ウユニからそれほど遠くないアルゼンチンのフフイに...

  • ホーホーㇵッハッハおすすめ・・・Vol.2023

    ホーホー、ㇵッハッハ、イェーイ !これを、ただ、繰り返す。右胸前あたりで「ホー」と言いつつ手拍子を1回。左胸前あたりで「ホー」と言いつつ手拍子を1回。続けて、ひだり耳あたりで「ㇵッ、ハッ、ハ」と言いつつあわせて手拍子を3回。最後に頭の横あたりに両手を上げてピースサインか親指を立てて、どちらか好きな方で「イェーイ!」と叫ぶ。ただ、これだけ。だが、いずれも飛び切りの笑顔で行う。先日ダイアン吉日さんのこと...

  • 都心の止まり木にて・・・Vol.2022

    生活している人のいない霞が関3丁目町会恒例の「楓を観る会」に行って来た。町会員は、すべて企業のみの町会だから、そこで働く人たちのアフターファイブ交流会のようなものだ。春は「桜を観る会」をやっている。時々酒代稼ぎのバイトをしている会社が町会メンバーだし、歴代の町会事務局長は以前は同僚がやっていたり、今は後輩が務めている、皆兼業だ。町会長は先輩で、彼は好きで地域活性化のためにと会長を務めている。そんな...

  • 大安吉日、笑門来福・・・Vol.2021

    7日、日曜日、仏滅だったが、落語を聴きに出かけた。“Diversity” 多文化や多様性への理解促進を東京都は推進していて、その八王子版の一環で、落語会などが催され、若干ボランティア活動をしている身としては、なかば義務的な出席だったが・・・。講師の落語家は、リバプールからやってきた。世界中をバックパッカーとして旅をし、日本にたどり着いた女性ダイアンさんだった。 I love japan ! ですっかり日本の虜になっ...

  • ビクトリーロード・・・Vol.2020

    日本がアイルランド(開幕時世界1位、現在世界2位)を撃破した衝撃は、「静岡ショック」「世紀の番狂わせ」などと世界のメディアが報じているようだ。前回、南アを降した時には開催地にちなんで「ブライトンの奇跡」と言われたが、今回は「彼らがまたやった」「奇跡には続きがあった」などとニュージーランドのメディアは言っているそうだ。南アは「息を飲む衝撃」と伝えているそうだ。確かにこれまでのところ、対戦試合でランク上...

  • 声のたより・・・Vol.2019

    家の中で固定電話が鳴っていた。多くは留守電仕様にしている。勧誘やオレオレのようなモノが多いからだ。親戚・友人・知人など必要な人には携帯電話番号を伝えてあるから、大事なことは携帯でOK。だから固定電話にはなるべく出ない。もし、携帯番号を知らなくても用事があれば留守電に名前などを残すだろうという思いもある。「只今、留守にしています。ご用件がおありの方は・・・」という機械音が家の中から小さく聞こえていた...

  • 命名・・・Vol.2018

    録画しておいた「盤上の向日葵」第3回目放映を、4回目(最終回)が始まる前にということで勇気を出して観た。勇気と言うほどの大袈裟なものでもないが、もう少し余韻に浸り引きずっておきたいような気分だったが・・・。親も知らず悲惨な子ども時代を送った真剣師・東明重慶が言う。「寺の住職が、慶びが重なるようにと命名してくれたんだそうだ」と上條に言う。上條の顔色が変わったのを見て取った東明は、「お前もか!?」と言う...

  • 盤上の向日葵・・・Vol.2017

    BSNHK「盤上の向日葵」、放映3回が終了。まだ2回までしか見ていないが、これがなかなかいい。原作者は柚月裕子、去年の本屋大賞2位のテレビドラマ化だ。「砂の器」の将棋界版のようだとコメントしている方もいた。なるほど、うまいことを言う。確かに切なく悲しい宿命のようなものが上手に描かれている。主人公は、将棋界に現れた異端の天才棋士・上条佳祐。千葉雄大の押さえた演技が光る。生まれは信州・諏訪、元校長の唐沢...

  • 今のところ順当・・・Vol.2036

    ラグビーw杯、流石に今のところ順当といったところ。世界ランク上位が勝っている。日本(10位)対ロシア(20位)、豪州(6位)対フィジー(9位)、フランス(8位)対アルゼンチン(11位)、ニュージーランド(2位)対南アフリカ(4位)、イタリア(14位)対ナミビア(23位)、アイルランド(1位)対スコットランド(7位)。イングランド(3位)対トンガ(15位)は今試合中だが、15:3でイングランドが優位に立っている。令和元...

  • 開幕2・ノーサイド・・・Vol.2035

    良かった。ラグビー日本対ロシア、30:10、結果をみれば完勝と言っていいだろう。前半は15番トウボウがボールをキャッチできないミスを連発するなど、彼のみならず皆硬さが見えた。ボールを落としたり、動きも遅く、俊敏性のかけらもないようにみえた展開だった。それでも14番松島幸太郎(26)が2トライを決め、12:7で前半を終える。彼は微妙な判定でノックオンとなった幻のトライが34分にもあった。が、あれはロシアのタック...

  • 出不精・・・Vol.2034

    だんだんと出不精になって来た。まずい傾向だ。昨日は、「明日は高尾山にでも行って来るか、な」などとチラッと思い、今朝になってもまだ迷っていた。結局、陽があるうちは、家の周りをウロウロしたりして終わりそう。こちらの気持ちに関係なく、ツユクサは、まだ健気に咲いていた。変わらずきれいな青だ。令和元年9月20日(金)、15時半、室内温度26度、湿度49。今日は湿気があまりない。秋から12月に向けて行事が多いので、結...

  • 開幕・・・Vol.2033

    ラグビーW杯、いよいよ明日から日本対ロシア戦で開幕。さて・・・。大相撲秋場所、今日で12日目が終わった。10勝2敗で貴景勝が独トップ、3敗が5人で続く。横綱・白鵬と鶴竜は休場、貴景勝と御嶽海の時代になってくるか、過渡期を迎えている。遠藤や阿炎、炎鵬も面白い。栃ノ心も好きだが、怪我が多そうでこれ止まりだろうか。世界陸上が27日にカタールで開幕し、MGCの影に隠れて話題にはならないが、マラソンはあの川内優...

  • 高台の情景・続き・・・Vol.2032

    大変失礼な言い方になるが、そんな“陸の孤島”のような団地が私の家の近くにも2,3か所ある。皆、高齢化した地域になっている。全国的な少子化の波はここにも押し寄せて、当然子どもたちの数は激減し、商店街が賑やかだった丘の上の大団地Bも多くの商店が撤退した。閑古鳥が鳴き、寂しい街となった。が、最近、このB団地には明るさと賑わいが復活しつつある。市内でも1位を走るくらいの団地の高齢化率だそうだが、その当事者のお...

  • 高台の情景・・・Vol.2031

    かつて丘や小山などの高所を開発して住宅地とすることが流行った。1964年(昭和39年)の東京オリンピック、その後くらいからだったろうか。その天空からの眺望や環境に魅かれた方々が、あちこちに出来た似たような場所に多く移り住んだ。通勤時間の苦労などは乗り越えて、“我が人生の春“を十分に謳歌したことだろうと思う。やがて賑やかだった子育ての季節が過ぎ、子どもたちは社会人となって多くが楽園を出ていく。夢を抱い...

  • 北村英治サン・・・Vol.2030

    昔、赴任先では地域への還元行事、いわゆる社会貢献事業を行っていた。「ファミリーコンサート」と称して、名の通った歌手や演奏者をお呼びして、秋のひと時を楽しんでいただこうというものだった。「ご家族で、どうぞ!」というものだったが、往年の音楽家が多かったので、聴きに来られる方はそれなりのお歳の方が多かった。あるいは、懐かしの演奏家が好まれたからだったかもしれない。ペギー葉山、デュークエイセス、ボニージャ...

  • MGC文句は言わせない・・・Vol.2029

    minaベストを尽くした。東京五輪出場を決めた男女4人以外は、悔いも残るだろうが、やり切った結果だから仕方がない。設楽の勇気にも脱帽、あのまま行かせたい気持ちも強かったが、結果はやはり難しかった。井上や私の好きな選手たちは残念だったが、健闘に感謝だ。1位の中村匠吾(駒大から富士通、26)は凄かった。終始、設楽の後の第2グループでいい顔つきで前を見つめていた。駒大3年の時にオリンピック東京招致が決まり、...

  • 季節ハズレ・・・Vol.2028

    自然に任せると、花はだいたい咲く季節が決まっている。暑い寒いなど若干天候に左右されても数か月も遅れたなどと言う話は聞かない。咲いた花は、色とりどり、もちろん皆素敵で観るモノを楽しませてくれる。季節外れに咲き出してくる花もある。今我が家ではサクランボと躑躅がチラッと咲いている。「健気だなあ」と愛おしいが、どこか高揚感がない。「何故かなあ」と止まり木で酔いに任せて考えていた。考えついたのがコレ。咲く時...

  • 仲秋の名月・・・Vol.2027

    一気に秋の気候になった。室内温度も愛犬にちょうどいい23度だ。庭での止まり木の一杯も今日は先ほどまで飲っていた。曇り空だったが月が時々顔を出したりした。「おお、今日は仲秋の明月じゃないか!」で、カメラを出して止まり木に置いた。今日は金曜日、スーパー前に焼鳥屋が出る日だったのでちゃんと買って来てある。今晩の止まり木での肴はピーナッツだけじゃない。いい月見が出来そうだ。残念なのは芒だ。散歩の帰り道、あ...

  • もうすぐMGC・・・Vol.2026

    今度の日曜日(15日)が楽しみだ。マラソングランドチャンピオンシップだ。オリンピックのマラソン選手選考については、今まで多くの人には不透明な部分も多く、何かと物議を呼んだりもしたが、今回、東京五輪に向けては、スッキリといきそうだ。瀬古をリーダーとするプロジェクトチームに敬意を表したい。この2年間かけてMGC出場者を決定し、男31人、女12人が出場権利を得た。MGCの結果で男女各2人が決定。残る男女各1人...

  • 紙飛行機・・・Vol.2025

    このところ夕焼け空が綺麗で見飽きない日が多い。昨夕も湯殿川沿いを歩いていたら、御霊神社の向こう、高尾山の上に陽が落ちかかっていた。夕景色はあっという間に変わる。「おい、プーキー、見て見ろよ」などといっているうちに、光の線は消えた。令和元年9月11日(水)、午前11時、室内温度29度、湿度74。薄曇りだが今日もこれからもっと蒸し暑くなってきそうだ。先日2回ほど夕焼雲のことを書いたが、肝心なことを書き...

  • 汝の正体見たり!・・・Vol.2024

    偶然に気に入ったブログをいくつか貼らせていただいているが、会ったことがあるのは2人だけ。2人とも友人で、これは偶然ではない。ひとりはIMで、私がブログを始めたきっかけを作ってくれた。もう一人はTMで、旅先で意気投合した。TMは4年の沈黙を破り、今また旅に出ている。自転車でアラスカから北上し、その後ロッキーを南下し約3か月かけて4000数キロを踏破して、今カルガリーで次に向けて英気を養っている。ところがもう一...

  • 同じ空、同じ雲・・・Vol.2023

    昨夕、プーキーとの散歩帰り、高台にある団地を下り湯殿川に出た。両岸の細い遊歩道が夕日に染まり紅く光って上流に続いていた。この遊歩道を川に沿って少し上がっていくと我が家だ。橋のたもとで高尾山に沈んだ夕景色をしばらく眺めていた。午後6時を少し回っていた。高尾山にかかる雲は白い雲ではなかったが、魅力的に湧き、ひだりに視線を移すと、残る青空に薄いピンクの雲が浮いていた。令和元年9月10日(火)、午前11時...

  • 台風一過・・・Vol.2022

    朝、いつもの時間に小学生たちがワイワイ言いながら通っていった。幸い、私の地域周辺では大きな台風被害はないようで学校も通常通りのようだ。夜中に目が覚めて時計を見たら午前4時だった。雨戸を叩く雨音が時々バシャッ、バッシャッと大きくなる。ビニール袋が風で叩きつけられているようにも聞こえた。軽いゴミなどを入れたビニール袋が飛んできて打ち付けられているのじゃないか?気になったが、外へは出なかった。「Uさん(...

  • 台風15号接近・・・Vol.2021

    台風15号が今夕には関東に上陸しそうだ。午前中は快晴だったが、昼頃から雲が出てきてあっという間に雨がやって来た。12時40分、ザーッと降り出し、このまま雨が続くかと思ったが、15分ほどで止んだ。しばらくしてまた青空が見えてきて、太陽が顔を出し、真夏の熱さのような天気に戻った。先日、近所の湯殿川沿いを業者が草刈りをしたが、中途半端な刈り残しがありズッと気になっていた。そんなことで台風が来る前に一部分...

  • 新宿の止まり木で・・・Vol.2020

    今週は何かと忙しく毎日ブログを書くことは出来なかった。昨日も午前は市内で用事があり、午後には汐留で用事があった。夜8時過ぎにそれも終わり、新橋駅前広場脇にある喫煙所で一服しながら「さて、どうするか?」と思案した。まだ一杯飲れる時間だ、近くの友人を呼びだそうかと思った、が、止めて地下鉄に乗った。疲れていて気力十分ではなかった。新宿に出て、止まり木でひと休みして帰ることにしたのだった。コーヒーを飲み、...

  • いいかげんに!・・・Vol.2019

    昨日、昼食を食べながらの懇親会があった。昨年、国から某褒章を受章されたUさんの話なども聞きながらワイワイやろうということだった。30数年に亘り地域活動をされたことが受章の理由だそうだ。「続けられたのは、いいかげんにやって来たことですかね」とUさんは言った。投げやりにならず、むきにならず、のめり込み過ぎず、ほど良い加減にやって来たということのようだった。そういえばボランティア活動を少々やっている自分に...

カテゴリー一覧
商用