プロフィールPROFILE

男澤惠一・家系と先祖のBLOGさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
男澤惠一・家系と先祖のBLOG
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/keiichiozawa
ブログ紹介文
「先祖を知れば未来が見える」著者、日本家系調査会の男澤惠一が読者様の幸福を願って書いております。
更新頻度(1年)

107回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2015/05/09

読者になる

男澤惠一・家系と先祖のBLOGさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,732サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,747サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 75,497位 78,354位 65,070位 65,214位 65,236位 78,667位 78,776位 980,732サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他ブログ 99位 106位 72位 73位 76位 110位 110位 7,747サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,732サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,747サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、男澤惠一・家系と先祖のBLOGさんの読者になりませんか?

ハンドル名
男澤惠一・家系と先祖のBLOGさん
ブログタイトル
男澤惠一・家系と先祖のBLOG
更新頻度
107回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
男澤惠一・家系と先祖のBLOG

男澤惠一・家系と先祖のBLOGさんの新着記事

31件〜60件

  • 先祖が築いた徳

    各個人が生まれる前から、親や先祖が築いた恩恵。つまり功績や功労など、「先天の徳」と不徳というものがあります。「親の七光り」という言葉がありますが、「先祖の七光り」もあると思います。人は皆、先祖が残した目に見えない貯金が多いのか、借金のほうが多いのかによって、それぞれが立っている土台が違います。日本家系調査会先祖が築いた徳

  • その恩恵は はかり知れず

    自分の生命の根源・・・それは先祖。その先祖に思いを馳せる。根源に目を向ける。もとに帰る。そのことで、力がもらえたり、行くべき道を教えられたり、恩恵ははかり知れません。その恩恵ははかり知れず

  • お彼岸が7日間あるのは?

    家系存続の背景には嫁や養子で入った男性の家系の支えがあります。嫁や養子にも家系があり先祖がいます。妻、母、祖母の母系の家系には、伝統を守ってくれた恩があります。日本のお彼岸が七日間もある理由は、先の三日間が父方供養、後の三日間が母方供養、中の一日は水子、子供の供養をするための日だというのです。以上のことから、先祖供養をしていない家系は論外ですが、父方だけではなく、母方、つまり「母系」の供養も同じように貴重視することが大切です。まずは実行してみましょう。今まで行かなかった母方のお墓参りなどをしてみると、今まで考えもしなかったことを感じたり、行った者でないと分からない新しい感動があるものです。日本家系調査会お彼岸が7日間あるのは?

  • 足りない母方供養

    仏教ではよく障り(さわり・霊障)という言葉を耳にします。障りとは、一般的に支障、妨げを意味しますが、怪我や事故、あるいは思わしくない出来事に対して、先祖との間に因果関係を持たせた言葉です。その障りを受けている方々のほとんどは、墓や仏壇すらない状態で、ほとんど先祖供養されてないことが原因になっているようです。しかし、やっているにもかかわらず障りを受けている場合は、「母系」の供養が足りない家であるというのです。お彼岸やお盆に子供の手を引いて、妻の実家や母の実家、祖母の実家のお墓や仏壇にお参りをしている家はほとんどがうまくいっている一方で、そうでない家庭は一〇〇%順調にいっていないといいます。日本家系調査会足りない母方供養

  • 栃木県の大塚姓

    栃木市大塚町、大塚行基氏は「丸に剣片喰紋」藤原道隆流、孫太郞泰親を始祖とする。益子町、大塚八郎氏は藤原秀郷の後裔、小野崎勘太夫の子孫という。「二つ巴紋」戦国武将としては、皆川氏家臣に大塚大膳。宇都宮氏家臣に大塚能登守、佐野氏家臣に大塚信濃守綱利などがいる。大塚は母方姓なのでさらに研究を進めたいです。自分にかかわるルーツはどうしても後回しになってしまいます。日本家系調査会栃木県の大塚姓

  • 母方墓参

    さっそく母方の墓参に行ってきました。鹿沼市粕尾町、大塚家。家紋は丸に違い鷹紋。大塚家と言えば、地元伝承によれば、大塚信濃守行光は大越路城に在住。地元の慈眼寺過去帳によれば、行光は慈眼寺の開基となっています。法名は心岩道寅居士。日本家系調査会母方墓参

  • 忘れていませんか?母方先祖

    家系というと、概して一家の主である夫の家系ばかりを重んじてしまいがちです。日本の古い時代は、男尊女卑の社会であったため、夫方の先祖は貴重視しますが、妻方の先祖は極端に軽視されていました。現在も少なからずその傾向が残っています。しかし、それはとんでもないことで、子の立場から見ると両家ともに間違いなく血を分けた先祖です。ちょうど車の両輪のようなもので、夫方と同等に妻の家系も大切です。情の流れは、父方よりも母方のほうが強く影響が大きいのです。母方はとても大事です。お墓参りも必ず行きましょう。日本家系調査会忘れていませんか?母方先祖

  • 河野氏由来 愛媛県発祥の豪族

    古代豪族越智氏の氏流伊予国風早郡河野郷(愛媛県北条市)発祥の豪族にて古代末に武士化して中予・東予の実権を握り、南北朝時代以降守護大名として活動した名族。水軍を擁して代々中予知方に勢力を振るった。瀬戸内海に海賊が横行した時、その子孫は郡司のほかに追捕使に任ぜられ、さらに伊予掾・大目に補せられた。古代末期に本拠を風早郡河野郷に移して高縄山城を築き、親清の時河野氏と称した。源平合戦の際、河野通信は源義経軍を援けて活躍し、御家人となった。通有・通忠の代に元寇の来襲があり、志賀島の戦に殊勲をあげた。通貞が越後国上田荘小栗山郷を領し、越後国の河野氏祖となります。戦国末期、長宗我部に敗れて没落し、天正15年(1587)福島正則の伊予入国で直系は滅亡した。日本家系調査会河野氏由来愛媛県発祥の豪族

  • 榊原源氏車

    源氏車紋は貴族の乗り物「牛車」の車輪をモチーフとしています。源氏車は佐藤氏が用いたことで広まりました。北関東や東北でよく見かけました。徳川四天王として知られている榊原康政の紋所は「榊原源氏車」と呼ばれます。源氏車と少し図柄が違います。日本家系調査会榊原源氏車

  • 黒髪神社 榛東村 群馬県

    黒髪神社榛東村広馬場3615黒髪貯水池を右に入ると「黒髪神社」です。平将門は美しい黒髪をしていたので相馬山の別名を黒髪山といいます。相馬山は山岳信仰の霊山として、古くから厚く信仰されていました。しかし険阻なため、老人、婦女子には登拝は困難なため、里宮としてここに上野祠(黒髪神社)が建てられました。日本家系調査会黒髪神社榛東村群馬県

  • 平 常将とは?

    平常将(たいらのつねまさ)寛弘7年9月15日(1010年10月24日)~承保3年6月3日(1076年7月6日)は平安時代の武士。父は平忠常、母は平公雅の娘。子に常長、常直。恒将、経将、常昌とも。父の忠常は長元元年(1028年)以来、朝廷に反旗を翻していたが(平忠常の乱)、同4年(1031年)に降伏した。常将は弟の常親と共に父・忠常の平安京への連行に従事した。忠常は美濃で病没し、首は京で晒されたが、常将・常親は罪を許された。下総に帰還した常将は千葉介と号したと言う。そのため、千葉氏の系図では常将を初代当主とみなすことが多い(『千葉大系図』)。伝説に拠れば、常将は天女を妻とし、常長をもうけたとされる。この天女が何を意味するのか不明である。日本家系調査会平常将とは?

  • 常将神社 平常将の伝説を起源とする神社

    常将神社(つねまさじんじゃ)榛東村山子田2527柳沢寺の北隣にある神社。平常将(たいらのつねまさ)の伝説を起源とする神社で、以前はここから少し離れた小字神田(柳沢寺の南側?)にあり、現在の位置に移ったのは元禄年間(1700年前後)だといいます。神社の前には、ほのかに門前町の雰囲気が漂います。常将神社平常将の伝説を起源とする神社

  • 相馬ヶ原 群馬県

    相馬ヶ原榛東村広馬場(ひろばば)陸上自衛隊相馬ヶ原駐屯地と同相馬ヶ原演習場の間の道路を南に向かいます。周囲は果樹園・ぶどう棚が続いていて、高崎方面の眺めがいいです。地名の「相馬ヶ原」(旧相馬村)は、平常将の子・相満(そうま)からきているとか、将門の育った相馬郡からだとかいろいろな説があります。榛名山の最高峰が相馬山(別名・黒髪山)といって、山頂に相馬大権現(黒髪神社)が祀られていて将門の権現石像があります。相馬ヶ原群馬県

  • 家系譜新聞11月号

    特集:「スウェーデンボルグ霊界の話」スウェーデンボルグってご存じですか?エマニュエルスウェーデンボルグは十八世紀最大の学者でありながら、大霊媒師で人類史上最大の不思議人物と言われています。彼が自己を予言した通り一七七二年三月二十九日にイギリスのロンドンで亡くなっていますが、亡くなった後、彼の日記が発見されて、最大の霊能者で有ることがわかったようです。皆さんが霊界に行ったときに困らないように、二回に分けて紹介いたします。(笑)無数の村霊界は無数の村に分かれているようで、村の中の建物は皆、同じイメージ、材料で作られています。また、村の構成員の顔つきは、皆それぞれ外形は異なっても、どこか共通した要素を持っており、それは同じ親族間以上に濃く、親密さは兄弟以上だったようです。(似た者同士、同じ霊的レベル、同じ価値観、気が...家系譜新聞11月号

  • あの世からお礼?

    Aさんというお客様から家系譜の加筆の注文を受け、加筆を済ませて納品しました。その時、何気なく開いたページにAさんがとても驚いた反応でした。なぜかと言うと、AさんはBさん(家系譜のお客様)から、未婚で早く亡くなった方の供養を勧められ、なんと、その日にお寺に行き供養してきたというのです。偶然と言ってしまえばそれまでですが、お二人とも霊界からのメッセージとしてとらえておられました。日本家系調査会あの世からお礼?

  • 夢占い 金魚

    金魚の夢のほとんどが吉夢。特に美しい金魚、落ち着いた色の金魚は、金運、健康運、恋愛運共に良いでしょう。日本家系調査会夢占い金魚

  • 夢占い 人魚

    人魚の夢ってなんとなくロマンチックですが、理想が高すぎて現実味のない恋の象徴。理想が高すぎると出会えません。日本家系調査会夢占い人魚

  • 鬼さん

    鬼さんは全国40人くらいの珍しい苗字。現島根県西半部である石見国邇摩郡鬼邑発祥と云われている。近年、鳥取県を始め各地にみられる。日本家系調査会鬼さん

  • 東京さん

    苗字は地名発祥が多いが、珍しいのは東京さん。全国でも10人くらい。日本家系調査会東京さん

  • 源平藤橘

    源平藤橘とは日本における貴種名族の4つ、源氏・平氏・藤原氏・橘氏をまとめた言い方です。源氏は平安時代前期にうまれた嵯峨源氏を筆頭に、仁明、文徳・清和以下歴代の皇子孫が源朝臣となり、正親町天皇系まで16の系統があります。公家の家格も多様に分かれている。足利幕府以後、源姓の諸氏が勢力を有しています。平氏は桓武天皇の皇裔以下、仁明、文徳・光孝天皇系の流れがあります。平安時代末期に勢力を得たのは桓武平氏の平清盛一族です。その後の幕府の時代にはあまり重んじられず、公家としても家格は高くないと云われています。藤原氏は平安時代以来、公家社会の高位を占有し、五摂家・清華家・大臣家などの多くの流派に分かれた。秀郷流とか南家流の藤原氏も、武家の名門として地方に勢力を扶殖し続けてきました。戦国時代の後期にも藤原姓の武将が多くみられま...源平藤橘

  • 茨城県の大塚氏

    常陸国の大塚氏常陸国多珂荘大塚郷(茨城県北茨城市磯原町大塚)の大塚氏は「菅俣城」を本拠とし、新田義貞の鎌倉幕府攻撃に従い功績をあげた。常陸国(茨城県)の大塚氏は藤原氏の流れをくむと言われている。現在の茨城県北茨城市付近にあった多珂荘大塚郷の地頭だった大塚一族は新田義貞の鎌倉幕府攻撃に参加し、数々の武勲をたてた。常陸国多珂郡大塚(茨城県北茨城市磯原町大塚)をルーツとし、藤原氏の出。鎌倉時代に大塚郷の地頭となった。戦国時代には岩城家に従い、後に陸奥国に転じた。つくば市栗原の大塚家は太田道灌の末裔と言われ、小田氏の家臣だったが、後に帰農した。鎌倉時代に大塚郷の地頭になり、戦国時代には陸奥国南部の戦国大名として岩城家に従い、慶長元年(1596年)に陸奥国折木城(福島県双葉郡広野町折木)に移った。日本家系調査会茨城県の大塚氏

  • 大豆生田 小豆生田 豆生田

    「おおまみゅうだ」さんという苗字ですが、小豆生田、豆生田もおられ、栃木県南部に集住し、県内では約600人います。他に群馬、茨城、埼玉県に少々でしょうか。大豆の植えられた田んぼが地名になり、姓氏に使われるようになったといいます。山梨県などに地名がみられますが、苗字発祥は下野國(現栃木県)です。日本家系調査会大豆生田小豆生田豆生田

  • オーブ?

    昨日、〇〇家の家系調査をして写真を撮ったところ、写真のような不思議な円形が・・・オーブでしょうか?光線の具合でこうなったか?左のほうにもモヤモヤっとしたものが。何とも言えませんが、法事の時やお墓で写真撮ると不思議なものが、よく映ることが有ります。通常はもっと小さくて、無数に出ることが多いです。円の中に人のようなものが映り込んでることもあります。日本家系調査会オーブ?

  • 真実が大切!何のために家系調査をする?

    家系調査を依頼される人の中に、調査する前は本家だと思っていたが、調査の結果、分家であることがわかってがっかりする人もおられる。或いは、貧しい先祖でがっかりする人、身分低い先祖で落胆する人もおられます。家系図を作りたい動機は、人によりまちまち。見せて自慢したいという人、供養のために調べたいと思う人、知的好奇心で調べたいと思う人などなど、お客様のニーズに応えたいという基本的な方針はありますが、真実を知るということが一番大切ではないかと思います。裕福だから、身分が高いから価値が有るのでしょうか?本家だから価値が有るのでしょうか?(がっかりですね!!!そういう方もおられるから。)これらのことは全く本質ではない事です。私を生んで愛して育ててくれたことが価値が有ることです。間違った認識のままいることのほうが悲しいこと。ご先...真実が大切!何のために家系調査をする?

  • 霊界からメッセージ?

    江原啓之さんの本を読んで次の事が印象に残りました。よく霊界から励ましのメッセージが届いたと聞くが、励ましや慰め、耳触りのいい言葉は本物の霊界(守護霊)からのメッセージである可能性は極めて低いといえます。むしろ、メッセージは耳が痛いこと、厳しいこと、自分に不都合なことばかりなのです。霊界(守護霊)の愛は究極の大我の愛であり、霊性向上のためのアドバイスしかしてこないと思っていたほうがいいでしょう。(私たちが道を誤ったり、原則から外れ危ないときにメッセージが来ると思ったほうが良いようです。)日本家系調査会霊界からメッセージ?

  • 先祖供養を通してつながりの再確認

    時代は変化しても、先祖供養はすたれずに残ってきました。それは何らかのメリットを感じていたからでしょう。お墓参りのほか、法要が行われてきました。お彼岸に執り行う「彼岸法要」、お盆時期の「施餓鬼(せがき)法要」、建物を建てた時に「落慶(らっけい)法要」など。亡き人とわたしたちがつながることができるのが、先祖供養です。人が亡くなると四十九日法要を行います。それによって死者(荒御霊)は仏になると言われています。また法事は3回忌、7回忌、13回忌、17回忌と続き、33回忌で先祖は氏神様になると言われてきました。また、法事には親戚が集まるので、いまを生きているもの同士のつながりも確認できます。親族、親子ですらばらばらの時代、つながりを再確認することは、家系繁栄の土台です。日本家系調査会先祖供養を通してつながりの再確認

  • 原点それは親子関係

    幾つになっても親子関係が原点です。自分と親との関係がどうであったか?それが良かれ悪しかれ私の人生に光と影をもたらします。関係性は連鎖するため、自分の夫婦関係、親子関係、上司や部下との関係等に影響します。それを改善するには、「内観」等が良いですが、近くにそのような施設がなければ、自分で、親(亡くなっている場合)と先祖に手を合わせ、迷惑をかけたこと、世話になったことなど、ある一定期間(あまり短いと効果がないので100日等が良いでしょう。)毎日、内省します。そうすることで少しずつ改善されるでしょう。20代のころ実践した私の体験では、親は当然生きていましたが、両親に対する感情が今までとは全く違ってきました。日本家系調査会原点それは親子関係

  • 50が付く苗字

    「五十」が付く名字は、五十嵐さんは圧倒的に多いですが、少ない苗字では・・・五十土:「いかずち」雷神をまつったところから。五十海:「いかり」イクリ(暗礁)の転化という。また、海に関する職業をシンボライズしたとも。写真は令和元年の50円玉。日本家系調査会50が付く苗字

  • 500が付く苗字

    数字が入る名字は多いが、なかなかその通り呼んでもらえない名字でしょうね。「五百」が付く名字は、五百木:「いおき」や「いおぎ」とも。古代の五百木部の首長。天孫族火明命(ほのあかりのみこと)の末裔。全国一一二八〇番目に名字で、五百木姓は約五九〇人。伊福と通ず。五百木部の裔。現在、愛媛県松山市に多い。五百蔵:「いおろい」「いおくら」「いおろい」とも。イオリキ(庵居)の転化か。多くの蔵説もある。全国六二〇八番目の名字で、五百蔵姓は約一五〇〇人。播磨国明石郡五百蔵発祥、桓武平氏。土佐国香美郡五百蔵発祥も有り。日本家系調査会500が付く苗字

  • 人生のSEEN

    人生にはいくつもの重大出来事があり、しっかりと脳裏に焼き付いているシーンがあります。うれしかったこと、悔しかったこと、悲しかったこと、落胆したこと、希望を持ったことなど、これらのシーンが人生ドラマを構成しています。良い思い出は心の財産です。普通、人は良い思い出だけが増幅されて残ると言われています。しかし、人によってはトラウマが蘇るとか、嫌なシーンがフラッシュバックする人もいます。過去のシーンに苦しんでいる人ために・・・「記憶」は絶えず味付けをされたり、カタチを変えるので、自分の記憶と実際にあった出来事では大きく違うことがあります。トラウマもまた自分の脳内で勝手に書き換えられているのです。記憶は真実ではなく、「後から味付けされた感情の記憶」です。つまり、後から付け加えられている。・・・これを知っておくと、不確かな...人生のSEEN

カテゴリー一覧
商用