プロフィールPROFILE

四季の彩りさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
四季の彩り
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/shou1192_2010
ブログ紹介文
四季折々の彩りを写真とエッセーでつづって <br>参ります。お立ち寄り頂ければ嬉しいです。
更新頻度(1年)

38回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2014/09/26

四季の彩りさんのプロフィール
読者になる

四季の彩りさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,969サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 0 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,931サイト
植物・花写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,522サイト
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,041サイト
エッセイ・随筆 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 744サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,402サイト
ほのぼの 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 187サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 63,661位 66,145位 80,403位 圏外 圏外 圏外 圏外 979,969サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 0 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,585位 1,683位 2,160位 圏外 圏外 圏外 圏外 32,931サイト
植物・花写真 73位 76位 105位 圏外 圏外 圏外 圏外 1,522サイト
小説ブログ 774位 788位 838位 圏外 圏外 圏外 圏外 12,041サイト
エッセイ・随筆 65位 63位 74位 圏外 圏外 圏外 圏外 744サイト
その他日記ブログ 1,779位 1,912位 2,080位 圏外 圏外 圏外 圏外 27,402サイト
ほのぼの 11位 11位 11位 圏外 圏外 圏外 圏外 187サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,969サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 0 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,931サイト
植物・花写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,522サイト
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,041サイト
エッセイ・随筆 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 744サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,402サイト
ほのぼの 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 187サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、四季の彩りさんの読者になりませんか?

ハンドル名
四季の彩りさん
ブログタイトル
四季の彩り
更新頻度
38回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
四季の彩り

四季の彩りさんの新着記事

1件〜30件

  • 中村医師 哀悼

    アフガニスタン東部ジャラバードで4日朝、NGO「ペシャワールの会」現地代表中村哲医師が、何者かに銃撃され殺害されました。殺害に関わった者たちへの怒りが抑えきれません。中村哲医師の偉大な足跡への敬意と共に御霊に心からの哀悼を申し上げます。一首短歌を捧げます。☆火を運ぶプロメテウスのこころざし継ぎたる君を奪う銃弾中村医師哀悼

  • 令和元年 目白での短歌会

    師走に入り早や3日。先週は雨の日が多かったのですが、その貴重な晴れ間を縫って、細君と共にいつもの遊歩道から海岸道路へと散策してきました。初冬の日差しの中で冬の花、山茶花、菊、皇帝ダリア等が健気に咲き、蔦うるしもすっかり紅葉しいていました。海岸道路からは白銀に染まる富士山がすっきりと見えました。また、週末、久しぶりに東京目白の歌友宅で歌回を催しました。集まった歌友は師走の忙しさもあり少なかったのですが、それぞれのメンバーから提出された詠草を深く、じっくり味わう会となりました。目白の歌友は3年ほど前に脳梗塞で倒れ、その後遺症でもある右半身のマヒを克服すべくリハビリ中でもあります。それでも、言語は完全に回復し、歌評の鋭さと洞察力には凄ささえ加わったと感じた次第です。お互いの歌論を交えた結構遠慮のない詠草の批評の後は、...令和元年目白での短歌会

  • 「美味しいコーヒー」

    過日、久しぶりに気持ちよく晴れたウイークデー。勤務もなかった午前中のこと。季節もよくなったことでもあり、たまには散歩に出かけようと細君と出かけてみました。いつもの遊歩道から、海岸道路へと辿りました。この季節は、花の端境期でもあり、目に付く花もめっきり少なくなり寂しい限りです。それでも、咲き残る秋薔薇、酔芙蓉、晩秋を彩る山茶花、皇帝ダリア、菊、さらにゆずや柿の実りなどを眺めつつ、デジイチスケッチしながらゆったりと歩いてみました。海岸通りに出ると、ウイークデーにも関わらず若い人をはじめ多くの方がジョギングや、散策をしていました。また、ゆったりと釣りを楽しんでいる人達、さらな東京湾を挟んで横浜みなとみらいのランドマークタワーも眺められ、ご機嫌な散歩道でもあります。この日は、幽かではありますが、富士山も眺めることが出来...「美味しいコーヒー」

  • 河口湖、箱根仙石原へ

    月初めの連休明け、近くに住む次男夫婦から「河口湖の紅葉を見ながら、ほうとうを食べに行かないか」との誘いがあり、細君と相談し一泊二日の予定で行って参りました。宿は台風の風評被害で観光客も減っているとのことで、多少でも力になれればとのことから箱根エリアを選び、箱根仙石原プリンスホテルに予約しました。朝7:30分に出発し、我が家の車で運転は自称プロの次男に委ねました。横横道路から、東名高速を経由し中央道から河口湖についたのは11:00少し前でした。途中、東名高速に入る手前で自動車事故があり一時間近くの渋滞があった割にはほぼ予定通りに着いたことになります。かつて現役の時代、河口湖には会社の保養所があったことから、長いこと子供たちも含めて、年に3~4回は二泊三日で滞在したことがありました。富士山の雄姿と共に子供たちにとっ...河口湖、箱根仙石原へ

  • 「終焉の薔薇」ヴェルニー公園へ  

    過日、終焉とも言われた薔薇を見に細君と共に、横須賀ヴェルニー公園行って参りました。関東地方に相次いで上陸した台風15、19号の暴風雨にたたかれた約2,000株の公園の薔薇は、かなり悲惨な状況になっていました。それでもすっくと立ち上がり、健気に咲き継ぐ薔薇。それはウイリアム・シェークスピアの戯曲「ハムレット」の台詞にある「儚い命の象徴」ではなく、悲劇を乗り越える花の命のたくましささえ感じました。咲き残る薔薇のデジイチ・スケッチを掲載したいと思います。ジュビレ・デゥ・プリンス・ドゥ・モナコジャルダンドゥフランスルージュメイアンラブミーテンダーエレン・ウィルモットホワイトウイングゴールドバニーソフィーズローズまた、ヴェルニー公園のすぐ隣から出向する「YOKOSUKA軍港めぐり」はウイークデーにも関わらず、長蛇の列が並...「終焉の薔薇」ヴェルニー公園へ

  • 「地上の星達へ」

    「コンピュータ・ソフトウエア開発と短歌」ある記念誌への投稿文私達は昭和の時代に生を受け平成、さらには令和の時代に生きながらえてきましたが、思えば昭和の戦後史を、そのまま身体に刻んできた世代とも言えます。人生百年時代とも言われますが健康余命を考えると、その終焉は目前と言える今、自らの来し方の一端を意識ある内に記し「高齢化時代に生きる」一助になれば幸いと思っています。私は総合電機メーカーの本社に入社し、コンピュータ事業部に所属して以来、コンピュータの黎明期から約40年にわたって、主にホストコンピュータのソフトウエア開発業務に関わって参りました。また、コンピュータと言うデジタルの世界に身を置きながら、アナログの象徴とも言われる「短歌」にも取り組んで参りました。その過程で新元号「令和」の出典となった「万葉集」や「新古今...「地上の星達へ」

  • 令和の御代よ悲しみも超え

    2019年10月6日にマリアナ諸島の東海上で発生し、12日に伊豆半島に上陸した台風19号は関東地方や甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、甚大な被害をもたらしました。台風の接近により、関東甲信地方、東北地方では、降水量が観測史上1位を更新するなど、記録的な大雨となりました。特に神奈川県箱根町では、降り始めからの降水量が1,000mmを超え、10月12日の日降水量も全国歴代1位となる922.5mmを観測しました。2019年10月22日現在NHKが各地の放送局を通じてまとめたところ、台風19号で亡くなった人は全国で84人となり、9人が行方不明となっています。また、71河川が決壊したとのこと。多くの人命を奪い、深い爪痕を残した今回の台風ですが、年々むごさを増しているとの印象があります。この台風で命を落とされた多...令和の御代よ悲しみも超え

  • 月下美人 三たび咲く

    今から61年前、1958年(昭和33年)9月27日に神奈川県に上陸し、伊豆半島と関東地方に大きな被害を与えた狩野川台風。その台風に匹敵する記録的な大雨や、暴風の恐れがあるといわれる台風19号が、関東地方に迫りつつあります。そんな喧騒をよそに、昨夜我が家の月下美人が三たび6輪一斉に開花しました。昨年は二回の開花でしたが、今年は細君の賜物か、さてまた異常気象の故か7月、9月に続き三たび咲いてくれました。前のブログにも書かせて頂きましたが、咲くたびにその花の雅さと高貴さ、さらには楚々とした花の風情に魅かれます。世の中にはカサブランカ、薔薇、さらには胡蝶蘭等々素敵な花はあまたありますが、この一夜花の風情の前には少なからず及ばないと感じます。わずか数時間にも満たない花の命を、懸命に咲き切る命の儚さを知るゆえでもありましょ...月下美人三たび咲く

  • 曼殊沙華咲く

    本日30日で9月は終わりますが、千葉市に上陸した台風15号の爪痕が未だ癒えない状況の中、大型で強い台風18号が、午後5時現在、与那国島の南約120キロにあって時速20キロで北に進み、進路によっては、日本列島への影響が大きいとの予報があります。早めの対応を心がけたいと思います。今年は曼殊沙華の開花が夏の炎暑の故でしょうか、例年より10日近く遅れ、通常であればお彼岸入りの頃にあの緋紅色の花が見られるのですが…、今年は彼岸の中日になっても未だ花の見られない状況でした。ようやく先週中ごろになって、そこかしこに一斉に開花した様子でした。過日、細君のメル友からの情報があり、横須賀しょうぶ園に行って参りました。当初は台風による倒木被害の状況を見に行ったのですが、しょうぶ園の一角に曼殊沙華の群生を見ることが出来ました。なお、園...曼殊沙華咲く

  • プチプチ旅行

    9月9日3時前に三浦半島の上空を通過し千葉市に上陸した台風15号。総務省が9月19日に発表したところによると、この台風により東京都で死者1名、埼玉県と千葉県、神奈川県、茨城県での重傷者9人を含む、1都6県で132人が重軽傷を負ったとのこと。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、重軽傷を負われた方々、さらに、未だ停電の下で不自由な生活を余儀なくされている方々に改めてお見舞い申し上げます。お見舞いの花として、純白八重の槿の花を掲載させて頂きます。今週、勤務のないウイークデーに朝からまったりしていたところ、正午近くに次男夫婦から電話があり、連休が取れたので、一緒に東伊豆へ旅行に行かないかとの誘いがありました。しかも、今から私の運転でとのこと。あまりに急な話で、伊豆までの道のりを考えると少し億劫になり、近くのホテ...プチプチ旅行

  • 「中秋の名月」に咲く 月下美人

    今年の中秋の名月は、9月13日とのことでしたが、「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月を指すとのこと。また、中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。なお、今年は中秋の名月の翌日、9月14日が満月となり、中秋の名月と満月の日付が1日ずれているようです。その満月の光を浴びて、我が家の月下美人が、7月に続き二輪開花しました。夕刻6時頃に細君と共にプールから帰ると、既につぼみが膨らみ始めており、8時頃にはほぼ満開となりました。通常と比べ1時間ほど早い開花となりました。何年かにわたって、デジイチスケッチを行って来た月下美人ですが、眺めるたびに惹かれる花であり、新たな発見があります。今回も11時頃まで約5時間にわたり撮り続けてしまいました。ライティングにより全く異なった表情を...「中秋の名月」に咲く月下美人

  • ひと日の花の

    本日、9月1日は「防災の日」ですが、1960年の9月1日、内閣の閣議了解によって制定されたとのこと。この日付になった理由は、1923年9月1日に発生した関東大震災にちなんだものだと言われています。実際に「防災の日」制定の大きな決め手となったのが、1959年9月26日和歌山県紀伊半島に上陸した「伊勢湾台風」とのこと。なお、この伊勢湾台風は、台風災害として明治以降最多の死者・行方不明者数5098人に及んだと言われています。昨今、日本で起きている台風は凶暴化の一途をたどっており、昨年9月、西日本を襲った台風24号は、伊勢湾台風を凌ぐ高潮を記録し、大阪湾をはじめ各所で大きな被害を受けたことも私たちの記憶に新しいことです。私たちも、今日の「防災の日」にあらためて、災害への備えを考えてみたいと思います。この日、三浦半島一周...ひと日の花の

  • 「プチ・グルメクルージング」としゃれて

    お盆連休は9連休を取られる方が多いとの報道がありましたが、事実勤務に向かう電車はかなり空いていて、このところ座れる日が続いています。「山の日」の連休に、長男家族が帰省してきました。最近勤務に就いたママのお仕事が終わってからとのことで、夕刻4時頃の到着となりました。ワンちゃんのクッキーとともに孫も元気な姿を見せてくれました。夕食はテイクアウトのお寿司を中心に、シェフ役の長男による野菜をメインとしたオードブルを作り、ビール、ワイン、ハイボール、日本酒等々盛り沢山のパーティーとなりました。息子たち夫婦は、医師の勧めもあり最近野菜中心のヘルシーメニューとなり、体にも優しい、従来より薄味の美味しい料理をいただきました。翌日は孫の要望もあり、久里浜からフェリーに乗り千葉へ向かいました。車は港の有料駐車場に預けて、みんなでフ...「プチ・グルメクルージング」としゃれて

  • お留守番へ

    昨日9日、長崎では米国による原爆投下から74年を迎え、長崎市の平和公園で平和祈念式典があり、田上富久市長は核軍縮と逆行する国際情勢を踏まえ、日本政府に核兵器禁止条約への署名、批准を迫りました。また、田上市長は平和宣言で、「積み重ねてきた人類の努力の成果が次々と壊され、核兵器が使われる危険性が高まっている」と指摘し、来年、発効50年を迎える核不拡散条約(NPT)に触れ、「核兵器をなくすことを約束し、その義務を負ったこの条約の意味を、すべての核保有国はもう一度思い出すべきです」と訴えました。私たちも一市民として、この意味を反芻しつつ胸に刻んで行きたいと思います。炎暑が続く中、先週土曜日から五日間ほど東京文京区の三男宅に滞在してきました。息子たちは毎年一週間ほどの家族旅行にお嫁さんのご両親と一緒に出掛けるので、愛犬チ...お留守番へ

  • 神宮球場での野球観戦

    一昨日、ウイークデーの金曜日、勤務を調整し神宮球場でのヤクルトVS広島戦の野球観戦に、ホテルでの一泊をセットし細君共々行ってきました。東京周辺での広島戦のチケットは中々取りにくいのですが、文京区に住む三男の子がヤクルトのフアンクラブへ入っていることから、そのルートで内野席の結構いい席のチケットを取ってもらいました。ここ数日、梅雨寒が続き、寒暖差もあったことから体調を悪くしていた細君が夏風邪をひいたらしく、かかりつけ医に診察していただき、安静を続けていました。前日も高熱が続きちょっと不安でしたが、解熱剤を飲み、当日は何とか熱は下がり「行けそう」とのことで、無理をしないことを前提に出かけました。ホテルは球場の目の前に位置する「青年館ホテル」を予約しているため、体調によっては中座することも考慮して、とにかく球場を目指...神宮球場での野球観戦

  • 至福のとき

    現在の7月は別名として文月とも呼ばれますが、この由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっているようです。この月も早や20日を迎えます。梅雨が長引き鬱々とした日々ですが、いつもの遊歩道には夏の花、すかしゆり、むくげ、カンナ、つゆ草も咲き始めています。先週の勤務のないウイークデーに、いつも行く温水プールではなく、ソレイユの丘にあるスパ「海と夕陽の湯」に細君共々行って参りました。ここの露天風呂は荒崎海岸の眺望と、相模湾を見下ろす景勝に恵まれ好きなスパの一つでもあります。当日はたまたまシルバーディーとのことで駐車場の無料サービスがあり、私たちには嬉しい日でした。最近は、従来の「ふれあい動物村」「じゃぶじゃぶ池」のほかに、観覧車やメリーゴーランド等々子供たちの喜ぶ施設も増...至福のとき

  • 文月に咲く月下美人

    昨日我が家の月下美人が咲きました。細君の丹精ゆえか、昨年の開花時期九月に比べ二か月も早く、四輪咲いてくれました。昨日は13夜でしたから晴れていれば月光も降り注ぐ中での開花でしたが、花の鉢は夕刻部屋に取り込みましたので電灯の光の下での開花となりました。例年ですと21時頃より花弁が開き始めるのですが、今回は18時頃から開き始め21時頃には既に満開状態となっていました。この花は毎年眺めているのですが、見る度にその花の優雅さと、艶やかさの裏にある、どこか寂しげな儚さに惹かれます。そんな花に向けて、夢中でシャッターを切っている自分に、どこかあきれてしまう状態です。ここから、今回咲いた月下美人の花の姿を掲載します。なお花の大きさは「ほろ酔い」と比較するとお分かり頂けるかと思います。この花の雅な姿を短歌に表現する。その挑戦を...文月に咲く月下美人

  • 台風前の結婚式

    過日ウイークデーの27日に次男の結婚式を行いました。デイラー勤務の関係で休日の調整が難しく、また、お嫁さんの誕生日にとのことで当日の挙式となりました。次男は4年ほど前に入籍を済ませていますが、業務の繁忙さもあり式を上げずに来ていました。しかし、お嫁さんのお母さんの「ウエディングドレスをまとうわが娘の姿を一目見たい」との密かな思いもあり挙式の運びとなりました。ジューンブライドとは言え、梅雨真っ最中。雨にならないことを祈りつつ当日を待ちましたが、何とか台風の前日でセーフとなりました。息子たちの日頃の行いが天に通じたと、思わずホッとしました。結婚式会場は海沿いにある観音崎京急ホテルで、この日を迎えるまで当人たちは何回もホテルに出向いて打合せ詳細な詰めを行ったようでした。12時からの式に合わせ、11時にはホテルに全員が...台風前の結婚式

  • 花しょうぶ園へ

    過日、勤務の無いウイークデーに横須賀しょうぶ園に細君と行って参りました。休日の混雑はかなり酷いとのネット仲間からの情報もあり、この日となりました。この公園の花しょうぶは江戸系、肥後系、伊勢系等を含めて412品種、14万株が3.7ヘクタールの敷地に咲き競い、全国有数の花しょうぶの名所となっています。折から「花しょうぶまつり」が行われ、期間中の毎週日曜日に「琴の演奏会」が開催されるとのこと。しょうぶ園に咲く花しょうぶには「光源氏」「葵の上」「清少納言」等々素敵なネーミングの花が、綺羅星のように梅雨晴れの空のもとに輝いていました。そんな花たちをスケッチしてきましたので、名前の分かる花しょうぶを掲載したいと思います。花しょうぶ「光源氏」花しょうぶ「町娘」花しょうぶ「大淀」花しょうぶ「いさり火」花しょうぶ「花車」花しょう...花しょうぶ園へ

  • 梅雨晴れの父の日

    水無月も早や半月が過ぎ、梅雨真っ只中の様相ですが昨日の雷雨が嘘のように今日は一転し梅雨晴れの青空となっています。前日の雨に濡れた紫陽花が、陽をはねて鮮やかにそこかしこに咲いています。今日は「父の日」とのことで、息子たちが気遣いしてくれ、お酒等が届いています。それぞれが子育てと、私立学校の学費等々もあり親への気遣いは無用と言ってきていますが…。「一年に一度なので気にしないで」とのコメントもあり、心遣いを素直に甘受することにし、ゆっくりと時間をかけて、嗜むこととしましたました。昨日は雨の中、細君と温水プールに行き、1,800mほど泳いできましたので、今日はプールではなく、細君と共に散歩に行き4kmほど歩いてきました。途中、日頃駐車場の関係で中々立ち寄れないリサイクル店や、衣料品店等を覗いてきました。いつもの遊歩道と...梅雨晴れの父の日

  • 水無月の紫陽花

    令和元年も二か月目の水無月に入りました。6月は和風月名で水無月と言いますが、梅雨を始め、水が豊富な月なのになぜ水無月と言うのか違和感がありました。この呼び名には諸説あり、無(な)という字が連体助詞にあたり、「水の月」という意味になるようです。実は水無月というのは旧暦6月のことで、現在の暦に照らし合わせると7月上旬~8月上旬になるようです。これらを踏まえると、月の名称も納得がいきますね。月の呼び名はさておき、例年よりも早めに、そこかしこで紫陽花が藍色や淡い水色等の花群れを見せています。これらの花に誘われて、いつもの散歩道になっている遊歩道に、紫陽花のデジイチ・スケッチに行って参りました。今年は、柏葉アジサイの開花が早く、既に満開の様相を見せていました。この花は、他の紫陽花に比べ花が円錐形に咲き、純白の大輪の花と相...水無月の紫陽花

  • 令和元年「ローズフェスタ」へ 

    先々週も訪ねた横須賀ヴェルニー公園で開催されている「ローズフェスタ」に、細君共々行って参りました。薔薇は既に旬の時期を過ぎ、大半は散り時を迎えていましたが、それでも咲き残る花を愛でながらデジイチ・スケッチを行ってきました。当日の主なイベントは「バラの音楽祭」「よこすかパンまつり」「公園ガイド」等でした。また、季節の草花やバラ苗、バラグッズ等の販売も行われていました。いまだ咲き残る、プリンセスミチコ、シャルルドゥゴール、希望、ルージュメイアン等のデジイチ・スケッチを行いながら、園内を散策しました。また、パンまつりのブースには、葉山ステーション等で細君がひいきにしている「ブレドール葉山」さんも出店していて、さっそく栗丸ごとの餡が入ったアンパン等を含めて、何種類かのパンを買い求めました。前回は長い行列の為買うことを諦...令和元年「ローズフェスタ」へ

  • 五月の薔薇 ヴェルニー公園

    令和元年が始まった五月。過日、細君と「五月の薔薇」を求めてヴェルニー公園に立ち寄ってみました。まもなく「ローズフェスタ」も予定されているようですが、園内の薔薇は既に満開の状況になっていました。今回は他の訪問地の帰りに、ついでに立ち寄った為デジイチのカメラのレンズはマクロ系しか用意がなかった為、背景をぼかして薔薇を強調する写真は取れませんでした。なお、公園では、フランスの品種を中心とした130種類・約2,000株のバラが、旬の花時を迎え艶やかに咲き競っていました。正に「ああ五月の薔薇よ!」の台詞そのままの情景が、そこかしこにあふれていました。この台詞はウイリアム・シェークスピアの戯曲「ハムレット」で唄われ、あまりにも有名ですが…。ここで唄われた薔薇は、はかない命の象徴として登場しています。しかし、園内に咲く薔薇は...五月の薔薇ヴェルニー公園

  • 久しぶりの鎌倉散策

    令和元年五月一日を挟む10連休も終わり、久しぶりに勤務に復帰しました。意識はしなかったものの、連休に子供や孫たちとの交流で外に出る機会も多かった故でしょうか「かなり日焼けしたね!」が、職場の仲間たちからの第一声でした。長い休み明けに元気で仕事に就けたことを喜びたいと思います。連休中の桁違いの混雑から敬遠していた鎌倉を、連休明けに細君と共に訪ねてみました。先ずは小町通に出てみましたが、以前来た時に比べ店舗の様変わりが目につきました。また電線の地中化と相まって、街並みが妙にすっきりとしていました。ただ鎌倉らしい佇まいを残していたお店の、何軒かが無くなり寂しい印象もありました。代表的な観光地でもある鎌倉のお店の変遷は、テナント料等々やむを得ない事情はあるでしょうが、どこの観光地も同じような風貌になっていくことを残念に...久しぶりの鎌倉散策

  • 家族全員集合 10連休

    令和元年五月一日を挟む10連休も、ようやく今日を含めて二日を残すほどになりました。連休の前半に我が家の三人の息子たちと、その家族を含めて全員集合となりました。正月以外には、一堂に会して集まることが少ないのですが、今回は次男の延び延びになっていた結婚式の打合せもあり、全員の集合となりました。次男は既に数年前に、両家の顔合わせと入籍を済ませておりますが、二人とも忙しい仕事もあり結婚式を先延ばしにしてきました。昨年次男の昇進もあり少し時間的にもゆとりが出てきたこともあり、またお嫁さんのお母様から「娘のウェディングドレスをまとう姿を見たい」との密かな願いもあり、令和元年のジューンブライド挙式の運びとなりました。私達夫婦も含めて、既にいくつか下見した会場の中から、地の利、内容、予算、スタッフの姿勢等々から三浦半島の海沿い...家族全員集合10連休

  • 誕生日祝いを

    今月は細君の誕生月です。本人は「もうあまり嬉しくもない」と言いますが・・・。それでも、息子や孫たちからのお祝いのプレゼントや、言葉をかけられると恐縮しながらも、嬉しそうな表情が垣間見れます。一昨日は、細君と誕生日祝いを兼ねて、比較的近間の海岸通り沿いにある温泉スパ「湯楽の里」へ、温泉とディナーを予定に出かけてきました。最近は、車の渋滞や観光地のイベントの長蛇の列を見るにつけ、近間でゆっくり、のんびりと過ごせる温泉スパ等が一番と、もっぱら利用しています。海沿いの展望露天風呂から東京湾の暮れなずむ海原を眺め、サウナや高濃度炭酸泉を楽しみながら、時の過ぎゆくままに湯に身を委ねるひと時は、何物にも代えがたいものとの想いがあります。サウナも通常のドライサウナと共に、塩サウナもありじっくり汗を流すことが出来、文字通り「命の...誕生日祝いを

  • 春爛漫 第二楽章

    最近は細君と共に、プール通いの合間によく近所の遊歩道に散歩に出ています。昨日も夕方にプールに行く予定だったのですが、天気も良く、温かな日差しに誘われ午前中に散歩がてら季節の花のデジイチスケッチをしました。最近私が新しいデジタル一眼レフカメラを手に入れたため、従来使っていた一眼レフカメラを細君に譲り、二人そろってのデジイチスケッチ散歩となりました。ソメイヨシノはリラ冷えもあり、長い事満開を維持していましたが、ようやく散り葉桜となっていました。この遊歩道の春爛漫も河津桜、ソメイヨシノに象徴される第一楽章から、アヤメやツツジ、シャガの花、八重桜等が咲き競う第二楽章に移っていました。その後海岸遊歩道に向かいましたが、今の時期に珍しく東京湾の彼方に、富士山の白銀にそまる嶺が丹沢山系の上にくっきりと聳えていました。海の上に...春爛漫第二楽章

  • 桜祭りへ

    今年のさくら(ソメイヨシノ)は、ここ横須賀でも3月20日に開花が見られ平成最後の春を艶やかに彩り、折からの花冷えもあり、いまだ満開の状態が続いています。先週末、桜の名所にもなっています近くの公園の「桜祭り」に細君共々行って参りました。祭り本番のイベントは今週末に予定されていますが、二週間にわたって桜祭りと銘打って、公園内を近隣の皆さんに開放しているようです。公園内の桜も五分咲きの状態で、桜の美しさを愛でるには一番のころ合いと感じました。園内では、祭りの特別なイベントはありませんでしたが、いろいろなグループが桜の下で、酒盛りを含めた宴会を繰り広げていました。私達も近くのお弁当屋さんに行ってお弁当を買い求めて、空いていたベンチに座って桜を愛でながら、アルコール抜きのお昼を頂きました。温かな日差しもありお花見には絶好...桜祭りへ

  • 「桜」西行に寄せて

    今年のさくら(ソメイヨシノ)は、ここ横須賀でも平年より早く3月20日に開花が見られ平成最後の春を、艶やかに彩りつつ、四月を待たず、今まさに満開の時を迎えています。寒々しいまでに、枯れ枝に埋まっていた里山も、薄紅と白色の桜が一斉に花開き「花化粧」にも似た様相を呈し、春の訪れを色濃く演出してくれています。咲いている桜も様々な種類があるらしく、花の色と様相に変化が見られます。ソメイヨシノの淡いピンク、大島桜の白い大ぶりの花、さらにミヤマザクラの新芽との絶妙なコントラスト等々、眺める私達を楽しませてくれます。桜と言えば、西行の「願わくは花のもとにて春死なむその如月の望月のころ」の歌が思い出されますが、かの西行も咲き満る桜を見つめて、心浮き立つ一時をもったものと推察されます。西行の生きた時代から800年を越える歳月を経て...「桜」西行に寄せて

  • ソレイユの丘「夕日の湯」そして、油壷マリンパークへ

    過日、ソレイユの丘露天風呂「海と夕日の湯」を訪れましたが、あいにく改修中の為入湯できなかった旨、このブログに書かせて頂きましたが、改修も終わったとのことで細君共々訪れました。当日は勤務の無い日で、しかもシルバーディーのこともあり駐車料金や入湯料金の割引があり私たちには嬉しい日でもありました。ソレイユの丘の入り口付近に植えられた菜の花は正に満開で、背景となる富士山と共に一幅の絵画にも勝る景観を成していました。ただし、富士山は肉眼では見えるものの、写真での映りがいまいちで折角の富士山の雄姿が表現できないのは残念至極です。久しぶりに露天風呂をゆっくりと味わい、雄大な相模湾と荒崎の景勝を眺めながら「魂の洗濯」にも似た、至福のひと時を過ごすことが出来ました。そして、細君が朝日新聞の投稿でゲットした招待券を用いて、昨日油壷...ソレイユの丘「夕日の湯」そして、油壷マリンパークへ

カテゴリー一覧
商用