searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

モーターサイクル日記さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
モーターサイクル日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/triumph-t100c
ブログ紹介文
モーターサイクルと日常
更新頻度(1年)

91回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2015/05/31

参加カテゴリ

バイクブログ / バイク レストア

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、モーターサイクル日記さんの読者になりませんか?

ハンドル名
モーターサイクル日記さん
ブログタイトル
モーターサイクル日記
更新頻度
91回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
モーターサイクル日記

モーターサイクル日記さんの新着記事

1件〜30件

  • T70 電装これで完成?

    今までと変わり映えはしないが、固定方法が違う。テンショナー?も付けてみた。エンジンを始動。今回は脱落しないで回ってる~。T70チェーンだらけで雑音も凄いけど^^;T70電装これで完成?

  • T70電装 やり直し

    前回ゼネレーターをチェーン駆動で動かすまで完了したのだが、実際にエンジンをかけるとF側のスプロケットが緩んで外れてしまった。これは作る時から気になっていたのだが、Fスプロケットは右ネジで取り付けてある。チェーンは左回転だから緩むんだよね~。対策でネジロックとワイアリングをしておいたが、見事に緩んで外れた~。そこで今回はフライホイールに取り付けるアタッチメントを作ってみる。こちら面は裏側、フライホイールの凸凹にハマるように削った。こちらが表側更にジョイントパーツを繋げた状態、この状態で溶接すれば完成だが。これで上手くいかないと、困ったことになるね^^;試行錯誤悪あがき?(笑#おまけMV125S少しづつ作業してる。今回はクラッチの点検OHプレートとディスクは少し固着していたが、再使用はOKだ。パッキンは作った方が早...T70電装やり直し

  • T70 電装

    話はこのT70を入手したうん10?年前に遡るが、この個体は最初からマグネートしか付いてなく街乗りするのは無理状態。TRIUMPH‐T70は本来マグネートの上にダイナモが乗ってるはずなのだが、何故かダイナモがなく灯火類は飾りだった。オーナーはチョイノリ出来てウインカー、ブレーキ、ライトが付けば充分と言うので他の発電機を使う事にした。その発電機はヤマハの原付スクーターのACゼネレーターで、エンジン前方に取り付けクランクF部分にプーリーを取り付けVベルトで駆動するように制作。ただ少し改良の余地ありで、Vベルトが二回ほど切れてしまった。今回はいろいろ考えた結果、チェーンで駆動させようと制作してみた。まずクランクF側に取り付けるスプロケットベースを作る。ちょうど良いスプロケットがモンキー用の物だった。これのセンターを拡大...T70電装

  • タンクの完成

    臭かったT70とドカティセブリングのタンクが完成した。この二個のタンクは、下地作りでえらく手間取ったなぁ^^;セブリングのタンクはオーナーさんがカスタム車に使うらしく、色目も任せるとの事で余っている塗料を使用した。T70のタンク別物になりましたね~。次は電送ですかね。タンクの完成

  • ZX12R 仕上げ

    ステム周りの交換パーツはこれだけ。この車両はフレーム側にベアリングレースを、叩き抜ける切り欠きがあるのでレースを抜くのに苦労しないのは助かる。切り欠きがないと苦労する作業だ^^;その後順調に組み付けて、無事に完成した。#Fフォーク修理のR100トラッド車検を所得後、頼まれた作業を行う。スマホホルダーの取り付けだが、ハンドルバーが出ていないのでステーを取るのに少し面倒。USB電源も取り付けて完了~。ZX12R仕上げ

  • ZX12R ステムベアリングの交換

    ZX12R2000年式だからもう20年になる。オーナーは新車から乗ってるので、このバイクに愛着があるのだろう。ステアリングステムの動きが悪く、中央でコクンと止まってしまう。走行すれば素直な感じはなく、蛇行気味のハンドリング。早々にステムを抜く段取り。フォークを抜いたら、トップブリッジを外す。ステム側もブレーキラインの止めを外して。ステムが抜けた。LOW側には打痕があるねぇ。今日の作業はここまで。#カレンダーはアスクルさんで新規に作った。面倒なデーター制作もオンラインで簡単に出来る。モノ〇〇〇より価格は少し高めだけど、小ロットでも出来るのでありがたい。これでオーダー出来るんだから、面倒なFAX要らないでしょ。。毎年渡していた物だけに止めるのも。。。ねぇ^^;ZX12Rステムベアリングの交換

  • カレンダー

    もう何十年も月めくりカレンダーを、モノ〇〇〇に発注してたんで今年もお願いしようとしたところ。。。FAXのみの受付になるとの事?昨年は出来たよ?うちは2年前に固定電話とFAXを同時に止めた。理由はつまらない営業電話が多い事と、教えて君が長電話して仕事にならない事が多かった。本当に用のある人は携帯にかけてくるしね。FAXも宣伝ばかり来るし。(うちのは紙のタイプだから無駄きわまりない)ネットがこれだけ普及しててFAXいる?TVでも言ってたけど日本て紙文化なんだよね。PCで何でも送れるのに。。。。電話して訴えてもカレンダーは受けられないとの事。おかしい話だよなぁ。デターは同じなのに。そんな訳で来年から、お客さんにカレンダーは配れません。。。すみません。。_(._.)_カレンダー

  • DUCATI350 F3 そろそろ仕上かなぁ。

    350F3その後エンジンの調子が今一つ良くないので、キャブレター油面調整やら何やら(何回バラしただろう^^;)施して何とか車検に行けるレベルになったかな。。。と思う。そしてカウリングを取り付けようと。。。。ガビ~~ン!!交換したニッシンマスターのリザーバータンクと、カウルのアッパーステーがモロ干渉する。う~ん。。。リザーバータンクを小さな奴に変えるか?ステー作って何とか逃がすか?で。ステーを作ることにした。左側のステーが新規(ステンで制作)右が元の奴。取り付けて~右側フルロック。左側フルロック。安心して下さい。当たっていませんよ(笑ギリギリだけど。DUCATI350F3そろそろ仕上かなぁ。

  • BMW R100トラッド 車検整備

    車検依頼を受け入車したR100トラッド。引き取り時には気が付かなかったが、点検していく中でフォークオイルの漏れを発見。左フォークから漏れ始めている。オーナーに連絡してフォーク分解~オイルシール交換の了承を得る。オーナーは「1年に数えるほどしか乗らないからな~。」と最初は渋ったのだが。。。。そんな事言われてもねぇ。。^^;抜いたフォークオイルは真っ黒で臭いもくさい。。。恐らく何十年もメンテしてないんだろう。一応洗浄を済ませオイルシールの入荷を待つ。細かな個所だけど、フォークパイプとボトムケースを止めるボルト。アルミワッシャーが死んでる。。。締めすぎだろう。。。BMWR100トラッド車検整備

  • ブレーキスイッチが

    DUCATI350F3ブレーキランプが点かないので,調べると油圧スイッチが駄目だ。リヤ用M10P1.0の油圧スイッチは純正も手に入れ難いので、汎用品を利用する。駄目なスイッチ汎用のスイッチシートカウル固定ボルト穴も、ボルトが折れたままでした。抜き取ってタップかけておく。T70のタンクは下地の面出し作業を行ってる。サフェーサーの上から細かな凹みに、スポットパテを当てて水研ぎで面を出す。またサフェーサーを吹いて同じ作業を数回繰り返す。ドカティセブリングのタンクも同時に作業している。最終的にサフェーサーを吹き#1000のペーパーで水研ぎして行く。この時点で目立つ凹みが無ければ上塗り作業に入る。大丈夫だと思っても光の加減で凹みが目立つから、またスポットパテを当てる場合も多い。タンクまだ続く(笑ブレーキスイッチが

  • やっと下地が。。。

    T70のタンクやっと下地が出た。結局剥離剤を1キロほど使った^^;回転ワイヤーホイールを使用して大まかに錆を取っていく。ある程度まで鉄地が出たら、錆止めにサフェーサーを軽く吹いておく。後からパテの部分は下地を出してから仕上げていく。あ~。ここまでが結構大変だった。仕上がりまではまだまだ時間が要るが、少しづつでも進めないと何時までも完成しない(笑#おまけ回転ワイヤーホイールを使う時は、絶対に保護メガネをする。知り合いの塗装屋が、それをしなくて眼球に刺さった話を聞いてるからだ。今日の作業中額に何かが当たった感覚があったけど、痛くもないのでそのまま作業をしていた。一段落して顏をタオルで拭ったら、ズキンとした感覚。鏡で見たら飛んだワイヤーが(3センチほど)刺さっている。。タオルでグリッと押しちゃったようだ。おそらくタオ...やっと下地が。。。

  • やっと下地が。。。

    T70のタンクやっと下地が出た。結局剥離剤を1キロほど使った^^;回転ワイヤーホイールを使用して大まかに錆を取っていく。ある程度まで鉄地が出たら、錆止めにサフェーサーを軽く吹いておく。後からパテの部分は下地を出してから仕上げていく。あ~。ここまでが結構大変だった。仕上がりまではまだまだ時間が要るが、少しづつでも進めないと何時までも完成しない(笑#おまけ回転ワイヤーホイールを使う時は、絶対に保護メガネをする。知り合いの塗装屋が、それをしなくて眼球に刺さった話を聞いてるからだ。今日の作業中額に何かが当たった感覚があったけど、痛くもないのでそのまま作業をしていた。一段落して顏をタオルで拭ったら、ズキンとした感覚。鏡で見たら飛んだワイヤーが(3センチほど)刺さっている。。タオルでグリッと押しちゃったようだ。抜いたら血が...やっと下地が。。。

  • 暑さのせいで。。

    剥離中だけど暑さのせいで、塗膜に浸透する前に乾燥してしまう。少しビニール袋の中で浸透していただくか~。#車検のTriumphFCRキャブも定期的にメンテしないと駄目だねぇ。暑さのせいで。。

  • DUCATI 350F3 あちこちと。

    350F3の程度良い(今のより)キャブレターをオーナーさんが持ち込んでくれたので、中身を良いどこ取りで組み合わせた結果だいぶ良い感じになってきた。アイドリングからスロットルを開けた時のツキの悪さはほとんど解消した。欲を言えばもう少し安定させたいところ、現状は7割くらいかなぁ。そんなこんなで車検用にライトを取り付けてたらLOWビームしか点かず、単純な球切れか~と交換しても点かない。そのうちにヒューズが切れてしまう。ライト点灯時にメーター照明も点かないようだ。左スイッチボックスは、ホンダのスイッチに交換してあるようだ。LOW-HIスイッチは一応OHしておく。配線色が違うので一つ一つ探っていくと、どうも繋ぎ間違いが数か所あるようだ。繋ぎ直してLOW-HIはOKかな^^あれぇ。。今度はポジションがおかしい(笑#タンク内...DUCATI350F3あちこちと。

  • 泥沼にハマったタンク作業

    T70のタンクは錆もさることながら、タール状になったガソリンが悪さして中々キレイにならない。シンナーで溶かし錆も取ってを繰り返して、何とかタンクシーラーを流せるかなぁ。平行作業で錆取りしてたDUCATIモンザのタンクだが、しばらくすると錆取り剤が漏れてしまった。底の鉄板が薄くなって穴が開いてしまったのだと思う。やはり空いてます。。。パテ部分もキレイにはがすと、とんでもない修理痕が。。。なんじゃこりゃ~~ここの裏側もうーん。。。コレをキレイに直すにはコストが掛かりすぎる。内部をタンクシーラーで埋めてから、今まで通りにポリパテ成型かなぁ。もうすこしきちんと直してあればなぁ~^^;考えても仕方ないので作業を進める。残っていた旧い塗装の剥離。なるべく錆を落としサフェーサーを塗っておきたい。(すぐ錆ちゃうから)泥沼にハマったタンク作業

  • 泥沼にハマったタンク作業

    T70のタンクは錆もさることながら、タール状になったガソリンが悪さして中々キレイにならない。シンナーで溶かし錆も取ってを繰り返して、何とかタンクシーラーを流せるかなぁ。平行作業で錆取りしてたDUCATIモンザのタンクだが、しばらくすると錆取り剤が漏れてしまった。底の鉄板が薄くなって穴が開いてしまったのだと思う。やはり空いてます。。。パテ部分もキレイにはがすと、とんでもない修理痕が。。。なんじゃこりゃ~~ここの裏側もうーん。。。コレをキレイに直すにはコストが掛かりすぎる。内部をタンクシーラーで埋めてから、今まで通りにポリパテ成型かなぁ。もうすこしきちんと直してあればなぁ~^^;考えても仕方ないので作業を進める。残っていた旧い塗装の剥離。なるべく錆を落としサフェーサーを塗っておきたい。(すぐ錆ちゃうから)もう一つの...泥沼にハマったタンク作業

  • T70タンク続き

    臭ーいタンクを乾燥させると、今度は錆がゴソゴソ出てくる~。ある程度錆を出したら錆取り液を注入~~横の悲惨な状態のタンクはDUCATIモンザのかな~。タンクの塗装を頼まれたので取り合えず一緒に錆取り。もう一つタンクの錆取りがあるけど、一度に3個はきついので順番に行う。はやく涼しくなってほしい~~~。T70タンク続き

  • MV125S エンジン

    MV125Sシリンダーやヘッドはアルミナでブラストを施しておく。燃焼室やバルブはカーボンを取るくらいで、ポリッシュまでは行わない。ロッカーアーム回りも組付けて行く。このバイクはOHVなんでプッシュロッドがあります。クラッチOHは次回に。何しろ走行距離が出ていないので、エンジンパーツの程度は良い。その代わり経年劣化で痛むものも。。。配線の被覆がボロボロになってくるのも、この時代イタ車のお約束。じっくりやって行きましょう^^MV125Sエンジン

  • あぁ~~~くさい~~~

    TriumphT70のタンクには、500cc程の腐ったガソリンが残っており強烈な異臭を放ってる。しかし何とか処理しないと先に進めないので、内部の汁(こう呼ばせて頂く)を抜き出していく。この猛暑の中やったのは失敗かもしれない。暑いうえに臭い。。。頭がクラクラして気持ちが悪くなってきた。。。何とか汁を吸いだして乾燥段階まで行った。まだ臭いけど。逆にカラッからに乾燥してくれてた方がいいねぇ^^;#DUCATI350F3エンジンの始動を確認した。少しキャブに難ありかなぁ。中身替えても新品になるわけではないけど、なんとか良いところまで調子出したい。あぁ~~~くさい~~~

  • タンクの凸

    T70のタンクだが、塗装が風船のようにボッコリしてる。プニプニだ^^;下地がどうなってるのかメス(カッターだけど)を入れる。べローンと塗膜をめくると。。。中央に錆で小さなピンホールが出来てる。そこからガソリンが滲んでパテを犯し、気化したガスが塗膜とパテを押し上げたんだろう。剥離して確認しないと何とも言えないが、前回修理したトラカブのタンクよりはマシかな。#おまけDUCATI350F36月半ば頃キャブレターのOHを済ませてあったのだが、すぐに始動まで行くだろうとフロートチャンバー内にガソリンを残したまま車体に取り付けていた。もちろんゴミが入らないようにビニール袋で包んで置いたのだが、どうも作業を進めていくと芳醇な香りがしだしているようだ。。。7月の長雨による湿気や、猛暑日の高温がたたって腐食が進んでしまったらしい...タンクの凸

  • Triumph T70

    TriumphT70という、重篤な患者が入ってきた。この車両は昔一度公道を走ったものだが、別けあって放置された期間が長くいろいろとヤバくなってる^^;タンク内は芳醇な香りを放ち、塗装もブクブク浮いてきてる。ほかにもリペアしないとならない箇所が沢山。涼しくなれば頑張るんだけどねぇ。。。。。#おまけのMVアグスタ125Sフォークが組まれて、クランクケース部分が載った。順調順調TriumphT70

  • ビューエルXB9R 整備依頼

    いや~~~暑い。。もう暑いしか言葉が出てこない。。40℃越が全国で三か所って、どうなってるんだろうか。。こんな暑い中仕事などしたくないが、頼まれたものから仕上げていかないと次が支えてしまうので、どんどんやろう^^;パーツ関係はオーナーさんに注文してもらったので、組んでいくだけでよろしいのだ。クラッチケーブルを交換。更にライトクラッチパーツを取り付ける。画像を見れば一目瞭然、テコ比を変更して軽くするというパーツ。本来はナットの部分にワイヤーがつながる。握った感じは軽くなったと思う。今までとは段違い。チェンジのピロボールが錆びてきて重くなっていた。潤滑剤でグリグリしたのち、グリスを塗っておいた。時々は給油したほうがいいね。^^次はプラグ交換。お世辞にも交換しやすいとは言えない作り、それでも一応交換できるんだからちゃ...ビューエルXB9R整備依頼

  • 暑中お見舞い

    長い梅雨が明けたら、今度は毎日暑いですね。みなさま熱射病には気を付けて、穏やかにお過ごし下さい。川トンボの仲間が入ってきました。そんな所で休んでも、何もないのにねぇ^^暑中お見舞い

  • MVアグスタ125S ステップバーの再生

    ステップバーを再メッキするにあたって、カシメピンを飛ばし分解してからメッキに出した。そのまま出しても出来ない事はないが、キレイには仕上がらない。DUCATIの物に似てはいるが、マウント径が違うのでMV専用なのかな。なんだかんだで、メッキが仕上がってきた。飛ばしたカシメピンは、再使用不可なので新たに制作する。本来はスチール製のピンだが、今回はステンレス棒から削り出して制作。一度に2本分を。ピンは7㎜パイ片側を5,5mmのドリルで座繰っておく。スプリングとボールを組み込む。座繰った側にスチールボールを乗せ、プレスで押し込めば広がりカシメた状態になる。カチッカチッとスムースに折れれば完成。細かな個所だが見えない所ほどキチンとやりたい。MVアグスタ125Sステップバーの再生

  • MVアグスタ125S再生

    10月が来れば丁度一年預かってるMV125S一度全バラにして再メッキやアルミパーツの磨き(これはオーナーさんがやりたい!との事でお願いしてた。)フレームのサフェーサーまでやったのだが、ほかの作業が忙しかったり梅雨が長かったりでようやくフレームペイントが完了。そして今回はコレ。何かって言うとシートカウルが取り付くパーツだ。パイプが長いのには意味があって、タンデム時やソロの時でシート面とシートカウルの距離を調整する。フレームに差し込むんだけど、ガタが出ないようにジュラコンのスライドパーツが取り付く。その片方が破損していた。黒いジュラコンしかなかったが同じものを制作する。こんな感じで、穴を開けノックピンで固定。グリスを塗って、フレームに中に入れてみる。MV125Sも、これから少しづつ進んでいく予定。MVアグスタ125S再生

  • ドカティ350F3 タイミングベルトの交換

    油圧クラッチはマスター&レリーズOHで何とか切れる(と思う)ようになった。今回はタイミングベルトの交換。ゴムがベタベタしだして気持ち悪い^^;完了~~~~~。文字だとこれだけ(笑750F1用クラッチケースのオイルのぞき窓がヒビってる。これは350F1の物がキレイなので交換しておく。350F1はまだまだかな~~~~ドカティ350F3タイミングベルトの交換

  • W650RSダメ出し

    ブレーキラインを交換したW650RSだが、オーナーさんから「あんなド派手なフィッテイングだと思わなかった~。あれじゃあ乗れないよ~。」とお怒りの言葉を頂いた^^;キット製品なんでカラーはあれなんだけど、リプロのゴム製のほうが良かったかな。。それでもせっかく付けたんでフィッテイグ部分を目立たなく塗ってしまおう。これで勘弁して~~~あとETCの取り付けも行う。このバイクはシート下もスペースがないので、工具箱の中に入れるようにする。工具はサイドバッグに入れればいいでしょ。アンテナはベースをアルミで作って取り付けた。付けるところはココがベストでしょうねぇ。来週には車検に行けるかな。#おまけDUCATI350F3ワイヤー式クラッチを油圧にしたいと持ち込まれた750F1用のクラッチケース。まぁまぁキレイだったので、そのまま...W650RSダメ出し

  • W650RSブレーキライン

    経年劣化のゴムホースは交換する。リプロのゴムホースにするかステンメッシュにするか、オーナーさんと話した結果ステンメッシュにする事に。純正でWディスクだけど、この車両は効く~~~って感じはしなかったなぁ。これで少しは効くようになるかな?オーナーさんも昔はRZでブイブイ言わせてた人だから、ブレーキは効いたほうがいいでしょう^^;少しバンジョーのカラーがうるさいかな?マスターはブーツで隠れるから良いとして。。ブレーキスイッチはノーマルを使うので、アンダーブラケットで枝分かれ。エアー抜きをばっちりしないと。この辺は黒いスパイラルチューブを巻いておこう。そして暗いライトを何とかする。先に電圧を図るとライト+は、かなりドロップしている。ハーネスの劣化や、接点の接触抵抗なども関係してるだろう。ライトLO-HIスイッチの接点。...W650RSブレーキライン

  • W650RSいろいろと

    前後タイヤを交換してからブレーキラインを取り換える予定が、パーツ入荷が少し遅れるので先に頼まれた作業をやっていく。サイドバッグを持ち込んで来られたので、これに合うステーを作る。いきなりサフェーサー状態だけど。。。材料はスチールパイプで制作。バッグを付けるとこんな具合で。これでいろいろ入るね~^^W650RSいろいろと

  • いゃ~~~

    IGコイルを交換後しばらくエンジンをかけてると、オイルユニオン(オイルが落ちてくる)ボルトからポタポタとオイルが滲んでくる。増し締めしようとグッとした瞬間いや~~~な感触。三個あるユニオンボルトの、EX側女ネジがなめた~~~~!!あああ。。。ついてない。。。考えてても仕方ないのでリコイルする。パイロットタップの奴は失敗しにくいから良いんだけど。切子は掃除機で吸い取りながらタップを立てて、リコイルを挿入何とかOK~~~~~~もう少しダメ出しがありそうな予感。悪霊退散でこれ飲んでおくか。関係ない気もするが。。。いゃ~~~

カテゴリー一覧
商用