めたぶろ
住所
出身
ハンドル名
めたろうさん
ブログタイトル
めたぶろ
ブログURL
https://mt4-labo.com/
ブログ紹介文
めたろうのメタトレーダー情報発信ブログです!
自由文
-
更新頻度(1年)

12回 / 249日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2015/01/19

めたろうさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 36,035位 33,699位 36,494位 33,279位 36,451位 36,304位 42,583位 969,478サイト
INポイント 0 3 0 8 4 12 0 27/週
OUTポイント 0 3 0 4 4 12 4 27/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 431位 405位 442位 409位 447位 447位 521位 16,806サイト
MetaTrader 7位 7位 6位 6位 7位 6位 10位 139サイト
FXツール徹底検証 6位 6位 6位 6位 7位 7位 7位 170サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 64,492位 61,346位 66,483位 60,703位 66,123位 60,223位 66,117位 969,478サイト
INポイント 0 3 0 8 4 12 0 27/週
OUTポイント 0 3 0 4 4 12 4 27/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 711位 671位 729位 686位 738位 666位 708位 16,806サイト
MetaTrader 12位 12位 13位 11位 15位 12位 12位 139サイト
FXツール徹底検証 11位 9位 11位 10位 11位 8位 8位 170サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,478サイト
INポイント 0 3 0 8 4 12 0 27/週
OUTポイント 0 3 0 4 4 12 4 27/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,806サイト
MetaTrader 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 139サイト
FXツール徹底検証 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 170サイト

めたろうさんのブログ記事

  • FOREX EXCHANGE「俺のMT4」の朝スプレッドに注目して見た!

    「俺のMT4」「俺のEA」のフレーズが気になる「FOREX EXCHANGE」ですが、チラッと見て「外為ファイネスト」「OANDA」には及ばずってとこで気にしてませんでした。 ところがよくよく見て見ると、朝スプレッドが狭いじゃないですか! てな訳で早速他のブローカと比較して見ました。 昨年と比べると朝スプレッドどこのブローカも広がってるんですよね、特に! 現在国内MT4で朝スキャルはとをメインに使ってるのですが、ゴゴジャンのリアルタイムスプレッドグラフを見て見ると、全くノーマークだったが意外に狭いじゃないですか! ここの売りは約定時に約定確認(ラストルック)を行わないが特徴のようで、カバー先が約定確認を行わない為、その時間が短縮されスピーディーにダイレクトに取引が可能との事です。 当然約定確認を行わないので約定拒否も存在しません。 とは言っても実際使って見ないとわからないのですが、とりあえずスプレッドを比較してみました。 国内主要MT4ブローカー朝スプレッド比較! USDJPY編 下記はゴゴジャンの6月4日のリアルタイムスプレッドですが、朝6時になると申し合わせたかのように急にスプレッドが広くなります。 これが8時まで続くブローカも! だいたい5~8時ぐらいが朝スキャルの時間帯で、わざと広げてるのかとも取れる動きです。 6時ピッタリは殆どのブローカがロールオーバー時のメンテナンスで数分止まっているので、6時10分、30分、50分、7時10分と20分置きにアベレージを見てみました。 USDJPY:6時10分 USDJPY:6時30分 USDJPY:6時50分 USDJPY:7時10分 意外や意外! が一番狭いのです、驚きだな! 更にこれまた意外ですが、2番目はで、ほぼ固定スプレッドな為、朝はだけは狭いと言う結果となりました。 次にめたろうメインMT4口座のが3番目で、まずまずのスプレッドではないでいしょうか! そして昼間以降はスプレッド最狭水準を誇るですが、何やってんだ! 朝スプレッド広すぎ! ビローんと広がってんじゃないよ! それにしてもFOREXEXCHANGEの6時50分からの0.6Pipsはかなり使えそうです。 EURUSD編

  • 「Flex Beggar」レビュー 「Pips Beggar 」が朝スプ拡大に対応!

    GEMFOREXの朝も殆ど変わらないスプレッドを狙い撃ちし、昨年快進撃だった「Pips Beggar 」ですが、昨年11月から他のブローカ並に朝スプ拡大してきた為あえなく撃沈、殆ど取引を行わなくなりました。 その「Pips Beggar 」が「Flex Beggar」となり、しっかりと現在のスプレッドに対し対策してきました。 「Flex Beggar」となり遂に復活か? で無料で使えるEA、「Pips Beggar 」を使いだした時は凄いなと思いました。 大体朝スキャルはコツコツドッカンが多く、コツコツドッカンはバックテストでは稀にしかないドッカンも少し増えるだけで成績ガタ落ち そんでもってストップの浅いのは、リアル相場では勝率がバックテスト程にならず成績も思いのほか伸びないなく、下手すりゃジワジワ負けていくパターン しかし「Pips Beggar 」はリアル相場でもストップが浅いのに勝率が高く、取引回数も圧倒的に多い しかしそれはGEMFOREXが朝スプレッド広げ忘れなのか、殆ど固定スプレッドだったから良かったんだな~ それで昨年11月よりしっかりと他のブローカ並にスプレッドを広げたもんだから撃沈 デフォルトのスプレッドフィルター値ではひたすら沈黙の日々となりました。 スプレッドフィルターを広げたら広げたらで勝てそうにもないし・・・ それが「Flex Beggar」となり広がった朝スプでもOKな様に対策してきました。 使って見るとなかなかいいじゃない! かつての元気が戻って来たかな? 「Flex Beggar」の特徴 トレードスタイル:朝スキャルピング 通貨ペア:19通貨ペア AUDCAD、AUDCHF、AUDJPY、AUDNZD、AUDUSD、CADJPY CHFJPY、EURAUD、EURCAD、EURCHF、EURJPY、EURNZD GBPAUD、GBPCAD、GBPCHF、NZDJPY、USDCAD、USDCHF USDJPY 使用時間足:全ての時間軸 最大ポジション数:1本 両建て:なし 口座限定:有り MM機能:無し トレード頻度:全通貨ペア合計で1日5回程度 最大テイクプロフィット:4.5~16Pips(通貨ペア毎設定)

  • EAバックテストが止まりCドライブがパンク! ログの保存場所の変更方法

    メタトレーダーでEAをバックテストした際、途中で止まった事はないでしょうか? EAによってはバックテストで大量のログは吐き、バックテストは途中でストップ! そしてWindowsからは「ディスク領域不足」の警告が! そうならない為にログファイルの保存先を変更しましょう。 EAバックテスト中にディスク領域不足の警告が! メタトレーダーを使ってると様々なログが溜まってきます。 その中でも特定のEAはバックテスト時に大量のログを吐き、一気にCドライブがいっぱいになり、バックテストどころか、PC自体が身動きが取れない状態になることすらあります。 下記はバックテスト中にCドライブがパンクした状態です。 空き領域 0バイト! この状態では、この記事を書くための画面コピーを撮るのもギリギリの動きです。 バックテスト中にCドライブがいっぱいになった時の対処法 まずは不要なログファイルを削除しましょう。 MT4の右上の「ファイル」より「データフォルダを開く」を選択します。 データフォルダを開くと「tester」があり、これを開くと「history」と「logs」があり、この中にログファイルがあります。 不要なファイルを削除する前にデータフォルダは開いたままでMT4を終了して下さい。 MT4を開いたままだとログファイルがロックされており削除出来ません。 まずは、「history」フォルダの中のティックファイル「FXTファイル」を削除します。 このフォルダは基本的に空っぽにして問題ありません。 同様の複数ファイルがある場合は全て削除して下さい。 これで10Gで結構な大きさです。 次に「logs」フォルダの中の「LOGファイル」を削除します。 ここも複数ある場合は全て削除して下さい。 こちらはなんと67Gもの強大なファイルとなってます。 そりゃCドライブがいっぱいになるわ! この怪獣のようにログを吐き出すEAの正体は「Angel Heart USDJPY」です。 過去12年分のバックテストで吐き出すログや300Gオーバー! 過去最高記録を更新しました(笑) 根本的解決策はシンボリックリンクでMT4データフォルダの保存先を変更しよう!

  • 「Angel Heart USDJPY」再検証!フォワードも好調な「Angel Heart USDJPY」が無料!

    めたろうも愛用中の「Angel Heart USDJPY」がリアルトレードで20ヶ月目に突入しました。 ここまで好成績を収めてきており、おすすめEAの一つである「Angel Heart USDJPY」ですが、ゴゴジャンお約束の段階的値上げにより29,800円と、販売当初より値を上げてきました。 しかし無料で使える手段が! 「Angel Heart USDJPY」の特徴 トレードスタイル:デイトレード、スキャルピング 通貨ペア:USDJPY 使用時間足:15分足 最大ポジション数:5本 両建て:なし 口座限定:あり(後からの変更は何度でも可能) MM機能:なし トレード頻度:42/月平均 最大ストップロス:100 最大テイクプロフィット:30 価格:¥29,800(税込) Angel Heart USDJPY公式ページ 2017年8月よりで使ってますが、いい! ひじょうに良いです。 既に20ヶ月目で、めたろうのEA群のG20に入ってきた印象です。 このEAはドル円15分足を使用し、エリオット波動論に基づき第3を狙ってトレードを行います。 エントリーはローソク足確定後に行う為、バックテストと公式フォワードの成績がかけ離れません。 特にロスカットが適切で、コツコツドッカンタイプではなく、ロッスカット分は直ぐに取り返してくれる為、安心して放ったらかしに出来るEAです。 大半のEAがカーブフィッティングにより、実際の相場では過去のバックテスト通りの成績が出ない中、「Angel Heart USDJPY」は近年の相場にあっているのか、過去のバックテスト以上の成績を残してます。 あらためて「Angel Heart USDJPY」のバックテストをして見た! バックテスト詳細はコチラ バックテスト期間:14年(2005年1月~2019年3月) バックテスト時スプレッド:1.0Pips プロフィットファクター:1.21 損益合計:12,530.14ドル(1万通貨取引) 最大ドローダウン:2,090.82ドル(1万通貨取引) 総取引回数:7,262回 平均利益:13.62ドル(1万通貨取引) 平均損失:-30.54ドル(1万通貨取引) 最大利益:38.81ドル(1万通貨取引) 最大損失:-127

  • サーバーを移転したら「バックテスト詳細」が文字化けしてしまった!見る時はこうして下さい。

    これまで使用してきたサーバーが重く、業界最高の速さと噂のWPXへブログを移転しました。 あまりこの手は詳しくなく、ハラハラ、ドキドキ、清水の舞台から飛び降りる思いでブログを移転しましたが、待ってました! 全ての「バックテスト詳細」のページが文字化け! トホホ! これまでレンタルサーバーはロリポップ を使ってましたが、だんだん遅くなってきて色々速度対策をしてきましたが、劇的な効果が出ませんでした。 見に来ていただく方も重いだろうし、記事を書くのも重い! モジュール版PHPに期待しライトプランからスタンダートプランに変更するも効果無し・・・ よって覚悟を決めてサーバーを移転しました。 ワードプレス最速との噂のwpXレンタルサーバー に! 元々ブログの遅い原因はワードプレステンプレートに有り、他の早いテンプレートにすると爆速にはなったのですが、表示が・・・ 今更全ての記事修正は勘弁てとこで、WPXにしたのですが 移転までは何とか上手く言って表示も大丈夫 表示速度はかなり早くなり大満足でした。 しかし今更気づきました。 バックテスト詳細が全ページ文字化け 色々調べるもわかりません。 新規にアップロードしてもダメだわ、こりゃお手上げ! 当面解決するまでは、下記の様にしていただければ正しく表示されますので、お手間かけますが宜しくお願いします。 テキストエンコーディングを一時的に「shift-JIS」にして下さい。 こんな風に文字化けします。 ブログはもう8年やってますが、WEB知識に関してはまだまだ初心者の域を脱してません(笑) アップロード前の「htm」ファイルは文字コードが「UTF-8」でも「shift-JIS」でも正しく表示されるのですが、WPXにアップロードすると「UTF-8」だと文字化けします。 よって文字コードを「バックテスト詳細」ページを参照する時だけ「shift-JIS」にしていただければ正しく表示されます。 ロリポップの時は問題なかったのですが、当面新記事も同様となります。 Internet Explorerの場合 バックテスト詳細画面で右クリックしコンテキストメニューより「日本語(シフトJIS)」を選択 Google Chromeの場合

  • 「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版」が大幅にVUPしたとの事で再度検証しました!

    1月からリアル口座にてテスト稼動を開始しました「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版」ですが、公式ページでのデモフォワードと全く遜色なく、過去のデモフォワードの信頼性を確認出来ました。 早速ではありますが、大幅にバージョンアップしたとの事であらためて検証し直しました。 「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版 V2」の特徴 トレードスタイル:スキャルピング 通貨ペア:USD/JPY 使用時間足:5分足 最大ポジション数:2本 片側最大1本 両建て:あり 口座限定:あり MM機能:あり トレード頻度:12回/月平均 最大テイクプロフィット:81Pips 最大ストップロス:91Pips 価格:¥14,800- コペルニクス・ベーシックUSDJPY版公式ホームページ このEAの特徴は、順張りでも逆張りでもないところでしょうか そもそもそう言う概念がないとの事 大半のスキャルピングEAは、トレンド発生時に押し目買い、戻り売りを狙ったものが多いのですが、「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版」はトレンド相場も、レンジ相場も含め、相場が大きく動いている時にポジションを持たないのが特徴です。 よって多くの稼動中のスキャルピングEAと一線を画し、ロジック分散を期待して導入しました。 今回バージョンアップでTP及びSLを大きく変更してます。 最大テイクプロフィットが40Pipsから81Pipsへ 最大ストップロスが210Pipsから91Pipsへ 特にSLを大きく下げてくれたのがGOODですね! また、下記は「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版」のポジション取りですが、上が「V2」下が「V1」ですが、エントリー精度を上げたのか「V1」にあった取引が下記の様に所々なくなっており、エントリーを絞ってます。 既にV2版でリアル口座でテスト稼動してますが、公式ページのデモフォワードを比較してもエントリーに差異はなく、EAによってはデモ口座では取引が有るのに、リアル口座ではエントリーしない事が多いなど全くなく、今の所ひとつの漏れもなくトレードしてくれてます。 また、全く損益も互角で、相場の動きが大きくない時にエントリーをするので、全く滑らないデモ口座でのフォワードと滑るリアル口座との違いも出にくそうです。

  • MT4専用VPS「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」が待望のSSD対応!

    めたろうも長期愛用中の「お名前.com デスクトップクラウド」が、遂にSSDに対応し「for MT4」としてリニューアルしました。 全てにおいて最新スペックでリニューアルし、更にFX専用としては業界最安水準の「ライトプラン」なる新しいプランもリリース! 1,800円と安い!コイツは使い物になるのかな? そもそも「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」とは? 良くデスクトップクラウドやVPS等と言われてますが、これらはネットワーク上のサーバーにウィンドウズがインストールされており、リモート接続を行う事により仮想デスクトップとして使えるサービスです。 要するにネットワーク上にウィンドウズのパソコンがあり、それを遠隔操作する事により、もう1台のパソコンとして使えるサービスと考えていただければ良いです。 PCからだけでなくiPhoneやAndroid等からでも接続、操作が出来ます。 MT4で自動売買を行う場合、月曜日から金曜日まで5日原則稼働しっぱなしです。 要するにパソコンはつけっぱなし! 自宅のPCでは安定性、PCの消耗、電気代、火災等不安な面があります。 デスクトップクラウドでは安定性重視のサーバーOSを使用し、自宅PCの様に余計なアプリケーションをインストールしない為、非常に安定しており、フリーズなんかは無縁です。 また、コンシューマ向けPCは1日8時間稼働の4年設計の為、24時間つけっぱなしだと消耗も激しいし、電気代等も考えるとかかるコストも馬鹿になりません。 もっと大きい点は、EAを沢山動かすにあたり、3台分のPCが必要な時に、MT4専用にPC3台並べてなんてスペース的に設置できる方も限られますよね。 その点デスクトップクラウドならネットワーク上のサーバーで稼動するので設置スペースが要りません。 「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」は何が変わったのか? 主な変更点 ・記憶領域がHDDからSSDへ ・OSが最新のWindows Server2019を搭載 ・ライトプラン、1.5Gプランの追加 やはりSSD対応になったのが嬉しい点です。

  • 「MultiLogicShot_EA」徹底検証、発売後1年以上経過した今

    今更ながらに「MultiLogicShot_EA」を入手しましたので評価、検証を行いました。 発売後のオプティマイズ出来ない期間はどうだったのか? バックテスト結果はやっぱりカーブフィッティングに終わるのか? 「MultiLogicShot_EA」の特徴、稼働ロットに要注意! トレードスタイル:デイトレード 通貨ペア:USD/JPY・GBPUSD・EURUSD 使用時間足:5分足 最大ポジション数:2本 両建て:なし 口座限定:あり(何度でも変更可能) MM機能:なし トレード頻度:56回/月平均(3通過ペア合計) 最大テイクプロフィット:1つ目はTP:10Pips、残りはロジック内で決済 最大ストップロス:65Pips 価格:¥21,000-(税込) MultiLogicShot_EA 公式ページ 「MultiLogicShot_EA」(マジックロジックショット)と名前の通り、今までEAでは見たことのない動きです。 失礼、マルチロジックショットでした。 裁量手法では行う分割決済 利益は出てるが、この先微妙だし半分だけ決済しておこ見たいな このEAは決済ロジックを3パターン持っており、エントリーした1ポジションを3回に分けて決済を行うのが特徴で、まずは最低限の利益を確保した上で1/3決済、残りで大きな利益を狙うと言ったトレードを行います。 こんな感じですね! 決済を3回に分けて安定したトレード目指し、更に3通貨ペアに分散する事によりリスクを分散し高収益を確保しようと言う事ですね。 トレード時間は公式ページでは勝率が高くなる朝とだけ記載してますが、バックテスト結果を見る限り、日本時間の夏時間で4~8時の間にエントリーし、大体6時までのエントリーが多いです。 ここで注意事項があります。 通例最大ポジションが2本の場合、稼動ロットを0.1に設定した場合、最大で0.2ロットのポジションを取るのですが、このEAは0.6ロットと、ここでもマジックです! 失礼、マジックではありません、下記の様にポジションを取りますので気を付けて下さい。 0.1ロットで設定した場合、0.3ロットでポジションを取り、0.1ロットずつ3回に分けて決済します。 そらそうだな、合計ロットを設定するようになってたら、0.1と設定したら3で割り切れないもんな! よって、0

  • 「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版」EAレビュー

    「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版」を入手しましたので評価、検証を行いました。 このEAは今の所たった14,800円と破格です。 果たして安物買いの銭失いとなるのか? 「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版」の特徴 トレードスタイル:スキャルピング 通貨ペア:USD/JPY 使用時間足:5分足 最大ポジション数:2本 片側最大1本 両建て:あり 口座限定:あり MM機能:あり トレード頻度:17回/月平均 最大テイクプロフィット:40Pips 最大ストップロス:210Pips 価格:¥14,800- コペルニクス・ベーシックUSDJPY版 公式ページ 順張りでも逆張りではないって所が気になって買ってみました。 殆ど全てのスキャルピングは、トレンド発生時の押し目買い、戻り売りを狙ったものか、レンジ相場の逆張り狙いの物です。 現在稼働中のスキャルピングEA達も、例外に漏れず殆ど全てがこのタイプです。 よって良い押し目、戻りを形成しながらトレンドが発生した時は爆益となりますが、崩れた場合に同時に複数のEAが崩れる事も幾度も経験してきました。 よって同じスキャルピングでも少しでもロジックが異なる物で分散するのが良い EAには必ず好不調期があり、これらが分散されると精神的余裕が出来、全体的な取引ロットも上げやすいですもね てな訳で「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版」は、全くこれまでとは違うらしいのでポチッとして見ました。 ・順張りでも逆張りでもなく、そのような概念がないとの事 ・相場が動いている時にポジションを持たない事 ・利食い・損切の動きに追従するとの事 公式ページより上記の特徴の詳細を見るとレンジ相場の逆張りのような・・・ コペルニクス・ベーシックUSDJPY版 公式ページ 「コペルニクス・ベーシックUSDJPY版」バックテスト結果 バックテスト詳細はコチラ バックテスト期間:14年 バックテスト時スプレッド:1.0Pips プロフィットファクター:1.33 損益合計:570,776円(1万通貨取引) 最大ドローダウン:43,631円(1万通貨取引) 総取引回数:2,851回 平均利益:1,155円(1万通貨取引) 平均損失:-2,033円(1万通貨取引)

  • 「Angel Heart Lono」が無料で使える!EAレビュー

    現在販売数1位で大人気の「Angel Heart Lono」を入手しましたので評価、検証しました。 コイツの前バージョンの「Angel Heart USDJPY」は現在も使用しておりなかなか良いEAなのに、更に進化しているらしい! 嬉しい事に、この大人気EAがTRADERS-proのライナップに入り無料で使えますよ! 「Angel Heart Lono」の特徴 トレードスタイル:スキャルピング・デイトレード 通貨ペア:USD/JPY 使用時間足:15分足 最大ポジション数:3本 両建て:なし 口座限定:あり MM機能:あり トレード頻度:58回/月平均 最大テイクプロフィット:20Pips 最大ストップロス:100Pips 価格:¥16,800- ゴゴジャン公式ページはコチラ⇒Angel Heart Lono 無料で使えるトレプロはコチラ⇒ 長期に渡りフォワードで実績のある「Angel Heart USDJPY」の進化版との事で期待しちゃいますね。 その「Angel Heart USDJPY」に対し取引回数を増大させていながらDDを抑え、総利益をアップさせてます。 基本的なロジックは「Angel Heart USDJPY」と同様でエリオット波動論の第3派を狙ったトレードを行います。 エリオット波動論は米国で活躍した株式アナリスト、ラルフ・ネルソン・エリオット(1871年~1947年)が編み出した理論で、簡単に言うと相場にはサイクルが有り、値動きには一定のリズムがあると言う事です。 第1波の最初の上昇が始まり、第2波の最初にエントリーした人たちの利確が終わり、第1波の上昇を見てエントリしてくる最大の値動きが第3波となります。 この第3波を捉えて行きます。 「Angel Heart USDJPY」に対し、エントリー精度を向上させているとの事ですが、エントリー精度を上げると通例取引回数が減ってしまうのですが、逆に取引回数は多くなっており、その結果大幅に性能がアップしているようです。 それでは実際バックテストを結果を見てみましょう。 PFは低いながらも綺麗な右肩上がりで好感!「Angel Heart Lono」バックテスト結果 バックテスト詳細はコチラ バックテスト期間:14年

  • 無料でEAがダウンロード出来る「Marmot V4 ew – USDJPY スイング 」レビュー

    またまた無料でEAがダウンロード出来る「TRADERS-pro」のEAです。 スキャルに偏り過ぎのMT4ポートフォリオに、損小利大EAを加えたいんだが良いのがなかなか無い! そんな中で目にとまったのが「Marmot V4 ew - USDJPY スイング 」 なんとPenguinFX ラッコさんの作ったEAではないですか! ちと期待して見てみよ! 「Marmot V4 ew - USDJPY スイング」の特徴 トレードスタイル:デイトレード・スイング 通貨ペア:USD/JPY 使用時間足:1時間足 最大ポジション数:1本 両建て:なし 口座限定:あり MM機能:あり トレード頻度:月に4回程度 最大テイクプロフィット:500Pips 最大ストップロス:32Pips 価格:にて無料で使用可能 メタトレーダーEAでは希少な損小利大ロジックでスイングトレードを行います。 TPが500Pips、SLが32Pipsと超損小利大ロジックです。 しかしながら取引回数は月4回程度とかなり取引回数は少なめで、どちらかと言うと退屈なEAでしょう。 とは言ってもMT4はやたらとスキャルEAが多く、ポートフォリオ面からも少しでもこの様なEAが必要です。 大体この手のEAは、最大ドローダウンが大きく、プロフィットファクターが低いの特徴ですが、後のバックテスト結果にもあるように、珍しく低ドローダウン、高プロフィットファクターです。 そしてこの業界では有名なPenguinFX ラッコが作ったEAです。 めたろうのポートフォリオでもとが長期に渡り活躍してくれてます。 ちと期待しちゃいますね! 「Marmot V4 ew - USDJPY スイング」のバックテスト結果は、この手のEAではありえない高プロフィットファクター! バックテスト詳細はコチラ バックテスト期間:10年11ヶ月 バックテスト時スプレッド:1.7Pips プロフィットファクター:2.06 損益合計:6456.53ドル(1万通貨取引) 最大ドローダウン:393.44ドル(1万通貨取引) 総取引回数:437回 平均利益:54.00ドル(1万通貨取引) 平均損失:-29.62ドル(1万通貨取引) 最大利益:649.45ドル(1万通貨取引) 最大損失:-44

  • iPhoneからVPS(ディスクトップクラウド)への接続は簡単!「RD Client」

    長年使用してきたアンドロイドをiPhoneへ変えました。 そしたらAppStoreに「Remote RDP」がないじゃないですか! てな訳で「Microsoft リモート デスクトップ」を使って見ました。 設定メチャクチャ簡単だわ! 外出先からのEAのON、OFFはリモートディスクトップが便利 EAで稼働時間を設定出来るタイプの物ならいいのですが、そうでないEAもかなり多いですよね 月曜朝10時から稼働させたいEAや、金曜日は24時くらいには殆ど全てのEAの取引を停止するのが、めたろうのEA運用パターンです。 月曜朝10時は会社で、金曜日は飲みに行ってる事が多いですよね(笑) そんな時でもiPhoneとリモートディスクトップがあれば外出先からでも、素早くEAのON、OFFが可能です。 また、指標発表時なんかも危ない危ない止めときゃなってな時も外出してても大丈夫、簡単にEAを止められます。 これまではアンドロイドで「Remote RDP」を使ってましたが、iPhoneへ変更に伴い「Microsoft リモート デスクトップ」を使って見ました。 アンドロイドで「Remote RDP」の使い方はコチラ 「Microsoft リモート デスクトップ」の設定はチョー簡単 まず「Microsoft リモート デスクトップ」をダウンロードしよう AppStoreで「rdclient」や「マイクロソフトリモート」と検索すれば出てきます。 これ! 「Microsoft リモート デスクトップ」設定方法 1.インストールしたRD Clientをタップします。 2.「+」をタップします。 3.「デスクトップ」をタップします。 4.「PC名」をタップします。 5.「ホスト名またはIPアドレス」を入力し完了をタップします。 ABLENET(エイブルネット)はIPアドレスを入力します。 お名前.comはリモートデスクトップ接続情報の接続先に記載の「pc●●●●.win-rd.jp:●●●●」を入力します。 6.「ユーザーアカウント」をタップします。 7