プロフィールPROFILE

いろはに踊るさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
いろはに踊る
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sqq123
ブログ紹介文
 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみた
更新頻度(1年)

265回 / 365日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2014/09/25

いろはに踊るさんのプロフィール
読者になる

いろはに踊るさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 42,796位 37,922位 37,931位 48,747位 48,817位 48,839位 45,782位 978,302サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
演劇・ダンスブログ 304位 300位 291位 315位 314位 312位 307位 5,041サイト
社交ダンス 22位 23位 21位 23位 22位 20位 19位 138サイト
オヤジ日記ブログ 296位 236位 231位 315位 312位 321位 310位 11,044サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 58,643位 58,414位 58,551位 58,528位 64,860位 64,985位 85,920位 978,302サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
演劇・ダンスブログ 585位 605位 605位 606位 612位 610位 655位 5,041サイト
社交ダンス 37位 36位 36位 36位 38位 37位 39位 138サイト
オヤジ日記ブログ 317位 333位 336位 330位 395位 390位 572位 11,044サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,302サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
演劇・ダンスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,041サイト
社交ダンス 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 138サイト
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,044サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、いろはに踊るさんの読者になりませんか?

ハンドル名
いろはに踊るさん
ブログタイトル
いろはに踊る
更新頻度
265回 / 365日(平均5.1回/週)
読者になる
いろはに踊る

いろはに踊るさんの新着記事

31件〜60件

  • 白いキノコ

    桜の切り株に白くて大きいキノコが生えている。湿気の高い時期がキノコの適正気温なのだろう。真白いキノコは珍しい!白いキノコ

  • 見つけたへそ石

    海へ出かける目的は一つがへそ石採取、二つがキスの投げ釣り、そして三つが気分転換である。今回は久しぶりのへそ石採取であったが砂浜は強風などで大きな変化を見せていた。へそ石を探すも一つも見つからないとあきらめ戻ったところそれらしき形の石が目に飛び込んできた。近づくと「へそ石」でしかも全く硬い石でありへそもはっきりと表現されている。このような石はめったに見つからない。ラッキーな日であった。見つけたへそ石

  • ゆったりと泳ぐエイ

    大岡川も夏から秋への移行が見られる魚類の姿である。水は緑色に染まるなかをゆったりと泳ぐエイは、もうこの辺では珍しい光景ではなくなった。でもエイの姿をみるとその姿を追いたくなる。ゆったりと泳ぐエイ

  • 緑の車窓

    上野駅から水戸への車窓からカメラを向けた。ビルに囲まれた喧噪の街を抜けて住家がちらほらとなり、そこを抜けると緑一面の景色が広がる。台風で稲穂が倒れているところもあるが順調に稲は生長しているようである。この緑色が田舎へ行く気持ちをワクワクさせてくれる。兄夫婦、妹夫婦そして私たちと6人1年ぶりの懇談に時間は早く過ぎ去るもお互い健康を祝しながら次回を楽しみに待ち水戸を離れた。border="0">緑の車窓

  • コーラス仲間の水彩画

    今年4月からコーラスOB会に参加し、月2回通っている。11月に開催される南区合唱祭に参加すると言うことで、「さようなら」と「いのちの歌」を披露するのでその練習に励んでいる。音楽に縁の無かった小生にとっては大変なことである。特に「いのちの歌」は楽譜が思わぬところに飛んで行くので、四苦八苦中である。男性6人、そのうちの一人の方が趣味で絵を描いている。その方が所属する会の水彩画展開催案内をいただき鑑賞してきた。皆さん見事なもので趣味もいろいろとお持ちの仲間たちである。コーラス仲間の水彩画

  • 水戸駅周辺の景色

    毎年、8月の墓参で水戸を訪れているが今年の異常な暑さから9月に出かけた。南口には水戸黄門の銅像が北口には水戸名物のワラ納豆の像が設置されている。今年は茨城国体が開催されるようだ。水戸駅周辺の景色

  • 日枝神社例大祭

    9月13日~15日横浜お三の宮のお祭りが行われた。神輿パレード(36基)目玉は「千貫神輿」の巡行である。この千貫神輿は昭和9年3月に制作されたもので横浜市内唯一の神輿である。日枝神社例大祭

  • スズメちゅんちゅん

    最近、スズメの数が増えてきたように感じる。公園内や道路でススズメの姿を多く見かけるようになった。今年生まれたスズメの背中は一部ねずみ色になっている。そして、この世に生を受けて日が浅く人間との接触少なく恐怖心は少ないようである。近くによってもすぐ飛び立つことなくその姿が愛らしい。パンくずを食べているところの姿である。スズメちゅんちゅん

  • 錦鯉泳ぐ!

    早朝の大岡川に鯉と一緒に錦鯉が泳いでいた。水面に赤銀色と目立つ二匹の錦鯉が仲間とともに泳いでいた。錦鯉泳ぐ!

  • トカゲ2匹

    大岡川護岸にジッと動かないトカゲ。写真をパチリ!もう少し近寄ると驚いたかのようにチョロチョロ移動する。その後ろから別なトカゲがスルスルと走り抜けていく。トカゲの姿との出会いは今年初めてである。トカゲ2匹

  • カルガモ大きくなった!

    以前、大岡川でカルガモ5羽の小さな姿が見られた。今日は大きくなった5羽が無事に育ち親とともにすいすいと泳ぐ姿が見られた。カルガモ大きくなった!

  • 公園内にカニの子ども

    公園内を歩いていると小さな動きものに気がつきそっと近寄ってみるとそれはカニの子どもである。何故公園内にカニが居る?公園内に水はけの機能を持った側溝がある。そこから出入りしているがこの側溝は大岡川に通じているのだろうか。それにしても公園の中心にカニがいたことに驚いた!そして大岡川の岸辺には3匹のカニの姿が見られた。公園内にカニの子ども

  • ギンナン全滅

    台風15号は各地に甚大な被害をもたらした。私の近くでも屋根が半分ほど飛ばされた家が2軒有った。また樹齢40年ほどの桜の木が倒れ除去の対象になった。また蒔田公園内のギンナンの木からはまだ成熟に至らない実が地面一杯に敷き詰められていた。もったいないことである。昨日は、老人会バス旅行で山梨180人参加のブドウ狩りの予定だったが道路寸断のため中止となった。山梨のブドウの被害はどうだっただろうか?ギンナン全滅

  • 鬼の面?

    今まで散歩したことがなかった大岡川沿いを行ってみたら護岸に面白いものが見つかった。一見、鬼の面のようだがここに大きな排水抗があったのではないかと思う。以前大岡川は捺染業者が立ち並び染色の川でもあった。横浜スカーフ全盛の頃である。この流域で今では捺染業者は見当たらなくなった。そのため大きな排水溝をセメントで固めた結果がこのような形状になったのでは思われる。今日は、老人会の山梨へのバス旅行180名余参加だがこの天候に?鬼の面?

  • ヒマラヤえびね咲く

    庭に咲くヒマラヤエビネに秋を知る。このエビネは薄紫の花を咲かせるがこの濃い緑で大きな葉に魅力を感じる。この濃い緑葉は一年中変わることなく生命力の強さを感じている。植えてから20年以上過ぎているだろうか思い出の蘭である。ヒマラヤえびね咲く

  • 朝のラジオ体操

    9月に入りこれまでの暑さが徐々に和らいできた。自然の理なのだろうか人間の体も自然に動きが軽くなってきた。公園で行われているラジオ体操参加者もこれまではまばらな感じだったが、急に参加者が増えたようである。朝のラジオ体操

  • カラオケ・芸能大会

    9月4日(水)横浜南公会堂にて南区老人クラブ連合会主催の「カラオケ・芸能大会」が開催された。午前中は28名参加のカラオケ大会、午後は12組登場の芸の大会で大勢の観衆を前にしてそれぞれの技を披露した。カラオケ部門では、1位は「堂島しぐれ」の女性、2位は「みちのく恋唄」の女性、3位が素晴らしい衣装姿で「星の流れに」そして特別賞が2人、93歳の女性「津軽のふるさと」と男性「時代屋の恋」であった。芸能部門では、盆踊り、フラダンス、舞踊、詩吟、リズム体操と多様な催しで観衆を魅了し楽しい一日を過ごした。なおカラオケの赤岡綾子審査員長は、人生100年時代80代、90代の方々今後も懐かしい歌、新しい歌で来年またお会いしましょう。カラオケ・芸能大会

  • 雷にびっくり

    昨夜の雷にはびっくりした。入浴中にからかみなりの稲妻と稲光にそうそうとと風呂から上がった。稲光についてその瞬間をカメラに収めようとしたがデジカメでは無理だった。今朝になりTVで横浜市内で水に溢れる状況を見て驚いた。幸い自宅付近は水の恐れはない場所なので市内のが水害のあっているとは思いも寄らなかった。雷にびっくり

  • ボラの塊

    9月に入り気温も少し和らいだか、ようやくボラの塊をあちこちの水面で見ることが出来るようになった。大岡川の水温が生きるのに適温となってきたのか塊は水面に渦巻きを作りながら移動している。元気にはねたり体をひねり銀色の体を見せながら気持ちよく子どもの遊びのように塊は水面を移動していく。ボラの塊

  • 自然信号・秋ょ

    今朝、部屋に秋の到来を知らせる信号虹色が部屋に映し出された。自然の営みはすごいものだ。自然信号・秋ょ

  • 9月・長月・心の健康

    ひとはひとをよろこばせることが一番うれし。(やなせたかし漫画家、絵本作家、詩人1919~2013)「解説」子供たちが大好きなアニメ「アンパンマン」の生みの親、やなせたかしさんは、遅咲きの作家でした。50歳でアンパンマンを描き始め、ようやくアニメ化にたどりついたのは69歳、古希が目前に迫っていました。やなせさんは売れなかった頃、何のために生きているのかと悩んだこともあったそうです。しかし、自分が描いた漫画を読んで子どもたちがよろこんでくれ、それを見て自分もうれしくなる。「人生はよろこばせごっこだ」と気づいたとき、気持ちがとても楽になったと言います。人をよろこばせるのは特別なことでなくてもいいのです。おしやべりが好きなら、誰かの話し相手になるだけでもOK。まずは自分が好きなこと、得意なことから始めてみませんか?「し...9月・長月・心の健康

  • 蝉の受難

    異常気象は蝉の世界に大きな影響を与えている。5月に鳴くニイニイ蝉、次の油蝉、ミンミン蝉、カナカナの蜩、ツクツクボウシが今年は同時に鳴いているのである。また孵化に失敗している蝉の多さ、中には木に登るも孵化できず蟻のえさにそして鳥に追われている蝉の姿、自然界での生存の厳しさを知る。蝉の受難

  • フウセンカズラ・日の丸外しに抗議!

    我が家のフウセンカズラは植木鉢にあり実はとても小さい。ところが、あるお宅のフウセンカズラはびっくりするほど大きい!そこでパチリ!韓国でのU18ワールドカップに出場する高校日本代表のシャツから日の丸などを付けずに出国させた高野連の愚行に驚愕したまらず抗議文を郵送した。フウセンカズラ・日の丸外しに抗議!

  • 朝の白サギ

    最近、大岡川に白サギの姿を見るようになった。それは朝餉の姿である。水辺にジッとしてボラの子を狙っている。未だ捕獲したところは見たことがないが、その姿は潮が満ちてくる時間帯に見ることが出来る。朝の白サギ

  • この足誰だろう?

    大岡川護岸の上に小さな靴が置かれている。幼児の靴、早く私を見つけてと一人寂しく持ち主を待っている。持ち主が早く現れ得るといいのだが!この足誰だろう?

  • 巻き爪の女性が又居ました!

    以前、巻き爪の女性の写真を掲載しましたが、別のダンスサークルでも同じようなご婦人が居ました。親指の爪が20度ほど傾いて伸びている。これは女性特有のことなのだろうか?巻き爪の女性が又居ました!

  • 秋ですよ~!

    大岡川沿いの護岸水面側の隙間にススキが穂を開きだした。今朝の風に秋を感じた。この夏が去りゆくことに何となく心に空度が出来たような思いが走る。自然のサイクルに体も自然に従っていく体調が育まれていくこの不思議!秋ですよ~!

  • カマキリの成長

    植木に水まきをしたところ、樹木の中から緑色のものが飛び出した。それは、カマキリで大きくなっていた。真夏の中虫もそれぞれに成長し大きくなっている。カマキリの成長

  • 横浜のタイル絵

    横浜の歩道にはいろいろな絵模様のタイルが敷かれている。文明開化を表示したもの、地図形式の案内マンホールなど時には下を向いて歩くのも面白い!横浜のタイル絵

  • 蛇に睨まれた小鳥

    朝の散歩で大岡川沿を行くと道路に長い棒が横たわっている。近づくとそれは蛇だった。蛇の前には小鳥が居る。カメラを向けても小鳥は逃げず、蛇に睨まれた蛙のようだった。蛇に最も近づくと小鳥は我に返ったかようやく飛びだって行った。幸い車が通ることなく蛇は側溝の中へと潜り込んで行った。蛇に睨まれた小鳥

カテゴリー一覧
商用