searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

みりうさんのプロフィール

住所
小倉北区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
みりうノオト
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/miumiucoco/
ブログ紹介文
オトナだけの贅沢な時間と空間 ワインと猫saraとの日々
更新頻度(1年)

182回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2015/09/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みりうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みりうさん
ブログタイトル
みりうノオト
更新頻度
182回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
みりうノオト

みりうさんの新着記事

1件〜30件

  • ヒトミワイナリー h3 Caribou 2019

    にごりワインが続きます。 ヒトミワイナリー「h3シリーズ」は 田舎式微発泡ワインといわれるもの。 人気商品で発売されるとすぐ完売です。 栓を開けると青リンゴの涼やかな香り 酸味と爽やかな飲み口は誰

  • ヒトミワイナリー なつのあわ ロゼ 2018

    冬になつのあわ。 ポリフェノール、プロアントシアニジンなど カラダに良い有効成分を多く含む山ぶどう、 そのアムレンシスとデラウエア使用のロゼワインです。 小粒で色の濃い山ぶどうのダークな赤紫色が特徴

  • 猫日記 美食家

    saraの近況 禿げた皮膚も綺麗になりました。 猫は美食家、 飽きると食べません。 嫌いなフードも食べません。 11ヵ月で譲渡されてから今日まで、 柔らかいフードが嫌いで レトルト、 ちゅる

  • 南部美人 あわさけ スパークリング

    日本酒スパークリングの進化を知る、 そのきっかけとなったのが、南部美人 あわさけ。 今回のあわさけは、 「製造年月:2018年12月、出荷年月:2019年7月」のもの。 購入から半年経ったものを抜栓しました。 本

  • 丹波ワイン てぐみ ロゼ 2019

    ビール感覚で飲めるお気に入りの微発泡ロゼは 丹波ワイナリーからまとめ買いしたもの。 瓶を振って澱を混ぜ込んでからグラスに注ぎます。 マスカット・ベリーAの酵母の淡い苦みが 食中酒に心地よさを感じます。

  • 猫日記 健康診断

    猫の老化は、8歳を迎える頃からといわれ 猫カビ症状が治まった先月、 初めて健康診断を受けました。 食は細く一日を殆ど寝て過ごし 7歳にしては大人し過ぎてちょっと気になる。 避妊手術後は節制のおかげで

  • くどき上手 純米大吟醸 生原酒 しぼりたて

    季節限定の生原酒しぼりたては、 山形県で山田錦系吟吹雪と美山錦系の出羽燦々から造られた 心白が大きい酒造好適米の出羽の里仕込み。 生酒のフレッシュさにふわっと華やかな香りが立つ。 飲み口は純米大吟醸酒

  • A.R. LENOBLE Grand Cru Blanc de Blancs “Chouilly” Mag 14 NV

    たまにはシャンパーニュでも... A.R. LENOBLEは家族経営の小規模RM。 シュイィにグラン・クリュを10ha所有、36カ月熟成。 BdBのMag14はマグナム熟成リザーヴワインを使用。 艶めく黄金色の液体は熟成感に溢れる。

  • バゲット ルヴァンの朝食 @シニフィアン・シニフィエ

    銀座三越で購入したバゲット ルヴァンを焼き戻して 噛み締めると天然酵母の美味しさが広がる。 シニフィアン・シニフィエ 東京都世田谷区下馬2-43-11 1F

  • インターナショナル日本酒会 @温石

    今注目のインターナショナルな日本酒の会に参加しました。 フランスと台湾で造られた日本酒のほか、 副原料を加えた醸造酒を試飲しました。 フランス産日本酒3種の純米酒は云わば吟醸酒系、 アルコー

  • 一代弥山 スパークリング

    再びコチラを開栓 ガス圧高めのシュワシュワ感に浸りました。 銀座の広島県アンテナショップでも取扱いあり。 一代弥山 スパークリング 製造元:中国酒造 産地:広島県廿日市市桜尾1丁目12番1号 原料米:

  • 銀座一丁目

    土曜日11:50 銀座一丁目あたり ホコテン前の静けさ 銀座の路地裏 天春はこの先にあります。

  • 魚類 @国立科学博物館 地球館B2F

    地球環境の変動と生物の進化 国立科学博物館 地球館 東京都台東区上野公園7-20 国立科学博物館 地球館B2F

  • 山本山 ふじヱ茶房

    山本山は海苔店のイメージですが、 実は、日本橋にある煎茶の老舗です。 のみくらべセット  お茶は煎茶、狭山茶と川根茶 日本橋長門の和菓子 五種から練切を選びました。 香の物とのりせんんべいが付き

  • Champagne Pierre Mignon Lunch by DOMINIQUE BOUCHET @ドミニク・ブシェ トーキョー

    仕事で東京滞在中だった週末は、 ドミニク・ブシェ トーキョーでシャンパーニュのRM ピエール・ミニョンからセリーヌ女史をお迎えして開催された ドミニクのスペシャルランチを愉しみました。 Champagne Pierr

  • 聖路加タワー

    聖路加タワーにあった新阪急ホテルは いつの間にかクレストンホテルに変わっていました。 最上階のラウンジは屋外にも出られ 47Fからの眺めは最高です。 RESTAURANT LUKE WITH SKY LOUNGE 東京都中央区明石

  • 国立科学博物館 地球館

    久しぶりの地球館 童心に帰る恐竜展示室はいつ来ても楽しい。 出来れば一日中居たい場所。 ティラノザウルス トリケラトプス 国立科学博物館 地球館

  • ミイラ展

    ミイラ展へ 混雑を避けて8:30に到着 お陰様でゆっくり見ることが出来ました。 スカイツリーも良く見えました。 特別展ミイラ/国立科学博物館 会期:2019年11月2日〜2020年2月2

  • 猫日記

    猫は床暖で丸まらない

  • 水芭蕉 純米吟醸辛口 スパークリング

    二本目の水芭蕉スパークリング 今回は開栓直前に少し冷凍室に入れて落ち着かせたお陰で ガス圧も抑えられ揺らしても吹き出す心配なし。 底に溜まった澱をグラスに混ぜ込むことで クリアな味わいにない本来の米の

  • αアカデミー

    ​想えばFILM時代の一眼レフから始まるカメラ歴も 未だイメージ通りの写真には程遠いというジレンマ... この機会に一から学ぶことも必要かと。 意外に歴の長い方々が多いのも頷ける。 ​​ ズームを使った流

  • 冨樫孝男 細口杯

    会津塗師、冨樫孝男氏の四分一塗細口杯は、 京都紫野にあるギャラリーやなせで買い求めたもの。 拝見した瞬間その奥ゆかしさに惹かれました。 四分一とは古来からある金属合金で 銀の比率が四分の一

  • 獺祭 純米大吟醸45 寒造早漕

    獺祭の冬季限定酒、寒造早漕です。 アルコール度数高めのしぼりたて生酒は、 無濾過で獺祭のなかでは重量感のある味わい。 酒造元より味わいを生かすために 消費期間は製造日から2週間と定められているとのこと

  • 獺祭 純米大吟醸スパークリング45

    獺祭 純米大吟醸スパークリング45は ​​純米大吟醸磨き三割九分​​に続いて2本目。 スパークリング50は昨年から精米歩合45%に上げて 瓶内二次発酵方式で造られています。 ガス圧は吹くほど高くない穏やかな飲み

  • 七草粥の会 @どん兵衛

    昨秋に続いて再びどん兵衛で行われた 「七草粥の会」に参加させていただきました。 貴重な銘酒揃いは勿論のこと、 女将さんの季節の料理が最高に美味しいのです。 蕪とりんごのマヨネーズ和え マスタード

  • P.X. Pichiler Gelber Muskateller Traubensaft

    今年の元日はシャンパーニュではなく、 頂き物のP.X. Pichilerのブドウジュースでした。 ワイン仕込み用葡萄のゲルバー・ムスカテーラーで造られていますが、 これが買い占めたいくらい美味しいのです。

  • 雑煮

    皆が健やかで良い年になりますように... 元日の雑煮は焼き餅に車海老。

  • AKABU 純米 生酒 NEWBORN R1BY

    気になっていたAKABUの新酒。 ガスを含むフレッシュ感が火入れにない生酒の魅力です。 吟ぎんがは母「山形酒49号(出羽燦々)」と 父「秋田酒49号」の交配で造られた岩手県の酒造好適米。 口に含むと、米の優し

  • 仕事納め

    仕事納めは田舎庵の鰻 最近は納会も昼に移行しているようです。 田舎庵 北九州市小倉北区鍛冶町1-1-13

  • 猫日記

    安堵したのもつかの間、 新たな禿見つかる。

カテゴリー一覧
商用