searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

さくらなみきさんのプロフィール

住所
横須賀市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
楽園の泉
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/couzinet_70
ブログ紹介文
チャリンコ漕いで、どこまでもv
更新頻度(1年)

103回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2014/11/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さくらなみきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さくらなみきさん
ブログタイトル
楽園の泉
更新頻度
103回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
楽園の泉

さくらなみきさんの新着記事

1件〜30件

  • 湾岸4公園制覇

    昨日、箱根に紅葉狩りがてら温泉に浸かりに行こうとしていましたが、何者かの陰謀によりそれが阻止されてしまいました。その代わりというワケでもないのですが、今日は横浜に朝駆けです。休憩含んで2時間ほどで、山下公園にとうちゃこ。ラジオ体操の時間には充分間に合った。いつもはここで給油休憩して帰るのですが、今日はちょっと先まで延伸。臨港パーク。山下公園のコンビニは閉鎖されちゃったのですが、臨港パーク北側の入り口の交差点に別のコンビニがあった。雲で朝日が散ってる。続いて赤レンガ倉庫。早朝なのであまり人がいなくて気持ちいい。掃いてまとめたのかと思ったら、風で自然と集まった様子。倉庫越しのランドマークタワー。この後、結局山下公園まで戻ってしばらくボサッとしてた。山下公園前の銀杏並木はこんな感じ。見頃、って言ってもいいかも。昼前に...湾岸4公園制覇

  • やった。

    装備が充実してきたキエフ4aMですが、製造年式の違いのせいか不都合なことが。ターレットファインダーの台座と、カメラ本体のアクセサリーシューの形が微妙に合わず、ファインダーがきっちりと奥まで入りませんでした。しばらく画像検索して気づいたのは、キエフ4(a)シリーズと、キエフ4(a)Mシリーズはのシューの形が違いました。キエフ4はアクセサリーが抜けないためについているピンがシューの真ん中に、キエフ4Mはレールの中に生えています。4だとファインダーの台座の裏にあるU字型のくぼみでピンを受け、それ以上奥まで進まないようになってますが、4Mだとレールの中にあるピンで止まってしまうため、中途半端な位置で止まってしまいます。ファインダー自体、新品の生産は無いので流通はストック品のみ、果たしてそういうものに加工してしまって良い...やった。

  • フェイクとクローン

    最近”お熱”なソヴィエトカメラの件。当初、レンジファインダー機として中古のライカを探していましたが、ふと脇道に目が逸れたようで、ソヴィエト製のライカ”ゾルキ”が気になってました。この時”キエフ”のことは片隅にも無し。寸暇を惜しんで調べているうちに、ゾルキがフェイク・ライカ(の一角)ということを知った後、ナチス・ドイツの象徴だった「ライカのカメラ」に対しそのコピーを作って抵抗をする象徴が”フェイク・ライカ”という記事を見つけて胸が熱くなりました。この辺は連合国寄りな性格が出ますね。カメラのような精密機器に、「ソヴィエトの」とか「中国の」とかいわゆる旧共産圏の名前が付くと、「ちょっとヤバいもの」っぽさを妄想して指先がもぞもぞするのは、数寄モノならだれもが感じるところかもしれない。車で言えば油圧サスペンションの頃のシ...フェイクとクローン

  • 持病

    レーサーの、というよりフリクションシフトの。近所に散輪しに行った。うみかぜ公園にある自動販売機には『基礎燃料(のひとつ)』がある。でもこの時期に500ccはちょっとねぇ…結局買った。ベンチを探している間に程よく揺すられたせいで、吹いた。うみかぜ公園には第三海堡の以降のうち、宿舎部分が置いてある(閲覧不可)。持病解決のためのアイテムを買ってきた。『ゆるみ止めワッシャ』。純然たるフリクションシフターなので、ディレイラのテンションに負けてレバーが戻っちゃうのよね。戻り防止にラチェットが入っているシフターもあるけど、このシフターが使いたくて無理してた。このシフターが戻っちゃうのを防止するには、止めているネジを締めこむのが手っ取り早いんですが、常に動くレバーに対抗してその位置を保持しろ、というのは無理なため、このワッシャ...持病

  • 写真展

    ちょっと思い当たるところがなかった方から、写真展の案内をいただきました。そして行ってきた。『樹氷の魅惑二人展』11/08迄ネイチャーフォト好きなら、見に行ったほうが良いと思いました。ベテランの女性アマチュア写真家二人組による合同展です。同じ建物の別フロアで全日写連の支部による写真展も開催中。こちらは男性会員が多いせいか、写真を見ても「ああ、わかるわかる」といった感じ。ついでに(どっちが「ついで」なんだかw)、横濱周辺を徘徊。「実用車」発見!ロッド式ブレーキと頑丈な荷台やスタンドが頼もしい。ちなみに探すと「良い値段」になる。(通勤用に買おうか悩んだ経験有)イセビル。伊勢佐木モール入り口の盟主。横浜シティタワー馬車道ビル。思ったほど光が散らなかった。横濱中央YMCAの脇、ハマスタ交差点の角に、泣く子も黙る「公安警察...写真展

  • 『寒い国から来たカメラ』

    ところでウクライナって寒いのかな?先日の結果発表です。シャッター速度が遅かったので、モロに手ブレしてますな。絞り開放にして、被写界深度を意識してみた。想像したよりきれいに写っている。全体的に露出オーバー気味。「大陸的なおおらかさ」で済ますべきか、でもコピー元のツァイス・コンタックスはここまでガバガバじゃないよねぇ。と書いたら『シベリヤ送り』になるかしら。シャッター速度のセレクタ。目盛りと指針の間あたりでセレクタが止まるので、どっちのシャッター速度になっているのかイマイチ判然としない。この辺が「旧共産圏の末期に生産された」っぽさ満点。それと左側の「フィルムカウンター」が本当に当てにならないので、撮影時は注意が必要(パーフォレーション切った)。…なかなか面白いオモチャでしたv『寒い国から来たカメラ』

  • 惰性

    行く前は、パン工房ZEROで男爵コロッケパンを食べようか、タン・ハーでバインミーでも食べようか、と思って漕ぎ出しましたが、材木座あたりで溶け始め、由比ガ浜に着いた頃には稲村ケ崎を越えるのも面倒になってしまいまして。せっかくの遠出できそうな日だったのに、どうも”ノリ”が悪かった。デジカメ持って行ったけど、こっちもノリがイマイチ。勿体ない一日だった。OLYMPUSE-PL2/M.ZUIKODIGITAL17mm1:2.8惰性

  • 初陣

    天気も良さそうなので、Kiev4aMの初陣です。例によって撮れたのは現像待ち。先日、M-1に詰めたモノクロフィルムの残弾処理で行った千若町2丁目へ、再度出撃。ソヴィエトカメラ(敢えて「ソヴィエト」と言う)って、無骨な背景が似合う感じがする。ソヴィエトのカメラと言っても出自はドイツ(ツァイス)なんですけど(ツァイス・コンタックスを、そのままソヴィエトで生産したのが由来)、来歴を知っているからそういう先入観が付くのかも。ここも(星野町の廃橋)。ターレットファインダーもソヴィエト独自のものではなく、やはりツァイスのものをソヴィエトで生産していたのですけど、どう見ても「旧共産圏の」って空気が立ち上りますな。氷川丸と。前にテナックスも同じ構図で撮ったけど、あっちには軽やかさがありましたが、こっちは独特の重厚感がありますね...初陣

  • レンズシャッター・レンジファインダー・一眼レフ

    カメラの整理。簡単にまとめてみた。レンズシャッター;・レンズとシャッターが一体となっているため、レンズ交換できない。ファインダーは基本的に「覗き穴」。機種によってレンズと連動してピントを合わせることができる。ファインダーから見える画像はほぼ撮影される画像。レンジファインダー;・レンズとシャッターが別、レンズの交換ができる。ファインダーは覗き穴で、レンズと連動してピント合わせができる。ファインダーから見える画像はレンズの焦点距離によって写る範囲が変わる。一眼レフ;・レンズとシャッターが別、レンズ交換できる。ファインダーから見える画像はレンズを通して実際にフィルムに写る画像になる。…キエフを手に入れた瞬間はそんなこと気づかなかったし、ターレットファインダーを初めて見たときナニコレ状態でしたが、触ってみて「レンズ交換...レンズシャッター・レンジファインダー・一眼レフ

  • 『多砲塔の出番』、あるいは『スコープドッグ』

    「寒い国から来た『スパイ』」ならぬカメラKiev4aMってだけでゴハンの量が増えそうですが、さらにマシマシになりそうなネタが。「ユニバーサルファインダー」、通称『ターレットファインダー』。レンジファインダーカメラの場合、レンズが交換できるため望遠から広角まで写真の撮れる範囲が選べるのですが、レンズを通した画像が直接ファインダーの中に映る一眼レフとは異なり、レンジファインダーの場合覗き窓から見えるのはどのレンズを付けても変わりません。それだとどこを写すのか分からなくなっちゃうので別にファインダーを取り付けて画角を確認しよう、というのがこれの役割です。レンズの画角に合わせて切り替えることができるので「ユニバーサル」と呼ばれてますが、この形を見たら「GunTurret」以外の形容は無いwもっと正確には「ScopeDo...『多砲塔の出番』、あるいは『スコープドッグ』

  • 針穴祭りその後

    先日遊んできた、その結果発表です。コスモクロック。『ハンマーヘッド』赤レンガ倉庫赤レンガ倉庫その2氷川丸善鄰門獅子頭水栓横浜開港記念会館撮影時間はほとんど4秒、人が写ってませんが、動いているのでフィルムに捉えられない。巻き忘れとかあって、多重露出になっちゃったのもある。(;'∀')…写真好きなら1日遊べるオモチャだったwそして今日。始まりました。何を出したか、ここに乗せるわけにはいかないので、気になる人は25日までここで開催しているので見てきてくださいな。帰りがけに、海のほうに脚を伸ばした。近くにあったコンビニが廃業しちまったけど、駅寄りに新しくできたコンビニでおやつ買って休憩。ランドナーはいいぞぉぅ!針穴祭りその後

  • 小一時間

    「前、ゼンザブロニカ欲しいって言ってたよね」「はい…」「前、サモカ35スーパー欲しいって言ってたよね」「はい…」「ずっと前、オリンパスのペンエフ欲しいって言ってたよね」「はい…」「そういえば最近、オリンパス35をよく探していたよね」「はい…」「フェイクライカ…」「…」「…なにこれ?」「(目を逸らす)」何を血迷ったか、ソヴィエトのカメラが来ました。御三家のひとつ『Kiev4aM』です。ロシアカメラと言わなかったのは、旧ソヴィエト連邦のウクライナで生産されたものだから。1950年代から生産されたキエフ4というカメラから露出計を外した廉価版「キエフ4a」の改良モデルです。2次大戦終了後、旧ソ連がツァイスの工場一式(設備から従業員まで根こそぎ)攫ってきて、自国で生産をしたツァイス・コンタックスが、他国での改良の波に揉ま...小一時間

  • 性懲りもなく横濱

    本格的なシーズンの先駆けで、颯爽とランドナーの人になって横濱に行ってきた。久しぶりに漕いだので、帰宅してからちょっとタイヘンなことに。山下公園。いつものR357ではなくR16を使って距離を節約。象の鼻パークから大桟橋を見る。この後(この辺一帯は乗れないので)ハンマーヘッドパークまで写真撮りながら押し歩きしてきた。どんだけこの界隈好きなのよ、と言われそうだけど、「山下公園のほかにどこか寄れるところ」とか「日ノ出町駅から桜木町駅を抜けて山下公園に向かう途中にある」という立地が原因。最近面白がって『ミラーレスカメラにファインダー付けて、カメラの設定をいじって二眼レフっぽく撮る』のにおぼれてますが、今日もそれ。『それ』仕様。(E-PL2/M.ZUIKODIGITAL17mm1:2.8/EVF)大桟橋入り口から山下公園通...性懲りもなく横濱

  • レンズシャッター祭り転じて針穴祭り

    先日購入した針穴カメラ、さっそく組み上げました。ちなみに「露出(撮影)中」の図。四角い穴の奥の小さい穴が『レンズ』。シャッター板の上端にもともと切り欠きがあったけど、照準しやすいように手前側に照星を付けた。組み立てはテープで貼り合わせるだけなので基本的に糊は不要ですが、強度を上げるために糊付けできるところはすべて接着剤を使いました。フィルムの装填や巻き上げは普通のカメラと一緒です。撮影にかかる時間は2秒から4秒、その間カメラを動かすとブレブレになるか何も写ってないか。なので基本的には三脚に固定しての撮影です。撮影風景…ってピントが向こうに(ノД`)シクシク…ちなみに今日はE-PL2。二眼風に撮影しようと6×6フォーマットで設定したら、撮影時は自然とファインダーも「上から覗き込む」ほうが使いやすい気がした。針穴で...レンズシャッター祭り転じて針穴祭り

  • 疑似体験

    デジカメの設定を(今さらながら)いじることを覚えて、レンズのスペックを合わせればクラシックカメラで撮影したときの『雰囲気』だけは再現できることに気づいた。1眼機E-3でやると大袈裟な感じがしたので、付き合いの長いE-PL2でやってみた。E-PL2にはこういう機能が付いていてそれぞれ登録しておけば、簡単に設定できます。これはフィルムでの設定。普通のカラー画像ですが、画像の縦横比(以下アスペクト比)が3:2になってます。オリンパスのもともとの設定はパソコンのモニターに合わせて4:3のところ、フィルムで「ノートリミング」というのは(実は)3:2だということなので、それに倣ってみました。いわゆる「全紙」サイズは10:8と正方形に近いので、全紙サイズで額装するときは左右をカットしてトリミングします。なぜこのようなたくさん...疑似体験

  • 召喚

    寒くなってくると乗りたくなるもの。ランドナー。寒くなったから乗りたい、というものでもないんですが、のんびり道草しながら行くツーリングにランドナーはぴったり。個人的には「とぼとぼ走る」のがランドナーのイメージですけど。玄関で文字通り「埃を被っていた」のを叩いて汚れをふき取り、駆動系を一通り動かして確認。出撃準備、完了。電装系はダイナモですが尾灯結構明るいので、夜道でも安心。前照灯…標識灯ですか?くらいの明るさ。ちなみに尾灯が切れると倍以上の明るさになる。ダイナモを二口(ふたくち)にしたのは良いけど、配線(というかボディアース)が面倒でしてその…温泉ツーリング(ボソッ四葉のクローバーのベルは、安全運航のお守り。召喚

  • スナップとポートレイト

    写真やっていて「一番難しい」と思うものの1つ(つか2つですね)。スナップの難しく感じるところは、「瞬間を切り取る」ところ。常に動きのある例えば街の風景の、「あ、いいな」と感じた一瞬にシャッターを切るんですが、あとで見返すと「シャッターを切るきっかけ」が思い出せないことが多い。そして一番面倒(あえて「面倒」と書く)なのが『肖像権の問題』。勝手に人を(個人を特定できる情報量を持って)撮影するのは考えたほうが良い、というアレです。コンテストに応募するときなどは「モデルになった方に許可を得ていますか」と言われるくらい。許可を得ていなければ応募できないくらいです。(☝とりあえず周囲から聞き取っての自分の認識)スナップ写真は「その場の空気」を切り取るものなので、例えば被写体となる方に「モデルとして撮影していいですか」と了解...スナップとポートレイト

  • 三軒家砲台跡

    観音崎公園は、戦争中は一般人の立ち入りが厳しく制限されたところでした。東京湾の入り口ということで軍の施設が多数あり、今でも一部の立ち入りは制限されています。ふと思いついて、ちょっと行ってきました。「廃」の字が違っているけど、細かいことは気にするな。図面のうち「27加砲」の(おそらく)弾薬庫から奥を見る。左手の壁が砲台跡。砲台跡と言っても円く塀が作ってあるだけ、砲座の痕跡みたいなのくらいしか残っていない。こっちは砲台跡の下の、こっちこそ弾薬庫かしら。ただ、昼過ぎに行っても蒸し暑く、薮蚊など(防諜上の理由から蝮も放し飼いされてた)が沸いていたことを考えると、『戦争ってヤーネ』という感想しかない。観音崎公園の戦争遺跡を繋いでいる園路は、おそらく当時のままで、それを舗装しなおしていると思われます。往時のものと思われる門...三軒家砲台跡

  • 朝んぽポタ

    山下公園でラジオ体操しに行こうとしましたが、ふと我に返りまして「行きは交通量が少ないから良いとして、帰りに(追い風をくれるけど)大型トラックに捲くられるのも(´・д・`)ヤダなぁ」で、今日もちっさな半島の先端のほうへ。そこにはネチコヤンの帝国があったのです。帝国表敬訪問記今日は8匹ほどのお出迎えを受けました。狭い海峡を挟むとそこにあったのはポッポの王国でした。写真は無いけど職質受けた。ポッポの王国の住民は海を渡れるけど(しかも王国は陸側だ)、ネチコヤンの帝国は小さな島で、帝国民は海を渡れない。陸から追い落とされたネチコヤンの帝国。カワイソス(ノД`)シクシク…そのあと、諸磯に回った。諸磯っちゃぁ、鈴木英人ですね。HUAWEIP20Lite朝んぽポタ

  • モノクロ写真の楽しみ

    デジカメよりもカメラのほうを使う機会を意識的に増やすようになって、フィルムでもモノクロフィルムを使うことが多くなってきました。フィルムを持ち出す際に、およそ2/3がモノクロ、といったところが実感です。初めて「モノクロフィルムで写真を撮って、仕上がってきたときの感動」は、リバーサルフィルムで撮影してきた画像の現像が終わって、リバーサルフィルムならではの鮮明な画像を見たときよりも大きかった、というのが、利用する機会が増えた原因かもしれない。『引き算の美学』って言葉があります。撮影するとき、その主題を引き立てるために、背景の余計なものをなるべく写さないようにする(「写さない」というのは例えば被写界深度を狭くして背景をボケさせる、あるいは被写体に接近して文字通り「写さない」など)のですが、気づいたのは「『色』も引き算し...モノクロ写真の楽しみ

  • 検診前ライド

    別名「悪あがき」ともいう。明日は健康診断です。今さら体をちょっと動かしたところで体脂肪が激減するわけでもないのですが、気晴らしもかねて。今日は珍しく葉山に抜け、林の交差点から三浦半島を横断して戻る、距離にして36kmというちんまりしたルートを1時間半かけて走って終わり。脚を回したうちにも入らなかった。(;∀;)そういえばしばらく前に36Hのホイールのスポークが折れて、組みなおそうとしたらボスフリーが抜けなくて、以来レーサーにはパスハンに使っていた32Hのホイールに20T-13T/7sをつけて運用しているのですが、最近は20Tを踏むのにも慣れてきた。1人で走る分には『全く問題ない』。以前、海岸の崖の上にポツンと立っているバス停がお気に入りで、個人的に好きなスポットだった「峯山バス停」がどうしようもないものに置き換...検診前ライド

  • 廃線(路)をたどる。

    一度行ったことがあるのですが、思い出して再訪。実は先日M-1に仕込んだFUJINEOPANACROSⅡが17枚ほど残っていて、それを残したまま現像に出すのはさすがにおバカなので、その残弾処理が目的でした。「残弾処理」と呼ぶのは被写体に失礼か。まずは「瑞穂埠頭入り口」から。続いてこの手書きロゴも味わいあるなぁ。「東高島駅前の廃鉄橋」東高島駅は資材置き場になってるのかも。ちなみにグーグルマップだとこんな感じ。南東にある瑞穂埠頭から北東に曲がる線路と、南西から運河を渡って(東高島の橋)北西に曲がっている線路。ともに廃線路です。この辺りは結構そういうところがあるので、詰めると面白いかも。田浦港周辺が雑草まみれ(他理由有り)で自由に立ち入りできないのと同様、この辺りも交通量が多い(他理由有り)ので自由に動き回ることは難し...廃線(路)をたどる。

  • トーキョーさんぽ

    なんとなく行ってみたくて、カメラ持ってぶらぶら。「あぎためいぶつ」きりたんぽが食せるお店。昔ながらの、お米屋さん。昔ながらのアパート。蕎麦屋さん。あまりにもモダンだったのでシャッターを切った、貸しビルの扉。にょっきり曲がった、ビルヂング。実はここに行った。自転車で。それとここ。二件目は、植栽が邪魔になって撮れなかったのが惜しまれる。山手通りを品川から目黒までうろうろしたけど、一本裏の道に入ると「昔からの建物」が意外に残ってて(そして更地も目立った)、結構楽しかった。OLYMPUSE-PL2/M.ZUIKODIGITAL14-42mm1:3.5-5.6EZトーキョーさんぽ

  • 広角単焦点1本勝負

    勤務先の新人の子が、NikonDfなぞを持っていることを偶然に知って、撮影会に誘ってみた。随分玄人好みだなぁ、と思っていたら「高校の時に写真部だった」とのこと。専門分野(w)は乗り物と夜景とのこと。東海汽船の新旧さるびあ丸の同時出港も撮影しに行ったとのこと。お互い手探り(w)だったので、こちらから提案して「江ノ電界隈で」の撮影会になりました。当初14-54mmで行こうかと思っていたのですが、ちょっとカッコつけてZUIKODIGITAL25mm1:2.8"だけ"持っていきました。25mmだからかなりの広角と思われますが、3/4規格の落とし穴で、35mm(フルサイズのセンサー向け)換算すると50mm。標準レンズですなハッハッハ。f(ΦдΦ;)20形(江の島-腰越)300形(江の島-腰越)1000形(腰越駅)音無橋橋...広角単焦点1本勝負

  • 広角三昧

    モノクロで(も)写真を撮るようになって(しかも質が悪いことに「モノクロだと上手く撮れるようになった」気がする)、割と街中でのスナップに挑戦する機会が増えてきました。スナップ写真って、個人的に「見たまま」を撮るものだと思っていまして、それに使うレンズも「自分の視角に近い画角のもの」、標準レンズ(焦点距離50mm前後)からやや広角寄り(同35mm)を使うことが多くなりました。尤も血眼になって探している35mm単焦点は、なかなか条件が合わず財布と侃々諤々(カンカンガクガク)しながら導入の見送りが続いてますが(35-70mmのズームレンズは買った)、一頃ほど望遠系のレンズに必要性を感じることは少なくなりました(ただ、その機構が気に入って欲しい「ミラーレンズ」はまた別)。ファインダーから広角レンズ(35mm相当)で見ると...広角三昧

  • 柳の下の、泥鰌。

    先日、「最高のコンディション」だと思いカメラを持っていかなかったことを後悔してましたが、今日リヴェンジしに行きました。ここ数日の猛暑と熱帯夜もあって、さすがに自転車で行くのは負担が少なくないと思い、エグさんに乗っていきました。夜明けのプラント鈴木英人的な。鈴木英人的な2幻影それと、ほふく撮影も忘れなかった。やわらかな朝日の中で凛としてなにか、来た。ちょっと眠いの。隠れてチラ見…本当にどうしようもない状況でない限り、ストロボは炊かない主義。被写体が人間以外の場合、いきなり閃光に襲われる、なんてことは想像のしようがないし、驚かしてその後の撮影に影響出ても困るし。OLYMPUSE-3/ZUIKODIGITAL14-54mm1:2.8-3.5いった時間が微妙だったので、前回ほどのクリアな画像にならなかった。柳の下の、泥鰌。

  • 朝練未満

    ここ2回ほど、朝は南のほうに脚を回しに行ってましたが、今日は北のほうに行ってみた。(といっても横浜までは行かない)当初、リサイクルプラザ「アイクル」の海釣りコーナーを目的地にしていましたが(例によって「行けば分かる」程度の下調べ)、予想通り迷子になったので、適当に走って『深浦ボートパーク』に着いた。個人的に「絶好の撮影コンディション」だったけど、こういう時は大概カメラ持ってきてないんだよねぇ。波すら立っていないので、海面への映り込みが素晴らしい。「朝練」のつもりもあったので、ジャージ+クリップレスペダルでして。ロケハン(w)も無事に済み、気温も上がってきたので、さっさと退散。相模運輸倉庫のボロ倉庫撮って軍港では砕氷船が泊まっていた。片道18kmほどだったので、朝練というのもおこがましい距離だった。朝練未満

  • あさイチで朝市。

    漁港の朝市に行ってきた。でも、朝市に行きたかったわけじゃない。例によって、這いつくばって撮影してると、漁網を繕ってる漁師さんが「そういえば黒い仔猫がいるはずだぞぅ」と教えてくれた。どこにいるか、さっぱりわからん。朝市で人がごった返しているので、怖がって出てこないんだろうね。かたやわが家のにぇこ。「ね~むくってかな~んな」とでも言いそう。あさイチで朝市。

  • ぬぇこの国

    近所にできた廃ホテルに行ってきた。柵の向こうは『ぬぇこの国』お出迎えを受ける。もふもふ分を補充。地の果ての自販機。ぬぇこの国

  • よこはま

    「おそらく付いているはず」と思いながら、あまり真剣に探してこなかった機能の使い方がわかって、分かったら使ってみたくなるのが自然な流れでしてその。当たり前といえば当たり前だけど、ちゃんとカラーフィルターの機能も付いてた。みなとみらい駅のエスカレーターコスモクロック。『ハンマーヘッド』新港旅客ターミナル。赤レンガ倉庫。『インペリアルビル』前。また車が止まっていた。横濱開港記念会館。旧横濱正金銀行。いい感じの「看板建築」鈴木カバン店。赤レンガ倉庫界隈も、結構歴史的な建築が(いろいろな理由付けで)解体されてて、勿体ないと思うことしきり。そんな中神奈川県立歴史博物館のはす向かいにある『馬車道大津ビル』は上部にこんなきれいな飾りタイルが貼ってあって、それに気づいてちょっとホクホクできた物件。OLYMPUSE-3/ZUIKO...よこはま

カテゴリー一覧
商用