犬小屋:す〜さんの無祿(ブログ)
読者になる
住所
出身
ハンドル名
す〜さんさん
ブログタイトル
犬小屋:す〜さんの無祿(ブログ)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/su-san43
ブログ紹介文
犬と楽器と心身の健康
自由文
-
更新頻度(1年)

322回 / 325日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2015/05/06

す〜さんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,112サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,991サイト
大人の音楽活動 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 456サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,691サイト
東洋医学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 204サイト
セクマイ・嗜好ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,084サイト
性・ジェンダー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 104サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 84,285位 84,607位 975,112サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,352位 1,344位 27,991サイト
大人の音楽活動 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33位 35位 456サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,029位 2,044位 30,691サイト
東洋医学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19位 18位 204サイト
セクマイ・嗜好ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 763位 770位 5,084サイト
性・ジェンダー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8位 7位 104サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,112サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,991サイト
大人の音楽活動 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 456サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,691サイト
東洋医学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 204サイト
セクマイ・嗜好ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,084サイト
性・ジェンダー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 104サイト

す〜さんさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、す〜さんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
す〜さんさん
ブログタイトル
犬小屋:す〜さんの無祿(ブログ)
更新頻度
322回 / 325日(平均6.9回/週)
読者になる
犬小屋:す〜さんの無祿(ブログ)
  • geegie streetview

    犬の散歩に出ると、道端で絵を描いているおじさんがいる。道路のすみっこに折り畳みの小さな椅子を置いて、座って描いている。横には自転車がとめてある。通りがかりに挨拶する。「これから?」「もう行って来たの?」とかなんとか、声をかけてくれる。そのうち、私のことを憶えたらしい。絵を見せてもらったことが有る。何を描いてるんですか?と覗き込んだ。道端に座って、道の絵を描いている。住宅街である。道が伸びて、家が並ぶ。それを鉛筆でひたすら描いている。夏場は自分の周りに3個くらい蚊取り線香を焚いていたりする。ベニヤ板に画用紙を画鋲で固定して描いている。なるほど。そのうち、ただ挨拶して行き過ぎようとすると、「見てよ。ヘタクソだから誰も見てくれないんだよ。全然うまくなんないんだよ。」よく見ると、ちょっと弱い線だが、横と縦つまり水平と垂...geegiestreetview

  • 河口慧海『チベット旅行記』

    まだ読み終えていない。ちびちび楽しんでいるので、いつ読み終えるか分からないから、とっとと書くことにした。※[あらすじ]デイリーポータルZの「ここはどこでしょう?」という記事が好きだ。3葉の写真が出題される。写真からヒントを探し出して、撮影地をつきとめるのだ。そんな遊びをしていると、いろんなことを知る。例えば、橋が写真に写っていたとして、それがどこの橋かつきとめるために、橋の特徴を言葉にして検索する。すると、トラス橋という形を知り、写っているのはその中でもワーレントラスというものだと知る。ついでに、他にプラットトラス、ハウトラス、直弦、曲弦など種類が有ることを知る。回答者は、解答に至った道筋も投稿する。他の人の観察ポイントや推測の過程を読むと、見落としていたことに気付かされたり、自分の道筋よりもスマートなものに感...河口慧海『チベット旅行記』

  • サムズルーム

    [あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々の介護や看護のため、一日に4回5回と人の出入りが有る。飼い犬ジーロくん14歳慢性腎不全は、元々気が小さいのに他人が家に頻繁に出入りするので緊張気味。今、犬の寝場所は介護ベッドのすぐ脇なのだが、これを別室に変えたい。そこで、亡父の書斎だった部屋を、片付けている。十畳間の壁2面が天井まで本棚で、古い本や書類や手紙や原稿や日記などが詰まっている。これを、じゃんじゃん捨てる作業である。できれば、全面に新しくワックスを掛け直したい。犬の足が滑らないようなワックスだ。そのためには本箱を移動するか。たいへんだから、壁際は諦めるか。いやしかし、2011年の地震以来、本箱が微妙にずれている。これを積み直す機会ではないか。まずは本箱の中の古い本を、それはそれは立派でもったい...サムズルーム

  • 川猫用

    「多摩川氾濫」などという文字が目に入るが、本当に、川の水は堤防を越えたのか。沿岸の地域の冠水は、多摩川の水ではなく、雨水ではないのか。決壊などとまで言っている人もいるが、堤防は壊れていない。ただ、水は堤防を越えた部分が有った。これは、越水という。決壊も越水も氾濫の一部なので、今回も氾濫と言えるが、越水が有ったのも二子玉川だけだったようだ。千曲川では決壊が有り、たいへんな氾濫となった。※不謹慎ではないか、と自問しながらも、自分の目で見ることも大事だと考え、13日午前中にバイクで多摩川沿いを走った。風が強く、50㏄のバイクでは走っても止まっても渡っても、怖いくらいだった。河川敷は既に水が引いて、水はおおよそ水路(低水敷)の中を流れている。そうは言っても濁流は激しい。あまり近寄るのは怖い気がするが、そんな川面を鵜が滑...川猫用

  • 夢に見る

    [あらすじ]中学二年生の時に、部活の夏合宿中、台風が来て避難した。なんてな事を思い出したせいだろうか。そんな頃を舞台にした夢を見た。※台風は本州を北上している。さすがに勢力は落ちてきたとは言え、元々が強大だ。北の地は今、荒れていることだろう。東京の空はやけに穏やかで、星がきれいで、虫の声がするばかりだ。(午前4時)台風の移動が速くなっている。風に加速度が加わるのは困るが、早いとこ通り過ぎて行ってくれたほうがいい。※ひとさまの治療なんかしていると、病気の原因とは何か、考えさせられることが多い。いや、考えると言うと語弊が有る。ただただ観察して、なるべく観察して、事実を総合する。総合するときに、自分の考えが混じってくると、間違いが生じがちだ。だからいつも、そのときそのときの観察を大事にする。とは言え、観察の積み重ねの...夢に見る

  • 風雨

    のんきに構えていられるのも、住まいが高台の上だからだ。多摩川の河岸段丘の、国分寺崖線の上つまり武蔵野台地の上に住んでいる。川は5㎞先の下だから水に強く、地盤は良くて揺れにくく、突風も無く雷も起きない。やけに住み良い所に住んでいるから、のんきに構えていられる。同じ市内でも、沿岸の人は避難している時だ。※中学二年生の時に、部活の夏合宿中に台風が来た。山間の渓流沿いの合宿所は、川が崩れると危ないというので、楽器を置いて避難した。行きは小型のバスで通って来た道だったが、田んぼは一面水浸し、どこが道だかなんだか分からないような状態になっているところを女子中高生がぞろぞろと歩いたような記憶が有る。既に部活を引退しているが、音大受験なので合宿に参加していた高校三年生が2、3人いた。先輩がブツクサ言いながら歩く短パンの太ももの...風雨

  • 嵐の前

    [あらすじ]隣の奥さんから店頭が品薄なことを聞いて、スーパーに行ったら棚が空っぽになっている様子に驚いた。そなえあればうれいなしなんて諺が有るから、ここぞとばかりにみんな買いだめするのか。※テレビの情報番組でいろんなことを言っている。考えてみると、パックのご飯だのレトルトのおかゆだの冷凍のおかずだの、カップ麺だの飲むゼリーだのなんだの、食べ物の備蓄はやたらと有る。同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々が、簡単に調理して食べられるものはいろんな種類を欠かさないようにしている。ついでに、どらやきとかりんとうとロシアケーキと水ようかんと梅干しとおでんならたくさん有るよ。https://blog.goo.ne.jp/su-san43/e/acc419d0f50b5a8a0f808b7d859cc841普段あれこ...嵐の前

  • オイラショック

    母の通院から戻って、家の前にゴミを出していると、「こんにちは」お隣の奥さんが声をかけてくれる。隣の奥さんは犬好きで、私が飼い犬ジーロくんを連れていると、いじってくれる。3年前にもう一匹の犬が死んだ時には、何かしらのおやつの詰め合わせを私にくれたり。世間話もほどほどに交わす。そんなふうに感じの良い奥さんが、急に声を潜めて手招きをする。一体どんなに黒い話題なのかとケツの穴を引き締めて近寄ると、ここいらの猫の話である。野良猫というか、今どきは地域猫と呼ぶ、どこかしらの家で餌をやっていて、数軒くらいの範囲に棲み付いている猫である。我が家の一角には、そういう猫が数匹いる。隣の奥さんは猫にはまったく愛は無いようだ。それに、家の周囲に糞をされていたことも有るので、迷惑なのだ。我が家の周囲にも毎日のように糞が有って困った時期も...オイラショック

  • スケ★ッチブック

    [あらまし]飼い犬ジーロくん14歳慢性腎不全、同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々がショートステイから帰って以来、トイレでおしっこできなかったり、後肢脱力の発作が出たり、下痢したり。犬のお友達から、「独り占めできないからじゃない?」と言われた。確かに、ショートステイ中は飼い主の私とべったりだったので、幸せだっただろう。母が家にいたら、私は外出がちになるし、介護や看護のスタッフが一日に何度も家に出入りする。老犬にとって落ち着かない。これはいかん。ほんとうにもういかん。私は今、自宅の二階に巣食っているが、なんとか、階下のもう一つの部屋を片付けて、犬と私が棲めるようにしよう。※その部屋は以前、父が書斎として使っていた部屋だ。父が死んだ後に私がしばらく使っていて、物だらけになっている。少しづつ片付けてはいるの...スケ★ッチブック

  • ここはどこ?わたしはだれ?あなたは!

    [あらすじ]ドラマを視聴していてもロケ地を探す。テレビ番組「ポツンと一軒家」はグーグルマップで先回りしながら見る。デイリーポータルZの「ここはどこでしょう?」が楽しみである。毎回、3枚の写真が出題される。拡大してねちねちと観察し、なんとか情報を拾い出して、撮影地を探し出す。"ここどこ?"で遊び始めたのは一年くらい前のことだ。例えば写真に城が写っていたら、それが山の上なのか街の中なのかとか、壁が白いか黒いかとか、堀がどうとか方角がどうとか遠景がどうとかそういったことを総合して、どこの城かを絞っていく。海が写っていたら、日本海側なのか太平洋なのか北海道なのか瀬戸内海なのか、空の色、海の色、海岸線の形などからなんとなく分かったりする。一見して地方都市の中心部と分かる写真でも、写っている例えば祭祀場の名前が見えたり、自...ここはどこ?わたしはだれ?あなたは!

  • ロケ地を探すの楽しみ

    [あらまし]テレビは見ないのだが、民放の見逃し配信サイトを視聴する、という結局見てんじゃん。ドラマを見ていても、ロケ地がどこだか気になる。景色が良いから、ということでなく、この駅前はこの商店街はどこじゃ、というような所が気になる。アタリを付けて、グーグルのストリートビューを見てみたりする。当たったりする。今のご時世、そんなこともインターネットで調べられることが多い。同じシュミの方が、「ドラマ〇〇ロケ地まとめ」なんて作業をしている。※「ポツンと一軒家」という番組がある。「航空写真で見つけた、山林の中にポツンと建つ一軒家に、その主を訪ねる。」という、ドキュメンタリー的バラエティとでも言うか。山の中にポツンと家が建っていれば、そこには一風ある人が住んでおり、必ずドラマが有る。今は一軒家だが昔は集落だったとか、三代前か...ロケ地を探すの楽しみ

  • 通院(犬)

    [あらまし]飼い犬ジーロくん14歳慢性腎不全。毎日、近所の友人Mが手伝ってくれて自宅で皮下点滴をしている。冬から春にかけて体調が悪化し、下血したりして元気が無かったが、食餌療法と皮下点滴でかなり元気に過ごしている。たまに便のゆるい日もあるが、一日で治る。毎朝、元気に尻尾を立てて散歩に出る。医療のおかげだ。点滴が毎日になり、量がちょっと増えたところで体調も安定しているので、通院は月に一度にした。血液検査の結果に一喜一憂するでもない。日常の様子が大事に思えている。※普段、母の介護のために一日に5回、人が家に入る。それに加えて、訪問看護や訪問リハビリや訪問歯科が入る日も有る。私にとっても家が家であって家でないような、落ち着かないことであるが、犬にしてみれば、理由が理解できないのだから、もっと納得がいかない。毎日、知ら...通院(犬)

  • 螺旋と水と息

    [あらまし]毎月一日に法螺を吹いている。どうせなら、本当の法螺を吹こう。以前から法螺貝は欲しかった。ネットオークションで狙い続けてはいた。ある程度の大きさが欲しい。30㎝以上の、完成品、という条件で探すと、しばしば出品は有る。しかし、結局のところ価格は2、3万円になる。なんとかもっと安く手に入れられないかな。法螺貝の、貝殻もたくさん出品されている。サイズはいろいろだ。大きめだと結局こんな値段か。歌口を別に買うこともできる。数年前は無かったと思うが、今は歌口も多種、出品されている。だから、それぞれを落札して、自分で工作すれば良い。しかし、それぞれの値段がこんなくらいか。※と、思っていたところ、貝殻と歌口のセットで安価なものが見つかった。歌口の材質や形状は宗派によって違う。私は天台宗のものが欲しかったが、この際、こ...螺旋と水と息

  • ショートステイ最終日 朝篇

    おはようございます。やる気しない。たぶん、今の瞬間、世界で一番私がやる気無い。※いやまあ、さほどではない。経験上、もっとやる気の無かった時期は有る。やる気ないなんて言葉では表現できないほどやる気から遠ざかっていたことも有る。やる気しなくても追われてやるのが実生活だが、実生活が破綻してもやらずにいるような状態にもなり得る。自分のことだったらやはり、棚上げしてしまう。今だって、母の生活スペースは整えるが、自室はぐっちょぐちょに荒れている。母が「あなたは自分の部屋というパラダイスが有るでしょ」と言うのがまた腹立たしいわけであるが。※[あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々、ショートステイ中。十日目。帰って来る日である。10時半くらいに向こうを出るんだったか、10時半頃に着くんだったか、それはせいぜい...ショートステイ最終日朝篇

  • ショートステイ八・九日目 収束へ向かう篇

    [あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々、ショートステイ中。手伝おうとした結果こちらの仕事を増やしてしまう老母がいない間に、家の中の仕事を進める。物置の上の屋根の波板を交換した。たくさんの古い波板をぶち割って剥がした。その山が残っている。屋根の上で作業している間、剥がした波板は自転車のカバーの古くなったものと、車のタイヤカバーの中に投げ入れた。タイヤカバーは広げて袋型に自立するし、かなり厚手なのでとても重宝した。自転車のカバーは劣化しているし、このまま波板と一緒に捨ててしまおう。市指定の不燃ゴミ袋のMサイズを買ってきて、波板を袋に入るサイズまで割っては重ねて入れる。いや、時間がかかってしょうがない。いやになったので、翌日はLLサイズの不燃ゴミ袋を買ってきた。嗚呼。最初っからそうすりゃ良かったの...ショートステイ八・九日目収束へ向かう篇

  • ショートステイ七日目 法螺貝篇

    [あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々、ショートステイ中。[あらまあ]毎月一日に法螺話を書いている。四月馬鹿ならぬ毎月馬鹿である。ばーかばーか中学一年生でトロンボーンに出会い、ずっとオーケストラで吹いてきて、二十歳頃にファンクバンドに参加して、バンド活動をしてきた。ここ十年くらいは、仲間と金管アンサンブルを続けている。金管楽器は、楽器の中でも特殊である。何が特殊って、音が鳴らないのだ。鳴る仕組みが無いのだ。なんだそりゃ。叩けば鳴る、弾けば鳴る、楽器とは鳴るように作られているものだが、金管楽器には共鳴する形は有っても、発音する構造は無い。奏者が自身の唇を振動させて、音を出している。だから、金管奏者はただの筒を吹いても音が出せる。ホースでも、割れたビール瓶でも、ラップの芯でも、なんでも鳴らせる。...ショートステイ七日目法螺貝篇

  • ショートステイ六日目 しゅっぽん篇

    [あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々、ショートステイ中。いない間に家の補修を進める。いる時に私が家事をすると、「自分も何か役に立ちたい」と家の中を動き回り、"掃除"や"片付け"をしてしまい、その後片付けがまたたいへんなことになるのだ。母が室内で転倒するようになり、薪ストーブは危険だからということで、数年前にやめた。去年からは、ストーブを置いていた場所に介護ベッドを置くようになった。薪が余る。隣近所にお願いして、庭木を切ったときなどにもらっていた。東隣は農家で土地持ちなので、どこかで切った大量の生木をどんとくれた。近所の人は趣味で油絵を描くが、ある時たくさんの作品を処分したので、その木枠をくれた。これも焚きつけになる。そうやって集めていた薪が、余っている。積んだまま、朽ちている。玄関先にも積...ショートステイ六日目しゅっぽん篇

  • ショートステイ五日目 波板張れた篇

    [あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々、ショートステイ中。いないうちに家の補修をする。朝4時、犬が起きてソワソワと室内を歩き回る。毎朝、散歩に出るのは6時頃だ。まだ早いだろ。おかしいだろ。寝ろ。もう六時?ジーロと声をかけた。声に出してみたら、「もうろくじじいろ」と聞こえた。どちらにしても意味は同じだな。※5年前の6月にものすごい雹が降って以来、物置と物干し場の上にある屋根の波板がボロッボロに穴だらけだったのを、ようやっと直した。※ショートステイ中の作業が少しでも楽なように、準備してきた。デイサービスの日にする作業を、雨が降ったらコレ、天気が良ければアレ、と計画した。結局、天気予報で「午後から降るかも」というような日が多く、午前中に慌ててアレを半分、午後はコレ、といった具合に、両方を片付ける羽...ショートステイ五日目波板張れた篇

  • ショートステイ四日目 受材の交換と波板張り篇

    [あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々、ショートステイ中。いない間に物置の上の屋根の波板の張替えをしたい。物置の周辺には、ストーブを使えなくなったので残った薪がたまって朽ちている。そのせいで柱の根元も朽ちていたのを、修繕。そして登って、劣化した波板を剥がしてみると、横木も一部朽ちかけている。物置の上に、長い角材が何本か置いてある。ずっと置いてある。古いけれど、まだ使える。幅は違うが、厚みが同じだ。ちょうどいい。朽ちている部分は切って、その横に新しく、新しくない材を打ち付ける。(写真)鋸と金槌の作業だと、とんとん拍子だ。昨日は、直す度に壊れている部分が発覚したので、終わりが見えなくなってものすごい疲労感が有ったが、今日はいける。※波板を張るには、傘釘という物を使う。釘を打った穴から雨が入り込ま...ショートステイ四日目受材の交換と波板張り篇

  • ショートステイ三日目 柱の足と遠吠え篇

    [あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々、ショートステイ中。今のうちに家の補修をするのだ。物置の上に作ってある屋根の波板が、5年前の雹以来ボロボロ。物置のわきに薪が積んであった。屋根が無事な頃はここも乾いていたわけだが、屋根がボロボロになったので水に濡れ、おまけにストーブを使わなくなったことも重なって薪が朽ちたわけである。その薪と接していた、屋根の柱の根元が腐れるのも当然だ。鉄骨が入っているのが見えたので、電動ノコギリを使うのは危険と判断。鋸でせっせと引く。鉄骨が入っている位置も過ぎたので、ここまでは入っていないと考え、最後は電動ノコギリで一気に切断。そして、鉄骨の両側に健康な材を叩き込んだ。この木材も、薪にするために積んであったものだ。きっちりはまったので、よっぽどの揺れでも無ければこれでし...ショートステイ三日目柱の足と遠吠え篇

  • ショートステイ二日目 根無し柱篇

    [あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々、ショートステイ中なり。母がいる時に家の補修などやろうもんなら、何かと厄介だ。私ばかりが仕事することを申し訳なく思ってあれこれ言うし、自分も何かせねば、と動いて、棚の中身を整理して、結果的にごちゃごちゃにしたりする。家や庭の手入れは、なるべく母にバレないうちにしたほうが、平安なのである。※家に、クリーニング屋さんが毎週ご用聞きに来る。両親が教員だった頃はクリーニングも多かったが、今はもう必要無い。断らねば、と思いながら、なかなか私が直接会うことが無いので、言いそびれている。先週、クリーニング屋の来る曜日に、母が玄関に出ている物音がする。何事かと駆け付けてみると、掛布団をクリーニングに出すのだ、と言う。それは、私がやりやすいタイミングに出すから、と言っても...ショートステイ二日目根無し柱篇

  • ショートステイ一日目 午後篇

    [あらすじ]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々、ショートステイ。お迎えの14時に向けて、私は荷造りをしていた。午前中に買い物に出たらワインが安売りになっていて、ほくほくと友人Vに写メして誘ってみたりして。ふと見ると、母が着替えている。昼ご飯の途中にエプロンをかけてあげたのだが、それまでその後か分からないが、こぼして汚したのだろう、どこやらをごしごし洗っている様子だった。だから着替えるのだろう。と、見ると、手に、オムツから外したパッドを持っている。捨てに行くのかなとよく見ると、便がこぼれ出そうになっている。こぼしながら気付かずに歩き回ったらだいべんだ。いや、たいへんだ。慌てて、動かないで!と言って、パッドを渡してもらう。本人は、動くなと言われることも、自分で処理しようとしたパッドを取られることも気に入...ショートステイ一日目午後篇

  • ショートステイ一日目

    [あらまし]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々。今日からショートステイに入る。ショートステイ初日は、ステイ期間として扱われるので、普段お世話になっている巡回介護は来ない。だから、朝一番の服薬やトイレや着替えなどの介護は、私がする。やってみてあらためて、これを毎日はやれないな、と思う。犬の散歩に行って帰って来てみて、いつもより一時間遅いことに気付く。介護にそれだけ時間がかかっていたのだ。介護士さんが来てやってくれても30分くらいかかる事を、「娘」が話を聞きながらやると、1時間はゆうにかかる。現状、掃除と洗濯と買い物と通院は私がやっているわけだが、それでも時間と脳みそをずいぶん取られる。身体介護はやはりプロにお願いしたい。※制度が整っていてこそ、介護サービスを使うことができる。巡回介護という仕組みが無か...ショートステイ一日目

  • ジーロくんカレンダー2018

    去年の正月、正確に言えばその前の年の暮れに、友人Mが、犬の帽子と「鏡餅」を毛糸で編んで持って来てくれた。かわいい。ペットに何かをして写真を撮ってかわいいかわいいと言う趣味は私にはまったく無いのだが、ミニチュアの工作品には興奮する。これはちょっと楽しい。そこで、毎月やろうじゃないか、ということにして友人Mを巻き込んだ。偶数月は私が作るから、奇数月をやってくれ、と。https://blog.goo.ne.jp/photo/429893/tn毎月このブログでも写真をアップしていたが、それっきりほったらかしだったので、今日ふと思い付いて、まとめてみた。上のリンクから見られるので、どうぞご覧あれ。何かを作るにしても、「犬の頭の上に乗せる」という条件が前提となる。サイズが決まる。あまり重くしてもいけない。「なんか気になる、...ジーロくんカレンダー2018

  • そして、桜庭一樹『私の男』

    [あらすじ]映画「私の男」を観た。中学生から二十代半ばを二階堂ふみさんが演じ、獣ぽさと優しさを兼ね備える男を浅野忠信さんが演じた。映画として、このキャスティングが力を発揮し、世界観ができ上がっていた。ただちょっとストーリーの中でいくつか気になる点が有ったので、原作を読んでみることにした。原作者の桜庭一樹さんが家族を描いたものとして、『赤朽葉家の伝説』が紹介されていたので、そちらから読んだ。ジェンダーに関わる表現に、納得するものが有ったので、面白く読んだ。回り道したが、さーてやっと『私の男』だ。ヒマなのか?※原作が有るものの映画化作品で、原作の筋をちょっといじくって有ると、大概は、納得がいかない。先に原作を読んでいても、後から読んでみても、なんとなく、そういうことが多い気がしている。なんでだろう。映画を観てから、...そして、桜庭一樹『私の男』

  • ぐちぐちじゃぶじゃぶらんらんらん

    [あらまし]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々。老母の介護生活について書くことが多くなっている。他に、自分の興味の有るあれこれについて書きたい。しかし、脳みその多くの部分を介護生活のことが占めてしまっている。他の事を考えて文章にまとめようと思っても、うまくいかない日が有る。目の前の課題というのは存在感が大きいものだ。日々、老母の介護の話題を書いていると、気が引ける。私自身が、いやな気持ちでいることについて書いているのだから、読む人も不快にさせているのではないか。日々の愚痴や、母の悪口になっていないか。特に、似て非なる経験をした人が読むと、胸を痛めるのではないかと思う。障害のある人や病気の人や、その家族。また、同じ老人介護と言っても状況は十人十色だから、みな違う。私が書いている事は、私と母に起きた出来...ぐちぐちじゃぶじゃぶらんらんらん

  • せんていばさみ

    庭の草木の伸びるのの速いことときたら。夏場うっかり2週間も放っておくと、草はすっかり繁ってしまう。何か植えて手入れする気が、今は起きない。何年か前に植えてそのままにしてしまった鉢植えやプランターが荒れてしまっている。こまめに庭に出れば、こんなに鬱蒼と繁ってしまわないで、手入れがしやすい。わかっているが、庭に出る気になれない理由も、くだらない。※庭仕事をすると、母が恐縮する。たいへんねえ、私もできれば、申し訳ない、などといったことを言う。私は私の楽しみでやっているのだから、すまながることは無い。言われるとかえって気分が悪いからやめてください。と、繰り返し言ったが、どうしても言う。言われないためにはやらないしかない、という心理になってしまった。庭仕事は好きだ。何せ、集中できる。ひょっとすると、散歩したり、自転車をか...せんていばさみ

  • 危険予知

    何年か前、加入している自動車保険にもロードサービスが含まれるようになったので、それまで頼りにしてきたJAFを退会するか、迷った。数年前、車のバッテリー上がりで、続けてロードサービスを受けたことが有る。最初の時は、林道の登山口付近だった。迷わずJAFに依頼した。1時間ほどで駆け付けてくれた。検査をして、処置をして、この後どうするのが良いかなど、詳しく説明してくれた。翌日の夜にまたしてもバッテリーが上がってしまった。せっかく昨日ちゃんと丁寧に説明してくれたのに、連日とは。きまりが悪くって、JAFを呼ぶ気になれなかった。家からさほど離れていない場所だったので、その駐車場に車を置いて、一旦バスで帰宅した。翌日、自動車保険のほうのロードサービスも有ることに気付いて、依頼した。保険会社が契約している、現場近くの自動車工場か...危険予知

  • 肩こり腰痛から謎の痛みやアレルギーまで

    何度も繰り返し紹介している。腰痛は、心の奥深くに押し込められた、幼時からの怒りなどの感情から目をそむけるために目先の大問題として脳がでっち上げているものであって、実体は無い。ここからが重要だ。しかも、この、痛みは脳のでっち上げである、という仕組みを知るだけで、痛みは消える。※一発解消が難しかったとしても、痛むたびに繰り返し、「これは脳の作戦」「これは脳の作戦」と自分に言い聞かせていると、痛みは引いていき、雲散霧消する。「でもレントゲンを撮ったらヘルニアが有った」とか「現にここに石灰沈着が有る」とか「〇年前に事故に遭って」とか実際に、身体に故障が有るのだから痛んで当然、と思う気持ちはよく分かる。それでも、私がこの「脳のでっち上げに騙されるな理論」を推す理由はひとつ。だって痛いより痛くないほうが楽じゃん。これに尽き...肩こり腰痛から謎の痛みやアレルギーまで

  • 釣り場

    [あらまし]同居母86歳要介護2パーキンソン病認知症状少々。母が以前、編著に関わった本の一つを電子化するのでついてはひとまず些少ながら礼金を振り込む先を教えろよという封書が出版社から来た。私は記入してすぐに返送した。こういった作業は今の母には難しい。※過去の書類や手紙を、食卓の上に山と積み上げて、それを整理するのが毎日の日課である。全体の量はさほどでないのだが、毎日出して広げて入れ替えて、また出して広げて入れ替えて、と繰り返している。書類や手紙を広げた上で食事をしてしまう。そして必ずこぼしてしまう。だから書類や手紙がどんどん汚れる。※新しく来た手紙も、その山の上で開ける。封筒は処分して中の手紙だけを保存するので、中身がバラバラになる。山の書類と混ざる。※だから、私信以外のものは私がまず中を確認することにしている...釣り場

カテゴリー一覧
商用