searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

m-concertoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
 オーディオとクラシック
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ymmconcerto
ブログ紹介文
昔からのクラシックファンが最近のオーディオに取り組んでみます。
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2014/11/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、m-concertoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
m-concertoさん
ブログタイトル
 オーディオとクラシック
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
 オーディオとクラシック

m-concertoさんの新着記事

1件〜30件

  • ハイレゾ配信で聴く ブルックナー 交響曲第8番 ティーレマン指揮  ウィーン・フィル

    ブルックナーの交響曲第8番を聴きました。ティーレマン指揮ウィーン・フィルの演奏です。ブルックナー交響曲第8番ハ短調[第2稿・ハース版]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団指揮:クリスティアン・ティーレマンflac96kHz/24bite-onkyoから購入しダウンロードティーレマン指揮ウィーン・フィル演奏のブルックナー交響曲は、昨年第7番を愛知県芸術劇場コンサートホールで聴きました。期待していた厳しいブルックナーではなく、明るく豊麗な演奏でした。始め何か違うなと聴いていましたが、その中に美しい豊かな音に包まれて、こういうブルックナー演奏も良いかなと思えるようになりました。とても柔らかで美しい音響でした。ホールの影響もあったでしょうか。今度聴いた第8番は、それに比べると厳しさも加わっていると感じます。ゆっくりと豊か...ハイレゾ配信で聴くブルックナー交響曲第8番ティーレマン指揮ウィーン・フィル

  • ハイレゾ配信で聴く ヘンデル オルガン協奏曲    シュターツカペレ・ワイマール

    ハイレゾ配信で聴くヘンデルオルガン協奏曲ライプツィヒ・ゲルハルト教会ヘンデルのオルガン協奏曲を聴きました。ロタール・ザイファルト指揮J.E.ケラーオルガンシュターツカペレ・ワイマール録音:1975年、1976年ライプツィヒ・ゲルハルト教会flac192kHz/24bite-onkyoからオルガンの爽やかな音色が響きます、高音部が綺麗に聞こえます。続いて弦合奏が颯爽と加わります。前面一ぱいに拡がります。爽やかで鮮やかな演奏です。豪壮な感じはありません。オルガンに比べてオーケストラの音が大きいように感じました。室内楽編成だと思うのですが大きく聞こえます。親しみやすく楽しく聴くことが出来ました。録音は鮮明です。オルガンもオーケストラも一体となって、歪みなく聞こえます。音場感もあり、前面一ぱいに音が鳴り渡ります。ハイレゾ配信で聴くヘンデルオルガン協奏曲シュターツカペレ・ワイマール

  • ハイレゾ配信で聴く  ヘンデル 合奏協奏曲  ベルリン古楽アカデミー

    ハイレゾ配信で聴くヘンデル合奏協奏曲第1番~第6番ベルリン古楽アカデミーヘンデルの合奏協奏曲はCDの発売直後に、トレバー・ピノック指揮、イングリッシュ・コンサートの演奏が発売され、鮮やかな演奏で愛聴していました。最近はより鮮明な古楽器での演奏が推薦されるようです。暫くぶりで「レコード芸術」誌を読んだら、「新時代の名曲、名演奏500選」という特集があって読んでみました。新しい選者は若い人が多く、選曲も大きく変わってきましたね。以前当然のように上位に並んでいた演奏が圏外に落ちているのが、とても興味深く読みました。特にバッハやヘンデルなど古典の曲に多いようでした。良い演奏かどうかは自分で聴いてみて判断しますが、最近の演奏ではこういう特集も参考になります。ヘンデルの合奏曲ではどうか、500曲には含まれていませんが、「水...ハイレゾ配信で聴くヘンデル合奏協奏曲ベルリン古楽アカデミー

  • ハイレゾ配信で聴く  カラヤン指揮ベルリンフィル  ベートーヴェン 交響曲全集

    ハイレゾ配信で聴くカラヤン指揮ベルリンフィルベートーヴェン交響曲全集第9番「合唱付き」は未聴90歳を過ぎて、始めてカラヤン指揮ベルリンフィルのベートーヴェン交響曲全集を聴きました。勿論個々には聴いていますが、全集を購入して聴くのは始めてです。何回も全集を録音していますが、聴いたのは61~62年録音のベートーヴェン交響曲全集です。LPの録音データからDSD化され、ハイレゾ配信されました。録音1961年、1962年録音会場イエス・キリスト教会e-onkyoから購入ダウンロードDSF2.8MHz/1bit第1番、第2番演奏は誇張が無く、厳格でも無く、しかし壮麗で好ましく聴きました。第3番「英雄」も壮麗ですが、激しくはありません。金管は鮮烈に鳴り響きますが、間に木管が美しく聴こえます。第5番「運命」も同様に壮麗に響きま...ハイレゾ配信で聴くカラヤン指揮ベルリンフィルベートーヴェン交響曲全集

  • ハイレゾ配信で聴く ホルスト「惑星」  メータ指揮

    オーディオシステムを入れ替えて大分経ちました。昔の音がどんな感じだったかと気になって、以前のスピーカーで聞いてみました。中高音が強調される感じで特徴のある音ですが、懐かしく聴きました。一般的には現在のソナスファーベルの音が好まれると思いますが、ソナスファーベルのソネットではもう少し鋭さが欲しいように思いました。時々スピーカーを入れ替えて楽しむことになりそうです。ハイレゾで、ホルスト作曲の「惑星」を聴きました。ズーミン・メータ指揮ロサンゼルス・フィルハーモニーの演奏です。1971年の録音ですが、ハイレゾ化され、音の良さもあって好評のようです。録音年:1971年4月、1977年12月録音場所:ロサンゼルス指揮者:ズービン・メータ演奏者:ロサンゼルス・マスター・コラール女声合唱団(合唱指揮:ロジェ・ワーグナー)楽団:...ハイレゾ配信で聴くホルスト「惑星」メータ指揮

  • ハイレゾ配信で聴く  バッハ フランス組曲  ペライア(P)

    ハイレゾ配信で聴くバッハフランス組曲マレイ・ペライア(P)先日久しぶりに「レコード芸術」誌を購入しました。「新時代の名曲名盤500」を読んでみると、執筆者も若返り、それと共に選出される名盤が大きく変わっていました。バッハの作品を見ると平成の時代まで、ランキング上位に並んでいた名盤の多くが圏外に去るか、順位を落とし、古楽器による新しい録音が上位に進出していました。時代の流れと共に、古楽器演奏の時代になっていると感じます。昔からのクラシック音楽ファンには中々馴染めないでいます。チェンバロで演奏される曲目も、ビアノで聴く方が馴染んでいます。又ハイレゾ配信で聴ける曲目も少ないです。ハイレゾ配信e-onkyoを見ていると、ペライア(P)が弾いたバッハ作曲「フランス組曲」がありましたので購入し。ダウンロードして聴きました。...ハイレゾ配信で聴くバッハフランス組曲ペライア(P)

  • ハイレゾ配信で聴く  ラトル指揮 ベルリンフィル マーラー交響曲第2番

    ハイレゾ配信で聴くラトル指揮ベルリンフィルマーラー交響曲第2番「復活」梅雨の季節、雨が続いています。豪雨災害にお見舞い申し上げます。湿度が高いためか、オーディオシステムの音が芳しくありません。暫くぶりに。ハイレゾをダウンロードしてみました。ラトル指揮ベルリンフィルマーラー交響曲第2番です。E-onkyoから購入、ダウンロードしました。今までは間もなく、DELAN100に入るのですが、今回は中々ダウンロードしてくれません。パソコンには入力出来ているのですが、iPadで見ると入っていません。パソコンを削除してダウンロードをやり直してみましたが、DELAに入りません。どうしたものかと暫く放置しました。解説書を読むと、自動ダウンロードは定期的にチェックするとあったので、翌々日に調べるとダウンロードされていました。サイモ...ハイレゾ配信で聴くラトル指揮ベルリンフィルマーラー交響曲第2番

  • SACDプレイヤーの覚醒

    SACDプレイヤーの覚醒大分以前のことになりますが、使用中のSACDプレイヤーの音質についてマランツSA-12を使い始めて暫くの間、CDの再生については満足のいく音が聞こえていました。繊細で且つ充実した音でCDには、こんなに多くの音が入っていたかと感心して聞きました。しかし期待していたSACDの再生音は残念ながら良くありませんでした。何かぼやけた感じで濁った音のように聞こえました。SACDの所有する数も少ないので、主にCDとハイレゾ音源を聞いていました。。使用開始後3ヶ月以上経ってから、久しぶりにSACDを聞いてみました。アルゲリッチ(P)アバド指揮ロンドン交響楽団演奏のショパンピアノ協奏曲第1番、(EsoterickのSACD盤)。聴き始めて10分以上経った頃、突然音が良くなりました。霞が晴れたように繊細な音...SACDプレイヤーの覚醒

  • ハイレゾ配信で聴く 東京交響楽団 サンサーンス 交響曲第3番

    ハイレゾ配信で聴く東京交響楽団サンサーンス交響曲第3番ハ短調「オルガン付き」ゴールデンウイークに入りました。新型コロナウィールスのため、外出自粛が続いています。更に約1ヶ月の延長になりました。当分遠出は出来ないでしょう。自宅で音楽を聴いたり、撮りためていたブルーレイの映像を見たりする時間が多くなりそうです。演奏会も開催出来なくなり、演奏家の方々のご心労もさぞかしの事と推察いたします。そんな中、観衆を入れずに演奏会を開き、ネットで中継する試みが広がっているようです。東京交響楽団も2020年3月8日(日)に『【観客のいない音楽会】ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団を演奏しました。(第155回LivefromMuza)ネットで中継され、多くの人が聞いたようですが、私は知りませんでした。中継は録音セッションと...ハイレゾ配信で聴く東京交響楽団サンサーンス交響曲第3番

  • ハイレゾ配信で聴く メニューイン(V) ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

    イレゾ配信で聴くメニューイン(V)フルトヴェングラー指揮ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61戦後もっとも早く来日したのが、メニューインでした。幸いチケットを手に入れることが出来て、日比谷公会堂で聴きました。初日はリサイタルだったようですが、聴いたのは「協奏曲の夕べ」でした。始めて聴くヴァイオリンと管弦楽の音に聞きほれました。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の第二楽章で突然涙が溢れてきました。どうしてだか全く分かりませんが始めての経験でした。この時の公演、吉田秀和さんは褒めておられたようですが、他の評論家の多くは不評だったと聞いています。ネットでメニューインのCDを見ていましたら、フルトヴェングラー指揮の演奏がSACDで発売されていて、「当時の演奏を聴いた人は思い出すでしょう」とコメントがありました。...ハイレゾ配信で聴くメニューイン(V)ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲

  • ハイレゾ配信で聴く モーツアルト フルートとハープのための協奏曲

    ハイレゾ配信で聴くモーツアルトフルートとハープのための協奏曲K.299モーツアルトフルートとハープのための協奏曲を聴きたくなってCDを探しましたが、見つからず。何時か処分した中に入れてしまったようです。e-onkyoで探したら、オトマール・スウィトナー指揮の演奏が見つかりました。録音は古いですが、最新の技術で再現したと言います。オトマール・スウィトナー(指揮)シュターツカベレ・ドレスデンヨハネス・ワルター(フルート)ユッタ・ツォフ(ハープ)録音:1975年3月18~19、23日ドレスデン.ルカ教会flac192kHz/24bite-onkyoから購入演奏は堅実で落ち着いたテンポで始まります。フルートとハープも確実に入ってきます。美しく歌っていきます。カデンツァに入るとハープの音が一段と美しく聞こえました。続いて...ハイレゾ配信で聴くモーツアルトフルートとハープのための協奏曲

  • ハイレゾ配信で聴く モーツアルト フルートとハープのための協奏曲

    ハイレゾ配信で聴くモーツアルトフルートとハープのための協奏曲K.299モーツアルトフルートとハープのための協奏曲を聴きたくなってCDを探しましたが、見つからず。何時か処分した中に入れてしまったようです。e-onkyoで探したら、オトマール・スウィトナー指揮の演奏が見つかりました。録音は古いですが、最新の技術で再現したと言います。オトマール・スウィトナー(指揮)シュターツカベレ・ドレスデンヨハネス・ワルター(フルート)ユッタ・ツォフ(ハープ)録音:1975年3月18~19、23日ドレスデン.ルカ教会flac192kHz/24bite-onkyoから購入演奏は堅実で落ち着いたテンポで始まります。フルートとハープも確実に入ってきます。美しく歌っていきます。カデンツァに入るとハープの音が一段と美しく聞こえました。続いて...ハイレゾ配信で聴くモーツアルトフルートとハープのための協奏曲

  • ハイレゾ配信で聴く  Rシュトラウス「ドン・キホーテ」

    ハイレゾ配信で聴くR・シュトラウス「ドン・キホーテ」以前ミシャ・マイスキーのチェロでドヴォルザークのチェロ協奏曲を聴きました。ズーミン・メータ指揮ベルリン・フィル。2002年12月のライヴです。CDで発売され好評だった演奏です。2003年度レコード・アカデミー賞受賞盤。その曲の後半にR・シュトラウスの「ドン・キホーテ」が収録されています。改めて聴き直しました。セルバンテスの名作に基づく、ドン・キホーテとサンチョ・パンサの主題に基づく変奏曲形式による「ドン・キホーテ」。メータとベルリン・フィルハーモニーという理想的なバックを得て、チェロの第一人者マイスキーが鮮やかな演奏を繰り広げています。オーケストラの整然としながら豊麗な響きの演奏が始まると、チェロの艶やかな音が加わってきます。要所要所でチェロの音が響き渡ります...ハイレゾ配信で聴くRシュトラウス「ドン・キホーテ」

  • 光回線開設  顛末記

    光回線開設顛末記永くインターネットをADSL回線で使っていました。数年前、光回線に変えようと思いましたが、警備保障の機器との関連で繋がらず、現在に至っていました。普通にインターネットを使うに不自由は感じませんでしたが、ハイレゾ配信でクラシック音楽をダウンロードするには不便です。時間がかかり、1曲数時間を必要としていました。いろいろと宣伝広告も見ながら、光回線導入を決めました。警備保障の会社と連絡し、光回線を導入することが可能になると確認し、契約をしました。この時点では、ごく簡単に考えており、光回線の会社の「今のアドレスが使えます」との説明を受けて安心していました。しかし工事の日程が決まると、別会社のプロバイダー契約書が届き、アドレスも変更されることになっていました。驚いて直ちに契約解除通知書を書いて送りました。...光回線開設顛末記

  • ハイレゾ配信で聴く  ティーレマン指揮 ウィーンフィル・ニューイアコンサート

    ハイレゾ配信で聴くティーレマン指揮2019年ウィーンフィル・ニューイアコンサート昨年秋、名古屋市愛知県芸術劇場コンサートホールで、ティーレマン指揮、ウィーン・フィルの演奏を聴きました。ブルックナー交響曲第8番でした。ブルックナーの交響曲としては明るい演奏で深く心に染み入るような演奏を期待した者にとっては意外な感じでしたが、その豊麗な音には魅了されました。ホール一杯に響き渡る美しい音色。素晴らしかったです。近年、録音が良いとされるCDや配信では、直接音が多く、ホールトーンの響きはあまり感じられません。私のコンサート鑑賞の原点は、日比谷公会堂の3階天井桟敷ですし、以後もなるべく2階席で聴いてきました。今回のウィーン・フィルの演奏も2階席で聴きました。ニューイアコンサートの聞き比べでも、黄金の音と言われるムジークフェ...ハイレゾ配信で聴くティーレマン指揮ウィーンフィル・ニューイアコンサート

  • ハイレゾ・CD・思い出で で聴く  「青きドナウ」 ヨハン・シュトラウス

    ハイレゾ・CD・思い出でで聴く「青きドナウ」毎年NHKテレビ放送のウィーンフィルのニューイアコンサートを楽しみに聞いています。録画して聴くことも多いです。この時はブルーレイ・ディスクに再録画して専用の機器で再生すると、音が良く聞こえます。拙宅ではOPPOBDP-105Dを使っています。毎年CDでも発売されて聴くことが出来ます。最近では、2020年のコンサートがハイレゾでも配信され、アンドリス・ネルソン指揮の演奏と録音が好評のようです。早速ダウンロードして聴いてみました。PCM96K/24bite-onkyoからゆっくりと穏やかに始まり、次第に盛り上がっていきますが落ち着いて進みます。この落ち着いた演奏は好きです。録音も鮮明でホールの雰囲気も感じられ、自宅で聞くには良いと思いました。しかし昨年ホールで聞いた豊麗な...ハイレゾ・CD・思い出でで聴く「青きドナウ」ヨハン・シュトラウス

  • ハイレゾ・CD・思い出で で聴く  「青きドナウ」 ヨハン・シュトラウス

    ハイレゾ・CD・思い出でで聴く「青きドナウ」毎年NHKテレビ放送のウィーンフィルのニューイアコンサートを楽しみに聞いています。録画して聴くことも多いです。この時はブルーレイ・ディスクに再録画して専用の機器で再生すると、音が良く聞こえます。拙宅ではOPPOBDP-105Dを使っています。毎年CDでも発売されて聴くことが出来ます。最近では、2020年のコンサートがハイレゾでも配信され、アンドリス・ネルソン指揮の演奏と録音が好評のようです。早速ダウンロードして聴いてみました。PCM96K/24bite-onkyoからゆっくりと穏やかに始まり、次第に盛り上がっていきますが落ち着いて進みます。この落ち着いた演奏は好きです。録音も鮮明でホールの雰囲気も感じられ、自宅で聞くには良いと思いました。しかし昨年ホールで聞いた豊麗な...ハイレゾ・CD・思い出でで聴く「青きドナウ」ヨハン・シュトラウス

  •  リッピングで聴く 再考

    リッピングについて再考暫くぶりでリッピングしておいた曲を聴いてみました。チャイコフスキーのピアノ協奏曲アルゲリッチのピアノ、デュトワ指揮・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団。壮大な出だし、雄弁に演奏されています。録音も鮮明で臨場感もあり、これで良いかなと感じましたが、念のためCDで聴いてみました。そうすると何とCDの方が一層鮮明で音の広がりも良く聞こえました。内田光子のピアノ、テイト指揮イギリス室内管弦楽団のモーツアルトピアノ協奏曲でも、同様CDの方が良いように聞こえました。マランツSA12を使っているので、同じDACで聞いていることになります。以前SonicaDACで聞いていた時には、リッピングの優位性を感じていたのですが、(CDプレーヤーも違いますが)如何したことかと考えてしまいました。リッピングの時にパソ...リッピングで聴く再考

  • ハイレゾ配信とCDで聴く  内田光子(P) モーツアルト ピアノ協奏曲

    ハイレゾ配信、CDで聴く内田光子(P)モーツアルトピアノ協奏曲第18.19番、第20.21.23.24番新しいオーディオ・システムになって、内田光子さんのピアノ、クリーヴランド管弦楽団の録音を聴き直しています。指揮も内田さんで弾き語りです。CDの音が非常に良くなって聞こえるので、グラミー賞受賞の第24番K491から聴きました。少しゆっくり目で丁寧に弾かれ、美しいピアノの音色、タッチが良く聞こえます。弦の音も良く聞こえますが、少し鋭く感じられました。カデンツァを長めに弾いているのは内田さんの気持ちの入れ具合の大きさでしょうか。第23番K488も綺麗な演奏です。この後に第20番、21番が録音されました。どちらも気持ちのこもった充実した演奏で、録音も良いです。内田さんがモーツアルトの協奏曲の再録音をされたのには、前回...ハイレゾ配信とCDで聴く内田光子(P)モーツアルトピアノ協奏曲

  • アナログ JPレコードで聴く  モーツアルト、ブラームス、ラヴェル

    アナログLPで聴くモーツァルト、ブラームス、ラヴェル新システムでアナログ、LPレコードを聴いてみました。アナログ・システムは今までと同じ、カートリッジはベンツマイクロリファレンス、プレーヤーはビクターQL-V1、フォノイコライザーはシェルター216です。始めにモーツアルトのピアノ協奏曲第27番K.595を。エミール・ギレリスのピアノ、ベーム指揮ウィーン・フィルで聴きました。とても繊細な音が出てきてビックリしました。中音部が弱い感じもしますが鮮明です。綺麗すぎる感じですが、いいですね。ギレリスのタッチが素晴らしい。ベームの指揮もウィーン・フィルも良く歌っています。次にブラームスのヴァイオリン協奏曲、アイザック・スターンのヴァイオリン、ロストロポーヴィチ指揮、ナショナル交響楽団で聴きました。こちらも繊細な音が聞こえ...アナログJPレコードで聴くモーツアルト、ブラームス、ラヴェル

  • オーディオシステム 再考

    オーディオシステム再考私のオーディオシステムはモーツアルトのピアノ協奏曲を心地よく聴こうと考えて、約20年前数年をかけて作りました。スイス製のアンプ、CDプレーヤー、スピーカーを揃えたので、かなりの出費となりましたが、20年使ったので1年にすると先ず先ずの額でしょうか。最近音に歪みを感じるようになったので調べてみました。するとアンプシステムに異常が認められました。スピーカーは独特の響きを持っていて気に入っていましたが、片方はコイルが飛んで修理したので万全ではありません。最新のオーディオシステムはデジタル的にはかなりの進歩があるようです。この際オーディオシステムを一新してみようと思いました。予算は前のアンプ1台分位とします。CDプレーヤーは以前マランツのSA12を導入したことがあり、かなり良いと思いましたが、中音...オーディオシステム再考

  • ハイレゾ配信で聴く  ベートーヴェン 三重協奏曲

    ハイレゾ配信で聴くベートーヴェン三重協奏曲ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテルヴァイオリン:ダヴィド・オイストラフチェロ:ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン、管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【録音】1969年9月15-17日ベルリンflac96KHz/24bite-onkyoからダウンロードベートーヴェンの三重協奏曲は良い曲だと思っています。三人の独奏者に名人を揃えるのは難しく、演奏される機会は少ないようです。録音はされていますが、多くはありません。リヒテルがピアノ、オイストラフのヴァイオリン、チェロにロストロポーヴィチとロシア出身の名立たる名手を揃え、カラヤンが指揮したこの録音は古くなりましたが名盤とされています。ハイレゾに変換されて発売されています。カラヤンがリードし...ハイレゾ配信で聴くベートーヴェン三重協奏曲

  • ハイレゾ配信で聴く ラドゥ・ルプー (P)  シューマン・グリーク ピアノ協奏曲

    ハイレゾ配信で聴くラドゥ・ルプー(P)シューマン・グリークピアノ協奏曲ラドゥ・ルプーは1945年生、ルーマニアの名ピアニストです。録音も数多くしています。私はヴァイオリンのゴールドベルクと弾いたモーツァルトのヴァイオリン・ソナタが印象に残っています。ヴァイオリン伴奏付きのピアノ・ソナタとされる此の曲で、ゴールドベルクのヴァイオリンを引き立てながら落ち着いた綺麗なピアノ演奏を聴かせています。最近新しいSACDプレーヤーでCDを聞いてみましたが、ピアノもヴァイオリンも良く聞こえ、良い演奏・良い録音だと思いました。ルプーが28歳の時に録音したシューマンとグリークのピアノ協奏曲が、ハイレゾ配信で発売されているので聞いてみました。指揮はアンドレ・プレヴィン、ロンドン交響楽団との共演です。DSF2.8MHz/1bite-o...ハイレゾ配信で聴くラドゥ・ルプー(P)シューマン・グリークピアノ協奏曲

  • 新システムの利点 イタリアの古典 ビバルディ など

    新システムの利点イタリア古典の再生新システムのスピーカーソナスファーベルはイタリアのメーカー製ですから、イタリアの古典、ビバルディの曲は合うのではないかと思い聞いてみました。ビバルディのフルート協奏曲をオーレル・ニコレのフルート、イ・ムジチ合奏団のCDで聞きました。これが良く似合いました。フルートの音が颯爽と綺麗です。同じイ・ムジチ合奏団で、Vivaldi:L'estroArmonicoも良かったです。颯爽として鮮やかです。臨場感も聞こえます。イタリア古典ではありませんが、ヘンデルのオルガン協奏曲、ピーター・ハ―フォードのオルガン、アムステルダム・コンセルトヘボウ室内管弦楽団のCDも良かった。以前のシステムでは、オルガンは中央にこじんまりと再生されましたが、新システムでは前面いっぱいに拡がりオルガンらしさが聞こ...新システムの利点イタリアの古典ビバルディなど

  • 新システムの弱点 弦楽四重奏の再生

    新システムの弱点弦楽四重奏の再生新しいシステムも馴染んできたので、弦楽四重奏曲を聴いてみました。アルバンベルク四重奏団のベートーヴェン後期四重奏曲です。(1989年ライヴ)音が軽いです。明るくなり過ぎました。イタリアのスピーカーの明るさが裏目に出ているようです。CDプレーヤーのSA12がその音の軽さを助長しているようです。CDプレーヤーを以前から使用のゴールドムンドCD39にして聞いてみます。大分落ち着きました。鮮明度は減少しますが、中低音部が張り出してきます。後期のベートーヴェンらしく聞こえます、アルバンベルク四重奏団のライヴらしく鋭さも聞こえました。曲により得手不得手があるようです。曲に応じてプレーヤーを変えてみるのも面倒ですが、楽しみでもありますね。数日後、SA12で聴き直してみました。鮮明ですが明るく薄...新システムの弱点弦楽四重奏の再生

  • オーディオシステムとスピーカーケーブル

    オーディオシステムとスピーカーケーブルオーディオシステムを新しくして10日位、音も少し馴染んできました。これまでスピーカーケーブルは展示用のケーブルを借りていましたが、新品のケーブルを使うことにしました。ケーブルの重要性はブログでも雑誌でも強調されているので、定評のあるケーブルを選んでもらいました。新しいケーブルに変えて、音を聞いてみると、期待して聞くのですが、綺麗な音が出ませんでした。鮮明さはあるようなのですが、音が繫がりません。濁りも聞こえます。初期に多くある症状なので暫くエージングをしてみようと鳴らしました。50時間位聞きましたが綺麗にならず、元の普通のケーブルに戻してもらいました。エージングに十分な時間をかければ良くなる可能性も考えましたが、間もなく90歳になる高齢者では時間の余裕はありません。早く綺麗...オーディオシステムとスピーカーケーブル

  • オーディオシステム を新しくしました

    オーディオシステムを更新しました先日ウィーンフィルの演奏を楽しく鑑賞出来て嬉しかったです。その時、オーケストラの音は素晴らしく綺麗に聞こえました。フォルテでも歪みなく、弱音も美しく聞こえました。難聴の耳にも破綻なく美しく聞こえました。自宅のオーディオシステムでオーケストラの音に歪みを感じていたのは何だろうと感ずきました。何処かで異常が起きているのではないかと思いました。何時もお願いしているオーディオ屋さんに頼んで検討して見ることにしました。先ずはスピーカー、昔高級機を聞いて良かったなと思っていたソナスファーベルの最新の小型機ソネットⅠを聞きました。同じように歪みが出ます。異常はアンプかプリアンプにありそうでした。そこで最新のプリメインアンプから、マランツのPM12を聞いてみました。すると歪みなく聞こえました。今...オーディオシステムを新しくしました

  • ブルックナー 交響曲第8番 を聴く

    久しぶりにオーケストラの実演を聴きました。ウィーンフィルの演奏で指揮はティーレマン、曲目はブルックナー交響曲第8番申し分のない良い企画です。会場は名古屋市、愛知県芸術劇場コンサートホール。名古屋でブルックナーを演奏してくれるのは嬉しかった。家庭の事情で暫く演奏会に行けなかったので、チケットを買っていなかったのですが、偶然直前に近く手に入りました。期待大きく演奏の開始を待ちました。始まって直ぐ、ウィーンフィルは変わったなと感じました。ブルックナーの8番は荘厳にゆっくりと演奏されるのがこれまでの傾向です。それがテンポ良く歯切れよく颯爽と演奏されます。大音響も聞かれます。ワーグナーかリヒアルト・シュトラウスを思わせるかの如くでした。面白いと思いましたが、私的にはいいなとは思えませんでした。第1楽章の後半に「薔薇の騎士...ブルックナー交響曲第8番を聴く

  • ハイレゾ配信で聴く マーラー交響曲第4番

    ハイレゾ配信で聴くマーラー交響曲第4番マーラー作曲の交響曲第4番は名曲ですし、好きな曲なので時々聴きます。ハイレゾ配信でもダウンロードしています。ロンドン交響楽団のライヴで、ゲルギエフ指揮とハイティンク指揮を、コンツェルトヘボウ管弦楽団のライヴでハイティンク指揮をダウンロードしています。3組もダウンロードしてあるのは、私としては異例です。多く出ているのは人気のある証拠かもしれません。DELAを使用してから聴き直しています。一時音がやや不鮮明に聞こえた時があり、おかしいなと思い、他の日に聴き直したら、鮮明に聞こえました。その日の電気系統の調子が悪かったのかと思っています。一番好きなのはハイティンク指揮・コンツェルトヘボウ管の演奏でしょうか。flac88.2kHz/24bite-onkyoから静かに穏やかに始まりま...ハイレゾ配信で聴くマーラー交響曲第4番

  • ハイレゾ配信で聴く  モーツアルト ピアノ協奏曲第17番

    モーツアルトのピアノ協奏曲は第20番以後の曲が有名ですし、良く聞かれています。しかしそれ以前の曲も美しいです。例えば第17番とか第19番など。ハイレゾ配信でも複数聴くことが出来ます。何回も聴いていますが、聴いてみるとやはり美しいです。第17番を聴きましょう。内田光子のピアノ、クリーヴランド管弦楽団の演奏。flac96kHz/24bit内田さんのピアノの音が迫力あるが美しい。第17番は名曲ですし、名演だと思いました。最近の内田さんの演奏は美しさだけでなく、何かを考えさせる要素が加わったように聞こえると書きましたが、今回はそれを超えてモーツァルトの美しさを表現しているように思いました。クルト・レーゼルのピアノ、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団のピックアップメンバーとともに、ドレスデン、ルカ教会における録音。flac19...ハイレゾ配信で聴くモーツアルトピアノ協奏曲第17番

カテゴリー一覧
商用