chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • HARRY CURRY(宇都宮市)-3

    コロナ禍も落ち着いて来たことですし、数年ぶりに海外にでかけてみたい・・・。と思い調べてみたら、原油高と円安のダブルパンチで飛行機の燃料サーチャージが大幅値上げ。日常生活の物価高を嘆く以上の高騰が続く予定とのこと。海外は遠のいたと思っていたら、あるお店でこんな素敵な「BOADING PASS(搭乗券)」を頂きました。行き先は「MRS」。そう、フランスのマルセイユです。でもよーく見ると、あれ?と思われる方も多いはず...

  • 井頭公園 一万人プール 2022

    今日から7月。県内各地の屋外プールが続々オープンします。梅雨も開け連日猛暑日が続いていてますので、早い時期からどこのプールも賑わうことでしょうね。「夏だ!プールだ!万プーだ!」栃木県内最大のレジャープール「井頭公園 一万人プール」。先日近くを通ったので、現在の状況を見てきました。猛暑といってもオープンはまだもう少し先。でも会場内は綺麗に整備され、開園の準備は万端そう。2022年の開園期間は7月15...

  • 和食処 きむら(宇都宮市)-4

    昼時にはいつも、たくさんたくさんの車が止まっているお店の駐車場に空きが。チャンス到来と久しぶりにピットイン!!ここは競輪場通り沿いにある「和食処 きむら」。ブログで確認したら、なんと七年半ぶりでした。店内に入るとお客さんで満席。一番奥にカウンター席があり、滑り込みセーフで待たずに席に着くことが出来ました。お昼のメニューは税込み880円から。7年半前にブログ記事のメニューと比べると、うな重以外は消費...

  • カレーの店 コロンビア(宇都宮市)-14

    梅雨も開け、35度を超える猛暑日が続いています。空前のサウナブームと言われていますが、暑い日にカレーを食べれば「ととのう」ことが出来るかも。ということで、ユニオン通りにある「カレーの店 コロンビア」へ。スパイスが効いたカレーを食べて、模擬「サウナ体験」してみましょう。オープン当初はドライカレー一本でしたが、現在はスープカレーも用意され品揃えが充実しています。見た目も多彩で、インスタ映えするカレーに...

  • restaurant plath(栃木市)

    人様の子供の誕生がめでたいように、新しいお店のオープンも他人事ながら幸せな気持ちにさせてくれます。2022年6月17日、栃木市にオープンした「restaurant plath(レストラン プラス)」。栃木市出身のシェフが独立オープンさせたフレンチレストラン。見頃の太平山の紫陽花を愛でる前に、立ち寄らせて貰いました。住所をナビに入力してみるも、ピンポイントで場所が特定できない。こんなときは携帯電話のグーグルマップ...

  • curryの季(宇都宮市)

    子供の頃からカレーは大好物。「カレー店がオープンする」と聞いただけで、ワクワクが止まりません。念願のカレー専門店が2022年6月20日、オープンしました。お店の名前は「curryの季」。月曜日、火曜日の週2日間のみの営業。それも営業時間は11時~14時30分(L.O)と昼営業のみ。新里街道沿いのこちらの建物。見覚えがある人も多いのでは?(但し掲げてある暖簾は、「curryの季」専用)そう、「自然派ラーメン 花...

  • リンガーハット 宇都宮簗瀬店(宇都宮市)

    平松町交差点のすぐ近く。国道4号線バイパス沿いにある「長崎ちゃんぽん リンガーハット 宇都宮簗瀬店」。遠くから看板が見え、急に「長崎ちゃんぽん」の気分に。若かりし頃九州で立ち寄って以来、「長崎ちゃんぽん リンガーハット」で食事をするのは二、三十年ぶり。駐車場に車を止め、特徴ある看板を見上げていると視界にマックなどで見かける設備が・・・。「ドライブスルー」の設備。注文し、出来上がった商品を車まで運ん...

  • 野彩カフェ 和み(茂木町・昭和ふるさと村)

    廃校になった茂木町の木幡小学校。かつての小学校施設を利用し「昭和ふるさと村」として再生。オートキャンプやグランピングなどが楽しめると人気になっています。宿泊者の食堂として利用しているスペースを使い、日中「野彩カフェ 和み」がオープンしています。こちらのカフェは宿泊者以外でも利用することが出来ます。旧・校舎にあるのは「和み庵」。歴史感じる佇まいが素敵なお店。基本飲み物中心の営業。但し注文や会計などは...

  • 昭和ふるさと村(茂木町)

    少子化に伴う児童生徒数の減少などにより、全国では毎年約450校が廃校になっているとのこと。その廃校になった学校施設を町の財産として活かそうという試みが、各地で行われています。以前伺った、栃木県大田原市の旧・蜂巣小学校の「ヒカリノカフェ」もその一つ。茂木町で十数年前に廃校になった木幡小学校。グランピングが出来る施設が新設され話題になっていると最近知り、初めて伺ってみました。施設名は「昭和ふるさと村」...

  • イタリアンバル ペガゾ(宇都宮市)-9

    カウンター8席のみの小さなお店「イタリアンバル ペガゾ」。約二年ぶりに伺うことが出来ました。大通り沿い、宇都宮東武ホテルグランデ向かい側にお店があります。狭いお店ですが、一旦席につくと非常に居心地がいいんです。Free Wi-Fi、そしてコンセントが随所に設置されて、宴席前や飲み会の合間に立ち寄られる人も。猫を愛する穏やかな店主の人柄も魅力の一つです。喉の乾きを癒そうと、「樽生スパークリングワイン」700円...

  • そば倶楽部 たいしょう庵(宇都宮市)Part2

    二つの顔を持つお店。昼はこだわりの手打そばを出す蕎麦屋さん。夜は焼肉・お好み焼・もんじゃ焼などを出す鉄板料理屋さん。田原街道から一本入った田川を見下ろす小高い場所。お店の背後は長岡町の深い森。環状線の内側とは思いない、自然豊かな場所にお店があります。昨年伺ったときには蕎麦店が始まって一ヶ月ということでお客さんもまばらでしたが、一年以上過ぎ多くの人に認知されたからか千客万来。多くのお客さんで賑わって...

  • イタリア食堂 ヴェッキオ・トラム(高根沢町)Part2

    陸上競技場や野球場などのスポーツ施設、その他様々な施設を有する「高根沢 町民広場」。その「町民広場」の南側、のどかな田園風景が広がる場所にある一軒のイタリアン。お店の名前は「イタリア食堂 ヴェッキオ・トラム」。大きな通りに面しておらず、通りがかりにちょっと立ち寄るというケースは稀に思われる。そんな隠れ家的なお店に多くのお客さんが来店され、この日も12時前には満席になっていました。2016年9月のオ...

  • 二荒マルシェ(宇都宮市)

    休日は「歩くこと」を心がけています。「犬も歩けば棒に当たる」とはよく言ったもので、私も歩けば思いがけない出逢いが待っていることも。この日も夕方自宅を出て街方面へ。開店祝いの生花が目に飛び込んできました。ここは、2022年6月8日にオープンした「二荒マルシェ」。どちらから贈られた生花かな?と見てみると「目加田酒店」。いい酒が飲めそう~。歩いて汗もかいたことですし、こちらで水分補給をすることに。大通り...

  • 洋食レストラン King(壬生町)

    いま、壬生町が熱い!!待ちに待ったコストコが、ついに栃木県に初上陸。2022年6月23日に「コストコ 壬生倉庫店」がオープンします。コストコ以外にも周辺にカインズホームなど大型店が建ち並び、まるで第二のインターパークのよう。人の流れが激変するのではと言われており、飲食店をはじめ様々なお店が壬生町に誕生しています。2022年4月21日、壬生町にオープンした「洋食レストラン King」。こちらもオープン早...

  • 焼肉南大門 離宮(宇都宮市)-4

    小高い丘に建つ「焼肉南大門 離宮」。ゲストをお連れして、久しぶりにお邪魔しました。駐車場から宇都宮市内が見下ろせる・・・。眼下には、八幡山公園の深い緑が広がっている。高級感漂う店内。以前の「ますとます」時代に伺って以来の再訪だというYさんは、あまりの変貌ぶりに驚いていました。今回は事前予約をして、六人まで入れる個室を四名で使わせて貰いました。宇都宮市内で、個室が完備しているお店は貴重。お陰で周りの...

  • PIZZA HACHI(宇都宮市)-27

    街外れ。それも路地裏にあり、一見さんには一発で辿り着けそうもない場所に多くのお客さんが集まっている。一般的な常識では説明ができない事象に出くわすことが。6月17日で十周年を迎えた「PIZZA HACHI」」。通りから一本奥に入ったJR宇都宮線沿いにあるイタリアン。この日も駐車場は多くの車。県外ナンバーの車もあり、多くのお客さんで賑わっていました。着いたときには屋内の席は満席。但しテラス席なら案内できるとのこと...

  • ベルアン(宇都宮市)-13

    ユニオン通りのビストロ「ベルアン」。6月16日で五周年を迎えました。ふらりと立ち寄り、シェフ前のカウンター席に座らせて貰いました。喉が渇いていたので、ソーヴィニョン・ブラン100%、ロワールの「サンセール」6600円をボトルで。スッキリとした白で、気持ちよく飲めるワインでした。ワインのお供に、「24ヶ月熟成 生ハム」880円生ハムの塩気がワインと良く合います。「アスペルジュ・ソヴァージュを使ったミ...

  • 中国料理 銀座園(宇都宮市)-3

    「冷やし中華はじめましたぁ」と、高らかに「開始宣言」が公式SNSに。ここは街なかにある老舗、「中国料理 銀座園」。今年の夏も暑くなるとの長期予報。夏本番に向けて、で冷やし中華を頂きましょう。外の看板に「冷やし中華」の張り紙。気分が高まります。でも特別な冷やし中華もあるようで・・・。店内に入ってからじっくり検討しましょう。「冷やし中華」1300円、「特別冷やし中華」2400円、「うに冷やし中華」330...

  • 炭火やきとり HACHIRO(宇都宮市)-4

    炭火で焼いた焼鳥が食べたくなった。仕事帰りにふらりと寄らせて貰ったのは「炭火やきとり HACHIRO」。宇都宮屋台横丁の近く、日野町通りから一本入った路地裏にあるお店です。一階のカウンター席に座らせてもらい、店主と談笑しながらの楽しいひと時になりました。カウンターには余市がズラリ。北海道のお酒や食材を取り揃え、特徴あるお店になっています。最初の一杯はクラフトビールからチョイス。おさるIPAの「箕面ビール」。...

  • 移転オープン、創作ダイニングNOBU(宇都宮市)-7

    宇都宮市随一のグルメエリア「宇都宮市下戸祭」。このエリアに2022年4月21日、移転オープンした「創作ダイニング NOBU」。作新学院近くの旧店舗の時も人気店でしたが、下戸祭に移転してからも多くのお客さんで賑わっています。やっと先日初めて伺うことが出来ました。駐車場はお店の前とすぐ近く、釜川を挟んだ場所に第2駐車場が確保されています。開店時間の11時には次々とお客さんが入店。運良く待たずに入店すること...

  • 日本料理 みつわ(宇都宮市)-22

    宇都宮に居ながら、日本全国の山の幸、海の幸が頂ける。ありがたい時代になりました。この日はお祝いの席。記憶に残る素晴らしい料理を堪能させて貰いました。会場になったのは、「日本料理 みつわ」。栃木銀行本店近く、もみじ通り沿いにあるお店です。生ビールで喉を潤していると、この日料理で使う食材が運ばれてきた。それぞれ規格外の凄い食材ばかり!!驚きの光景です。手前に横たわっているのは「天然大鰻」。岡山市の児島...

  • ぶつをのうどん(宇都宮市)-33

    暑くはないけどムシムシ。サッパリとしたものが食べたい気分。時計を見ると13時を回っている。昼時は席が空くのを待つ人で行列ができる人気店も、並ばずに入れるに違いない。向かったのは、宇都宮市役所そばの「ぶつをのうどん」。予想通り、すんなり入ることが出来ました。「多くの人に来ていただいて嬉しい限り。商売を続けてきて良かったわ。」と語る女将さん。オープンしたのは2008年6月16日。多くの人に愛されて続け...

  • すし華亭 宇都宮中央店(宇都宮市)-5

    多くの人で賑わう街の中心地、オリオン通り。閑散としていたのが過去のことになりつつあります。オリオンスクエアも土日には様々なイベントが開催され、歌声などが聞こえてくる。シャッターが下ろされた店舗に新しいお店がオープンしたりと、賑わいが戻ってきました。シンボルロード沿いにある「すし華亭 宇都宮中央店」。ウェイティングしている人が外にまで溢れている状況を目にするようになりました。この日は待たずに食事がで...

  • おこのみハウス YOMO(上三川町)

    「夕飯を手配せよ」とのミッションを受領。小山市からの帰り道、お店に立ち寄りテイクアウトを試みました。国道4号線と石橋街道との立体交差近くにある「おこのみハウス YOMO(ヨモ)」。周囲はのどかな田園風景が広がっています。お好み焼き350円から。焼きそばも300円と嬉しい価格設定。電話で事前予約をしておけば、待たずに受け取ることが出来ます。私の場合は着いてから注文したので、注文してから焼き上がるまで14...

  • 金華さばわらやき寿司 金治(宇都宮市)-7

    玄関先などにお祝いの胡蝶蘭がズラリ。送り主の名前とともに、「祝 三周年」の文字。4月16日で三周年を迎えた「金華さばわらやき寿司 金治」宇都宮市役所近く、大銀杏の斜め前にお店を構えています。カウンターに座ると、ご主人が通る美しい声で「ご久しぶりです」と挨拶してくれました。ブログを読み返すと、一年以上のご無沙汰だった様子。時が過ぎるスピードの速さに、改めて驚かされました。この日は「休日ランチ」。グラ...

  • とんかつ吉川(益子町)

    評判通りの美味しさ!「行列が絶えないとんかつ店」と、テレビ番組「アド街っく天国」でも紹介されたお店に伺ってきました。伺ったのは益子町にある「とんかつ吉川」。11時の開店時間を目指したものの、遅れること20分。平日なので並ばずに済むだろうとゆ余裕で向かったものの、駐車場には多くの車が。向かいの第二駐車場に止めようかと思うくらいの車の多さに驚かされました。店内に入ると、空きはわずか。待たずに席に着けま...

  • 新和食 うた(宇都宮市)-5

    7月で五周年を迎える「新和食 うた」。宇都宮市役所正門そば、旭ビルの2階にある和食のお店です。しばらく夜メインで営業していましたが・・・。2022年6月2日から気軽に味わえるランチ(平日限定)がスタートしたと聞き、お邪魔しました。軽快に階段を登り2階のお店へ。随分ご無沙汰してしまいました。入ってすぐは、「SAKANAYA うた」のスペース。九州四国の漁師さんから直接仕入れた鮮魚を販売しているんです。「刺身...

  • 小籠包・中国料理 芙龍(宇都宮市)-6

    注文が入るたびに、皮を伸ばし餡を包み蒸籠に入れて蒸し始める・・・。忙しいランチタイムなのに、作り置きじゃないんだと驚かされました。ここは栃木県町近くにある「小籠包・中国料理 芙龍(ふーろん)」。小籠包で有名な台湾に本店がある「鼎泰豐(ディンタイフォン)」で修行された方が独立し、宇都宮にオープンさせたお店です。皮のもっちりとした柔らかさ、餡のジューシーさは「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の小籠包を思い...

  • 黒潮鮨 御幸本店(宇都宮市)-4

    時間が過ぎるスピードの速さに驚かされました。娘たちを連れて「黒潮鮨 御幸本店」に伺ったのは、つい先日のこと・・・と思ってました。ブログで読み返したら、前回伺ったのはナント九年前。娘たちはお寿司が好きで、「寿司屋さんに行く」といえば付いてきてくれたものでしたが・・・。(涙ふと懐かしくなり、この日は宇都宮環状線から一本入った下川俣にある「黒潮鮨」の本店へ。2008年11月に新装された建物で、昔の店舗時...

  • コションドール(宇都宮市)-10

    4月29日で十周年を迎えた「Cochon D'or(コションドール)」。お店は宇都宮市役所の西側、「ぶつをのうどん」の脇を入った先に。隠れ家的なお店ですが、店主の温かな人柄に魅了された多くのファンでいつも賑わっています。「コションドール」とはフランスでは幸福のシンボル「金の豚」を意味する言葉。至るところに豚の置物が並べられ、幸せを振りまいてくれています。ランチは週替り。公式ブログや、店先の黒板に紹介されてい...

  • 肴処 九十(宇都宮市)-3

    大人気の「肴処 九十(くどう)」。伺うも駐車場が満杯だったりで入れず・・・。やっと先日、約一年ぶりにやっと伺うことが出来ました。宇都宮中央自動車教習所近く、旧奥州街道沿いのマンション一階にお店があります。駐車場は敷地内に三台、敷地となりに三台、計六台の専用駐車場完備。伺ったのが午後1時近くだったからか、スムーズに入店できました。カウンターに腰掛け、早速注文を。土日もOKのランチメニューは1200円(...

  • みちこ食堂(宇都宮市)

    2022年3月8日、ユニオン通りにオープンした「みちこ食堂」。白を基調とした清潔感ある店舗で、厳選された食材で作ったおにぎりやお惣菜がテイクアウトできると評判に。先日やっと伺うことが出来ました。壁には「米」を中心に地産地消・産地直送、宇都宮と釧路という地方名が大きく描かれていました。所在地である宇都宮が書かれているのはわかりますが、釧路はなぜなんだろう??こちらのお店は栃木日光アイスバックスに所属...

  • トラットリア アイローネ(宇都宮市)-5

    時計は11時を少し回ったところ。開店前のお店が多い中、店先の「OPEN」の看板が燦然と輝いていました。この日ランチを頂いたのは、生パスタで評判の「トラットリア アイローネ」。11時オープンのお店で、早めの食事にありつけました。外の看板には美味しそうな食事の写真がズラリ。急にお腹が空いてきて、朝食を食べていないのに気が付きました。「平日のランチ」は1050円(税込)から。食材の高騰が続いている昨今の状況...

  • 手打そば処 樹庭夢(鹿沼市)

    栃木県運転免許センターに向かう最中、車の中から見かけたお店の看板。パッと見、なんて読むのかわからないまま過ぎていくのが常でした。宇都宮方面から鹿沼ICを過ぎてすぐ。宇都宮楡木線通り沿いにある「手打そば 樹庭夢」。「じゅてーむ」と呼ぶのだと、先日やっと判明。ネットには美味しそうな蕎麦とカレーライスの写真が貼られており、暑いこの季節にピッタリの組み合わせ。いつか行こうとメモに書き留めていました。やっと伺...

  • 味の店・活うなぎ 寿し龍(宇都宮市)

    暑くなり、大人の贅沢「うなぎ」が恋しい季節に。以前から「行きたいリスト」入りしていたお店に伺いました。「味の店・活うなぎ 寿し龍」。宇都宮市立簗瀬小学校近くにある老舗のお寿司屋さん。街なかですが、隣に専用駐車場が完備されています。愛知県「三河一色産の活うなぎ」を使用。眼の前で捌いたうなぎを食べられ、「鰻の心臓酒」も頂けると評判のお店です。飲む気もマンマン!!バスと徒歩で仕事休みの昼間にお邪魔してき...

  • 川魚料理 小林屋(群馬県邑楽郡板倉町)-4

    深夜に落雷の音で叩き起こされる日が続きました。栃木の夏の風物詩といえば聞こえはイイですが、寝不足気味で体に堪えるものですね。館林市のお隣、板倉町(群馬県)に居るときちょうどランチタイム。亡き父が好きだったあのお店でお昼をいただこう。お邪魔したのは雷電神社門前にある「川魚料理 小林屋」。天保七年(1836年)創業、なまず料理で有名な老舗店。高根沢町出身の父は川魚が大好物、特になまずが食べられるとよく...

  • 山の神ドライブイン(鹿沼市)

    もう少し進むと栃木県と群馬県との県境。粟野の町中から車で三十分超、西へ西へと進んだ場所にお店がありました。新緑の中を表情を変えながら流れる思川。道中の山間の景色が美しく、飽きることがありませんでした。宇都宮市にある我が家からも車で一時間超。目的地の「山の神ドライブイン」に到着したのは、すでに12時を回った頃合いでした。すでに先客が三組。細い山道を覚悟していましたが道路が整備され、ロードバイクやオー...

  • 石焼らーめん火山 滝谷町店(宇都宮市)-3

    肌寒く感じ、温かいものが恋しくなった。フッと頭に浮かんだのは、「石焼らーめん火山」のらーめん。韓国料理の石焼ビビンバでおなじみの石鍋で提供され、最後まで熱々が食べられるらーめんに度肝を抜かれたものです。2004年2月に、一号店がオープン。瞬くうちに店舗数を拡大、様々な場所で火山のらーめんが食べられたのですが・・・。現存するのは一号店の「石焼らーめん火山 滝谷町店」のみ。ということで、久しぶりにお邪...

  • 酒類専門店 山仁(宇都宮市)

    コロナ禍になり、お酒を飲むのはもっぱら自宅。仕事帰りにコンビニに立ち寄り、缶チューハイを買って帰るのが常になりました。でもコンビニで売られているのは限られた種類のお酒のみ。知らないお酒との出会いは無く、飲酒が単なる「習慣」になり楽しめなくなっているのに気が付きました。そんなとき、SNSで見かけた一本のお酒。下記のような紹介文とともに、涼し気な写真が添えられ一発で気に入ってしまいました。初リリースの昨...

  • 石臼手挽き 手打ちそば 季楽(小山市)

    築400年のお屋敷で蕎麦をすする。このような体験ができるお店が、2022年1月20日小山市にオープンしました。お店の名前は「石臼手挽き 手打ちそば 季楽」。立派な長屋門が迎えてくれました。とちぎのふるさと田園風景100選や小山市の指定文化財にも登録されている豪農屋敷「旧岸邸」をリノベーション。建てられた400年前はどんな風景が広がっていたのか、想像するだけでワクワクさせてくれました。ちょっとわかりづ...

  • 存じやす 丸〆商店(宇都宮市)

    6月に創業90周年を迎えるステーキハウスの「存じやす」。アフターコロナを念頭に、新しい形態のお店を2022年5月16日にオープンさせました。お店の名前は「存じやす 丸〆商店」。いずも通りにある「超極 存じやす」の一階にお店を構えました。飲食店ではなく物販店。評判の弁当や惣菜、菓子やパンなどを買い求めることが出来ます。丸〆商店という名は創業当時の店名とのこと。創業時の想いを大切に継承しています。明る...

  • 炭火Kitchen うぶと(宇都宮市)

    暖簾に描かれているのは、丼からちょこんと顔を出す愛らしい「牛」「豚」「鳥」。これを見て、やっと店名の意味に気が付かされました。宇都宮中央郵便局近く、いちょう通り沿いにある「炭火Kitchen うぶと」。「牛のう」「豚のぶ」「鳥のと」から名前を取り、牛・豚・鶏肉料理が頂けるお店。炭火焼き豚丼が大人気と耳にし、お邪魔してきました。ランチメニューは外にも貼り出されており、並は800円最近山椒のシビレに魅了され...

  • 企画展「異界~あなたとふいにつながるせかい~」(栃木県立博物館)

    私が小さな頃は街なかのいたるところに暗闇があり、そこに潜む異界の存在を身近なものとして感じてました。テレビをつければ「あなたの知らない世界」や宜保愛子さんなどの「心霊特集」。「口裂け女」が社会現象にまでなったのをつい先日のことのように覚えています。街が明るくなり妖怪達の住処は激減してますが、今でも「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」が大人気。21世紀の子どもたちにも、鬼や妖怪は生き続けているようです。栃木県...

  • 日光そば処 たくみ庵(日光市)

    今回新緑の日光市内を歩いてみて、改めて日光の魅力を実感。この季節、多くの人が日光を訪れる理由がわかった気がしました。お昼はサッパリとお蕎麦を頂こう。向かったのは日光田母沢御用邸記念公園そばにある「日光そば処 たくみ庵」。国道122号線から奥に入った場所にあり、田母沢街区公園に隣接。隠れ家的なお店です。この日のお蕎麦は「日光産 氷温寒熟そば」。美味しいお蕎麦が頂けそう~。メニューは「もりそば」780...

  • 鉢石カフェ(日光市)

    世界遺産に登録されている「日光の社寺」。アインシュタイン、ヘレン・ケラー、ガンジー等々、国際的な著名人も訪れた日本を代表する観光地です。明治、大正時代に建てられた蔵をリノベーション。2022年2月23日にカフェがオープンしたと聞き、お邪魔してきました。お店の名前は「鉢石カフェ(ハツイシカフェ)」。観光客の往来激しい日光街道から一歩入っただけなのに、時代を超越した素敵な空間が広がっていました。文化元...

  • すし割烹 蘭亭(宇都宮市)-7

    ブログ記事を読み直してみたら、食の傾向が「洋」から「和」に変わっている様子。特に嗜好が変わったという自覚はないのに・・・。どうも頭ではなく胃袋が行きたい店を選択しているようで、加齢による影響は否めない。この日はゲストの方々と「和」で会食。お邪魔したのは宇都宮短期大学附属高等学校近くの「すし割烹 蘭亭」。L字になったカウンター席でお寿司を頂くことに。今回はひとり16500円(税込)のコースでお願いし...

  • 小野麹店(日光市)

    1921年(大正10年)創業、日光市塩野室町にある「小野麹」。米を原材料とする2種類の米麹(米味噌用の味噌麹と甘酒用の甘酒麹)、麦味噌用の麦麹を製造。それらを使用して米味噌、麦味噌、田舎味噌、そして甘酒を昔ながらの製法で製造販売しています。3月にオープンした麹カフェ「tuuli.tie(トゥーリティエ)」で麹料理を堪能。その帰りに「小野麹」で麹の調味料などを購入していくことにしました。暖簾をくぐると、優し...

  • tuuli.tie(日光市)

    「tuuli.tie(トゥーリティエ)」、フィンランド語で「風の小径」。そんな名前のカフェが、2022年3月1日日光市塩野室町にオープンしました。周辺はちょうど田植えの最中。キラキラ光る水面に苗が次々と植えられていく。車の窓から緑の風が吹き込み、風と一体になった気分を味わえました。1921年(大正10年)創業、日光市塩野室町にある「小野麹」。一昔前は日本の町々にはお味噌屋さんがあったものですが、最近は見か...

  • 日向家(宇都宮市)

    大谷街道と鹿沼街道を結ぶ「明保通り」。その通り沿い、ZENT駒生店北側にある「手打ちそば 健康うどん 日向家」にお邪魔してきました。健康を気にする年頃になり、「健康うどん」というフレーズに興味津々。どんな「うどん」なのか頂いてみましょう~。テーブル席に小上がりの席と広い店内。ロの字になったカウンター席に座らせて貰いました。セットメニューにも心奪われましたが・・・。初期貫徹。いくつかある「健康うどん」メ...

  • かぬま里山ワイナリー(鹿沼市)

    ワインといえば、フランスやイタリアなどヨーロッパのイメージですが・・・。世界各地で良質なワインが作られるようになり人気を集めています。ここ最近、日本産のワインを飲む機会が増えました。栃木県内も足利のココ・ファーム・ワイナリーを筆頭に、数多くのワイナリーが誕生しています。東北自動車道、鹿沼ICのすぐ近く。宇都宮市内にある我が家から車を使えばあっという間の場所に、ワイナリーがあるのを先日まで知りませんで...

  • らあめん厨房 どる屋(宇都宮市)-17

    「アジの刺身」や「アジフライ」は大好きでよく食べるけれど、アジのラーメンは初めて。どんな味が恐る恐るスープを口にすると・・・。まさに「アジ」!!それも澄んだ青空のように美しく、柔らかな旨味で満ちていました。ここは「らあめん厨房 どる屋」。宇都宮市役所近くにある人気のラーメン店です。「鯛出汁のラーメン」で有名なお店で、今年はさらに極めた「黄金の鯛ラーメン」の提供を開始。常に向上を忘れずチャレンジし続...

  • うなぎ専門店 宇奈岐屋(宇都宮市)

    池や沼、河川が多いことから、かつて「池辺郷」と呼ばれていた宇都宮。コイやフナ、うなぎやなまずも、昔から多く食べられてきた地域だと思われます。今も街の中心地には田川、釜川が流れ、食の源ではなく市民の憩いの場所に。海には接していませんが、今でも宇都宮は水辺とは縁が深いです。JR宇都宮駅西口近く、川向銀座通り沿いにある「うなぎ専門店 宇奈岐屋(うなぎや)」。栃ナビによると「東京で修業し、宇都宮でこの店を構...

  • クーリ・ルージュ(宇都宮市)-25

    レストランの庭先で山椒や山菜を採り、ハムを熟成させ、はちみつを採取。その大地の恵みを料理として提供する、まさに地産地消この試みを夢にとどまらせること無く実行に移しているレストランがあります。そのお店は新里街道沿い、ろまんちっく村そばにある「クーリ・ルージュ」。宇都宮市内にあるとは思えない佇まいです。新緑の清々しい季節到来。約一年ぶりにお邪魔しました。今回は電話で事前予約を。しておいて正解、予約のお...

  • AKAI TORI(宇都宮市)Part2

    宇都宮の氏神様「二荒山神社」。そのお膝元にある昭和の薫り漂う老舗の喫茶店。お店の名前は、昭和23年(1948年)創業の「AKAI TORI」。大通りとバンバ通りが交差する二荒山神社前は車の往来が激しい場所。まさに宇都宮市の中心部。門前町として栄えたかつての姿が思い出されます。令和の喧騒を離れ、今日はこちらのお店で昼食を頂くことにしましょう。ショーウィンドーには創業当時の写真が飾られている。バンバ通りに仲見...

  • 天丼や 天しん(宇都宮市)Part2

    飲食店が数多くあるわりに、天ぷら専門店が少ない宇都宮。天ぷらといえば、蕎麦屋さんや和食屋さんという方も多いことでしょう。2021年3月、宇都宮中央郵便局近くいちょう通り沿いにオープンした「天丼や 天しん」。宇都宮では珍しい、天丼をメインに据えたお店です。今回、約一年ぶりにお邪魔させて貰いました。南の路地にあるコインパーキング利用者にはサービスチケットが用意され、利用者の便宜を図る施策が新設されてい...

  • ひょうたん寿司(宇都宮市)-5

    JR宇都宮駅東口にある「ひょうたん寿司」。開店の30分前にお店の前を通ると、すでに玄関口に行列が。予想を超える人出の速さに驚くとともに、「ひょうたん寿司」の人気の高さに改めて驚かされました。開店時間には二十名を超える人で長い列が出来、私は無事に一巡目でカウンター席に。しかし列に並んでいた人全員は入れず、二巡目に入れるのを待つ人も。前回からは一年近くのご無沙汰。巻寿司以外はそれぞれ100円ずつ値段がUP...

  • 手打ち蕎麦 喜久粋(宇都宮市)-26

    お店の前を通ると、一台分の駐車スペースが空いている。これ幸いと車を止め、久しぶりに入店成功!!ここは東武宇都宮線、南宇都宮駅近くにある人気店、「手打ち蕎麦 喜久粋」。暖かくなってきたので、迷わず「冷やしたぬき」900円(税込)を注文。周囲のお客さんからも、「冷やしたぬき」を注文する声が多く挙がっていました。改めてメニューを見てみたら・・・、なにか違和感が。今まですべて3桁、千円以上のメニューが無か...

  • 勝浦式タンタンメン こぶた家(宇都宮市)

    千葉県の南東部に位置する「勝浦市」。古くから漁師町として栄え、カツオ漁で有名な勝浦漁港は千葉県で第二位の漁獲量を誇っています。(一位は銚子漁港)漁師さん達が「冷えた体があたたまる」と、担々麺が大評判。現在では「勝浦タンタンメン」を求めて、東京からも多くの人が押し寄せるようになっているとか。そんな「勝浦式タンタンメン」が食べられるお店が、2022年5月1日ユニオン通りにオープンしました。お店の名前は...

  • 日本料理 みつわ(宇都宮市)-21

    「海なし県」と言われたのは過去の話。北関東自動車道を使えば、宇都宮市から大洗町まで車で一時間ちょっと。豊洲にある東京都中央卸売市場でさえ、二時間弱で行くことが出来ます。新鮮で美味しい食材が栃木県でも頂ける。私が子供の頃には考えられなかった素晴らしい「未来」がやってきました。栃木銀行本店近く、もみじ通り沿いにある「日本料理 みつわ」。新潟市からお越しになった方と一緒に。日本海の魚介に引けを取らない、...

  • ビストロ キヨシ ver.2.0(宇都宮市)

    語感の響きがよく、一度耳にすると忘れられない店名というのがあるもので・・・。近年だとJR宇都宮駅東口にあった「ビストロ キヨシ」というお店が気になって気になって。何度かランチタイムにチャレンジするもタイミングが悪く、一度もお邪魔できませんでした。2022年4月15日、店名を「ビストロ キヨシ ver.2.0」と改め、ユニオン通りにオープン!!4月26日からお昼の営業も始めたと聞き、先日ふらりと立ち寄らせて...

  • Briest(宇都宮市)

    「Paris-Brest(パリ・ブレスト)」自転車の車輪の形をしたシュー生地に、プラリネクリームを挟んだフランスの伝統的な菓子。パリとブレストという町の間を走る自転車レースから、名付けられたとのこと。パリ・ブレスト専門店が大銀杏そば、シンボルロード沿いに2022年3月26日グランドオープン。お店の名前は「Briest(ブリエスト)」。昨年末からプレオープンしていたので評判をすでに耳にされた方も多いことでしょう。プ...

  • 和食 了寛(宇都宮市)-19

    母の誕生日。以前は内孫、外孫集めての誕生会を開いていましたが、新型コロナの影響で長らく休止してました。今年は久しぶりに開催することに。と言っても子供だけが集まっての小さな会にさせて貰いました。会場となったのは東武宇都宮線・南宇都宮駅そばの「和食 了寛」。大谷石蔵群の一角にある、一棟まるごとリノベーションしたお洒落なお店です。室内は屋根まで吹き抜けの大空間。美しい調べが響きわたり、白を基調とした幻想...

  • からあげ 鳥亀 宇都宮戸祭店(宇都宮市)

    暖かくなり我が家の庭に雑草が大量発生中。広くはなくても、休日の庭の手入れに一苦労。終わった後の一杯は格別なもので・・・。まずはシャワーで汗を流し、ビールを取り出したところまでは理想通り。でも肴になるようなものがない。喉の乾きを我慢。最大の幸福感を味わおうと、ビールを一旦冷蔵庫に戻し肴を買いに出かけることに。向かったのは「からあげ 鳥亀 宇都宮戸祭店」。2022年3月12日、フードオアシスオータニ戸...

  • 四季彩 六花(宇都宮市)

    2022年4月27日にオープンした「四季彩 六花」。評判の飲食店が軒を並べる下戸祭にお店を構えました。ここは以前、和の名店があった場所。思い出深く懐かしさも手伝い、ふらりと立ち寄らせて貰いました。オープンということでお祝いの生花がズラリ。賑わいを演出していました。ランチ内容が外に貼り出されており、「ばらちらし」1500円、「握り寿司」1800円。そして「味織寿し」というオリジナルの手巻き寿司がズラ...

  • まさみ食堂(宇都宮市)-21

    栃木県の地元紙、下野新聞。オリオン通りの元マックの跡に「まちなか支局」を開設。毎週日曜日カラー二面を使い、「まちなか情報」を発信して4月で十年が経ちました。その中の企画記事「ミヤコレ」(以前は「よるのみや」)には、「これぞ!」というお店が紹介され私の週一のお楽しみになっています。先週の4月24日(日)の「ミヤコレ」に取り上げられていたのは「まさみ食堂」。私がよく足を運ぶ、昔ながらの街の食堂です。今...

  • 奴寿司 華月(宇都宮市)-11

    天候が不順で食欲がない・・・、お寿司なら食べられるような気がする。酢飯と新鮮魚介の組み合わせは最強だな~と感じることが多くなりました。競輪場通りから一本路地に入った先にある、「奴寿司 華月」。住宅地の一角にお店を構え、広々とした駐車場が完備されています。「テーブル席かカンター席、どちらにしましょうか?」と尋ねられ、カウンター席へ。前回初めて使わせて貰い、お気に入りになってしまったみたい。今回も昼の...

  • ジルエット(日光市)Part2

    2021年7月、日光駅から東照宮方面へ向かうメイン通り沿いにオープンした「ジルエット」。日光郷土センター並びに出来たフレンチレストランです。ある日の休日、暖かくなってきたので日光方面を楽しもうと車を走らせました。ということで、散策前の腹ごしらえ。当日ですが事前に電話予約をして伺いました。通り沿いの窓際席。日光彫の絵皿がお出迎え。外の看板を見て、年配のご夫婦がフリーで入店されてきた。こちらのお客さん...

  • 風見鶏(宇都宮市)-10

    街なか、松が峰教会近くの老舗洋食店「風見鶏」。安くて旨い、ボリューム満点の洋食が食べられると大人気のお店です。ちょっと早めに入ったので余裕で座れましたが、12時過ぎるとあっという間に満席に。近くの会社員と思える人達で賑わっていました。家庭的でぬくもりあるインテリア。まさに街の洋食屋さん。憩いの時間を提供してくれています。物価高騰のおり、お値段が若干上がった様子。と言ってもメニューの半数以上が千円以...

  • ぎやまん-HANARE-(宇都宮市)-17

    昔から「一緒に食事に誘うこと」がデートの第一歩。これは仕事でも言えることで、「一緒に食事をする」と先様との距離が一気に縮まるから不思議です。この日は金沢市からのお客さん。久しぶりに食事をご一緒しようと、栃木県庁近くの隠れ家的なお店「ぎやまん-HANARE-」に向かいました。通りから路地へ。更に細い通路を奥へ奥へ。接道がなくても建てられた昭和の風情が残っている建物へ。お料理はおまかせで7700円と9900円...

  • 角常食堂(宇都宮市)-16

    宇都宮中央郵便局の並び、いちょう通り沿いにある「角常食堂」。お昼どきにはお店の玄関口に人だかりが出来ており、大勢の方々が席が空くのを待っている。遠くからその状況を確認し、諦めて他のお店に足を運ぶ日々が続いていました。先日前を通ると、ウェイティングしている人は皆無。ということは・・・、今日は臨時休業かな?と思うも、念のため店内を覗くと電気がついて営業中。これは千載一遇のチャンス到来!!喜びすぎて、玄...

  • シンチャオ ベトナム ダイニング(宇都宮市)

    ちょっと前までは非常に珍しかったベトナム料理店。最近では新店が次々とオープンし、日本人にも馴染みの味になりつつあります。約一年前の2021年4月2日、オリオン通りにオープンした「シンチャオ ベトナム ダイニング」。「宇都宮フェスタ」近く、美好屋ビルの2階にお店があります。細い階段の先には、明るく陽気なベトナムの空気が広がっていました。実はこの階段の登るのは二度目。オープン当日に偶然前を通り、入店を...

  • 笊蕎麦 ふくや(宇都宮市)-27

    すっかり暖かくなり、サッパリと蕎麦を食べたい気分。ということで向かったのは、宇都宮市役所近くにある「笊蕎麦 ふくや」。感染防止対策のため席数を減らしているので入れないことも増えましたが、この日はすんなり入ることができました。蕎麦店ですので回転がよく、待っていても苦にならない程度でしょうね。メニューは至ってシンプル。平日はサイドメニューに丼ものが用意されてますが、土日は蕎麦とかき揚げ程度。ここに「温...

  • かつ泉(日光市)

    宇都宮市内にもお店がある中華料理店の「山泉楼」。日光市今市(旧今市市)にある「山泉楼」の敷地内に、評判のとんかつ店があると耳にし住所をナビに入力。お邪魔することに。このエリアは頻繁に足を運んでいますが、「山泉楼」を見かけた記憶がない。どこか郊外にでもあるのかと思いながら車を進めると、街なかにある東武日光線下今市駅付近へ。まさか・・・と思うような路地にナビが誘導するではないですか。半信半疑で路地に侵...

  • 象の家(宇都宮市)-15

    様々な飲食店や観光スポットがオープンし、年々魅力が増している宇都宮市大谷エリア。「大谷スマートインターチャンジ(仮称)」の開通が2025年度と延期になってしまいましたが、首都圏からさらに多くの観光客が押し寄せる予感がします。大谷エリアへの入口「大谷交差点」。その交差点近くにある「象の家」は、大谷石造りの店舗をリノベーション。タイ料理・アジア料理が頂けるお店です。感染防止のため、席の間隔を開けて営業...

  • HALA-CUCCIGO(ベルテラシェ大谷)

    連日多くのお客さんで賑わう「ベルテラシェ大谷」。2021年9月16日にオープンした、宇都宮市大谷町にある人気施設です。オープン後何度か伺うも駐車場は満車で入れずじまい。そろそろ空いてきた頃合いかと思い、車を走らせました。思っていたより、駐車場に空きがある。伺ったのは、私も直前まで休みだと思っていた「火曜日」。3月から10月の期間は休みは月一回、毎月第二火曜日のみ。余裕で車を止め、営業中は初めての「...

  • 小説「百年厨房」

    「日本おいしい小説大賞」大賞受賞作が、2022年4月20日小学館から出版されました。タイトルは「百年厨房」。宇都宮市大谷町にある旧家を舞台としたファンタジー小説。もう書店に並んでいるかなと本屋さんに足を運ぶと・・・。玄関口正面に特設コーナーが設けられ、刷りたてホヤホヤの本が平積みされていました。伺ったのは、「TSUTAYA 作新学院前店」店員さんの許可をいただき、特別に撮らせて貰いました。本だけではなく、...

  • 川蝉(宇都宮市)-8

    鰻料理で有名な「川蝉」。宇都宮記念病院近くにお店を構えています。以前はふらりと訪れても入店することが出来ましたが・・・。評判が評判を呼び、多くのお客さんが押し寄せる大人気店になっています。やっと念願かなって、七年ぶりに伺うことが出来ました。今回予約をしていただいたのは、「川蝉」の常連Mさん。Mさん曰く、裏メニューとも言える要予約の料理があるのだそうです。それをいただこうと、美食家のみなさんが集まりま...

  • Japanese BAL MARUTA(宇都宮市)-3

    人気寿司店「すしの田丸家 田縁」の姉妹店。宇都宮市小幡に昨年7月にオープンした「Japanese BAL MARUTA(マルタ)」。パスタなどの洋食を中心に提供していましたが、2022年4月から寿司を始めたと耳にし伺うことに。宇都宮市地方裁判所や法務局の一本北側の路地沿い。住宅街ですが10台分の停めやすい駐車場が確保されています。カウンターには寿司ネタケースを新設。ランチメニューは今まで同様パスタなども用意されていま...

  • ぶつをのうどん(宇都宮市)-32

    お店の片隅に置かれた一枚のプレート。そこには「百名店」と刻まれていました。お邪魔した日の1~2週間前に食べログから送られてきたという。「うどん EAST 百名店 2022」、栃木県内で選定されたのは二軒のみ。おめでとうございます。「ぶつをのうどん」宇都宮市役所そばにある讃岐うどんの専門店。店内で打ったばかりの極太うどんが頂けます。市役所の駐車場が無料開放される土曜日、日曜日となると、席が空くのを待つ人...

  • とんかつ ぎんなん(宇都宮市)Part2

    様々な物の値段が上昇しています。バブルが崩壊し日本がデフレに突入してから、はや三十年超。長年の眠りから覚めたかのよう。世界の潮流に飲まれる形で、モノ不足・価格高騰が続いています。食料もご多分に漏れず。今後も価格上昇の要因が目白押しで、さらなる上昇が懸念されています。西川田本町にある「とんかつ ぎんなん」。宇都宮環状線、宇都宮東武線をまたぐ「西川田跨線橋」の側道沿いにある評判のお店です。お店の看板に...

  • 韓国風家庭料理の店 かしわだいにんぐ(宇都宮市)-5

    3月6日で14周年を迎えた「韓国風家庭料理の店 かしわだいにんぐ」。お昼どきにお店の前を通ると、いつも満車状態。オープン当時から変わらず人気店を維持し続けています。フッと気がつくと十年以上お邪魔していない・・・。久しぶりに行ってみようと思うも、車を停めることさえ出来ず何度か諦めることに。暖かくなってやる気倍増。早めに出発したら、開店の11時30分前には到着できそう。これなら余裕かと思いきや・・・。...

  • 焙煎胡麻工房 タンタン本舗(宇都宮市)-4

    山椒のシビレに魅了されてしまったみたい・・・。この日のお昼は、不動前にある「焙煎胡麻工房 タンタン本舗」。担々麺の専門店、体が山椒のシビレを求めていました。次々とお客さんが入店され、常に満席状態。山椒に魅了された人は私だけじゃないと一安心。この日は気温も高かったので、「汁なしタンタン麺」880円(税込)に決定。これだけでは物足らないかもと、「お得なセット」を追加しようとしたら・・・「平日なので、こ...

  • ステーキ&ワイン 存じやす(宇都宮市)-14

    休日、午前中にしっかり運動をしたのでお昼はちょっと贅沢しよう。街なかにある「ステーキ&ワイン 存じやす」。創業90年、老舗のステーキハウスです。ランチ営業も行っており大人気。特に土曜日・日曜日は予約で満席になることが常。「満席」の看板が掲げられていないのを確認し、喜び勇んで入店しました。平日のランチは1250円(税込)から。「和牛入り 国産牛100%ハンバーグ」が美味しそうで、こちらに決まりだな!...

  • コッペパン専門店 ふわこっぺ 宇都宮小幡店

    なにかに特化したパン専門店が次々とオープンしています。2022年4月1日、宇都宮市小幡にオープンした「コッペパン専門店 ふわこっぺ 宇都宮小幡店」。宇都宮地方法務局近く。大通りからセブンイレブン宇都宮小幡店がある交差点を北に入った場所にお店がありました。駐車場はお店の南側に四台分。公式インスタグラムに詳しく載っていますので、参考にしてください。テイクアウトの専門店。店内で焼いたコッペパンに具を詰め...

  • ハワイアンダイニング&カフェ ラ・オハナ 宇都宮今泉店

    店内に響くスタッフさんの「アロハ~、ようこそ」、との声。コロナ禍で淀んでいた空気を一掃してくれているようでした。ここは2022年4月3日、白楊高通り沿いにオープンした「ハワイアンダイニング&カフェ ラ・オハナ 宇都宮今泉店」。すかいらーくレストランツが運営するお店で、「ラ・オハナ」としては栃木県初出店。以前あった「藍屋」とはイメージが大きく異なり、明るく陽気なハワイアンテーストの外観。街全体が明る...

  • 雅秀殿 栃木本店(栃木市)

    あの「雅秀殿の麻婆豆腐」が食べたい。頭皮から汗が吹き出すあの辛さが急に懐かしく思い出され、無性に食べたくなってしまいました。しかし宇都宮市にあった「雅秀殿」が閉店したのが2015年1月のこと。はや七年が経とうとしています。あっ!そうだ!栃木市内で「雅秀殿 栃木本店」が営業しているのを思い出し、休日栃木市に車を走らせました。市内から栃木インターチェンジに向かう通り沿い。こちらのお店に入るのは初めて。...

  • HACHINOJO food・wine(宇都宮市)-46

    私が子供の頃、寝ていると遠くから聞こえる列車の音。国鉄や東武宇都宮線から離れた場所に住んでいたので、どこから聴こえてくるのかズッと不思議に思ってました。幻の列車が夜空を走り回っているのかな・・・と、夢心地で寝付いたものです。推測ですが、現在の宇都宮中央公園があった場所に専売公社宇都宮工場があり清原工業団地に移転する昭和52年まで鶴田駅まで専用線が走っていました。その線路を走る列車の音だったのではと...

  • らーめん屋台 博多イチロー(宇都宮市)

    東京方面に帰られる方と、電車に乗り込む前にちょっと一杯。時間も限られていたので、以前から伺ってみたいと思っていたあのお店へ。平成通り沿いに2021年12月にオープンした「らーめん屋台 博多イチロー」。宇都宮にいながら博多の旨さを味わえると評判のお店です。看板メニューの「豚骨らーめん」と同じくらい、楽しみにしていたのは「博多焼鳥」と「博多おでん」。まん延防止等重点措置と重なり、「焼鳥」と「おでん」は...

  • うなぎ料理専門店 せしも(栃木市)

    やっと念願のお店に伺うことが出来ました。そのお店とは、栃木市藤岡町にある「うなぎ料理専門店 せしも」。巴波川、渡良瀬川、思川に囲まれ、近くには渡良瀬遊水地。水の豊かな場所にお店を構えていました。「完全予約制」のお店。(当日予約もOKなようで、詳細は公式HPで確認ください)この日は朝から「せしものうなぎ」が食べられるとウキウキ気分。素敵な一日を過ごしました。使わせて貰ったのは奥の個室。重厚な一枚板のテー...

  • ビストロ グランジュテ(宇都宮市)-9

    春分の日も過ぎ、日増しに昼間の時間が長くなっている。仕事帰りにふらりと街なかへ。オリオン通りから、黄昏時の美しい空を眺めることが出来ました。東武宇都宮百貨店近く。ここから一本路地裏に入っていきましょう。「ビストロ グランジュテ」カウンターのみの小さなお店。隠れ家のようなお店で、街の喧騒を忘れさせてくれます。こちらのお店で提供しているワインは自然派のみ。それもグラスで飲めるので、様々な種類のワインが...

  • 猪倉 蕎山人 玄五郎(日光市)

    宇都宮市内から新里街道を北へ車を走らせることしばし。猪倉小学校近くの住宅団地内にあるお蕎麦屋さんに伺いました。お店の名前は「猪倉 蕎山人 玄五郎」。日光市と言っても宇都宮市との境。予想以上に早く到着、この日の一番客になりました。住宅団地の一番奥なので、駐車もラクラク。ストレス無く車を止め店内へ。中央に薪ストーブが設置されており、優しいぬくもりが気持ちいい。大きな窓から周囲の緑が眺められ、これからの...

  • グスト(宇都宮市)-5

    前回伺ったのは半年以上前なのに、その時私が話した内容を克明に覚えていたマダム。驚きを通り越し、感動を覚えました。宇都宮市文化会館近くにある「グスト」。人気のイタリアンでこの日も多くのお客さんで賑わっていました。運良くカウンターに空きがあり、滑り込みセーフ。その後も入れ代わり立ち代わり次々新規のお客さんが来店され、常時満席状態が続いていました。平日のランチは1100円(税込み)~。パスタの他、みんな...

  • 担々麺専門店 發巳 西川田店(宇都宮市)

    西川田本町交差点近くにある「担々麺専門店 發巳 西川田店」。2019年11月にこの地に移転。駐車場も広々で、伺いやすくなりました。ずっと食べてみたいと思っていた「發巳の担々麺」。やっと立ち寄ることが出来ました。担々麺専門店とあるように、メニューは担々麺に特化。初めてなので、看板メニュー「發巳 担々麺」830円(税込)をお願いしました。「汁なし担々麺」にも心揺れましたが・・・。こちらは次回に取っておき...

  • イタリア料理 ソンニャ トーレ(宇都宮市)-3

    蕎麦は細切りが好みですが、うどんやパスタは太い方が美味しく感じる。ある人のSNSで、ランチタイムに太麺パスタを提供しているお店が紹介されていた。時間に限りがあるので、茹でる時間がかかる太麺は遠慮され気味。めっきり太麺パスタはご無沙汰でしたので、早速そのお店に伺うことにしました。お店の名前は「イタリア料理 ソンニャ トーレ」。栃木県庁近く、八幡山公園通り沿いにある小さなイタリアン。約三ヶ月ぶりに伺いまし...

  • 焼鳥 さんぽ(宇都宮市)

    まん延防止等重点措置が解除され、少しづつ街に人が戻ってきました。久しぶりに夜のオリオン通りをふらり。目に入ってくる光景がやけに新鮮に見えました。2021年11月にオープンした「焼鳥 さんぽ」。「大衆酒場 モツレ」の姉妹店。オリオン通りの「カレーショップ フジ」の向かいにお店を構えています。焼き鳥屋さんには思えない、白を基調とした美しい佇まい。「焼鳥 さんぽ」という店名も斬新。記憶に残ります。長いカ...

  • 石臼挽き手打ち蕎麦 こまめ(宇都宮市)-16

    「あけまして おめでとうございます」まん延防止等重点措置が開けたその日に、昼飲みのお誘い。宇都宮市内も朝から雪が降り続くそんな日。仕事休みで一日中家に引きこもってしまいそうでしたので、喜んで快諾しました。向かったお店はJR宇都宮駅西口そばにある「石臼挽き手打ち蕎麦 こまめ」。ご主人は和食出身の料理人で、蕎麦はもちろん料理もピカイチ!私達が昼から飲む気満々だというのを素早く察知したご主人。奥の和室に通...

  • 高知県のミレービスケット(高知県 2022-9)

    高知の名産品は数多く、お土産は何にしようか迷っていると・・・。何度も高知県に来たというSさんが勧めてくれたのが、「ミレービスケット」。元々は明治製菓が発売したビスケットでしたが、現在は全国の販売店が二次加工および販売をしているとのこと。その中でも高知県の「ミレービスケット」は特に有名なんだとか。高知県では野村煎豆加工店が加工・販売し、高知県民のソウルフードに。立ち寄ったコンビニにも売られており、こ...

  • かいだ屋(南国市 2022-8)

    18ホールスループレーで午前中のうちにゴルフは終了。高低差も少ないゴルフ場でしたので、「疲れ」を感じず楽しくプレーできました。旅のラストを飾るのは、高知県で大評判の鰻屋さん「かいだ屋」でのランチタイム。道路沿いの黄色いセスナが目印です。お店に到着したのは13時過ぎ。広い駐車場はほぼ満車状態。玄関口には席が空くのを待つ人がズラリ。あまりの大盛況ぶりに驚かされました。時間帯が良かったからか、さほど待た...

  • Kochi黒潮カントリークラブ(高知県 2022-7)

    1泊2日の高知の旅二日目は・・・。「カシオワールドオープン」開催コースとしても有名な「Kochi黒潮カントリークラブ」でゴルフ。この日は気温が20度を超え、半袖ポロシャツ姿でゴルフ。先日までカイロを装備し、厚手の防寒着を着込んでのゴルフだったのが嘘のよう。まさに南国気分を味わえました。今回ご一緒させてもらったのは、佐野日大高校-東北福祉大卒の小林伸太郎プロ。群馬県出身ですが、現在は栃木県佐野市に家族...

  • ひろめ市場(高知市 2022-6)

    今回の旅の目的のひとつ。それは「ひろめ市場」に行くこと。以前高知を旅した人達から「飲兵衛達のパラダイス」という評判を聞いており、ずっと気になっていた場所でした。ホームページで概要は理解できましたが、やはり現地の熱気を肌で感じないと!宿泊は「ひろめ市場」から歩いていけるホテルを確保。まさに「ひろめ市場」を起点に計画された旅でした。路面電車が走る高知市内を散策しながら「ひろめ市場」へ。見慣れない風景と...

ブログリーダー」を活用して、poolさんをフォローしませんか?

ハンドル名
poolさん
ブログタイトル
とち、フラ〜
フォロー
とち、フラ〜

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用