searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

冠嶽神社(鹿児島県いちき串木野市)さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
冠嶽神社(鹿児島県いちき串木野市)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/gabon2014
ブログ紹介文
冠嶽神社の行事予定や神社周辺の様子を紹介します パワースポットとしてテレビ等マスコミで紹介されてい
更新頻度(1年)

83回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2015/03/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、冠嶽神社(鹿児島県いちき串木野市)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
冠嶽神社(鹿児島県いちき串木野市)さん
ブログタイトル
冠嶽神社(鹿児島県いちき串木野市)
更新頻度
83回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
冠嶽神社(鹿児島県いちき串木野市)

冠嶽神社(鹿児島県いちき串木野市)さんの新着記事

1件〜30件

  • 令和3年文月・中の日詣り

    午前中は梅雨明けの好天気午後は雷雨と天気の変化が激しい。今日は月例祭・中の日詣り。市内外からご参拝・ご参列いただいた。また、観光案内所の先導で団体客の参拝もあり賑わった。ようこそのお参りでした。東京在住の教授からハガキが届いていた。先日果物を奉納していただいたお礼に御朱印を贈ったお礼のハガキだった。一日も早くコロナが収束し自由に行き来ができるようになり教授も参拝にきていただきたい。1回目のワクチン接種から2日経った。ワクチン接種の次の日は接種したあたりが筋肉痛みたいになった。腕を上げると痛い感じ。ズキズキとかではない。生活するのに支障はない。3日間やめていた晩酌も今日から再開しよう。本日の月例祭の御朱印は撮影忘れで画像はありません。来月の御朱印の七福神は恵比寿天様です。がんばろう日本!きばっど鹿児島!ご訪問いた...令和3年文月・中の日詣り

  • 2ヶ月の長い期間

    九州南部は梅雨明けしました。梅雨入りが5月11日梅雨明けが7月11日2ヶ月の長い梅雨でした。梅雨が明けても落雷や突然の雨で不安定な天気が続いています。これからも気象情報に注意しながらの生活が続きそうですね。がんばろう日本!きばっど鹿児島!ご訪問いただきありがとうございます。2ヶ月の長い期間

  • 河童が山から下りてくる

    6月25日・旧暦5月16日この旧暦5月16日は河童が山から下りてくる日とされる。この日いちき串木野市の五反田川沿いで「ガルどんのダゴ流し」の行事があった。ガルどんとは河童を指す方言。子ども達は川岸に並んで「ガルどんジゴ(尻)を抜かんで下さい」「川に引き込まないで下さい」と声を合わせる。その後わらで包んだ団子を川に投げ入れる。子どもの水難事故防止を祈願する行事である。(南日本新聞より)画像は冠嶽神社横の花川である。五反田川の上流にあたる。山から河童が下りてくるの山は冠嶽か?とすると冠嶽に河童がいることになるのだが。がんばろう!日本きばっど!鹿児島ご訪問いただきありがとうございます。河童が山から下りてくる

  • もう一歩

    鹿児島県は新型コロナウイルスの警戒基準をステージ3感染者急増からステージ2感染者漸増に引き下げた。感染拡大警戒期間と感染拡大地域との不要不急の往来自粛は継続とした。そんな中、久々に県外の方と仕事の打ち合わせをした。御守りの授与所では県外の方とやりとりはするのですが社務所内で県外の方と時間をかけてお話をするのは久しぶりだった。その方がおっしゃるには神社によっては、会っていただけない社務所の中に入れていただけない所もあるそうだ。特に大きなお宮さんはクラスター等に警戒されているのだろう。もう一歩いかなる時にも自分は思うもう一歩今が一番大事なときだもう一歩楽な道なら誰でも歩く苦しい道をこつこつ歩くのでだんだん私のものになる武者小路実篤がんばろう!日本きばっど!鹿児島ご訪問いただきありがとうございます。もう一歩

  • 令和3年文月お朔日詣り

    「今年も半年が過ぎました。早いですね。」と皆さん同じようにご挨拶。月日の流れとは関係なくいつもの皆さんが朔日詣りに。市内外からご参拝・ご参列いただきました。ようこそのお参りでした。今月の例祭日の七福神は布袋尊様。来月は恵比寿天様になります。また今日は戌の日。安産祈願が数組ありました。良縁・安産・子育てで語られるのはコノハナサクヤヒメ。天孫降臨されたニニギノミコトと結婚された。姫は一夜にして妊娠され、無事安産。お産みになった3人の男の御子を立派にお育てなさった。静岡浅間神社には「浅間大神妹背の契良縁安産子安神」の案内書があるそうだ。(祝詞必携より)がんばろう!日本きばっど!鹿児島ご訪問いただきありがとうございます。令和3年文月お朔日詣り

  • 田植えの行事

    いちき串木野市生福地区の田園風景です。トッノコ祝い田植えの始めの日には田の水口に若いススキの葉を重ね曲げて小さな台を作りトッノコ(赤飯の握り飯)とシトギ(餅)をお供えしてよく伸びた若竹を一本伐って傍に立てて拝む。竹には御幣を挟み立てる。下記写真が御幣。近くの田の神様石像にも同様にお供えする。(鹿児島の民俗暦を参照)皆さんの地域ではどの様な田植えの行事があるのでしょうか。ご訪問いただきありがとうございます。田植えの行事

  • むすこ・むすめ

    令和3年6月20日・日曜日冠嶽は晴れ時々曇り今日は初宮詣があった。安産祈願され、無事出産のご奉告とこれからの御加護を祈念された。この御家族はその他にもお子様のお祝い事や車のお祓い等々冠嶽神社に参拝していただいている。子供さんのことを息子・娘といいますね。「むす・こ」「むす・め」どちらも「むす」ですね。古代人は万物を生む霊力をむすひ(産霊)と表現してきました。人間もこの産霊の霊力により子供を授かり、神様のおかげ神様の子供だとして「むす・こ」「むす・め」と呼ぶようになったのでしょう。ご訪問いただきありがとうございます。むすこ・むすめ

  • 御飯●●

    神社新報に次のような記事があった。ある日の食卓。茶碗を差し出し「もう少し御飯ついで」と言ったところ「飲み物じゃないのに”つぐ”は変じゃない?」と物言いがついた。気になって調べてみると、おもに瀬戸内と九州地方で使われる表現らしい。確かに鹿児島でも”つぐ”と言っている。記事を書かれた方のお母様が熊本のようだ。また記事には青森・秋田・新潟などの米所では「盛る」栃木・群馬では「よそる」沖縄では「入れる」それ以外の多くの地域では「よそう」が主流とのこと。皆さんの地域・ご家庭ではどの様に表現していますか?ご訪問いただきありがとうございます。御飯●●

  • 令和3年水無月・中の日詣り

    令和3年6月15日火曜日冠嶽は曇り今日は月例祭・中の日詣りでした。市内外からご参列・ご参拝いただきました。ようこそのお参りでした。境内の紫陽花もおめかしして迎えしてくれました。6月の月例祭の七福神は福禄寿様でした。7月は布袋尊様です。ご訪問いただきありがとうございます。令和3年水無月・中の日詣り

  • 母子ともに健やかに

    令和3年6月7日・月曜日今日は戌の日・安産祈願お隣の市、薩摩川内市の方の安産祈願があった。昨年、上のお子様が七五三詣りに来られてからのご縁です。子供を授かった事に感謝母子ともに健康な安産を祈願お子様が健やかに成長するように祈念令和3年の戌の日です。ご訪問いただきありがとうございます。母子ともに健やかに

  • 恋之原

    ここを通る度に地名が気になっていた。恋之原(こいのはい)とは素敵な地名。日置市伊集院にある地区です。歴代の島津家と関わりのある稲荷神社が鎮座。境内には樹齢約540年のゆすの木が。保存樹に指定されています。島津貴久に仕えた戦国武将木脇大炊介祐兄(きわきおおいすけすけよし)の墓塔がある。茶畑が広がる素敵なところです。ご訪問いただきありがとうございます。恋之原

  • 令和3年水無月お朔日詣り

    令和3年6月1日冠嶽は晴れ本日は朔日祭を執り行いました。市内外からご参列・ご参拝いただきました。ようこそのお参りでした。鹿児島市平川から参拝されたご夫婦とお話しました。先代から冠嶽を信仰している方です。親の信仰を引き継ぎ昭和・平成・令和と時代は変わっても冠嶽への信仰は変わらない。頭が下がります。今月例祭で頒布します七福神は福禄寿様。ご訪問いただきありがとうございます。令和3年水無月お朔日詣り

  • 梅雨の晴れ間

    令和3年5月29日土曜日午前中は地鎮祭。一週間前は雨を気にしていましたが今日はお天気に恵まれました。しかし残念なことにお施主様のご主人が参列できませんでした。県外勤務のためコロナ感染を考え帰省・参列を自粛されたとのことです。梅雨の中休み冠嶽の景色に癒やされます。ありがとうございます。ご訪問いただきありがとうございます。梅雨の晴れ間

  • 令和3年皐月・中の日詣り

    令和3年5月15日土曜日鹿児島は梅雨入りし朝から雷雨でした。悪天候の中月例祭・中の日詣りに市内外よりご参列・ご参拝いただきました。ようこそのお参りでした。いつも参列している方から手作りの素敵な水引をいただきました。装束の紫色を織り込んだそうです。女房とペアでいただきました。もう感謝しかありません。例祭参列者にお授けしています七福神。5月は弁財天様。6月は福禄寿様です。おさがりは、諸々を越える「諸越」。秋田の銘菓です。諸々の災いや難儀を乗り越えてゆくことを願っています。ご訪問いただきありがとうございます。令和3年皐月・中の日詣り

  • 睡蓮

    令和3年5月8日・土曜日冠嶽は曇り時々小雨鹿児島県は7日に新型コロナウイルスの警戒基準をステージ3感染者急増に引き上げました。このままですと昨年もそうだったのですが鹿児島の夏の風物詩六月燈や夏祭りも中止になりそうです。医療機関への負荷が急増するのはなんとしても避けなければなりません。感染対策を継続し不要不急の移動は自粛ですね。神社前公園の睡蓮が咲き始めました。睡蓮の花言葉は心の純潔清純だそうです。こちらはカルミアご訪問いただきありがとうございます。睡蓮

  • 令和3年子どもの日

    令和3年5月5日・水曜日こどもの日(端午の節句)立夏夏の気が立ち始める。若葉・青葉が茂り人々の動きが活発になる。(鹿児島暦より)しかし、昨年・今年とステイホームですね。冠嶽神社も帰省客の減少や移動の自粛で参拝者もまばらです。昨夜からの雨で神社横の花川の水量が多いです。浄化の雨恵みの雨となれば良いのですが。雨の後新緑が綺麗です。沖縄・奄美地方は例年より早く梅雨入りしたそうです。5月に入ったばかりなのに梅雨入りの話題とは。今年は季節の移り変わりが早いです。ご訪問いただきありがとうございます。令和3年子どもの日

  • 令和3年皐月・お朔日詣り

    令和3年5月1日・土曜日明け方は雷雨。雷鳴で目が覚めました。午前中は曇り午後から晴れ今日は朔日祭市内外からご参拝・ご参列いただきました。ようこそのお参りでした。ゴールデンウイークだからでしょうか。初めてのご参拝とみえ案内板をじっくり読んでいる方も。月例祭の時に頒布しています七福神。5月で4カ月になります。今月は弁財天。七福神の中の紅一点の女神です。ビワを抱えていることから芸能・芸術の神ともいわれています。また、知恵・長寿・財産を授けるともいわれています。6月の七福神は、福禄寿です。ご訪問いただきありがとうございます。令和3年皐月・お朔日詣り

  • かごしま文化財探訪に紹介されました

    鹿児島県制作かごしま文化財探訪に紹介されました。かごしま文化財探訪に紹介されました

  • 榊に若葉が

    令和3年4月27日・火曜日冠嶽は曇り時々晴れ今日は境内の清掃作業でした。溜まっていた落ち葉や枝の焼却。池の中の落ち葉や枝また土の除去。池は山水や雨水がたまるのですがお天気続きで水はありません。ですので雨の前に池の中を清掃する事に。榊に若葉が芽吹いてきました。誰が教えるわけでもないのに季節になると芽吹きます。玉串用にバケツに入れてあった榊の小枝にも若葉が。木から離れ小枝になってもしっかり季節を感じているのですね。池の土を何回も除去したのですでに筋肉痛です。ご訪問いただきありがとうございます。榊に若葉が

  • 梅の実が

    令和3年4月23日金曜日冠嶽は晴れ薄曇り風がやや強いです神社前公園の昇竜橋近く梅に実がついてます今年は季節の移り変わりが早いですねご訪問いただきありがとうございます。梅の実が

  • 穀雨・戌の日

    令和3年4月20日火曜日・大安冠嶽は快晴今日は二十四節気のひとつ「穀雨」農作物、特に穀類をうるおす雨が降る時期麦は実がつき稲は発芽する(鹿児島暦より)鹿児島の週間天気予報はしばらくは晴れ穀雨はまだのようである。境内を清掃していたら70歳といわれる男性から声をかけられた。鹿児島大学卒業後教員になり串木野で教職していた頃冠嶽のことを色々調べられ資料にまとめたことは新聞にも取り上げられたそうだ。今度お会いしたら資料をお借りしたいと思う。また今日は戌の日・大安安産祈願があった。赤ちゃんが母親の胎内に宿ったときから私たちは健やかな子が生まれますようにと神様に祈ります。懐妊5ヶ月目の戌の日を選んで着帯の祝いをするとともに、両親・家族一同が揃って神社に詣でて胎児の健全な発育を願い懐妊の報告と安産を祈願しましょう。(鹿児島暦)...穀雨・戌の日

  • 令和3年卯月・中の日詣り

    令和3年4月15日木曜日冠嶽は晴れ時々薄曇り午前中は寒く拝殿ではストーブをつけました。本日は、月例祭・中の日詣りでした。市内外よりご参拝・ご参列いただきました。ようこそのお参りでした。朔日・15日の月例祭では御朱印をお授けしています。毎月七福神を押印しています。今月4月は、毘沙門天でした。来月5月は、弁財天になります。ご訪問いただきありがとうございます。令和3年卯月・中の日詣り

  • 今年も梓に若葉が

    令和元年に天皇陛下の御即位を記念して植樹した「梓」に若葉が出てきました。「梓」は天皇陛下のお印(おしるし)です。お印とは皇室の方々が身の回り品に用いるシンボルマークのことです。因みに上皇陛下は「榮」上皇后美智子さまは「白樺」皇后雅子さまは「ハマナス」だそうです。ご訪問いただきありがとうございます。今年も梓に若葉が

  • 珍しいトンボ

    令和3年4月10日・土曜日冠嶽は晴れ爽やかな気候です。境内の榊に初めて見るトンボが人懐っこく私の作務衣に止まりました。癒やされますねトンボちゃんありがとう!ご訪問いただきありがとうございます。珍しいトンボ

  • 青もみじ

    神社周辺の紅葉が青モミジになり綺麗です。例年ですと5・6月が色鮮やかになるのですが今年は早いですね。桜の開花も早かった。タケノコも早かった。季節がどんどん進んでいる感じです。ご訪問いただきありがとうございます。青もみじ

  • 令和3年卯月・お朔日詣り

    令和3年4月1日・木曜日冠嶽は曇り今日はお朔日詣りでした。市内外よりご参拝・ご参列いただきました。ようこそのお参りでした。春休み中なので子ども達も参列しました。騒ぐことなく、玉串も上手にできていました。神事が終わって参列者の方から「気持ちがすーっとしました」とお声が掛かりました。お祓いを受け玉串で手を合わせ清々しいお気持ちになられたのでしょう。境内には派手さはないですが山野草がひっそりと花を咲かせています。可憐な花に癒やされます。新緑も心ひかれます。ご訪問いただきありがとうございます。令和3年卯月・お朔日詣り

  • 初タケノコ

    令和3年3月31日・水曜日冠嶽は曇り時々晴れ神社境内で初タケノコ採れました。早速ご神前にお供え致します。境内に孟宗竹林があるので毎年採れるのですが石が多く掘るのは結構大変です。今年は桜開花も早かったですがタケノコも早いです。明日はお朔日詣りです。午前中にお守り・御朱印(書き置きのみ)を頒布致します。頒布数には限りがあります。ご訪問いただきありがとうございます。初タケノコ

  • 桜の下でお弁当

    令和3年3月26日金曜日今日はお天気に恵まれ神社前の公園では桜の下でお弁当を広げているグループを見かけました。でも冠岳は密になっていません。桜の花は散り始めです。先日も投稿しましたが御衣黄桜に花がついてきました。神社前の中国風庭園も楽しめます。龍も青空に飛び立ちそうです。ご訪問いただきありがとうございます。桜の下でお弁当

  • 緑の桜

    神社周辺の緑の桜御衣黄桜が咲き始めました。御衣黄桜の花は淡い緑から黄色に変化し最後は花びらの中心が赤くなり色の変化を楽しめます。ピンクの桜とグリーンの桜が同時に咲いています。今咲いているのは神社後方の砂防ダム横の3本です。神社前の公園には10本程ありますがこれからのようです。今年は咲くのが早いです。まだまだと思っているといつの間にか開花しています。ご訪問いただきありがとうございます。緑の桜

  • 桜開花

    令和3年3月19日金曜日冠嶽は曇り数日暖かい日が続き神社周辺の桜が開花しました。ご訪問いただきありがとうございます。桜開花

カテゴリー一覧
商用