searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

猪突猛進 鈴木研究室へようこそさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
猪突猛進 鈴木研究室へようこそ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/suzukitoshiaki
ブログ紹介文
関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱
更新頻度(1年)

43回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2015/04/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、猪突猛進 鈴木研究室へようこそさんの読者になりませんか?

ハンドル名
猪突猛進 鈴木研究室へようこそさん
ブログタイトル
猪突猛進 鈴木研究室へようこそ
更新頻度
43回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
猪突猛進 鈴木研究室へようこそ

猪突猛進 鈴木研究室へようこそさんの新着記事

1件〜30件

  • このような生活も悪くないと思ってきました

    例年は、休みになりますと講演会、学会などで休みのない日を過ごしており、夜も遅く帰ってきて、家では寝にかえるだけの毎日でした。しかし、今年は講演会が全て中止もしくはオンラインの講演会に振り替えられています。ここまでの話ですと、今は楽な生活をしているようにも思われる感じですが、実は以前より比べられないくらいの忙しさです。大学では教務部長という役職をいただいており、大学では朝から夕方まで授業再開にむけての活動をさせていただきました。大学には本当に熱心な教職員の方が多く、本当に感謝しております。また、家では、昔子供部屋であった部屋をオンライン講義の部屋として、大学院生、ゼミ生の講義をさせていただいています。なかなか充実した時間が過ごせており、新型コロナ感染症が世の中より絶滅しても、この形は崩さないようにしたいと思います...このような生活も悪くないと思ってきました

  • オンラインでの大学院授業

    今大学院の私の科目はオンラインで授業や研究発表を行っています。ある週は毎日のように、臨床的な講義や研究発表会で今までの授業より忙しく充実しています。そのなかで、院生は本当に頑張ってくれており、沢山の成果をあげてくれています。目的が明確であるとがんばれますね。関西医療大学大学院は皆さん熱く指導してくれます。是非おいでください。https://www.kansai.ac.jp/course/a_graduate/character/オンラインでの大学院授業

  • 嬉しいことがありました

    昨日ある出版社から原稿依頼をいただきました。著者リストをみると、私と共に頑張ってくれている部下の名前がありました。嬉しいですね。幸せな気持ちになりました。嬉しいことがありました

  • 今日は車で移動  そこで見た穏やかになる光景

    今日の仕事は電車移動ではなく、車での移動!インターで休憩!そこで見た机に感動!さすがパンダ!今日は車で移動そこで見た穏やかになる光景

  • 今年の日本基礎理学療法学会 夏の学校は来年に延期になりました。

    今年予定させていただいておりました第5回夏の学校in大阪<o:p></o:p>(2020年8月29日(土)-30日(日))は来年に延期となりました。今回、私の師匠でもありアイオワ大学教授木村淳先生においでいただく予定でした。延期が決まり、すぐに木村先生には来年もおいでいただけるようにお願いいたしました。来年も今年同様に本学助教、日本基礎理学療法学会企画部会部員(若手研究推進委員会)の福本悠樹先生を校長に頑張ります。皆さんの沢山のご参加をお願いします。今年の日本基礎理学療法学会夏の学校は来年に延期になりました。

  • 動作分析に関するビデオです。

    少し前に編集工房ソシエタスより、動作分析に関するレクチャーシリーズのビデオを10本出させていただきました。1回30分程度ですので、見やすいと思います。今、新型コロナ感染の影響で講習会などに参加しにくいということをお聞きします。もし、動作分析を極めたい方がおられましたら、是非見ていただきたいと思います。宜しくお願い致します。動作分析に関するビデオです。

  • 関西理学療法学会の書籍を紹介させていただきます

    私が会長をしている関西理学療法学会の書籍の紹介でございます。全ての書籍で多くの会員さんと共に作成しました。関西理学療法学会の書籍を紹介させていただきます

  • 少し明るい気持ちになりました

    今日、久しぶりに電車に乗りますと、電車のなかは別世界のようでした。私以外のお客様も写真を撮られていましたので、新型コロナ感染で気持ちが落ち込んでいるところを少し明るくしてくれました。少し明るい気持ちになりました

  • 今だからできること、しないといけないこと

    3月、4月の講演会はなくなりました。こんな真っ白な予定表は初めてです。今日も大学で仕事をしています。「講習会・授業開催は自粛する=セラピスト・学生の意欲を低下させる」ことにならないようにしないといけませんね。ICTを用いたフォロー私は常に大学院の講義はスカイプを用いていました。大学院1年生、2年生と違うグループでディスカッションを行っていましたが、本日、大学院生、研究員をあわせたグループを立ち上げました。これで多くの方が勉強する機会が与えられるわけですね。これを学部ゼミでも計画的に使っていき、大学が休みでも、対面の講習会はできなくてもレベルを下げることのないように努力したいと思います。今だからできること、しないといけないこと

  • 大学は桜

    私の職場の関西医療大学は桜🌸で素晴らしくなっています。例年は、新入生や在学生にも満開の桜を見ていただくわけですが、今年は新型コロナウィルスの影響で全く見ていただけなくなりました。写真で皆さんに紹介させていただきます。大学は桜

  • 組織のなかで自分はなにをするべきか

    私は沢山の部下を「治せるセラピスト」にさせたいと思っています。「治せるセラピスト」になるためには、患者さんの理学療法評価、そして評価に基づいた理学療法ができないといけないと考えており、昨年までは様々な職員に向かって指導をしてきました。しかし、なかなか育ってこないのです。組織を強くするには、指導者レベルを強くしないといけないと思い、今年から運営の仕方を変更することにしました。私の指導に愛情を感じてくれない部下もいるようですので、指導を愛と感じてくれる方を中心に指導をしていきたいと思います。組織を強くするには、その組織のトップを強くする必要がある。本当にそのように思います。組織のなかで自分はなにをするべきか

  • 師匠のありがたさに感謝です。

    私が研究者人生を始めた30年ほど前京都大学医療短期大学部理学療法学科助手にならせていただいてから、土日祝は必ず大学の研究室で研究の仕事をしていました。最近は、大学の休みの土日祝は、学会、講演会、部下への臨床指導などで時間を使っていて休みに大学に行くことが少なかったわけですが、新型コロナの影響で3月の講演会は全て延期となり、久しぶりに大学で仕事をしています。昔(30年ほど前)は、パソコンも高額で学科で数台しかなかったために、私のような若手の研究者はパソコンでの作業は夜中か休みの日と決めていました。なんか昔に戻ったような気持ちになり、また、閑静な大学で静かに仕事をするのも良いなと感じているわけです。また、最近の鈴木研究室の仕事は、もっぱら部下の論文や抄録点検です。自分の仕事よりも部下の仕事と思っておこなっていますが...師匠のありがたさに感謝です。

  • 最近の出来事

    最近は、私の周りにも様々なことが起こっています。私の職場である関西医療大学および大学院では卒業式、修了式が中止になりました。今の社会の現状をみると今回の対応は適切であると思いますが、私たち学科の学生を直接育てているものにとっては大変残念に思います。卒業式、修了式で学生たちの晴れ姿を見たいと思っていましたし、沢山話をしたかったですね。鈴木研究室に所属している卒業生は今回は1名だけです。そのゼミ生は、3、4年生の時に日本基礎理学療法学会で発表し、論文も既に1本は世に出ていますし、もう1本は現在、査読中です。素晴らしい成果を出してくれました。また、4年間を通して成績優秀者に表彰されますが、その優秀者にも選ばれました。本当にご苦労様でした。また、大学院生では、皆さん本当に頑張ってくれました。皆さん、学会発表、論文投稿と...最近の出来事

  • SNSに書くタイミングは慎重にしないといけません

    FacebookなどのSNSには毎日、様々な沢山の情報が投稿されています。こんなところに行ってきました、学会で発表してきましたのようなリアルタイムで皆さんにお知らせしても良い内容もありますが、反対に投稿の時期を待つ内容もあります。例えは、なにかの試験の試験員をしている方が今回の試験の公表をしている、「結婚しました」という内容が職場の方々が知る前にSNSで知らされるなどなどです。先日もある方が、今日入籍しましたという内容のSNSがあげられました。この方の職場の方は知っているの?という疑問な投稿がありました。社会人としてモラルを持ちながらSNSを使うようにしないといけません。SNSに書くタイミングは慎重にしないといけません

  • ありがとう 感謝 は私の方です。

    2月3日大学院の公開発表会がありました。鈴木研究室からは6名の院生が頑張りました。2年間1週間に1回は私の前で発表すること、必ず新しい内容にすることを条件に頑張ってくれました。最後の公開発表会では素晴らしい発表をしてくれ、質疑応答もしっかりしてくれました。感動です。夜の懇親会では、鈴木研究室の先生方、大学院修了生、学部ゼミ生もきてくれて本当に良い時間を過ごしました。大学院のみなさんから感謝というプレゼントをいただきました。厳しい指導を愛情と感じてくれた院生に私から感謝と言いたいです。本当にありがとう!家族です。ありがとう感謝は私の方です。

  • 最後は思いの同じ人だけで頑張ります。

    複雑な気持ちです。でも今はあっさりしています。私の臨床指導が厳しい参加したら指摘されるために参加したくない10年くらい前と比較するとかなり優しくなっているのですがね。股関節が屈曲していない患者さんを、股関節屈曲しているから問題であるということは、全く良くない。そこを指摘しているので喜んでほしいのですがね。今までは、多くのセラピストを良くしたいと考えていましたが、諦めました。私に指導して欲しい方だけを教育することにしました。まあいろんなタイプのセラピストがいても良いのですが、解剖学や運動学的な解釈は確実に正しいことにならないといけないですね。昔、有名な大学教授が、ご自分で研修会などを企画して参加してくれる人を真剣に教育するために大学を辞められました。なんかその思いが今よくわかりますね。理学療法士としてあとどのくら...最後は思いの同じ人だけで頑張ります。

  • 元気で私を支えてくれた皆さんに感謝です。

    本日、学校法人関西医療学園より25年勤続の表彰をいただきました。振り返りますと、大阪の病院に2年間、母校の京都大学に6年間、そして関西医療大学に25年間ということになります。25年間のなかにはいろいろな経験があり、他の大学からのお誘いもありましたが、その時の職場の皆さん、学生さんの可愛らしさが、本学で長く勤められたのだと思います。家族の皆さんには、私のわがままを文句一つ言わず、見守ってくれたおかげです。関西医療大学では、理学療法だけでなく鍼灸医学の良さも実感でき感謝しています。これからも頑張りますという反面、きちんと部下を育てたいとおもいます。元気で私を支えてくれた皆さんに感謝です。

  • 急性期の装具装着して単に歩かせるだけがセラピストではない

    本日、私の関連病院で回復期の脳卒中片麻痺患者を診させていただきました。麻痺側上肢もきちんと触られていない。治療されていない。治療前には少し上肢を挙上させると痛みがありましたが、アライメントを整えて肩より上方に他動ですがあがるようになる。歩行を拝見すると、非麻痺側下肢への十分な体重負荷ができていない。前の施設で、長下肢装具をつけて歩かすだけとのことでした。私は装具をつけずに歩行練習をさせましたが、非麻痺側立脚期では非麻痺側股関節を外転しさせ、体幹を非麻痺側へ傾斜させていました。そのため、麻痺側下肢を振り出す能力も低下していました。麻痺側立脚期も十分な体重負荷ができていない。これは予想ですが、歩行練習の際に、後方からセラピストが腰あたりを支持し、大きく非麻痺側に体幹を傾斜させる歩行を学習してしまったのであると思いま...急性期の装具装着して単に歩かせるだけがセラピストではない

  • 次の日曜日の講習会です。宜しくお願いいたします

    「歩行の運動学」1.日時:2020年1月19日(日)10時〜16時2.場所:神戸リハビリテーション福祉専門学校3.講師名:鈴木俊明先生(関西医療大学大学院)4.定員:50人5.参加費:関西理学療法学会会員3000円、学生会員2000円、非会員8000円6.問合せ先:関西理学療法学会事務局7.備考:内容:歩行はリハビリテーションでの課題になることが多い。歩行を理解する際に、歩行における筋活動を知ることは重要である。本講習会は、歩行での筋活動を運動学の観点から解説する。次の日曜日の講習会です。宜しくお願いいたします

  • 学生の頑張りに感謝です。

    この日曜日、月曜日には3つの団体で講演会をさせていただきました。私の学部ゼミ生は、団体さんのご好意で参加させていただいております。ある講演会で、別の養成校の学生さんが大勢参加してくれました。彼らは熱心に耳を傾け、質問も積極的にしてくれました。このような頑張りには本当に感動します。私も元気になります。学内から多くの刺激を学生に与えることができるような教員になりたいですね。学生の頑張りに感謝です。

  • ほんらいのマネジメントとは?

    現在、理学療法士の臨床実習では、就業時間以降は出来るだけ残さない、課題をできるだけ課さないなど学生に気を使った対応を行われていますね。また、理学療法士になったあとも働き方改革で出来るだけ早く退社させることが言われています。どこで教育するのでしょう。職場のマネジメントとして管理者は悩みの多いことと想像します。要するに、自分で解決できる、困ったときには能動的に動くことができるようにしないといけないわけです。教育者としては、学生時代から能動的に知識、技術を獲得できるような人材を育てることが本当に大事になるわけですね。昔は、患者様のことでスタッフ達と夜中まで語り合ったりもしましたが、そのような取り組みは組織全体としては出来ない環境ですね。これで本当にいいことなのでしょうか?悩みますね。なんとかしないとです。ほんらいのマネジメントとは?

  • 1月塾は有難うございました。

    1月塾は定員を遥かに超えて多くの方々にお聞きいただきました。吉尾先生との会は、一見対局している2人の話を松田先生が上手くまとめていただいている会になっています。参加者はいつも吉尾先生の講習会に参加されている方々、私の講習会に参加してくれる方々、そして新人の方々に分けられるようです。2人の評価は異なりますが、患者さんを改善させるということは共通しているわけです。また、もし2人が同じ患者さんを評価、治療をする際、同じような治療になるのではないかと想像するわけです。患者さんの評価、治療は様々な方法があって良いわけですが、詳細で正しい評価に基づく治療が必要になります。私は、これからも運動学的な解釈を多くのセラピストが正しくできるように教育していきたいと思っています。私の考え方はセラピストとしての根底にあるものと考えてい...1月塾は有難うございました。

  • 新年を迎えて

    毎年同じことの繰り返しですが、12月31日は大学で仕事をして、お世話になっている方に挨拶まわりをして、夜はゆっくりテレビをみて過ごしました。1月1日は国家試験合格祈願に大阪天満宮へ行き、2日は京大でお世話になった先生のご自宅での新年会に参加させていただきました。新年会への参加者は日本で活躍されている研究者ばかりで、毎年大変刺激になります。また、本学大学院修士論文の提出が年始すぐにありますので、正月中にも論文の査読が行われており、全く正月らしい雰囲気ではありません。しかし、若手研究者を育成していくためには非常に大切な活動であると思います。このような感じで今年も始動いたしました。頑張っていきたいと思います。さて、明日(5日)は1月塾です。12日は関西理学療法学会講習会「動作分析の基礎」、夜はワークシフト講習会「トッ...新年を迎えて

  • 1月12日には関西理学療法学会での講習会をいたします。 運動と現象

    技術講習会動作分析に必要な「運動と現象」について理解する。1.日時2020年1月12日(日)10時~16時2.場所神戸リハビリテーション福祉専門学校9F講堂3.講師鈴木俊明先生(関西医療大学大学院)4.定員50名5.参加費会員3,000円、学生会員2,000円、非会員8,000円6.問合せ先関西理学療法学会事務局7.備考内容:動作分析を正確に行うためには、解剖学、運動学の知識が重要である。この際に、動作を実際に行われている運動であるのか、ある運動から生じる現象であるかを明確に判断する必要がある。例えば、「立位での下腿前傾」は「下腿前傾」は運動ではなく、「足関節背屈」という運動によって見られる現象である。本講習会では、運動と現象を正確に理解することを目標とする。最終的には、患者のビデオから運動と現象を明確に判定で...1月12日には関西理学療法学会での講習会をいたします。運動と現象

  • 皆さん 今年も宜しくお願いいたします。

    今年も大阪天満宮に行きました。大学の国家試験の全員合格をお願いしてきました。全国の国家試験受験者の皆さん頑張ってくださいね!皆さん今年も宜しくお願いいたします。

  • 卒業生 大活躍、ゼミ生が最優秀演題賞を獲得!

    2019年12月15日に私が会長をしている関西理学療法学会では症例研究学術大会が行われました。全演題のなかより優秀演題6演題が選出され、そのなかの4演題が選ばれました。また、この4名全員(鈴木ゼミ生2名)が新卒であるという快挙です。そして、第一位の最優秀演題は私のゼミ生であるという快挙でした。本当に嬉しいですし、幸せです。卒業生大活躍、ゼミ生が最優秀演題賞を獲得!

  • これからの講演予定をご紹介します。

    これからの講演予定をお知らせします。12月22日(日)脳血管障害片麻痺患者の筋緊張異常に対する理学療法評価リハテックリンクス東京https://rehatech-links.com/seminar/1222/12月26日(木)ビデオでみる動作分析ウェルネス教育研修センター大阪http://wellness-miwa.jp/seminarlist3.html12月30日(月)体幹と骨盤の評価と運動療法セラピストフォーライフ大阪http://www.therapist-for-life.com/pm/outline/display/n/p2202020年1月5日(日)運動学的解釈から潜在的能力を顕在化する1月塾大阪http://www.grade-a1.com/1gatu/1月12日(日)動作分析に必要な「運動と現...これからの講演予定をご紹介します。

  • パーキンソン病友の会 会誌に紹介いただきました

    埼玉県パーキンソン病友の会で講演させていただきました内容を患者会の皆さんが50回記念号の会誌にまとめてくださいました。素晴らしい感じでまとまっております。おまとめいただきました患者会の皆さんに感謝しております。ありがとうございました。パーキンソン病友の会会誌に紹介いただきました

  • 秋の学会 頑張りました。ありがとうございました。

    秋の学会シーズンが終了しました。11月15日(金)〜17日(日)は日本リハビリテーション医学会秋季学術集会が行われました。大学院生、大学院修了生を含めた8演題の発表と私は一般演題、教育講演の司会をさせていただきました。11月23日(土)全日本鍼灸学会近畿支部学術集会が行われました。ジストニア研究で頑張っている大学研修員3名が谷教授の指導のもとで発表してくれました。また、同じ時期には11月23日(土)〜24日(日)日本柔道整復接骨医学会がありました。ヘルスプロモーション整復学科中西助手(現在、大学院1年鈴木研究室所属)と準研究員の2演題の発表がありました。そして、11月28日(木)〜30日(土)には、私が代議員をさせていただいております日本臨床神経生理学会が開催されました。研究発表としては私、大学院生、大学院修了...秋の学会頑張りました。ありがとうございました。

  • 日本リハビリテーション医学会に多くの研究を発表できました。

    2019年11月15〜17日で静岡で開催された日本リハビリテーション医学会秋季大会に参加してきました。鈴木研究室からは8演題の発表を行いました。大学院生、来年より大学院に来る方、研究員の方々と様々な立場で頑張る方の素晴らしい発表でした。また、明日から日本臨床神経生理学会、日本基礎理学療法学会、日本運動器疼痛学会で、研究室の皆さんが頑張って発表してくれるとおもいます。期待しています。日本リハビリテーション医学会に多くの研究を発表できました。

カテゴリー一覧
商用